祭り

2010⁄08⁄27(金) 23:02
祭り
いや~  夏ですね~  これでもかってくらい夏ですね~
冷夏って長期予報では言われていたはずのこの夏ですが
なんだかんだで来て見たならばかなり熱く 最近の天気予報かなんかでは
記録に残っている中で「猛暑日」とかが 非常に多い年だという事で。

まぁ こんな中でもこれは自然相手にしている事なのだから
こんなこと 書いても書かなくても待ったく意味はないという事は
言われなくても よくわかっていますがね~  うん。

……だって「暑い~  熱いからどうにかして~」って 書き込むことで
どっかにいるお天道様が「よし だったら冷やしてやろう」って
雪とかふらせてくれるわけではないですからね~  雪は極端か。
……でも これが現代科学の進歩で結論付けられてしまった一種のファンタジー。
――まぁ 今年の冬はかなり涼しくなってくれるだろうと 期待しておきましょう。
個人的には もう いろんな意味で氷点下になっている気もしますがね。

さて なんだか いろんな人の記事とかをみている感じだと
あちらこちらで もう お祭りやら花火大会やら行っているようなお話が
かなり見受けられた気もしますが 皆さんは このへん楽しんでいるのでしょうか?

考えてみたら ボク 地元の花火大会の時には 大阪にいたりして
――話す機会が無かったから 今まで書いてこなかったお話なのですが――
結局「夏の風物詩」みたいに思えるものに言った覚えが無いわけですよ。

祭り01
……で なんだかんだで このまま夏休みを終わらせようとしたら
涼宮さんの「エンドレスエイト」に陥りそうな気がしたから(←絶対ないだろ。)
(↑↑……てか 繰り返したところで 受験勉強し直す羽目が関の山だろwww)
なんだかんだで 行ってきました。  地元の盆踊り。

そう言えば 盆踊りって割とたくさんの踊りがありますよね~
……まぁ 踊りの種類がいっぱいあるって言うのは 当然なのですが
たまに「何故ここでこの音楽がかけられるんだろ??」って かなり気になるものも。

たとえば ボクが引っ越す前と引っ越してきた後で共通していて
そして 今でも何故この曲が流されているのか 全く理解できないものに
「炭坑節」というものがあります。  たぶん これで変換あっていると思いますが。

日本で探鉱と言ったら ボク的には筑豊炭田とか夕張とか釧路とか。
どんなに頑張っても 千葉周辺に炭鉱があったかと言われたら
割とあっさりと「ノー」って 答えを出してしまいたくなる状況なのですが。
……歴史的に見ても 房総半島の方に炭鉱なんて無かったですよね??

で この炭坑節が 千葉のお祭りでは良く流されています。  何故だか。
――ちなみに さっき引っ越した経験があるような書き方しましたが
引っ越す前も千葉県内に住んでいましたから まぁ このへんの共通したものかと。
だから この曲が流されている理由が一層気になるわけでして。

あと「Qちゃん音頭」とか 明らかに「誰得?」なものも流されています。
完全に 一昔前のものだと思うんですがね。  Qちゃんって。
……子供向けにやったのだとしても 今では絶対に時期外していると思います。
引っ越してきて初めての夏祭り この曲が流れた瞬間に逃げ出しました。

……まぁ お祭りに言って来たのはいいのですが まぁ 当然というか
「誰とも会いませんでしたよ。」残念なことにね。
……理由は何となく理解できなくはないですが(みんな受験勉強かな?)
でも それでも なんだか淋しいな~って空気が漂いつつ。
……てか 過去にお祭り誰かと楽しめたような想い出が見当たらない悲しさですが。

ついでに ここでつなげるのも少々無理があるようですが
今だに ボク「蚊に刺された覚えも無い」のですがね。  これってどうなのでしょうか。
確実に 身の回りに蚊が飛んでいる音聞いているのですが
刺された痕はと聞かれてみると いろいろまさぐってみても見つからないと。
……いよいよ 蚊に感じ取れないところまで体温下がったのか??  もしかして。
――周りの人に探知されない能力と言い もしかしてボクって幽霊???

祭り02
閑話休題。  話がそれた気がします。
……でも お祭りの話についてずっと書き続けていても 絶対偏るから
こんな感じで話そらしながら 今日の話の軸を探っていくものなんだよ。  きっと。

ついでに お祭りと言えば 屋台とかその辺が並ぶようなイメージがありますが
気がついたら 今月 かなり買い物しすぎたような気もするし
そもそも 先月末に届いていた「メガあずにゃん」の重さが響いているしで
なんだかんだで 只今ピンチ!!  と 言うわけで買い物もなし。
夏のらしさは一切なしで 遊びに行ってまいりました。

祭り 犬
また さっきまで書いていたお祭りとは関係ないのですが
ボクが一時期 母親たちがいなくなっている間に散歩を買って出ていた時期がありまして
その時に撮影した 祭りの会場とわんこの写真です。

こんな感じで見ていたら かなり絵になっているような感じもしなくはないですが
もう少し 下の方に目線をずらしてみますと 実はありえないくらいしっぽが垂れていて
このこのものすごい不安がひしひしと感じられます。  てか 震えすぎ。

今日 案の定 ボクが予備校帰りに到着した直後くらいに
犬の散歩のついでにやってきたという母親withわんこに遭遇しましたが
案の定 後ろ足の間にしっぽがくるりと収まっていました。
……で びくびくしていました。  こいつ 実は相当の怖がりでして。
(↑どれくらい怖がりかと言うと 12kgある中型犬なのですが
これが チワワに吠えられて しっぽ巻いて逃げだした事があります。  2歳の時。)

で この会場で 友達と遊びに来ていた妹を見つけるなり しっぽ復活。
……何だろう。  「狼と香辛料」に出てくる例の賢狼さんの話ではないですが
わんことかって このへんの気持ち見てすぐにわかったりしますよね。
……ここでどう言ってみ意味がなさそうな気がしますが 何となく
「この意味では 犬に生まれたくないな」って。  ボク シャイですから。
(↑あまり話しが通じていませんよ??)  ……まぁ こんなこともあるって事で。
(↑↑ちなみに この時 妹は浴衣姿だったので わんこが全力で掲げていた
フットスタンプを必死で阻止しました  これが 男の役割。  悲しい。)



さて なんだか 最後の方に ちょっぴり男の役割??  みたいな事を書きましたし
それに準じるのか よくわかりませんが 書きたくなった事があります。

健全な兄妹?
今日 塾に行く際に 妹からの使いっ走り。  マックにて。
妹「兄貴ぃ~??  お前 どこ行くの??」――の「え??  普通に塾だけど。」
妹「じゃ これ よろしく。  てか 行くでしょ??」って 感じで。

てか この娘 いろんな意味で問題アリだと思うんだ。  ボク的には。

TOP