むし

2010⁄07⁄31(土) 23:03
どうもどうも~  のっぴぃです~
暑くて暑くて うちのわんこと同じくらい 家ではめちゃくちゃだれてます。
うちのわんこは「四足歩行」しているはずなのに 家の中で
「腹出して寝ている」状況ですから それと類似……したら いろいろとまずいか。
(↑雷なっていても気にしない。  それが 我が家のわんこ。)

ただし ボクの「暑い」の評価は 他の人とはかなり違う感じで
推移しているというわけで 他の人が「適温だ」と感じる時には
すでに 「暑い」と「温かい」の境目のところまで達している……
……と 言うより すでになんだか 踏み越えているみたいな状況でしょうか。

まぁ そんなボクの「適温」は10℃割るころからでしょうか。
完全に 普通の人間は「寒い」の域に入っている気もします。
てか 学校のプールのシャワーでも 何一つ顔色を変えないのは
ボクくらいかもしれないです。  ええ。 自信過剰ですとも。

そして こんな状況の中 低血圧なのかなんなのか
いまいちよくわからないのですが 年を追うごとに
順調に「体温の低下」を感じているのっぴぃでもあるわけですが。

たとえば 冬でもないのに「朝が全く起きられない」というのが。
だいたい 寝起きに体温計を突っ込んだら 軽く33度代出す事も
最近は ざらにある気がします。  お陰で 冬の布団が出にくいように
ボク 全く起きられない。  今の時期 これはまずいんじゃないの????

そもそも(体温)36度で軽くうなされる人間と言うのは
なんだか いろんな意味で「人間としてヤバくないか???」みたいに
思ってしまいたくなる そんな居出立ちなわけですが。
まぁ うなされるということは 体は「これが熱」だと感じているようですが。

これはこれでいいのか それとも わるいのか。
(↑ここまでしか書かなかったら メリットなんか思いつきませんがねwww)

……と 言うわけで 日々「体温が下がっているんじゃね???」と感じたくなる
そんなお話を身近に感じる出来事が只今丁度 進行中なので
最初は このへんのお話を軽くさせてもらおうかな~  と 思います。

夏。  みなさんが過ごしていて「迷惑さ」なら 一位二位を争うくらい
うっとうしい虫。  「蚊」。  英語で書くと「mosquito」。
……英語で書きなおす必要もないかとは思いますが まぁ そこはノリで。

ボク 実は「今年に入ってからは」一度も刺されたことがありません。
5月頃からぼちぼち……と 言うより 毎日蚊をつぶしているので
特に この一帯だけ蚊が生息していないというわけではないと思いますが
ノースリーブで歩き回っている今でさえ まだ 蚊に座れた覚えはないです。

ついでに 今年で今のところ一番アクロバティックな蚊のつぶし方は
「iPod聞いている途中に遭遇した蚊を その『イヤホンのコード』で縛りつぶした」
というものでしょうか。  こう コードを丸くして
蚊が通った時に とりゃ!!  っと 環を縮めて。

お陰で コードの配線に 蚊のあのまだら模様がしっかり刻印されたのは
なんと言うべきなのか 非常に困りますね。  血も付いたし
……ルミノール!!  ルミノール反応を!!!

まぁ 「蚊に刺される」「刺されない」のお話は 体質云々もあるらしいですが
父親や母親・妹なんかは 日々「刺された~」とか ぼやいているのに
ボクだけ 「あれ?? 刺されていないけど???」みたいな顔で
ケロリとしている状況は 自分で考えてみても いろんな意味で変です。

まぁ この「記録」が ボクもいつまでも持つとは思っていません。
そのうち「ボクのことに気がついてくれる蚊」というのも出てくるでしょう。
……でも 実は リアルな世界で「影の薄さ」に非常に悩んでいる身としては
このようなお話は 「とうとう 虫にもこのような反応を……」みたいな意味で
少々 凹みつつあるようなのですが。  悲しいなぁ。

<補足>
……まぁ あってもなくても意味はないようなお話ですが。
我が家の庭では 只今 蚊が大量発生しております(両親談)。
父親(このへんは専門??)からこの話について聞いてみたならば
「お前が 外にでなさすぎるだけだ」と 諭されましたが……。

でも この時期に 外で「わーい!!」って 遊んでいたとしたら
それはそれで いろいろと問題なんじゃないかなぁ と 思ってしまった
そんな息子 のっぴぃでした。  そもそも 予備校でも飛んでるし。



さて 後は 体質と言うわけではないですが この時期少々悩んでいることが。
それは 何なのかと言うと「おなか周り」のお話です。

ボクは 今年の冬に まぁいろいろとあって「吹奏楽部」を辞めましたが
皆さんはどう思うのかよくわからないですが アレって……と 言うより
息を使って演奏する楽器というものは 意外と腹筋使うわけですよ。
……一応 体力テストでは これ ボクは満点もらっていますし。
……で それをやめて かなりおなかの運動がなくなった気がする。
まぁ これは 今の受験生(元 運動部)も 同じような状況かと。

それも関係があるのか よくわかりませんが 最近おなか周りが出てきた気が……
ちょっぴり 悲しい現実ですが そんな気がものすごくしています。
「ヤバい!!  ヤバいよ 父さん」(←お前 どうした????)

考えてみたら この夏休みの生活と言えば 今までを通しても
一日を除いて 毎日「予備校と家」の往復だけしか動いていませんし
そもそも 予備校ではずっと座っていたと言っても過言ではありません。
――まぁ 立場的に考えてみたら しょうがないとも言えるのではないでしょうかね??
……でも これは かなり凹むというのも 事実。  わかってください……

とりあえず 「わ~い 太った~」みたいに思えるような内容ではないと……
……ボクとしては 思っているので(この前買い変えた体脂肪計で測ったら
見た目とはずいぶん違う評価をそれにつけられてから ずいぶん凹んでいますが)
個人的には いろいろと運動方法を考えながら過ごしているのですが。

たとえば 予備校での移動は毎回「階段」を利用しています。
……なんだか 考えている「ちょっとした」というお話が
なんだかんだで サラリーマンの過ごし方のそれに近づいてきている気がするのは
ボクの気のせいなのか……。  気のせいであってくれ  と言うわけで。

それでも 椅子に座って勉強していると 何となくたるんでいる気がする。
……一体 私は何をすればいいの???  だれか 教えて!!!!

TOP