2010⁄06⁄21(月) 23:05
澪2澪1
こんにちは~
昨日「8000番」が近い報告として 踏んだ方に連絡を~
と 書きましたが 昨日の23:36に 桜エビさん からコメントで
踏んだ報告を受けました~  ――正直に 帰ってきたのはこれが初めてですww

と 言うわけで 先頭には 澪を配置しておきましたが
……どこかの画像掲示板から持ってきた画像で悪いですが
ボクなりのちょっとした気持ちです。

ついでに “lazy”に出てくる澪の画像はこの日記に貼りやすいんですよね~
だって 基本的に背景が暗色になって もともと黒い(現時点では)
テンプレートを使っているボクとしては あまりはむわかわないから 使いやすいと。

……とは言いつつ もしものときは背景が白い画像でも
なんの気遣いなく貼ってしまうボクだったりするわけなのですが←

あと 二枚目の方――”Listen!!”の「裏」澪?――の方は……
もしかしたら 彼女に会えるのももう少しですかね??(ED変わるの?)
――てか まだまだ続きますよね???  二期。(情報が薄くなりがちなので←)

まぁ 何がともあれ(彼女について深く追求してはいけないのでしょうが)
とても 正体が気になるところですね。  個人的には。

とりあえず いろんな画像を見てみる限りだと 正体……
……というよりも 衣装のコンセプトは「虫」なのではないかと 何となく
感じていたりするわけなのですが。(触覚とか リボンが羽根に見えたりとか。それ以上は知らん。)

まぁ これからもこのシリーズには期待ですねwww
いかんせん 長生きですから。   良い事じゃ 良い事じゃ。

そして 大変話がそれましたが
桜エビさん報告ありがとうございました&おめでとうございます!!!



さて あと 今日は世間一般的には「夏至」でしたっけ???
考えてみたら 最近は太陽も高く 昼間外を歩いていると
周りの影が異様に短く感じられます。

そして こんな風景が見えてきたならば 夏本番も目前!

……と 夏が好きな人(たとえば 妹とか)は
かなりテンションが上がってくるのですが(←たまに ボクも 引く。)
ボクみたいに「べらぼーに暑いよりも べらぼーに寒い方がいい」って人は
逆に これからどんどんと体力を奪われて行くわけですね。

そして この話題になったら 必ずこのネタを振ると言っていいような状況に
もはや なり下がるほど この日記もマンネリ化していますが
「夏本番は 受験戦争真っ盛り!!」と 言うわけで
身体的にも精神的にも 非常に辛い夏になりそうです。

できれば 一発合格してその苦しみ(まだ 体験していませんが)から
のがれて行きたいと思ってはいるのですが いかんせん
天文学に関して 学ばせてくれる学校は 他の科目よりも異常に少ないと。

それなりの立ち位置に立っている国立大学にしか
設置されていないというのも事実なので……  だから 志望は落とせない。
だから 「浪人してでも行ってやる」の 気迫が必要になってくる……。
(↑具体的にざっと書いていけば「東北」「神戸」「広島」など。
 まぁ これは「ボクが勝手に見据えている」話ですが。  東北は完全にきつい。)
(↑↑で 尚且つ できるなら大学院で「東京」あたりを目指していきたいという
 非常に高い「野望」があったりするのですが これは また 別の話。)

まぁ このへんは自分に対しての喝ですからスルーしてくださって結構です。
(でも まぁ ちょっと違う次元に立たされてはいるわけですがね。)

そして その「戦いの夏」と呼ばれる夏休み  別名「受験の天王山」まで
本日で あと 一ヶ月と相成りました(と Readingの先生が言っていた。)

つい最近 進級したと思ったら もう こんなことになっていたようです。
なんだか 最近時の流れが理不尽に早くなってきている気がします。



さて そんなこんなで結構話を使ってしまいました。
ここから 「本来話の軸にもってこようか」と考えていた話を書こうと思いますが
……正直 尺が短いですね。  まぁいいか。  かけるだけ書こう。

今日は ボクの学校 3時間日課でした。
で 午後何があったのかと言いますと「三者面談」です。

まぁ ボクは今日ではないのですが 今日から面談週間というわけで
午前中にすべての授業が終わります。  ええ。  すっぱりと。

一・二年生の間は この間に来る「定期演奏会」に向けて
最後のスパートをかけていたりしていたわけですが あいにく ボクは
その世界から自ら身を引いた身。  そんな事は今年はしません。

まぁ ここで(↑の話も総合すれば)「一日中勉強していました」
って 書くのが 本来の期待通りの回答なわけですが……

まぁ 昨日・一昨日とぼやいている内容があることをここで指摘すれば
今日 その時間は何に費やしていたのかは だいたい想像できると思います。
台本の訂正→あまり進まず。  ちょっと あせりだす。
プログラム→なんとか提出。  でも ポスターの構成考えなければ……。

と 言うわけであんまり状況は変化なし。
我ながら ちょっとかわいそうな気がしてきました。
(↑と書くことで 被害妄想としか読み取れない文章が完成します。)

さぁ 明日の朝持っていけなかったこと なんといいわけしよう(台本)
よし。  「家に忘れた」で 通しましょうか。(←最悪だな お前。)

ついでに ボクはこんな風に「早く帰ることができた」人間ですが
希望者には「補修」……つまり 授業補修を受けたい人はそれを受けていたわけですね。

ただ ボクの場合は 今までの内容から何となくわかる人もいるかもですが
あまり 学校の先生をこちらの意味で信頼していないので
――予備校の夏期講習行く方が いろんな意味でいいんじゃね???――
結局 予約せず。  まぁ これもひとつの選択です。   以上。

TOP