上棟(観察日記) 其の壱

2010⁄09⁄25(土) 23:03
どうも~  たまに思ったりすることなのですが
なんだか 建物とかって「上棟」する段階がかなりおもしろいと思いません??
……あ 上棟って何って人もいるんですかね……  はい そうですか……。

まぁ 上棟って 家なんかを立てるときに建物の外形をどっと組み立てる作業のこと。
ざっと簡単に書いてしまうと こんな感じになると思います。
で そこをもたもた作っていたら その途中に雨とか降ってきたら大変ですし
まぁ なんというか「日々目に見える変化」を感じることができるんですよね~

……で 本題的な物になりますが 覚えている方がいるかは知りませんが
ボクの家の隣の土地に二軒の家を建築中でございます。
……で そのうち一件の家が只今上棟を迎えたわけでして
何となく 朝起きたときに部屋から見える眺めがどんなふうに変わるのか
部屋の窓から写メでとってみましたwww  まぁ 建て売りだし いいでしょうww

工事1
一日目。  まず ボクが最初に気がついたのは壁が一部できたとき。
えっと 一応前日までは普通の基礎部分が見えていたわけで(予知してくれないからね)
この前日の動きは床板を張って壁を一部建てたような感じでしょうか??

工事2
二日目。  ひと通り一階の柱などが組み立てられたようです。
なんだか 個人的にこの時の眺めが一番おもしろかったかもしれないですねww

工事3
三日目。  床板を張っただけのようにしか見えないのですが
この流れからして 中にある壁に板を打ち付けていたりしたのでしょうかね。

工事4
四日目。  外壁が組み立てられる時には なぜだかみていて爽快感があります。

工事5
五日目。  ただし こんな風に目隠しされるとおもしろくないと。

工事6
で 今までの流れとは関係ないですが もう一軒の方の工事はというと
基礎工事前の岩盤に杭を打ち付ける作業から始まっています。
こっちの家の方も 時間とかがあったなら 上棟をとっていこうかしら。

……ついでに 今までの家とは全く関係ないですが通学路の途中にもう一軒
建設中の家がある事をこの前発見しまして それもとってきたのですが
工事別
どう見ても 絶賛トラップな家にしか見えないのですが。  ……今は。

TOP