700!!

2010⁄11⁄30(火) 21:56
さて みなさんのご協力(ご支援)のおかげで この日記もついに700記事です!!



azusa_20101130223543.jpg
……と 言うわけで この記事を持ちまして700記事達成でございます。

こんな ただの日々の話を特にまとめもせずに垂れ流している
……特に 最近は「受験の愚痴」的要素がだんだんと大きくなってきているのに
カウンタを回して見に来てくださる皆さんには 
本当に感謝しています。  ありがとうございます。

……ん? 画像(の イメージ)ですか??
時間が無かったので あまり凝って探している余裕が無いんですよ!!!


個人的に 「7」という数字には なんだか運が良いような空気が漂う気がします。
俗に スロットとかでいろいろとたくさん帰ってきたりするときに並ぶ数字も「777」。
「ラッキーセブン」みたいないい分もあったりしますし まぁ
正直気持ちの上だけでの問題になりますが 気分は良いですね。  気分的には。

これから 受験とかでボクもいろいろとくらくなってくる時期になりますが
何となく 3桁目に輝く「7」の数字が この暗闇を溶かしてくれる……
……事を 半ば本気になって願っていたりするわけなのですが。

……そして なんというか つい最近600記事の話を上げたばかりのような気がして
最近の時の流れが特に 早く感じてしまうのは なぜなのでしょうかね。
これも 今の時期が時期だけに感じているだけなのでしょうかね?????

――と いうか こんな書き方してもあまり実感などわかりませんが
大体 ボクのこの日記の場合一日に記事一本+αの記事更新なので 実質的には
「あの時から100日足らず時間が経ったのか~」と言う感想になりますが
こんな表現の仕方をしたならば 急にわかりにくくなってしまうのはなぜだろう。

みたいなことを つい最近600記事~みたいな事を書いた時にふと思った。
この文面 いろんな場所で見かけたりしますが これほど何も訴えかけない場面は
我ながら 今まで一度も感じた事がありません。  わ~い。

にしても 一年は365日ですし 100日と言いますと 1/3と言うわけでは
ありませんが それでも 一年の中でかなりのウェイトを占める日数。
それを 短く感じてしまうというのは 今の立場のせいなのかそれとも
単に ボクの時間の浪費がひどすぎるせいなのか 少し考えたくなります。

さて そして この記事が当たってしまった日付も日付だけに
明日書こうとしている内容とあまり被らないように注意しないといけないわけで。

……と この段階で
「この記事番号がこのようになっているのは 明らかに図ったよね?」
と言うことに気がついた方がいたら 相当几帳面な方なのか
又は 一種の変態な人だろうと思いますが。  ええ。  微調整しています。

この微調整の方に気がついた方がいたら これだけでも一種の観察眼です。
ちょっと時間が余っていて 少々このぼやきについて気になった方がいらっしゃったら
少し 調べてみるのも面白いかもしれませんよ~  と言う伏線を張っておく。

……一体ボクは何を書いているのやら。  ただの行数稼ぎ???



さて では 明日の記事と同じような事が続くかもしれませんが
ここ一ヶ月ほどで若干変わっていたりしているボクのブログライフについて
公式(若干この文字だけで自分が大きく見える)に 
書きあらわしておきましょうか。

まず 今までに比べて ブログ巡回の方が目が粗くなってきた感が。
……というか 巡るのにさかのぼる日付がだんだんと短くなっています。
――まぁ 毎日見てくださっている方には 影響は無いでしょうがね。

今までは 基本的に――自分でもなぜこの設定だったのか気になるのですが――
二か月前の一日まで……つまり 月が変わるのと同時に みる日付が
一気にずれる(なんだか 文章では説明しにくいですね……)みたいな感じでしたが
もうそろそろ 順次 このへんは短くなってきます……というか しています。

今 ボクがどれくらいさかのぼっているかみたいな話は書かないでおきますが
たぶん この先もどんどんとこのへん(ネット)の時間を減らすために
この時間が短縮されていく事が容易に予想されていますので 
よろしくお願いします。

さすがに ボクのこの状況で12月を無事に過ごすことができるなんて
露ほども思っていないのは事実ですから このへんの危機管理も
自分で計画を立てて行っていきたいと思っていますので 
よろしくおねがいします。

あ。  こんな感じで 後ろ冷たい事を書いた直後に書くのもなんですが
今でも「ブログリンク」その他 募集中ですので 良いよ~  って方は
連絡その他 よろしくお願いします。  いただけたら ボクが喜びます。

この時期になって(立場的に) リンクを急に増やしに声をかけるのもなんですが
外から見たら そのような人間ってなんだか薄情な気がして
「これはやらない方が良いだろう」みたいな 自分の中での葛藤もありまして。



せっかくブログに関しての記事を上げているのだから 
微妙に関係があるのかもしれないので?? ちょっと書かせてもらいましょうか。

そう言えば 前々から「ブログ拍手」なるものが この日記にあることについて
さすがに 自分でもわかっていたのですが 未だにこれの意味について
いまいち理解できていない……という 少々恥ずかしい事がありまして。

まぁ 拍手数が書かれていたりしていて どれくらいの方が押してくれたのかな?
又は この拍手数が多かったりすると 何か意味があるのかな??
みたいな感触で ずっとこの数を眺めていたわけでして……

基本的に「興味があるものに関しては いろいろといじってみる」精神で
いろいろとこの日記についても(プログラム言語その他は まだ知らないので
こちらに関してはまだ未開拓なのですが)いじってみたりしたボクですが
このボクが 堂々と理屈について行けていない
サービスの一つでもいうのでしょうか。

……でも 拍手してくださる方はありがたく思っています。
ボクのこのような文章でも読んでくださる方がいるんだな~  って
いろんな意味でボクの励みになっていますので!!!  ありがとうございます。

ただ 先日いただいた拍手の方のコメントの方は 一体どうしたらいいのか。
少々悩んでいるという感じなのですがね。  あ。  いただいたんですよ。
初めての拍手コメント。  ありがとうございます!!!

ボクも楽しんで読ませていただきました。  本当にありがとうございます。
ただ このコメントに対してどのように返せばいいのかよくわからなかったので
ここで お礼として簡単な形になりますが 書かせていただきます。

では 700記事目はこれで〆させていただきますね~  
ありがとうございます~

TOP

train

2010⁄11⁄29(月) 20:27
う~ん。  これも時期相応だったということなのでしょうか??



なんだか ここ数日の日記を振り返ってみて 今までのペースと比べても
明らかに個々数日 学校・予備校関係の記事ばかりが目立っている気がしまして。
……英語でタイトルを考えてみよう的な思いつきがあってから
かなりの比率で このへんの記事が書かれているような気がします……

まぁ 受験期ということで 趣味とか 特にゲーセンに行く機会が激減したので
正直 そちら関係でリンクなどしてくださっている方にはかなり
申し訳なく思っていたりするのですが まぁ それで改善に出来るわけでもないですし
ひとまず この件に関しては割り切って行くしかないのかな……とか思いながら。

まぁ そんなわけで 明日からテストで――とはいっても まぁ なんというか
毎日テストの話題を書くわけではありませんしね~www――さらに
学校関係の記事が詰まる予定は経っていますから 今日は別の話題でも考えますか。



今のボク 皆さんからどのような感じのキャラに見えているのか
想像だに付きませんが まぁ ディープではないにしろ それなりの
鉄道関係でも少々 オタクっ気を持っていたりする人間であります。

まぁ 鉄道だけとは限らないのですが 一年前には一人で
電車で遊びに出てみたり――ただ メインは「けいおん!」聖地巡礼ですが――
夏休みには単語帳を片手に 電車の中では暗記が出来るかもという考えを持ったりで
まぁ なんというか 若干考えがそっち方面に偏ることがあります。

まぁ 電車関係にちょっと詳しくなってしまったのは なんだかんだで
小さいころから東京へ行く~  みたいな話が持ち上がった時とかには
大体 移動手段が電車――逆に言えば あまり車を乗り回す機会が無かった――
という 幼時からの経験があったりして 自然と身についたわけなのですが。

……まぁ 母親が ほどほどの「乗り鉄」という事実もやっぱり
少しはエッセンスとしてかかってくるのでしょうか??   そんなわけで
ボクも 分類分けをあえてやってみるのならば「ライトな乗り鉄」でしょうか。

……で そんな中で ふと 見つけたこの記事。  皆さんはどう思いますか??
そして このネタに食いついてしまったボクは どの意味で食いついたのでしょうか。

西武鉄道…… やっちまったな。  メイドトレインだと。  メイドカフェじゃ無く。
……なんというか いろいろな意味で どのような反応をすればいいのか迷う。
それでも なんだかんだ言いながら 興味心身だという事実もありますねww

……てか JRでさえも四国の方でやってしまったというから これに関しても
いろいろとドン引き(個人的には)みたいな状況ではありますがね。
なんというか 日本マジで終わったな。  いろいろと手遅れな気がします。

まぁ なんというか 社員がメイド姿にふんするというアイディア。
これ 個人的に没になってもらえて良かった気がしますね。  何となく。
金を取るのだったら やっぱりプロを雇うしかないでしょうしね~

……って 思っていたら メイド接客は その専門の人がやらなかった場合は
なんだかんだでダメになるんですね~  勉強になりました。
つまり 車掌さんが執事コスプレして現れるわけにもいかないということですね☆
――一体何が違うのか 全く分からないですが 気にしたらダメですね。

……まぁ ボクの立場が受験生じゃなかったら 冷やかしに行くところですが
あいにく こんな状況なので 記事だけ見て 指をくわえるということになるのですが
――まぁ 受験生じゃ無かったとしても 金の関係で乗れませんがねww――
だれか このへんのレポとかしてくれる方 いませんかね??(←期待)

そして ついでですから メイド服着て~までが許されるのだったら
本物の運転士の方も 頑張って女性の運転士に頼んで その人に
メイド服姿で運転していただくくらいの サービス(カメラ的に)も
やっていただけるとありがたいです。  まぁ 身に行く事もかなわないわけですが。



さて では 現実を見て ボクでもしっかり書くことができる
鉄道系の話題でも ここで少しばかり書かせてもらいましょうかねぇ??

なんだか 只今千葉駅の中心の方の駅で バタバタと工事がされています。
もしかしたら 只今 千葉市内の駅は建て替えラッシュなのかもしれません。

まず 千葉駅では大々的に 駅舎建て替え工事がされていたりして
あちこちの通路が封鎖されていたり 行き先が変わっていたり まぁ なんだかんだで
いろいろと 大変なことになっているという事なので……

正直 迷子になる人もいると思いますがねwww  今の状況だと。

まぁ 実際今までの状況でもコンコースとか少々薄暗くて柱も多かったですし
建て替える必要性がありました~  って言われた場合 いろいろと納得できます。
――ただ ホームのフロアは変わらないはずなのに なぜ 線路にいろいろと
板の足場が敷かれていたりしてるのかは かなり謎なのですが。

あと この工事があって 千葉都市モノレールへの接続がわりかし楽になると。
……でも なんだか 上り下りがいろいろと大変なことになりそうだなぁと。

そして 工事が終わるのが2015年ですか。  この展開になりますと
少なくとも ボクも受験を終わらせておかないといけない時期になりますから
こりゃ 帰省のたびに迷子になっても何らおかしくない展開になりそうですね。
――ボクの思い出とともに 駅舎は姿を変えました……  的展開??

あと そのお隣の駅の方は ホームを延ばす工事があったとか。
その理由は 少々長めの快速電車を停めることができるようにするためだと。

工事
まぁ 前々からその存在は聞き及んではいたのですが 
なかなかタイミングが無く今日 
学校が少々早く終わったので ちょっと足を延ばして
どんな感じで工事が終わっていたのか 
少し野次馬してきました(←勉強は??)

……まぁ 工事終わってしまったら 
もう 面白みも無いですがね。

隣の家みたいに いつもは見れない場所が見えたりしたら 
これはおもしろいですが。   ……そして 
ホームのまん中で柵に覆われている謎のスペースは何??

……なんだかんだで この工事が終わって 今度のダイヤ改正から いろいろと
千葉周辺の状況が変わるというのですが――この駅に快速が止まるようになったり――
はたして この先千葉はどのように変わって行くのでしょうか。

……確か もう一駅千葉市内に駅をつくるという
噂がちらほらと見えているのですが これは一体どうなるのやら。
この噂が聞こえてきてから 随分時間が経つのですが 何も起こっていないらしいですし。

すこし 気になりますね。  千葉市民として 個人的には!! 



参考リンク こちらこちら

TOP

I am “Deadline Man”

2010⁄11⁄28(日) 22:27
“Deadline Man”……なんというか 少し威圧感を感じるようなそんな響き。
――でも 日本語で書いたら「期限の男」……まさに 人生綱渡り。




本日の朝。  ふと 歩いていた道に カエデの葉っぱが落ちていたのを見つけました。
気のせいなのかもしれませんが このあたりに「メイプルシロップ」なるものがあるのを
納得できるような香りがほのかに漂っているような気持で すがすがしい気分に。

……ただし その香りを楽しんでいる間に そこら辺に落ちていた銀杏を踏むと。
そこに広がる 銀杏のあの匂い。  人によって好みが分かれるあの匂い。
ちなみに ボクはあまり好きではない……  みたいな人間になるのですが……

……見事に 記憶の方が上書きされてしまいました。  あ……。
メイプルの香りの方は 儚い夢となって消えてしまいました……。



そして 今日 儚く消え去って行ったものはいろいろとあったわけで。
本日は センタープレテスト。  まぁ 名前からでもわかるかもですが
センター対策の マーク式の模試。  ボクの場合は堂々5教科7科目。

9 :40~10:40(60)…地歴・公民(1科目め):現代社会
10:50~12:10(80)…国  語             
12:35~13:20(45)…リスニング    
14:00~15:20(80)…英  語    
15:30~16:30(60)…数  学 1   
16:35~17:35(60)…数  学 2   
17:45~18:45(60)…理  科(1科目め):物理
18:50~19:50(60)…理  科(2科目め):化学


見事に 一日丸ごと潰れたわけですが。  長いよ。
そして 個々の結果についてですか??  この流れで聞きますか?(↑タイトルへ)

正直な話 今まで何度かセンター式のテストを受けて来たボクですが
理系なのに 全く数学が解けないという事実もありますし
毎度毎度のボクの日記からの展開からわかるように英語も文字通り「悲劇」。
で 国語の方も 文章に対してのムラがかなりありますし
特に 古典系統は壊滅的――まぁ 個々の方でも単語が覚えられないのがネックです。

……その他 まぁ いろいろとあったりするのですが 最終的に安定している教科は
まさかの「現代社会」だけという。  これだけは 安定して偏差値65↑。
……ボク 理系でこれはノーベンなのに 英語・数学をやって結果が出ないのが
だんだんと悲しくなってくるのは なぜなのでしょうかね。

まぁ これに関しては「民放を見ない代わりに その時間はニュースを見ている」という
NHK一家なる我が家の特性なのかもしれないな~  とか思ってみたり。

ちなみに 前回のテストでは「まさかの理科壊滅」だったので ホント危ないです。
……実際 前のマーク式模試の方は 最後「完全に集中力が切れていた」ので
まぁ こんなもんだろうな~  とは思っていたのですが……

ちなみに どれくらい集中力が切れていたのかと言いますと
最後の最後に「マークシートを間違えて解答していた」のに気がつかなかった程。
まぁ こんな感じでしたから 結果の方はもう悲惨だとわかりきっていましたね。

さらに余談ですが 今日の模試の方では「数学」の時点で切れました。
問題半ばまで「数学Ⅰ」と「数学ⅠA」の問題を間違えて解答していたのに
気がつかなかったおかげで 無駄に焦って 今日はこの教科壊滅です。
――まぁ 案の定「印刷されていた問題が偶然同じ」だったから
事なきを「その問題ではなんとか」受けていたのだろうな~……とは思いますが。

……まぁ まさかの本番で「現代社会から集中力が終わっている」可能性もありますし
もう 何かが終了のお知らせを奏でながら センターを受けるという事を
前提として受けていかなければいけないんだろうな……と。  悲しい。

まぁ こちらとしても 集中力が切れないようにするための対策は一応
考えられることはやってみたつもりでしたが 結果的に効果は無かったと。

たとえば 脳には糖分ということで お菓子(+一応カロリーメイトも)を持って
試験会場に挑んだのですが――正確には 神戸模試の時に買った余り――調べてみると……

「果汁グミ」……まぁ いいか。  「カロリーメイト(チョコ)」……異議なし。
「キシリトールガム」……何故に??  てか 脳の栄養補給にならなくね?
……なんだか 準備の方も センター前までにやっておいた方がいいかもです。

あ。  ボクの方もたった今よれよれになって帰ってきたところだったので
まだ 自己採点などは終わらせていませんのでね。  よろしくです。
あれだけ長い時間拘束されて しかも 今回の試験会場は若干遠い場所なので。

――そのおかげで 「竜馬伝」の最終話の方は見ることができませんでした……
……とか 書いておきながら 最近は「竜馬伝」自体見ていないので
ぶっちゃけてみますと そこまで影響は無いという感じなのですがねwww(←なぜ書いたし)



……そして さらには まだすぐには自己採点ができなさそうな気がしますね。
なぜなら 次の火曜日からは学校の方の定期テストがあるわけで。
――まぁ 昨日の唯の誕生日が若干手抜きだった感があったのは これが理由……。

さて それでは ボクのこのテストに向けてのテスト勉強について書いてみましょうか。
一応「勉強時間」はそれなりに確保していたつもりだったボクでしたが
「テスト勉強」に関しては あまり触ることができなかったという。

正確には「しつこいくらい」神戸模試の時直しをしていたのですが
「化学」は 問題の「3/4」が テスト範囲と重なっていたのでまぁ 良いでしょう。
物理は それよりも未讐範囲を潰そうという勢いでやっていたので 影響小。

ただ 英語(Reading・Writing)・数学に関しては ほとんど何も出来ていないかも。
英語は……まぁ センター対策ですから 今日の模試の復習……する時間も無いし。
数学は あの時初手からつまったベクトルの対策ばっかりやっていたら
積分の問題演習をする時間・二次曲線を身につけることを忘れていました。

お陰で 積分の計算をすることは出来るのですが(とはいっても 計算間違い多し)
応用問題の方は何処から手をつけてよいのやら……みたいな状況ですし
曲線は もしかしたら 楕円・双曲線の焦点すら悲惨になるかもしれません。

ちなみに 政経・国語に関しては そこまで手を広げる余裕がありませんが何か。
センター式の模試で 「現代社会」でノー勉無双(?)しているボクですが
学校の定期テストは苦手です。  どちらかと言えば 正誤判断で行くので。

さて。  ひとまず「留年確率大」な英語と 積分メインの数学は頑張りたいところ。

……で こんな時に取り返しのつかないへまをするのがいつものボクなのですがね←

TOP

Yui!

2010⁄11⁄27(土) 18:34
なんだか 受験までのカウントダウンがここ数日続いてしまいましたし
今日は 気晴らしも兼ねて 割と緩い内容の記事を書いてみようかな。




唯
まぁ 第一 ボクが最初に書かなくてはならない様な気がする話で
今日は 「けいおん!」シリーズの主人公 唯ちゃんの誕生日ですからね!
これについて ふれないで行くのは ボクらしくないでしょう。

……まぁ ここでボクが「パァ~ッ!!!」とはじけてもいいのですが
でも そこまでしすぎる――すいません ちょうど良い表現が見つからないので――
と それはそれで ボクのキャラを逸脱している気がしますから
その辺の取り方は いろいろと面倒くさいものなのですが……

にしても 今月11日には あずにゃんの誕生日――当然 いろいろな意味で
受験生なりに出来る限りでお祝いしたつもりなのですが――があって
今日は 唯ちゃんの誕生日ということで このへんの誕生日
非常に近いものがありますねww  これって 何かの陰謀があるのでしょうか。

まぁ この誕生日設定を かきふらい先生自身がつけたのか
それとも 京アニの担当者がつけたのか このへんの裏設定までは知りませんが
何かしらの陰謀?があるような気がしてしまうボクって 考えすぎでしょうか。

まぁ 仮に 何かしらの陰謀があったとしても あまりメリットも思いつきませんし
――そもそも あずにゃんの場合は この発表があったのは 彼女の誕生日が
とっくに過ぎてしまった後……だと ボクは記憶しているのですが……?――

あえて 考えてみるのならば「この期間に けいおん!~二期~次の企画までの間
少し時間が空いてしまうので ファンを離さないために この時期に誕生日を設定」
みたいな……正直 言葉に直すのにも少し無理があるような内容しか思いつかず
単なる偶然と考えた方がいいのかもしれませんね。  うん。  考えすぎ。

まぁ そんな戦略があったのかなかったのか 一応 購買部の方の記録も。
……とはいっても 単に画面を映しただけなのですがね。
図1図2図3
図4図5図6
図7図8図9
あ 幼い方の唯ちゃんもいたりするんですね???

こんな画像を取りに行っていたら ふと ムギちゃんの時を思い出した。
あの時には ケーブルがつながらなかったりして なんだかんだで見逃しましたし。
……とても残念だったなぁ……。  本当に。

そして ボクにもう少しお金があったらよかったのに。
まぁ 立場も立場ですが なんだかんだで軍資金が少ないですから
やっていることも 自然とこじんまりとしてしまうんですよね……  しょうがない。



プレメモ
そう言えば 報告というか 
書いた覚えが無かったので 
一応書いておこうかしら。

先日 プレメモ「けいおん!」
第二弾の方を買ってまいりました。
まぁ ひとまず スターターパックの方をば。
正直に 集める方もしてみたい。

ただし お金も時間も心の余裕も今のボクには
たりませんから 今は我慢です。


さて 中身について長々と語るようなものでもないでしょうね。
興味ある方はすでに このへんは買いあさったあとでしょうし
興味持っていない方は このへんに関してノータッチでしょうしね。

まぁ ここで書けることと言ったら サインカードの話題くらいでしょうか。
第一段は今日誕生日だった「唯」。  第二弾こそは あずにゃんを狙ってみたいのですが
サイン
りっちゃん隊員。  
なんですと??  
まぁ そうですか。

ひとまず 願っていたものがポンと
出てくるような世界ではないですよね。


まぁ このへんの引きに関しては とことん運がない男ですので
願っていたカードが入っていなかったことくらい わかっていましたとも!!
その辺の運は 受験の方に使うから良いんだもん!!!
(↑そんなに世界 上手く出来たものではありません。  byもう一人のボク。)

さて 身の回りに りっちゃん隊員が好きな友達――そもそも 「けいおん!仲間」――は いませんから このカードの方はどのようにすればいいのか 全く分からず。
そもそも その辺の仲間がいたとしたら もう少し効率がいい集め方
――いろいろな物に対して――ができたと思うのですが……  悲しいなぁ。

そして さらには 効率が悪いボクはというと スリーブの書いた詩を忘れたわけで。
……まぁ 正直な話 中身の確認すらまだ まともに終わっていないのが現状。
……時間がある時に ゆっくり確認しておきたいと思います。  封印するか?
ちょっと 考え直してみる必要があるのかもしれません……。  はぁ……。 

TOP

teacher

2010⁄11⁄26(金) 21:43
「予備校の先生」と一言でまとめてみるとしても いろいろといるようです。



と 言うわけで 今日はちょっくら予備校の先生についてぼやくことから行きますか。

たしか 今まで記事を何本か書いた中でも 最近の物理の先生については
あまり良い評価を書いたことはありません。  批判ではないですがね。

そもそも こんな風に「勉強」を教えてくれる人とか 参考書もそうですが
それぞれ いろいろとあっている物(人)とか そうでないものがあったりして
だから ボクがここで仮に名前を使いながらぼろくそ書いたとしても
――とはいっても ここまでの情報があったならば バレてしまいますが――
たぶん その人をわ~  って糾弾する必要もなさそうですがね。

まぁ なんというか この先生に「教わる」間に 何となくわかったことですが
ボクの場合は 物理・数学の先生については特に
「解答のポイント」をつらつらと並べる先生よりも 解法を示す先生の方が
理解やらいろいろと早いという事を実際に感じることができました。

まぁ 人によっては「その現象を理解出来たつもり」という人もいるでしょうが
ボクの場合「ポイント」とか「解答の為のテクニック」みたいなものだけを
つらつらと黒板に並べる先生に教わると 逆に それ以外のことは
先生が言葉で連ねる内容を聞きとってメモしなければならなかったり
聴力からの情報にとにかく疎いボクにとっては辛いんですよね~
(↑まぁ 大学の講義とかでそのような先生もいるようですが……。)

まぁ その辺の内容を「言葉でも口にしてくれる」先生なら良いんですよ。
又は その言っている内容がわかりやすかったり そんな感じで。

たまに「活舌が悪い癖に 黒板を全く使わないし 文法も全くだし」
とにかく あの人は何を教えようとしているのかを判別できない方も……
(↑もうここまで書いておいて焼け石に水状態な気がしますが 批判ではないです。)

ちなみに ボクが今教わっている先生は ボクにとってはそれに当てはまって
なんだかんだで「先日貼りつけたような内容の問題」を自分で解いて
自分なりに解法を見つけて解いた方が なんだかわかりやすいという。

まぁ いい方に寄りますが 本来はそのような勉強の形が一番なのでしょうが。
――しょっちゅう親父に「予備校の話」を振るたびに言われるわけなのですが……
――あの人の点数はボクに多大なプレッシャーを与えてくれるほどすごいですから。
(↑話のネタが尽きたときにでも 家族自慢でもしてみましょうかね??)

ほかにも なんだかいきなり変な言葉を使いだしたりしますし
特に これはボク特融なのだと思いますが 芸能関係の例示とかされてきて
それを授業で多用されたりするとボク 全くその話に続けないわけで。
まぁ 人のせいにするわけではないですが かえってごちゃごちゃになった感が。

まぁ そのような感想を持った人はボクだけではないらしく
先日の神戸大学の模試の時(たぶん 特別授業でもあったのでしょうが)
その先生とすれ違った時 近くにいた浪人生(たぶん)が
「あの人に教わって帰って分からなくなった」みたいな批評をしていましたし
また別の日に 現役生も「言っている事がわからない」との批評があったようで。

もしかしたら ボクの特性以外にも大きな要因があったりするのかもしれません。



仮に 「黒板にはポイントしか書かなかったとしても」わかりやすい授業。
まぁ 解答・解説について黒板に丁寧に書いてくださる先生もありがたいですww
今日の場合は「プリントでの授業」について 書いてみましょうか。
――正確に書くのならば この先生の場合「プリントだけにとどまらない」のですが。

まぁ その前に一言で「プリント」と書いたとしても 種類があります。
ざっと分けますと ワープロと手書きですが ワープロは当然見やすいです。

手書きのプリントが悪いとは書きませんが やっぱり そうなのだったとしたら
「わかりやすい」作り方にしてほしいと思ったりするのですがね。
(↑上記の物理の場合 手書きでこまごま書く上に プリントにノイズがあるんですよね)

で これから書きたい(絶賛したい)化学の先生の場合 プリントで全て進める。
そのプリントは ワープロで打ったような形で 非常にわかりやすいということで
ボクとしては「この人に会えてよかった!!」って 堂々と書きたいところですww
――まぁ まだ受験が終わったわけではないので 早い気がしますがね。

特に この先生は いろいろと著書も出しているようで――それなりの書店には
しっかり並んでいるって事で 割と有名な本を出しているようです。
もしかしたら みなさんの受験に使っている・た本も彼が書いているのかも?――
プリントのまとめ方も非常にわかりやすいんですよね。

しかも その本そのままの表を映しているわけでもないと。
かなり作り方に創意工夫を感じることが出来て 意欲にあふれているように見えます。
(↑その分 非常に忙しそうなんですよね……  まぁ お疲れ様です……。)

まぁ こんな風に特に絶賛している理由の一角は 一学期に習っていた先生が
今まで「なんだか自分に合わないな~」って書き方をしていた教え方で
ぶっちゃけて「酸化還元」とか「電気」の話とかで 不安を抱えたまま
夏を過ごす羽目になってしまったという事実もあったりしたわけですがね……。

で こんな風に プリントがうまいということのほかに ボクが特筆したいのは
実際に実験道具とかを持ってきて 見せてくれたり iPad使ったりして
動画を見せてくれたりする――この話については 前に書きましたっけ??

やっぱり 黒板に先生が書く図だけでは いろいろと無理があるわけで
そんな時には 先生が持ってくる 道具――たとえば 半透膜(実物)とか――
何かを見ることで 実験の状況がよりよくわかるということで。

まぁ さすがに その場所で出来る実験などにはいろいろと無理があるわけですが
それでも「教室で出来る限り」の実験については見せてくれているのではないでしょうか。

たとえば 先日までやっていた「無機化学」のお話では
さすがに金属イオンの沈殿反応なんかには無理があったものの
「金属イオンを混ぜた事で 炎の色が変わる」ろうそくを持ってきて
それを燃やして 炎色反応の話をしていましたね。  とてもユニーク。

ただ 悲しいかな。  白金棒から色が違う炎が出るのだったらなじみがありますが
ろうそくから色違いの炎が出てきますと つい最近追加されたポケモンが脳内に出てきて。
シャンデラ
たとえば このへんのポケモンの進化シリーズ。  おっかない。
人の魂を燃やしているという噂が根強い 特殊攻撃最高伝説を持っているシャンデラさんです。

まぁ これはともかくとして 非常に意欲的で楽しいですよ!!  本当に!!!!

TOP

lim. 50 days

2010⁄11⁄25(木) 22:04
さて 昨日の今日の流れですから 同じ様な話を続けてみたいな~  とか。



さて 正確な話を書こうと考えてみたならば 今日は「クリスマス一カ月前」
まぁ ボクみたいな人間にはあまり(いろんな意味で)関係が無いイベントですが
リアルが充実している方にとっては大切なイベントですね??

まぁ その辺の条件が当てはまる方はもうそろそろ真面目に
計画その他を立てなければいけないはずですよね??  頑張ってください~
セットの裏側から静かに応援しております~  頑張って~☆
(↑セットって何よ??  セットって!!!  自分でも気になりますww)

ちなみに 学校のとある先生が言っていたことによると
受験生が恋愛をしてしまった時には 大体の「男子」は破綻して落ちるらしいと。
……まぁ 現役合格を目指すのだったら 恋愛はしない方が吉だとのことです。

おまけですが 女性の場合は「ふっ切れる」ということらしく
あまり「破局しても」効果はいい意味でもあまり少ないということらしいですね。
……その一曰くには 男女の性格の差が良く出ているということらしいですね。

――まぁ 「割合」的な話らしいので「俺はそんなのにめげないぜ」って
自信がある方は こんな「嫌な噂」を無視していいと思いますよ~  すいませんww

さて なんだか この話については「仮に神戸に行く事が出来ても
100万ドルの夜景を一緒に楽しめる相手は 未来永劫個ない可能性がある」
ボクとしては この話をずっと続けても あまり話を持たせる自信もありません。

ついでに ボクも一応「三次元女子」にも興味があった季節もありましたが
今となっては「少し」女の怖さというか まぁ いろいろとあったもので
正直な話「今のところは」あまり 受験が終わった後も恋愛とかはしたくないな~と。

……とか 書いておきながら 実際問題「来年の今頃も何をやっているのか」
全く持って想像できないボクが語ることができるわけありませんからね~……。
――今の時期「一寸先は闇」という言葉を多用したくなるというか。



それでは 昨日の話から続けるって言った話について書いてみましょうかね~

さて もうそろそろセンターまで50日です。  日付的には。
「この記事を書いているときには」あと51日と言うことになるのですが
この記事を大体の方がご覧になるであろう日には「あと50日」という
カウンターに変わっているであろうとか
(これで違ったらめちゃくちゃ恥ずかしい。)

……あ~  でも 前に「あと100日~」みたいに書いた時には
なんだかんだで このブログに張りつけられていたカウンターの特性に気づかず
日付を間違えて――正確な日程から――うpしてしまったというのもありましたし
自分でこんな事を書くのもなんですが 自分で地雷踏みまくってますねww

で 正直な話 未だに勉強がそこまで伸びた覚えが無いというか
英語に隊sて全く状況が変わっていないというか とにかく
受験に対する不安が全く払拭されていないということが ボクにとっては
未だに残っている一番の問題点。  そして 残り50日の課題。

余談ですが 今学校の授業のReadingの授業が「センター対策」に入りまして
――正確に書けば 見方によってはWritingも同様なのですが――
そのセンター対策では「この単語暗記量の割には謎なくらい」問題が解けるという。

補足:Readingでは「長文対策」Writingでは「文法・語法」の問題集を。
なんというか 「文法・語法」の問題集は 当然と言ってはアレですが
全く出来ない感じなのですが……(このへんに関しては 想像通り。)

それでも 長文対策などは まぁ 物による当たり外れのムラはありますが
以外と「30/36」とか 「出来る」というレベルではありませんが
「まぁまぁ」くらいの出来にはなっていたりするわけなんですがね。
(↑「1日」「一小門」というペースで 週4時間の授業展開ですね。)
(↑↑ちなみに このうち1時間はリスニング対策の問題集になります。)
(↑↑↑単語が全く出来ない割には 割と謎なんですよね…… この展開。)

……まぁ これからも単語との闘いが続いていくわけなのですが……
ひとまず これを戦いだと思っているうちは駄目だったりするのかな??
――もう少し 自然な流れで単語が覚えられるようにしたいなぁと。



こんな感じで「単語があまり覚えられていない」割にはみたいな
英文の読み方は「二次」の方では全く通用しないというのがまた 悲しい所で。
――と 言うわけで 昨日話を書いたかもしれませんが 神戸大学対応模試の
結果について  ……と いうか 自己分析をしてみようかな~  と。

基本的に「さすがに」このテストについては ほかのテスト以上に丁寧に
解き直しその他を頑張ってみたわけなのですが そんな話でしょうかね。

……と 言うわけで 英語の方は上記の話かしてわかるかもしれませんが
あまり好ましくなかったということで……  まぁ わかってはいましたが。

ついでに このへんの話について やっぱりまずいと思いましたので
今日の放課後はReadingの先生のところを尋ねて 相談しに行きました。
……有効に点数を稼ぐための勉強について 意見を伺ったわけで。

数学は……たとえば ベクトルなんかは予備校の授業が受けられず
あまり 応用性を持つことができなかったりしましたし
それ以外にも いろいろと「ヤバい!!」と思わざるを得ないです。

ひとまず 場合の数・ベクトル・微分・積分は少なくとも対策を。
そして 元々不安があった ここでは出てきていませんでしたが
三角比・三角関数に関しても問題集をコツコツとこなしていきましょうかね。

理科は まず時間感覚を赤本から正しく抜きとることができず。
試験時間の管理について 少し勘違いしていたので これだけに関しても
この模試を受けた価値はあったのではないかと。  まぁ 勉強以外に関しては。

物理は……熱力学第○法則に関して・その他は まだ習っていないので
出来なかったことに関しては 自分で書くのはアレですが まだしょうがない。
自信をもって「習っていた」と言える範囲については出来たので いいかな。

化学に関しては いろいろとテンパって解けなくなってしまった部分もありますが
無機化学が少々大変なことになっている事を認識したのと
有機化学もかなりのウェイトを占めている事を再確認しましたね。
……まだまだですね。  ボクもまだ 修行が足りません。 

TOP

reservation

2010⁄11⁄24(水) 22:34
ボクと同じ境遇の受験生の方はもう すでに対策をしましたか??



……とか なんだか若干上から目線な感じがするのですが 正直なところ
ここまで(ボクみたいに)のほほんと過ごしていた受験生も少ないとは思いますがね。

いや~  この時期になって未だにガチで勉強した気分になれないのって
なんだか いろいろと不味い気はするのですが なんだかできないという……
これって さすがにいろいろな意味で焦るべきなのか……とか 他人事風に。

――そもそも ボクは最近「良く第三者的立場から観察できている」というのが
身の周りにいる大人からの評価(いろいろな面で)なので このようになっているのは
半ば 最近の傾向とも言えるような気がするのですが……。

さて 話が最初っから横道それていましたね。  まずは本題話しますか。
たしか 今日で「国立大学二次試験」まで 後三カ月――たぶん これはあっている――
と言う日になるわけですが……  はたまた。  近づいてきました……。

それに対して ボクの学力の方はあまり好ましくなく
実際 先日あった「神戸大学プレ模試」の方の自己採点……と いうか 解き直しを
ひと通りこなしてはみたのですが このへんもなんだか死んでいるという状況で……
――まぁ これについては後で適当に語っておくことにしましょうかね。
この結果は「そのまま受験本番に通用する」と書いても過言はありませんし。

さて こんな風に「カウントダウンがキリがいい」日付になっているということは
まぁ いろいろと世間も動いているということになるのでしょうか。
――このへんの話で 今日の朝……というか 昨日の深夜?  に ちょっとした
争いに巻き込まれました~  みたいな報告から入っていきたいと思います。

まぁ ここまで長々と書いていましたが 要するに「宿」の話ですね。
さすがに 朝早く出たとしても 新幹線に飛び乗って神戸につく時間は
9時とかその辺になってしまうわけで さすがに神戸大学に乗り込む前日には
ボク ホテル泊になる予定になっているわけですよ。  まぁ 遠征ってやつ??

少なくとも ボクと同じように「地元ではない」学校を受けたりする人は
少なからずいると思うのですが その辺の人たちが考えていることは
皆 ほぼ同じでしょう。  「交通の便がいい(大学に行きやすい場所の宿)」ということ。

正直な話 ボク このへんの宿についての争い なめていました。  マジで。

先週末の土曜日 ふと 親父と話していて「受験の日の宿 大丈夫か??」みたいな
話になった時 「確か 生協が宿を手配してくれていたはずだよ~」みたいな
軽いノリで答えていたりしたのですが いざ その日に確認をとってみると……

……埋まっているがな。  空き室 ほとんどないという状況でありまして。

まぁ 千葉のしがない(一応 進学校)に進んでいる人間ののっぴぃですが
ボクの身の回りで「外に受けに行く」という意思表明をしている人間が少ないというのも
(↑さらに 自分で地雷を踏むとしたら ボクに友達が少ないというのも)
あって このへんの宿の話が周りで持ちあがったことが無かったわけなんですが……

それにしても この宿の埋まりの速さは素晴らしいと思いましたよ。
何でしょう。  浪人生の方が(まぁ 宿の戦争に限っては 学部・学科関係ない?)
早く経験を元にして 宿をとっていたのか それとも 地域によっては
その辺の教育がされていたのかよくわかりませんが 正直驚きました。

そんなわけで なんだかんだで「自力で」交通の便がいい場所の宿探しを。
……いや~  こんなときに 割と自分の地理感が役に立ちますね。

と 言うわけで 大学の最寄り駅のホテルをネット検索かけてみるのですが……
あの辺で 「ホテル」という検索をかけてみると 引っかかるのが大体
「山の上の観光用ホテル」になってしまうということが明らかになりまして。

……まぁ ボクは それをメインに神戸の街へ繰り出したことが無いので
あまり実感を持って話すことが出来ないのですが 神戸の街って俗に
「100万ドルの夜景」みたいな比喩されている事があるじゃないですか。
……個人的には それを眺めてシャンパンを開けたりしているのかな~  みたいな
浅すぎるビジョンを想像していたりしたわけなのですが……  で。

このようなホテル(若干偏見その他あり)は「受験前夜に泊まるホテル」として
はたしてどうなのか。  そのような疑問が頭をもたげるわけですね。

まず 第一(高校受験前夜の記憶を頼りにすると)夜景なんて楽しむ場合じゃない。
もう 精神的にもいろいろとボロボロになっていると思うんですよね??
しかも この学力ですから さすがに すごい追い込みがあると思いますし。
(↑逆に無いとこまりますからね……と いう 今のボクからのメッセージ)

……と 言うわけで ここで「最寄駅」には ちょうどいいホテルが無いと判断。
では 交通の便がよさそうな「三ノ宮駅」周辺に目を向けるわけでして。

……ここで 去年「完全に関係ないでしょう」みたいな空気を醸し出していた
“「QMAのモ○モ○先生のホーム」を覗きに行ってみよう”みたいな企画が
意外な形で花開く(駅前のビジョンを頭に焼き付けることができました)とは
二年の夏ごろ 全く持って想定していなかったですから 本当に世界はわからないです。
――これこそ まさかのボクの 現役合格も夢ではないかも!!!
(↑と 言うより 自分でこの話と同列で並べるのはどうかと思いましたがね。)
(↑↑ちなみに さすがにやるべきことはやらなきゃいけないのはわかっていますよ?)

……と 言うよりこのへんの話題を持ち出して 食いついてくれる人いませんよね??

まぁ このへんはともかくとして 探してみるわけですが とある大手ホテルの方は
2月ほかの日には ガラガラなのに 「その日だけ」満室になっていたりしていて……
世の中の皆さんの行動の速さに早くも驚かされていたわけでして。

まぁ なんだかんだで「3か月前に一般申込み」が始まるビジネスホテルのほうで
そこに 昨日の夜0時にアクセスして なんだかんだで飛び込んだというわけで。

ちなみに それまでの状況で「会員様」の方はホテルの予約が出来たよう。
その予約だけでも すでに シングルのとある部類のお部屋の方は
満室になっていましたから……  って この状況ライバル多いのでしょうか??

なんだか 今から弱気になっていたら不味いということはわかりますが
普通の大学入試って ここまで埋まるものなのでしょうかね??  マジで。
……単に ほかの何かのイベントが重なっているだけだと祈りたいところです。

そして また近いうちに今度は「後期対策」の宿戦争に入りたいので
この時もまた PCの前で待機する~  みたいなことになるのかな??
――何事も 早め早めの対応が求められるようです。
また一つ 勉強とはまた違う知識を学ぶことができました。

TOP

Event in vicinity at my home and there

2010⁄11⁄23(火) 21:29
いや~  いつもと変わらない休日というものは良いですねぇ……!!!
※ちなみに タイトルは「いろんな意味で」必死になって書いていますので
 「おちょくりは」無しの方向で。  マジで その辺の心遣い お願いします……!!
 一応 苦手克服の一旦として 考えている最中ですので!!




そんなわけで 本日は勤労感謝の日……でしたよね??
そんなわけで 今日は両親ともに家に居て 割と普通なのほほんとした一日を。
――ただし 勤労感謝の日なのに 学生の労働・勉強をやらざるを得なかったのは
いわずもがな……って 感じなのですがね。  残念ながら。

ちなみに 日曜日には素晴らしいほどオーソドックスな方法でボクの勉強を
真正面から邪魔しに来てくれた妹(?)ですが 今日に限っては
父親も家でゴロゴロするに決めつけたらしく まぁ なんというか
「邪魔したかったけれどできなかった」みたいな空気が垣間見れたわけですが。

なんだかんだで この兄弟関係はかなり良好だと判断してよいようです。
――ボクも「俺妹」にだんだん毒されてきているのでしょうかね……???

ちなみに 「勤労感謝の日」というわけで 予備校教師にも配慮しているのか
今日は予備校の方もお休みだったりしたわけなのですが…… まぁ ぶっちゃけて
ボクにとって見てみれば ほとんど意味は無かったと言ってもいいでしょうかね。

……まぁ 予備校に行って勉強するはずだった時間を月末から始まる
後期の中間試験――三学期制ではないので 少々感覚がずれるところではありますが――
に向けての勉強に取り組まなければならなかったので そんなにも……な感じ。
(↑とは言いつつも 結果的に勉強のスタイルはあまり変化することも無く
なんだかんだで 教科だけみてしまったら二次試験の内容と変わらないと。)

そして まぁ そんな休日でも働いていたのでしょうか。  父親から聞いた話で
詳しいことはわからない……と いうか 人づての話なので 何ともいえませんが
なんだかんだで 明日お隣で建てている家の(少なくとも一方が)完成すると。

それで なんだか引き渡しの何とやら――あ 建て売り物件だと思っていたのですが
なんだかんだで 買い手の方はすでに見つかっていたみたいですね。――が
あるらしく それのお知らせ&壁に這わせているツタがかなり進行しているから
これをどうにかしてほしいというお願いがあったらしく。

ちなみに その家が建つ前――すでに取り壊された家――から残された
唯一の遺産であるブロック塀なのですが まぁ その前の家がかなり年季もありましたし
なんだかんだで 見た目的にも(もしかしたら中身まで)割ともろいというか
そんな感じで「つたでおおって隠しちゃえ」的ニュアンスを感じることがある塀でして。
……何となく「剥がしてもいいですが 剥がしてしまった後 どうなっても知らないよ?」
みたいな空気が感じ取れたような気がするのは 単なるボクの気のせいなのでしょうか。

まぁ きる以外にも「上手い具合に貼りなおす(この漢字であっているのかな?)」
と言う意見も個人的にはあったりしたのですが まぁ それはそれで。



さて なんだか前々から少し宣伝してくれ~  みたいな話を言われていて
写メまでとって忘れていた家族内の宣伝が一つあったので形だけでも。

オムレツ
先日土曜日に 丁度中途半端な時間帯にボク
予備校に行って帰ってきたことがあって
その時に家に帰ってきて
リビングにある食卓を ふと 見たならば
「私がつくりました」みたいな空気を
バンバンに出している妹と 食卓の上に
このようなオムライスがドンと
置かれているではありませんか。

ボク 冷や汗。


まぁ 普通だったら ボクも普通に出されている物は食べきってしまうのですが
なんというか 時間の関係上「外で豚丼を食べてきてしまったのですが」という
少々言い出し辛い理由があったりしたわけで かなりこまってしまったんですねww

……なんだか この展開だけで「実は 『一人称も俺』になったりする妹は
殺人料理の天災料理人」みたいな設定を考えた方 少なくとも一人はいますよね??
……一応 このへんに関しては「女の子らしく」それなり物もは作ってますよ??

裏話:前 家族の中での会話で「一人称」をテーマにした雑談が繰り広げられた時
「ボク」の普段の一人称って何だろう  みたいな話になって
まぁ いつも「喋っていたり」するときとか「リア友相手」とかには
普段から一人称が「俺」だったりするボクは そんな話になっていたのですが

そんな話の中「妹も一人称『俺』だよね??」みたいな話が普通に出てくるという。
せめて『あたし』くらいで留めてほしかったらしいですね。  母親的には。
最終的には 母親はかなり頭痛そうな顔していましたが……。
「蝶よ花よと育てて来たはずの我が娘が……」みたいなことを口走りながら。
……心からその点については同情します。  ……てか 大丈夫でしょうか???

あ。  ちなみに「豚丼+オムライス」の昼ごはんは重すぎたので
なんだかんだで「妹に見えないように」オムライスの方は夕ご飯としていただきました。
――冷えていてもおいしかったですよ~  アツいとボク 味わかりませんし。

補足:ちなみに ボクが料理を作ると「何かとアウトドアな味がする」という
噂が好評だったりしていたのですが……。  反応に困る。  どうしよう。
「地雷ではない」けど「野生的な味」みたいな解釈でいいのでしょうかね???

――確かに 何か物を入れる時には「とにかく目分量・食えりゃ良い」をモットーにして
台所に立っていたりしますからね。  そこが外であれ中であれ。



なんだか 食べ物の話題を書きこんでいましたし 物はついでに。
なんだかんだで チキンのフェア? をやっているマクドナルドでしたが
何となく 今までのやつはあまり 興味を持つことができなかったボクですが……

考えてみたら 過去にやっていた「ビッグアメリカ」はなんだかんだで
全て食べたボクですし 一つも食べないで終わるのは逆に変かな~  と思ったので
カルボナーラだけは食べさせていただきました。  御馳走様です。
カルボナーラ パッケージカルボナーラ

……まぁ 正直な話として書かせていただきますと 今までのチキンに関しては
あまり興味を持てなかったりしたというのも 大きな要因なのかな??

ただし イタリアンな空気だけは割と好きであったりするボクは「これだけはいただこう」
と カルボナーラだけには手をつけてみた……みたいな解釈の仕方もあったりします。
――なに??  この長々とした言い訳道。  面倒くさいよ???

まぁ 結果的に 帰りながら電車を待つ時間にいただいたのが始めなのですが
いつもの通例のメニューに入っていたら飽きてしまうのかもしれませんが
たまに出てくる話として 食べてみるのはおもしろい味ですね。  これは。

でも ビッグアメリカンの時とは違って クーポン使っても300円超えますし
――いや 違わないかもしれません。  詳しく覚えていないわけで……――
何となく いろいろと触り辛い感がぬぐえないのは どうしてなのでしょうか。
そもそも 300円に謎な壁を感じているのっぴぃであるわけですが。

……さて 一体この300円というのは何なんでしょうかね??
単なる 貧乏性が感じている おかしな勝手な設定なのかもしれません。

――人間 桁の数が丁度上がったりするときとかに
何かしら障害(いろんな意味で)を感じるのかもしれません。

TOP

Man-to-man

2010⁄11⁄22(月) 22:39
一対一というものは何かと便利な物です。  ……ボクはそう思います。



どうでもいい話ですが 基本的にボクの予備校が埋まっている日と言うのは
「火水木金土」――まぁ 割と多い部類に入るでしょうねwww――なのですが
つまり 今日は本来予備校の講義は無い……と 言う日になるわけです。

まぁ そんな時にでも「マンツーマン」の授業なのだったら 相手してくれる。
……そんなわけで 今日最初はこの話について軽く書いてみようかと思います。
――ボクにとってはその講座というものは「英語」の講座になりますね。

そもそも こんな風に急遽講座を突っ込んでいろんな意味でいいものなのかと思いますが
なんだか 忘れてしまいそうになってくるくらい前の話になるのですが
台風が来たおかげで 本来土曜日にやるはずだったマンツーマンの授業が
なんだかんだで延期になってしまったことがあるんですよね~

まぁ このへんについてはマンツーマンだから云々とかその話ではありませんが。
……それについての補講についていろいろと考えないといけないわけです。

あとは 双方の都合ですぐに(と言ったら 少々意味あいが事なる気もしますが)
予定を変更できたりするので 普通の授業に比べたら圧倒的に
柔軟性が効く そんな講座になっているわけですね。  この点に関しては本当に。

まぁ そんなこんなで たとえば9月いっぱいの授業がまだ受けれていないので
それについての予定調整もいろいろと考えていかないといけないわけなのですが
はたして どんな日程組もうかしら。  早い方がいいかしらね??

なんだか この話を前に日記で書いた時にも同じような内容を書いた気もしますが
マンツーマンの一番のメリットは「現場がその時に相手してくれるのが一人だけ」
という まぁ 当然と言ったら当然の内容になるわけなのですが。

だから ボクがこけている部分――正確に書くならば「単語・熟語・イディオム」――
に関して その担当の人が出来る限りのフォローをしていただけるということで。
いや~  なんだか申し訳なさ過ぎて いろいろと涙が止まらないことになっていますが。
(↑まぁ 未だに模索中という事実は まぁ 本当に悲しいことになっていますが。)

そんなわけで ひとまずボク自身もいろいろと自分なりに分析はしていますが
その分析の内容がいろいろとあっていたり間違っていたりした事が見えてきて
いろんな意味でいい勉強になっているんじゃないかな~  って ボクは思います。

こんな風に分析は上手くいくのですが はたして「実践」となると。
……なんだか 自分は何もしないのに無駄に腕がいい監督みたいな立ち位置??
(↑なんだか いい例が思い浮かばなかったので「めちゃくちゃ失礼」になりました。)
(↑↑なんだか なんと書けばいいのだかわかりませんが 申し訳ありません。)

さて この内容がたとえばどのくらい細かい所まで話を突っ込めるかと言いますと。
たとえば ボクの志望大学は「神戸大学」というふうに書き続けていますが
これに関する相談・問題の話についても「授業中にでも」簡単に持ちだせる点とか。

赤本(常にセカンドバッグの中に入れてあります)を持ち出して 話できますし
先日あった「神戸大学の模試」について まぁ その時にまでには
「復習」はしましたが――「解きなおし」にいたる所までの実力が伴わない……――
話を振ることもできましたし その人にコピー渡しましたし
近いうちに それについてのレクチャーもしていただけるのではないでしょうか。

もう 今年の受験については「私立を全て立ち切った『神戸大学中心』」のプランで
受験に突入すると決めた今(←逆に書けば「落ちたら即浪人フラグ」ですがね……)
この大学の出してくる問題への「確実な対策」を立てていくべきでしょうから。
……たとえ 「その他の問題が一切解けなくても」神大の問題が解ければいいわけですし
(↑かなり極端な例ですが。  そもそも それが解けるならほかも解けるはず。)

まぁ 今回教えてくださっている方は なんだか数学も教えているらしく
(↑良くわからないのですが 河○塾の個別指導というのは英数しかやってない??)
(↑↑なんだか この様な方がいるということは 文系の方の募集はどうなっている?)
(↑↑↑なんだかんだで このへんの話題について疑問がありますが 気にしない。)
その話を振っても良いって言うのは いろんな意味で本当に助かっています。
……なんだか 書き方が若干軽い気がしますが マジで心から感謝です。

ひとまず 書き方が若干うざいような気が自分でもしますが
これからの受験戦争「使える人はとことん使って」最後のゴールテープを目指すべき。
だったら それに向かってあがかない理由はありませんからね。



さて 最後の方には ボクには関係ないですよ~  みたいな感じで。
なんだか いろいろなところの掲示を見つけてその辺の話について。

まず この前から「河合○千葉現役館」の中でだけ見られるようになった掲示。
「来年春から千葉現役館は変わります!」という掲示。
なんだか 校舎の場所が変わるというか お引越しするみたいですね。
この掲示を見る限りでは 単に建物の老朽化その他が激しいとか。

そして ちょうどいい具合に只今千葉駅周辺の再開発が進んでいるので
なんだか いろいろと都合が良かったのか知りませんが。
……ついでに その辺の話を総合して書いてみると 建物が変わるのはもちろん
「ちょうどいい機会だから 机その他の備品も交換する」だそうです。

なんだかんだで 過去に話を上げる機会が無かったのですが 千葉校の机は
まぁ 普通の学校にあるような そして 金がかかっていないような机・椅子ですが
津田沼の方の椅子・机は なんだかんだでサイズが大きくてクッションつき
(↑この前模試のチラシで宣伝していた。  でも ケツは痛くなる)

いや~  この掲示を見たときにいろいろと良いな~  って羨ましくなったり。
……だって 受かったとしても スタッフとして働く可能性は皆無ですし
受からなくても「現役館」ですから お世話になる確率は留年でもしない限りね??



つり広告
そして それに近いような話で
今度関東周辺で校舎が増えるだと。

見ての通り 電車の中でのつり広告でも
こんな風に宣伝してくれる場所ですが
増やす場所は 東京の方で
割とたくさんの路線が通ることになっている駅。
そして 「いろいろな文化の交流点」

その名も「秋葉原」!!!

……ボクがこんな風に書くと めちゃくちゃ説得力ありそうですが
このへんに校舎かまえたとしても 少なくとも1割の人間は死んでますよ??
もう 授業始まる前から 外の異空間に心置いてきていますよ??

まぁ つくばエクスプレスとか山手線とかいろいろと止まりますが
なんというか 駅がらと言うのでしょうか  土地柄というのでしょうか。
とにかく 勉強に集中する場所には見えない気が……ねぇ???? 

TOP

temptation

2010⁄11⁄21(日) 19:18
今日は ちょっとしたほのぼのとした日常を綴っていけたらな~とか 思ってみたり。
まぁ ツッコミところもあるかもしれませんがね~
ちなみに 今日のテーマは「誘惑:temptation」で 記事を上げてみたいと思います。




朝。  いつもより……少し遅めの時間(7時ころ)に覚醒。
ベッドを出る……と 思わせておきながら まさかの二度寝……って オイ!!!
初手からなんだか「存在意義」というか「キャラとして」いろいろと不味い気がするなぁ!

開始二文目で言い訳を書くことになると 一体誰が想像したであろう!!
……そんなわけで 必死に誰かに弁明を試みてみようかな~  と 思ったり。

まぁ この時期 さすがに「寒さに強い」ボクといえども 布団の中は
かなり 魔空間として抜け出すことができない空間となりつつあるわけで。
……先日 少し風邪気味になった時以来 これ幸いと母親に布団の方を
「バリバリ冬用」に変えられてしまったので 仕方なくそれを使っている次第ですが
まぁ それを使うということは やっぱり「魔空間」の効果も強くなるということで。

ただ 寝つくときにはさすがに布団の中が熱い(自己申告)ので
まさかの「布団はバリバリ冬用・でも 寝巻は未だ夏用(半袖)」という
こんな風に改めて文章に起こしてみたら「めちゃくちゃシュール」な光景を作りながら
今日も起きだしてみたわけですが。  ただし そのおかげで二度寝しましたが。

この時期になってくると「二度寝」というものは ものすごい誘惑です。
たぶん「受験生云々を抜きとしたならば」誰もが 同じような事を書くでしょう。
――ただ これに対抗できるように「精神力」を強化しないといけないわけですが。

……二度寝した結果 ボクの行動開始時刻が相応に遅くなってしまったことは
たぶん ここで改めて書かなくても だいたい想像できるかと思います。
――一体 この時期の受験生が 何馬鹿やっているのやら。  今だから言える事。

さて いろいろと繕いますか。  初っ端から救いようが無い気がするのはともかく。
今日は 午前中からリビングの一角を占拠してのっぴぃは何やら作業中。
まぁ 今日は当然というか 主に勉強中心の日になるはずだということですが。

そもそも 最近書いていることからちょっと書いてみますと
最近ののっぴぃの勉強は 自室でやるのは出来ない――誘惑が多いから――のですが
近頃は客間を占領してやっている的な事を書いていたりしていませんでしたかね??

ちょっと細かく書いてみますと 丁度一週間前――そうか もう一週間経ったのか――
に受けた 神大模試の解きなおし――細かくやっていたら いろいろと終わらない……
なにせ 理科の予備校授業が長いったらありゃしない!!!――がメイン。

まぁ 今日最後まで残っていた化学までまぁ ひと通り目は通しましたが。
……ん? 状況が気になりますか??  まぁ それについてはまた後日
やるかもしれませんので 期待しないで上げてください。  そんな感じ。

……まぁ そんな感じで一人でコリコリと首を回し……
そのあとに 数学の問題集――先週はほとんどこの模試の解き直しを詳しく
やっていたから なんと言われるのか若干気になりますが この問題集を開くのも
久しぶりという状況になってしまうのですが……。――を開いて
問題文に沿った図を書き始めるわけですよ。  えっと 円Oがあって……。

その時 リビングのドアを開けて妹突入。  「兄貴~  あそぼ~ぜぇ~」
……えっと。  なんだか弟のようなセリフに見えるかもですが 妹です。

なんだか聞き及ぶ噂を鵜呑みにしたとすると 我が妹は兄貴と違って
クラスの中で「ガキ大将」的立ち位置を確保しているとかいないとか。
そして メールのやり取りも「女<男」であって 性別の壁が
彼女の周りでいろいろと崩れているのか非常に気になったわけなのですが……

しかも この前自分の性別を「male:男・♂」とか言っていた気がするのですが。
ボクと違って「一番の得意科目が英語」な妹がこのようなセリフを吐いていたのは……
なんだか「単なる間違いだとは思いにくい」という意味でこまりますね。

……話が脱線しました。  ひとまず話を聞いてみると DSを持って
「とりあえず ポケモン交換しようぜ~」なんて事を言い出した。(←中三の妹のはず……)

ちなみに ボクは先日発売された白黒は買っていません。  時期的にもね。
で 妹は買うのかな~?? とか思っていたのですが 買わなかった様子。
この理由についてはボクには測り知れませんが。  どうしてなんでしょうかね。

でも なぜだか「金銀(←当然リメイク版)」に未だにはまっているらしく
――悪く書くならば「時代に乗り遅れている」とでも書くのでしょうかね??――
そのようなボク相手にしても 十分話が通じると踏んだらしいんですよね。

……でも ボクのこの状況見て 話を進めてもらえませんかね???
ほら。  思いっきり(問題内容はわからないかもしれないけど)数学の問題集が
この机の上にドンとのっているってこの状況。  馬鹿じゃないんだったら……

~なんだかんだで 数分後・同じ場所~

ピコピコ(←思いっきり兄妹――兄弟?――仲良くプレイ中)
……って オイ!!!  今なんだか自分にめちゃくちゃツッコミを入れたくなったよ?
これって こんな風に自分で突っ込み入れるのもアリですよね???
そして 画面の向こうからものすごい勢いで「決意緩いな~」みたいな声が聞こえたよ!?

そんなわけで なんだかんだで ポケモン対決中な感じでした。
そして なんだかんだで「鉄火バトン→ガラガラ(骨持ち)」で順調に
妹のパーティ崩しに入っているヘンな兄貴が個々に存在していたわけで。
――思いっきり 何か大切な物を見失っていますね??  本当に。

ちなみに ボクのポケモンの腕の方ですが「頭の方」はそれなりにあります。
種族値とか「計算はする」のですが まぁ かなり短気な性格なので
「厳選」には「精神的に持たない」ので さすがに 少しは粘りますが
あまり細かい所までこだわることが出来ないというのが 正直なところ。
――結果的にはあまり強くないと思われますがね。  うん。

それでも 妹にハンデとして「4対6」くらいで戦ってみたとしても
まぁ 余裕を持って勝てるようなレベルには至っていると思いますので
「この性格がどうにかなるのならば」それなりのところまでいけるのでは??

――その他 過去には友達相手に「ポケモンジム的ハンデ」つけて勝っています。
つまり「一つのタイプに軸を置いて それで戦う・相手には何もなし」みたいな。

さて なんだか個々でこの〆の言葉を使うのは少しおかしい気もしますが
「この受験生 いろいろな面で終わっている気がするのは気のせいだろうか??」
……うん。  この空気は全く持って気のせいではないのだろうな……。



あれ??  この展開 普通に詰んだんじゃね??

TOP