Christmas Eve

2010⁄12⁄24(金) 16:42
image~22
さて このへんの世界からは いろんな意味で縁が遠いボクですが。



・今年のクリスマス  のっぴぃver.
どうもこんにちは。  「イブ 何か予定ある~??」って聞かれたら
「う~ん、ルーズリーフと戯れているかな~」って答えざるを得ない
何とも悲しい一日を過ごしております のっぴぃです。

ちょっと話を掘り下げてみますと 朝ご飯を食べてからすぐに物理(力学)。
問題を消化したら化学(有機) 昼ご飯を挟んで数学(確率・冬期復習)
それで なんだかんだ~  みたいな感じで 大体二次中心。

なんというか この年代の人間には メルヘンを楽しむ余裕なんて
いろいろな意味でありません!!  ……なんてことは
元からわかっていたとしても まぁ なんというかだるいですね。



・例年のクリスマス(涙)
ちなみに こんな書き方をしているのだったら「例年だったら何かしら
『イブらしい』生活を送ることができるんですね??」みたいに
思われるかたは……いらっしゃいませんよね??  日ごろの行い的に。
過去から イブに予定が詰まった事なんて全くありませんよ~

そんなこんなで まぁ なんというか イブからは縁すらありませんでしたから
とことん遠いということは ずっとの経験だったりするので。

そもそも 今までの生活は「女子がヤケに多い」という噂がある
吹奏楽部に 数少ない男子という立場で紛れ込んでいるような人間なので
きゃあきゃあ言って クリスマスの予定で盛り上がっている女子を
傍から怨念のこもった視線で見つめ続けるというのが 過去のパターンでしょうか。
(↑非常に怖いではないか。  一体貴方は何をしているのですか??)

まぁ そのおかげで わりかし学年内の人の動きについては
聞いていた部分はあったのですが(書こうとは思いませんが)いま
それを思い出そうと思っても ぼんやりとしか出ないあたり 全く興味を回さず
単に 聞き流していたんだな~  みたいな事を実感しつつ。

ひとまず 何があったにしろ 基本的にその情報からは(すこし記憶というか
何かに引っかかっていることから予想すると)ボクみたいな「さっぱりしない」
人間には まぁ 当然というか その辺のオファーは来にくいですし

逆に サッカー部・バスケ部とかで――薄々とした記憶だと なぜか
野球部の記憶は あまり引きだされないのですが……  何故でしょう??―― 
めちゃくちゃ活躍していたとか その辺の人たちへは
何人かがアタックしに行ったとかしに行かなかったとか そんな話が
あったような気がしますね。  何となくですが。(←要するに あまり記憶に自陣なし)
(↑尚且つ ボクの周りの 曖昧な記憶の上なので 特に情報にはならないかと。)

ひとまず このへんのイベントについては存在の時点で「成功組」と「失敗組」みたいに
半ば強引?に 決まっているような感じみたいですね。  ふむふむ。

……まぁ ここまで書いておいて「どんなふうにお前は思っているのか??」と
聞かれてしまったのなら 正直 あまり興味は無いというのがオチなのでしょうか。

なんというか 女子って 相手にしているとたまにすごいというか
中学校時代 いろいろと差し入れ(まぁ パシられていたと言ったら人聞きが悪いですが)
を持って行ったりした時に その時の空気にもよりますが なんというか
群になったなんとかみたいな感じでわ~  って なったことがありまして。
(↑いまいちよくわかりにくいですが まぁ 心で察してあげてください。)

まぁ なんというか それ以来「女はこわい」とか思ったりする部分もあり。
――もしかしたら このへんの「妙なトラウマ?」が 二次元道へと
なんだかんだで突きすすめた一つの要因なのかもしれません。
……と いうか もはや ボクの場合周りから見てもそのようなキャラですので。  今。

ちなみに 事故宣告の上では「女子よりも男子とメールする機会が多い」という
妹ですが 今日は なんだかんだでフリーだったようですね。

……なんというか そこまでメールを(毎日のように)やっているくせに
その辺の話が浮き上がらないという点については ボクがヤケに気にしているのか
それとも まだ「中学生は中学生でしかない」のか ちょっと気になるところですが。
(↑中高一貫なので 高校受験をする必要が無いということで。)



・一般的なクリスマス?
さて では なんだかこのへんの話を続けていると 本格的にいろいろと
「痛い人」になりかねない気がしますので 露骨にわかりやすい形ですが
話の話題を強引に変えていきたいと思います。  よいこらせ。

日本では こんな感じで クリスマスイブは恋人同士で~みたいな風潮がありますが
欧米の方では このへんは家族で過ごすというのが当たり前のようです。

この日記を上げる前に「クリスマスのイタリア」なるところに行く機会がありまして
――一応 英語は苦手ですが「ボディーランゲージ」でも十分通用するということを
身を持って学んだりしたのですがねwww  それはいいとして。――その時の
イタリアの街は なんというか いろいろと閑散としていました。  マジで。

まぁ なんというか「サンタが飛んでいる設定の中の夜」を
飛行機で飛んで行ったという思い出ですかね。  あいにく窓側の席では無かったですが。
それでも かなり印象深い思い出の中にあった気がします。  うんうん。

もしかしたら このへんの話は ボクの過去の思い出の中でかなり
色濃く残っているものだったりするので 受験間の保存記事の中に忍ばせておこうかとか
その辺を考えていたりするのですが まぁ それは別の話。

イメージとしては日本で言う「お正月」の様な物にあたるのでしょうか。

だから 世界的にみてあげたら こんな風に「今のところ家から一歩も外へ出ない」
クリスマスイブというのも それはそれで また 一つなのではないかと。
……結果的に ボクの今日の行動を何かしらのパターンに押し込みたいだけですが。



・次回予告……のようなもの
ひとまず こんな感じでちょっとした明日の次回予告(必要ないけど)的な。
明日は 特に何もない限り 記事の内容は「クリスマスでの我が家」を
テーマにして記事を書いていけたらいいな~  みたいに思っている次第で。

――今日 記事の内容が相当アレになってしまったのは 一つの要因は
クリスマスっぽい話題を 家から全く出ていないので獲得できなかった。
もう一つは プレゼントの収集が全くうまくいっていないので
このへんはどうなっているのか ちょっと気になった。  それくらいでしょうか。

それでは みなさん。  良いクリスマスを!!!  
靴下の準備も忘れずに!!!

TOP