珍しいこともあるもんだ

2009⁄06⁄06(土) 22:00

いや~~ 驚いた

ここの顧問も怒ることあるのね……

ただのパイレーツの大ファンだとしか思ってなかったからなww

「合奏しません」宣言はそう簡単に出せるものじゃないからね……


今週末はゲネプロ... なのに 連絡が取れなかった一年がいた... てのが公式説明。
ただ 「それだけじゃないんじゃないの」てのが部長など部活の幹部の考えらしいし 実際ボクもそう思う

ただ ボクの考えを人に言うわけにはいかないんだよな

その場の空気を乱す自信あるし……

ただ これだけは……と思っているのは 自分の音にこだわりを持とうよ!!ということ

ただただ「楽しい」じゃなくて もっとできる!! とか こんな音を出すぞ!! とか…
 とにかく自分の音に対するこだわりが極端に少ないと思う

ぶっちゃけ この時期(定演直前)になってまで音源(この部活ではほかの楽団などが事前に録音したやつをCDに焼いて 部員に配っているんですよ)に頼りすぎている……つまり 表現なども自分で考えずに 「音源でこうだから」このような表現にしよう なーんてCDに振り回されている現実があろと思うんだ
こんなこと 先輩とか部活の人に言えるわけないし……

あと 個人的には部活(サックス)は「楽しむ」よりも 「極める」ほうがしっくりくるというか もっといい音を出したいと考えているというか……
言葉にするって難しいね(汗)

ちなみにボクは JAZZ 好きだから目指している音は吹奏楽にしては外れている部類にはいるんだろうな……

音源は聞いて雰囲気を感じ取った後は できるだけ使わない方がいいんじゃないかっていうのがボクの考え
あとは自分の音 アイデンティティ(?)を大切に
  ……なんてのが僕のモットーです

最後に しょうもない疑問なんだけど 先生がしゃべっている間に六割の女子は目に涙を浮かべていたけど この涙の意味は何だろうね
ボク的には「悔しさ」であってほしいんだけど これが「甘え」だったりしたら あきれるよな
まぁ 泣いてる暇があったら対策考えなきゃいけないだろうな とか考えている冷たい男がここにいるんだけどww

(←日本語力なくてすいません 今日思ったことをただ書きならべただけなので……)

TOP