高校最後の定期試験!  前編。

2011⁄01⁄27(木) 13:30
さて 地味~にはじまりました。  「三年生だけ」定期テスト。



そんなわけで 一二年生の時には ヤケに長い休み時間を享受していたボクらですが
三年生は実はテストだよ~  みたいな展開。  なぜテストやるし。

まぁ 今回のテストは「噂によると」赤点者はそう 出さないような
親切設定で先生方 テストを作ってくださるということで
――受験勉強の邪魔をしたら さすがにまずいですからね~

特に ボクにとっては文系教科。  基本(浪人でもしない限り)使うことは無いと。
――未だに この教科を保持させられていますからね。
時間の浪費がやってられるようなものではないということになりますよ。

……ちなみに このテストは噂が正しかったのならば帰ってくることはありません。
ただ 成績がひどかった場合には「いらっしゃい」というお呼び出しの可能性は
ありうるということで。  英語は大丈夫かな??  心配です。

……まぁ 何がともあれ 前半二日のお話について書いてみましょうか。

<一日目 : 一月二十六日>
・一時間目……化学
……ナニコレ???  初っ端から期待が外れましたね。

なんだか 化学にこだわらなくても理科に関して言えることなのですが
少々問題がカオスな物が増えてきた気がするのですが
個人的に 化学に関しては予想外。  90度違った方向へ行きました。

問.(正誤問題)~シャンプーは陰イオン界面活性剤であり、
リンスは陽イオン界面活性剤や良性界面活性剤をもちいる。

(↑あれ??  なんだか 正誤問題で受験に出てこないような問題が??)
問.ナイロンの繊維を発明したアメリカ人の名前を答えなさい。
問.ビニロンは日本人科学者が発明した合成繊維であるが、発明したのは誰か?
問.クロスカップリング反応について研究し、その成果が認められ、
  2010年に2名の日本人化学者がノーベル化学賞を受賞した。
  根岸英一さんともう一人は誰か?  氏名を答えなさい。

(↑あれ??  てか このへん覚えようともしなかったが??)
(↑↑てか これ なんてQMA?)
問.「最少律」について簡潔に説明しなさい。
(↑この知識必要かなぁ?  もはや軽く国語力の問題?)
問.地球の中の成分について「水圏」「地殻」「核」「大気圏」それぞれを
  構成する元素で 一番多く含まれている物質の化学式をそれぞれ一つずつ答えなさい。

(↑……。  はい。  このへんからいい加減に焦ってきて まさかの
「一番構成比率が高い元素」の記号を書いてしまいました。  死んだ。)
化学
極めつけが この画像。   ……化学????
ボクには 英語の問題にしか。  てか 最後は感想ですか???

ちなみに この英文。  まぁ 途中までマークしてあって
そのあと 何もなっていないということが如実に示すように
一段落読んで(英語苦手だからと言い訳したら負けな気もするのですが……)
完全に諦めた感じです。  あとで親父に見てもらったら 彼にも判断不可能でしたが。

……んなわけで なんだかいろんな意味で最悪な事態に陥って死にました。
死ななくても良い所で死にました。  壊滅です。  てか もう どうでもいいや。
――授業もないし 赤点さえとらなかったら良いんだよ(ガクガクブルブル)

……ついでに 問題用紙はボクのこの日記よりも余白が少ない感じ。
――計算スペースがありませんが??  ……。  忘れよう、忘れよう。
わかったこと→「のっぴぃは イレギュラーな事態に非常に弱い」

(余談)
前回 化学の後期中間試験で最高点をたたき出した人に
聞いてみたところ 彼も壊滅して「受験で使う人にも使わない人にも鬼畜設定」
ということで 認識が一致しました。  これ 今日の会話。



・二時間目……数学Ⅲ・数学研究Ⅲ
もう 化学のインパクトが強すぎて 何も覚えておりません←
まぁ 死滅とか壊滅とかは無いでしょう。  化学に比べたならば。

ちなみに 今回だけ特別サービス。  80分→60分の時間短縮がありました。


・三時間目……自習
選択科目の関係上 普通に自習。  主に次の時間の勉強。
――てか 文系の人は全体的にさっさと帰れるのに 理系の人の場合
こんな感じで 自習で 無駄に時間を取られる気がするのは 気のせいでしょうか。


・四時間目……総合古典B
まぁ 上の時間くらいしか勉強しなかったけれども その割には
全体的に文章が読めましたからね~  70行ってるかな???
(↑定期テストでは ノー勉でも割と行けるのですが センターではそうもいかず。)

――さて この後は古典勉強しなくても良いんだ。  やった~。


<二日目 : 一月二十七日>
・一時間目……Reading
なんだか 気分的にもう すでに英文を読んでいた気がするのですがね。
マークシート方式。  なんだか贅沢な装備使っているような気がしますが
英語科 何故だかこのマークシートがお気に入りのようです。

ちなみに 感想としては「無」。  「無」ほど何が起こっているか怖いものは無い。
――お呼び出し されないよね??  されそうな気もするから怖い。

ちなみに 土星の話題とか宇宙の話題の文章が2本出てきて
どちらかというと これらの問題は素の知識で解いていました……  文章読め!


・二時間目……数学C
なんというか 範囲が極座標だけだということで
かなり 問題のページを使い余していたのでしょうか。

問題用紙をもらって チャイムが鳴り 問題を開いて一目見た時の感想。
「文字でか!!!」  これは スキャンしてどうにかなるものでもないですし
ひとまず こう叫びたくなったという表記に留めておきます。

しかも 問題の内容が ほとんど教科書からそのまま引用
――前日に 一応範囲の教科書例題をひと通り解き直していたのですが――
なんだか 書き覚えがある回答ばかりが並んでいた気がします。

……まぁ 細かいことは 気にしたら負けですよ。  出来る事をやりましょ。



――なんだか事実 時間の無駄な気がするなぁ。  この定期テスト。
……そして この記事自体も 最初の科目だけで山場作っていましたね。
ほかの科目の記述が簡単なこと 簡単なこと。

TOP