オープンキャンパス~神戸~

2010⁄08⁄10(火) 21:06
一万番踏んだ方 報告の方お願いいたします!!!
マジで待っていますのでwww


ども~  なんだか いろいろとたまっていますので
まぁ ぼちぼちとですがオープンキャンパスの日程から流して行きたいと思います。
……ひとまず このへんの記事は時間がある時にどんどんと挿入して行けたなら
いろいろと嬉しいかな~  とか 思っているわけでして。

ついでに 最近この日記を定期的に覗いていただける人が増えたので
一つ 参考として書かせていただくと 去年の年の瀬にボクが一人で行った旅行の記事は
全て出しきるまで 気がついたら2月までかかってしまったというのもありますので。

……とはいうものの 最近のボクの日程は どう考えてみても
「毎日の変化に乏しい」ので たぶん そんなにかかる事もなく
終わってしまうと思いますが まぁ 出来るだけ話を食いつないでみたいと思います。
とりあえず 出来るだけ日付順・時系列に準拠して書いていきたいと思います。

01.jpgてなわけで 神戸大学編入ります。
……え??  移動の話も少しばかりかじった方がいい???
まぁ 5時くらいに起きて 15分くらいで荷造りして(←もっと時間かけろよ!)
それで あわただしく出発した位でしょうか。
まぁ もうすこし話が煮詰まったら かきたいお話もありますけれどもね。

で 墓参りに行く親父と別れた後は 電車で六甲道へ。
だいたいは 去年と同じ道を歩んでいます。
まぁ 一か所違うとしたならば 六甲道から乗ったバスが結構空いていたこと。
……とはいっても 阪急の六甲駅に着いたあたりでしたっけ??
覚えている通りの混み具合になりましたがね。
……このへんも デフォ デフォ。  気にしたら負けだ。

02_20100809234638.jpg

そんなわけで 見覚えがあるキャンパスにもどってきたわけですが
まぁ なんだかんだで 去年かなり探検している事実がありますし
今年は あまりうろちょろせずに終わりました。  落ち着いたな。
……まぁ このキャンパスを簡単に行ってしまうと
04.jpg05.jpg
山の中にキャンパスが立地している。
だから 夜になったならばの「100万ドルの夜景」は 貴方の目の前に!

……とでもいうのでしょうかね???
まぁ よくわかりませんが まぁ これも一つの売りとして機能しているのでは??
……ま そんな話はいいとして。  まぁ 自然があふれているキャンパスです。

ちなみに どれくらい自然にあふれているかと言いますと
学生が作った「神戸大学案内」によりますと ちょっと遅い時間に帰宅するときには
「イノシシ」と鉢合わせする事も多々あるということです。
……電車まで 普通に歩いて帰れるくらいの距離にあるのに
やっぱり 六甲山 侮れませんよwww  なんだか行きたい気分です。

ついでに この時期は 関東ではあまり見ないのですが
クマゼミがものすごく五月蠅くてですねぇ……。  まぁ これも一つの関西に来た!
と言える 風習・週刊だったりするので たまにはいいかな~  って気分に
なっている自分がいるような そうではない気も少しするような。

03.jpg
ついでに 今回行ってきた学食……と言うか 理学部に一番近いところですが
で 食べた学食はこんな感じ。  割とあるかも。
……ただ 少し バランスがよくわからない部分があって 520円。
とりあえず もしもここに入ったとするならば 最初の1・2カ月で
節約法などを身にたたき込む必要があるみたいです。

そうしないとQMAやアニメ系の出費を増やすことができませんからね☆
(↑まず これを減らせば 十分貯金が出来るという噂もありますが。)
(↑↑まぁ ひとまずは 当分その空気は見えてきそうもありません。)

さて では 内容の方は詳しく書くこともないでしょうから ざっと流す程度に。
とりあえず みた感じだと ボクが興味を今持っている関係の研究に関しては
それを取り組んでいる先生 しっかりいらっしゃいました☆
このへんに関しては いろいろと大きな収穫でしたね~

とりあえず ここに来てよかった!!!  って 思えるような内容でした。
……まぁ 「下山」の方は 半ば強制的に「徒歩下山」ということで。
少々それはそれでおもしろかったですが 非常に暑くて暑くて。

07.jpg
関係ないですが JR西日本の方でも こんな画面あったんですね。
てっきり東日本だけだったかと。  まぁ 思ったわけではないですが。
でも 東日本がメインだったりしたのかなと思っていたわけですが。
ボクの地元の駅にも(東日本の話ですが)設置してくれないかな~  とか思ったり。

TOP