エアコミケ

2020⁄05⁄05(火) 00:00
エアコミケ
さて ある意味伝説だった――そして、後にも先にも今回だけであってほしい
お家から出ずに済ませるエアコミケのほうが終了いたしました。

さすがに今回ばかりは 「コミケなう」などと逆三角形の建物を
拝みに行くようなアホな行為はしなかった(ぶっちゃけやりたくはあった)わけですが。

そんな いい意味でも悪い意味でも「徹夜組無し」「病人無し」という
素晴らしい偉業を達成したコミケット。 でもやっぱり
計画していたイベントを中止するゆえの苦しみというのも
まぁ なかなかにあるようでしてその対策として「カタログを買ってほしい」

――みたいなヘルプの声アリ。 なら、せめてもの恩返し。
買ってやろうじゃないの、コミケカタログ。

ということで しっかりお買い上げしておりました。
――まぁ 数週間前に、なのですが、 しゃべる機会なかったんですけどね。

まぁ このような形のイベント展開となってしまったわけですから
正直 この本の中身はある種の「空想」が詰まっていて
つまりは 袋の開封すらしていない、という状態なのですが
まぁ 寄付のつもりでなげうったアイテムですからそれでいいものとする。

なお メロンでご購入したので「一斉点検」のCDとか袋とか諸々が
おマケでくっついてきたりしたけれども まぁそれはまた別の話で。


ところで エアコミケに合わせていくらかのサークルさんが
新刊を書店委託してみたりしなかったりしている中で
「どこで誰がどんな商品を出しているのか」という情報を
上手に集められないな~  という個人的な感想が。

さらには 「どうせコミケがないならば」と自分のペースで作品をあげる方もいたりして
「エアコミケの戦利品選別をどのタイミングでどんなふうに行うか」
ということを まぁ なんと言いますか「想定しきることができなかった」私がいます。

まぁ いわば「落とした(落とす気だった)」とでもいうのでしょうか。

そんな意味ではいい意味でも悪い意味でもコミケのスケジュールというのは
作家さんを縛り付ける枷として大きな意味を持っていたんだな~  と。

TOP

春コミケ

2020⁄05⁄02(土) 00:00
なんか ここ最近のブログ記事の作り方が若干固まりつつあるような気もするのですが……
今日ももし、コロナ旋風が吹き荒れていなければ、のお話?

――本来だったら今年だけ、GW開催になるはずだったコミケ98が
開催されるはずだった……そんな日です。

ただ もう、コミケがどうとか言っていられないレベルでただいま
世界全体で人の往来だとか接触だとかを自粛しているご時世。

目がクラスターの権化とも言える等イベントが無事に開催できるわけもなく。
結局今日もこうして家に閉じこもる一日となっているわけであります。
――まぁ わがまま言っていられないよね。

ただ こうしていざ本当にコミケを開催する予定だった時期になってみると
その陽気の良さは疑いようのないものでありまして
あのうだるような暑さの中やらなければいけない夏コミの待機列を思い返し
気候だけだったらこの時期に開催するのが大歓迎、みたいなことを考えておりました。



さて そんな今年の春コミケのほうは誰も参加することができない
「エアコミケ」と題してSNSをはじめとしたネット上で
「コミケっぽい空気を醸し出す」、みたいな企画が行われているようで。

まぁ そうでなくてもメロンブックスやとらのあなをはじめとしたショップや
DMMをはじめとした電子書籍サイトなんかも
一斉にセールをしてみたりといろいろと動き出しているのだとか。

実際に 今日見たような絵師さんなんかを確認した限りですと
SNS上でエアスケブを受け入れてみたり
なんか レイヤーさんなんかも家で自撮りをしたものをうpしてみたりと

――まぁ 各個人が家でできる限りのコミケっぽい演出をして回ったり
できる範囲で思い思いに楽しんでいるように思いまました。



ところで オリンピックが来年にずれ込んだ、ということは
結果的にコミケ100もできることならば春開催、ということになるんでしょうね。

まぁ その時に会場を抑えられるのかとかコミケのような密集地を
作り出しても許されるような世論がそこにあるのかどうかとか
「今のご時世」を反映したかのようなお先の暗い話もあるんですけれどもね。

……あ~、つまらないな~

TOP

エアコミケ

2020⁄03⁄27(金) 00:00
まぁ わかっていたよね、という個人的に気になったお話。
GWに開催予定だったコミケが中止になりましたね。

まぁ あのすし詰め状態で屋内に詰め込まれる
――まぁ 箱はでかいけれども――ということを考えると
もう 中止されるのは秒読み状態だったともいえるでしょう。

正直 困ったといえば相当困った状態であるのは間違いないですが……
……まぁ 世の中の動きがアレですし もう黙って受け入れるしかないですよね。

そして こうなってくると個人的に気になってくるのは
サークルさん――主に漫画を商売にしている人――の動きですとか
印刷所とかが立ち行けていけるのか、みたいな心配。

まぁ このコロナの季節 彼らに限ったお話ではないと思いますが
やはり どこも大変なことになるんだろうなぁと。

――できることならば 冬には普通にまたコミケ出陣出来て
色々欲望の買い物ができることを祈りたいところです。

まぁ 逆に言えばこの時期にでっかい出費が来る可能性が限りなくゼロに近づき
そこそこの額になると想定で来たコミケ出費が丸っと浮くという。

――そうなったならば この手の資金を元手に
今後の生活を楽にするとか 自分に投資するとか
コミケがあった時にではできないだろうものに手を出してみる、というのもありかもしれません。

……あ、そうは言うものの 別に浪費する、というわけではありませんよ?



ところで もうすでに印刷済みであったカタログのほうは
今回普通に売り出しがされるということですが――まぁ お世話になっている手前
エアコミケとなる今回のカタログも買ってみたいな~  とは思っております。

が、現実を見たときに それを売る店のほうが開いているかどうか……

私自身もむやみに外を出歩くつもりもないですし
会社のために往復しなければならない道中にいい感じにこれらを置いている店が
あるというわけでもなかったりとで 地味に購入に苦難しそうな気がしております。

……このあたり 何とかいい方法はないものかと考える今日この頃であります。

TOP

禁忌の目録

2020⁄01⁄25(土) 00:00
さて リアルタイムでそろそろ一カ月もたとうか、というタイミングで
再度コミケのお話、というか後日談的な。

今年の年末年始はこう、ブログが書けなくなる時期が相当続いた、というレベルで
なんかこう きりきり舞いしていたおかげ、ということもあるのですが。

――買い物を済ませた後のコミケグッズがちょうど今のあたりまで部屋に転がっていたんですよね。

こうして今ブログの記事を書きながら それらをしまうべき場所にしまって
やっと広くなった足の広げ場所を確認しながら 内心
「自分ですぐに管理しきれないものは買わない方がいいのだろうか……?」とか思うことも。

ただ 同時に「普段から友達と遊ぶ機会がめっぽうんくなってしまった私が
今持っている唯一の自分から求めに行ける人間とのつながりのツール」であることもあり
なかなか断捨離とか進んで切ろう、という踏ん切りがつかないんですよね。

「別にこれがなくても人とつながりが保てるし」という自信があれば
また話は違ってくるのかもしれませんが まぁ おそらくまだしばらくの間は
落ち着いて人とコミュニケーションを持つことなんてできなさそうですし

……まぁ しばらくはこの手の状態が常態化しそうな感があります。



ここ最近私は持っている本を一度エクセルに入力して目録のようなものを作って
もう完全にこれくしょんと化した同人誌諸々を管理しております。

……まぁ その中にはここに書くのもためらわれるようなタイトルの本も
往々にして混ざっていたりするのですが この手の目録を作成する作業中
どうも思ってしまう「今私は何をやっているんだろう」感。

ついでに PCが変な予測変換覚えてしまったりしないかどうかとか
ある種賢者タイムじみた時間を過ごすことになります。

まぁ 後可能であるならばその他のグッズ――タペストリーとか――も
しっかり記録してこれくしょんしたいところなのですが
特にらしんばんで買ったものなんかが顕著なんですが
「どこのサークルのものなのかわからないで買ったアイテムが多い」
「名づけがしづらい」「いつ配布のアイテムなのか管理しにくい」
などなど どうもうまい記帳の仕方が思いつかずに悩んでおります。

……もしもの時、とかを考えると持っていた方がいいという意識はあるだけに
いろいろと悩ましいところです。

TOP

C97②

2020⁄01⁄11(土) 00:00
のっぴぃさんのコミケ買い物の方向性、というのも
だんだんとあらわになってきた感があります。

まず基本的に「優先順位高いのは性癖の高いグッズの類」。

そして 大方「コピー本の類はもらえたらラッキー、程度」であり
ぶっちゃけてさほどそれに対して価値観を見出していない、ということがありそうです。

実際 コピ本目当ての人が多く本しか頒布しないのに列が長いサークルなんかは
時間短縮のために容赦なく委託に回したりしますし
いざコピ本を持って帰ってきても即 お蔵入りボックス行きになることが多いです。

まぁ 価値観は人それぞれですから コピ本をありがたがる人に
ケチつける気はありませんし 逆にこの価値観を疎まれる筋合いもないとは思います。

――が、やっぱり 内心価値観薄いものなので お使い頼まれたときに
どうしても存在感が雑になりがち、というのがいろいろ困ったところ。
――いろんな意味でね。



そんなのっぴぃさん、今回の釣果をまとめてみると
いい感じにサブバックの類が集められたな、という印象。

……コミケの場で御財布を取りださずにサブバックに小銭入れその他を入れて
落とし物の減少に努めることができる。
――これってかなりあの人ごみの中で生き残るためにはいいことなのではと思います。

前回の夏コミでこの類のアイテムを五初めて仕入れることができて
心の底から感動していたところなのですが 続くイベントでかなりいい感じに
追手が連なってくれたな、って感じです。



コミケセット
コミケのマクドナルド――私にとっては特に夏場のオアシス的な意味で
嬉しいものがある、そんな西待機列の真ん前にある某マクドナルドでは
コミケの時期限定セット、なるものが発売されたりします。

……が、メニューを単一化して省力化を図りたい、とかとは違う
何かを感じるようなこのカロリー具合。 毎度謎です。

まぁ お祭りに来ているということで 頭のねじがどこか吹っ飛んでいる
当時の私にとっては「限定?食べちゃう食べちゃう、」みたいな
ちょっと脳みそがトんでる感じになっているのですが まぁ それもそれで。

TOP

C97①

2020⁄01⁄10(金) 00:00
ビッグサイト
さて 先の年の間に進めていたあたりまで艦これの話をしてみた後で
なんか ここ最近の私にとっての年末の恒例行事になりつつある
この建物あたりの話題でもしていきましょうか。

――というわけで 今年のコミケットに関する感想とか諸々。

まずそもそもの私の動きに関してですが
今年のコミケは前日から幸いなことにお休みがもらえましたので
せっかくなので会場設営からやってました。

一応 過去にも一度参加したことがありまして
ここ最近のデスクワークによる体力低下を憂う意味も込めながら
丹精込めてバミを貼り、机を並べさせていただきました。

いいことをしたからか嬉しい副収入ももらえましたしよきかなよきかな。

……まぁ なんか 恒例化しているスタンプカードのほうは
そもそも私の知る限り配布すらされていなかったので
いつの間にかなくなっていたのか私の知らぬ間に行われていたのか
ちょっぴり対応が気になるところです。



さて 基本的にこの手のイベントは「サークル・絵柄の良しあし」
――ここでの良しあしは単にうまい下手ではなく性癖に刺さるかの意味です――
というよりも ジャンル買いの様相が強いのっぴぃさん。

私の場合 圧倒的艦これ率に落ち着くわけですが
そのような人間になると 前半の日付――ジャンル系サークルの日――に
「やたら暇になるタイミング」というのがどうしてもできてしまう

……というのが私にとっての定例行事。

このあたりの時間を利用して 手が足りない友人のために
買い手の足として動くこともあるのですが……

基本的に「本は自分でひとにお見せできないほどまでボロボロにするもの」という
概念が強く残る私にとって 「売るときの見栄えが悪くなる」みたいな
観点はどうしても持てないらしく 私が買い手になると
モノの状態がどうもよろしくないらしく。

……内心 私は私で完全に一人で回った方がいいのかどうかとか
いろいろ考えたくなってしまう今日この頃でありました。

――気にしない人間が気にする人間に合わせるのって難しいんだね……

TOP

マイルストーン

2019⁄11⁄11(月) 00:00
自分がブログを書き始めた時期とオタクとして
ハマり始めた時期がほぼ一致している私として
そのオタクの始まり、きっかけだった「けいおん」ついでにいえば
あずにゃんの誕生日設定となっていたこの日

……まぁ 特に神妙になる、というわけでもなかったのですが
なんとなく 意識しないでもない、そんな一日でした。



――なんて書き始めたりしますが まぁこれを文字に起こしてみて改めて感じる
「一つのマイルストーンでは少なくともあった」という考え。

どうも、のっぴぃです。 まぁ 中の人もそのあたりは
ちょいちょい気にしてはいるらしく 公式ツイッターのほうでも
あずにゃんの話題は触れていたりしましたよね。

さて 人間――というか おっさん、おばさんとなった
オタクの血を引く人のことを見ておりますと 自分が脂がのっていたころの
作品というのはなかなか忘れることができず
そんな人たちが集まっていると二次創作やその他でその作品が
ある意味進行のように崇め奉られる、なんてことがあるように思います。

エヴァやらガンダムなんかは一部世代を超えて伝播している部分も見せる
ある意味それに習った一例なのではないかと思います。

さて けいおん!もそれに習ったようなものが起こせるか――と考えたときに
残念ながらそこまでのレベルには至れなかったのかな、
どいう どこか物悲しいものを感じる私であります。

やっぱり その意味では原作の息が途絶えてしまった、というのは
それなりに大きな意味を持つらしく 時たま思い出すように
画像が上がってくる――こんな風にキャラの誕生日であったならば
その機会が多くみられる日だとは思うのですが――ものの
ケの日に同じようなことが起こるかといえば

……まぁ ほとんど起こらないでしょう。

……これが二十年後、もっと先になってくると
ハレの日の力すらも埋もれてきてしまうでしょうしね。

……でも、私の心の中には「口火」として強烈に残ったあの作品が
決して消えることはないんじゃないかな。 そう思う今日この頃。

TOP

衣替え()

2019⁄10⁄23(水) 00:00
――どこに行く予定も立てられなかったし実家に帰っても
誰も(犬も)いない、ということもありまして
この週末はひとまず引きこもっていたのっぴぃさん。

――まぁ ここ最近急に朝夕冷えてきた、ということもあり
衣替え(部屋に飾ってあるタペストリーの柄の入れ替え含む)に
ひたすらいそしんでおりました。 のっぴぃです。

主に夏コミで仕入れてきたタペストリーを飾っていたのですが
まぁ 当然というかあの頃のタペストリーは水着メインということで
そろそろ見た目的に寒くなってくる感じですしね……

当然 お気に入りの柄もあるわけですがそれを広げることになるのは
また一年後、といった感じになりそうです。

とまぁ そんな季節に縛られる柄というのもありますが 同じように
「買ったはいいけれども。絵も好きなのだけれども。飾るのはちょっと勇気がいる」
――というものも中にはあったりします。

その一種がR18な物だったりするのですが まぁ このあたりの線引きは
完全に個人の感性のものになりますからね。 仕方ないね。



とまぁ このあたりしかオタク的話題がないのっぴぃさんですが
――まぁたまには はやっているものって何かな~  って思って
ちょっとかじってみる、というものもあったりします。

先日漫画喫茶行ってみたときには「五等分の花嫁」の漫画、読んできました。
……まぁ アニメのほうはみていないんですけれども。

で そのアニメを見ようと思ったとき最近はアマゾンプライムとかはじめとして
「見放題」プランというものがはやっているわけじゃないですか。

――しかも 当然ライセンスのようなものの関係で選ぶサービスによって
見ることができる作品が違うとか……?

まぁ こうなってくるとどの作品を確認したいからこのサービスを選ぶ、
というチョイスの仕方もあるのだと思うのですが 正直なところ
「見ることができる番組」というのがサービスを取っていない人間からは
なかなかチェックするのが難しいのでは?  と思う今日この頃。

――私のチェックが甘いだけかもしれないけれども……私の趣味に合った作品が
一番豊富なのってどこのサービスなのかな~  って。

TOP

上には上が

2019⁄10⁄20(日) 00:00
世間一般から見て 私の持っているオタグッズ――より正確に言えば
同人グッズ――の類は決して少ないものではないだろうという自覚はあります。

……が 私をこの沼に引きずり込んだ人間の依頼を聞いていると
どうにも その実感というものが薄れてくる、というのもまた事実であります(言い訳)

というわけで 一応私自身の所用、というよりは「関東にいるんでしょ、私の代わりによろしく」
みたいなテンションでお使い頼まれてきたときのお話。
――お使いといえど きっちり始発移動させられたので相当なものであります。

まぁ 基本的に支持されたムービングを実施するだけなので
特に自分の行動を振り返ることもなかったのですが
それなりに回数重ねてきて信じてもいいだろう、と思っていた
自分のカン(どこに列形成されるのかとか)が外れてみたり
もともとのメンタルのコンディションが最悪だったタイミングであったとはいえ
いろいろと不注意が絶えなかったりと…… 申し訳ないことしたなぁと。

頼まれもののそこそこでっかくなるはずだったバッグを抱えながら
ちょっと物思いにふける、そんなのっぴぃさん。

ついでに 一部サークルで行われるじゃんけん大会に参加する流れになった時
基本 お品書きに書いてあるものだけチャレンジしたら
その後のおマケ要素にあまり興味を持っていないのっぴぃさん的には
「ちょっと珍しい体験しているな~」と「同人イベントが午後にガッツリ食い込むか……
……スケジュールが……」みたいな まぁ 様々な感情をいり混ぜながら
妙な顔をしていた、というお話があったりなかったり。



南館コード
その時についでに撮った写真を載せてみる。

ビッグサイトの南館、某所には大小一つずつしかないちんまりとした
男子トイレがあるという。 このくらいのサイズだったら
もういろいろとあきらめて大を二台置くくらいのほうが受容的にいいのではないかと
その時ののっぴぃさんは思ったのですがどうでしょうか。

この場に持って行ったスマホの充電ケーブルが妙な折れ方しました。

……今までは線が断線する、というもの――数えきれないほど経験してきましたが
ライトニングの端子が折れる、というのは初めての経験でした。

……このコード、巻き取るものがくっついているおかげで旅先で愛用していただけに
こんな形でお別れになるというのはいささかショックであります。

TOP

発動!友軍救援!第二次ハワイ作戦!⑤

2019⁄06⁄22(土) 00:50
78_201906232151595b8.png
さて さんざん文句等言わせてもらいましたが
このE4に関して――少なくとも私の意見を言わせてもらえば――
このあたりに配置される海域としてはまだ、許せるレベルだったかな
という感想を持っております。 あくまで海域として考えるならば。

まぁ この海域のクソなところは「海域レベルとは別のところ」にあるわけですが
――まぁ その辺はその話をするときにいたしましょう。
(あと、札分けすぎという気もするけどこれもいったんさておくとします。)

79_20190623215159f4e.png81_201906232151586e2.png
さて この海域では前衛になんか強さげな姫が構えているマスとか
妙に輸送船が固まっているマスなんかが配置されておりまして
この辺のマスをとりあえず殴りつぶしておいて
後はせっせとボスマスを殴りに行けばことが終わります。

87_20190623215158975.png89_20190623215157db0.png
ボスはミッドウェーの中枢棲姫。
そして 支援艦隊にはアメリカ艦なんかも駆けつけます。

90_20190623215302850.png91_201906232153017be.png
で それなりにゲージを削ることができたならば
途中から出撃ポイントが増えてボスへのダメージに補正がかかると。
――これで海域攻略への道は整ったという感じ。

92_20190623215300ad2.png93_20190623215300d71.png
今回は利根さんがうまく旗艦をたたいてくれたので沼らずに済みました。
――基本的に「随伴艦を倒さないとなぜかゲージボスをたたきに行ってくれない」
という我が艦隊のメンバーとしてはかなりの自覚の持ち主だったと感じます。

94_2019062321525974c.png95_201906232152598f2.png
96_20190623215356cc4.png97_201906232153550d1.png
98_2019062321535535e.png99_20190623215354bd6.png
100_2019062321535440a.png101_20190623215353906.png
こうして我が艦隊にも強そうな烈風が届いたわけです。
――何というか 夜間戦闘機みたいですよ。 やったね。

TOP