on air

2011⁄01⁄25(火) 12:00
記事のきっかけは学校でいただきました。
……が 書く内容も全てそうなっているとは限らないですよwww




・提供:放送委員会?
一昨日の記事で――本当は この関係の記事内容で続けたかったのですが
諸事情によって 間にちょっと余計な記事が挿入されてしまいました――
「学校の記事で書けることってかなり残っていないんじゃね??」みたいなことに
遅まきながら気がついてしまったので 今の内に
学校から残った記事のきっかけをわけてもらいましょう……みたいな感じで。

さて 高校生までで打ち切られてしまうでしょう話題の一つに
学校放送とかありそうですね~  ……全くの偏見ですが。

詳しいことは知らないので「それは君の勘違いだよ」とか
思われる大学生の方もいらっしゃるかも知れませんが 個人的な知識では
「お昼の放送です」って お昼の時間に放送委員が出しゃばったりするのは
高校までではないでしょうか……  と 踏んでいます。

――まぁ よく考えてみたら 学校によっては四六時中
校内ラジオ放送とかやっている大学があっても おかしくなさそうですがね。

そして これもボクの偏見の成分が多めなのかもしれませんが
学校放送と言うものは 割と 放送委員の手腕が試される……もとい
放送委員の趣味・思考で かなり編成が変わってくるものでしょうか。

まぁ 小学校・中学校あたりでは(義務教育だからかもしれませんが)
あまり キャラが濃い人が出しゃばって 学校放送することは無いでしょうが
高校になると 学校によっては 関係ない人が放送室をハイジャックしたり
何でもありな様な気がします  ……ハイジャックまでは無いかwww

ちなみに 只今の我が学校の――まぁ 只今三年生は引退していると思われますが
……たぶん。  雑奏さんに確認でもとろうかしら。――ノリはと言いますと
若干「アニメ系オタク多め」な様な気がします。

なんだか ちょっと耳を注意深く傾けてみたならば どこかで聞いたことが
……あるような気がする音楽が聞こえてきたりしますね。

ただ 最近は何をどう間違えたのかRPGのダンジョン音楽の様なのの
たまに 流れてくる――このへんについては詳しいこと知らないので
「全く違う」と言う確率も高いですが――事も多かったりしましてww

これははたして「放送委員のテンション」がこうなのか それとも
「このへんの音楽の希望を出した人がいる」のか どっちなのか
少々気になったりする部分なんですがね。  どうしたのだろう。

ところで たまにアニメなんかの業界では「キャラクターソング」なるものを
販売する事があります。  まぁ この日記を見てくださる人の
大多数の方が この言葉で何かしらをイメージできると思いますが。

先日 なんだかよくわからないアニメのキャラソン?  を
放送部員が大音量で流しまして 一つ 「キャラソンと言うものは
原作を見ないとただの騒音になりうる(物もある)」と言う事を知りました。

元来 キャラソンと言うものはどのような定義でつくられているのかはわかりませんが
物によっては かなりのロリボイスだとかその辺の要因もあるのか
歌う人の「音程」・「音質」などが 二の次・三の次になることもありますよね?

多分 このキャラソンも そのキャラの元のキャラクター・背景が
わかっていたのならば それも看過して楽しめたのかもしれませんが
さて 一般大多数の人が耳を傾けている(であろう)学校放送で
ロリボイスっぽいキャラソン? を 流したら どうなるのでしょうか  ……と。

まぁ 基本的にアニソン(や ボカロ)が流れてきても 表面上は
苦笑いしながら聞いている~  みたいなスタンツで基本通しているボクも
なんというか ちょっと顔が引きつったりしたのがこの日の回だったり。

ボクも一応 楽器(サックス)をやっている身なので
音程・音質については それなりのこだわりもあったり
CDとか音楽番組とか聞いても 「背景とかを知らない場合」は
普通に音楽として楽しもうとする人間なので これはちょっと堪えましたね。

――まぁ 逆に言えば「そのアニメ等の舞台背景を知っている」物については
このへんのことを度外視して楽しんだりする部類なのですが。

まぁ 今までも 何となくこのへんのことは薄々思っていましたが
この件で かなり自分的に納得した感じです。  自分の傾向が。
――最近 自分の研究と言うのが趣味になりつつあるボクなのですがwww

まぁ 何を結論にしたかったのか見失いつつありますが ひとまずは
放送委員会の方 できるだけ「背景を知らない人でも聞きやすい」音楽を
これから どうぞよろしくお願いします。  ……まぁ ボクの場合は
今後はたして どれだけこの放送を聞くことができるのかわかりませんが。



憂・キャラソン
さて こんな勢いで書き続けてきましたし
まぁ ちょっと時期が外れている気も
しなくはないですが……。

ひと通り先日発売されたキャラソンの方も聞いてまいりましたし
大雑把にですが 軽く思ったことを触れておこうかと思います。

・憂  ……「またお姉ちゃんか!!!」
と 言った感じで 一曲目 しっかりお姉ちゃんへの愛を語っていましたね。
個人的には 二曲目の方がお気に入り。  ……と 言うか 一曲目の場合特に
「音漏れが怖い」のと「背筋がかゆい」ので 常に聴くのは……。

でも 全体的に可愛いですね。  二曲目 特にお気に入りです。

・和  ……Come with Me!?
なんだか この曲で 声質がかなり背景とミスマッチしていた気が。
――でも 単体の声としては好きですね。  まぁ 気にしないことにしましょう。

・純
個人的に サックスをやっているというせいなのかもしれませんが
二曲目の曲の雰囲気に完全にのまれました。  ある意味ハマった。

……と いうか なんだか彼女のこの曲に関しては ほかのキャラソンに比べて
なんだか 異常に“盛り上がっていた”気がしたのは気のせいなのでしょうか??

TOP