似るものなのか?

2010⁄07⁄23(金) 23:03
こんにちは~  のっぴぃです~
まぁ さすがに二日連続で実験じみたことをやるわけにはいかないわけでして

なんだか 昨日の記事であったひどい有様な一件について
後日に「詳しく書く」的な事をかいてしまったわけですから 責任をとって
説明になるのか(まぁ ならないだろうな)書いてみますと
まずは いつも影にやっていたものオンリーで 記事になりうるかという点です。

ボクは まぁ 長い間見てくださっている方がいらっしゃるのなら
何となく 想像がつくかもしれませんが たとえば こんなアニメの「垂れ流し」
(↑だって もう「レビュー」とは言わないでしょww  ここまで行くと。)
も 数としてありえるでしょうし その他にも 旅行行くときに
ぼちぼちと書いている「羅列シリーズ」的なやつも あてはまるのではないでしょうか。

……まぁ 「垂れ流し」をさらに超えるほどの「誰得」記事?

……と 言うより「記事」であるかすら いろいろと微妙なラインのあの物は
読んで文字がごとく 最終手段として利用していきたいと思います。
――でも あの存在のおかげで 検索ワードがかなり引っかかってくるんですよねwww

あとは 文章をまとめられるか――昨日も書きましたが この件に関しては
時間がなかったという言い訳の元 お蔵行きとなりました。――も試してみたのと
あとは 時間がない中で どれだけのことが出来るのか……
……ボクのネットには 元々制限時間もついていますし 何かしらの仕事で
「この時間が遅くなってみたならば」どこまで活動できるのか……
……そんなことに関しても こっそり考えてみたりしていました。

その他 途中で気がついて勝手に作ってみようと思った感じになりますが
ちょっといつもより短い記事(下書き段階では)を作ってみて
どれくらいインパクト(長さ的に)の記事が作れるかどうかというのもありますね~

……結局 かなり画像の量が多かったというのもありまして
思ったよりおもしろい結果が取れなくなってしまったというのもありますが。

……理系人間的には こんな風に失敗(と いうのか??)することの方が
おもしろいと感じたりするわけなのですがね~  まぁ これからも考えますよ。

まぁ その他にも 自分の中で決着するちょっとしたデータも
それなりにとってみたつもりなのですが まぁ すべて書くのも
いろんな意味で つまらなくなっていきそうなので――まぁ このことに関して
「本当に 触れてみる」ということで ゲンナリする空気もある気もしますが――
また 中途半端な感じになりますが ここで止めておきたいと思います。

まぁ 個人的に 結構大きかった結論というのは 前にも書きましたが
「物事には すべて特性がある」と 言うことでしょうか。

ボクは 毎日毎日起こることを詳しく記録していくことに関しては
それなりに 適性があるのかもしれませんが 何かあったことに関して
「個人的な感想」を人に伝えようとするのは 非常に難しい事みたいですね。

たぶん この勢いで「小説」……もう少し具体的?に書くと
「同人誌」的な物をかいて行くことに関しては まだ 難しいみたいですね。

みなさんも ちょっと行き詰ってみたら こんなこと考えてみるのも
ちょっぴり おもしろいかもしれませんよ??



では 上のお話がなかったかのように 話を続けてみたいと思います。

空き地
梅雨の知らせも遠のいて(と 言うより 梅雨の感覚がないですが)
もう 夏真っ盛りなのでしょうか??  という 陽気の中
つい最近まで 解体工事をしていたはずの空き地は 莠で埋まり
生命の強さについて かなり感動を覚えている のっぴぃです。
(↑最初の最初 プロローグから入った!!!)
(↑↑ついでに 「莠」は 「ねこじゃらし」と読みます。
漢字変換で出てきたので そのまま使わせてもらいました。  これも勉強。)

まぁ こんな中 めちゃくちゃだれている人間約一名。
……言わずとしても ボクのことだということなのですがね~……
……と 言いたいわけなのですが 我が家の中には もう一匹
こんな感じの過ごし方をしているのが いらっしゃいます。↓
愛犬
我が家の「玄関」犬です。

まず最初に「何故に玄関??」という声も 何となく聞こえてきそうなので
ちょっぴり 補足説明的ノリで 書いていこうと思いますと
元々は「外犬」として 家の前の犬小屋の中に住んでいたのですが
とある冬の日 寒かろうと 家に上げてしまったのが始まり。

……でも なんだかんだで 母親が家の中が毛だらけになるのを拒否。
掃除する人は 母親なのですから これくらい物申す権限くらいはあります。

そして そこからの微妙な取引があった結果 玄関に落ち着いたわけでして。
それからなんだかんだで「寝る時には 玄関にやってくる」というのが
季節関係なしの お約束となっております。  まぁ いいじゃん。

でも 満月が近づくと 何かの血が騒ぐのでしょうか???
自分からはなかなか入りたがらず 外で過ごすというのも また お約束。

まぁ これが原因なのかわかりませんが 先日ボクもよくわからない事件が起きて
父親が でっかいたんこぶをこしらえて ついでに家の中のとある家具が
半壊したというお話もありますが なにせ ボクも状況がよくわからず
中途半端なこんな説明くらいしか出来ない(詳しく知っていたら もう少し
中身がある記事が書けそうなのに……。  残念!!)のですがね。

……補足が長くなりすぎました。  とにかく この犬も
最近は 少しでも涼しいタイルの上で 力なくダランと寝っ転がり
たまに 近くに家族の誰かがやってくると やる気がない……
……と 言うよりも 生気がない目を向ける感じで。

一応 彼女専用の扇風機も用意してあって(←贅沢ですね~)
この風が届く範囲で転がって入るのですが この反応を見ていると
やっぱり暑いんだろうな~  と 思ってみたり。
……一応 雑種ですが 毛は短い方だと思うのですがね~
こいつも 文明の機器に侵されている感じになるのでしょうかねwww

何がともあれ ボクの最近の日中は 予備校のクーラーの下。
これが この夏期講習を乗り切るひとつの糧なのだから しょうがない。
まぁ 文字の行数的に 今日はここまで。  また 明日。 

TOP