神無月・神有月?

2010⁄10⁄01(金) 22:58
10月
さて だんだんと気温も落ち着いてきて この夏の酷暑も収まり……
……って 書かせるような空気がただよってきているのでしょうか。(←どこかからの念じ)

ボクは このへんの温度についての感覚はほかの人と比べて少々ずれている
そんな自信があったりする人間なので あまり核心を持ってかけないのですが。
――なにせ ボクの感じる適温は15度以下とか言う もう一部の人にとっては
「寒い」って言いだしそうな温度になっているわけなのですが(←半袖の場合)
まぁ このへんに関しては特に気にしたら負けになっていくのでしょうかね??

さて 陽気について書いていくのもかなり無理があるような気もしますから
この1日という記事の特性上 今月の抱負について書いて……
……行こうと 思ったりしたのですが よくよく考えてみたならば
最近の一日の話って あまり変化がない気がするんですよね。
――近いうちに 毎日更新もままならないだろうって予想をしながら
ちょこちょことその予想をもとに話を書いていたりはしたのですが
いざ その時期になってみたら 未だその調子とは少々遠い気がする
――昔書いたことがあるような気がする「緊急度メーター」でも
いまだ 特に危険性があるような位置に来た気がしないという物もありますし。

まぁ そんな状況ですので あまり一カ月前と話が変わりそうもないこの話はやめて
今回は どの話題で書いて行こうか少々考えさせていただきました。
(↑そんなの考えるくらいだったら 数学の問題一問解こうぜという声がする。)
(↑↑まぁ そんな問題を解く合間に「今日の記事どうすっかな~」と考えるのですが。)

で それで出て来た「今日のお題」について。
「この日記の記事構成について 個人的感想を述べつつ書いてみる」でどうでしょう。
……なんだか 最近足跡に残っている日記を巡る機会があったときに
割と「私にネタをわけてくれ~」みたいな声が聞こえたりする気がするんですよね。
……で たぶんセンターとかの時期になったりしたら 皆さんに心を支えてもらう機会も
たぶん多くなるでしょうし 今の内からボクができることであるならば
ちょっとでもお役に立てるような記事を立てておいて 後までも擂っておこうかと。

まぁ これから書くことはあくまでもボクが記事として上げている分類であるからして
必ずしも このままみなさんの日記にもっていって記事にするネタにすることも
たぶん 難しいことかと思いますので まぁ これはあくまでも一例として。
行き詰ったときなんかに参考になるような形だったとしたら嬉しいです。

……さて で ボクの記事の話ですが 主に話題としてはカテゴリをみたらわかるとおり
――時期によって記事の編成にばらつきがあったりはしますが――
みて分かるこのような形になっています。  これだけだったら書く必要はない。
これから書こうかな~  とか考えているのは それとは違った記事の分類です。

まぁ 言わなくても分かるような気がしますが 仮に趣味とかが多かったりして
このカテゴリがただでさえ多かったりしたならば ここでわざわざ言わなくても
分かるような気がしますが ネタは自然と多くなってきたりします。
……まぁ このへんなんかは人それぞれ事情もあるでしょうし ではどうしようかと。

たとえば 緊急度で話をわけてみたりしてみたらどうでしょうかとか。
……もしかしたら 学生ならではなのかもしれませんが 例をあげてみたりすると
その日にあった出来事なんかは 気持ち的にも まぁ いろんな意味で「その日の内に」
記事として上げておかないと いろいろと無理があるような気がします。
つまり この記事なんかは「緊急性が高い」というふうに分類してみたりします。
――ボクの場合は この分類に学校行事やらその辺の話を突っ込みます。

あと 緊急度とは直接関係ないですが 一種慣例みたいなものがあったりすると
この日の記事はなまで上げることができないというリスクが会ったりしますが
とにかく毎日記事を上げていきたいって考えているときには かなり作用します。
ボクは この記事が当てはまりますが 毎月一日にはその一ヶ月の長期目標
又は この日記についてとか まぁ 日頃とは違う話題で行こうと決めているのですが。

そして 緊急度中 みたいな記事の話もあるかと思います。
――まぁ このへんの名前は正直どんな形でもあっていいような気がしますが。――
まぁ 具体的に書いてみますと 文字の通りだと起こられるかもしれませんが
別にこの日に上げなければならないという危険性までは無いけれども
それでも ちょっと早めに片づけておきたいな~
  って部類の記事です。

このへんは季節性のものが絡んできたり とある日に起こった友達との会話
又は 「あの時~~に行ったときに食べたあのラーメン美味しくてさ~」って
友達うちで後から話しても構わないようなそんなネタなんかを
ここに入れてくると 割と話がもつような気がします。  ……あくまでも個人的には。
たぶん 普通に考えてみると この分類に属する記事の話が割と多めになる
……個人的体感では そんな傾向が大きいような気がするのですが まぁ これに関して
この人がどれをネタにして記事を書いているかによって変わりそうなので
一概に「こうだ!」とは言い切れない気がしますが 日常綴る日記ならこんな感じ。

そして これはその人の性格やら裁量なんかがかなり大きく出てきそうな気もしますが
「これは別に後に回してもいいよな~」って記事なんかもあるかと思います。
……ボクの場合は 半ば裁量に失敗している感じもあったりしますが
どっかに旅行に行った後の記事なんかは 無駄に写真が多かったり
自然と記事の量が多くなったりで 自然に子の扱いにしてしまったりするのですが。

まぁ つまりぶっちゃけて見ますと 前述の二つの記事に分類できる話がない時に
テキトーに挿入することができるかもしれないwww  って思えるような
かなり都合がいい位置にいる記事のことです。  なんだか こんな書き方したら
割と ヒドイ扱いに見えたりしますが まぁ ここは気にしないことにしましょうか。

個人的感覚では もうかなりの量を含む記事だったりする所を
幾つかシリーズ化して分けてあげてみたりすると 一つの話を長持ちさせれる
……でも 書き方によっては――まさに今のボク――とてもしつこい感じになる。
……だから この形にするのだったら 文章的なセンスも必要な気がします。

又は このへんの記事に挿入できる話題として簡単に考えられることは
自分の性癖やら過去の話とか。  まぁ 正直に「いつあげてもあまり変化がない」
と思えたりする話についても この分類にしてみて あまり違和感がない感じ
……と ボク的には判断していて たまに「存在だけは」姿を見せたりする
「お弁当のような立ち位置の記事」というものは ボクにとっては上記の感じ。
――アニメ系以外のオタク系談義って言う物も ここに入れてもいいかもしれない。

まぁ ざっとほかの人にも書けるような書き方ができる話はこんな感じです。
ボクは これでも補完できない時には「テキトーにウィキから引っ張ってきたネタ」
っぽいものを適当に放出することがありますが このきっかけはまたの機会。
こんな風にして 過去話に飛ばして一つ記事ネタを補完できたりしますからね。

あと 話の量を増やさずに記事だけを増やしていく――それを何日かに分けたら
更新は続くと思います――コツとしては カテゴリ分類に関しては
めちゃくちゃ細かく分けて管理してみたりすると 記事一つにまとまりが出て
尚且つ 一気にネタばれするような展開にはなりにくいかと思います。
……あくまでも ボクのやっていることですから 成功する保証はないですが。

TOP