昨日の話だけどww

2010⁄08⁄31(火) 23:03
さて では 昨日授業があって非常につかれた~  みたいな話から
上手く繋がるのかよくわかりませんが まぁ そんな展開で考えてください。

Dユリさんに連れられて……てか 自分から近づいて行ったのかもしれないですが
まぁ そんな感じで 学校から一番近いゲーセンに近づいて行ってしまったわけです。

こんな展開になってしまった点については 幾つか理由があります。
まず ボクこの夏休み 全くQMAをしていなかったという個人的なお話です。
まぁ 過去にも何度か書いたかもしれないですが この夏休みを総合してみても
「1~3回ほどしか台に座っていない」という状況があったわけで。

まぁ この時期そうならざるを得ないのは しょうがないことだと思うのですがね。
実際 昨日回すまでは まだ「ホームが大阪」になっていましたから。

次に ボクの気軽に行ける範囲のQMAのサテの中では唯一
100円2クレでQMAができるということです。  まぁ なんというか
千葉市周辺の相場って なぜここまで高いのか かなり気になるところなのですが。
……ついでに 個々の店は「パセリが繋がっていない」ので あいにくですが
「協力プレイ」とか そっち方面には繋がりません。

一応 店の名目では「期間限定」と書かれていますが パセリが繋がっていない今
この100円2クレが切れたら 何もできなくなるでしょう。  たぶん。
……ちなみに どうでもいいですが 最近 個々の店には「jubeat knit」
が 導入されました。  てか 今日初めて知りました。  値段は知りません。

で 最後の理由は 昨日から新検定始動じゃないですかww
まぁ 今回の検定は 割とボク的には嬉しい組み合わせなので 嬉々としてやるわけで。
トレインは 過去の実テでそれなりにお世話になりましたし
ムシは まぁ 名前が少々まんまと言うか なんだか微妙な空気すらしますが
生物の中では割と扱いやすいアニマルのくくりできそうですし まぁ 期待するわけで。

と 言うわけで まず何をやろうか。  100円2クレだぜww  てな訳で。
まぁ 迷わず検定を回すわけですよ。  最初はトレイン
トレイントレインS
2クレにて。  つまり 所要経費100円。
うん。  思ったより早い感じだったなぁ。  思ったよりはあっさり。

まぁ ボクがここで書く情報はあまりあてにならないと思いますが
個人的感覚では お笑いほど変化は激しくなかった感じでしょうか。
まぁ いつも通りでいいんだよ。  トレイン検定は。  安心した。
そして 今回の絵の方が 前の検定の絵よりも 何だか好きだわ。  何となく。

ちなみに この「お笑い」を引き合いに出したのは 最近Dさんが
「吉本検定オワタ」と 非常に五月蠅かったから 状況を聞いてみると
「お笑いの内容よりも その芸人が出てきているテレビとかドラマとかの問題が
以上に増えていて 芸能その他じゃカバーしきれなかった」とのこと。

今更書いてもなんだ感がありますが まぁ かなり五月蠅いので。
……とはいっても この夏休み 彼とあったのも総勢1時間も無いでしょうし
このへんの話を聞く機会ってのも そんなに無かったからな。
これもこれで「いつもの日常」が帰ってきたととらえておけばいいのでしょうか??

……そう言えば 考えてみたらDSで出てきていない検定って
この「トレイン」と「お笑い」だったっけ???  まぁ どうでもいいが。
個人的には 早く天文の問題をやりたいと意気込んでおります。

……話がそれました。  では 一応 もう一つもやるか~
さすがに 回収していないから Sまでは望めないと思いますがね~  ムシ。
ムシムシS
……行けました。  S。  てか これもトレインと同じレベル
すなわち 所要経費100円。  なんだか予想外。

まぁ 一応S行った身として 個人的感想を書かせていただくと
「Sに行くまで」だったら 割とこちらの方が楽かもしれない。
一応 虫にそこそこ興味がない人でも 小学校レベルの昆虫図鑑を
ざっと 眺めた程度の知識でも 運が良ければS狙えるかもしれないレベルです。

……でも ここに書かれているような全国記録は
さすがに そのレベルでは補強できない気もしますがね~
特に 個人的感覚では 「チョウ」の種類については 細かく知っていたほうが
いいような気がします。  「次の内 チョウの仲間を答えなさい」みたいな
そんな一問多答が 割と含まれていた感覚でしたから。

ついでに あまり話には関係ないけれども これをしている間に
遭遇してしまった「失敗問題」とでも言えそうなやつ。

この問題何??
「昆虫の蟻の種類の中には『モハメドアリ』という」
……何????????  非常にこの問題の話の続きが気になります。
何となく 最後の一文が抜けていて「蟻が居る」みたいな締め方だと思いますが。

ちなみに スベってこけて 適当に×押したら 正解になりました。
まぁ 昆虫図鑑を調べたわけではないので どんな問題になるかは知りませんが
暇な人がいたら 調べてみてください。  そして ここに書かれるべき
「最後の行」が どうなっているのか 誰か教えてくださいwww
……でも なんだか こんな間違いがあるって事は
この先 新問のオンパレードが 待っている気がしてきた。

ちなみに 今までの展開で予想できるかも知れませんが
ボク てっとり早くS取れてしまったので あっさり200円で引きあげ。
さて また今度QMAの台に座る事ができるのはいつになるのでしょうか??
……うん。  楽しみがあっという間に逃げていく感覚ってこんななのかな??



さて こんな風に「ゲーセンのQMA」では かなり悲しい感じののっぴぃですが
まぁ その代わりと言ってはなんですが「DSの方のQMA」には
割と頻繁な頻度でいじっているような気がしてくる感じで。
まぁ こっちは「もしもの時は電車の中でも出来る」お手軽さがウリですから。

実テ 点数更新
一応 この展開の中で「実テ」の方(理系その他)も
それなりに更新ができた感じなので 一応報告しておきます。
……にしても なかなか奥が深いよな。  実テって。
――とりあえず 2500点超える事が出来て 良かったと思います。

まぁ ひとくくりに「理系その他」――そもそも 括れてないってのは禁句。――
って言っても いろいろと出てくる傾向があったりするわけですよ。
一つには「地層」又は「天文」さらには「気象」果てには「CP」。
……個人的には CPだけくくりが違う気がするのですがね。  まぁ いいか。

ボクの場合「CP」関係が少なく 且 天文が多いといい感じ。
まぁ 最近は2000超えは安定しているけど その先がね……。

TOP

学校再開

2010⁄08⁄30(月) 23:02
新学期
今日から学校ですよ~!!!
……と 言うわけで こんにちは。  のっぴぃです。
今日は 朝から相当だるい状況でスタートしました 新学期です
――正確に書くと「新学期」ではないのですがね。  二期制だから。

なんだか つい最近に学校が終わって夏休みになったかのようなこの感覚。
どんな人が感じる事ができるのでしょうか。  少し気になります。
だいたい 世間一般には「楽しかったことはとても早く感じる」と言いますが
こんな風に書きこんでいるボクが「楽しい夏休み」を過ごしたかと言うと
まぁ そうとも言えないと言いたくなる そんな感じでありまして。

主に ボクは毎日日記更新できましたから(←なんででしょうか??)
だいたい 毎日ボクの動きがどんな感じだったのか 辿る事もできるかと思いますが
ボクの 心情的お話は 「あまり楽しくないものだった」とでも言えるでしょう。
――たとえば ボクが「一人二役」で記事書いていたときに 一つ書きましたよね??
「友達としゃべる機会が無かったから 幻聴でも~」みたいな話。
実際 友達関係は「同窓会以外」全く皆無だったわけです。

では なぜこんな風に感じてしまったのか……  この時期に考える事でもないですが
個人的には この夏 一番のミステリーって とらえたくなる感じですね。
一体皆さんは どのような感想を抱いた夏を過ごしたのでしょうか???

さて どうしてこんなにだるい状況でスタートしたかと言いますと
それは昨日の記事に書いたあの話に直結します。  てか 直結しました。
つまりは 昨日書いたようにボクはなんだかんだで残飯処理係していたでしょう。
そして その時に食べた量が相当半端なかったからでしょうか。
朝から食欲が全くわかない状況でございまして。  朝食を残しました。
……てか 箸をつける前だったので 母親の朝ごはんになりました。

ちょっと 今までの話的にあまり関係ないかもですが
ボクの家の朝ごはんって 割とがっつりしている感じなんですよね~
朝からそれなりの大きさを湛えたお茶碗一杯のご飯と 味噌汁と
適当なお総菜であつらえた主菜とその他もろもろって感じでしょうか。

ついでに 今日は 買ってきたお総菜が「とんかつ」だったらしく
朝から相当重くって やってられなかったので これを残させてもらいまして。
……うん。  重ねますが 母に残飯処理させましたので。

とにかく ボクは相当重たい腹を抱えながらの起床となりました。
……てか 今の時期――健全な男子高校生――にしては珍しく
「なんだか 当分肉はいいわ……」と 言う感じになりました。
ボクが言うのもなんですが ほどほどが一番ですね。  ほどほどが。

さて そして 学校に登校しますね。  書くことでもないけれども。
一つ まぁ 無理矢理でも書きとおすとするならば お土産渡したとか??
まぁ 結果的にこの日記では「未だにこの日記記事を出し切っていない」ので
いろいろとまだ語りにくい点もあるのですが(←今のところは 記事に困っていないので
続きをいつ晒すかも 未だ未定だという。  このリッチめ。)

まぁ 軽く書くとするならば神戸で買ってきたちょっとしたお菓子とか。
本当は広島で「もみじまんじゅう」買おうと考えていたのですが
あいにく 時間が無かったので 買うのをすっかり忘れていたんですよね~
――どんな旅行を過ごしていたのか。  これは その時のお楽しみ。
……って 焦らすほどの記事でもないのですが。  なんだか悲しい。

あと 渡したものは「しゃもじ」。  まぁ どうしてしゃもじなのか。
このへんは知識として押さえておいてもらうとして。  そして 何処で買ったのか
その辺のお話も後日に回すとして。  なんだか次回予告の空気がする件について。

さて では 学校についてからの話をしましょうか。
とはいっても 「なにせ 二学期が始まったわけではない」ので
始業式みたいな飽き飽きするイベントが行われることでもなく
即 一時間目から授業が行われたりしたわけでして。  わ~い。

……ついでに ここで書くべきなのかよくわかりませんが 今日の教科は
「化学→Reading→物理→政経→数学→……」という なんだか いかにも
「理系だなぁ」って 言われそうな教科が主を締めていたりします。

今日は あいにく書き方を頑張れば「今日の話だけで 2・3本は記事書けそう」
という空気が漂っているので このへんのお話も少々はしょりたいと。
全てが中途半端な形になる今日の記事ですが まぁ いい気で聞いてくだされ。
この時期 できるだけ記事を温存していきたいのが希望なんだから。

あ。  でも 書くネタには中途半端になりそうもないからこれだけは。
↑で並べておいた「政経」ですが あいにく 今日先生が「授業の存在を忘れた」
そして こっちのクラスも「誰も呼びに行かなかった」ので
結局 「一時間遊び通し(人による)」と言う時間になっていたわけで。

夏休み前だったならば この時間は クラスないほぼ100%遊びに徹していましたが
この時期になると 一部は参考書を広げて お勉強体制に。
あ。  やっぱり この「変わらないと思われていた驚愕の男子校」にも
「受験」と言う影が 少しずつ でも 確実に近づいてきているんだな~  って
心から感じ取った瞬間でした。  時がたつのって早いよな。

「……」で誤魔化しましたが 最後 今日一つの行事が。
「避難訓練」……なんだか 時期多少早い気がするのは気のせいです。
……と いうか 気のせいと言うことにしてあげましょう。

まぁ やったことは「震度6強の地震で いろいろと学校がヤバい感じに。
で ホールから出火した」と 言うことで。  そうか。  乙。
てか ボクの記憶の中では ホールの中に出火するようなもの無いけどな。
元吹奏楽部ですので だいたい学校のホールの中身は把握しているのですが
考える家事の口実は もう少しらしいところ(化学室とか家庭科室とか)で
やってほしいと 切に願ったボクでした。  どうでもいいけど。

そして この避難訓練の「やる気の無さ」。  一応写メはありますが
載せたら いろいろとまずいような気がしたので すんでで止めましたが
でも とにかく その取った写メを見ていたら「やる気の無さ」が画面から
じわじわとにじみ出てくるかのようでした。  てか 何??  これ。
蟻の行列でも もっと 見ていてほんのりするような状況ですよ??

廊下を喋りながら のほほんとした空気で 移動中。
ついでに 一応「避難訓練」のくせに 皆「靴を履き替えるよう」言われていて
もう 何がなんだかよくわかりません。  ボクは何をやっているの???

そして 朝礼台に立っている貴方 誰ですか??  ……あ 教頭ですか。
そうですか。  ボクの記憶からはすっかり抜けていましたがね~
HAHAHA!!  てか 教頭先生 何話てるの??  聞こえませんが。

TOP

同窓会

2010⁄08⁄29(日) 23:05
こんにちは~  今日はかなり汗だくですよ~
……って言っても よくわからないですよね~  しょうがないか。
まぁ かなり汗だくなんですよ~   ……で 今日何があったかと言うと。
中学校の同窓会がありました~  うん。  何この空気??

ボク 中学校時代にいろいろとあった感じですが
その時の思い出を払拭するためにも頑張って言ってきた感じです。
まぁ いろいろとあったわけですが まぁ 結果的に記事に書こうと思ったくらいで
なんとか 変な思い出をつくらずに帰ってこれたというわけで。
その話を今日は軽く記事に起こすかな~  と考えました。

さて 今日とある焼き肉屋で現地集合ということで。
……でも ボクにはその焼き肉店がどこにあるのかあいにく知らないわけで。
チャリ
とりあえず 近くをチャリで駆けまわったら見つかるでしょう。
そんな感じで あても無くチャリを走らせてみることにしたわけですよ。

ついでに 意外と千葉市って「丘」程度の起伏はあるわけで
そんな時にはこんな感じのマウンテンバイクがかなり有利なわけでして。
そして ボクは自転車通学じゃないから こんな感じでマウンテンバイクを
未だに保持していく事ができるってわけですよwww  使えます。

――ついでに 母親の「おばチャリ」に必死でついて行った過去がありますので
自転車の扱いについては 人以上のものは持っていると自負しています。
吹奏楽始める前までは ウィリーまではできたのですが その後成長期を経て
体重の移動やら まぁ いろいろとあったわけで 今はできないのですが。
――今のところ この技術を復活させる練習をするつもりはありません。
だって 昔と違って体硬くなったし 怪我したらいろいろとこまるじゃん???

……話がそれた。  で ボク地図を渡されていたのなら道に迷うことは
ほとんどないくらいの「非方向音痴」だという自覚はあるのですが……
森
さて なぜ ボクは今森にいるのでしょうか??  誰か教えて???
……文章(メール)で指示された場所に対する目印が見つからず
よくわからない所に迷い込んでしまいましたとさ。  さて ここはどこだ。

……なんだかんだで 少々迷子になったのち(←……てか 車道を外れて
なぜ 獣道にチャリを走らせてしまったのでしょうか……???)
(↑↑迷子の原因は100%これと言っていいのではないでしょうか??)

まぁ なんだかんだで焼き肉屋突入。 ……あ 焼き肉屋でやりました。
そのおかげで 予算が3000円と 高校三年でやる同窓会としては
少々割高な予算となっておりましたが まぁ 母親に粘って粘って
なんとかここの予算を捻出させてもらいましたよ。  お陰で。

で ボク 割と早い時間についたので(←一体何分前に家出たのよ???)
元クラスメートたち続々到着。  それを迎える立場に。

ひとまず この件に関しては一個だけ言わせてください。
「女の子って 中学出ると劇的に変わるよね……。」  って こと。
「私 高校になって 変わったって言われるんだ~」って思う人。
アナタは9割方女の子ですね。  きっと。  何書いているんだボク。

まぁ とにかく 中学→高校で一つ女の子に出てくる違いと言うと 化粧。
又は 髪型が変わったりするわけで。  しかも 学校によっては まぁ
やっぱり 髪を染めたりする人も出てくる訳で 誰だか分からない人がちらほら。
正直 ボクは今回できるだけ「人を名前で呼ばない」事を心がけて
……と 言うか 確信がある人ってのも当然いるわけで その人には固有名詞を。

焼き肉
で 焼くと。  ……今回は 最初 専らボクは焼き役に徹していて
正直に あまり食べられませんでした。  奉仕しているのかな??  ボク。
メイドルッツ
……正直 この画像に意味はないですが 奉仕ということで。

そして 時間は進み……  結局 なかなかそんな立ち回りを進めた挙句
今度は ボクは何に徹していたか。  分かりますかね???
「THE ZANPAN処理委員会!」と 言うわけで。
……ざっと4人分くらいの食べ物を 必死になって処理していきました。
ここで書くのもなんですが ボク 食べる時には食べますから。

最終的には この結成された残飯処理委員会はどれくらい活動できたか。
この 4人分くらいの食べ物を必死になって処理していたわけですが
まぁ これの分け前 元々かなりあったわけで これの各人のものを
それぞれ処理してから この残飯処理にあたっているわけで 一人落ち二人落ち……

……結局は 最終的に一人だけが咀嚼をしているという。  これって……
……見方にもよる……  と いうか それにしか見えない可能性大ですが
「食い意地を張っている」ようにしか見えない状況だったわけですね!!!

ついでに ボク ここで思いっきり声に出して言ってみたわけですよ。
なんだか 周りの話が詰まっているな~  って事で ここはボケなきゃ!!  な空気。
関西に住んでいる人だったら 何となくわかるかもしれないのですが
「ここはボケなきゃ!!」みたいに感じる空気ありますよね???

でも 関東の場合は この血を受け継いでいたとしても あいにく
「ツッコム人がいない」と言うわけで 悲しい結果に陥ることが主なのですよ。
――前 記事で話題に出したかもわかりませんが「大阪の常識トランプ」によりますと
「大阪人の気質:その場の空気に応じて ボケとツッコミを感じ取り それを行動する」
とのことで。  ここの心は 割と受け継いでいると自負しています。

ついでに ボクのコミュニケーションの主だったものは 全て
「漫才」方式がメインとなっていますので 的確にツッコンでくれる人が居ないと
ボクは単なる「痛い子」になり下がります。  扱いが大変です。  ご注意ください。

さて 最終的に一人でモソモソと最後まで食い意地を張っていた食事タイム
(↑ただし そのすきにボクの飲み物は誰かにとられた。  ……ボクの飲み物……。)
のあとに 先生からのお手紙が届きました、  先生は慰安旅行中らしいです←

で まぁ なんだかんだあったあと二次会。  花火大会。
まぁ 割と遠くの公園まで走って 花火をしようと言うことで。
じゃ さっさとかけぬけますか!!!  公園までひとっとびだZE!!!
……移動中……
公園
21:50  ……うん。  御食事会 実は長引いていたわけですね。
だから この時間に到着。  ついでに 花火担当の子 トラブルで到着せず。

……ちなみに ボクの場合はネットの制限があって(過去記事参照)ネット開ける時間が
すでに 設定されているので 記事原稿を仕上げる時間を確保しなければならず……
しかも 五月蠅いほど鳴り響くボクの携帯!(母親からの帰宅コール)
の「ボク もう帰らなきゃならないみたいなんだ……(花火打ち上げていないけど)」
一同「お前はなんの為にここに来た!!!」    gdgdだ……。
……うん、  これがいわゆる「扱いずらい人間」というものなのでしょうかね。

TOP

話題だけでも。

2010⁄08⁄28(土) 23:04
どうも~  こんにちは~
気がついたら 夏休みに入って あきれるほどQMAの記事を書いていない。
そもそも 台の前にすら この夏休みを通して 1・2回しか座っていないのでは??
みたいな疑惑が 頭の中を渦巻いている受験生 のっぴぃでございます。

事実 誇張とかそんなことする以前に これをする時間を確保できないのだから
どうも 仕方がないことなのかもしれないな~  とか 思いながら。
……だって ゲーセンに行く時間があったら 数列の問題を一問解こう
――理系の国立目指そうとしているのに 何なんだ……この 数学の悪さは……
――国公立どうのこうの言う前に この英語の成績は正直ヤバいんじゃね??
↑みたいな感じで 今までの生活の中で 気がつけば一日の中で勉強のウェイトが大きく
……でも 時間ばっかりかけるだけで 正直集中力を保ってやった勉強が
このうちのどれくらいの量を 真面目に勉強に費やしていたのか
かなり 怖くなってきたりしているんですよね……。  自分ではわからないことだし。

そもそも 毎日日記更新している時点で 集中力が持続していないこと
目に見えて判ることだとは思います。  そもそも もう少し集中力があったならば
もっとまともなレベルまで英単語の能力が上がっているということを信じたいです。
(↑でも 実際上がった形跡は全くナシ。  ……浪人の危機??)

ここで こんな愚痴をもらすというのもなんだと思いますが
他の国公立を受けたいとかいう人たちは だいたい併願とかで 私立の滑り止めを受けて
もし 国公立が受からなかったとしても「仕方がない……」で その大学に行く
――つまり 浪人防止の安全地帯があるわけですよね??

まぁ ボクの場合は 資金的に危ない……というわけではないのですが
「絶対に学びたいことがある」って 強い意志があったりする物を持っていること
そして その学びたい分野のある大学が 見事に国公立にしかない。
そんな状況で まぁ はるか頭の上に見えているサクラに向かって 大きな夢を抱く
――十両が横綱に勝とうと奮起しているようなもの――わけなのですが……

さて なんだか この「いかにも受験生らしい前置き」で話を進めるのも
非常に 無理がある気がしますから 今日の話題に素直に入らせていただきたいですww

……まぁ さっき「台の前に座らない」みたいないい方はしましたが 一つ
こんな忙しいボクにでも 気晴らし程度ですが かかわれる物がありますよね~
DSを カチカチすることくらいは なんとかできるわけですよ。
QMAの話とはいえども。   ……でも まぁ なかなか意味が見出せない。

なにせ 冗談抜きで「一緒に通信する相手」なんかも手近にいなかったり
まぁ なんやかんやで 独りでボクボクと。  本当に淋しいです。
淋しかったので 女の子キャラクターだけで「オクタゴンテンペスト」放てるくらい
がんばってポクポクとやっていたりしています。  悲しい人間だなぁ。

まぁ そんなこんなのおかげなのか知りませんが 理系と社会の時の
このメンバーでのオクタゴンテンペストで ボスの体力を2ケタ台まで落としたり
――システム的に可能なのかは知りませんが――一撃を狙ってみたり まぁ 楽しんでやっています。
(↑何故だか 女性陣でやってみた感じだと 理系学問のグラフ上昇が異様に遅い)
(↑↑特に マラリヤなんかはキャラ属性的に理系上がってくれないとこまるでしょ!!)

NJ_20100828230324.jpg
ついでに 関係ないですが(てか この写真を片づけるためにこの話題振ったもん)
こんな風に選択された場合 なんだか 非常にこまりません??
普通に 同じジャンルで分れたのだったら 「わ~」みたいな感じで
嬉々としてorゲンナリとして次のボスに挑むのですがね~  ノンジャンルはさすがに。
何となく どちらかが左辺・右辺で偏っていそうな気がして
仮に 出てきた問題が かなり偏っていた場合「もう一つを選んでいれば~」
って かなり 後悔する現象が起こったりする気がしてなりませんwww

……また さらに関係ないですが たまに思うんです。
ノンジャンルって サブジャンルないですが このサブジャンルに
「アニゲ・スポーツ・芸能“?”」「LS・社会“雑学”」「理系学問・文系学問“学問”」
的な感覚で サブジャンル作ってもいいんじゃね??  みたいな感覚で。
……うん。  この分け方に ボクの特性が多大に配分されているのは
重々承知ですが これに近い感覚で サブジャンル作れなくはないでしょう?? って。

さて では 特に最近QMAしていたって記録もないわけなのですが
何故この話題で記事を書いたかと言いますと →の状況を見て
QMAの記事成分が この夏休みで悲しいことになっているな~  って思ったから。
じゃあ これに関する「雑談」で 一日分記事作らせてもらってもいいでしょう。
そんな感じですね~  きっかけとしてはこれで十分。

まぁ そんな感じですから ボクが最近触らなかった間に 何があったのか
ちょっと この前買い物(参考書)に行った時の帰りに 知り合いから
軽く聞き出した今の 千葉の状況的話をちらりと。

まぁ なんというか 誰それのホームが かなり変更した~
みたいな 話しも割と聞きかじったりしますが 一番驚いたのは
千葉の社会ジャンルで君臨していた人間の一人が(当時琥珀賢者)が
今作では 芸能の回収を進めた(前作は「それなりには」穴だった)結果
気がついたら「翡翠賢者」になっていたって話には かなり驚きました。

……それでも 店内対戦なんかが始まったみたら 彼は「社会」で
いろんな人をバシバシさしに来るらしいですよ~  おそろしあ。
――核心はないですが サブジャンルの難易度分けがなくなって
問題の難易度にばらつきが出てきたところで 何かを察したのでしょうか??
又は 某P先生が 最近ハマっている「ゲイタイニー」とか「文タイニー」に
なんだか ハマってしまったのでしょうか??  単なる予想ですが。

まぁ なんだかんだあって 最近(とはいっても 夏休み前)に
西千葉が 思ったよりも人の出入りが少ないな~  とか思っていた件について
何となくですが 結論が出てきた気がします。  ホームの移動が起こったんですね??
今 西千葉は「理系学問の巣窟」になっているって噂です。

……まぁ このへんは あくまでも「聞きかじった話」に 少しエッセンスをくわえ
ボクなりに 少々味付けした話なので ちょっとした誇張やらが 混じっているかもよ~
って 点に関しては ご注意くださいね~  なにせ 最近あそこに行っていないので。
しかも 台にすら触った記憶が あやふやになってきた気がしていますので。

あと ホームとか 千葉の現状とはあまり関係ない話題ですが
今度の検定では ムシと電車でしたっけ??  が 出てくるようですね~
……虫は 前から聞いていたので 予想の範囲内です。
まぁ ボクはこんな関係の「名前とか」くらいだったら 割と対応できるのでは~
って 感じていた人間ですがね。  そして やっと理系っぽい空気が。
(↑でも イメージ的に8月配信だと思っていましたが。)

そして トレインは まぁ Sはいけるでしょうな~  とは思っている。

でも ここで あえて繰り返して書こう。  「私にはそれをする時間がない!!」

TOP

祭り

2010⁄08⁄27(金) 23:02
祭り
いや~  夏ですね~  これでもかってくらい夏ですね~
冷夏って長期予報では言われていたはずのこの夏ですが
なんだかんだで来て見たならばかなり熱く 最近の天気予報かなんかでは
記録に残っている中で「猛暑日」とかが 非常に多い年だという事で。

まぁ こんな中でもこれは自然相手にしている事なのだから
こんなこと 書いても書かなくても待ったく意味はないという事は
言われなくても よくわかっていますがね~  うん。

……だって「暑い~  熱いからどうにかして~」って 書き込むことで
どっかにいるお天道様が「よし だったら冷やしてやろう」って
雪とかふらせてくれるわけではないですからね~  雪は極端か。
……でも これが現代科学の進歩で結論付けられてしまった一種のファンタジー。
――まぁ 今年の冬はかなり涼しくなってくれるだろうと 期待しておきましょう。
個人的には もう いろんな意味で氷点下になっている気もしますがね。

さて なんだか いろんな人の記事とかをみている感じだと
あちらこちらで もう お祭りやら花火大会やら行っているようなお話が
かなり見受けられた気もしますが 皆さんは このへん楽しんでいるのでしょうか?

考えてみたら ボク 地元の花火大会の時には 大阪にいたりして
――話す機会が無かったから 今まで書いてこなかったお話なのですが――
結局「夏の風物詩」みたいに思えるものに言った覚えが無いわけですよ。

祭り01
……で なんだかんだで このまま夏休みを終わらせようとしたら
涼宮さんの「エンドレスエイト」に陥りそうな気がしたから(←絶対ないだろ。)
(↑↑……てか 繰り返したところで 受験勉強し直す羽目が関の山だろwww)
なんだかんだで 行ってきました。  地元の盆踊り。

そう言えば 盆踊りって割とたくさんの踊りがありますよね~
……まぁ 踊りの種類がいっぱいあるって言うのは 当然なのですが
たまに「何故ここでこの音楽がかけられるんだろ??」って かなり気になるものも。

たとえば ボクが引っ越す前と引っ越してきた後で共通していて
そして 今でも何故この曲が流されているのか 全く理解できないものに
「炭坑節」というものがあります。  たぶん これで変換あっていると思いますが。

日本で探鉱と言ったら ボク的には筑豊炭田とか夕張とか釧路とか。
どんなに頑張っても 千葉周辺に炭鉱があったかと言われたら
割とあっさりと「ノー」って 答えを出してしまいたくなる状況なのですが。
……歴史的に見ても 房総半島の方に炭鉱なんて無かったですよね??

で この炭坑節が 千葉のお祭りでは良く流されています。  何故だか。
――ちなみに さっき引っ越した経験があるような書き方しましたが
引っ越す前も千葉県内に住んでいましたから まぁ このへんの共通したものかと。
だから この曲が流されている理由が一層気になるわけでして。

あと「Qちゃん音頭」とか 明らかに「誰得?」なものも流されています。
完全に 一昔前のものだと思うんですがね。  Qちゃんって。
……子供向けにやったのだとしても 今では絶対に時期外していると思います。
引っ越してきて初めての夏祭り この曲が流れた瞬間に逃げ出しました。

……まぁ お祭りに言って来たのはいいのですが まぁ 当然というか
「誰とも会いませんでしたよ。」残念なことにね。
……理由は何となく理解できなくはないですが(みんな受験勉強かな?)
でも それでも なんだか淋しいな~って空気が漂いつつ。
……てか 過去にお祭り誰かと楽しめたような想い出が見当たらない悲しさですが。

ついでに ここでつなげるのも少々無理があるようですが
今だに ボク「蚊に刺された覚えも無い」のですがね。  これってどうなのでしょうか。
確実に 身の回りに蚊が飛んでいる音聞いているのですが
刺された痕はと聞かれてみると いろいろまさぐってみても見つからないと。
……いよいよ 蚊に感じ取れないところまで体温下がったのか??  もしかして。
――周りの人に探知されない能力と言い もしかしてボクって幽霊???

祭り02
閑話休題。  話がそれた気がします。
……でも お祭りの話についてずっと書き続けていても 絶対偏るから
こんな感じで話そらしながら 今日の話の軸を探っていくものなんだよ。  きっと。

ついでに お祭りと言えば 屋台とかその辺が並ぶようなイメージがありますが
気がついたら 今月 かなり買い物しすぎたような気もするし
そもそも 先月末に届いていた「メガあずにゃん」の重さが響いているしで
なんだかんだで 只今ピンチ!!  と 言うわけで買い物もなし。
夏のらしさは一切なしで 遊びに行ってまいりました。

祭り 犬
また さっきまで書いていたお祭りとは関係ないのですが
ボクが一時期 母親たちがいなくなっている間に散歩を買って出ていた時期がありまして
その時に撮影した 祭りの会場とわんこの写真です。

こんな感じで見ていたら かなり絵になっているような感じもしなくはないですが
もう少し 下の方に目線をずらしてみますと 実はありえないくらいしっぽが垂れていて
このこのものすごい不安がひしひしと感じられます。  てか 震えすぎ。

今日 案の定 ボクが予備校帰りに到着した直後くらいに
犬の散歩のついでにやってきたという母親withわんこに遭遇しましたが
案の定 後ろ足の間にしっぽがくるりと収まっていました。
……で びくびくしていました。  こいつ 実は相当の怖がりでして。
(↑どれくらい怖がりかと言うと 12kgある中型犬なのですが
これが チワワに吠えられて しっぽ巻いて逃げだした事があります。  2歳の時。)

で この会場で 友達と遊びに来ていた妹を見つけるなり しっぽ復活。
……何だろう。  「狼と香辛料」に出てくる例の賢狼さんの話ではないですが
わんことかって このへんの気持ち見てすぐにわかったりしますよね。
……ここでどう言ってみ意味がなさそうな気がしますが 何となく
「この意味では 犬に生まれたくないな」って。  ボク シャイですから。
(↑あまり話しが通じていませんよ??)  ……まぁ こんなこともあるって事で。
(↑↑ちなみに この時 妹は浴衣姿だったので わんこが全力で掲げていた
フットスタンプを必死で阻止しました  これが 男の役割。  悲しい。)



さて なんだか 最後の方に ちょっぴり男の役割??  みたいな事を書きましたし
それに準じるのか よくわかりませんが 書きたくなった事があります。

健全な兄妹?
今日 塾に行く際に 妹からの使いっ走り。  マックにて。
妹「兄貴ぃ~??  お前 どこ行くの??」――の「え??  普通に塾だけど。」
妹「じゃ これ よろしく。  てか 行くでしょ??」って 感じで。

てか この娘 いろんな意味で問題アリだと思うんだ。  ボク的には。

TOP

補講!

2010⁄08⁄26(木) 22:49
<本日からの「特別講座」> 千葉現役館・特別講座
・微分計算演習26・27    ・苦手パターン克服(場合の数・確率)30・31



さて 夏期講習は終わったのですが 短期特別講座なるものが残っていまして
ここで 何もしなかったら確実にだれる事もわかっていますから
気を引き締めるために 親に無理言って 講座追加させてもらいました。
――まぁ この講座はわりかし安めに設定されているのですがね。

と いうわけで 最後に書くことができなかった 夏期講習のお話はここに書きます。
忘れていたわけではありません。  一応 念のため。

・長文読解総合英語
一応 この講座を担当してくださった先生は ボクが中二の最後(冬)に
T進から挫折してきたときに お世話になった先生なのですね~
……正直にかいて 非常にボクと相性が悪いわけですよ。  個人的にはね。

でも この先生はいわゆる「名物教師」と言われる類の人らしく
かなり有名講座まで手を広げていたりしますし 実際ボクが受けた講座の中では唯一
「受講証確認」をさせられた講座で会ったりします。
教室も「これでもか」とばかりに人が詰め込まれていたりしていましたからね~

で 教えていることはだいたいわかるんですよ。
「長文読解の極意」って言っていることは まぁ そうだろうな~  って。
――まぁ 正直に書いてしまうと ここの先生は「ボクが高校受験に教わった
国語・英語の先生の言っていたことの延長線」の内容を喋っていたわけですが。
――これは どのように解釈すればいいのでしょうかね。  判断にこまるところです。

……で この先生 ボクのどこと折りが合わないかと言いますと
当然に思えるかもしれませんが 単語を生徒にまかせっきりにしすぎるところでしょうか。
――まぁ ボクにも割と原因があるのかもしれないのですが ボク 単語・熟語の方
全くと言っていいほどできないたちでして 単語の方は 単語帳をやるしかない。
……でも 熟語の方は講師のフォローもほしくなってきますよね???
……で 最初冬の時に教わった時なんかは このへんの話をすっ飛ばして
「センターにしろ何にしろ 一番の得点源は長文だ!!」ということで
テキストを真っ向から無視しての長文読解の授業に入ったわけですよ。
……すいません……  語法を確認したいボクの気持ちはどこへ……

ついでに 先生は思ったことをバシバシと言っていくことをメモする形になるのですが
ボクの場合「音からの情報が鈍くなる」という特性を持っていますので
(↑この前 MRI受けた理由は このへんの脳内を分析したかったからなのですがね~)
ボクにとっては この作業が人一倍苦しくて……
そんなわけで あまりこの先生とは折りが合わないということになるわけですね~

まぁ 夏期講習になったからと言って この傾向はほとんど変わらず
とりあえず 結果としては「案の定~」みたいな感じでしたかね??
この講座受ける前から だいたい文章に印つける癖はついていたわけですから
(↑ボクの現代文の問題も 同じような運命になっています。  文系科目も一応ね。)
期待した方面の成長はあったのかなかったのか……??  これが 問題だ。

・個別講座~関係詞・接続詞~
テキストを見ないと このへんの講座の名前思い出せないなぁ……
内容的に「確かこんな感じだったんじゃね??」みたいなアバウトな書き方したけど。

さて 英語の文法・語法については ↑のお話で軽く触れましたし
何となく「普通の通期講座では 思ったよりも効果が望めないような気がする」ことを
悟ってしまったボクなのですが……(←まぁ 実際そうだったわな。  予想通り。)
そんなわけで「個別講座では このへんの効果も それなりに望めるのでは??
と 思ったわけで ちょっぴり無理を通して 入れてもらいました。

結果的には これはある意味あたりだったのではないかな~  って 思います。
――てか こんな風に書かないといけないだろうな~  って 無言の圧力を
別に この文章を書いているときに後ろに誰かがいるわけでもないのに
ひしひしと感じてしまうのは 単なる気のせいなのでしょうかね……???

さて では ここで軽くですが 個人講座とはどんなものでしょうか??  と言う話。
まぁ 読んで文字がごとく「ワンツーマン」形式で行われる授業なのですが
全国あちこちにいる生徒がワンツーマンを取るに関して 一人一人に講師が相手してたら
彼らが 過労ですごいことになってしまうのはわかりきっているので
この講座を受け持つのは 講師の先兵・現役大学生です。
――当然 特別な講義やらを受けているでしょうね??  当然。

そして この大学生が予備校講師と共同でカリキュラムを立てて
それに従って授業をしていくというパターン。  らしいです。
ちなみに 某K塾では 英語と数学に関してこの講座が組まれています。

念のため この先通期でこの講座を受けて行く可能性があるわけでして
この件についてもう少し詳しい説明を求めてみたら メリット・デメリットについて
「親身になってあげたり もしものときは教材に赤本を用いたりすることもできるが
やはり 大学生が教えるのもあって『専門性』にかける部分がどうしても出てくる」と。

で 授業内容は まぁ いろいろとプライバシーもあるだろうし詳しくは書きませんが
やっぱり「文法に関しては それなりの知識はそろえてあるが 語法・単語が残念すぎる」
と言う感想をいただきました。  ……まぁ 半ば想像はしていたけれどもね。
なんというか 想像の軌道をまっすぐ走っていたようなそんな結論をいただきました。

なんというか「たとえば この構文 どんな意味だか説明できるかな??」
「さぁ??」「実はね~」みたいな 形で進めようとしているところなのに
「え~と 確か~」「その通り」みたいな形にもっていかれるわけで
しかも 予習段階の答えがだいたいあっているわけだったりするからして
なんだか 向こうにとってもテンポがいまいちつかめなかった御様子。  すいません…

まぁ そのおかげで 浮いた少しの時間に 赤本を持ってきたりして
「こんな感じなのですが~」って 話しにもっていくことができたり
「通期の集団授業」でも「DVDでの授業」でもできないようなことができたというのは
一つの大きな収穫ととってもいいものだと思いますね。  さて 通期はどうしよう。

……まぁ 「大抵わかっている」って 書き方しましたが まぁ なんというか
「語法」のような 「こんな構文があります」としか言いようがない部分で
ボクは こけていたりするわけですから 一番扱いにくいパターンでしょうか??
何とも いろんな意味でつかみどころ・扱いどころがないやつです。

ついでに 講座自体とは関係ないのですが 順調に手続きが進んだ覚えがないと。
まぁ 個人講座は「個人ブース」――だいたいイメージ湧きますかね???――で
受けることとなるのですが ここに関する手続きが毎回うまくいっておらず
特に 最初の時なんかは「受講しているという事実」まで 伝わっておらず
教えてもらう大学生のフォローでやっと授業ができた感じですからね~
なんだか 受付の方はいろいろと改善が必要だと思った 今日この頃。

TOP

電車??

2010⁄08⁄25(水) 23:02
では 長々と大阪編をやっていても ネタがもちませんので
さっさと お話の上では舞台を移して 広島へ向かう話にしたいと思います。

……とか 言いたいところなのですが 何故だかカメラのフォルダの中に
新幹線関係の写真がかなり並んでいたので このお話で(すでに ずいぶんと遅くなり
もう この先どうなってもよくね??  みたいな 半ばあきらめていますから。)
すでに このネタを引き鶴こと自体に少し違和感もありますが
この展開をすでに 楽しみつつある まぁ そんな感じだったりするわけですが。
――そして 日本語も支離滅裂だったりする展開ですが 気にしない 気にしない。

まぁ 根っこは「何となく」鉄道関係でもオタクっぽいのが混じっているボクですから
こんな被写体に偏りが出てきたりするのも 理解できそうな感じですね~
ちなみに この先の移動が絡むたびに まぁ それらしい画像が挿入される確率
非常に 高いですから その前提で 今後の記事をご覧ください。

まず ボクの背景情報を少しばかり書かせていただきますと
ボク 実はこのときに初めて乗ったんですよね~  山陽新幹線。
……とはいっても 東海道はもう飽きるほど往復していますから
電車的内容では そこまで感動する事もなかった感じだったりするのですが。
――東海道に初めて乗ったのは ボクがまだ乳のみ子だった時でしょうか??

30.jpg
さて ボクの身の上話は 軽くこんな感じでいいでしょうかね???
山陽新幹線に入って 率直に持つべき感想。  それは 東海道では
もはや みることのなくなった電車を まだみることができる点とかでしょうか。
……と 言うわけで 速さを追求した結果 「こだま」でしか見ることのできなくなった
500系車両(山陽新幹線)です。  なんだか 見ていて悲しい空気に……。

てか 特に何も塗り替えられたような感じじゃないのに
元々 この車両だけが白青塗装じゃなかったからでしょうかね??
あまり ある意味では違和感がない でも 別の意味では違和感Max
そんな感じでしょうかね??  ついでに 車両が短いのも……
――もしかしたら この状況本気になれば 安全に300km以上軽く出るんじゃね??

31.jpg32.jpg
で あとは ひかりレールスターでしょうかね??
こちらも 山陽新幹線くらいでしか見る機会ないでしょう。
――あと 博多南線でも走っているのでしょうかね??  知りませんが。

とりあえず 結果から書いてしまえば 自由席と指定席
物は経験から!!  と 言うわけで 両方乗ってみたわけですよ。
まぁ 自由席は自由席で 岡山でかなり混んできたってのもありますが
やっぱり 普通の新幹線と同じ2・3列な感じで まぁ 普通って感じ。
でも 指定席は広くていいですねwww  うん。  いろいろと納得。

ついでに 別れた直後で このときはチャモさんとメールしながらだったのですが
まぁ 彼からいろいろとお話を聞かせていただいたりしておもしろかったですよ~
33.jpg
で 山陽新幹線の全ての特急を並べてみたならば こんな感じ。
4両のこだまが とにかく短く感じます。  500系は6両なのかな??

34.jpg
で 広島駅到着直前。  マツダが見えました。
あ~  こんな近いところにあったわけですね~  これ。
場外ホームラン出てきたら 電車のガラスがパリーン!!  って。  ありえる。
35.jpg
……てな訳で 広島駅到着。  新幹線の表示もしっかり西日本です。

さて 広島と言えば 市電走っていましたよね???
36.jpg37.jpg
うん。  確か こんな感じ。  いい感じ。
なんだか こんな風に「市電」が走っているというだけで なんだか
街に彩りが出てきているようなそんなイメージがわきませんかね???

千葉には「千葉都市モノレール」って モノレールが走っているのですが
これ もう少しおもしろい形(こんな風に市電とか)にしておけば
少なくとも 今のような「赤字路線」にはならなかった気もしますがね。

……なんというのでしょうか???  一応 懸垂式モノレールでは
一番軌道の長さがながいとか言う宣伝が細々と書いてあったりしているのですが
これって もう少し宣伝しても……あ~  やっぱりなんというか
「周りのバス路線に 価格戦争で負けている」時点で何とも言えませんね。

まぁ なんだか かなり話がそれてきましたが こんな感じで。
とにかく こんな風に「市電が走っている」だけで 街が明るくなるわけです。

38.jpg
ついでに かぶりついてみるとこんな感じ。
では 到着したところから先はこの後の記事になりますね。

TOP

おかえり。

2010⁄08⁄24(火) 23:02
“お前 最近 かなり不摂生な生活をしていたようだな?”(←昨日参照)

こんにちは~  のっぴぃです~  先日ちらっと書いたかもわかりませんが
我が家の女性衆が(時期外れの)帰省から戻ってまいりました~
“あれ??  無視? 無視なの???”(←もう一人のボク 強制排除)

……さて このヘンな描写(もう一人のボク退場)が必要だったのかはさておき
これで いつもの生活に戻ることができるってものですww
……とはいっても まぁ 最近は 勉強をしなければならないという毎日が
日常化しているので まぁ このへんは悲しいですが けれども認めなければ。

――で まぁ 当然と言ったらなんですが この女性衆がいない間は
ボクと親父とで 家を男だけで守っていた(+犬<♀>一匹 +α――魚・エビ――)
わけなのですが まぁ 当然と言ったらいろいろと失礼にあたるかもしれませんが
後から反芻してみたならば いろいろと偏った食事していたな~
とか 思ったりしたわけで。  そんな感じで 最初の話を続けてみたいと思います。

たとえば とある一日分(この間ですよ??  当然。)の食事なんか。
食朝
朝:ご飯(冷蔵庫に入っていた 過去炊いたご飯)――面倒くさいからそのまま
カップスープ(←実は コストコで買ってきたやつが飽和しているんですよね~)
その他 近くのスーパーで売っていたテキトーなお総菜。
食昼
昼:ビッグマック(←ほら なんだか安くなってたじゃん。)
食夕
夕:丸源で醤油ラーメン  映っていないけど 餃子。

ここから容易に想像できる結論は一つ!!!
「この食事は偏りすぎている!!」ババン!!   ……テキトーにもほどがあるなぁ。
もう少し 擬音語にも凝って考えてみた方がいいと 後になって思いました。

でも 軽く見た感じでもすぐにわかるでしょう。
「明らかに 緑色のものが 少ない気がするぞ」って ことくらい。
この中に 栄養士・又はそれに準じる方がいるのだったら こっそり教えていただけると
こちらも 十分に反省する機会が持てるのですが(←落ち込むよ~)
でも そうではなかったとしても このように記録を取って改めて見てみると
この間の食事は 非常に偏っていた事が素人目にも明らかですね~

しかも 見た感じだと ほとんどレトルトとか……ではないか??
表現に困ったりするのですが とにかく 調理済み食品のオンパレードだったり。
なんだか すぐにわかったりする場面では 見た感じでは野菜が
ビッグマックの間に挟まっているところくらいしか思いつかないですね~

さて まぁ この後 偏りすぎた食べ物をずら~っと並べて
変な自己満足に陥っていくのもいろんな意味でおかしい気がするので
この件の話はここでとどめておくとして でも 父親が料理を作らなかったのは
いろんな意味で 個人的驚きに値する事だったりします。

だって うちの父親 たまにチキンカレー(前 ボクが旅行中に『チキンカレー』の
話題を振ったと思いますが このレシピの開発は 親父がやったものです。)
を振るまったりしているので 親父は料理ができないわけではない
――うまいかどうかは別として――と 思うのですが 何があったのでしょうかね??
結局 面倒くさかったとか何かなのでしょうか???

ちなみに ボクの場合は「勉強やっているらしい姿を見せる」ということが
彼を安心させる一番の良法だと思ったので 単語暗記の旅とか……は ちょっと違うか?
まぁ 机に向かったり いろいろとやっていたつもりですがね~
――結局は 自分のためのような気もするのですが ここは詳しくは気にしません。

まぁ そんな状況を見せようと努力する……って 書き方をしたならば
いろんな意味で あらぬ誤解を与えそうな気がしますが それをしていたわけで
キッチンに立つ機会なんてほとんどなかったりしましたね~
――一応 ボクがやったのは たまっていた食器洗いと 食卓のふきんがけ
犬の散歩 風呂の方の手続き その他もろもろ……くらいでしょうか。

どっちにしろ この間に料理をしている親父はほとんど見なかった。
この間に作ってたものって ご飯(二度炊いた)くらいでしょうか。
――このうち一回は玄米半ご飯作ろうとして盛大に失敗していた気が。――
まぁ それが 個人的には一番驚いたことだったわけですね~
……正直 軽くどうでもいいことなのですがね~(←それを言ったらおしまいですよ~)



さて 続きましては 帰ってきた彼女たちのお話でしょうか。
まぁ 土産話をここで書いても 面倒を起こすだけで 特にメリットは見当たらないので
一応 省かせてもらいます。  まぁ 臨機応変ってやつですよ(←たぶん違う)

でも 軽く土産的な物は……つい最近ボク達も行ってきたとこだしな~
とりあえず 期待していた「サンマルコのビーフカレー」は 買ってきてもらいました。
……とりあえず 大阪っぽくは感じないかもしれないですが
母親曰く ここ(大阪)発祥って 言い張っていますね。  サンマルコのカレーバー。

なんだか 母親曰くには 彼女が小さいときに大阪のとある百貨店の地下で
ちゃっちいカレースタンドがあって いつの間にか その店が見えなくなった。
……あ~あ。  おいしかったのになぁ……って 思った時に 近くにカレー店が。
行ってみたら 同じような味で しかもメニューも極似。
これは あそこの店と同じに違いない!!  って 思ったそうな。

まぁ このへんの話が本当かウソなのか ボクには測りかねますし
面倒くさいので 事実関係をここで調べたわけでもないと言い切ります。
ついでに そこまで気になっているわけなので 答えを探していただく必要もないですが
結果論として ボクもこのカレーは気にいっているっていうことはありますね。

ついでに このカレー店の支店っぽいのが新大阪駅構内にも出来たらしく
――ちなみに これを発見したのは この前新大阪駅を利用したボク達です。
正確に書くと 広島発の新幹線(レールスター)から乗り換えるときに発見しました
……まだ このへんの記事は 広島にすら至っていないのですがね~――
母親は かなりうきうきした状況で買ってきた感じです。  目が語っています。

あと 母親がおもしろがって買ってきたのは 大阪の常識トランプとやら。
まぁ 面倒くさいので 画像系統は割愛させていただきますが
このトランプ使って(大阪出身の母親にとっては 当然のことばかりだったらしいですが)
なんだか 一緒に集った兄弟姉妹で盛り上がっていたらしいですよ~

ついでに 家でこのトランプの内容をボクも見せてもらったのですが
個人的にも「まぁ そうだろうな~」とか「当然だな~」とか 思った物が非常に多く
――当てはまらなかったのは 一つや二つ それくらいでしょうか??――
この結果を忠実に書きとってしまうと ボクの特性と言うのは
「しゃべり言葉もろもろは 関東のそれに染まっているが
心は 関西の人間を忠実に受け継いでいる」感じでしょうか??

ちなみに 妹は半分も理解できなかったようです。  何?  この兄妹の違い。

TOP

忘れている物。

2010⁄08⁄23(月) 23:01
“なにか かなり大切な物を忘れている気はしないかい??”

……なんだろう。  どこからか 声が聞こえてきた気がする。
……う~ん。  なんだか 最近は友達とかと喋る機会もないし
とうとう 頭がちょっと 淋しすぎる反応を示し始めていたりするのかなぁ……??
――でも いいか。  特に勉強以外やることが思いつかないというのも事実だし
今日は このよくわからない(自分の心の中か??)から聞こえてきた気がする
「もう一人の自分」の相手をしてやることにする。  たまには乙なものだ。

「いや~  なにか 忘れていることあったかなぁ??」とりあえず こう返しておく。
「ひとまずは 家ではだらだらしがちだから 予備校とか極限まで授業入れたり
ちょっと挫折した時期もあったりしたから 自習室籠ったり
ひとまずは 受験生らしい行動を心がけていたつもりなんだけれどもねぇ??」
“それでも 俺は『アレ』を忘れていることを危惧して教えてやっているんだ。”
「それって ボクのキャラのことを言っているのではないのかい??」
今のところ この日記の上では基本「ボク」という一人称を使わせてもらっていますが
リアルなボクとして話していたりする時なんかは主には私 のっぴぃは一人称は主に「俺」を使っています。
……でも 書き言葉だったりした場合 何となく「ボク」って カタカナで書く方が
見ていて柔らかい印象があるかな~  とか 思ったりして こんな書き方してるわけで。
――そうか!  心の声の場合は そのようなことを特に考える必要がないから
リアルと同じ一人称「俺」で語りかけてきているのか!!  納得!!

“……お前 絶対話をそらそうとがんばっているだろう。
何のために俺が出てきているのか 全く理解しようとしていないと思うぞ?”
……なるほどねぇ。  失礼失礼。『アレ』って なんだっけ??
ちょっと待ってくれ。  頭の中を整理してみるから。  うん。さすがに次は真面目さ。
さて この夏休みを回想してみて 真っ先にたりないな~  とか思ってみたりするのは
『遊ぶ時間』というものが 極端に減ったことかもしれない。
まぁ このへんはしょうがないものというイメージが強いだろうね。
正直に この夏休みの間で「誰かと会話をした」と言う記憶ですら
なんだか あったかなかったのか非常にあやふやなイメージがありますからね。

そういえば 学校でReading教えてくれている先生が言っていたなぁ。
『人間 必ず集中力は切れるものだ。  そんな時には 友達と連れ立って
少しカラオケ行ったりして 気分を入れ替えてみる  と 言うのも大切だぞ』って。
じゃぁ このへんのことを念頭に置いてみるとこの『大切な物』って
『友達付き合い』というものだったりするのかねぇ??  とか 思うのですが。
――ねぇ もう一人のボク??  一体答えはなんなのかい??
……そう言えば 『もう一人のボク』って フレーズと言えば……

“俺は ここでそんな話をするべきではないと思うがねぇ??”
「……スイマセンデシタ。」  ヤバい。  バレている。
まぁ よくよく考えてみたら ここの設定上は(←なんだか タブーを言い出したぞ??)
『ボクの心の中の声』なのだから 脇道にそれたら そりゃわかるよねwww
……で 解答の方はどうなのでしょうか??  一応 反省しているつもりですから。

“まぁ この意味ではまともに考えているようだが もう一息考えてみようか。
……もっと『勉強している』という達成感とか言う中で見落とされている物が。
……もっとも 俺のこの言い方と言うのもまぎらわしいものがあると思うが
見方によっては この答が一つとも限らないけれどもね。  とりあえず 考えようか。”
勉強を終わらせたという達成感の中ねぇ???  ……いや 勉強終わってないけど。
絶対ここで ツッコミが入りそうな気がしたからなぁ。  フェイント フェイント。
さて じゃ この夏休みの間の勉強について 軽く復習的な物を。
――しなくてもいいって???  考えてみたら 椅子座ってルーズルーフ広げて
絵的には全く変化がないって??  きついことおっしゃりますねぇ。

じゃあ もうきっぱりと 言ってしまいますよぉ。  ぐすん。
この夏休みの間 ボクがやり残した勉強方面はいろいろとあります。
まぁ 紙面の関係上 このへんはいろいろと省略を織り交ぜますが

①勉強の教科が偏りすぎだ  と 言うこと。
まぁ 理系であるからして 国語・社会に手が回らないというのも当然ですが
その他にも ほとんど英語の積み残しはそのままだったりしている気がします。
――一応 単語練習なんかは それなりに織り交ぜたつもりなのですが
なんだか 実感なし。  まぁ この結果が出てくるのは10―11月っていうし
今から出てくるものなんて ほんの一握りしかない気もしなくはないですが……。

②授業受けたはいいけれども 復習が終わっているの??  って事。
実際 復習が追いついていない部分が結構多いです。
しかも 予備校の通期の講座(1学期)の講座なんかの解き直しも
今 改めてやってみたら『あれ??  どうするんだっけ??』みたいな
いろいろと危ない橋を渡っているような実感を感じることがあったりなかったり。
どちらにしてみても 見てて安心できるような状況ではありません……。

③で 第一学校の存在忘れてない??  大丈夫かい??  おにーさぁーん
……すいません。  題の方はふざけました。  でも 理解できるでしょ??
未だ 手につけた宿題はなし。  まぁ 『勉強』って形で
『机に向かう』ということはしているのですが 宿題を広げた記憶はなし。
……ついでに 宿題がなんだったのかの記憶もなし。  そして 行き場の記憶もなし。
――って これ なんだかいろいろとヤバいことに陥っていませんか????  的な。

そして よくよく考えてみると 新学期――とはいっても 学校が2期制なので
状況的には『夏休み明け』としか書きようがないのですが――から一週間で
前期の期末テストが控えていたりします。  まぁ 理系教科に関しては
特に コンデンサー関係は がんばって練習問題(上級レベル)を解いているので
計算問題・計算の速さの問題までには 仕上げておいたつもり(←気持ち的には)
なのですが 文系教科って……  文章なんだったか記憶にございません。
――ほら。  学校の国語とか英語とかって 期末試験とはまた違った問われ方を
多くされるじゃない??  この対策 全くできていないし。
……さて もう一人のボク。  こんな感じで書きこんでおけばどうにかなるかい??
まだ 言い残したことがあるんだったら 話聞いてやるぞ??
……てか ボクがこれだけダラダラ書いているのだから 何か突っ込むくらいしてよ!!

“……zzzzzzzz……”  「←寝るな!!!!!!!!」
“(バチッ!!)……おぉ。 スマンww  最近眠くて眠くて。”
まぁ 自分のことだからよくわかるけどね。  勉強の途中も睡魔がやってくるし。
正直に この時期の勉強って 睡魔との闘いがメインだったりするもんね。
――じゃ この今までダラダラ書いてきたこと 全く見ていなかったって……
“……言うことはないぞ。  だって どちらも俺の思考だからな。”
――デスヨネ~www  こんなタイミングで心の言葉読んでくる人間がいたら
いろんな意味で気持ち悪くて普通に生活できる自信 全くないもん。

“まぁ 先ほど考えていた事の他に『記述模試』の存在をくわえたならば
たぶん 今のお前の生活で今のところ見落としている物はかなり減るのではないかい?
……ま あくまでも『俺は断定することはしないがな。』
……やっぱりボクだ。  この特性も同じだとは。  書いてみて改めて実感だな。
でも 抜けてたなぁ。  記述模試の存在。  やっぱりテスト対策からやらなきゃだな。



……って 感じでたまには『一人二役』で記事起こしてみたりもしますよ。 あざっす。

TOP

画像成分多めでお送りします。

2010⁄08⁄22(日) 23:05
本日の記事内容は 少々コアだったりする面もあります。  てか 画像しかないです。
「いろんな意味で」対応できない方が大多数だとは思いますが その前提で
今日は 話し……と いうよりも画像成分多めで行きますので 心してください。

……てな訳で 昨日は昨日で その日でないと書けないネタがあったので
「まぁ かける事もあったんだけどね~」みたいなノリで 引き延ばした話。
――そういえば 昨日の話の導入も同じような引き延ばしからだったっけ??
なんだか 影でパターン化されてますなぁ  この日記。
ついでに 今までほうったらかしにしているけれども 旅行の話大丈夫かな??

とにかく 単語帳片手に「ぶらり途中下車『しない』旅」に行っていたわけで。
きっかけは非常に簡単。  ボク 非常に単語覚えられないじゃないですか。
そして まだ書いてはいませんでしたが 予備校の個人講座で
「文法は 人並みかそれを少し上回る程度に理解できているのに 単語が残念だね」
と言う 評価をいただき(単語問題以外は かなりいい線いっているのに
語法問題に変わったりすると 非常に残念な結果になってしまいましたというわけで)
とにかく 単語練習の必要性を感じたわけですね。

で 単語は「机に向かって覚えるものではない」という意見もあります。
――ボクの場合 他の人たちが主張するやり方を実践してきて
とことん失敗しているので 奇想天外な発想で勉強しないといけないかも。
Image070.jpg
……じゃあ ボクも半ば好きな「電車であてもなくぶらつきながら」単語を覚える。
今日は それをやってみよう。  と いうわけで 半ばヤケクソ感満載な思考回路で
「行くあても考えずに電車を乗りまわすだけ」の旅が始まりましたとさ。

とりあえず 帰ったらたまっていた「途中下車した駅」の駅案内を貼り付けます。
「何となく 興味があった人」は だいたいどんなコースを辿ったのか
地図の上で確かめてみるのもいいかもです。  ついでに 最寄駅はまだ晒しませんよ☆
Image072.jpg
Image074.jpgImage073.jpg
「趣都」の駅構内には こんなお店も……  さすがですよね~
Image076.jpgImage078.jpg
Image079.jpg
そう言えば 川越線通ったことないなぁと言うわけで。行き先決定。
この路線 大宮でてすぐに単線になるんですね~  半ば電車的に不自然ですが。
Image082.jpgImage080.jpg
八高線。  ここから高崎よりはワンマンカーでした。
……ついでに ボクは面倒くさいので そこから先にはいきませんでしたがね。
Image083.jpgImage085.jpg
Image087.jpg
武蔵小杉駅。  ここ 只今自由通路が工事中という噂の駅。
ここだけ 無駄に詳しく写真をとっておきました。  理由は特にない。
Image088.jpgImage089.jpg
Image090.jpgなんだか ボクが行った時には
駅の連絡通路で気温低下の試験中でスプリンクラー回していました。
なんだか「濡れないサイズに小さくした水滴を飛ばしてその気化熱で~」だそうです。
Image091.jpgImage092.jpg
ちなみにボクの足で6分ほど。  で このまま帰宅。

※ちなみに この駅ができたことで 千葉県から慶応大学に受験する人間が増えたとか。
ボクにはそんなに関係ない問題ですがね~

TOP