迫る。

2011⁄01⁄21(金) 12:00
センター後のクラスの日常。  まぁ 適当に書いてみましょうかね。



・帰ってきた現状
まぁ 年代がら 一つだけ触れておいた方がよさそうでしょうか。

ぶっちゃけて あまり触りたくはないのですが センターリサーチの方が帰ってきて。
まぁ 何があっても ボクは志望校を変えるつもりはないので
――たとえ それが「無謀」と称されるような状況であっても。

まぁ 神戸くらいにしかボクがやりたいと思っている研究をやっている
場所は無いようですし 落ちてしまったらまた来年挑戦するのみ。
この執着に関しては 誰にも負ける気はしません。  これは自慢。
……点数が全く取れないボクが唯一誇れる場所なのかもしれません。

やはり 「初志貫徹」という言葉もありますし 最終的には
どんなビハインドを背負っていたとしても追い抜いてやる!!  という意気込みで。
――周りの人は回りですから。  「私は私の道を行く」。  やってやるです!



・改めまして。
クラスの日常。  これも もう少ししか残されていないようなので。
気がつけば このように記事が書けるのも もう最後かもしれないとか思いながら。

なにせ 昨日から続々と「これで打ち切りです」と言う授業
――すなわち 三年生の授業ももう終わりになっているわけで。

まぁ 今の段階で何が終わってしまったのかをざっと書きぬいてみますと
昨日の段階で 現代文とWriting。  文系科目から消えていく?

そして 今日は 体育と物理研究(もはや 今は何をやっているのか謎な教科)
あと「まるで役に立たなかった」と断言できる 古典の方も最後でしょうか。
まぁ このようにしてみると あまりにもあっけなく終わるものなのでしょうか。

ついでに これも公務員クオリティなのだからなのかもしれませんが
普通 予備校なんかのこのようなサービスで勝負する業種の人は
少なくとも 授業終わりなんかにアンケートなんかをやるものだと思っていますが
ボクの経験している中だと それを実施している先生はひとりだけ。

――うん。  古典のクレームをつける機会が無いということなのでしょうか。
さすが 公務員さんは枕が高いですね。  改善の余地なし。

そして 来週の火曜日からは ボクの経験する最後であろう定期テスト
後期・期末テストが控えているというわけで なんだか感慨深いです。

たとえ面倒くさい定期テストだとしても これで最後ですからね。
なにがあったとしても「最後」と言うものは 悲しいものなのでしょうかね。
――大学の方では どのような呼び方になるのでしょうか。  まぁ いいか。

そう言えば 例年の体育は この時期にブーイング炸裂の持久走なのですが
今年はさすがにこのイベントもなく 普通に体育はテニスです。

なんだか 何事も無かったかのように普通に授業の時は毎度毎度
テニスコートに向かっていたから 改めて意識したこともないですが
考えてみたら これは 例年と違う点だったりするわけですね。
――マジで 自覚なかったです。  個人的にはありがたいですが。

それと 出会うのも最後……と 言うわけではないと思うのですが
とうとう クラスの中から――この時期なのに!――インフルエンザに
かかってしまった人も出てきまして なんだかあわただしいです。

にしても このような「現役生として一番の稼ぎ時」とも言える
この時期に インフルエンザになってしまったのって いい方がアレかもですが
人生においても かなり大きなビハインドになってしまいかねないのでしょうか。

まぁ ボクは一応「インフルエンザの予防接種」の方も家族ともども
受けておりますので ひとまず この先できる対策としても
手洗い・うがい・マスク等の これからできる対策なんかも考えて行かなければ。
――センターの試験官や妹も 風邪 普通に引いていましたしね。

あと ほかに考えられる対策としては 学校に行かなくてもよく
さらには 予備校の授業も無くなってしまう2月には
できるだけ 外出を控える為に 家の中で勉強できるための体制を
しっかり整えておかなければいけないのかもしれません。

まぁ 風邪をひかない為の万全の対策を 今の内から考えておきましょうか。



・忘れたころの。
むかーし、むかし。  政経の授業で株のシュミレーション
……と 言うことで「架空」ですが 株を買わされて~  みたいな話がありました。
――まぁ 覚えている方はいないでしょうね。

まず 「今日の授業に参加している」人間は強制出場(←裏を返せば 来なかったらなし)
……とは言わなくても プリントを提出しなければ やらなかったことになるので
逃げることも可能と言えば可能ですが ギャンブルとは別の意味でいろいろと下がりそう、

若干反則気味な気が個人的はしているのですが ここでの取引の結果は
成績(平常点)に 割と影響してくるようです……と いうか この教科の場合
提出物などはほとんどないので 逆に取り返すチャンスが無いのですが……。

とりあえず ここで期間内(1月下旬ころ??)に利益を出したりした場合
平常点には割とプラスとして働くわけですが ここで 倒産(と 先生は表現した)
した場合には もう いろいろと取り返しのつかない借金(平常点的には)
が その人の成績にどっぷりと追加されるそうです。  ボーダーラインは??
――ついでに お世話になれる会社は1社だけということです。  面倒くさい。

そして 下では300万(と 言う設定。)  とりあえず 実際に金を落として
株を買いに走るわけにはいきませんから この辺の行動で変動はしません。
(↑実際のマネーを使ったら これこそ授業で扱う内容ではなくなってきますからね。)
ちなみに 株式の方は「実際に今日新聞で掲示されていた」値でやっています。
実在しない架空の会社の株で遊ぶというわけではないので ボク達の行動で
変動が無いにしても 実際の世論ではかなり影響されますので。

と 言うわけで 株は昨日の朝刊――もし 今日の朝刊で指定した場合
やっぱり 生徒たちに新聞を持ってきてもらうことになるのですが(持ってこなかった時
また 別の意味で成績が下がります。)
上記のルールを守らなかった場合には「倒産扱い」として 過大なマイナス(損失)も。


ルールをこのまま書きぬいてきました。
まぁ すべてが終わった感触では そう間違いは無かったので。

利益は100万円プラスだった場合に 10点分の平常点が加算
――すなわち 赤点のボーダーが10点分下がるというふうに書けば
現実味がわくのでしょうかね??  30→20と言った感じ。

ちなみに ボクは 表面上は「タカラトミー」をやらせてもらいました。
――一部上場企業限定・予算が限られている状況だったので
有名どころなどは あまり期待ができなかったというわけでして。

まぁ タカラトミーが倒産する確率は まず そうないでしょうから
――しちゃったら 小学生が泣きますよね――この点では
「安定」していた部分だったのかもしれません。  株のことは知りませんが。

ちなみに 評定上では 約20万円の黒字と言うことになっていました。
まぁ 堅実だと行ったところでしょうか。  普通もいい所??
――ちなみに 今年は赤字の人も例年に比べて少ないみたいです。

で 今年は なんだかこの意味では割と上手い人が多かったらしく
さらには 過去最高記録(上昇幅)と言うのも記録されたらしいです。

その人の選択は紳士服の「コナカ」  ただ 理由は不明。

TOP

記事原稿を掘り出してみた。

2011⁄01⁄20(木) 12:00
最近 外でよく見るようになりました PSP。
そうですよね~  これが世間一般の世界のお話ですよね~




・PSP????
……はい。  多少やさぐれているように見えているのは気のせいだと思いたい。
のっぴぃでございます。  ちなみに DS派です。

逆に書いてしまえば ボク PSPは持っていないんですよね。
だから 受験生でなかったとしても 電車の中でPSPいじることは
まず 記憶の中で無かったような気がします。  うん。  冗談抜きで。

そもそも ボクがPSPを触ったことがあるのは 生涯の中でも一度だけ。
しかも 予備校の化学の授業中 先生がPSPの中に入れた動画
――化学実験の参考VTRを流してきたのですが――の再生をする時だけ。
ほんの1・2分の間だけだったと記憶しています。  そんな感じ。

学校の方では 一部のクラスを中心にして DSを休み時間
――人によっては まさかの授業中まで――いじりつづけて
神個体値のポケモンを漁っている集団の話は聞いたことがあるのですが
考えてみたら すれ違う人間でPSPを持ち歩く人はみたことが無い。

まぁ この話については かなり 偏りがある気がしますが
ボクの身の回りはそんな感じだったりするわけですね~

……と 言うことをいきなり書きだそうとしてみたのは 今更遅いですが
たまにみなさんの日記を覗きに行く時 モンハンの話題について
かなり述べている方もいるな~  みたいに思ったからであって
単にこれを聞き流すだけだったらそれだけですが 少しでもいじったならば
時間稼ぎくらいにはなるかな~  という 中途半端な考えで。

ちなみに ボク 流血とかそっち系がかなり苦手な人間で
ガンゲーなんかも出来ない人間だということに 「つい最近自覚したので」
たぶん 大学行った後もいじったりできないかもな~  なんて思ったり。

過去から 友達と とある三国志をモチーフにしたゲームをやったりした時に
なんだか「ゲームに慣れていない」(←過去は オタク属性nothingだったので)
以上に なんだか 変な感じになっているな~  みたいな感覚があったのですが。

その他 つい最近は「時代劇」で 戦うシーン的になったとたんに
席を立ったり テレビのチャンネルを変えたくなる衝動が出てきたりして
まぁ 何がともあれ そちら系が苦手なのだということは嫌でも自覚する羽目に。

モンハンは世間ではかなり人気のようですが ボクの場合は そのような特性を
獲得してしまったので まぁ そうなのだったらそのようななりに
いろいろと折り合いをつけてやって行かなければならないのだろうな~
……みたいに思っていますね。   何を言っているのだろう。

まぁ こんな時期になってくると ちょっとずれた話題になってしまったとしても
この先どうなっているかな~――特に 大学合格後は――みたいな妄想を
繰り広げることで 割と モチベを保てたりするようなので。  そんな感じ。

ついでに 只今の計画でしたら 受かったら ポケモンBW(どちらか)を
買って ちょっと余裕があったら PSPと放課後ライブ……を ちょっと遅いですが
手を出してみたいな~  って 思ったりしている次第だったり。

まぁ 先日友達に「お前に音ゲーは無理だ」って 断言されてしまいましたがね。
やっぱり楽器をやるのと 音ゲーをやるのって 少々勝手が違うようで。
……でも 一応 楽器をやっていた人間として それなりに凹みたくなりますね。



・さて それはそれで。
ついつい買ってしまったモノ。  一応 後悔もあったかと思います。

……と いうか 何か言い訳する前に一つ 注釈させてもらいたいのですが
最近書かせてもらっている記事 まぁ 全てが全てとも言いませんが
12月ごろからちょっぴりずつ 時間軸がずれてきているんですよ。
――大体 半分の記事が ちょっと前に書き起こした原稿で上げていますね。

まぁ その原稿がいつ書かれたネタを集めたものなのかは
その記事によって異なったりするのですがね……。

さて と 言うわけで ラノベ 買うまいとずっと思っていたのに
気がついたら こんな風に新たに買ってしまった模様です。
ラノベ
しかも このチョイスだと100%あやにゃんに行ったな。  
「えむえむっ!」です。  まぁ ノリですよ。

まぁ そんなこんなで 
まず「まともな」登場人物が出てこないところとか
普通の状況では考えられない変態性とか
出てきたりするというわけで。

まぁ 生徒会とは別の意味で 
何となくおもしろく感じると言うところでしょうか。

……ま これは 人に貸したりするようなレベルではないかな。
やり方にもよりますが まぁ ひとりで楽しむ……  

というレベル??

個人的には「いろいろな人が居るんだな~(様々な意味で)」ということが
学習できたという点で まぁ ある意味参考書みたいになったのでしょうか。
――若干危ない方向へ走りそうないみでの 参考書という感じなのですがwww

ちなみに このへんは11月末からぼちぼちとかいだして。
……でも さすがに小数点のものまで買ってしまっては~  みたいに
思ったりしたので その辺に関しては ちょっと自粛しようかと。

なんだかんだで ボク「高校」がメインの場所になってくるラノベって
割と 気になってしまうという特性があるという事みたいですね。
――まぁ リアルの高校生活がいろいろと最悪でしたからね~

どうでもいいですが その辺が顕著に表れているな~  なんて思ったのは
灼眼のシャナとかでしょうか。  あの 失踪があって以降は
買い足さないという状況が続いているので。

それまで かなりのペースで読んでいたのですが 物語でのクリスマス以降
全く話を買い進めていなかったことに気がついて わ~  って
第三者的ポジションから自分を眺めてみて「わかりやすいな~」って思ったり。

みなさんの趣向について詳しく調べたりしたわけではないのですが
やっぱり「これがメインかな~」みたいな趣向を持ち合わせた方もいるのでは??
――ちょっと視点を変えると「百合趣味です」みたいな人も
同じようなくくりに入ってくるのでしょうか??  よくわかりませんが。
……と いうか ボクは今何を書いているのでしょうかねぇ。

まぁ 昔買ったモノの話を上げ損ねて
ずっと今日まで持ち越してきてしまった……みたいな感触でしょうか。

TOP

他人にネタを求めてみた。

2011⁄01⁄19(水) 12:00
センター後の学校の様子……でも 描写してみましょうかねぇ。  
※本日 とことん迷走しています。




どうも こんにちは。  この時期センターでどうだった~
みたいな話題で持ち切りになってしまうのは 今の時期の受験生特有でしょうか。
ボクもその例にもれず 懲りずに「センター」の記事を書き続けます。

ボクのセンターの記録は 若干常識から逸脱している物もあるだろう
――受験場所が異なっていたり なんだかんだで 結果的に
ポケットの中にあずにゃんを仕込んで受けてきたし――ということで
学校の中でどのような変化があったか……も含めて 今日は書いてみようと。

……ただし 案の定ボクの学校の中での視野は狭いので
あまり多種多様な話題に触れることは出来ないのですがね。  残念。

まぁ 何がともあれ まず学校関係の描写に入る前に月曜日のボクの状況を。

最近 当日の記事をその日に書かないという癖が身についてしまったので
あまり表立って出す機会が無かったのですが 月曜日は学校を病欠。

理由は 自己採点と言うのが憂鬱だったから……と 必ずしもそうではなく
まぁ なんというか「下痢で死んだ」と言う感じでしょうか。
(↑いきなりちょっぴり汚いワードを出してきて 申し訳ありません。)

月曜日の朝は朝からトイレにこもりっきりで 出てきたら尻が。
――まぁ なんというかとても「学校で授業を受けよう」みたいなテンションには
なれなかったということもありましてね。  痛くて痛くて。

そう言えば 書いたかもわかりませんが体調が悪かったと言えば
この話をしたことも無かったですね。  と 言うわけでスペース埋め。

ボク センター試験の時には試験官のまん前の席に座っていたのですが
その試験官は「風邪をひいていた」らしく 試験室でめちゃくちゃ咳をしてて
なんというか 移らないかどうか 非常に不安でした……

……結果的に 二日目になったらその試験官だけ交代していましたが。
――あ~  まぁ いろいろな意味で妥当なことだとボクは 思いますがね??
ただ その咳と腹痛→下痢のコンボとの関連性は不明ですが。

おまけに この日は妹も風邪をひいていたりしていたので これも加えて報告。
――みなさん 受験生にかかわるとわかっていたのだったら
その前に 体調を整えるくらいの配慮くらい示しても良いと思うのですが。

本当に 「配慮」はしすぎることはないのだから こまっちゃいますよ。
――二日目の朝には ボクが必死こいて勉強している隣で アニソンをいきなり
歌いだしたりしますしね。  さすがにこれはキレた。



……話が相当ずれました。  まぁ 何がともあれ事情があって
月曜日の授業は休んだという方向性で。  まぁ 不可抗力。
ついでに 自己採点する時間も失いましたが まぁ ボクにはあまり関係は無い。
(↑これからのボクは「やれることをやっていく」だけですからね。)

学校についてみたならば 様々な人が様々な評価をしていました。
成功していた人もいますし 失敗している人もいたらしい。
一概にどうとはいえませんが 成功したっぽい顔をしている方が少数派?
――ちなみに ボクの自分に対する評価は「大失敗」だと思っています。

ついでに たとえば 今年の地理Bの平均点は
かなり高めに出てくるっぽい感じがしていて 個人的に一つ大きな落ち込み。
――あ。  これで「社会」で稼げる点数がだいぶ減りましたね……。

その他にも 様々な人から試験の話を聞いてみたり出来ておもしろかったり。
――ほかの人を落とすための占いを編み出した人もいましたねwww



さて これからも書けることは山積していたりするのですが
このまま終わったセンターについてぼやき続けてみたならば なんとなく
取り返しのつかない所まで落ちそうな気もするので この話はこのくらいにして。

なんとなく ほかの人とかがどんなだったとか聞いてみたりした事を
ぽろぽろと 迷惑にならない程度に書き連ねてみましょうか。
……ぶっちゃけて この先の記事考えるのが面倒だし。

とある人から聞き及んだ話なのですが ちょっとイラっときた話題。
「推薦」で受かっていて「正直センター関係が無い」と言う人で
我々が普通に試験をやっている「最中」に「ゲーセンのゲームでいい点とれた」と
報告をしてきた人
がいたらしいです。(←当然電源offだったのですが)

……せめて この場の空気くらい ニュース見たりして覚えておきましょうよ。
なんというか その人 いつもは温厚だった人のはずなのに
なんだか 修羅の面が垣間見えたような気がしたのは気のせいであってほしい。

そして その人の命日がかなり近づいていないことを祈りつつ。
――仮に その人がこれを見ていた場合 謝るのは早い方がいいですよ。

思いついたら書いてみる。
センター試験が終わったあと まぁ なんというか大体の人は
テンションがハイになって 壊れてくる人がいるようですね。
――まぁ 安全な策としては ゲームをそのあとずっとやるとかその辺??

・ちなみに。
ボクがどのように過ごしていたかと言いますと。

まず 家に帰り着いたらMJのアニソンスペシャルを丁度やっていたから
それで ガルデモのラストをしっかり目に収めておく事をやって。

ちょっと面倒くさかったから スマブラXを CP入りで4人対戦。
しかも みなさんピクミンと言う なんだか騒がしい試合をして。

それもなんだか飽きたから(とはいっても 30分程度)
そのあとは「化学の図表を見てニヤニヤ」してみたり(←変態だ!!!)
Readingでご丁寧に作ってくださった宿題をしたりして過ごしていました。
(↑……と 思ったら なんだかいきなり堅実だ!!!!!)

まぁ なんというか結果的に 化学の図表はともかく
その時にやった英語の方は いろいろと「普通でもやらかさない」ような
ミスとも言えない謎な行動をあちこちでやらかして それどころではなかったですが。



……まぁ ほかの皆さんはもう少し おとなしかったらしいですがね←
例えば 「逃走中」を見ていたりとか。  アレは 狙ってあの時間にしたのでしょうか?



・コメ返でやると
 ほかの方には見えなそうなので。

ボク 模試の結果やら定期テストの結果やらを晒したことが無い(調子乗った時は別)ように
基本 点数はこの日記に書くことはありません。  ご了承ください。

気になった方がいらっしゃったら 言葉の節々から どのくらいの位置にいるか推測してくださいね。

まぁ これはボクのずっと通してきたポリシーなので。

TOP

センター→この先の受験

2011⁄01⁄18(火) 12:00
今日は 一日飛んでしまいましたが センター試験に関する話題でも。
特に 気にするでもなく 思ったことを書きならべるだけですが。




一生で一度だけであってほしい「センター試験」について
まぁ なんというか あったことをざっと並べてみましょうてきな感じで
今日は 書かせてもらえたら幸いだと思っています。

センターあさ
何かしら書いて「あぁ……」みたいに
思ってもらえることから書き始めるならば
センター二日目なんかは特に 
この日は日本各地で大雪になったりして
電車が遅れたとか 特に日本海側では
大変なことになっていたとニュースの方で聞きましたが 
そちらの受験生の方は大丈夫だったのでしょうか。
……みたいなことを書けば 
導入としてしっかりしているのでしょうか。

例年 千葉では「冬→春」と言う時期には
雪が降ることがあるのですが 
なんだかイメージ的には今年は早かったなぁ……
みたいな感じ。

正直 朝起きて(日本海側には敵いませんが)外にうっすら
白いものが積もっていたのを見た時にはちょっぴり驚きました。

ちなみに 数学の試験を受けようと 10時ごろに家を出た時にも
日陰にはまだ 雪――と言うか あられ?――が残っていました。

――センター会場のレンガのところでは それが凍りついていて滑りかけました。
ちょっと縁起がわることになりかけて驚きましたが ならなかったから大丈夫。
特に 気にせずに 理系科目の受験に挑んでいったわけなのですが。
(↑まぁ 結果については「さわらない」と言うことにします。)

何がともあれ ボクのキャラ的には 寒さにはめっぽう強い体質なので
このような「雪が降るような陽気」と言うのは 非常にやりやすかったです。
……とは言いつつ 試験室の温度がかなり高くてこまりましたが。

あと ちょっと問題のことに触れるとするならば 後日新聞で紹介もされた
現代社会での「ユニーク問題」と言うのも 書いておきましょうか。
……もしかしたら 新聞ですでにみた方もいらっしゃるかも知れません。

現代社会
一応 スキャンして取り込んでみたのですが 
ちょっと曲がりましたね。

まぁ このへんは深くは気にしないという方向で。
  ……うん。

正直に このへんのアルバム・シングルの知識については(QMAの芸能でも
かなり露呈しているように)全くなボクなので 深い反応はできませんでした。

……が。  まぁ 大問が位置している部分と言うものと
この教科が「センター試験すべての問題の中で一番最初」である公民の一教科と言う事を
配慮してみると センター試験初っ端に目にする文章がこれという結論に至ります。

――あいにく ただの紙に書かれた原稿なので この先に
どのような応援ソングが続いてくるのかはわかりませんが 勇気をもらえた……
……と いう受験生はいたのかよくわかりませんね。  ボクは読み飛ばしました。

つーか 三段落目の文章 音楽番組のDJが喋っていたらウザいとしか
言いようが無いような気がするのは ボクのこの業界への疎さがもってくる
初な意見だったりするのでしょうかね??   まぁ いいか。

――あと ちょっとネタとして持ってくることができるとするならば。
センター試験 あいにくボクは友達とかと離れてしまって ひとり「ぽつーん」
みたいな状況だったので。  まぁ 「淋しい」訳ですよ。

だからと言って 席も会場も固定されていますから 自由に動き回ったりできない。
そんなわけで「センター試験の間にどれだけテンションを維持できるか」
と言う課題が 常に付きまとっていたわけで。  それに対してのボクの答。

「じゃ センター試験の間に 
あずにゃんを肌身離さず連れて行けばいいんじゃね??」

……決行しました。  マジで。  まぁ 丁度いい写メまではできませんでしたが。

ジャケットコートのポケットが 割と大きかったりしたので
このポケットの中に「ねんどろいど」を投入。  入るではないか。

まぁ このコートも 試験室に入ってみたら脱ぐことになっているので
――下手したら不正行為と思われかねませんから。  そのためにも脱ぎますよ。――
特に これと言ってメリットは内容に思われますが でも 休み時間には
ちょっと心強い……と言うのとはちょっと違いますが とにかくやりやすかったです。

……このなかに 入試をこの先に控えている方がいらっしゃったならば
もしもの時のため 上着のポケットに忍ばせてみるというのも良いかもしれません。
――ただ バレたときに不正だと思われないような対策も必要だと思います。
(↑まぁ まさか「『ねんどろいど』のなかにトランシーバー系統を入れている」
なんて 疑う試験官がそこまでいるとは思えませんが 念には念を入れて です。)



・おまけに。
さて センター直後のコメ返を書き連ねている間にふと 思ったのですが
もしかしたらボクの現役時代における受験スタイル……と いうか 家の教えについて
正式に書いたことあったっけな~  みたいに思ったので 最終決定として
このへんに 書かせてもらえたら嬉しいな~  みたいな感じで。

まず センター利用私立大学・その他は 現役生である今年は出しませんでした。
ボクが幼いころから「うちは 私立大学には金は出さん」みたいに言われていたので
まぁ 少なくとも現役生の内は「公立大学」一本で行けという教えがあったからです。

言い返してみたら 「最後まで伸び続ける」と言われている現役時代に
最大限の伸び幅を持ってくるためには あえてこの年に「背水の陣」を敷いて
この効果を最大限まで引き上げていこう  みたいに思っているのかもしれません。

まぁ たとえこれが教えだったとしても「逢えて無視する」と言う選択肢も
無かったわけではないので 最終的にはこれも ボクの決断の一つです。

ただ 言い変えてみると 国立(ボクの場合は「神戸大学」)一本と言うことは
ここで落ちてしまったならば 浪人確定と言う ちょっと辛い部分もありまして。

――ついでに「足を切られるような点数だったとしても出す」
と 前のコメ返の記事で連発していたという背景には ここで『たとえば』
「大失敗して300点台だったから」出さないのなら 今年の入試はそれで終了。
そのような現実があったからです。  さすがにここまで点数はひどくないですが。
(↑とはいいつつ このような背景ですから全てが終わるまで自己採点はしません。)
(↑↑事実 ちょっぴり「足切り」と言うのも怖かったりするんですよね。  マジで。)

センター試験も終わりましたし ボクも二次対策に勉強をシフトさせました。
取れる問題で取って 取れない問題を諦める。  すっぱり行ってきたいと思います。

TOP

”白いキャンパス”

2011⁄01⁄17(月) 12:00
さて 一応 年末に「課題」として書きこんでいた事を忘れたわけではありません。



・お約束
……とは書いてみたものの「あれ??  この人一体何の話しているの??」
って 思われる方の方が大多数ですよね~……www  当然ですが。

図1
さて まだネタとして書けそうなものはありますが
これは年明けまで取っておきましょうか。

年明け ちょっと語りたい時のための余裕は
「あらかじめ用意しておくのなら」そのための
「白いキャンパス」は大量にありますから。


……なんて 去年の末に書き残して~
みたいな 話のつながりに
なったりするのですが。

そんなわけで この記事が表に出てくるころまでに 新たな情報が
追加されないことを(記事の便宜上は)祈りつつ 書き進めてまいります。
京都アニメーションの方で絶賛制作中のフィギュアについて語ってみます。

まぁ このへんについてはわかっている人に関してはわかっているでしょうし。
ひとまず 上位学年の4人はlazyの衣装ですでに発表済みでして。
そんな状況を知った上で この話を書きすすめていく……  みたいな感じでしょうか。

とりあえず「あずにゃんだけListenの衣装に身を包む」ということに関して
肯定的な面と 残念な気持ちを併せ持ちながら この情報を見ていました。

まず 肯定的な意味という面では ボク この衣装を見るのが好きだったから。

あずにゃんといえば~  みたいな感じで出てきているツインですが
ボク個人の性癖を語ってみるとするならば ポニーとかサイドとか
そちら系もかなりwww  みたいな部分を持っているわけでして。
(↑いきなり なんだかおかしなことを話し始めましたが まぁ 温かく。)

なんというか イレギュラー……という表現で書いたらアレな気がしますが
そんな意味では ボク的にはEDに出てくる衣装というものは
かなり(ほかのキャラクターの衣装とかも含めまして)楽しみに待っていました。

また 制作側の方も ただ適当に衣装デザインして着せているわけではなく
ほかのフィギュアの説明書きのところにも書いているような感じで
しっかりとコンセプト持って――普通にアニメ放映するだけだったら
このへんのコンセプトなんてあまり伝わりませんがねぇ……。――
取り組んでいるということみたいで。  それも楽しく~  みたいな。

まぁ こんなのを考えてみるのならば 個人的に「残念」と思った
lazyのほうのあずにゃんがみられなくなってしまうのに関しては
まぁ 納得できるかな~  と云った部分があったりするのですが。

そもそも この「みてみたい」ということに関しては ボクが勝手に抱いた
「好奇心」ですから まぁ 見れなかったとしてもしょうがないとは思いますがね。
――あとからつけ加えるのに違和感を持っている≒企画段階から
しっかりコンセプトをもって アニメ制作していただいていた??

……ただ まぁ ボクの立場ですからあえて書かせていただくとするならば
一期のときにOPの方にはあずにゃんも登場していたのに
EDの方は 一応曲の方も作っていたようですが なんだかんだで乗り遅れて~……
みたいな部分に ちょっと違和感を感じるような~……  みたいな。

まぁ これに関しては 細かいことまで突っ込んでいくことは
無粋……と云ったモノになるのでしょうかね。  楽しんだもの勝ちですよ。

……ま また別のいい方をするのならば「4:1」という比率にするのならば
もう少し キャラクターによって……みたいな感じで ばらす……というか
まんべんなく衣装でフィギュア作ってほしかったな~  みたいなのもありますが。

この配分 明らかに不自然に思えてくるんですよね~  個人的に。
――まぁ 彼女だけが学年が一つ下なわけですし しょうがないと言えば……。
とりあえず このへんについて 細かいことは気にしないようにしましょうか。

ついでに ボク このほうに関しては まだ この先の動きが
全く分からないので――仮に受かったとするのならば 神戸への引っ越しが
控えていますし 落ちたら落ちたで その時の生活は全く予想できません――
確定したことは言うことができません。  なんだか宙ぶらりんです。

ただ その背景を完全に無視してしまって 書いていくとするのならば
まぁ 当然の結末となりますが「買いたい」という気持ちは強いです。

ひとまず ボクが確認できた中では まだ 予約受付発表もないですし
色が付いた原型のうpも終わっていないですから これについて
考える時間はまだ 残っているでしょうから ゆっくり考えることにします。

まぁ このへんの予約についても 1日2日で終わるようなものでもないですし
状況を見極めながら 冷静に調べて生きたいと思いますね~
――彼女の場合「でかいイチゴ」があったりして 値段がどうなるのか……。
そう変わらないでいてほしい……。  というのが個人的頼み。



・さて 澪ファンの方には少々申し訳なかったですが……。
誕生日祝いの方 満足にできなくて申し訳ありませんでした。
尚且つ なんだかおまけ的書き方なのも……。  申し訳ありません。

ひとまず ボクの方も「センター試験」というものがあった関係上
ゆっくり画像とかを選びぬくみたいな作業をすることができなかったので。
――二期の時間軸をそのままとってくるとするならば 彼女の場合
誕生日を「センター試験」出迎えた可能性大ですよね……  大変そう。

さて 彼女の購買部の方も覗きたい~  みたいに思ったりしましたが
まぁ どのようになるかは あらかじめ記事を書き起こしているボクにとっては
その時になってみなければわからず ここに写真が貼ってあったならば
「なんとか覗いて来たんだな~」みたいな判断をしていただければ。

そう言えば 去年ムギの誕生日があった時にも サーバーが壊れたりして
なんだかんだで 購買部を覗きに行く事ができなかった……なんてこともありました。

なんだかんだで ちょっと間が悪いのかもしれません。  ボク。
図1図2図3
図4図5図6
図7図8図9
今年のボクに出来たことは これが限界です。
……しかも 上げるのも遅くなって 申し訳ありません。



……まぁ なんというか こんな記事を書くことで ちょっと気分転換。
――さて 明日は教科内容にかかわらない面で センターの事後でも語れるかな??

TOP

事後

2011⁄01⁄16(日) 19:00
さて センター試験が終わりました……  ……いろんな意味で。



まぁ とりあえず個人的コンセプトとしては「過去は振り返らない」
と言う主義で行こうと考えているので まぁ……。

ボク的考えとしては「足を切られなかったら」二次に想いをつなげられるので。
ひとまずは「切られるか」「落ちたか」しなければ落ち込む理由もないです。
だから 一応 今のタイミングで「失敗した~」って嘆いても……ねぇ??

――ちなみに このノリで書かなかったらアレかもしれませんが
「まだ自己採点をしていない」ので まぁ 何も言えませんが……。
……でも ぶっちゃけて「今年は公立一本」なので採点をしないというのも……?

まぁ 何がともあれ「センター試験」と言うのも終わりましたので
これからは「二次」で最善を尽くせるように勉強をして行くのみですね。

幸いなことに (もしかしたら)一番得点率が低い古典を置いて行けるので
――とはいいつつ 英語は引きずって行かなければならないのですがね……。――
勉強に集中しやすくなったと言えば聞こえはいいかもしれませんね。

ひとまず たとえ自己採点をしていないとしても 確実に
「追いかける」立場になっていることは変わりないと思いますので
この点を頭に入れて「ほかの人の数倍上を行く」勉強をして勝ち取っていかなければ……
みたいなことは考えていますので まぁ そんな感じで。

とにかく「追いかける」と言うのを これからの勉強のテーマに。
そして まぁ ブログの方は 煮え切らなかった時の対応策に
この先 置いていくことになると思いますので よろしくお願いします

――まぁ 下書きに50オーバーの記事が埋まっておりますので
なにかしらの更新・補充くらいはできると思いますから まぁ そんな感じで。

ついでに 先日いただいたコメントを参考にして 何もできなかった高校生活
「これだけはやれた」という達成感を求めて書いていこうと思います。

……ひとまず これから先はこの日記の書き方がボクの心を映す
鏡になってくるような気がしますが まぁ これからもちょこちょこと
冷やかしに来ていただければ 幸いにと思います。



・さて お礼でも。
まず コメントを送っていただいた皆さん・送らなかったとしても
ご覧になって影から応援していただいた皆さん ありがとうございました。

こんな感じで リアルでは割と「孤独」っぽい空気をまとっているボクでも
みなさんのコメント・その他を見て「一人ではない」と言う事を
確信することができました。  心強かったです。

まだ ボクには「二次試験」が残っていますが――私立は受けませんからww――
この時にも変わらぬ声援をいただけたら 幸いだと思っております。

ひとまず「ボクがこの場で出すことができる力」は出たと思います。
ここで 仮に足を切られたとしたら ボクの実力が甘かったということ。
とにかく 何を言い訳にしてもはじまりませんからね。

そして 神戸大学キャンパスに入る許可を得たならば そのチャンスを
最大限に生かして 現役合格を勝ち取れるように準備をしていきます。
改めまして 変わらぬ声援を よろしくお願いします。



……さて それでは それ以外の内容をいただいた方へのコメ返を
追記ではありませんが 書かせていただきましょうかね。

>ルインズさん
さて どうでしょうか。  ひとまず「身内」に聞いてみたらどうでしょうか。

そうですかね~??  こんな風にして センターをやっている前後にも
変わらずにブログを書き続けている――しかも 目標国公立……
……落ちたら あとは無いという立場で――よりは まだましなのでは??
……来年の今頃が予想できているなら まだいいじゃないですか(←開き直り)


>チャモロさん
なんだか 「センター前日」には なんだかんだでかなり戻ってきました
(欠席「3人」まで減りました)が……   なぜだろう。

ついでに この帰って来た人たちのほとんどは「ホームシック」ならぬ
「スクールシック」を抱えて帰ってきましたが……。   まぁ 気にしない。

キャラが似ていますしww  まぁ 今度ゆっくり出逢えたときにでも
なんだか 細かく話し込んでみます??  なんだか面白いかもですねww
――が できる為にも 神戸目指して飛べるように頑張ります。


>ぽぷらさん
全校朝礼あるんですか~  まぁ そしたら浮き立ちますよね~……。
――ついでに ボクの学校で集会をやると 「ボクのクラスだけ女子が居ない」
と言う意味で目立つようです。  これはこれで イレギュラー。

まぁ 直前にやあやあやっても 変わらないものは変わらないですからね~
――特に 理系科目に関しては 日々の積み重ねですからね~……。

とりあえず シュミレーション……するのも 辛いと思いますから
できるだけそれを和らげるため 日々の勉強を頑張ってみたらどうでしょうか。
――特に ボクが言えるたちではないですが「英語」「数学」「国語」に関しては
かなりの確率で引っかかってくると思いますから このへんからどうでしょうか。


>ricecakeさん
体験談ありがとうございます。  ……まぁ 無謀ですが 特に何も考えずに
仮に「足切られそうな」点数でも突撃するつもりなので←
(↑と いうか 元々そのつもりで 今年は「私立なし」で行っているので。
ここを突撃しなかったら 今年は何もなしに終わってしまうことになりますからね。)
(↑↑まぁ これに関しては「家庭内方針」なので しょうがないですが。)

「現役」は最後まで伸びる……と言うのも よく聞く言葉ですしね。
最後まで 諦めずにやっていけたらと思っています。



……さて なぜかこの日にも「Reading」の方が宿題を出してくれたので
それをありがたく拝借しておきましょうかね???

本当にありがたかったですよ!!!
わざわざ センター直後に宿題やらせてくれるなんてね!

TOP

センター試験

2011⁄01⁄16(日) 18:00
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

TOP

経験?

2011⁄01⁄15(土) 20:00
受験戦争が間近に迫った今、 いつまでも自分に自信を持てなかったら
全く意味がありません。  今日は自己満足の内容ですが よろしくお願いします。




……と 言うわけで まぁ なんというか自分を安心させるために書こうと思います。
ですから みていて面白かどうかは 全く考えずに行ってみようと思うので。

――ついでに 意気込もうとしているアレですから「ほかの記事に比べて なおさら」
否定的な文面を書かないように 注意していただけると幸いです。  コメントの注意。
基本 あまりほかの人にやあやあ言わないようにしたいボクなのですが
これに関しては みなさんの協力を仰ぎたいと思いますので……。  よろしくです。

さて まぁ 例示としては 最近あまり書くことがなくなってしまった
――もしかしたら 去年書いた分だけでも両手で数え切れるんじゃないの??
みたいに 個人的には思えてしまうジャンルなのですが――サックス関係で
自分を奮い立ててみようと思います。  これって 宣言する意味あるのか??

……まぁ。  細かいことは気にしないようにして。

まだ 「結果を見終わっていない」というのもあるので 大きな声では言えませんが
大学受験というものは やっぱり一発勝負だとボクはみています
――少なくとも 高校受験の時の経験から考えてみるのならば
このへんの考えは少なくとも「間違ってはいない」のではないかと思うのですが。

仮に 「毎日24時間ずっと勉強していて 受験で出てくる勉強に関しては
100% 答えられるぜぃ!!」みたいに意気込んでいた人間がいたとします。

そこで「毎日徹夜していたから 本番になって 風邪を引いた」
って言ったならば もう この人は浪人確定だということでしょうか。
(↑まぁ こんな展開の人 いるとは思えませんし 第一 これを本当にやったなら
風邪を引いただどころの話ではないような気がしますがね……。)

どんなに「受験前に練習をしてみても 本番で何も出来なかったら意味が無い」
それが 受験がもつ 一つのふるい……と いうか システムの一つなのでしょうか。
何となくですが こんな風にボクは感じています。

――ところで 何故ボクは最初に「サックス」を引き合いに出したのでしょうか。
まぁ そんな話になってくるのですが。  多分。

ボクの経験――と言っても あまり自慢できるほどでもないのですが――では
「一発勝負」という面では このへんでも同じように言えることなのではないのかと
ふと 感じたりした 今日この頃だったりするのですが……。

例えば……  というわけでもありませんが 直前に書いた話を
この例に置き換えた形で もう一度書き変えてみようかな  ということで。

仮に 「毎日24時間ずっと練習していて その演奏会で演奏する曲について
完全な演奏ができるるぜぃ!!」みたいに意気込んでいた人間がいたとします。

そこで「毎日徹夜していたから 本番になって 風邪を引いた」
って言ったならば もう この人はその場で大失敗しますね。  きっと。

まぁ コピペして そこの話から ちょっと文面をいじっただけなので
例えば「完全な演奏とは何ぞや?」みたいな状況が発生したりしていますが
大体 表現したい大まかな流れは理解していただけるのではないでしょうか??

例えば 絵とか書道とかほかの芸術関係のことについて
そこまで練習・その他のことをしているわけではないので かなり
間違えている部分もあるとは思いますが 線を書きすぎてしまったら
消したりかきなおしたり 展覧会へ出展するまでにいろいろと悩んだり出来る
……と 思うのですが このへんに関しては どうでしょうかね……。
(↑とはいっても やっぱり プロになってくると「一発勝負」というものが
いろいろと増えてくだろうということくらいは さすがにボクも理解してます。)

まぁ 音楽に関しては 仮に素人だったとしても そこで失敗したからと言って
いろいろと誤魔化したりできる手段を持っていないということですね。

過去 ――書いたことがあったかわかりませんが ボク ピアノについても
中学校の頃までならっていた事があったのですが――ピアノの発表会で
「舞台上でテンパって 暗譜したはずの楽譜が飛んで行って 恥をさらした」
事があります。  まぁ アレはボクの黒歴史の一つなのですが……。

仮に 絵等で 何か致命的な失敗した時には 別のものに置き換えるとか
出来ることもあったりするとは思いますが 音楽に関しては
音を出してしまったら そこで「勝負」掛けなければいけないんですよね。

その点に関して 音楽と受験って もしかしたら一緒なのかな??
一発勝負という点に関しては そして「その場でできなければならない」という点は。



さて なんだかいろいろと話の軸がそれているような気もしますが。
でも それを踏まえて「舞台経験」を盾にして 受験に挑むのならば ちょっと
気持ちの方は落ち着いてくるのではないか。  そう思ってみたりするわけで。

今日の記事のコンセプトとしては 自分に自信をつけるという意味で
この話を作ったりしているので 都合がいい事しか書きませんが
ボク サックスを吹く上で なんだかんだで soloを踏む機会も
多かった方だと思いますし その時の緊張感を保てればいけるのではと。

soloというのは まぁ やってみなければわからない部分もあると思いますが
――ついでに どの楽器でも同じことが言えるのかどうか 自信が無いですが――
やはり 緊張します。  と いうか 何度やっても緊張するものです。

でも 少なくとも 去年のスプリングコンサート――ボクの記憶にこびりついた
多分「高校生で行った演奏会で 一番楽しかった思い出」――で
それまでの集大成として挑んだ soloなんかでは かなりのそう快感もあり。
そこに行くまでに 様々な舞台で自分を信じて戦ってきましたから。

……そう。  戦ってきましたから。  その場での一発勝負に戦ったのだから。

やはり soloというのは「ほかに誰も手助けしてくれる人はいない」ですし
受験という物も「誰か ほかの人に変わってもらうことが出来ない」物ですし
先ほども書いたような気もしますが類似点もいろいろとあるわけですね。

模試も何度か受けてきましたが「自分を信じて戦ってきた」回数については
ほかの人に引けを取っていないでしょう。  そう信じて戦ってみたいと思います。

そして その戦いの終わりに桜が咲く姿を祈って 進んでいきたいと思います。

TOP

出陣

2011⁄01⁄14(金) 20:00
あらかじめ ボクの方も精神が安定なうちに書いておかなければ……

みたいに思って書きだした 今日の記事だったりするのですが(予約投稿)
結果的に 取りとめもないこと しかも なんの秩序も無い話になりました。
――まぁ このごちゃごちゃ具合は ボクの専売特許ですからね!!


多分 試験が終わるまで見ることは無いと思いますが
一応 コメントをくださる方はいつも以上に言葉への配慮をお願いします。
……自分でこんな事書いておいてなんだとも思いますが
一応 ちょっと前の心が平安なうちのボクからの お願いでした。




……と 言うわけで センター試験までこの後すぐ!  と 言うところに
何 のんきに記事を書いているんだと思われた方。  ご心配なく。
――一応 直前と言えば直前ですが 当然 前日に記事を書くとか言う
不自然なことはおっぱじめておりませんよ??  当然ですが。(昨年12月某日)

まぁ 二日目を控えた明日分も ちょっと前に記事を書きあげて
あらかじめ予約投稿してみたりしていますから。

――今の時点では 何も言えませんが ここ最近の記事の方でも
あらかじめ 原稿を落としておいた記事があったりすると思いますので。
あえて書くのならば「記事ナンバー」を確認していただければわかるかと。
……みたいに書いたとしても 気にする方 いらっしゃいませんよね??

……と いうか 今日の記事に限ったことではないのかもしれませんが
あらかじめ ネタを書き溜めていた経緯で出来た記事の方は
いろいろと 時系列が動き回ったりするので 読みにくいと思われますので
あらかじめ ご了承・覚悟の上 読んでくださる方は お願いします。

……まぁ 元々何もなかった時の記事でも読みにくいとか言う声は
割と 感じているような気がしているのですがね……。  まぁ 良いとして。

――あと 関係が無いことかもしれませんが ボクがこの記事を書いた段階では
ほとんど 記事関係のアンケート 埋まっていないような状況でしたし
まぁ 当分の間は こんな感じでしつこい感じの文章が続いたりしそうなのですが。

さて 気分的には「抱負」的な物を書いていくべきなのでしょうが
さすがに ちょっと前の段階で書くことと 直前気に考えること
抱負という形でも かなり形は変わってくると思われますから 書きません。

さて やっぱり元気をつけようと思ったのならば 何かしら
「自信がつきそうな具体的なはなし」でも書いておこうかと思います。
――今更 自信がなくなるようなことを書き連ねても なんの意味もありませんしね。

やっぱり 自分のやってきた道を信じてやっていくのが
本番で成功するためには いろいろと必要だということを悟りまして。
――例えば……みたいな 具体例をメインに書いてみたのが明日な感じ。



・頑張れば出来る!
では 今までの勉強関係で 「大きな一歩」として感じられた話を
ちょろちょろっと 書いて行ってみようかなと思います。

最近 なんだか いろいろと「変態化」して行っているという噂が強い
「物理」に関してですが まぁ 古くから見ていただいている方には
わかる方もいらっしゃるかも知れませんが 2年生の間――すなわち
物理Ⅰ履修中――には ↓から数えた方がいいのではないでしょうか……
みたいな 点数を 恥ずかしげも無く晒していたわけで。

ぶっちゃけて ボクの高校時代の最低得点は 物理Ⅰでたたき出した

「12点」


――当然 100点満点の定期テストの中で 全てをひっくるめても
最低得点として ボクの記憶の中に刻まれている数字です。

まぁ ただ 物理に関しては 昔から「天文関係の研究をしたい」
さらには「願わくば それで生活を立てていけるように出来たら 文句なし」
みたいな 欲望……と言ったら俗っぽいですか。  夢がありまして。

だから……と 言うわけではありませんが 必死で勉強した高校3年の春。
――この時期くらいからは 目に見えて 出来るようになったのがわかった。
まぁ なんというか「今までわからなかったもの」とは違って
わかるようになってくると いろいろとおもしろくなってきますね。

そんな事もあったなぁ。  いま ふと 振り返ってみたら
まだ「いろいろな意味で」終わったわけではないのですが
ちょっとした感動が生まれました。  まぁ 自己完結ですね。  うん。

で なんだかんだで 高校生活の中での定期テスト 最高点数。
こちらは 物理Ⅱで記録した

「96点」


ということで。
このへんの点数たたき出しておけば もう いろいろと文句は無いでしょう。

――ついでに ボクの記憶が正しかったのなら この後行われる
ボクにとっての最後の定期テスト(のはず)では 3年生の場合
「点数の公表が無い」ということで 数字を晒せるテストは
もう 新たには増えてこない……と 思うんですよね。  確か。

まぁ なんというか 100点で占められたら嬉しかったのですが
さすがに そこまでわがままを通すものでもないでしょうし
でも この流れで ここまで流れを持ってくることができたのは
その時点で すでに「成功」の部類に入ってくるのではないかと思います。

考えてみたら 物理よりも顕著に出てくることは無かったのですが
化学の方の成績も 一時期 謎の上昇が入ってきたことがありまして
この時も ちょっと驚きがありましたね。  アレはなんだったのだろう。

まぁ こんな風に「謎の上昇」としての伸び幅が残っている理系科目も
まだ でっかいものが残っていますし――数学――このへんに関しては
新たな体験をする余地が 残っているのではないかと期待しています。

高校受験の時のお話ですが その頃の2月頃まで 数学が60点台常連だったのに
一週間ごとにあったテストで とあるときから 何故だか100点が連発。
最初は 偶然かと思ったのですが そのあと数学での失点は0だった~
みたいな 具体例を ボク 過去に作り出していたので
ハマったら「急角度」で 伸びてくれるのではないかと 期待しています。
(↑当然 今までもその「急上昇」に期待して 投資しているつもりです。)



……さて なんだか ここまで読んでいただいた方には申し訳ないような
ほかの人まるっきり無視な文章が続いてしまいましたが ありがとうございます。

それでは 桜咲く季節に
良い結果が報告できるよう 行ってまいります。

TOP

ニンジン

2011⁄01⁄14(金) 12:00
今日も このお話がいつ ウェブ上に飛び出す羽目になるのか
原稿を起こしている時点では ボク自身も全く分からない~
――まわりくどく書きましたが ボクの言う「保存記事」のお話です。

……てか これが闊歩する時期って 結構 この傾向記事ばかりが
連ねられている現実があるだろうし 毎度書かなくてもいいのかもね……???
――いいや 深いことは気にしないようにしようかしら。

……閑話休題。  今日の保存ネタとして 世間では
「捕らぬ狸の皮算用」みたいな風に揶揄されるかもしれませんが……
……こんな事 書くだけでも 勉強の士気上がりそうだからね。
――受験終わったら 何が手に入るのか。  income。

やっぱり 浪人生活――散々遊んでいるように見えるような気も
……するかもしれませんが まぁ 結構 不自由な生活なわけよ。  うん。

只今現在 どんなふうに感じているのか  そして 大学に受かったら
「実現するかはまた別問題かもしれないけれども」 どんなことが可能なのか……
……みたいな話 勝手に呟けるのは こんなタイミングじゃないとね!!!

――そして こんな企画を 下書きに埋める予定とはいえオッケーを出した
ボクの精神状態も 徐々に 限界を見据え出しているような状況かしら??
……うん。  暗い状況は考えないようにしよう。  題意的にも。

そもそも これが上がる時のボクは 今 ワープロに向かっているボクとは
似て非なる存在だという設定にしてけば また 面白い事も……ないか。



はい。  二転三転しましたが いい加減書きます。
例えば ボクが日々の生活の中……って 書いたら ちょっと規模がでかいですが
何となく 引け目に感じている部分で 携帯電話の話とかがありますかね??

ここ最近は スマートフォンなども結構身近になりまして
ボクがこの携帯に買い替えた時にはあまりなじみがなかったような電話も
今では ちょっと見回せば探すのもたやすいような感じになっています。

まぁ 機能とか詳しい事も調べずして「スマートフォンほしい」って
ダダこねる子供のようなことは 流石にやることは無いですが
すでに 廉価な値段にまで下がっていた機種を購入し さらには
すでに その買い物をやってから2年以上経過している今 この携帯
なんだかんだで いろいろと使いにくい気がしていることには変わりありません。

まぁ この流れで この条件を足し合わせたら 状況は簡単で
「この浪人生という身分で 簡単に携帯を買い変えられる状況ではない」ということで
例えば 浪人生活が終わったら 真っ先に改善しようと思っているのはこの方向性とか。

メモリーの方も 結構 パンパンにはちきれそうになっていますし
読み込みの限度も乏しいですし 通信速度とかもいろいろとありますからね~
――まぁ 携帯でTV見たい~  みたいな希望は今のところありませんが。

何にしても この携帯 もうそろそろ買い替え時なのではないかな~
――みたいに 言いだせない不満?  が 結構あるのは事実です。

一応 目指している学校は 下宿確定な位置にあったりするので
せっかくだったら それだけでも十分すぎるほど使い勝手がある
機種に買い替えてやろうとか目論んでいるのですがね~

一応 何にしても 今ボクが何を行ったとしても それは
「絵にかいた餅」から変わりようもない事実になってしまいますから
やっぱり このへんの事については 折を見ながら考えることになりますが
なんとか 交渉して それなりの物を少なくとも資金援助してもらう方向で。

そして 流石に ポンポンと携帯を買い変えられるような環境にはならないでしょうし
それ一台で飽きるまで随分時間がもちそうな機種を探して
――やっぱり スマートフォン系統が有力でしょうか?????――
関西に持ち去ってやろう。  ……これが 一つ目の皮。



そのほか 例えばそれらしい方向性は……やっぱり ネット。
――時間制限があったりして とにかく使いにくいことこの上ない。

……まぁ この傾向においては元々 受験生だという前提もありますし
こんな設定があったとしても無かったとしても ネットに入り浸るのは
流石に まぁ……みたいな気分はありますが 問答無用でシャットアウトなどは
なんだかんだでいろいろと使いにくいし フィルタの方が厚過ぎる。

「ネット接続時間」○分みたいな形で押さえられるんだったらな~
――とか 何度も思ったのですが まぁ さっさと受かればいい話よ。
――流石に 大学生になったら そんな縛りもないだろうしね~

……とはいえども そこまで今のボクにはネットに入り浸る要因は
例えば アニメ一気見したい~  みたいな事にならなければ
使い続けるようなネタが思いつかないのがボクの現状だったりするわけで。

――まぁ これ以上不満をぶちまける場所ではないだろうからね~
……ひとまず 状況も変わっているだろうし そんなわけで。



……あと この時期の男だったら 誰もが言うのかもしれませんが
「親への反発」――主に 親父への反発が強くなっていましてね。
……さっさと 家から出たいかもな~  みたいに思うこともあり。

――ひとまず これも「巣立ち」の一種なのでしょうかね~
――なんて そんな事を思っていられるのもこの記事書く間が
ぼちぼちと確保できている間だけなのかもしれないな~  とか思いながら。

でも まぁ やっぱり こんな風に顔を合わせまくらないといけないんだったら
ちゃっちゃと外に出てしまった方がいいかもな~  とか思ったり。
……えっと このへんのボクの心理というのも 親父とかの作戦だったり??

――ちなみにどうでもいいですが ボクと親父の人間関係は
腹の探り合い……の一面も持ち合わせているという 本当によくわからない関係性←



――まぁ これで流石に終わりってわけではないですが
文量的に これくらいが妥当な線に見えますので 今日はお開きに。

……まぁ 何にしても これらを思いながら ボクは 大学目指して勉強するわけで。
――邪念ばっかだなぁ。  常々。

TOP