宝の持ち腐れ……

2010⁄09⁄22(水) 23:03
宝の持ち腐れ……それとも 猫に小判???
まぁ このへんのことわざとかそっちに関してはあまり興味がないので
(↑だとしても 日本人としてこのへんの言葉は使いこなすべきでしょう……)
あまり よくわからない感じなのですが……  まぁ 今日はこの話に関して
メインを張ってみたいな~  って 思ってみたり。

まぁ 今日の記事は全体的に「いいわけ」の成分がかなり多くなってきそうな
そんな気がしてきますが まぁ 多めに見てあまり突っ込まないでください。
……あと 書いていることに矛盾が入っていたとしても まぁ これに関しても
割と寛容に見逃していただけたら嬉しいな~  という内心を持っていたり。

さて と 言うわけで 今日のメインは体育の話で行ってみようかと。
先日――というか テスト明けと書いた方がいいのでしょうかね――終わった
水泳の授業に変わって 後期のスケジュールが始まりました。  体育では。

まぁ 正直なところこの前のテストの返却も終わったりなんなりで
前期の成績は全てつけ終わって 今受けている授業は後期の評価
でも 実質的にはまだ秋休みを挟んでいないから前期という形になっている
傍から見た感じでも明らかに宙ぶらりんなこの時期になっているわけなのですが。
――評定??  そんなの自慢できるようなものであるわけないじゃないですか。
最悪も最悪ですよ。  どう頑張っても推薦を狙うことは不可能ですね。

とりあえず この話はいいとして これからはプールの授業ではなく
テキトーな球技を選択する――まぁ 前期にも丁度同じことがあったわけで
その時にはボク 卓球を選択して授業を受けていましたがね~――感じです。
どっちにしろ 球技があまり得意じゃないボクは好ましくないですね。

たとえば ボクの新体力テストの結果をみてみたりすると
たぶん 検算があっていたとするならば 今年はギリギリAランクに食いつくような
そんな結果を示していたりしていると思うのですが この中で
外から見ても明らかに「投力」……ボールとの相性が悪すぎる……ということで。
Dさんから聞いたところによると その部分だけが残念すぎるという判定とのこと。

で そんなボクがこの三年生後期――つまり 高校生活最後の選択――で
選んでみた球技は テニスです。  普通の外のコートでやる方のテニスです。
……ついでに 今までの流れは二年の前期から:卓球→バドミントン→卓球  です。

宝の持ち腐れ
そして メインの話になりそうなアイテムはこれ。 ボクのテニスラケットです。
幼いころには サッカー……は なんだかみんなやっていたからノリでやっていましたが
正直 あまりうまくも無く ボクでも出来る球技がないかというきっかけでやってみた
ちょっとマイナーかもしれないと思った球技  たぶん7年くらい前でしょうか。

結局 引っ越しとかその辺の話があったりして 結局やらなくなってしまったので
この前物置から掘り出すまで宝の持ち腐れ状況になっていたわけなんですよね。
……なんだか 割といいもの買った気がするのに 悲しい限りですよ。
――ついでに 案の定この球技も「お世辞にうまいとは言えないレベル」です。

で この「半ばグリップのゴムが劣化している空気が漂っている」ラケットを引っ提げて
その頃のカンが少しでも役に立つかな~(でも あまり期待はしないwww)
って コートに立ってみたときに 一つ大きな現実がありました。
「あれ??  これからやるのって 硬式テニスじゃね???」

少し↑の写メみていただけたら分かるような気もしますが ボクがやった経験があるのは
「軟式」の方のテニスです。  まぁ 当然ですが 持っていったのも軟式ラケット。
まぁ 正直言って この場所であまり意味をなさない物だったわけですね。
……うん。  まぁ しょうがないというのはわかるけれども 少々淋しい。

では この先 いいわけが連続しますので 一応警告くらいしておきますね~
まず ボールの跳ね返りが素晴らしいですね~  公式のボールwww
時々キャッチボールに使わせてもらっていた気がするテニスボールですが
(↑まぁ ボクの投力ですから 当然野球という選択肢は念頭になかったwww)
実際にラケットで打ってみたりすると かなり飛んでいきますね~
サーブで 普通にホームランかっ飛ばせるようなレベルですよ……

あと ボールやっぱり重いですね~  なんだか球に負けます。
正直言って さっきのような力加減を間違えるとまともにラリーも続かないので
それはさすがにまずいと まぁ 力加減を抑えて打ってみたりすると
ボールにふりまけたりすることがかなりあったりするわけなんですよね~  それが。
(↑まぁ ボクの腕力が投力同様全くないというのも 一つの大きな原因ですね。)

あとは ボクの成長というのも 一つの原因として考えられるかもしれません。
ほら 7年前と言いますと堂々と小学生で 今のボクは言わなくても分かると思いますが
受験生 つまり高校三年生……  当然 それなりに成長を迎えるわけで。
だから ボクが普通にテニスやっていた時期からリーチがかなり伸びたりするわけで。
……あと ボクこの期間の間に眼鏡をかけるようになったので
見た目のリーチもかなり変わってきたりして 空振りも多くなったという。

まぁ 子の成長の間に さすがに元々今でもそんなに強くはないのですが それでも
「少しは」さすがに成長しただろう腕力とかの話も少しかかわってくるのかな??
ほら その頃は かなり貧弱だった腕の補助をするために その頃は
(ただでさえ 少々飛びにくい軟式ボールでしたから)ホームラン打ちやすい角度で
毎度ボールを打つという癖がついてしまったのか分かりませんが
たぶん それも 何か関係するんだろうな~  とか思ってみたり。
――テニス経験者の皆さま これをみて「わ~ 何こんな事書いてるんだ~」
とか思っても まぁ 気にせず 聞き流す方がいいかと思います。  いろんな意味で。

あと ボールを追いかけている間に またの方からビリっと……
……へ???  あ この話に関しては ホンッとに気にしないでください。
前にもなぜだか下着が良く破ける時期がありましたが その問題が最近分かりましたので。
ボクが足を開くと なぜだか 下着が破ける可能性が高くなるようです。
……うん。  言い訳にすらなっていない。  これぞ気にしたら負け。
特に 女性の方がみていた場合 少々気分悪くしてしまったのならすいませんでした。



……はい では 気分を取り直して このままで話も終われないので
ちょっとした小ネタを挟んで今日は終わらせていこうかな~ って思います。

今日の物理は たぶん初めてかもしれないような感じで 教室でやりました。
なんだか いつも 実験(とか言いつつも そんなにやった覚えがない)
したいからと いつも講義室や実験室に行って授業していたわけで
今日は久しぶりに「暑さに負けて」クーラーが効いている教室にしたらしいと。

ついでに なぜだかボクの学校には理科系の教室には……というよりも
特別教室には全くクーラーが入っていないということで
(↑補足として先生がたまる教室にもクーラーがないということで とあるテストでは
間違いが続出するという弊害があったりしたのですがね~  どうにかならないものか。)
かなり 皆が(先生生徒含めて)疑問に思っていると。
うん。  本当に このへんの問題どうにかならないのかしらね????

ついでに この先生しょっちゅうチョークを割るからなのか
チョーク
箱入りでチョークを持ってきましたよ  先生。
折る気満々ですねwww  案の定ボキボキ折っていましたが。

TOP