遅れて感想文⑤

2020⁄05⁄24(日) 00:00
まぁ なんだかんだシモな方向に行きかけてはおりますが
――結局 青ブタを一気見して大きく気になったのは「空気」を主題としていること。

周囲が空気として扱うようになったがゆえに世界から消えていく女優。
空気に合わせて自分の気持ちすら偽るようになった女子高生。
空気にあらがうことをあきらめて泥をかぶった主人公。

……ちょっとナイーブな話ですが 私自身も高校時代は
周りの空気に乗り切れずに一人浮いた生活をしていました。

そんな主人公にも周りの空気に流されずに付き合ってくれるかけがえのない「友達」といえる
立場の人間が――最初は二人。 いてくれています。

私も高校時代そんな関係だと思っている――周りの空気に流されずに人間を見れる
綺麗な目をした友人を一人持っています。

そんな自分にとっての現実と物語の誇張した世界とを見比べながら
どうも 自分の境遇というか「こうだったらいいのにな」という
ある種の世界への願望を見てしまうわけであります。


残念ながらこの世の中では青春野郎がどんなにこの世の理不尽を叫ぼうが
時の流れは平等にやってくるし 誰かに認知されることもないし
別の人間の体を借りることなんてできないし 分裂することもできません。

量子力学というものも まぁ 理論としては存在しておりますが
そこまで万能ではないというか 夢をかなえる理論としては干渉力の方向性が異なります。

良くも悪くもつまらない世の中です。

ただ そんな派手な現象を使ってSOSを叫ぶこともできませんし
それを使って自分の心の叫びにすら気が付くことすらできません。
――できたらどんなに楽なのだろう、って思います。

だからこそ、なんか昔「似たような境遇」を見聞きしたことがある自分にとっては
妙に刺さる部分があるし どこかに種や仕掛けが隠されているんじゃないかって
必要以上にきょろきょろしたくなったりするんですよね。

まぁ これも今月くらいのものだとは思いますが……
いい暇つぶしには、なったと思いますよ。

TOP

遅れて感想文④

2020⁄05⁄23(土) 00:00
たまに作家さんが自分の書いた作品を大学入試の問題文として利用されたときに
その問題を解いてみて盛大に外し「作者が伝えたいことって何なんだろうな」って
語ってみる、なんて話を聞いたりします。

論説文でそんなことをやるようなら論評として最悪な結果ではありますが
物語文の情景描写を考えるならば 「こんな風に表現する」というのを
一通りにとらえる、というのを強要するのはある意味酷な事
――ある意味、様々な解法のある数学のようなものなのかも知れません。

などということを抜かしながら ふと青ブタを読みながらどうにも考えてしまったことをぽつりと。

まず 私の第一印象をかなり悪いものにしてしまった「バニーガール衣装」というものは
作者、というかヒロインにとってどのようなアイテムなのか、という疑問。

まぁ 作中の言われ方によれば「周囲から認識されなくなった」彼女が
異質な恰好をすることで自分の存在を示すという 自分の周りから離れ行く空気を
引き留める広告塔のような意味合いを持っていたのだと思います。

それに対して作中において本来の仕事としての女優業を取り戻した後は
バニーガール衣装に頼らずとも自分に周囲の注目を引き付けることに注目し
その後 全くといっていいほど「シリーズタイトルにも出てきた」このアイテムは
作中の表舞台から姿を消すことになります。

――ただ その後出てくるタイミングだったりというのは
主人公を釣る道具に使われたりと……ほかのヒロインに目移りしている主人公の目を引くため、
というよりは なんか戯れの道具になっている感が。

――どうも 深読みしたくなる私としてはこの辺に意味を読み取りたいと考えてしまうのですが
それを読み解くのには女心の理解が不可欠だったりするのでしょうか?

さらに言えば とあるタイミングで出てくる「完璧な世界」では
あっさりと捨てられてしまう一話のタイトルコールを飾ったバニー服。

――といいつつも なんだかんだで主人公が男の子な妄想に取りつかれるたびに
話題には上ってくるこの謎のアイテム。

……我ながら一つのことにこだわりすぎだとは思いますが
なんかね、惹かれるんだよね。 男の子だからかな?

TOP

遅れて感想文③

2020⁄05⁄21(木) 00:00
さて のっぴぃさんが何か創作物を見る際にどうしても惹きつけられてしまう要素があります。
――それが”青春”というもの。 残念ながらのっぴぃさんにはこれが不足しています。

なんというか 中高時代に基本いじめられて過ごしてきたせいで
中学時代の卒業アルバムは卒業式があった当日に破り捨てましたし
高校時代はそもそも卒業式にすら出席できませんでした。

――まぁ 結果的に「卒業証書・アルバムをもらう」ということもしなかったので
「高校の卒業って何だったんだろうな」という実感がいまだつかめずにいます。

(※大学卒業もしましたし、当然「卒業証書を発行」はされています。
ただ、私自身でそれを取りに行くようなことはせず 親に撮りに行ってもらいました。
――それほど、学校に行く、というのは卒業当時の私にとっては耐え難いものだったんです。)

で 中学高校双方ともに、そして一応最近会社で苦労している内容にもどこか
通じるものがあるのですが これらの原因というのが通じて「空気を読む」というもの。

そして 今回ネタにしたい「青ブタ」という作品、
どうにもこの「思春期の人たちの纏う空気感」というのが大きなカギを握っています。

周りが言うからやる。 周囲に合わせて賛同する。
逆にそれができない人間はとてもダサい。 そんな空気感。

主人公はこの空気感から放り出された若干アウトローな立ち位置に位置していて
ここから「空気感から放り出された人たち」とかかわっていきながら
「青春を謳歌する中で漠然と感じる不安」と立ち向かっていく物語になっています。

ただ その不安を不安として扱うのはまぁ 非常に漠然としていますので
若干都市伝説的な注釈を混ぜ込みつつ この不安を可視化し、対峙していくという構図になるのですが。

そんな風に考えると 「周囲から認識されない」という一話の描写と
その時にヒロインが纏い、第一印象を確立させ、タイトルともなった
バニーガール衣装を着ていても認知がされない、というシチュエーションは
一体どのようなスタートラインが引かれていたのかな、というのが気になるところで。

そもそもなぜ、スタート時点で主人公だけがバニーガール先輩を見ることができたのか。
――たぶん、周りの空気に合わせることをあきらめ、校内で浮いた存在となった
主人公の立ち位置を思い返すと このあたりを起因とした設定なのだろうとは思うのですが

……そもそもここで目立つ衣装としてバニーガール衣装を着てみよう、と考えた
ヒロイン側の思考についてはちょっと考えが及ばなくて謎、という意味で
いろいろと気になってしまう今日この頃であります。

TOP

遅れて感想文②

2020⁄05⁄19(火) 00:00
ちょっと遅れてチェックしてみたアニメ作品、その二。 青ブタ。

原作第一話のタイトルであり、かつでアニメのタイトルとしては
「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」とのこと。

とりあえず この作品に関しては作品見る前と見た後で印象ががらりと変わりまして
内心「作品に触れる前は偏見にまみれてタイトルを見ていて申し訳ありませんでした」
といいたいところでした。

というのも 「青春ブタ野郎」というのは――まぁ 昔男子高生していた身なら。
そして そのころの自分の思考を客観的に考えてみたらわからんでもない。
青春真っ盛りの自重を知らない男子高生は青春ブタ野郎といわれる機会なんて
(そんなキャラ設定なんて)ごまんと出すことは可能でしょう。

で、「バニーガール先輩」のほうは……いったい何なん?
変態さんなの? なんて思ってしまったのが第一印象でした。

ただ 実際に作品を見てみると「バニーガール先輩」という割には
この先輩がバニーガール衣装を身にまとう描写なんてほとんどありませんでしたし
どちらかといえば「第一印象がこれで固められてしまった」という

――まぁ この言葉がヒロインそのものを指しているかというよりは
第一印象のみで語られるレッテル、ととらえた方が間違いないようなスタンツのように思います。

中旬に出てくる二人目のヒロイン、プチデビル後輩なんかもそう。

別にSっ気がある後輩が出てくるわけではなく
仮定、コードネーム、そのたぐいの印象が選ばれているように思います。

まぁ せっかくこんな凝ったタイトルが並ぶのであれば
その勢いを続けてほしい感がありましたが 原作の小説名を見るに
「シスコンアイドル」以降は凝ったレッテル張りがつらくなってきてしまったようで……

まぁ、毎度新シリーズのタイトルを探すようなものですし難しのだろう、とは思いますがね。

――とまぁ こんな書き方している時点でアレですが
この作品、アニメ見た後原作も買ってしまった、という経緯があったりします。

……せっかくなので この作品関連については原作を読んだうえで感じたこととかも含めて
改めて一人語りしたいな~  と思います。 はい、続く。

TOP

遅れて感想文①

2020⁄05⁄18(月) 00:00
我ながら回りくどい文章ばかり書いていても面白いブログネタが出てくるわけでもなさそうなので
ちょっとここ最近確認してみてよかったな、と思うことができた
「少し昔のアニメ」について語ってみようかなって思います。

――まぁ 今月何度も繰り返しているようではありますが
「学生になってから二年間アニメとはご無沙汰」だったのを
今、ストリーミングサービスで改めて見返している最中ですので
正直なところ このあたりの間に公開されていた作品について
軽く語ってみる、といった感じになるのでしょうか。

と、いうわけで第一弾。 五等分の花嫁。

勉強に魂を売っていた男子高校生がなんだかんだがあって
学校に転入してきた女子高生(五つ子/赤点常連)に家庭教師をする、ってお話。

まぁ この中の一人と主人公は結婚することが語られるわけだけれども
そもそも花嫁はこの五人のうちだれなのか、というのを主人公が結婚式場で起こす
追想の中から読者が追体験する、みたいな物語。

まぁ よくあるハーレムものだったとしたら単純に主人公を取り合うのに
蹴落としあいをすればいい――まぁ 女子社会の難しさもあるから
一概にそうとは言えないのかもしれませんが――かもしれませんが
彼女らの間にはそれ以前に血の絆、というものがある。

このあたりの折り合いをどうつけながら、というもどかしさもありましたね。

そもそも スタート段階では主人公の男子高生、けだもの扱いであり
完全に異分子扱いされている、ということもありましたし。
――まぁ 何につけても初めからうまくいく、ということはないわけです。

アニメ版、とだけでいうのであればまだヒロイン一人が
完全にスタートレーンに入っていない状態で一期の作品は終了していた、
という点が まだどこか「本気になれていないかな」という印象の幕引きでしたが。

――やっぱりというべきか何というべきか
二期の告知も出てきていることですし この中でやっと
レースのほうが本番になってくるのかな、という印象もあります。

とまぁ、これだけで幕引きするのであれば非常に物足りない感じありましたが
未来に向けての序章、と考えたらなかなか面白い作品だったと思います。

――皆が言うのもよくわかる、とても暖かい物語でした。

TOP

演者

2020⁄05⁄16(土) 00:00
アニオタが自分の視聴する作品を選ぼうとしたときにその決め手となるもの
――まぁ これ、と万人に言えるものはそうないとは思いますが
もともと原作を知っていた、だとか絵柄だとか声優さんとかいろいろあると思います。

私が結局何に惹かれるかは――まず大前提として見れる(流血描写がありそうか)という
トラウマチェックを通った後は ストーリーのテンポ感。
あと アニメと別枠で「音楽」だけを追いかけるかどうか、という観点があるようです。

実際 この数週間でアニメの試し見をしてみて
「中身は正直合わない」と判断して30秒スキップを連打するものの
音楽だけは妙に見入ってしまう作品だとか 逆に音楽は聞く気なしですっ飛ばすとか
――まぁ この部分だけは私の中でも露骨な差別化がされているな~  と思いました。

この中のいくつかはとりあえず youtubeでミュージックビデオとか見てみたし
数枚シングルもインストールしましたしね。 せっかくだし。

とはいえ 音楽だけだったらアニメを見ていなくても
――例えば 松屋とかに入った時に店内で流れているラジオ
なぜかはわからないけれどもそこそこの可能性でアニソンも流してくれるので
これだけである程度は最近のアニメ曲、というのは見ることができていたんですけどね。


ところで、昨今舞台の上だけの場所からSNSやらYouTubeなんかに出てきた
某有名声優さんなんかがいらっしゃったりしますね。

私自身も結構演じられている配役の方向性なんかはドストライクだったりするのですが
こうやって舞台の上以外の部分を見せられたりすると
本当にこの人たちは私が見ているのとは違う世界で生きているんだな~

――なんて感じます。

世の中ではこのようなことが起こると「俺にもワンチャンあるかもしれない」とか考えて
妙に粘着する人種が一定数いるみたいですが
私は逆に「高嶺の花だ、あきらめよう」みたいな考えが先に立つタイプ。

――良くも悪くも距離を感じると逆に足が出なくなるんですよね。

これもこれである種の差別なのかな、とふと感じる今日この頃であります。
だって、これもこれで「人を見た目で判断してる」という点ではいじめと変わらないでしょ?

TOP

変化?

2020⁄05⁄15(金) 00:00
考えてみたら大学生を終わらせて以降自分のアイデンティティとなっていた
「オタクコミュニティ」に紛れることができそうな武器
――というか 話題を喪っていたような気がする今日この頃。

ただ このコロナの渦の中で業務終了にすっと帰宅ができる
――唯一にして最高の処遇――のおかげで
ちょっと アニメメインの動画配信サービスに手を出してみたのっぴぃさん。

まぁ せっかくその手のものに手をつけてみたのだったら
ある程度「今やっているもの」だけじゃなくて「私が見逃していたもの」に
幅広く手をつけてみるのも、まぁ、いいんじゃないかなって。

そんなわけで 社会人二年間見れなかった期間の
「なんかタイトルは見たことがある」という諸々について
――いや、今記事を作っている時点ののっぴぃさんも追い切れているわけではないけれど――
少し手をつけてみたりしているところ。

まぁ でも 同逆立ちしても血がダメなのっぴぃさん。
結局 見れそうな作品は学園系とかコメディとかラブコメに偏るんですけどね。

――ちょっとブランクが開けば趣味が変わるかとも思ったけど
親族曰くには「痛いからヤダ」という理由で仮面ライダーを見せたときに
号泣した歴史を持つのっぴぃさん。

――もう、この手の作品と距離をとってしまうのは
本能的な何かであると察した方がいい気がしてまいりました。

で、社会人になって改めてアニメ見てみた感想ですが
……学生時代のそれを自分のそれと重ね合わせる、この感覚はまだなんとなく残っている。

けれども 「共感」というよりは「羨み」の成分が
少なくとも学生時代に積んできた経験より多く含まれている実感がある。
……そんな風に感じましたね。 残念なことに。

確かに最低最悪な学生時代を過ごしてきてそれの補完的意味合いで
アニオタになったという経緯はありますが なんというか私の場合
「その時から心の時計が止まったまま」なのではないかって……

あながち嘘ではない、と自分でも思えるからこれが笑えないんですわ。 実際のとこ。

TOP

漫喫

2020⁄05⁄13(水) 00:00
そういえば、昨日オタク会話の門戸を明けておきたい、なんて意図で
動画ストリームサービスに顔を出してみた、なんてお話を
書いてみたのですが――まぁ 視聴する作品は何にしようか、なんてのは
現在進行形で試している最中なんですけれどもね――

このコロナの自粛騒ぎが始まる前にもちょくちょくと書きそびれていた
「オタク世間で話題になっている漫画って何かな~」などということが気になって
漫画喫茶をうろうろしていたことがあったんですよ。

――今年の年始あたりからしばらく、といったところでしょうか。

まぁ この場合私の目的というのは「自分の好きなものを読む」というよりは
「世間のはやりを知る」といった側面が大きかったのですが。

例えば「鬼滅の刃」とか。
基本流血が苦手な私ですし 自分で買いたい、とは思わないのですが
大まかな流れとどんなお話かはこのご時世、知って役立つことは多いでしょう。

そのほか 子供時代に漫画と無縁の生活をしていたせいで
「ワンピース」をはじめとした「誰もが見ていただろう作品」なのに
履修できていないもの、というのがなかなか多いのも悩み物で。

うまく時間を見つけてこの手の作品も「概略は理解できるように」なっておきたいな~
などと考える今日この頃であります。

まぁ コロナ波のおかげでこの手の建物が真っ先に
危険視・封鎖されてしまったので この計画ここ最近は
完全にとん挫してしまったりしているんですがね。 仕方ないね。



動画ストリームのほうも若干似たような傾向があり
「なんとなく周りの会話に合わせられそうなもの」を優先して
視聴してみる、という傾向にある気がします。

まぁ そのうえで「自分がその作品のノリについていけるか」というのも
十二分に大切な評価ポイントであったりするのですがね。

ともあれ 「自分がよければいいだけではないオタクとしての姿勢」
というのを ちょっとずつ探していかなければと感じる今日この頃であります。

TOP

たまには仕入れましょう

2020⁄05⁄12(火) 00:00
GWにもやろうかと考えていたストレス発散法。

――オタクならオタクらしく楽しめる方法を探してきた方がいいのでは
……などと考えまして。 ちょっと動画配信サービスに登録してみましたと。

いや、ブログを書きながら思ったんですよ。
旅行に行けないのっぴぃさん、今私が持っている趣味って何だろう? と。

別段ゲームにいそしめているわけでもなく
今回のコミケは流れたおかげで同じものを共有できる人と交わることもなく。
……じゃあ、今私のアイデンティティ、というか
趣味らしい趣味、というものは何かな~  などと。

確かに 動物園経営なんかはそれなりに時間飛ばすこともできますが
DLCのコンテンツを一通り使い終わった後は次のそれがくるまで
ちょっと時間を持て余す、ということも事実。

――まぁ 今しがたちょっと新しい風を入れてみようとしているところでもありますが

そんな時思ったのが「原点にもどる」という考え方。
まぁ また久しぶりにアニメ見てみよう、などと。

考えてみたら私が大学を卒業したころに放送されていた「ポプテピピック」以来
まともにアニメなんて見ていないですからね。
――そりゃ、オタク層からも話題に乗り遅れるわけだ。

そんなわけで 某アニメとかがそろっている動画配信サービスに顔を出して
しばらくご無沙汰だったアニメ鑑賞に興じてみよう、というわけです。


ところで GWに積みラノベの消化をやり始めたころにも思いましたが
それなりのシリーズものの傾向なんて特に「楽しめていた」と思っていた
シリーズ展開が妙に面白くなくなってきたな、と思うこと多々。

――大学生時代まではまだ学園物のラノベなんかも
ある程度自分の共感できるものとしてとらえることができていたのですが
――なんだろう、その手の共感がここ最近できなくなっているような。

良くも悪くも社会人になりまして この手の実感が
遠い昔のものになってきている、とでもいうのでしょうか。

――オタクは過去を懐かしむとも聞きますが その気が始まった気がして
仕方がない今日この頃です。

TOP

積み本

2020⁄05⁄08(金) 00:00
基本ずっとGWは実家でぐーたららしていたのっぴぃさん。
だからといって外出もさせてもらえる世論ではありませんしね。

――ということで だらだらしながらでもできそうな
けど 最近忘れていたものって何かなかったかな~
と思い、結果思いついたのが積みラノベの消化。

なんか アニメイトらへんに立ち寄った時に思い立った際には
「確かこのあたり読んでいないよな」という感覚で新刊ご購入したりしてみるのですが
本当に目を通していないからなのか 今回実家に持っていく
まだ手をつけていないラノベを選定する中でなんというか
「被り」本がなかなか溜まっていることに気が付きまして。

……さすがにこれはどうよ、と思ったところでございます。

まぁ 要するに 私がラノベ目を通していない間に二冊以上本が開いてしまって
「記憶にない本は私が手をつけていない新刊だ」と判断して買ったところ
見事に判断を誤って買ってしまった、みたいな感じになるのでしょうか。

逆に 「多分まだ読んでないけどこれは買ってある」と思って
あえて飛ばしたんだろうな~  と思えるようなシリーズの空きもありました。
――まぁ 端的に言えばもう「コレクション管理ががばがば」といった感じ。

そういえば 私、同人誌に関してはエクセルで管理するようになったのですが
このラノベの類もしっかり保存してあげた方がよかったりするのでしょうか?

なんか面倒くさくて目をそらしていましたが一度 自分が何を持っていて何を持っていないのか
一通りリストにまとめてみるのもいいかもしれません。
――近々引っ越しもあるだろうし、それまでの準備、と思いながら。



管理ががばがばという意味でいうならば 私の場合地味に多いのが
タペストリーやらバッジ、その他コミケで入手したグッズなんかもありますね。

これに関しては 特にセカンドハンドで買ったものに関して
誰が書いたグッズなのかわからない、というものが多々ありそうで。

――同人誌の場合は出したサークルを奥付見ればたいてい判断できるのですが
この手のコレクション――アクリルキーホルダーとか特にそうですが――
誰が書いたのかすぐに思い出せないのも結構ありますね。

こうなる前にまとめるものまとめるべきだったのかな~  とか考えるも後の祭りだったり。

TOP