同窓会

2010⁄08⁄29(日) 23:05
こんにちは~  今日はかなり汗だくですよ~
……って言っても よくわからないですよね~  しょうがないか。
まぁ かなり汗だくなんですよ~   ……で 今日何があったかと言うと。
中学校の同窓会がありました~  うん。  何この空気??

ボク 中学校時代にいろいろとあった感じですが
その時の思い出を払拭するためにも頑張って言ってきた感じです。
まぁ いろいろとあったわけですが まぁ 結果的に記事に書こうと思ったくらいで
なんとか 変な思い出をつくらずに帰ってこれたというわけで。
その話を今日は軽く記事に起こすかな~  と考えました。

さて 今日とある焼き肉屋で現地集合ということで。
……でも ボクにはその焼き肉店がどこにあるのかあいにく知らないわけで。
チャリ
とりあえず 近くをチャリで駆けまわったら見つかるでしょう。
そんな感じで あても無くチャリを走らせてみることにしたわけですよ。

ついでに 意外と千葉市って「丘」程度の起伏はあるわけで
そんな時にはこんな感じのマウンテンバイクがかなり有利なわけでして。
そして ボクは自転車通学じゃないから こんな感じでマウンテンバイクを
未だに保持していく事ができるってわけですよwww  使えます。

――ついでに 母親の「おばチャリ」に必死でついて行った過去がありますので
自転車の扱いについては 人以上のものは持っていると自負しています。
吹奏楽始める前までは ウィリーまではできたのですが その後成長期を経て
体重の移動やら まぁ いろいろとあったわけで 今はできないのですが。
――今のところ この技術を復活させる練習をするつもりはありません。
だって 昔と違って体硬くなったし 怪我したらいろいろとこまるじゃん???

……話がそれた。  で ボク地図を渡されていたのなら道に迷うことは
ほとんどないくらいの「非方向音痴」だという自覚はあるのですが……
森
さて なぜ ボクは今森にいるのでしょうか??  誰か教えて???
……文章(メール)で指示された場所に対する目印が見つからず
よくわからない所に迷い込んでしまいましたとさ。  さて ここはどこだ。

……なんだかんだで 少々迷子になったのち(←……てか 車道を外れて
なぜ 獣道にチャリを走らせてしまったのでしょうか……???)
(↑↑迷子の原因は100%これと言っていいのではないでしょうか??)

まぁ なんだかんだで焼き肉屋突入。 ……あ 焼き肉屋でやりました。
そのおかげで 予算が3000円と 高校三年でやる同窓会としては
少々割高な予算となっておりましたが まぁ 母親に粘って粘って
なんとかここの予算を捻出させてもらいましたよ。  お陰で。

で ボク 割と早い時間についたので(←一体何分前に家出たのよ???)
元クラスメートたち続々到着。  それを迎える立場に。

ひとまず この件に関しては一個だけ言わせてください。
「女の子って 中学出ると劇的に変わるよね……。」  って こと。
「私 高校になって 変わったって言われるんだ~」って思う人。
アナタは9割方女の子ですね。  きっと。  何書いているんだボク。

まぁ とにかく 中学→高校で一つ女の子に出てくる違いと言うと 化粧。
又は 髪型が変わったりするわけで。  しかも 学校によっては まぁ
やっぱり 髪を染めたりする人も出てくる訳で 誰だか分からない人がちらほら。
正直 ボクは今回できるだけ「人を名前で呼ばない」事を心がけて
……と 言うか 確信がある人ってのも当然いるわけで その人には固有名詞を。

焼き肉
で 焼くと。  ……今回は 最初 専らボクは焼き役に徹していて
正直に あまり食べられませんでした。  奉仕しているのかな??  ボク。
メイドルッツ
……正直 この画像に意味はないですが 奉仕ということで。

そして 時間は進み……  結局 なかなかそんな立ち回りを進めた挙句
今度は ボクは何に徹していたか。  分かりますかね???
「THE ZANPAN処理委員会!」と 言うわけで。
……ざっと4人分くらいの食べ物を 必死になって処理していきました。
ここで書くのもなんですが ボク 食べる時には食べますから。

最終的には この結成された残飯処理委員会はどれくらい活動できたか。
この 4人分くらいの食べ物を必死になって処理していたわけですが
まぁ これの分け前 元々かなりあったわけで これの各人のものを
それぞれ処理してから この残飯処理にあたっているわけで 一人落ち二人落ち……

……結局は 最終的に一人だけが咀嚼をしているという。  これって……
……見方にもよる……  と いうか それにしか見えない可能性大ですが
「食い意地を張っている」ようにしか見えない状況だったわけですね!!!

ついでに ボク ここで思いっきり声に出して言ってみたわけですよ。
なんだか 周りの話が詰まっているな~  って事で ここはボケなきゃ!!  な空気。
関西に住んでいる人だったら 何となくわかるかもしれないのですが
「ここはボケなきゃ!!」みたいに感じる空気ありますよね???

でも 関東の場合は この血を受け継いでいたとしても あいにく
「ツッコム人がいない」と言うわけで 悲しい結果に陥ることが主なのですよ。
――前 記事で話題に出したかもわかりませんが「大阪の常識トランプ」によりますと
「大阪人の気質:その場の空気に応じて ボケとツッコミを感じ取り それを行動する」
とのことで。  ここの心は 割と受け継いでいると自負しています。

ついでに ボクのコミュニケーションの主だったものは 全て
「漫才」方式がメインとなっていますので 的確にツッコンでくれる人が居ないと
ボクは単なる「痛い子」になり下がります。  扱いが大変です。  ご注意ください。

さて 最終的に一人でモソモソと最後まで食い意地を張っていた食事タイム
(↑ただし そのすきにボクの飲み物は誰かにとられた。  ……ボクの飲み物……。)
のあとに 先生からのお手紙が届きました、  先生は慰安旅行中らしいです←

で まぁ なんだかんだあったあと二次会。  花火大会。
まぁ 割と遠くの公園まで走って 花火をしようと言うことで。
じゃ さっさとかけぬけますか!!!  公園までひとっとびだZE!!!
……移動中……
公園
21:50  ……うん。  御食事会 実は長引いていたわけですね。
だから この時間に到着。  ついでに 花火担当の子 トラブルで到着せず。

……ちなみに ボクの場合はネットの制限があって(過去記事参照)ネット開ける時間が
すでに 設定されているので 記事原稿を仕上げる時間を確保しなければならず……
しかも 五月蠅いほど鳴り響くボクの携帯!(母親からの帰宅コール)
の「ボク もう帰らなきゃならないみたいなんだ……(花火打ち上げていないけど)」
一同「お前はなんの為にここに来た!!!」    gdgdだ……。
……うん、  これがいわゆる「扱いずらい人間」というものなのでしょうかね。

TOP