動物園(ver 2.0.0.5)

2020⁄02⁄26(水) 00:00
ちょっと昨日の話の流れでまた、しゃべりたいスクショでも貼りながら
テキトーなコメント入れておしゃべりしてみたいな~  って思います。

動物園(17)動物園(18)
我が動物園サバンナの一幕。 キリンとかって長い首をこうやって
リアルでも寝ていると聞いたこともあり、なんというか「首釣りそうだな」と
この手の絵を見ているときに毎度思うわけであります。

あと 気が付いたら生まれていたアルビノ君。
なんか アルビノって結構レアな真っ白な動物、ということみたいなのですが
ほかにもアルビノのクジャクが出てきたところを見たことありますし
なんか 妙に遭遇率が高いような気もするんですよね~

動物園(19)動物園(20)
獣医さんが駐在する動物病院エリアについて。
基本的にはでっかい担架みたいなのに動物を載せているのですが
なんか ごっつい動物が対象になってしまうとこうやって
地べたに直に動物を寝かせて治療することになるようです。

――なんか、どうも扱いが雑なような気がしてしまうのはなぜなのでしょうか。

動物園(21)
そのほか じっくり観察できる施設といえば飼育員が餌を調合したりするこの施設でしょうか。

複数の飼育員さんがゴリゴリと食べ物を用意したりする光景を見ると妙化感慨があるものです。

動物園(22)
ある種このゲームのバグのようなものだとは思いますが
このお客さんたち、建物などを無視して動物の柵との距離で
景色判別する傾向があるようで なんというか
「シロクマを観察している(建物を透視しながら)」という
妙な光景がここで完成してしまった模様です。

――何と滑稽な事か。

TOP

マンネリ趣味

2020⁄02⁄25(火) 00:00
さて 動物園制作あたりが若干マンネリ化してきた
――正確に言えば新しい追加コンテンツがなかなかやってこないことに
多少業を煮やしてきた――ということもあり
なんか 面白そうなゲームないかな~  と スチームをあさったりしている今日この頃。

まぁ この際なのでここ最近ののっぴぃさんの動き的に
すき好んでいるようなゲームのお話でもしてみましょうか。

とりあえず 主にやっているのはシミュレーションゲーム。
何か物を作ってそれが動いているのをぼーっと眺めているのが好きです。

基本的にはだれかと一緒に物をやる、というものではなく
自分の世界を創造する、といった方向性に興味の矢印が向かっているのを感じます。

あとは それなりのリアリティがあるものでないと没頭できないようです。
なんか 2Dの割と構造が簡単なゲームだとすぐに飽きる傾向が。

そして なんか「やりたいことをやる」という方向性に相当シフトしているようで
割と「経営基盤を考えながら」という観点で
マネジメントをはなからやりが足らない、という傾向があるようです。

これってもしかして、財政状態とか考えないで
自分のやりたいことを自分のやりたいようにやる、という
人間性的にあまりよろしくないサインの類だったりするのでは?

と 時たま思ったりするのですがこのあたりの趣味嗜好って
外部的要因で訂正するべきものだったりするんでしょうかね?



あと 基本的に気になるゲームはYouTubeの実況動画なんかで
探して見つけてくる、というパターンがなかなかに多いような気がします。

そんな意味でも 昨年十一月ごろに画策していたインフルエンサーになりたいと
動画制作を勉強してみた、ということを実践出来たらよかったのですが……

PCのスペック的に難しかったのであればそれはそれで仕方ないよね、うん。

TOP

バレンタイン(概念)

2020⁄02⁄14(金) 00:00
バレンタイン (1)バレンタイン (2)
バレンタイン (3)バレンタイン (4)
バレンタイン (5)
とりあえず 本日はバレンタイン、ということですが
今年も今年とて 何かをもらえる見込みがないのっぴぃさんは
それっぽい画像を求めた結果、残念ながら艦これに舞い戻るという

……いかにも悲しい現実に向き合うことになるわけです。

というわけで 先のアップデートで更新された今年の新着チョコレートを
お持ちの皆様はこのあたりになります。

そういえば こうやってスクショそろえながらふと思ったのですが
基本的に択捉型の皆様ってかなり期間限定グラフィック充実していますよね。

……なぜなのかな~  とか しがない疑問をこのスクショ並べながら思いました。
そして やっぱりというか、存在しているメスガ……グレカーレちゃん。
なんか、運営もいろいろわかってる感すらあるよね。



改装 (1)改装 (2)
改装 (3)改装 (4)
同アップデートで敷波さんの改二実装がされました。
……まぁ このくらいのペースでコモン艦には改二出してくれないと
正直間に合わないよね、というか 新規艦出すペースに対して
改二実装ペースが全く追いついていないよね、というのは誰もが思うこと。

まぁ 私の場合妙にしばふ艦の育成スピードが遅いので この現象、これはこれで
私にとってありがたいのかもしれませんが……

改装 (5)改装 (6)
改装ついでに、前イベント時期にやっていたけれども出すタイミングを逃し続けて。
――やっとジェーナスの育成も終わりました。
……なんか 夏ごろのイベント艦、妙に育成できなかった記憶あるんですよね。

それに対して 今回の秋イベントの新規艦、昨日書いたように
育てたい子それなりに多いですし、ちょっと腰据えて頑張っていかないといけませんね。

TOP

忘備録(遅)

2020⁄02⁄13(木) 00:00
新規艦01新規艦02
新規艦03新規艦04
新規艦05新規艦06
新規艦07
そういえば 前艦これのお話でいろいろ書いているときには「さっさとノルマ終わらせよう」と
色々ていっぱいですっかり忘れていたのですが
前のイベントで手に入れた皆様を改めてスクショ並べている機会なかったなぁと。

――いうことに気が付いて 今更ながらノルマ消化を目指しておりますのが
私のっぴぃでございます。

とりあえず イベントとイベントの間のこの時期は演習なんかを全力でこなして
せめて 次イベントまでにはアトランタ、ヒューストン、神州丸程度は
海域投入可能レベルにまでレベル上げしたいなぁと思う今日この頃。

ちなみに 見た目的になんかわかるかもしれませんが
デロイテルさんだけ撮影タイミングが違います。

……とりあえず 最近は手ごろなレベルの軽巡がいなくなってしまった
(皆一つの目標レベルである80レベル到達してしまった)ということもあり
絶賛募集中でありました遠征軽巡枠(キラ付け無し枠)に急遽投入。

燃費というよりは経験値のおこぼれを吸わせる、という意味合いが
強い配置になっておりますが まぁ そんな利用の仕方もありでしょう。

ちなみに イベントドロップするレア駆逐枠の方々は東京遠征等を
メインにこなす裏方艦隊で経験値配布、
まだ改二の予告が来ないコモン駆逐(未育成)枠はキラ付け遠征艦隊、というのが
私の鎮守府でいつの間にか出来上がった定型文となっております。



年始(忘)
こっちもこっちで忘れていたのですが、今年の一月一日のログインボーナスは
秋雲先生の原稿机でした。

……なにとぞ、この時のログインは携帯だったのですっかり画像持ってくるの忘れていたのだよ。



セッツブーン節分12
節分13節分14
セッツブーンのお話。

まぁ もらうもんもらいました、というパートはすでにお話してありますので
そのおこぼれもしっかり吸いました、という雑な振りなんですけれども。

結局 エクストラ海域任務一度挑戦したことで
各種アイテムを一度ずつもらえる権利を得ることができました。
まぁ 可もなく不可もなく、といったところでしょうか。

TOP

動物園(ver 2.0.0.4)

2020⁄02⁄09(日) 00:00
動物園 (11)動物園 (12)
お次はジャングルの動物を集めたエリア。
手前側に中州を作り、ここにライド系を集約、その奥にはゴリラやチンパンジーといった
アフリカにすんでる類人猿などを集めた建物を作りました。

特にゴリラはしばしばbest of ZOO animalに出てきたりするのですが
少なくとも私が動物園内を循環している限りですと
特にそれが納得できるような来客を集めているとは思えず。

そもそも 動物園のヘリに当たるせいなのかこのあたりまで
来園者がやってくること自体がなかなかなく
正直なところ 若干の閑古鳥が鳴いている感あるのが
アフリカ以外の動物のいるエリアです。 もっといろんなところに散らばってくれ。
(中央のサバンナエリアが強すぎる説)

あと、画面奥の妙に開いた空間はアマゾンの動物を押し込みたいなぁと考えています。
ゆくゆくはここいらにアステカ風ピラミッドを立てて
そこの中にも動物園出入り口を仕込みたい、というのが一応思惑。

動物園 (9)動物園 (10)
なお、このゲームには動物の檻だけではなく小型の動物を飼育する
ケージみたいなのも備わっているのですが このジャングルエリアには
その中でも昆虫の類を集めたインセクタリウムも用意しております。

これはこれでこじんまりと収まっていて私個人としてはなかなか好きな光景。

同じように ヘビやイグアナ、亀を集めたテラリウムも別のところに用意。
――リクガメの類はでかすぎるのでもはや温室内に檻を置いている、という有様ですが。

こちらもこちらで私個人としてはお気に入りの光景となっております。



動物園 (8)動物園 (7)
最後はただいま工事中の風景も踏まえつつ。

まず 先のアップデート、DLCで追加されたシロクマの奥に主に氷や雪ブロックで作った
水族館じみた場所を用意しました。

ここらあたりにはそのうちペンギンやアシカ、オットセイの類を入れられたらな~
みたいなことを画策しています。

このあたりは正面エントランスに近いにもかかわらず基本的にすごく更地。
……当然のようにほとんど人気のないこのエリアですが
この先のアップデートに備えて大きな遊びも欲しいところですからね。
……将来に期待して待つことにします。

TOP

動物園(ver 2.0.0.3)

2020⁄02⁄07(金) 00:00
動物園 (14)
今回私が作った動物園の中央にはシンボルになれば、と
それなりにでっかい単独峰を一つ、どどんと設置いたしました。

昨日お話しましたサバンナエリアのこの山をはさんだ正反対の位置には
とりあえず 動物園の顔になりそうなアフリカゾウを配置しております。
――このあたりの位置から見ると せっせとこしらえた山がいい味出しているなぁ、と
自画自賛したくなる場所もありますね。

動物園 (15)動物園 (16)
なお こちら側の山の中にも来園者の湧きスポットを用意しておりまして
ここからも園内に人が入ってくるように設計しております。

ただ 昨日上げたエントランスよりも若干人の入りがまばらというか
ここからやってきた人たちはどこに行っているのだろうと
毎度気持ち悪く思うことがあったりなかったり、といった感じ。

そして こちら側にはアフリカのサバンナに住む動物の檻それぞれを突っ切る
アドベンチャーライドを用意しました。

突っ切る檻の数も相当数ありますのでかなり人気になる、と踏んでいたのですがねぇ……
期待通りの客入りにはなっていないかなぁ、という印象。



動物園 (5)動物園 (6)
アフリカサバンナの動物は園内の中心に寄せていたのですが
代わりに園内外縁部にはその他の地域の動物を集めたエリアを用意してあります。
――というわけで アフリカゾウから園内中心シンボルマウンテンをしり目に行ったところに
アジアの動物を集めたエリアを作りました。

もともとのゲームの素材に「インド風」「中華・日本風」の建物が作れるパーツがあったので
とりあえず このエリアに住む動物はこれらのどっちかに所属するように分割しました。
――ヒマラヤヒグマだけは、どっちつかずの場所に配置しました。 領土問題面倒だからね()

この中でもひとまずテーマを掲げておりまして、中華・日本風の動物はとにかく
仙境のような渓谷を用意し、その中に配置することを心がけました。
ここいらは他と比べて圧倒的に地形いじりが多かった感あります。

インド風の動物は ちょっとした宮殿――中にはインドゾウが済んでいます――を配置、
その周囲にちょっとした街を作り、ここの中にいい感じに
動物を配置することを意識して作りました。

TOP

動物園(ver 2.0.0.1)

2020⁄02⁄05(水) 00:00
動物園 (1)動物園 (2)
さて ここ最近の話のネタにあげていないけれども
私のオフの時間を妙に圧迫している()という噂のこのゲーム

考えてみたらこちらのほうでそうやっていることをあげていないなぁ
――ということで ちょっと触れてみることにしました。

……それこそ 私が忙しい忙しいといっていた昨年末あたりも
ちょくちょくとは触っていっていた程度にはやりこんでおりましたので……

動物園 (3)
さてここ最近はちょっとばかりまとまりを考えながら動物園を作っていこうと考えて
更地から動物園を作り上げてみたりしております。

まぁ 私のセンスの問題で微妙な出来になっておりますが
ひとまず現在作っている段階の動物園がこちら。

とりあえず 園内の移動をうまくいかせるために
園内中ほどに大方円を描くように汽車とボートを、
南北、東西を突っ切るように小型モノレールとロープウェイ的な何かを配置しております。

とりあえず 対角移動とかも含めてこれらの乗り物をうまく使って
お客さんが縦横無尽に動いてくれれば……という魂胆。

ところどころに不自然に開いている空間がありますが
このあたりは今後のアップデートで動物が増えるだろうことを予測して
彼らが入ってくる空間を明けている、という体でお願いします。

まぁ 少なくとも
・オーストラリア・ニュージーランドの動物
・アマゾン・アンデスの動物
・北米(プレーリー)の動物
・ヨーロッパの動物
・鳥類/海の哺乳類
あたりは追加アップデートないしはDLCで実装されると読んで
彼らが入ってくる場所は若干意識しながら配置をしております。

まぁ これらの欲についてはどこかでかいたようなきもしますが。

さて、概略はこんな感じにしてこの先はちょっと寄った視点でスクショを並べながら
たわいもないおしゃべりをしていきたいと思います。

TOP

セッツブーン

2020⁄02⁄03(月) 00:00
さて 艦これの界隈ではなぜか定期的に集め物を
しなければならないという妙な通例があります。

節分01
その集めモノとは例えば秋刀魚だったりこの節分お豆だったりするのですが。
――なにも、秋?イベを終わらせたアップデートで一緒に実装するというのは
さすがにいささかやりすぎの部分があるのではないか……と。

とまぁ そんなことは思いつつも ここで拾うもの拾っておかないと
次以降のイベント難易度に露骨にかかわってくるわけで。

節分02
今回のイベントは主に任務を一つ一つつぶすところから始まります。
――まずは デイリーの演習で駆逐を入れて勝利する。
……うちのケッコン駆逐娘を編成しておけば何とかなりますね、この辺は。

節分03節分04
節分05
まぁ 最終的には5-5とか露骨に面倒くさい海域に
精力的に進撃しなければならないという地味に面倒な仕様なのですが。

……しかも この手のイベントなのに開始直後には「いつまでやるのか≒豆の最大数はいくつなのか」
という大切な情報が伏せられたままという。 なんといじらしい。

節分06節分07
まぁ そんな感じで 面倒なものをした後には戦果ももらえるのですが
特にこの手の戦果稼ぎをしていない人――暇を持て余した学生でもないので――には
この手の任務は一度やるだけで十分だった感が漂っておりましたが まぁ それはそれとして。

節分08節分09
節分10節分11
で 結果的に集めた豆を投げつけることによって
それなりにレアなアイテムをもらえるわけですが。

とりあえず この中で我が艦隊的に欲しいな、と思えたのが
銀河と二式陸上偵察機。 後者は熟練版と合わせてこれで3機目。 これだけそろえばいいでしょう。

さすがに「銀河」には取得制限がかかっていたようで一つしかもらうことができませんでした。
……複数所有可能だったら前述の面倒な任務に何度か伺うことも考えたんですがね。

TOP

いろいろ試してみた結果。

2020⁄01⁄30(木) 00:00
夕張01夕張02
夕張03夕張04
ブログ投稿時タイミングで考えても実際の記事作成時――といっても
もうこのあたりまで来るとほとんどリアルタイミングと一緒なのですが――
で考えてみても白々しかった夕張さんのお話。

まぁ やっぱりというか改二実装されましてね。

もともと実験大好き夕張さん、と ある種兵装オタクと化している彼女。
改装したらどんな艦になってくれるのかな~  と期待してみてみれば。
なんと驚き、5スロット軽巡に。

もっと艦が広い――戦艦とか――船なんていっぱいあるだろうに
それらをさておいてまさかの5スロを搭載してやってきました。

……とはいえ さすがにすべてのスロットに砲を詰め込む、というのは
スペース的に難しかったようなのですが それをさておくとしても
相当なことをやってくれましたよ。

単純に溶接をはじめとした技術スキルが高いだけでなく
整理整頓といった生活力も高い良妻候補の可能性が浮上した夕張さんです。

夕張05夕張06
夕張07
さらにすごいのは 改装パターンがやたらあることで
その中には甲標的を詰めるタイプもあったりするという。
……もうこれは しっかり穴開けて大切に運用していくしかありませんよね。

小さな船体に夢がすごく広がります。



衣装01衣装02
衣装03衣装04
衣装05衣装06
衣装07衣装08
さて なんだかんだで忙しくてゆっくりと期間限定グラフィックを
眺めていなかったことに気が付いたのっぴぃさん。

せっかくなのでそれを堪能しよう、という意味もかねて
とりあえずそれのスクショを意味なく眺めてみることにします。
――まぁ 完全なる記事作成サボりの手法となっておりますが、まぁ。

TOP

裏の通常出撃

2020⁄01⁄28(火) 00:00
Jonston 01Jonston 02
Jonston 03Jonston 04
このイベント時期に指輪私をした艦娘二人目。 ジョンストン。

こっちは単純にイベントでの堀作業券経験値配布をしているときに
なんだかんだでレベルアップしたため指輪を渡したものになります。

巷では髪型や雰囲気からアメリカ版天津風、なんて言われることもある彼女。
――実際私がコミケで買う天津風教の絵師さんの間でも人気ですし
私的にも絵柄なんかは割と好み。 というわけで 指輪渡し。

それにしても 一時期は「対空艦に1スロで先制対潜打てるようになってほしい」と考えて
秋月型を全力で育てていて 実際秋月と照月がこの手の芸当を
できるように育て上げることに成功しましたが 彼女
この手のことを素でこなしてくれるんですよね。

なんか 割とレベル上げに苦悩した私としてはうれしいやら拍子抜けするやら……

とまぁ そんなこと言えどもやっぱり強い艦が手元に増えるのは大歓迎。
――これからもいろいろとお願いしたいところであります。



正月正月任務02
引き続きまして正月任務。 ――まぁ どこに出撃下であるとか
細かいことはもう いろいろと終わったこと振り返っても仕方ないやろ理論で受け流すとして。

正月任務03正月任務04
正月任務05正月任務06
正月任務07正月任務08
正月任務09正月任務10

とりあえず もらえたものを一通り振り返ってみることにしてみますと
まぁ とにかく一式陸攻三四型がもらえたというのが大きい。

――しかも改修済み。 これはなかなかのレアものですよ。

まぁ 往々にしてヘタレたおかげでネームド一式陸攻を取りそびれたり
なんか 攻略サイト見ているとこれをなかなかのやらかしに見えたりすることも多い私として
やっぱり 普通の一式陸攻とは違うものがもらえる
チャンスがあるだけでもうれしいものがありますね。

最後の任務でもらえる掛け軸はいろいろと試したいあのお方。
――そういえば いろいろと情報が流れておりますが まぁ どんな感じになるんでしょうかね。
――ここまで来るといっそ白々しいですが まぁ そんな感じです。

TOP