年の瀬

2010⁄12⁄27(月) 16:12
だんだんと 年の瀬が近づいてまいりました。
今日は ちょっとした 新しい年を迎える準備中の我が家をメインに行こうかなと。




・まずは ↑の事は考えずに書いていきましょうかね。
milk.jpg
どうでもいいですが こんな感じで
いつも飲んでいる牛乳なんかが
――牛乳大好きののっぴぃなのですが――
賞味期限が来年の日付を
示しだしたところとかが その辺を顕著に
表しているような気がしますね。
まぁ このへんに関しては ちょっとした感動……もへったくれも無いですが
人それぞれ 「もう今年も終わりなんだな~」って事はそれぞれの形で
感じるようなものがあるのではないでしょうか。  どうでしょうか??

雪男
まぁ なんというかボクのところでは
あまり感じないことですが
ウィンタースポーツというのも 
最近は考えている方もいるのではないでしょうか。

ボクは あいにく 
何も触る機会が全くなかったので知りませんが。

あ ここに出てきている 脱色したムック……
ではなく「謎の着ぐるみ」ですが
JR東日本の方で なんだかんだでスキーの
宣伝をしているキャラクターです。

名前は忘れましたが この前 
予備校に行く時に見つけたので 思わずパシャリ。
一応「サービス精神」は忘れていないようで なんだかんだで
ボクが「携帯」(←正直言って安物ですが)を向けた段階で
なんだか 彼なりのアピールショットを撮らせてもらえましたね。

まぁ 特に 今年なんかは「いろんな意味で」行く機会はなさそうな気がするので
正直に ボクにアピールして何にもならない気がする……って 書いたなら
JRの方に迷惑でしょうか。  はい。  気にしないようにしましょうか。

でも 考え方によっては ボク以外の家族に「代わりにスキーに行って滑って」
来てもらうというのも 考え方によっては 一つの作戦なのでしょうか。
――みたいに 書いてみたのですが 実施するかは謎です。
逆に やってしまったらひとり残され(あとわんこ??)てしまいますしね。

よくよく考えてみたら 現実味は全くない感じなのかもしれません。
……でも やってみるのはおもしろいと思うのですがね。  まぁ いいか。



・我が家の話題で。
先日書いた時には あまり 大掃除とは縁が無い~  みたいな
書き方をしていたような気もしますが もういい加減に
大掃除の方が 形を帯びてきたような感触がありますね。

まぁ ボクは こたつ(布団なし)を陣取って このへんの風景を
傍から見たらひとり偉そうに見守っていたりするのですが
まぁ 普通の掃除と比べては かなり大がかりだったような気がしますね。
(↑とはいえども やっぱり例年の大掃除と比べたら小規模かしら。)

ただ 例年と比べて違うのは「なんだかんだで親父もしぶしぶ参加」というところ?
例年は なんだかんだで「仕事が忙しい」とかで逃げていた親父は
今年は 母親が脅したとか言う噂の影響で 参加させられたようですね。

まぁ 母親曰くには「これも今年だけでしょうね~  多分 来年になったなら
『例年やっているからいいでしょう』的ノリで返されるような気がするからねぇ。
その時には お前 証人として証言してもらうからね。(命令系)」とのこと。

なんだかんだで 仮に受かってしまったとしても 電話の上で
実家の大掃除についての言い争いに参加しなければならないということで。
……はぁ 面倒くさいなぁ……もう。   まぁ 気にしたら負けですか。



・年賀状
あと ほかに「新年を迎える準備」みたいな感じで 年賀状でしょうか。

皆さんは年賀状を送りますか??  喪中の方以外は 今年の年賀状
大体は手を出すのではないでしょうか……ボクは書きませんが。

ボクの場合 今年 年賀状を書かない理由は 喪中ではなく面倒くさいから
……ではなく なんというか 受験と合致してしまうからですよね。
――過去 一応 部活に入っていた時代もありまして その時には
受験生の先輩から年賀状が届いてきたという記憶はありませんからね。

……みたいに考えると 例年の先輩方は 本当に必死に勉強していたのでしょうが
ボクの場合 それと単純に比べていいものかどうか かなり悩みます。

そもそも こんな風に何食わぬ顔して未だ 毎日のように日記書いていますし
それも 割とがっつり書いている状況ですからねぇ……。
――がっつり書いているということで アレなのですが 最近
投票フォームの方で ちょっとしたアンケートやっていますので
この日記の読みやすさ追求のため(?)協力していただけたら幸いです。

まぁ そんなわけで ボク以外の方々は 最近はがきの印刷に追われています。
――それをボクは こたつ(布団なし)から眺めているわけで。

コピー
……と 書こうかと思いましたが 
正確には「印刷機を一個独占して」
最近は 問題集のコピーを 
とらせてもらったりしているというのが正直なところ?

センター試験対策の問題集(直前)を買ってきて 
それに書きこんでしまったら
それで終わりになってしまいますが 
コピーして何度か使い回せば
出来なかった所に関する成長の余地?も残せますし 
まぁ 普通のところでしょうか。


第一 コンビニとか予備校とかにおいてあるコピー機の値段
「一枚10円」なんて 割とぼったくりじゃないですか。
これ 自分の問題集なのだったら 家でコピーしておいた方が
なんだかんだで 経費的には半額で押さえられる(父談)ですからね~

いろいろな意味で お財布に経済的だったりするわけですよね~
……まぁ そのおかげで 家族から「年賀状印刷したいんだけど」的
視線をもろに浴びる羽目になってしまうところは 気にしないようにしなければ。



・失敗談
ついでに 家族の観察をしているときに「一人勉強している」的事を
書いていた気もしますが せっかくだから「笑えないけど嗤える」物を。

阻害←ギャグか!?  ネタか!?
ここまでやってしまったら 
もう みる気になれなくなります。
付箋は「適度に使えば」
それなりに目印になりますが 使い方を間違えると
こんな感じで 単に
「やる気を阻害する」要因になりかねません。

まぁ これでも一応使っていますが 
付箋を剥がすのはバカバカしくなっています。
焼け石に水とでもいうのでしょうかね??

だから 覚えているの≠付箋  です
……だと思います。  なににしろ
「覚えられない」というのは事実ですから。

間違えても これから挑んでいく方々は 
このような失敗はしないように 気をつけてください。

TOP