お久な学校ww

2010⁄09⁄02(木) 23:07
どうもどうも。  のっぴぃです。  暑さで融けています。
いかにも なんだかんだで今年の暑さは観測史上初~  みたいな話とか
かなり聞きますし 正直にうんざりとしています。  どうしたもんだか。
……結果的には どうすることもできないのは 分かって入るのですがね。

さて 夏休みもすぎましたし どんな状況か~
みたいな話が 書けそうな気がします。  てか そんな気がしたのならば
善は急げって言いますし 書いてみようと思います。

まず 夏休み時代に一ヶ月と少し過ごしていた生活スタイルを書いてみようかと。
まず 9時ごろに予備校について 「穴場」に籠ったり授業に出たり。
……まぁ 何かしらの勉強をして過ごします。  午前中はね。

そして 昼食は適当なタイミングでとります。  基本持ってきたお弁当です。
……そして ここで「食べた直後ってかなり眠くなる」ということで
だいたい15分くらいのお昼寝の時間(穴場で机に突っ伏して)となっています。
そのあと マック通ってみたり カップ麺の自販機に通ってみたりして
まぁ なんだかんだで間食して(←しない時もあったけれども)
そして 8時頃かな??  に 帰宅の途につくという感じ。

とにかく 予備校の中では 基本昼寝するか飯食うかくらいしか
自由な時間も作れませんし 正直なところこれらの時間も稼げませんから
純粋な勉強時間って言うものは それなりに確保できていたのでは。
……それでも 集中力が持続していたかどうかって聞かれたら痛いので
この勉強時間がはたして 何処まで生きてくるのかは 全くわかりません。

まぁ 書く必要も無いかと思いますから ざっと流しますが
残りの時間は 風呂入ったりこの日記の原稿を書いてみたりその辺の時間で。
単語云々は 電車でやっていたのがメインだったりします。
そうでもなければ 電車で単語帳片手にうろうろしませんって。

さて では 最近の記事を思い返してみましょうか。  確か先月の末に
「この続きは また後日」的な事書いていたかと思います。
――ニュアンスがこんな感じね??  実際にはなんて書いたっけな??

とにかく 毎月頭には「今月の見解」みたいな話をつなげていくのが
いまや毎度のお約束となっていますので その話をメインにもっていきたいのですが。
……と 言うわけで この話を念頭に入れて 学校生活を振り返ってみたいと思います。
この夏休みで いかに「だれた」のかを 測ってみようってことですね。

まず 上の文章で堂々と書いていた「お昼寝」の後遺症。
もう これ以外かける事も無いかと言えるくらい「とにかく眠い」んですよ。
特に 5時間目の授業時間なんかは だいたいお昼寝時間とかぶっていますし
だいたい決まった時間に「半端ない眠気」が襲ってくるという。
――まぁ 今のところはまだ 漕いでいるくらいで 渡ってはいない……はず。

でも そんな時の板書って 割と読むことができないものになっていたりして
後から復習するのが非常に大変なんですよね~  しかも 時期が時期だけに。
――書いたかどうか忘れましたが 来週はボク 定期テストです。
それらしい空気が全く漂っていないけれども そうなんですよね~

まぁ そんなこんなで この追い込みの時期 漕いでる暇じゃないのですが
それでも 毎日の習慣というものは非常に怖いもので
知らないうちに身についていたりするのでしょうかね。  人間って。
……個人的感想では ここで眠らないと生活できなくなってしまったのは
このしつこい「熱帯夜」のせいだと決めつけております。
クーラーかけていても 全く眠れる気配がみられないんですよ。  これが。

さて こんな風に暑さに対する事を書いた後ということで
もう一つの要因というものは この「暑さそのもの」というふうに書いておきましょうか。

一応 クーラーという設備が無いわけではない……と 言いたいところですが
化学室や物理室など(ボクが今 主に通っている)移動教室では
なぜだかクーラーが設置されていないという謎なんですよね~  本当に。

ついでに このへんの話をその担当の先生(ボクの場合 主に理科の先生)に
振ってみたりすると「みんなから頼んでみてよ~  僕達が言うのは駄目だからさ」
って 返されました。  なぜ ボクらが言わなきゃ駄目なのさ??
……って 思ったのですが その先生を問い詰めてみるならば
「先生が言っても 上の人は動いてくれない。  生徒からの不満だったのならば
このへんの対応が検討される可能性が高い」ということだそうな。

たしかに このへんは一理あるかもしれないですね~
たとえば スカートの中身が見えないように~  って 割と新しい階段に
昔は 格子(とでもいうのでしょうか??)が はまっていただけだった所に
いつの間にか プラスチックの板(ホームセンターで買ったような感じ)が
とりつけられましたし この夏休みが明けてみたら どっかで買ったやつじゃなくて
それなりの建材として なんだかこのバリケードが進化を遂げていました。

まぁ 個人的(「男子生徒的」とでもいいましょうか??)感覚から言わせてもらえば
うちの学校の女子高生って 全体的にみても「スカートが異様に短い」から
たまに 目のやり場に困るような状況を経験したわけですがね~
(↑実際見てしまったことも 何度かあります)(←って 書くなよ!!!)
でも 周りの学校よりも短いのも また事実。  まぁ 千葉って地域は
全体的にみてみても 割と短い気もするのですがね~  たぶん。

さて まぁ 話が相当それましたが そんな状況ですから
この「記録的暑さ」を 扇風機一本で耐えしのごうという素晴らしい企画。
しかも この時期に忘れているかもしれないですが ボクのクラスは
「共学のくせに 男子しかいないすんばらしい理系クラス」ですから
これが集まるだけで 熱気というか なんというか……アレがムンムンするわけで。
BLが好きな人は(頑張ったら)すごいいい雰囲気になりそうですよ~(知らないけど)

……あと 今までの流れ的に 少し傾向が外れてしまうかもしれませんが
夏休みを過ぎて 少々雰囲気が変わった集団という物も また 存在します。
――まぁ 受験を本気で考えて 日頃から「単語帳」を開くようになった人とか
そんな人間は この学年特融だとしてもね。  また 別の意味で。

さて この集団というのは「元」野球部の面々です。
何が変わったかと。  それは なんだかみなさん頭が黒くなっていると。
野球を引退したら そるのも辞めるのでしょうかね??  って 率直に
口に出したくなってしまうほど この空気はむずがゆい。

まぁ 意味も分かりますがね~  そして この長さだとたかもしれているし。
でも 彼らがもし「冬になるまで髪を切らなかったら」どうなるかと。
……さすがに そのころには 普通の長さくらいまでは伸びるでしょう。

……そしたら なんだか いろいろと分からなくなりそうで怖いなと思ってみたり。

TOP