予行

2010⁄12⁄21(火) 21:47
何処にでも出てきますよね……。  英語。
わかっていますって。  わかっているんだけれどもさぁ!!!!!




こう 受験勉強に躍起になってくると――なんて書いておきながら 実際は
そこまでやってないんじゃね??  って 言われてしまったら
大きな声で反論しにくいのですが――まぁ 何となく思って来たことがあります。

どんなに受験をあがいてみても 英語からは逃げられないよね!!

……まぁ 探せばそれを使わない入試もあるのかもしれませんが
あいにく ボクが興味を持っている方面の大学を当たってみますと
なんだかんだで 必ず出てくるのがこの 「英語」の学科試験。

なんというか 適切な言葉が思い浮かばないので あまりうまいこと言えませんが
英語を苦手としているだけで 大学受験は割と損をしている気分に。
――案の定 今日学校であった最後の単語テストで死んできました。

ほかの科目は 理科やら社会やらは まぁ 本当に学校によっては。
もはや 国立大学でも試験しないところがあったりしますからね。  この教科。
国語や数学は 文系・理系をうまく選べば――この言い方については
なんだか違う気もしますが――かわすことも可能と言えば可能です。

それでも 文系に進んだとしても 理系に進んだとしても
ほぼ 確実にぶつかってくるとも言えるのが 英語だったりするわけで。
なんで こんなにまで英語ってかかわってくるんだ~!!!

ふむ。  全く実感湧きませんね~  みたいに思っていたというところから
今日の記事の話を組み立てていきましょうかね。
……暇な人は 英和辞典を持ち出しても面白いかもしれませんね。



さて 昨日の話になってしまうのですが(だって 昨日の場合
冬期講習初日記事がお約束でしたしね~)化学の実験がありました。

元々は 月曜日には実験室を使うことはまずないのですが なんだかんだで
昨日は日課変更で木曜日課。  実験室が開いたということで。

……どうでもいいですが 月曜日課と木曜日課が似通っている点について。
月:1化学→2Reading→3物理→4政経→5数学→6総合→7HR
木:1化学→2Reading→3Writing→4現文→5数学→6物理→7政経
――この二つの日課で まず 教科的に言ってしまったら月曜+現代文・Writing
順番的に言ってしまったら 化学・Reading・数学の位置が 全く一緒という。

さて その実験をする前に――つまり 金曜日までに――配られていた実験プリントが。
まぁ 実験プリントが事前に配られる事なんて割と有りそうな気がしますが
化学を割と 得意な方として使っているボクにしては これは無いと思った。
化学先生。  英語で書くのは きついと思います。

……まぁ 現実的に考えてみたら?  実験の内容なんて最先端ですし??
もちろん それについて書かれている参考文献が日本語で書かれているなんて保障???
全くあるわけなんて有りませんから????  別にその内容が?????
英語で書かれている事なんて良くありますかね??????  大学では???????

……。  はい。  ちょっと自分のキャラを見返してみよう。
うん。  もう少し冷静にふるまっておいた方がいいですね。  すぅ はぁ。

まぁ 何がともあれ 実験プリントの内容がなぜかこんな内容。
ちょっと期待をして 英語ではなく「全てローマ字」で書かれていないか期待しましたが
その期待は 全て気泡となって消え去ってしまいました。

さて まぁ さすがに先ほども書いてあった通り 土日を挟んでいましたので
この実験プリントについて しっかり考察……というか 和訳する時間は有りました。
――あったのですが ボクの英語の能力ですから いろいろと大変です。

まず 単語が押さえきれていないから 辞書を抱えて右往左往。
なんだかんだで 受験勉強と並行しながら。  しかも 同時期に
今年中に提出するレポート課題もありますから もう 大変な感じです。

で とある場所で研究員として働いている親父にも助けを求めて
(↑そもそも 試薬の名前は辞書を引いて出てくるか不安ですからねwww)
(↑↑まぁ その対策なのか 駒込ピペット→Komagome pipetなんて書かれていますが)
話を進めようと思ったのですが なんというか いろいろと時間が流れるわけです。

そして 親父にも親父で 論文なのか知りませんが いろいろとやらなければ。
……と 言うわけで 時間が無かったようです。  案の定……と いうかなんというか。
しびれきらしてしまうわけですよね。  しょうがないことですが。

と 言うわけで なんだかんだで この和訳 最終的には親父に頼みました。
やっぱり やらなければいけないレポートもありましたし
何よりも 冬期講習の復習やら いろいろとやることはたまっていましたしね。

――かなりボクが必死で訳していた内容を 親父があっさりと終わらせてしまって
若干悲しかった部分は ひとまず ドブに流しておくこととして。――
まぁ 言ってしまえば ズル・チートに頼ってしまったということでしょうか。

時間を戻して 昨日の化学実験室。  まぁ なんというか
「実験手順が確認できれば良いだろう」ということで あの後は
必死で レポートを書きあげて 数学の復習したりして過ごしたので
このプリントと 和訳(制作:親父)を持って 授業に行くわけですが。

先生「では 平常点審査しますから プリント提出してくださいね~」
・・・・・・俺  、 終 わ っ た ん じ ゃ ね ? ?

まぁ なんというか チートに頼った人はそれに負けるということでしょうか。
――これに関しては いろいろとしょうがないこともあった気がしますがね。
まぁ なんだかんだで ボク 死亡フラグ。  ちーん。  ……合掌。

さて そんなこんなで まぁ 大学に入ってまでも親父の手に頼って
英文を読んでもらうわけにはいきませんし――そもそも 今のところだと
大学は下宿を前提に考えているわけですから――やっぱり 英文は
自力でしっかりと読めるようにならなければならないのでしょうね。

逆に こんな状況で「仮に大学に受かったとしても」入ったところで
全く使えない感じですから この状況が続くようだったら 浪人した方がマシ……
……とでもいうのでしょうかね。  現実を見つめてみたのなら。

……にしても 本当に 英語がマズいんですよね。  ボク。
この状況だったならば 大学受かるとか受からないとか以前の話になってきそう。
「大学行っても 何一つ利益が無い」という最悪の事態に……。

TOP

冬期講習・第三週!

2010⁄12⁄20(月) 22:40
今週も授業を取っていないということになるのですが。
まぁ お約束のように 前タームの話で記事を上げて行こうかなと思っている次第で。




ちなみに この先の話と全く関係が無いのですが この週の授業は24日まで。
ボクは この週には授業をいれていないということで まぁ 割とフリーなのですが
みなさんもこの日記を見てくださっているのだったら ボクがリア充の世界から
堂々と逆走している様はわかっていただけていると思いますが。

……まぁ 今ボクの隣に並ぶような人がいたとしたら いろいろと終わっていますしね。
キャラ的にも。  そして これからの人生選択の上においても。
――まぁ 今年のクリスマスは 物理の問題集と共に過ごすことになるのでしょうか。

……と いうわけで 夏休みの時の夏期講習と同じように
前のタームであった授業の話をメインにやって行こうと思っているわけですが。

今回のタームの場合 初日の動き――その日の内に記事を書くことを諦める程
いろんな意味でつかれたのですが……――が 割と記事として機能しそうですし
まぁ これの話で長々と使ったとしても このタームでは授業を取っていないので
次の扉が開くということもありますし ちょっと贅沢に文章を綴ろうかと。

……まず この説明文で文法がハチャメチャになっている点に関しては
決して 気にしてはいけないということになるのでしょうか。  まぁ いいか。

では ちょっと前の話っぽくなってしまいますが まぁ 日記風に書きたいと思います。
このまま ネタが持続するようだったら……と 言うより 極力内部の話とか
吸収で来たとか その辺の話は 26日に回していきたいと思いますので。



まず この週の授業は 時間割を眺めている段階 つまり「まだ授業が始まっていない」
時から すでに問題は始まっていた……とでもいるのかもしれません。

どのような展開であったかと言いますと まず このタームの中に入っていた
国語の授業に関する時間編成から まず 大問題が発生しているということで。

この話について 詳しく書かせてもらいますと この授業が始まる時間は15:10.
で ボクの学校の場合 学校の授業を考えてみますと 七時間目が終わるのが15:35.
……どっからどう考えても 学校にいる間に授業が始まっているわけですよ。

――どうしてこうなった~  みたいな話が自分の中でも起こっているのですが
結果的に「このように無理矢理でも押し込まなければ ほかの講座が入らない」
……まぁ 別の時間に移そうと思ったら 数学とか別の教科の授業時間とまるかぶり
又は 移動その他の時間で いろいろと時間のロスが起こってしまうという関係で
もう いろんな意味で大変なことになっていたのでしょうかね。
(↑この時間割を設定したのは 9月某日だったので 記憶にありませんね。)

まぁ ともかく親の話の上でも「ひとまず 平常点的にも真面目に授業を受けよう」
という方針の上で毎日を過ごそうと心に決めたボクとしては
一応 真面目に 初日――七時間目が体育になっていたのですが――を受け……
……といった感じだったのですが 初日から自分の甘さを思い知りました。

体育の授業の常識として「着替え」というものがあります。
男子クラスなんだから 皆 ぱっぱと着替えてしまうのでは??  と 思う方も
いらっしゃるかも知れませんが そのあとに授業が無いということで 遊び通して
なんだかんだで ホームルームに遅れてやってくる人たちがいたり
その人の着替えをまったりなんなりをしなければいけなくなったり……

と 言うわけで 結局かなり時間が経ってしまったりするわけですよ。
ホームルームが終了した時間が15:50.  もう なんというか「カオス」です。

まぁ 諦めるわけにもいかないですから 真面目に走るわけですね。
――バスが目の前で発車してしまうとか かなり間が悪いというのもあるわけで
(↑ちなみに さらに間が悪いことに なんだかんだで駅まで走ったところ
津田沼方面へ向かう列車が 快速・鈍行共に 発車してしまったという悪夢。)

なんだかんだで 結局津田沼に到着した時間が16:25.
もう 慰めも何も へったくれも無いような状況になりつつあったりするわけで。
(↑ちなみに 基本的に河○塾の講習授業というものは 90分授業となっています。)
(↑↑つまり 15:10に始まった授業が終わる時間というのは……??)

で まぁ 最後のかじりくらいは駆け込みで受けてみようと粘るわけですが。
……教室前。  そのあとの授業を受けようとしている人たちが列になって待っている。
……しかも 職員の方が 受講証確認の為でしょうか??  スタンバっている。
――明らかに もう「次の授業の準備整ってます」的空気。

……入れるか!!!   結果 5分後にはマックの椅子でTexasやけ食い。
――この時期 やけ食いにはでっかい肉が一番ですよ。  そりゃ。

さて そんな感じで 90分授業の間を挟んで そのあとは数学の授業。
まぁ この間の時間は マックで少しは潰しましたが それ以外の時間は
夏休みに発掘していた「穴場」で ひたすらに時間を潰していました。
――ちょっと 隙間風があるような気がしますが なんのことも無いですよ。

理系数学。  まぁ 普通に受けていくわけですよ。
一応 前日までの間に なんだかんだで予習を済ませたりしていましたからね。
(↑まぁ この予習が全く意味がわからなかったというのは別の話。)
(↑↑その様子を見ていた親父がかなり興味を持って また いろいろとありました。
この話については 次回 時間が余ったらちょこっと書けたらな~ とか思ってみたり。)

なんだかんだで 授業時間90分後。  3問中2問終了。
……まぁ この展開だったら 明日に最後の問題はくりこしでしょうね。
なんというか「良い感じで」問題の〆が入ったところみたいですし~
――授業の〆が近いとみて 適度に机を整え始めるボク。

先生「じゃあ 最後の問題『1-3』だが~……」
「イマ センセイ ナンテイッタ???」  ……はい。  教室の空気が凍った。
ボクの記憶が間違っていたのかと思ったら 周りもいずらそうな空気だった。

そんなわけで さらに30分後。  まぁ なんだかんだで
授業開始から2時間後でしょうか。  延長にしては長いな~  みたいに
思いながら まぁ 板書を写したりするわけなのですが……。

先生「じゃあ キリがいいからちょっと早いからこれで終わりな~」
「イマ センセイ ナンテイッタ???」  これ 明らかに 先生の方の
時間配分のミスとかじゃ無く 完全に時間割の記憶ミスですよね……。

と いうか 自分の仕事のことなんだから このへんの時間配分にしては
もう少し 几帳面にしてほしかった……と いうか チャイムは???????

――結局 翌日以降はしっかりとした時間に戻りました。  念のため。

TOP

ひそかに思っていた事。

2010⁄12⁄20(月) 00:06
完全に旬?  と いうか タイミングを誤っている気がしますが。




昔 「けいおん!!」に出てくる曽我部先輩のリボンの色が
おかしいとか言う噂が流れてみたり こんな動画を見つけてみたり
ちょっとした違いというのか その辺は アニメにはつきものだということですが。

……まぁ ボク ベースは触ったことすらないから 「なるほどわからん」としか
コメントすることが出来ないのですがねww  HAHAHA!!!

その中で 軽くボクがさらってみて「気になった」話で
ざっと 検索かけてみても「ほとんどの人が気がついていない」だろう
細かい違和感を感じました~「in けいおん!!」  みたいな記録をしてみようかと思います。
……まぁ 正直な話 超厳密なので

……単純に ボクがこれに気がついた後も躊躇と化していた結果
なんだかんだで アニメが終わってしまったとか言う展開があったりするんですよね。



図0
まぁ 具体的に考えてみたら アニメでのちょっとした違和感というのはこの部分。
「梅雨!」の中での憂のセリフ。
「お姉ちゃん!?  ここ二階!?  雨降ってる!?  パジャマのままぁ!!!!」
ッてところ。   まぁ 正直な話「漫画でもその通りのセリフ」なのですがね。
図1
さて このへんまだ下って見てくださっている方は たぶん 一度は
「けいおん!」のアニメをご覧になったことがある方の様な気がしますが
(↑知らないものだったとしたら ここまで読み進めることは無いだろうと踏んでみた)
これが 平沢家です。   ……って 事は 超有名な話ですよね???

さて こんな感じの画像を持ってくるのに関しては 別にどうでもよかったのですが
アニメの画像をいろいろとつなぎ合わせてみると かなり話の中心に入ってくる
平沢家というのは 外観だけではなく 割と間取りも分かってくるようなものです。
図6図5
ちょっと中途半端な場面ですいません……。
残暑見舞いの梓の夢の中。  唯の部屋からギターの音が聞こえてきてあきれた顔で
音が聞こえる方向を見あげる梓と てんぷら+スイカのセットに気がついた梓のシーンです。

さて ここからわかることは「唯の部屋はキッチンの上」
根拠は この目線の先。  どう見ても上を見あげています。
そして 唯への絶叫をしたのが 上りの階段で有るという点です。

図7図8
「梅雨!」と「クリスマス!」の中の一シーンです。  
おまけですが まぁ わかっているとは思いますが キッチンはリビング……?と
直接繋がっているような感じになります。  うん。  もう少しわかりやすい部分もあっただろうな。

一つの画像で示せたら楽なのですが まぁ 時間が無かったので許してくださいwww
図2図3
さて ところ変わって 玄関先での憂のお出迎えのシーン。
……と いうか 平沢家の話を細かく詰めていこうとすると 必ずとこかで
憂ちゃんが入ってくるのは 平沢家での憂の存在感がきらめいて見えてきますねwww

憂ちゃんの後ろ 画面背景に さりげなく映っています。  これ 階段ですね。
そして リビングにいるという唯ちゃんの方は どう考えても階段の上にいます。

平沢家の一階の描写 よくよく考えてみたら全くないんですよね~
……と いうか リビング二階にあるんですよね~
図4
さて その状況で考えてみましょうか。
平沢家リビングです。  この画面の右端の方には 先ほど考察した階段があります。
階段があります。  上り階段があります。
図1
さて もう一度 平沢家の外観を眺めてみることにしましょうか。
三階建てです。



さて それでは 今まで考えてみた事を総合してみましょうか。
①平沢家の間取りでは キッチン&リビングの上の階に
 唯・(ここではふれませんでしたが)憂の部屋がある。
②そして 平沢家リビングは確実に2階にある

常識的に考えてみると 二階の上には三階があります。

つまり 唯の部屋は三階にある

ひとまず ボクはDVD買えるだけのお金を持っていないので 確認はしていませんが
もしかしたら DVDになっても修正されていないのかもしれないですね~
……みたいな かなりでっかいことを言っていますが まぁ 作成者ですから
向こうの方も気が付いているかもしれませんがねwww  まぁ ボクは何も言えません。

これに気がついた後 ふと 気になって このへんの話を詰めて
ググってみたのですが これの違和感について 引っかかっているページは見つかりませんでしたww


……なんだか 若干最後の方はウザくなってしまいましたが。
DVD買って このへんの結果について どのようになっているのか確認出来る方がいたら
教えていただけたら嬉しいですwwww

……と いうか これの場合は「セリフ」の違和感というわけですから
なかなか「直す」訳にはいかない気もするんですがね~。



さて これを見た方で思った方も多いかと思います。
「そもそも 唯の家のグラフィック出来てるよ??」みたいなセリフ。

……そうでしたねwwww
(↑100% この存在を忘れていたと書いても 過言はなさそうな雰囲気。)

……ちなみに ちょっとした言い訳チックに考えてみますと
この記事の方は PCのファイル整理(大掃除の一環)として 年末に
がさ入れしていたら出て来た原稿で それを一部加筆して
載せてみようか~ みたいな流れになったわけで。

まぁ このへんの存在全く知らなかったんですよね~  さて これくらいで良いか。

……でも 自力で(それに気がつかなかったときには)上げることができた自分って
割と 注意力有るのかしら~(←はいはい。  ひとりで言っていなさい。)

――それがあったとして 事実が分かってからも記事保存しておくボクって
なんだか いろいろとカオスな状況になってんじゃね??  って事。

TOP

塵はらい

2010⁄12⁄19(日) 21:23
みなさんの家の方では 新しい年を迎える準備は始まっていますか??



どうもこんにちは。  なんだか すんなりとしたあいさつから始まる記事が
最近めっぽう少なくなっている気がしているのっぴぃでございます。
……いつの間にか 記事の始まり方が変わってきている気がするんですよね。

年末~  と言ったら 人によってそれぞれあるかもしれませんが
――年末ジャンボとか 競馬の方は~……何故 ギャンブル中心に走るのだろう。――
世間一般では 大掃除とかの話をしても良い感じでしょうかね。

一年積もり積もったチリを落とす~  みたいな感じでこの時期に
大掃除というのが 世間的にも多くされているようですが ボクの方は
まぁ 見方によっては当然ですが 今年はなんだか 縁が遠いような気がします。

ボク個人の状況だけを考えてみるのならば もう センター試験まであと
一ヶ月を割ったような状況で 悠長に部屋のはたきをかけておく~
みたいな時間が無いような気がする……と 言うのもあったりするのですが。

……よくよく考えてみたら この家の人間その他も 例年に比べてみたら
家人のその行動に関しても 動きがかなり 鈍いような気がしてくる訳で。
――例年だったら 11月の下旬にはすでに 大掃除リストが出来上がっているのに。

……と 言うわけで 今日 ちょっと勉強に飽きたころ合いに
母親に「今年の大掃除 一体どうなっているの??」と 尋ねてみました。
(↑ちなみに 「今日やっと」大掃除リストの様な物に筆を走らせていました。)
すると 彼女の気分的には 今年はやらなくても良いと考えているようで。

で それで終わらせるのでは いろんな意味でちょっとおもしろくなかったので
それの細かい理由についても聞いてみると「だって 夏にも大掃除したし」とのこと。

夏……一体何があったか ふと 考えてみますと 今年の夏休みと9月には
ちょっとしたお客さん――と 言うか ホームステイ??――があったということで
ボクは その時夏期講習の真っ最中だったので あまり記憶にないのですが
その頃に 大がかりな掃除をしていてもおかしくなかったということもあり。

で やっぱり 一年に二回でっかい掃除を済ませるのはだるいらしく
まぁ さすがに0とまでは行かないようですが かなり小規模になるよう。
――ボクとしても 掃除機の音・その他がかなり小さくなりそうですから
そのようになるのだったら 家の中で勉強しやすい気もしますがね。

ちなみに 今日は「軽く」庭の掃除をやっていたようです。
ボクは知りませんがね。  今日は一度も玄関から出ていませんから。
(↑なんだか いろいろと救いようが無いような書き方に見える。)
(↑↑ちなみに そのような内容の中「妹はめちゃくちゃこき使われた」らしく
特に 最近は グチグチと愚痴をこぼす頻度が増えているような気がしますが……。)



さて 先ほどは なんだかんだで「大掃除と縁が遠い」みたいなことを書きましたが
まぁ ボクとしても「部屋の掃除」くらいは考えなければ
……みたいなことを 考えないわけではありません。  少しは考えます。

でも 例年この時期に考えていた「模様替え」を伴った 大規模な掃除は
どっからどのように時間を捻出できたとしても やれる余地はありませんし
実際 そのような時間を捻出できる見込みは無く 今年のチリははたけません。

まぁ それでも 「絶対気になってしまう」部分はあるわけで。
机の上とか――誘惑が多いので 勉強は自分の勉強机でする機会はほとんどないww――
その辺が だんだんと 荒れ地と化してきている部分に関しては そのうち
ちょっとした気分転換に やってみた方がいいのではと 感じています。

基本的に「公共の場所」に関しては 整理整頓をしっかりするような
外面は繕おうとする性格のボクですが 割と家の中ではいい加減なので
まぁ 裏の顔とでもいうのでしょうか。  一応血液型はA型なのですが。
(↑ただ 鬱陶しい妹を寄せ付けないために わざと埃を溜めているという面もある)

まぁ 今のところはまだ 何も考えていませんが 仮に 勉強に飽きて
ちょっとした時間を持て余しそうになったときなんかには考えてみようかな~
……って 気分くらいは起こったりしますね。  良心として。

特に まぁ なんというか「受験勉強が本番に差し掛かってきてから」あまり
面倒? を 見てあげられないようになっている フィギュア周辺なんかは
新しい埃落としようの筆とかを探してきて 面倒見てあげなきゃね~
……みたいなことは 考えていたりしているのですが いつになる事やら。
(↑最近は ほとんどスケジュールを開けられないような状況で……。)

ちなみに さすがに「枕元にある」あずにゃんのぬいぐるみに関しては
いろいろと 気になるものもありますので 先日 念入りにブラッシングをしました。
……本当は もう少しこまめに面倒を見てあげたいところなのですが
いかんせん ボクの方も なんだかんだで余裕が無いということなので……。

まぁ 余裕が無いような状況で試験に挑んでしまったら この先怖いですし
ちょっとした気分転換に やっておいた方がいいですね。
……と 言う事を この文章を書きながら 心に誓ったのっぴぃです。



さて 大掃除とは全く別の話になるのですが 今日 ふと
部屋の方から隣の家を眺めてみたところ 隣で夏ごろから工事をしていた二軒の家の内
一軒の家には先日 入居者……と いうか 新たな隣人さんができたことは
お話したことがあったと思いますが もう一軒の建売住宅の方にも
明りがともっていたような気がしたのですが……。  こちらの方にも
新たな隣人さんが決まったとか そんな報告もあるのでしょうかね。

まぁ ボクは今日 家の中で閉じこもっていたのですが その間には
引っ越し報告~  みたいな話は全くなかったのですが 庭の方の掃除をしていた
母親が曰くところには なんだか せわしない人の動きがあったとか。

実際問題「身内以外には五月蠅く吠えたてる」我が家のわんこは 今日
ひっきりなしに吠え回っていましたから もう決まっていたとしてもおかしくないかも。

ボク 今までは部屋の対面に住んでいる人がいませんでしたから
特に気にすることも無く 窓のカーテンを閉めることも無かったのですが
――だって 部屋閉め切ったら絶対熱くなりますよ????  たぶん。――
これからは もう少しこまめにカーテンを閉めなければならないのかもですね。

まぁ 前にも同じような事を書いたような気がしますが 家もまた儚く
すぐに建ち変わってしまうものですから このへんに関しては
時間の流れを感じて そんな目で見てみるのも おもしろいのかもですね。 

TOP

貸し借り

2010⁄12⁄18(土) 23:13
つい最近 ボクは「物の貸し借り」というものを学びました。



少しお恥ずかしい話ですが ボク つい最近まで「人にものを借りる」
――特に サブカルチャーの世界においては――みたいなことをした事が
ぶっちゃけて 無かったのかもな~  みたいな感じだったわけですよ。

「返した」「返してない」的な論議何かが起こるくらいだったら
面倒くさいし 起こる原因すらつくらなければ良いんでしょ??  みたいな
そんなテンションが混ざっていたような気もしますし 特に意味も無く
ボクがそんな勇気(?)を出せなかっただけなのかもしれませんが
結果だけ書いてしまったならば そんな感じになるのかもしれませんね??

ただし 何となく(まぁ こんな細かいことに関して記録しているわけでもないですから
――ただし ブログ記事として書こうと決めた事なのだったらその類ではないですが。)
記憶している中では 人に物を貸した覚えはあるような気がするので……

……やっぱり ボクの興味の触手が動くような相手がたんに見つからなかっただけとか
単純な理由で物を借りたりしなかったのかな~  みたいな説が
なんだかんだ言って かなり有力であるというのは 否定できませんがね~www

……さて 話が迷子になりつつあるので 無理やりですが話を戻しましょうか。
なんだか もうセンターまでのカウントダウンが冗談抜きで
残り時間が少なくなってきたのを感じさせる真っただ中 ボクの身の回り(自称進学校)
の人たちで なんだか ラノベ・その他が流行っていたりします。

正直に こんな事やっている時間があるのか バカなボクにはわかりませんが
先日 ボク 「バカテス」(←なんだかんだ言って 最新刊まで網羅している)を
貸してくれと とある友達に頼まれまして まぁ なんというか
断る理由も特にないので その友達に バカテスを貸していました。

……とはいっても なんだかんだで少々前の話になってしまうのですがね。
テストとかいろいろとあって なんだかこの記事を上げられないまま時間が過ぎて。

丁度 同じ時期に 別の人間から「生徒会の一存シリーズ」についても
貸してくれ~  みたいな話が持ち上がっていたので こちらについても。
……ラノベ 学校に無いことはないのですが まぁ なんというか
いろいろと偏りがあったりするので 貸し借りが一番有効らしいですね。

で バカテスを貸している方の友達は まぁ 何か忍びなかったのでしょうか。
「この前俺 買ったから~」って感じのノリで 持ってきていただきました。

借りて来たまぁ 自分でかったわけではないのですがね。  
俺妹。

なんだかんだで 今 アニメやっていて
(↑この最中でも「声優クオリティ」で
しかも 舞台が超地元というクオリティに
負けてしまいました。  ……善戦空しく。)
かなり 熱を帯びているこのシリーズですが 
まぁ なんというか……。

これを買ったら 受験的にいろいろな物を
見失いそうな気がするな~  とか
そもそも リアルな世界に妹
(↑まぁ そこまで関係が悪いわけでもない)
がいる身として このようなラノベを
買ってしまったらどうかな~  とか

様々な葛藤がボクの中を渦巻いていたおかげで 買っていなかったわけで。

まぁ そんな葛藤があったにしろ 無かったにしろ 貸してくれるのなら読みますが。
(↑はい。  物の見事に葛藤は押し流しましたよ。  何か???)

ひとまず ここは一応感想を綴る場所ではない――と 言うかそもそも
ボクが感想を書くと100%しつこくなること請け合いwwww――ので 
ここでの言及は何もなしにしたいところですが まぁ 一つだけ書くと
ボクの妹の場合は こんな感じではないですね。  攻撃力はアレより強いが。

まぁ まだ仲がいいだけマシだということなのでしょうかね?
ボクも 勉強教えてって言われたならば 素直にその辺は教えたりしますし
まぁ 会話があるだけ いろんな意味でマシだというものなのでしょうかね??
(↑単に便利なように使われているだけだという説もあったりするのですが。)

願わくば 受験をさっさと終わらせて このへんのラノベシリーズを
心おきなく買いためる(←現実を考えると 生活費云々でそんな事できなそうですが)
事ができる日がやってくることを信じて 今の日々を過ごして行く事なのですが。

……そのような夢が 現実となるまでには割と時間がかかりそうです
――とか言っていながら かなり駆け足で通り過ぎていくのが現実世界。



さて 先ほどは「ラノベ」が流行っているという若干限定的ないい方でしたが
まぁ サブカルチャーといういい方がしっくりくるということで
正確に書こうとするならば「漫画」の方の貸し借りもしっくりくるようで。

そう言えば ボクとは全く関係が無い話題ですが テスト勉強中には
予備校の自習室で堂々と「漫画」を持参して読書タイムに入っている人がいましたが。
――テンション下がりますよね~  予備校の自習室ではやめてほしかったです。

買って来た
ボク 先日 アニメイト行ったとき――まぁ テスト終わった直後で少しうかれました。
グッズくらいは買っても良いかな~  とか思っていました――
ふと 見つけてしまったので買ってしまったこのシリーズ。
……「涼宮ハルヒ『ちゃん』の憂鬱」と「長門有希ちゃんの消失」ですが……。

まぁ 「冗談抜きで 学校の授業の合間につかれた時」――基本 ボクの休み時間は
物理の問題集とかと遊んでいて終わるのですが まぁ なんというか
授業の組み合わせによってはそれすらも面倒な時があったりするわけなのですがね――
に ふと 読んでいたところを見つかって ちらりと見たのがおもしろかったようで
なんだかんだで そのシリーズを貸したりもしましたね。  最近の話。

理由はかなり明確なのですが ラノベと比べて漫画って 貸したとしても
割と早く帰ってきたりしますからね~  まぁ どうでもいい話ですが。

これはこれで かなりのテンポでギャグを展開してくれたりするので
かなり バカみたいな展開を見てみたい時――尚且つ 活字を追うのが
とっても面倒くさい時――は 見たりしていますがね。(←活字では生徒会とか)

ついでに それとは別の――ラノベの方でもう一人出て来た人の方ですが――
には 「けいおん!」の漫画の方を貸してくれと言われたので
「布教」も兼ねて そちらの方も貸したりしたこともありましたが……。

さて ボクがここで言えることなのかも分からないのですが
マジで 時間が足りないような気がするボクにとっては このような中で
どのようにして漫画・ラノベを読んでいる時間があるようで……

時間の捻出の仕方がどうしているのか かなり気になるのですがね?????

TOP

遅れ

2010⁄12⁄17(金) 23:38
なんだか学校の授業がいろいろと遅れている気がするんだ。



この点での「遅れている」というのは あらゆる意味で書きたいなとか。
考え方とか 単純な進度とか もう いろんな意味でな感じですね。

たとえば 理科の場合なんかは この傾向がかなり大きいかなと。
大体の学校は もうすでに教科書の内容をほとんど終わらせて
もう 今のところはセンターとかその辺へ向けた演習の時期になっているのでは。

少なくとも 予備校とかでのいろんな人の反応とかを考えると
もう今の時期になりますと――と いうか 通期の授業の最後の方
11月の尻から12月の頭にかけての時期の授業……とでもいうのでしょうか。
その頃の先生方の喋り方から考えるとそれくらい期待するのが普通でしょうか。

……で 今のボクの学校の方の理科の進度とかはどうなのかと言いますと
先日の定期テストの後に 熱力学の方に入りました。  物理なんかは。
――ただ 今週に入って熱力学の方で急展開が見られたりして
なんだかんだで かつてないスピードで授業の方が終わったのですが……。

まぁ なんというか 熱力学の方はボクが最も苦手と……しているのは
波動とかそちら方面でしょうか??――まぁ どちらにしても
物理の中でも わりかし苦手としている分野。  しっかり押さえたいです。

……で 化学の方はどうなっているかと言いますと もう なんというか
さすがに「有機化学」には入っているのですが――と 言う書き方の時点で
もう いろいろと時期的に遅れているのかもしれませんが――合成樹脂とか
まぁ なんというか 「生活と化学」の位置とでもいうのでしょうか。

……みたいな書き方しても まぁ なんというか 同世代の
理系の人にしか理解してもらえない話をしてももう いろいろとアレですね。
万人にわかる科目を中心に書いて行った方がいいのかもしれませんね~



……とか言いながら そのあとに続けるのは数学Ⅲの話題。
――めっちゃくちゃ 理系の方を意識して書いているやん!!!

まぁ こちらでも 「やっと」教科書の内容が終わったりして
センター演習の方に入って行く事ができたというわけなのですが。
――もう ほかの学校の話題を聞いたりすると 本当に遅いな~  と思うわけですが。

……余談ですが 数学Ⅲを教えている先生は3人いるのですが
このうち「一人の先生だけ」ヤケに進度が早く終わっている(周りに比べて)
のですが まぁ この先生の教え方……と いうか もう なんというか
「教えていない」感じなので もう「テキストを見て 自分で考える」ことしか
やることが無いという もう いろいろと終わっている感がある人で(←ボクにとって)

ボク 一年の時はこの先生にあたってしまったのですが 指示語しか
授業でもちいないからなのか もう 全く数学を理解することができなくて
なんだかんだで 今まで引きずっていますね。  先生運は最悪だった感じです。

まぁ さすがに全てをこのせいにするわけにはいきませんが 個人的には
「とても大きな重り」に感じているこの一年という事実は変えたくないですね。



さて ボクにとって主要な教科をどんどん上げて行こうかな~
って 思ったら 次は 英語ということになるでしょうか。  文系相手でも通じる??

こちらは もう 記憶には無いのですが 随分と前から教科書を終わらせて
(↑半ば強引に。  やっていないLessonもあったりするけど 気にしない。)
Reading・Writingともに センター・私立対策に入っているということで。

Readingは センター対策の問題集を学校で買ってそれをやる感じ。
授業時間(45分)の関係上 一時間に限られた大問しか対策できませんが
リスニングも含めて 割と広めに対応してくれている感じですね。

ひとまず これに関しては やった直後に「どんな考え方をして」間違えたか
その辺のチェックができるので まぁ 悪くは無いかなと。
――と いうか こんな感じで すぐに答えを確認するのが普通かと思うのですが。

変わってWriting。  こちらの方は 授業前に予習する。
で それを 先生が前もって渡す解答用紙に記入して提出する。
それを「授業で答えの解説をするから」それを聞いて答え合わせして提出する。

まぁ なんだかんだで「別冊解答を配られていない」という謎が発生中。
……と いうか この問題集のもくじ部分を見ると かなり「解説書」が厚いので
それなりの内容……と いうか 丁寧な事書いてありそうな予感がするのですが
「それをあえて配らない」という もう なんというか謎な設定。

そもそも あるのだったら 本物の答を渡す方が 理解しやすいですし
(↑そもそも 問題集を作る方も それを商売にして売っているのですからね??)
(↑↑問題集の原価というのは 問題よりも「解説」の方にお金が回っている
って 話を いつだか聞いたことがあります。  この展開 大損としか感じられない。)
答えを「渡さずに溜めておく」という理由がわからないんですよね。

しかも 答えが無いですから「あらかじめ 自分でその問題集を進めよう」
と 思っても まず 答え合わせが出来ないから もう 八方ふさがり。
――まぁ ボクの場合 復習しても終わることが無いんですがね。  Writingですから。

何にしても「何故答えを配布しないのか」全く理由がわかりません。
評価に響くから??  評価よりも生徒の合格の軌跡をつくりましょうよ。
優先順位がおかしいと思っているのは きっとボクだけではないはずです。



センター試験対策だと聴いて受けることになった古典の講座。
全く センター対策に入らないのは 何故なのでしょうか。  理解できない。

さらに 理解できないのは 漢文と古典の比率が 半端なくおかしい事。

まず 前期の時点で全く漢文にふれなかった。  後期になっても
まぁ さすがに ちょっとは触りましたが 短い文章2本だけ。

しかも 前回のテストでは 古典の文章1本と漢文の短い文章2本が範囲だったのですが
その点数配分が 「古典→80:漢文→20」という もうなんというか
いろいろと カオスな点数配分だったりしたのですがね????

ボクの記憶が正しかったのならば 古典と漢文の点数は共に50点。
普通だったら 同じくらい対策しておくべきだと思うのですが……。  カオスだ。

TOP

出現

2010⁄12⁄16(木) 23:14
さて 男子クラスであるボクのクラスの面々の話はよくやりますが
学年の人間について あまりふれた覚えがありませんでしたね……と 言うわけで。




ムギなんだか ボクのクラスの人たちは 
今まで何度か述べて来た通り
まぁ 割と 濃いキャラをしている人も
いたり 書くことにこまらない

――と 言うか ある意味毎日が
「高校生の学園生活的には」珍しそうな気がしますし
「男子校」に通っている人でも
「共学校の普通の理系クラス」に通っている人でも
体験することが出来ない経験を
することが出来ているわけなのですが……

たとえば 渡り廊下を歩いている女子生徒を 
三年生の教室が1Fにある事を良いようにして
「やべぇ マジ見えてるぜ!!」
(↑何がかはご察しください。)(↑下からのアングルで)
みたいな展開になって。 

……まぁ それくらいだったら ほかにもいるでしょうが
クラスの3/4の人間がこの一言で 
窓側に群がるという 自分に素直な姿はこんな立場の人間でないとわからないと思います。  
……にしても 単純だなぁ。

あ。  でも その時のボクは 普通に真面目に物理の問題を解いていましたから
残った1/4の一人になっていますよ~  HAHAHA!!!!
……誰だ~??  今 「つまらない奴」とか言ったの!!!!!

正直な問題 学校の中(ボクの所属クラスを除く)でも 割と馬鹿な事やっている人
まぁ 当然と言ったら当然なんですが いたりするんですよね。

唯たとえば 先日 学校の中庭に
謎のサンタクロース二人組が現れました。

ちなみに さっきからポロポロと半ば 
文章が読みにくくなるような配置で
「けいおん!」キャラのサンタクロース衣装が
コロコロと出てきている理由は
ここにあったりするわけなのですが……  

まぁ それはどうでもいいとして。

一人は まぁ 良いですよ。  
なんだか 赤い上とズボンはいて。

まぁ こんな格好を率先してやるくらいだから 男ですよ。
違和感は特にない
(↑まぁ いきなり学校の中に「サンタクロース装束」の人間が表れている事実で
なんだか すでに違和感を撒き散らしているような気もするわけなのですが。)

もう一人の方は やっぱり こんな事をしているような人ですから
男だったりするのですが さっきから貼りつけている画像見たいな
「明らかにワンピース風」のサンタ装束という……  やめてぇぇぇぇ!!!

律えっと。  正直 見ていろいろと損しました。  
泣きたくなりました。

しかも 「毛」はそのままでしたから 
なんだか いろいろ反応に困りました。
例のアスキーアートで
「ありのままあったことを話すぜ」みたいな風に
書きあらわしたくなるほど 
絵的にはいろいろとひどかった気がします。

これでも しっかり絵的に整えてくれていたならば 
それなりの評価はしますよ??

ボクは馬鹿なことも見てておもしろいから 
度が過ぎなかったら良いやって人間ですし。
……そう。  これは 注文なんだ!!  
彼らへの注文なんだ!!!

澪まぁ 何がきっかけでこのような
格好をして 中庭でパフォーマンス
(ワンピースは その格好のまま「前転」
したりなんなりしたので 見えました。

……なんというか 言葉が
思い浮かばないのですが「誰得?」的状況???
していたり 袋の中身が実は 
どっかからパクってきたのか知りませんが
紙ごみの入ったごみ袋
(のように ボクは視認したわけなのですが……?)だったり

まぁ こんな感じで記事に上げてみると 
あまりわかりにくいかもしれませんが
個人的には「かなりインパクトはあったような気がする」
とでもいうのでしょうかね??

まぁ 彼らのこれをやった理由が何であったとしても
(↑確認したわけではないのですが この展開から勝手に予想するには
王様ゲーム的な何かのゲームで負けた人の罰ゲームとかその辺でしょうかね??)
(↑↑単に「受験勉強の疲れ」から ラリったというわけでなければ良いのですが。)
いろいろな人の目を引く(先生含む)事が出来たという点では 成功なのかな??

梓ちなみに これをやっていた場所が 
校舎のど真ん中・校舎のまん中に広がる
中庭だったものですから ほかの学年からも 
いろいろと見えたわけですね??
(↑良くアニメとかにあるような
  校舎配置とでもいうのでしょうかね??)
(↑↑イメージ的には「コ」の字型になった
   校舎のまん中あたり??)

その辺の人たちの反応をざっと
見させてもらった所によりますと(←誰視点?)
まぁ 盛況取ったところでしょうか。  

なるほど。  
これがエンターテイメント。

このへんについては ボクには到底まねできない彼らの特徴です。
どんなふうに書けばいいのかわかりませんが 彼らにはこの力を延ばしてもらいたいです。

……一体今日はボク 何を書きたくて記事を書いたのでしょうかね??

TOP

願書

2010⁄12⁄15(水) 21:45
そういえば 話題として忘れていたわけではないのですがね???
……だって あと センター試験まで一カ月ですからね……。




センターの願書・その他がいろいろと届きました。
――もう 残り時間も見覚えがあるような数字になってきましたからね……。
本当に いろいろと怖くなってきましたね。  正直なところ。

もう 残された時間はほとんどなくなってきたことはよくわかるようになっているのに
全く 改善の兆しが見えないということで 正直なところ
今年は私立を全く受けずに 国立(神戸大学)一本で行こうと考えているので
このセンター試験で失敗したら もう あとは無いんですよね……。

実際 何度かやっている予想問題集……みたいなものとかをやっていたりすると
全く点数がとれなかったりしない事実に遭遇してきたりして
なんだかんだで 挫折しそうになってきたみたいな感じですね。

ところで このセンターの場所って どのようにして決められているのでしょうか。
なんだか 周りの人たちの反応を見ると あまり 住んでいる場所とかと
関係性が見えなかったりする部分もあるのですが 本当に気になります。

まぁ なんというか 同じ中学校から出ている人なのに
割と 会場がバラバラになっていたりして ここまで大規模な物になると
さすがに「友達関係」みたいな感じで 区割りみたいなのは
いろんな意味で出来ないでしょうし かなり気になります。

その他にも ほかの方々――千葉県内にかかわらず――の日記を見ながら
やっぱり 近いから~みたいな感じで選ばれていないような
そんな印象を抱えながら この疑問を胸に抱えているわけですが。

まぁ こんな現実があったにしろ まぁ 結果的にやってくるセンター試験。
逃げられるようなものでもないですから 決められた場所へ行って
一人で受けてくるしかないわけですね。  ボクと同じ会場に行く
友達は 確認した中では一人もいなかったので もう 正直に「勝負」ですね。

……まぁ それに関する書類で 先日 ボクだけお呼び出しをくらって
なんだかんだで 進路指導室連行→そこで 個別に渡される  という
若干イレギュラーな連鎖が起こったりするのも事実ですがねwww

……まぁ このへんの話に関して 自分には理由はわかっているのですがね~
これ以降は あまり書きにくい事なので 終わりで良いですかね??



願書さて では 二次試験とか 
その辺の話も書いていきましょうか。
まぁ なんだかんだでこの話題に関しては
済ませていたりしていたのですが
……なんというか この話に関して上げる時期を
間違えてしまったりした部分もあり
今日にずれこんでしまったわけなのですが。  

まぁ それは良いとして。


願書の方も 期日の方がやってきたので取り寄せることもできましたし
もう 「書類・その他」についての方の問題は無くなったと言えるでしょうか。
先日 二次試験のホテルの予約は終わった~  みたいな話題は書きましたし
11日にはすでに 後期のホテル予約もしておきました。
(↑「負けるかも」ではなく「そなえはつねに」という信念でですwww)
(↑↑どこかの集団が良く掲げているスローガン。  その正体は……??)

まぁ こんな事を考えてみれば 最後に残っているのは ボクの方の準備。
もう 受けるための準備はほとんど完成しているので
いろいろな人に迷惑もかけていますし 今年で終わらせる勢いで
挑んでいくしかないですよね!!!  弱弱していたら始まらない。

まぁ 幸いなことに……と書いたならば いろいろと違う気もしますが
模試の結果を眺めてみるに ボクと同じように「かなり高い」目標として
神戸大を見あげている人も少なくないようで その辺はまだ
自分をなんとか落ち着かせることができる要因になるでしょうか。

丁度 今も冬期講習真っただ中で これからは 冬休み。
勉強は「自分で探して行く」時代……?  に 入って行くわけで。
世間では 現役生はここからの伸びが大切だとも言いますし
この言葉を心から信じてやって行くべきなのでしょうかね。  がんばろう。



ついでですから 少々理系っぽい……そして 受験の話を
ぼちぼちやっていきましょうかね。  願書の話題にしてはちょっときつい。

ボクの学校に限った話ではないのではないかとボクは信じているのですが
クラスの人間がいなくなってくる事ってありますかね??

このへんの時期に入ってくると 学校で授業を受けるよりも 予備校の自習室で
自分で勉強した方がいいと思って そのような行動を移す人が
ぽろぽろとあらわれてくるという話を聞いたことがあります。

正直に 今となっては「クラスの横のつながり??  美味しいの??」的な
かなりなげやりになっているボクだったりするのですが
「学校の先生が打ち立てる説」によりますと クラスの空気が悪くなって
このような人は 大体落ちるうえ ほかの人たちにもそのような傾向が移り
その年の合格率がかなり 下落するという話があるようですが。

……まぁ 単位落としたとしたら それどころではないことになりうるわけですが。
ボクは 今のところ親の強制で 割と真面目に受けているふりを。
――先生とか このページを見ていたら どんなふうに思うでしょうか。

あと 文転とかも 理系の人間としては噂を聞く人もいるかもですね。
理系の同い年な方に聞きたい気分なのですが そのような方
みなさんのクラスの中にはいらっしゃった感じなのでしょうか??(理転は無いよね?)

ボクの場合 ボクのクラスには文転した人は「ボクが見る限りでは」
クラスの中にはいないようですが 隣のクラスとか ほかの理系クラスでは
わりかし 文転した人がいるとか言う噂ですね~  噂ですが。

ボクは まぁ もしも昔の状況から物理が上がりもしないような状況だったら
下手したら 文転に踏み切る可能性もあったかもしれませんが
幸いなことに 物理化学がまさかの底力を発揮してくれているおかげで
なんとか モチベが保てている状況ですからねwww  ありがたい。

でも 文転仮にしたとしても どっちにしても「英語」というのはついて回って
なんだかんだで この教科を苦手としている人にとって
受験って かなりやり辛いのではないかと 毎度毎度 思ったりするのですが。

もう少し バランス良く出来たりしないものなのでしょうか。  はぁ。 

TOP

冬期講習・第二週!

2010⁄12⁄14(火) 22:49
・センター試験攻略国語   ・理系数学演習<発展>



……今日は なかなか時間を取ることが大変だったので 内容については
昔々に書いた「予備校関係の」話題で代理させていただきます。
……まぁ どっちにしろ 夏期講習からの流れを考えてみますと
今日書く内容は全くなかったですし 通期の記事を残しておくのも気持ちが悪いですしね。

……でも 今日一日の話だけで 十分一日分は記事を潰せる気がします。




さて コメ返で書いたお約束もありますし 記事は考えておきましょうかね。
……と 言うわけで 昔々に書いた記事の続編みたいな感じでしょうか。




さて お約束の内容は「物理の先生ネタは 新たに記事書けるほどたまってきた」
みたいな形にしておいたような気が……というか まず この前置きが無いですね。

まぁ 先日予備校のネタ――シャンデラさんの画像をどこかから勝手にいただいてきて
記事に貼りつけていた記事ですが――のコメント欄に書いてあった内容で
「大手予備校では 先生簡単に変えられるのではないでしょうか??」みたいな話を
いただいたわけなのですが。  これについてから書いてみましょうか。
(↑単に これだけで記事を粘れると判断したわけではなく 単純に
記事ネタとして「この先生のピックアップメイン」で書けるような気がしたからですww)

さて 3台予備校と呼ばれている予備校業界の一辺を固めております河合○ですが
――QMAの問題によりますと ほかには「○台」「代○ミ」だった気がします。――
だったら 変わりの先生もすぐにいるのではないでしょうかと思われる方多いでしょう。

……でも ボクは まぁ いろいろと理由がありまして あわないとわかっていながらも
この先生の授業を受け続けなければならなかった理由があるんですよね。

まず ボクの詰め込みすぎな一週間のスケジュールの問題があります。
「火:化学→水:物理→木:数学ⅠAⅡB→金:数学ⅢC→土:英語(個別)」ということで
何もしなくても 一週間の内5日間が授業で潰れるという
――そのおかげで 自習時間が極限までとれない現実があるのですが……。

特に 理科の二教科に関しては ほかの講座と比べて1時間ほど長いので
この講座を動かすのは カリキュラム的に無理があるというのと そもそも
このレベルの講座・好んでいる先生を確実に押さえようとした場合
この時間に物理をとらなかったら 授業自体受けることが出来ないというわけで……

そして ボクがメインで通っている校舎は 現役生専用校舎です。
……と 言うわけで 少々こじんまりとしている感じがあるんですよね……
だから カリキュラムの融通が若干効かないような部分がありまして。

そんなわけで このレベルの講座を提供してくれるのは週に一度しかないんですよね。
――まぁ 津田沼まで出たら どうなるのかはわかりませんが
やっぱり これだけ一週間に余裕が無いのだったら 詰め込むのは至難の業でしょう。

……まぁ そもそも この不満はずっと溜めこんできたのですが
なかなか 日記に表す機会が無くて――というか 意図的に書かなかった部分もあり
なんだかんだで「書くネタにつまったから書いた」的ノリになっていたのが
前の記事の話だという説も否定できませんがねwww  まぁ 良いじゃん☆



さて ちなみに どのような授業展開をしているかと言いますと
黒板は なんだか秩序が無くかなりぐちゃぐちゃした感じで
授業で配られるプリントも(文字が下手というわけではないのですが)ぐちゃぐちゃ。
……と いうか 手書きで 相手いるスペースに全てを無理やり押し込んだ感じ。
そして かなり印刷の方にノイズが多い。  理由は知らない。

そして 話し方が なぜだか外国人っぽい雰囲気が漂っている気がします。
機会があったら「帰国子女なんですか?」って聞いてみたい衝動にかられる。
なぜだか”V”の発音に めちゃくちゃこだわっている節が見受けられますしね。

単にボクが「耳からの情報に疎い」という特性を持ち合わせているせいかと思ったら
先日 津田沼の校舎で乗り合わせた その先生の授業を受けている(カリキュラム的に)
らしい人のコメントから 健常者もそのような悩みを持っていることを確認。
……良かった。  この点に関しては ボクだけが悩んでいるわけではないのか。

……そして 例示が 芸能関係のネタが非常に多いというのも個人的にはキツイ。
まぁ 皆さんには普通に通じる芸能関係のネタでも ボクの方には
1/10も通じていないと書いても 過言は無いような気がします。

そんなこんなの授業を毎度受けていたからでしょうか。
なんだか 物理の伸び方が停滞又は若干右肩下がりのような気がする今日この頃。

そもそも その授業でなんだか理解出来た電気関係の話は
「コイル(ポケモンではない)を擬人化してみた」みたいな感じでしょうか。
性格:ツンデレだけれども なんだかんだでドMな女の子
  ……だ そうです。

まぁ レンツの法則(誘導起電力)みたいな話をするときに
今風に直すと「ツンデレ」みたいな話が来るということで 「ツンデレ」らしい。
そして S極が近づくと逆の反応を示すから ドMらしい。  どうでもいいけど。

さて そんな感じで毎日過ごしていても何も始まりませんから
授業の時間も――ただ 予備校の授業ですから「そこで内職」していたら
いろんな意味で(両親にも)失礼でしょうし――何か学び取りたいなと思うわけで
……正確には『「この先生の攻略法」を 頑張って探してみよう』ということですね。

……で もう 授業も終わりという最近になって やっと攻略法をつかめました。
まぁ 本人がこれを見ていないという前提で このコツを書いてみますと

①先生の話は 全て聞き流すのがいい。……混乱の元凶。
②先生が黒板に書こうとしている絵を 資料集の中から探し出そう……必須アイテム
③先生が黒板に書いた式だけに注目すべし。  その式を自分の言葉で編む。


……このように書いて思いました。  これって授業の受け方として失格。
と いうか お互いにいろいろと良くない気がするのは気のせいでしょうか。
下手したら 授業中に寝るということよりもひどい事を書いているのかも。

まぁ そんな風に思ったりしますが 同じような悩みを抱えている
……又は これから抱えてしまったときなんかには 一つの攻略法として
こんな「いろいろと無視した作戦」を練ってみるのもいいかもしれません
――いや 倫理的にはあまりよろしくないのですがね……  実際www

さて まぁ 個人的には「結論」はこれで落ち着きそうなのですが
気がついたのが 授業的にはとっくに電気の内容も終了して
あとは 熱力学~  みたいな話になってしまった後だったりするので
「大きなウェイトを占める」電磁気が がら空きになってしまったという。

なんだか これからこの穴が さらに悪魔と化する気がして怖いボク。 

TOP

悪友

2010⁄12⁄13(月) 18:54
……いろいろと自覚が無い記事書いているって事 重々承知ですよ……。
――まぁ ここに書いていることが 今日あったことのみで構成されているという
保障なんて無いってことですがね~  HAHAHA!!!!……。




しょっぱなから 何やら言い訳的な物を書きながらスタートした今日の話ですが
まぁ 内容としてはゲーセン的話題ですね~  ……まぁ 気にしない。

なんというか 悪友関係というやつでしょうか??
かなり意志が弱い人間……と いうか 元々いろいろとあって少ない友達に
できるだけ迷惑をかけないように進めていかなければならないということで。
(↑まぁ このへんはボクの心境的問題が一番大きかったりするのですが。)

……なにかと こんな感じの誘いには 断れなくなっている自分を
「お前何やってんだ」的蔑んだ目線で見つめている自分もいたりするわけですが。
――まぁ このへんはこれでおわらせて 本編に入りましょうかね。
最後まで言い訳続けていても 全く意味がわからないことになりますから。



REFLIE BEAT
なんだか 新稼働のゲームがあったようで 
悪友がこの話題を嗅ぎつけました。

……まぁ 一応 音ゲーで 
形としてはコナミの系列の中にあるので
QMAと同じパスの方で いろいろと
いじったりできるということで
何かと やりやすい部分があったりしたようですね。  
何処でこの情報を仕入れた??

なんだか やっているのを隣で眺めてみた感触では ホッケーのような感触。
ホッケーのパットみたいなのが流れてきて それが ライン上に良いタイミングで
やってくるのを 指でタッチして行くような感触でしょうか。

……jubeatみたいなゲームの話題を 稀に――本当に稀~に――やったり
することもあったような気がしますが アレの場合は ボタンが4×4で
並んでいる状況で まぁ かなり面倒くさそうな流れがしますが
こちらの場合は 一度に押す数はそこまで多くなさそうですが 来る場所がランダム。

どれくらいやりにくいのか 少々気になったりして――まぁ なんというか
最初は「みているだけ」的スタンツを貫いていたつもりだったのですが
「みていたら」興味が少しずつ首をもたげて来た……みたいな感じでしょうか――
彼と別れた後 思わずやってきてしまいましたよ。  どうせ意思が弱いですから。

……まぁ 結果としてはいろいろとひどかったりしたので割愛で。
――ひとまず 傾向としては ボクの場合「音ゲーに弱い」(詳しく書きますと
リズム感とは違って 反応速度その他が鈍い)という結果に落ち着きました。

こんなのとか
……jubeatの場合 レールガンが
曲の中に混ざっていたりしたのですが
こちらの場合は レベル5が入っていましたね。  
おまけの内容として。

……個人的にはあの曲 
ギターが好きだったりするので
まぁ しょうがないのかもしれませんが 
このへんの部分が いろいろと
割愛されてしまったので その点に関しては 
ちょっと残念だったかな~
みたいな感想を 
一応付加しておくことにしましょうか。



台
なんだか 新稼働のゲームがあったようで 
悪友がこの話題を嗅ぎつけました。

……まぁ 正確に書いてしまえば 
ただバージョンアップすると言うだけのようですが。
だから このゲームを元々のバージョンで
触っていたのだったら何かしらの流れで 
この情報が入ってきても
おかしくないのかもしれませんね。

ひとまず これの稼働日に なんだか 特に理由も無いのに引きずられて
結局 準備が終わってなくていろいろとしょぼんとした中帰って来たのですが
まぁ ここまで待たされたのだから 記事の為に取材くらいは……
みたいな ちょっとした記者魂を抱えて このゲームは見に行ってきたわけですが
(↑これに関しては 完全なる悪ノリ・確信犯ですが 何か???)

あ。  まぁ 隠すことでもないと思うので ちゃっちゃと書きますと
これ ボクが先日「一応お金を入れてみた」その「格ゲー」で
ものの見事にガチャプレイしていた中 ものの見事につぶされたという感じの
まぁ ボク個人は「正直これ以上やりたくねェな~」的感想を抱えているゲームですが。

ちなみに ボクがこの「取材」をする前に 彼は一度
何かしらのタイミングでこのゲームをプレイしてきていたようで
その結果として「使っていたキャラの基礎コンが死んでいた」という結論を導いて
なんだかんだで 新しいキャラクターを探さないといけないという状況だったようで。

まぁ なんというか「確実に取材を成功させるために」ボクとしても
裏操作もいろいろとしておくということで このバージョンで初めて出て来た
キャラクターの基礎コンその他を調べて メールで送っておきました。
(↑彼曰く 今までいたキャラには冷たい癖に 新キャラフィーバーらしいので。)

冷静になって今考えてみると この時間に単語の一つでも覚え……
……られていたら 今ほどこまっていないような気がしますが
まぁ 何かしら ほかの良い使い方があったような気がしてきましたね……。

覗き見
さて こんな感じで 
やってもらいます そのゲーム。
……なんだか やっていることが 
ただ眺めているだけのような気がしてきて
もしかしたら ボクって 
リアルの立ち位置って ムギちゃんみたいな位置に
いたりするのかな~  って 
思えるくらいニコニコしながら眺めていて。

まぁ 彼に途中取材してみたところによると
「割と使いやすい」ようで。
……まぁ 喜んでいただけて 
非常に嬉しいですね~
――時間をいろんな意味で無駄にした甲斐が
あったのか無かったのか。

狼
なんだかんだで 最終必殺技的
(アストラルヒート)な物も披露していただきました。
……ボク なんだかんだで 
全くプレイしていない中であの内容を
調べておくっていたりしたのですが 正直 
ボク 全く内容知らなかったので。

なんでしょう。  
ヴァンパイアの執事が狼男でしょうか。
――彼曰く「狼に変身した後の使い方は
いまいちよくわからない」……とのこと。

まぁ そんな感じで 基礎コンを確かm……様としているときに乱入。
――てか この「割とガチャなプレイ」しているときに乱入って
割とKYな感じじゃないですか??  基礎コンさえ つくれていないんですよ??

……まぁ 結果的に ほとんどダメージ与えられずに終わったようで。
――待てなかったから乱入したというのなら ただの自己中。
そうじゃ無かったとしても いろんな意味で傍迷惑だとしか思えませんね。
……なんだかんだで ボク達 15分ほど時間つぶしていたのですが……。

QMAとかでも言えることになりますが 皆が楽しめるように それなりのマナーを
それぞれが守って行ってほしいな~  とか 思っているのですが。



おまけ。  どんな状況なのかをあらわすと 大体こんな感じ。
このゲーム知らない人もいるでしょうから アストラルだけのやつよりはこちらの方がいいかと。

TOP