The second term midterm examination②

2010⁄12⁄03(金) 12:57
さて 今回は 昨日に続いて 定期テスト二日目の途中から書いてみたいと。
……なんというか このテスト 配分がいろいろと悪い気がするんですよね~……




<二日目(12/1)――続き>
二時間目:政治経済
えっと……  特に感想も何もなし。  気分的には可も無くといった感じ。
(↑あれ??  つまりは「不可」はあるって事なのでしょうかね???)

ボクの場合 センターでヤケに出来ている「現代社会」という話がありますが
だからと言って 社会の成績がとびぬけて良いというわけではありません。

まぁ 一部の方々には顰蹙を買ってしまうのかもしれませんが
ボクの社会に関する能力?  は 自分で思い出すのには非常に手間がかかるけど
何かを書かれていて それの吟味に関しては出来る~  みたいなノリでしょうか。

だから センターの選択肢については吟味を出来るのですが
――さすがに 全てカンで解いても 80オーバーは安定しませんからね~――
記述してみるのは かなり無理があるというか ちょっと大変ですかね。
(↑まぁ 具体例として書いてみますと 用語を「漢字で書けない」とかでしょうか。)

三時間目:こちらもまたまた自習
なんだかんだで もう一度来てしまいました。  面倒くさいなぁ。  自習。
今度の場合は「文系科目直前」だったりするので まだいいのですが。

なんというか このへんの時間をしっかりテストしてくれたのなら
――さすがに「テスト科目を減らせ~」みたいなことは言いませんがね――
翌日の為の勉強を割と効率的に出来るというものなのですが……。

四時間目:古典総合β(まぁ 古典を一年間ふれておこう的な企画)
今回の古典総合は 古典と漢文の二本立てとなっております~
――漢文の授業の話については まだ 書いていませんがね~――

古典の方の問題文は「源氏物語」ですね~  はいはい リア充乙~
……これが大切なテストじゃ無かったのなら 心情把握の問題すべてに
「リア充の気持ちなど わかりたくありません」みたいに書き連ねたいところですが。
ここは 一種の我慢のしどころですよね……  だるい。  マジだるい。


<三日目(12/2)>
一時間目:Reading
英語に教科目。  センター対策を意識しているのか それともなんだかんだで
パソコンオタク(っぽい??)な先生がいらっしゃるからなのか知りませんが
解答は全てマークシートとなっていました。  お疲れ様です~

そう言えば 一年の時にあった――まだこの日記を作る前のお話です――
情報のテストの場合は まぁ 当然かもな~  と思えたりするのですが
英語科の場合も 割とテストでマークシート出てくる率が高かったりするのですが。

あ。  内容の方ですか??  熟語・単語の類はまぁ 諦めているとして
(↑堂々と「諦めた」とか 書かないよーに!!!  諦めたら(編集者略))
長文の長さが 時間の割にヤケに長くて いろいろと死にましたね~
なんだか 試験時間と英文の量が 見事にマッチしていない気がするのですがね~

二時間目:数学Ⅲ  数学研究Ⅲ(研究と普通の 特に違いはない。)
これだけ 受験時間が50分でなく80分間という。  面倒くさい。
……まぁ 積分の計算は時間がかかりますからね~  しょうがないと言えば……

ちなみに この日のテストは「文系の皆さんは」Readingをやったら
その足で 即帰るという……ボク達理系人間の大半は そのまえ二日間を
弁当持参で ある意味ヒーヒー言いながら過ごしていたというのに
これって 文系びいきではないのでしょうかね??  とか思ったり。

これだから 日本で今「理系離れ」が叫ばれるんですよ!!!  って
友達と帰りながらぼやいてみたりしてたのですがね。  そーだ そーだ。

さて テストの感想の方はと言いますと まぁ 計算が遅いですね~ と。
……そして ボクのクオリティだと この先にさらに「計算間違いが多い」
というのが混ざってくるという まぁ なんというか 救いようが無いという。
……さて センター試験までにこの傾向 どうにかなったりしないかなぁ????


<四日目(12/3)>
一時間目:化学Ⅱ
物理Ⅱ(昨日の記事参照)の方では 二次で使わない人のためなのか
なんだかんだで 公式晒しまでしてしまうくらい妥協してくれましたが
今度の方は 妥協の「だ」の字も無いという感じでしょうか。  イメージ的に。

まぁ 唯一の妥協(?)と言えば 範囲が「平衡」と「有機化学」だったのに
わざわざ(そう言っても前日でしたが)予告したうえで出て来た「中和」

……とはいっても 二段階滴定。  センター対策にもなっていない気が。
――そう言えば 去年ボクは受講していた 学校の方の「センター対策」も
なんだかんだで 全く問題集をこなすことも無く終わってしまった気がしますね。
(↑有機化学の扱いが割とぞんざいだったから それを期待していれたのに。)

さて 感触の方ですが 割とひどい……の一言に尽きる気がします。
pHを求めよ~  みたいな問題が最初に入ってきたのですが 何をどう間違えたか
なかなか納得する答えが出てこないんですよね~  塩基性ですから
OHとの関係の話もしっかり考慮していたのに~  みたいな勢いでしょうか。

……なんだかんだで「先生に過度な期待をかけられている」様な気がして
やるたびに 無駄なプレッシャーを感じてしまって もう 駄目ですわ。
――本番なんて これよりさらに大きいプレッシャーにつぶされるはずなのに……。
こんなので音を上げていろんな意味で大丈夫なのか心配になってきます。

ちなみに 今日 雨がわんさか降っている中 テキストを持って歩くわけにもいかず
――当然濡れますからね――代わりに手にもって行ったのが
「グルコースの形に組んだ原子模型(α、β各一個ずつ)」でしたwwww
……はいはい。  変態ですね。  一種の変態ですねwwwww

二時間目:数学C
範囲と言っては Cの方の放物線・楕円・双曲線などですね~
……正直な話 まだボク これに関しては身についていないので 正直終わりました。
あれ??  このへんってどんなふうに解けばいいんだっけ??

善戦してみたつもりでしたが いろいろとツメが甘かったらしく
仮にちょっと遅れた赤とんぼが空を舞っても あまり違和感が無い感想ですね。

……特に なんだかんだで時間が無かったら しょうがないと良いわけしたい自分がいる。

…………と 言うか こんな問題で「グラフの概形を書け」って書かれたとして
グラフの軸その他も書いていませんし その指示だけなのだったら 一体
「度の情報まで書き込めばいいのか」が 全く持って理解できませんでした
――正確に書きますと なんだか 回答欄のバランスその他もいろいろとおかしかった。

うん。  これは あまり良いテスト問題じゃ無かったな~  とか 言い訳してみる。
そして あえて繰り返す。  かなり飛ぶでしょう。  赤とんぼ。



そんなわけで 見事に玉砕して終わりましたよ。  今回の定期テスト。
……合格うんぬんよりも 留年しないように注意しなきゃ~  みたいなことを言いつつ
国立を目指しているという かなりカオスな馬鹿人間の登場ですね。  こりゃ。

TOP