カメラさん突入!

2010⁄10⁄09(土) 22:26
こんにちは~  今日は土曜日で学校の話題がなかったのですが
まぁ 忘れないうちに先日学校で会ったことを書きとめてみたいと思いますので
この点 一応了解をよろしくお願いしますね~www  ……まぁ 要するには
先日あった「記事挿入のタイミング」ですね。  いい加減しつこいですが。

さて この時期なんだかんだで毎日が無機質な感じで過ごされるのかと言えば
実際問題そうでもなく まぁ ボクは割とこんな感じで日記を書こうと
心に決めていて 毎日(勉強していない時・休憩中等)は 単語帳を開くか
めちゃくちゃ頭が痛くなっているときかなんかは 目線を遠くに向けて
目のリフレッシュ……を兼ねて 学校の中で記事ネタが見つからないか
毎日探していたりするのですが やっぱり「目を皿にして探さないと見つからないネタ」
もありますが そうでもないネタもわりかしこの時期でも残っているというわけで。

……なんだか 半ばエンドレスになっている気がしますが 先日会ったこと。
それは「写真屋さんがゲリラ的ノリでやってきた」という出来事でございます。

前に「けいおん!」のライブ直後にあった話題とは関係ない部分もありますが
――そもそも 故人撮影は実は「クラス分け直後」に撮り終わっているわけで……
……って 話題に関しては書きましたっけ??  まぁ これが記憶違いだったら
少々申し訳ないのですがね。――今回は 授業風景を撮りに来たようです。

ボクの場合は 授業の合間の休み時間に なんだかカメラを持ったおっさんが
廊下を歩いているところに遭遇してしまったので あまり驚きませんでしたが
もしも1時間目とかにこの人に遭遇したクラスの人とかは 相当驚いたでしょう。
(↑ちなみに このカメラマンはボクの記憶が正しかったならば 先日伝説の
「プールに制服で飛び込んでみよう☆」を決行した時を撮影した人と一緒です。)

ほかのクラスのことはまぁ 当然のごとく書くことができなかったのですが
ボクのクラスで撮影されたのは「Reading」と「現代文」の授業でした。
……と いうか 一つツッコミたいところがあるのですが……  言わせてもらうと
せっかく理系クラスなんだし「理系科目」で授業風景を撮ってほしかった
……そんな面が個人的にはあるのですがね??  さて どうなのだろうか。

まぁ 言ってしまえば 数学なんかは成績順でなんだかクラスシャッフルしてますし
「○組の授業」みたいな写真を撮りにくい部分があったりするのも分かりますし
理科(……と 言うか 物理・化学)なんかは 第一移動教室ですし
ボクの所属しているクラスは 100%「物理・化学」選択……と いうか
100%理科を授業上では二科目受けている人の集団になっているのですが
ほかの(理系?)クラスでは そのようになっていない所も多いらしいです。

たぶん この辺も合わせて考えてみると クラスの全員がそろって授業を受けるのは
学年を全部そろえて考えても「現代文」・「Reading」・「Writing」の三科目だけ?
(↑種目別に分かれなければ ここに「体育」を追加することも可能です。)
(↑↑ついでに ボクのクラスだけを特別にとりだしますと「物理」・「化学」・「政経」も
候補の一つとしていれられますが どちらかというとイレギュラーですね。)
(↑↑↑まぁ 書かなくても分かるでしょうが「Writing」はこの日に授業がなかった
……たぶん それだけの理由でハブられているんだと思います。  きっと。)

……でも 実際問題 これだけが授業ではないですし やっぱり ボクの予想だと
卒アルの写真を撮るならば「移動教室での」授業という物も きっと
話として載せるべきだと思うんですよ。  その点を考えてみるならば
今回はとらなかったけれども 近いうちに移動教室に照準を合わせた形で
もう一度 カメラマンが授業中に乱入してくる可能性がある気がしますね。

――え~っと……  つまり ボクのクラスの場合は 政経はまずおもしろくないとして
(↑理系ですから 先生がおもしろい話をしなければ 睡眠学習5割だったり。)
(↑↑まぁ 余談ですが ボクは大体睡眠をしないグループになります。
だからと言って 政経のテストの点が高いとも限らず。  政経と現社は違うんだよ!)
理科の授業が華のある奴だったら画面としてパッとすることになるわけですね??

物理……確か 前回先生が言っていた話を考えてみると 授業終わりにこう言ってたな。
「次回は磁界」って。  考えてみたら 予備校の先生も前回の授業の最後に
「次回は磁界」って喋っていたけれども……  重ねられるとあきますよね。  うん。
(↑内容的にはおもしろそうな空気がバリバリ出ていますが 卒アルに乗るのには……
電気とかだったら 割と華やかな気もするのですが 磁石はどうでしょうかね???)

……途中関係ない話を挟んだけれども 「化学」の方はどうでしょうかね???
――たぶん 近いうちに「糖」とか その辺の有機化学の話が出てきますね。
画面的には ベンゼン環が黒板に並ぶということで「化学の授業中である」という
そんなイメージは 若干湧いてくるのかな~  とか 思ってみたり。
(↑ちなみに 前回の授業はボク オーバーヒートを起こして 保健室にいました。)
(↑↑実験を一つ見逃してしまったのですが やっぱり 体は大切にしなきゃ。)
(↑↑↑まぁ その影響かボクの実験班の実験がかなり悲惨なことになっていたと
あとに とある人から報告を受けたのですが……  なんだか済まない気持ちで……。)

ついでに ボクは撮影の方は 「本体の方は」真面目に勉強しているふりをしました。
……でも「何故本体」と書いたかというと まぁ なんというのか 小道具は使って。
……すなわち ボクのバッグにはりついている「あずにゃん」の方は できる限り
尚且つ 自然に「画面の中に収まるように」位置調整をしてみたつもりです。
――ただ 正直に言いましょう。「かなり地味です」。  あと Readingの時は
丁度答えを板書しに行くところだったので その時にも「携帯のストラップ」は
できるだけ主張できるように位置調整をしてみたつもりなのですが さて どうなるか。
答えは 卒業式当日になるまで 全く分からないままとなっています。  楽しみ~

自己主張 このような「めちゃくちゃ地味」……と いうのか どちらかと言えば
「やってもやらなくてもあまり意味なかった」ような事をする人とは違って
明らかに「バカみたいなことをやっても 多めにみられる」というような かなり得した
立ち位置を会得している人たちもいるわけで たとえば このような人はどうしたか。
①「秀才君きどり」で だけれども……  まぁ オチがあったり
②「早稲田」の赤本を「愛おしげ」に抱えて そして 写真に映ってみたり
(↑良く考えてみると この絵があったら「絶対早稲田に合格しなきゃ」の圧力が。)

なんだか 個人的にはこんな風に「やっていることが明らかにわかる」とか
「みんなの公認でこのようなバカみたいなことができる」という立ち位置に
若干憧れている……と 言うか 実際そのような位置に立ちたかった人間なので
このような写真を指をくわえてみていたりするのですがね。  いいな~……。

ついでに このカメラさんは 授業時間だけの撮影をしていたわけではないようです。
なんだか 気がついたら「昼休み」の時間にも カメラを持って闊歩していました。
まぁ この時はクラスとかも関係なく ごっちゃごちゃになっているので
良くわからない所から 気がつかないうちに撮られていたりすることもあったでしょうね。

実際 なんだかボクが喋っていたら Dさんの髪の毛の反射で
気がつかないうちにカメラさんが入ってきたことを確認(本人気がつかず)
……で ボクもなんだか面白いことが起こりそうだったので 無視していましたが
たぶん 下手したら「ラブ○ラス」のプレイ中のところを撮られましたね。

うん。  当然のごとく 彼は涙目でした。  「一生残るのに~!!!!」って。

TOP