最終講!!

2010⁄08⁄16(月) 23:02
<今日からの受講講座>  津田沼
長文読解総合英語  ~20  朝九時からです……早起きしなきゃ。
……あと 残っている個別の英語が一コマ 17日に入ります。



さて みなさん ごきげんよう。
お盆も開けて まぁ なんだかいろいろと時間がたつのが早いなぁと
自覚していなかった時の流れに気がつきだしたのっぴぃです。
――ついでに この長文読解で 夏期講習が全て〆ることになるわけですから
やっぱり 夏休みは長いようで短かったなぁなんて 感慨深くなる事も
まぁ わからなくはないような気もしますね。

……てか この夏休み ほとんど勉強した気がしないのですが!!!
その辺も 毎日日記を欠かさず更新できている事実を考えてみたら
よくわかる事かと思います。  ヤバい!!  ヤバいのかホントわからないのがヤバい。

さて。  ここでヤバいって言葉を連発していても
話が先に続く気が全く持ってしないので ここは怖い現実から「あえて」目をそらして
いつもこのパターンの記事が来た後の内容の話題でも 少し書いてみましょうか。

・物理
ついでに 今回お世話になった先生は 高校二年――例の「T進」を挫折した
「直後」から 習い出した――時にお世話になった先生の一人です。
……わかる人ならば「謎のポップ調の数字」で 問題番号をかくあの先生です
……って 言ってわかる人って そんなにいないんだろうなぁ。  うん。

とりあえず この先生に関しては過去にもいろいろと書いたことがあるし
思ったよりも斬新だったと思えるようなお話とか(だいたい行動予想できるし)
は そこまで作れないというのが 少々悲しいところ。
まぁ どんな先生か気になったら たぶん3月ごろに書いてあるかと思うから。

とりあえず この先生のことで前回かきそこなったことがあったとするならば
「波動」……と いうか ドップラー効果なんかの問題で
観測者が出てくる問題が出てきたりするときに まぁ 先生図をかくわけですよ。

……でも ここに出てくる「人間」の顔が わざとなのか先生の腕なのかは知りませんが
「何故だか『ショッカー』のような顔になっている」と言うわけで。
……これって わざとなのか それともそうではないのか。
「一人の男が~」とか言っているけれども やっぱり「ショッカー」だよなぁ。

――そう言えば 一つこのときの授業でおもしろいことがありましたねぇ。
とりあえず 今日は一つの講座分しかないですし たっぷりかけるかもしれないですね。
……あ でも ボクの能力だと少々無理があるかもねwww

ボクの通っている予備校では 先生の希望した場合は「マイク」を使って
怒鳴ったりしないで授業ができるようにしているわけですね~
……たまに 「元々声がデカイ」先生がこれをしたりして 正直に書けば
「耳が痛くなる」ほど音がデカイ感じになってしまったりするわけですね~

……で 一回授業でこのマイクの電波が混線したと。
つまり 隣の授業(たぶん 英語)の電波を誤受信したのか マイクを間違えたのか
詳しいことはよくわからないですが どっちにしろ隣に授業が聞こえてきてwww
――結局 所定の手続きをとって 普通に授業ができるようにさせてもらいましたがね。

ついでに 先生曰くところには 過去にはもっとひどい事もあったようで。
……つまり どんなことがあったかと言うと 隣の居酒屋のマイクから
音を拾ってきたことがあったらしいです。  居酒屋のカラオケ。

……だから マイクからは「隣のビルで歌っている酔っ払いのどら声が
まんべんなく教室中に溢れだす」という もう 授業どころではない展開に……
とのことでした。  やべぇ。  こんなの勉強する状況じゃないってwww

ついでに 最後にこんなことを書くのか少々微妙な感触もするのですが
実はこの講座の一つ上位にあるレベルの講座 受けて行きたかったなぁ……
って 心から後悔していたわけですよ。  どうしたものだか。

……でも 神戸大学の問題レベル的には どうなっているのかしらねぇ???
まぁ いいか。  深いことは気にしなくても。
一応 それなりの問題も「ちょこちょこと」混ざってはいましたが
だいたいの問題は 予習の段階でだいたい「予想は」ついたからなぁ。

……なぜ「予想は」と言う書き方だったのか。  答えは簡単。
「掲載間違えの数が半端なかった」からですよ~  アレは泣いた。
sinθ やcosθ を間違える事なんて ざらにありましてねぇ……
やっぱり 計算間違えをなくすことが 最後まで立ちふさがるようですよ……



さて なんだか これ以上物理の先生について語っていくのもなんですので
「千葉現役館」においての「夏期講習のオキテ」みたいなものでも
軽いノリで 書いてみたりしようかしらねェ??  偏見たっぷり。
まぁ こちらも深く考えずにやっていこうと思いますので そんな感じで。
だって 考えてみたら千葉で受ける夏期講習これだけだったんだもん!!

まず 第一に「自習する場所が少ない」というものがあげられると思います。
たとえば 津田沼では自習室が1時間単位で待っていたりしている状況でも
実は……みたいな感じで 穴場があったりして まぁ 書いた事もありますが
ボクは そこの穴場にもぐりこんだりして自習に使ったりしているわけなのですが……

千葉では さすがに1時間単位で自習室が渋滞するということはめったにないようですが
なんだかんだで 自習室以外に勉強できるまともな場所がないというのが 頭が痛いとこ。
ついでに 食べ物を食べたりする時も 自販機が充実していなかったり
ただでさえ 食べ物を広げる場所がなかったりと とにかくいろいろと小さいと。
……津田沼に慣れてしまったせいなのか 一概には何も言えませんが
とにかく 小さいんですよ!!!  いろんな意味で サイズというものが!!!

まぁ だからしょうがなく 9時台から自習室に籠って
15時くらいに自習室を出て物理の授業を受けて さぁ 復習……
……と 思ったら なかなか勉強する場所がないという事実があったりするわけですが。
と 言うわけで今週はあまり集中して勉強できなかった感じが非常にしましたね。

……ついでに 今週ボクが記憶に残した勉強というのは 物の見事に
「物理」・「化学」しかなかったという偏りようだったというのもありまして……
うん。  半ば予想はしているけれども 絶対この先に自滅したりしますね。
主に 「英語」とか「数学」とか「国語」とか。

まぁ 英語は今までもいやと言うほど書きつづったからここで書くのもアレですし
国語は まぁ理系だから。  数学は……学校での先生運に恵まれなかった。
とにかく それに尽きるかな、  勉強のバランスも 計画的に……。

TOP