カノジョが水着を脱いだなら

2018⁄09⁄12(水) 00:00
おとといの記事につなげて書こうと思ったけれども途中にふと
日付を見て思い出したことを書きたくなったのでそれをはさんだ。 それ以上の何物でもない。

さて で その記事内容から何を引っ張ってつなげてやろうと思ったかといえば
「携帯残量がうんたらかんたら」といった内容に関して。

ここ最近――というか 艦これ二期の話題の中でまだ触れていない――更新で
艦これのプレイがiOSからも可能になった、ということで。
iPhoneユーザーの私としては外出先からもこれをプレイすることが可能になりました。

……まぁ とは言えどもたとえば業務中にそれをサボって艦これするとかいう
くずめいたことは全く持ってやる気にならないわけですが
例えば昼休み休憩の間とか 妥当な感覚のトイレ休憩の道すがらに
せめて 遠征の回収を終わらせておくとか そのレベルのことができるようになりました。

――社会人になって平日の半分をその関連で過ごすことになった身にとっては
せめて これができるだけでも遠征効率≒資源回収量が
二倍以上は上がる、ということで 非常に助かっております。

……ボーキ回収(五時間)とか鼠輸送(四時間)とか 手ごろな遠征は
けっこう会社関連で消費する時間の半分程度、ということが多い気がします。

――ただ おとといの内容もあり完全にそう、とは言い切れない部分もありますが
どうにも 最近会社の往復での電池消費が多い気がして仕方がないのっぴぃさん。

必ずしもこれに起因している、という因果をつけるのは早すぎる気もしますが
少なくとも 今までは電池を食う要因になっている可能性は――ないこともない?



12_20180908104117c3f.png
龍鳳ちゃん。 水着を着ている今はいまいちわかりにくいですが
大鯨時代、龍鳳(一段階)時代、龍鳳改時代でそれぞれ絵柄が変わります。
……そして それぞれが可愛く、グラフィック的に贅沢ないいコちゃんです。

で どうも無印の桜色の龍鳳ちゃんも捨てがたく 改とは別に育成していたのですが
(なお、すでにケッコン済龍鳳(改)ちゃんは対潜向け装備にして 毎日海防艦とクルージングしています)

13_20180908104116ce0.png14_2018090810411430a.png
後悔は、していない。

まぁ 水着を着ている今は龍鳳ちゃんは改装していようがいまいが桜色の水着なので
まだ今回の行動の真価は出てこないのですがね。
――水着を脱いだら、(状況によってはその後 サンマも焼き終わったら)
ゆっくり鑑賞会でもすることにいたしましょうか。

15_20180908104111bf8.png
そして 海域攻略中にまた、捕鯨が成功するということで
艦隊内の大鯨比率がどんどんと上がる我が鎮守府でございます。

TOP

今度こそ夏イベ前?

2018⁄09⁄07(金) 00:00
01_201809060107123f1.png02_20180906010709a49.png
前回すっごく「イベント始まるよね」というテンションで
艦これ二期の話題気持ちを膨らませながら書き物しておりましたが
二期安定化を待ってからのイベント開始、とのことで
結局また 先延ばしになった、というオチのようです。

まぁ 海域攻略する側としては やっつけなきゃいけない海域も
結構あるわけで 退屈はしないのですが だったらそれはそれで
これらの海域を使ったミニイベントでもよかったんやで?

……と、思わないでもないのですが まぁ 水着艦娘たちを
イベントで花開かせる、という この手のゲームの書き入れ時(たぶん)でしょうし
外せない何かがあったのだと思っておきましょう。

03_20180906010706ee1.png
そんなわけで 否応なくニューゲームさせられた海域攻略ですが
それこそ なんか適当な任務があるか確認しながら
それをやっつけつつ進める。 そんなのほほんとした空気の中続けております。

04_2018090601070436d.png05_20180906010702d2b.png
ついでに シレっと増えていた海域に手を伸ばしてみたり
――なんか 急に海域順番途中に入ってきたうえに
この海域進めないと3-2に進めないなんて来たものだから仕方ないよね。

簡単に言えばこちらは潜水艦マップ。 1-5といろいろかぶってる気がしないでもない。

06_201809060108563bb.png07_20180906010854918.png
08_20180906010852551.png09_2018090601085037e.png
その1-5では 毎日のデイリーついでに
海防艦育成も行っているわけですが ちょくちょく
改装が進んだ艦、というのも順調に出てきて 我が艦隊も層が厚くなるってものです。

10_20180906010847f96.png11_20180906010845234.png
マップが新しくなった、ということで
毎月任務とか――過去の私もそれなりに回していたのですが――の
昇華方法とかも変わってきて それに伴いいろいろとやり方考える任務も出てくるわけです。

例えば 2-5の完全編成(艦種)が決められたこちらの任務
――自由に効く部分が少なく、相当シビアなこの任務を完遂するためには
いったいどうすればいいんだろう、ってね。

今月は割と何とかなりましたが 制空権とられるようになったこれからは
一筋縄ではいかないな~  といった感じに……  つらい。

TOP

雪の街

2018⁄09⁄04(火) 00:00
01_20180830224336d39.jpg
前の街づくりのお話の時には結局アホな事しかしゃべらなかったので
も少し「一つの街作ったった」みたいな話を深めてみようと思います。

今回いじってみたのは雪の街――実際には特に経済面が面倒くさいことになるのですが
この際は「やりたいことをやる」とゲームに対して決めつけてている節があるのっぴぃさん
――正直、そのあたりのゲームバランスとかは「知ったこっちゃない」というスタンツです。

……つまり、余裕でやってやります「資源無限化」

02_201808302243347e2.jpg03_201808302243324b4.jpg
04_201808302243311b3.jpg05_2018083022432831d.jpg
で 作ってみた街をこんな感じでさらしてみるのですが
自分でも笑っちゃうくらい周囲の地形を無視した「碁盤の目」が張り巡らされて
――前にもどっかで書いたけれども「見事な碁盤病を発症」していて笑います。

まぁ これやると「これでもか」ってくらい建物を敷き詰めることもできますし
そんな意味では 「人が来るならば」一番効率的に街づくりができる……
のかなぁ? って 私的には考えてみたり。

――実際 「この街の開発も終わりだな」と考えるきっかけは
今までもいずれも「車制限」「人口制限」(いずれもシステム的な意味で)
に遭遇してからですし この「ゲームとしての限界」というのが
私の都市づくりをしていくうえで大きなターニングポイントであることは間違いないようです。

ここで 特にこの街の「苦笑いポイント」をあげてみるならば
街の端っこまで碁盤の目の向きを保存しながら埋め尽くしている点で
間に海峡が挟まれようが 法則性を乱さない碁盤の目が敷き詰められることになっています。

……まぁ はたから見たらきれいではあるものの ワンパターン化しちゃったなぁ
というのが 私自身もちょっと気が仮に思うところです。

それを反省してなのかはわかりませんが やたら「ラウンドアバウトを多用した」
曲線に富んだ区画が出来上がっていますが――これはこれで「法則性」を
乱すことに躊躇を示しているのがありありと見え
よく言えば「几帳面」、悪く言えば「神経質」な性格が見え隠れしているように思えます。

06_20180830224325d78.jpg
今回私がやってきた中で特に自画自賛したいのはこの工業地帯。
……工業地帯の中ほどを一周するような形で片道の高速道路を通し
そこで集荷をしつつ 貨物駅や貨物港での取引もできるようにする

――みたいな物を作りまして 私個人としてはこれ なかなか気に入っています。

――たまに インターチェンジの道路を「車が認識してくれない」などの事故があり
変な渋滞が起こったりするイライラもありますが 基本的に楽しくやらせてもらっています。

TOP

二期のならし運転なう(イベント始まる?)

2018⁄08⁄31(金) 00:00
32_20180822210756335.png
一応 運営ツイートの上では今日から夏イベとのことですので
(順延している可能性あるけれども)なんか 二期始まった、というタイミング時点で
書きそびれていたことをちょくちょくと書かせてもらおうかな~
という 今日の作文の企画。

――あ、これは ちょっと資材に余裕があったので遊んでみた、の絵。

キラ付けの随伴艦のまるゆが切れた、という理由もある。

31_20180822210753ce5.png
ぽいぬちゃんの耐久改修に成功しました。

ケッコンしていたので4n耐久値となり、大破率に難あり、といった状況になっていた
今日この頃だったわけですがひとまずこれで耐久調整も済み、
とりあえず 最終海域に連れて行ってもそん色ない活躍を
(今までの戦火に関して文句があるわけではないですが)期待できるというものです。

というか 運改修もそれなりにやっているので魚雷カットインにきたいですね。

一応 後占守型がワンセット残っているので この後は同じくケッコン済の白露型である
村雨ちゃんの耐久値改修を狙っていこうかな、といった感じです。



さて ゲームのスクショのほうですが二期になることでどうやら
右クリックでスクショができるように挙動が変化したり
――ということがあった模様。

正直な話ありがたい仕様変更だったのですが
クリックで先に進む画面でこれを使ってスクショを撮影しようとしたときに
ちゃっかりページ遷移してしまったりとなかなか不都合があった模様。

そのほかにも 適宜ミュートができなかったりと艦これやるうえで
かゆいところに手が届かない仕様がちょいちょいありまして。

そんな中 一期でも折につけてお世話になっていた某方の
艦これブラウザアプリが二期対応――かなりのスピードですよね……――してくださり
ありがたいと同時にすごいな~  と思うわけであります。

だって 日常の仕事と同時並行なんでしょ?  みたいな。

そのほか 当然のようにプレイを補助する機能も実装されていますし 神様仏様、って感じです。

TOP

a city

2018⁄08⁄30(木) 00:00
01_2018082821250909d.jpg02_2018082821250580a.jpg
なんか気が付いたら今月こっちに全く触れずに終わりそうな気がしてきたので。
まぁ 忘れないうちに街づくりのお話でもやっていこうと思います。

それにしても 傾斜地に高架から地下へナチュラルに突入する絵って
現実でもゲームでもなんか わくわくするものがありますね。

――高低差の激しい土地をトンネルや効果で突っ切る様子はなかなか好きな私です。

世の中のデザインができる人――世の中には結構いらっしゃるようで――が
善意で上げてくださっている建物やら車やら。
……これらを自分の街の中で走らせることに関してかなりの感動を覚える私です。

そんな最近は 東北・秋田・北海道新幹線の絵が取れる車両を見つけたのでそれでやってみました。

――まぁ まだ私がうまく把握できていない、捜査できていないだけかとも思いますが
あとは高架をも少し近代的なものが作れないか――みたいなところが気になってきますね。

03_20180828212501d4b.jpg04_20180828212457cbc.jpg
とまぁ そんなリアルな街を作れるこのゲームではありますが
やはりというか当然というか不自然な挙動が見られることもございます。

その一例として挙げられるのが市民が感動を覚えるレベルで災害(火事とか)に動じないこと。

駅や港で大規模火災が起きようが盛大に平常運転を公共交通はやってくれますし
市民も何も動じずにそれらを利用するシュールな光景が見られます。

05_20180828212454d82.jpg
そして 結構延焼する。 やべぇ。
――まぁ 私はあまりその手に興味がないので「災害」のDLCは買っていないのですが
……この辺の少々お菓子な挙動とかってこのアンバランスさが生んでいるものなのでしょうか?

06_201808282124497bd.jpg
代わりに例えば導入してみたDLCといえば 例えば野外フェス。

……ここをホームグラウンドにする音楽バンドをうまく育てながら
売上収入を生み出す、というDLCですが 私的には街のインテリアとして使わせてもらっています。

私の場合はあまり面白みもなくレジャー街にこれを置いているのですが……
……あえて山のど真ん中に置いてみるとかいろいろと使いでもありそうな気がします。



今月は特に中旬外出してみたり盛大に帰省してみたりで結局触る機会も多くありませんでしたが
高い買い物(PC)しているほとんどの元手がこれなんですし
いろんな意味で楽しんでいきたいな~  と思います。

TOP

艦これ二期!!!

2018⁄08⁄21(火) 00:00
とりあえず今日は 前の艦これで変わったりした海域に顔出してみながら
適当な事しゃべったりしゃべらなかったりしてみようという回にしてみようかと。

艦これ12艦これ13
1-5、まぁ 新しいマップになったとはいえ 大きなコンセプトのほうは
二期になっても新しいマップになっても変えることはないようで。

艦これ26艦これ14
ここらでの大きな違いといえば 初戦で潜水艦事故にならない
――事案が出来上がった、みたいな感じでしょうか。

まぁ その事案自体先の先制対潜が実装されて以降起こる確率がググっと減ったわけですが……
……まぁ でも 過去アレにげんなりさせられた記憶を思い返しながらうむうむと思うわけです。

艦これ15艦これ16
なお ボスはそれなりに強化されている模様。

艦これ21
昔はやっていたオリョクル。 まぁ 潜水艦でうまい具合にルート取りができれば
こんな感じで かなり舐めるように資源をかっさらうことができるのですが
道中に輪形陣が増えてみたり 駆逐艦がソナー装備してみたりと
露骨な潜水艦いじめが見られるようになりまして……

さらに 補給艦拾いに行くことも難しくなったとあれば
もう 割と 半泣きするしかありえないわけで。

艦これ22艦これ24
南西諸島の任務をどう回るかな~  などと考えながら
むやみにケッコン艦並べてみた結果がこれである。

……練度あげても何というか 気休めにすらならない眺めがそこにあった。
今回のイベントは もうすでにバケツ集めほぼ終わっているので何とかなっているようなものですが
次以降のバケツ集めとデイリー任務をうまいこと取り持つビジョンが
今のところ 頭の中に計画できていない私がいます……

艦これ05艦これ06
さて 最近の改装といえば――とりあえず サム育てているので中破したタイミングで改装を。
……それこそ このあたりのデイリー任務で回しながら育てているのですが
改装のきっかけになる被害がそこそこ起こるようになってしまっている、というのが
私的にもずいぶん残念に思うところであります……

艦これ18
あと これと同じタイミングで涼月さんに水着グラ。
……個人的には 照月ちゃんとかプリンちゃんとかにも限定グラを……
……とか思うのですが さすがにそれは高望みしすぎなのでしょうかね?

そして 長10㎝砲ちゃん、もともとしいたけ目だったのだけども……うん。

TOP

艦これ二期!!

2018⁄08⁄20(月) 00:00
24_20180820231716249.png25_20180820231713ce5.png
せっかくなので一期から二期へのお引越し。
――「それらしさ」意識して執務室のほうもほぼ初期化(カーテンの色だけ自分らしさ出しました)しました。

そういえば 私も着任した直後は段ボールしか執務室になくて
「どうやったらこのあたりの模様替えができるのか」などを
これを手ほどきしてくれた友人に泣きついてみたり、したものです。

なんとなく 懐かしい気分になってきますね。

なお 嫁艦がうまい具合にバカンスムード真っ盛りなので うまく締まる絵を
今はプリンちゃんにお願いするしかないという現状だった模様。

26_20180820231712830.png27_20180820231710240.png
あと 長い間触ることができないことも内定しておりますので
積極的に長時間遠征――特に最近まだ回復に時間がかかっているボーキをメインに――へ
艦娘を送り出すことになっている、というのもよくあることであります。

ただ さすがに80時間の遠征というのは我ながら調子に乗りすぎたかな~  などと。
……メンテ終了後約一日して帰ってきました。 知ってた。

艦これ03
で 帰ってきました艦これ執務室。
――早々に元通りに模様替えを戻しまして なんと言いますか
一種の引っ越し茶番のようなものをやってみたりしているわけですが まぁ。

ひとまず二期になったということで 一つ大きな変化として個人的に上げてみるのは
母港の表示に関していろいろと表示をいじることができるようになったこと
――とかが挙げられるでしょうか。

個人的に今 このメカメカしいフレームが気に入っておりますのでこんな感じにしていますが
例えば英語表記だとか……最近は海外感も増えてきましたし
状況によっては変えてみる、というのも面白いかもしれません。

多くの元ネタ艦的には「敵国の言葉」とか言われかねない気もしますが
――まぁ この辺野暮ってもんでしょう。 何せ今はグローバル。

艦これ01艦これ02
図鑑は――ほとんど変わってないですね。
改二が無造作に出てくるおかげでなかなか調べにくいなぁと私の中では不評なのですが……

ただ このあたりの乱雑さにその他の場所でのソートは引きずられないようになったようで
例えば 艦隊編成の時に改二艦が後ろへ行ってしまう――みたいなことが減った気がします。

これで改二が出るたびに欲しい艦がどこへ行ってしまったのかわからなくなる、
ということは そこそこなくなってくれそうな気がします。

TOP

艦これ二期!

2018⁄08⁄19(日) 00:00
21_20180820231526e7f.jpg
先日より、艦これ二期、やってまいりました!!

――というわけで 相も変わらず艦これ提督さんののっぴぃです。
コミケも当然のようにこの辺の島を漂って生きてきました。

先日のお盆のあたりから盛大な三日間のメンテナンスを経て
近々廃止されるフラッシュから脱却した、という形になります。

ただ 帰省中のタブレット どうもうまくスクショが取れませんので
まず初めのほうは 手で撮影という形で行かせてもらっています。 後ほど改善します。

22_2018082023152444d.jpg23_201808202315225c5.jpg
まぁ 二期になるにあたって大きく問題になってきますのは
なんか 海域のほうがリセットされてしまった、というところでしょうか。

どうやら 今までのよくわからないごにょごにょした地図から
現代の地図に準拠したマップに入れ替える作業もあるようなのですが。
……今までの航路に対して結構リニューアルされている模様。

個人的には 地図さえいい感じに変えてくれればよかったのにな……
といった感じだったのですが とりあえず実際に触ってみましょう。

艦これ08艦これ10
海域を攻略することによって今までと同様に
新しい海域へ踏み出せるようになっているのですが
どうやら 今までのそれとは一味も二味も違う、といった塩梅のよう。

端的に言えば 全体的に難化しました。

代わりに 羅針盤は鳴りを潜めたようなイメージ。

具体的にいきますと 例えばデイリー任務として設定されている
南西諸島海域のボス五回討伐あたりの任務。

今までは何も考えずにオリョクルしていけばよかったのですが
今度からは空母の数気を付けなければならなくなったり
なんか 無駄に当ててくる戦艦エリートがぞろぞろ出てきたりで
バケツの消費待ったなし、といった環境になっております。

ついでに言えば オリョクル完全死亡のお知らせ。

――今までは 終わる時間は半ば運任せの部分もあったのですが
着実にこれらをやりながら資源をためることもできたのに
これからはなかなか難儀しそう、というところが透けて見えているあたりでしょうか……

ということで これからしばらくこの辺についてしゃべっていこうかな~  って思います。

TOP

夏だ!海だ!(Online)

2018⁄08⁄02(木) 00:00
01_20180802022652c11.png
あまり艦娘を大破させて楽しむようなタイプではないのですが
偶然にも好きな艦が入渠でたまっていたりすると どうにも写真とりたくなる
ただの変態提督ですすいませんお願いです艦載機はやめてください死んでしまいます()

02_2018080202265282c.png
夏だ、海だ!  気を取り直して行ってみますと
昨日のアップデートで全体的に遅めな水着実装があいなされました。

――今年は暑かっただけに「目の保養」がなかなか来なくて焦らされたものです……
かなりの比率で我がケッコン艦にも混ざってくる水着の方々を眺めながら
この夏(社会人一年目)も乗り切っていこう、と、息巻くわけであります。

03_20180802022651a9d.png04_201808020226503d8.png
05_2018080202264912b.png06_20180802022649b9e.png
07_201808020228484dc.png
該当日のアップデートでは新たに肌をあらわにした方々というのも
まぁ 相当数いらっしゃる、ということでまた本鎮守府も華やかになるというものです。

――ある意味夏が一番の稼ぎ時なのかもしれない(哲学)

08_20180802022848c86.png09_20180802022847a5a.png
ただ一つ不満を上げるとするならば 今年実装された白露型改二の方々が
水着ランナップから外れてしまった、というのが挙げられるのですが……

二人とも外見の違い(オッドアイになっちゃった子もいるし)大きいですし
差分にするにしてもちょっと繊細な作業を要求されたからだと信じたい。

……もともとの実装がなされた年も 時雨と夕立が時間差を置いて
実装されたことを考えながら 同じようなことがあるのだと思いたい今日この頃であります。

(まぁ 時期が時期だけにこんな要求も差し出がましいのかもしれませんが
イチソ先生、なにとぞ、なにとぞよろしくお願いいたします……!)

10_201808020228463d1.png11_201808020228463c7.png
ついでなので最近の艦隊運営。 まぁ これだけでわかる人はわかる。

で 問題なのは改修自体は完了したものの「サラトガ任務が途中放棄されている」
ことに先ほど気が付き 「肝心の任務が出てきていなかった」ことに今更ながら気が付いたこと。
……要するにただのあほである。

TOP

大乱闘

2018⁄07⁄23(月) 00:00
ちょいちょいと過去作を(一人で)楽しんでいた節がございますスマブラの話題
――思い返してみたら それなりに気になることもあるけれども全く触っていなかったですし
「これ幸いに」としゃべってみようかなー  と思います。

……今、このタイミングが大丈夫かどうかもよくわからないけれども。

そして 九割程度対戦した時の使用感とかは伝えたりできるほどうまくもないので
「一にわか」としてしゃべれる程度、といったことになるわけですが。

先日のニンテンドーダイレクトで参戦キャラクターの一覧、みたいなこと言われましたね。
そして その後公式サイトを見てみると「参戦キャラクターは66人」などと書いてありました。
……それと同時に いろいろと気になる文言も書いてあったようで。

「ポケモントレーナーを一人とカウント」「ダッシュファイターを含む」とのこと。
私が先ほど確認した時点でファイターの通算番号は65人。
ポケモントレーナーとの扱いの差を鑑みるとここから-2をして現在見えているファイターの数は63人。

発表されているダッシュファイターはデイジー、ブラックピット、ルキナの3人。
――まぁ これ以上増えることはないという一種の内定を得たことでもありそうですね。

ところで気になりますのが「ダッシュファイター」とは何かといったところ。

今までの作品ではほぼといっていいレベルで同じ動きをしていた
「キャプテンファルコン」と「ガノンドロフ」が 特にガノンが剣をふるうことになったりして
大きく動き方を変えている点を思いだすと これ原因でダッシュファイター化を阻止しているのかなという感もあります。

そのうえで考えると気になってくるのが「ドクターマリオ」と「ピチュー」の存在。
……彼らを「ダッシュファイター」と違う扱いにしている理由は何でしょう。

ドクターマリオはマリオに対してポンプが使えないとかいう違いがありそうですが
必殺技系統の大きな違いを出す、という点が違うと考えようとすると
どうにも ブラックピットが光の戦車に乗ることができるのか
――最後の切り札違う技持ち出すんじゃないか、という疑問が生じます。

さらに言えば まだ技の詳細を(私はうまく把握していない)ピチューなんかも
ピカチュウに対してそれなりのレベルの差別化をしてくれることを期待したいところで……

少なくとも「常にフレアドライブ状態の火力上げて体重落としたピカチュウ」レベルであるならば
ダッシュファイターとして扱ってしかえるべし、といった感もありますし……
……大なり小なり細かい差別化もされているのだろうと期待したいところです。

まぁ スイッチ持っていないのっぴぃさん、気にはなるけど買うかどうかはまた別問題という
なかなかな本末転倒ぶりを見せつけますが まぁ 楽しみではあります、みたいな。

TOP