白き妖精..

2010⁄04⁄17(土) 23:02
サクラサク。 そして散る。
雪が舞う。 そしてとける。

長い時を知らない彼らが
初めてであった記念の日

わたしが知らない人にであった。
こんにちは。 はじめまして。

いつもは知らないままいなくなる彼らが
こうして知り合うことができた。

白い妖精がここでであった。
花の妖精とであうことができた。
そしてまたわたしたちの記憶に新たな輝きを記す。



こんにちは~   のっぴぃです~

ボクにとっては この冬勝手に自分で定めた暗黙のルールで
「雪が降った翌日には 軽く詩のようなものを書かなければならない」
と言う物があったわけでして。 そして なぜかこの時期にも降ってきてしまったので
必死で(理系)脳をフル稼働させて文字を綴ってみました。

まぁ 軽く聞き流していただけたら幸いです~
気にしたら負けだ。

季節外れの冬季節外れの空き地
とにかく 四月も中ごろになって降ってきました。
白い妖精――雪――。   しかも うっすらでも千葉でも積もったんですよ??
まぁ 朝には車の上とか日蔭とかくらいしか残っていなかったのも事実ですが。

そして そんな陽気の中ゆうゆうと半袖で家の中を歩き回るボクがいると。
(母曰く「寒い」  暑苦しいって言われるよりはいいですよ~www)

ボクにとって この温度はホームグランドですから 気にする必要はないんですよ~
心の温度低下にはめっぽう弱いボクですが←

でも こうして積もった雪も 11時ごろには綺麗に解けてしまいました。
やっぱり 雪ってはかないってイメージで間違いないですよね……。

だからこそ美しいのは 桜も雪も一緒。
……量が多すぎると美しい前にうっとうしいのも両方一緒ですね。
迷惑のスケールの大きさは月とすっぽん並みですが。

桜は掃除がめんどくさい程度で終わりますが
雪はいろいろ壊したり 封鎖したり 大変でしょうし。
(↑雪国にお住まいの方々 毎年 お疲れ様です。)



そうそう。  さっき雪の報告をしたときに「隣の新地にしたばっかりの空き地」の
写メを使ってみた縁もありますし この新地について少しばかり
情報更新をさせてもらいましょうかねぇ???

不動産店や新聞に挟まっていた広告を確認してみたところ
あの新地 もう 売り出されていたみたいです。

50坪くらいのところを二つに分けて売り出していた(もともと家一軒)ので
あの家が建ってから あの土地の地価がずいぶん変わったんだな~
みたいに思いました。  ついでにボクの家が建った時にはどうだったっけなぁ。

で ここで父親が変な思考を持ち出してきて
「家の日あたりを確保するために あの土地を2mくらい買う事はできないだろうか」
なんて 考えだしましてね~……  (←なんとセコイ……。)

ぶっちゃけて 「勝手にやってよ!!」って思考でいたのですが
なんだかんだでその土地の地価を計算する羽目になってしまったと。

……何故ボクが。  ちなみに その土地を2mほど削って買ったとして
いくらくらいするだろうか(理論的に)という計算をしたのはボクです。

……受験生に何をさせるんだろう。   あのオヤジは。
とりあえず 最近暴走が激しい人だから適当にあしらわないとダメだな こりゃ。



じゃ 今までとは全く関係ないけれども 今日やった事なのでもう一つ書きます。
450円
えっと。  これは何の変哲もない
「チーズクォーターパウンダーセット」です。  マクドナルドの。

これだけ見せると「しがない高校生が なにリッチな昼食を食べているんだろうかねぇ」
って 疑問がもちあがりそうなのですが……

昔売っていた『big American』を 携帯使って買い物すると
なんだかんだで これの割引券がもらえるという事を つい最近思いだしまして
今日 それを使ってみたわけです。

この量で450円。   安い。  半額近く???

でも このチケットが10枚一気に(30日まで)もらったとしても
単に使い道に困るだけなんですがねwww

確実にこれ食べきったら太るし。メタボリックの子守唄が聞こえてきそうです。
さぁ どれくらい食べようかしら……。



はかないもの。

それは出てきてもすぐに散ってしまう者達。

さくらも雪も最期ははかなく散ってゆく。

花吹雪。みんなの目を引く春の舞台。
それはさくらのフィナーレ。

解けたときの澄んだ輝き。美しい清流。
それは雪の去った跡。

それは自分のいたしるし。
それは 私がいたしるし。

TOP