テスト 中日

2010⁄03⁄10(水) 23:03
こんばっぱー

のっぴぃです。

ひとまず ボクのポリシーとして テストの偶数日目には
その時のテストの感想的なものを記事にまとめるという物が
何となく確立してきつつある気がしますので
今回もそれにたがわず 同じ学校の同学年な人にしかわからない内容で
ずらずらと書いていこうと考えておりますので よろしくです~
(↑長いな)



では 順番通り→昨日のものから~
(3月9日)
<一限目:英語>
単位認定危険科目 その壱です
まぁ ボクのキャラにたがわず 危ない所とんでますからね~

ホント。  なんで英語なんて学ばないといけないんだよ!!
そして なんでその比率が高いんだよ!!

余談ですが 高校受験の時もこれが鬼門でして
直前の模試でも数学・理科・社会が100点ペースで
ネ申ペースで進んでいたのに これで偏差値4○くらいとっているから
ガッタガタに落としていたという 英語は天性の苦手教科なのですよ!!


まぁ このへんの単位認定のいいわけについてはまぁいいとして。
手ごたえですが 前日にバカみたいにやっていた否定の問題は
(↑iPod破壊についても否定できないかと画策していましたね  きっと。)
まぁ それなりに解けていたのではと思います。

ひとまず 担任(英語担当)が曰くところには
「今回は 採点した感触では赤点はいない」とのことでしたので
ひとまず 難はのがれたのかな~

まぁ 赤じゃない上に そこそこ貯金積んでおかなきゃいけないわけだから
両手をふって安心できるというわけではないですが
ひとまず 及第点と言ってもいいのではないのかな~
みたいな。

<二限目:日本史>
単位認定危険科目 その弐です
しかも そう書いているというのに かなり危ないという。

さっき書いていた情報からすると「社会得意なんじゃ??」
なんて 思われるかもしれませんが(中学の情報から考えれば)
まぁ 中学までは得意科目の一つだったことは事実ですね~

90点オーバー安定していましたよ~

ただ 高校の日本史となると 話はかなり違ってきまして
理由としては
・近代史は もともとあんまり得意じゃない
・日本史Aバカみたいに細かい(開国から入ってやっと大正ですよ??)
・人物名が多すぎ(もともと人の名前は覚えられないものです。  そして 吉田一美)
・問題の読みが当たらない(パターンとでも 言うのでしょうか??)
    ……等。

まぁ そんな理由で 日本史はあまりふるっていないわけですね~

だから……    ははは……。

<三限目:現代文>
別名「こころ」
と いうか 文章は「こころ」しか出ません。 夏目漱石万歳です

しかも Kは結局生きたままです  範囲的に。

でも あの小説の長さには目を見張るものがありまして。
文章だけで 表裏印刷の印刷物2枚持ってきましたよ  国語科。

周りの反応を見るには だいたいの人は最後の問題までペンが行かなかったみたいです
まぁ ボクはひと通り終わらせましたがね~

これだけは得意分野なので。  ビバ ラノベ!!


(3月10日)
<一限目:保健>
ノー勉ですが 何か??

こんなの その場のノリでやれば解けるんだぁ~!!!
と 叫んでみる。  まぁ マークシートだし。
何か書けば とりあえず点もらえるかもしれないし。

迷った時にはQMA風に「1・2・3・ドーン!!」
難なく発動してしまえばいいじゃない??
精神で行ってきましたよ~

もう しらね。

<二限目(時間超過):数学ⅡB>
数学だけ他のテストと比べてテスト時間が長いんですよね~
まぁ 計算とかめんどくさいから そんなものなんですが。

で ここで最大のミス。
……と いうのか 時間が掏られてた。

あと 15分くらいあるな~  この問題解けなかったら証明覗くか~
なぁんて 問題考えていて 体感5分後位に

「さ 証明回るk……」
きーんこーんかーんこーん(←修了の鐘)

…………え????

と 言うわけで ある意味終わりました。
たぶん logで計算時間をとりすぎたりしたのかな~
なんて 反省点。

基本 暗算遅いですよ   どうせ。



<テスト中日  感想>
もっと 計算を早くとけるようにしようね☆
あれは 泣いた。

TOP