Hell

2018⁄07⁄20(金) 00:00
00_20180722003800212.jpg
迷子のセダンが空を飛ぶ。 そう、ゲームの世界ならね。
……のっぴぃです。 本日も某都市づくりゲームの話題をば。

都市づくりゲームということで 適当に道路を引いて区画を設定して
公共機関、公共交通を整備して……  といったことを続けていけば
まぁ 基本的に楽しめるゲームにはなっているのですが

……一部の建物――往々にしてランドマーク――に関しては
それを建設するための特定条件をクリアしておかなければなりません。

……とはいうものの その条件というのはゲームの中のどれかのセーブデータで
一度終わらせておけばよい、というのがありがたいところで
どこかで条件を満たしてあげればその先は深いこと考えずにその建物を使うことができるのです。

――ただし その条件というのはどうにも「普通にプレイしているだけではどうにもならない」ものも
そこそこ紛れ込んでいるわけだったりして。

……まぁ 高度なプレイングが求められるものだったりすると相当苦労することになるのですが
幸いなことに 数あるModを利用すればそのあたりの難易度は割と下がる。
……ただ それとは別に「良心の呵責的意味で」辛いものも中には存在します。

01_20180722003759a75.jpg02_201807220037591c9.jpg
という前置きとだらだらとしゃべったうえで 今回なんとなくしゃべりたいな~
というものをだらだらっと書いていけたらなって思います。

今回狙ってみるのは
・失業率を最高に上げつつ
・盛大な借金をし
・手の付けられないほどの犯罪率を高めた後
・廃墟を大量に用意する   ……という地獄プレイング。

もう ろくなことにならないことは初めからわかり切っていますので
作ったマップの名前も「HELL」にしているあたり 最初からあきらめの境地に建っております。

――まぁ 対策としては「No Problem」Modでやりたい放題都市を作りつつ
借金を固めるため「資金無限化Mod」でやることやりつつ収支を巨大なマイナスにする。
失業率を上げるために就業場所を作らずないことを意識して
ある程度頭数がそろったならば これらのModを一気に外して市民革命。

……そんな感じ。

03_201807220037580a1.jpg04_20180722003757dff.jpg
まぁ そんなことをやってみたらゴーストタウン(それも目的の一つですし)が出来上がるわけですが

……本プレイじゃなくてよかったと心から思える、そんな今日この頃でありました。

TOP

おいおいやってます

2018⁄07⁄19(木) 00:00
19_20180721225314a1d.png20_20180721225313af6.png
ひとまず 先日改装レベルをしくじって「一気に改二」計画は頓挫いたしましたが
21_20180721233505ca2.png22_201807212335058f0.png
23_201807212335044fa.png24_20180721233503baa.png
まぁ 改二まで一息レベルまでのレベル上げはできておりましたので
そのあとなんだかんだで改装までこぎつけることができました。 のっぴぃです。

まぁ 改装したはいいものの あまり私の琴線には……といった感じなので
果たしてどれだけ使う機会があるのだろうか……  というのが気になりますが。

そういえば ちょっと突っ込みたいのですが この暑い時期の納涼の一つである(個人的)
「白露型夏の水着グラフィック」はいつ実装されるのでしょうか……?

まぁ 天竜型もそうですが この改二の流れの陰でひっそりと取りやめられている気がしますね……
……まぁ 絵師さんの負担を考えると簡単ではないことくらいすぐわかりますが
結構残念に思ってしまう気持ちもわかってもらえると思う。

(というか そのほかの水着艦も全く実装されていないのはどーゆ―ことなんでしょう……)



25_2018072123350261a.png26_20180721233502a0d.png
27_20180721233620e0b.png28_201807212336196da.png
次のイベントはプラットホーム移行などの影響もあり
聞くところによるとお盆休みからも外れた時期になってくるとか……

春イベがなかった影響で 来る夏イベが社会人になってから初めてのイベント海域ということになるわけですが
それこそ備蓄とか周回の時間があるのかとか 様々なことが気になったりしているのっぴぃです。

まぁ その辺はイベント開始後また書いていくことになると思いますし とりあえず画像に関して。

最近の育成枠として そろそろ目新しさも薄くなってきたガンビア・ベイに着手しているのですが
これでもか、ってほど大破してくれるのが結構気になる今日この頃であります。

……何というか 大鷹も彼女も含めて 立ち位置をかなりの割合
づほちゃんが持って行ってしまっているというのは 彼女もなかなか罪作りなのかもしれません。
……まぁ お札の関係上予備がいるに越したことはありませんが。

08_20180721233618d59.png09_20180721233617df0.png
その意味で過去苦しめられました夜間艦載機。――そういえばまだ作っていなかった。

……ということで ここ最近のデイリー開発を中心として 頑張って対応中でございます。

正直 紫電改二の作成レベルを考えると果たして イベントまでに間に合うかはなかなか不安なところもあるわけですが
コツコツやっていくしかないわけですよね……  頑張ろう。

TOP

覚書

2018⁄07⁄15(日) 00:00
03_20180721231917cb8.png04_201807212319161a5.png
なんか 梅雨グラフィック関連でいじったことあったっけな~
ということをあまり覚えていないので すでに書いてあったとしてもシレっと書き足します。

とりあえず突っ込みたいのが砂霧さん。 まぁ なんと言いますか
初めから中大破しているように見えるともっぱらの噂のグラフィック。

……単純な絵としても――少し気になるところはありますが
それ以前に私は絵が描けないのであまり強く言えないのでありました。



さて 次のアップデートが艦これフラッシュ版ラスト、ということらしく
せっかくなので 次のアップデートではあまり動いてこないだろうけれども
なんか いずれ気になってくるだろうこのゲームへの不平についてちょっとばかし。

……まぁ 先日のコミ1あたりでは アズールレーンに押されて
参加サークル減り始めた、という噂も聞こえてきましたしね……
下手したら このプラットホーム乗り換えって そこそこ斜陽な部分あるのかもしれない。

ひとまず一番思うこと。 イベントで新規艦いろいろと実装してみたりしていますが
「本実装」までの道のりがすべからく面倒くさくありませんか?

正直 もっと気軽に建造落ちとかしてくれてもいいと思うんです。
――例えば 初期実装艦の姉妹艦であったならば 多少の確率が低かろうが
建造落ちとかさっさとしてしまってもいいんじゃないか、ってね。

それなのに 現状はといえば エクストラ海域やらミッドウェー周辺で
ドロップすることがあるかもね?  みたいな感じ。

あと 自分だけかもしれないしょうもない話でありますが
最近追加される海域のMAPは実際の地形をどこか反映したものであるのに対して
昔からあるMAPというのはなかなかに適当に過ぎているのではないか――と思うのです。

この辺の細かいところというのも それこそプラットホームが変わるとか
ごっそりとした大きな変更ができる今の機会くらいしかないのではないか――って思ってみたりね。

まぁ それよりはちょっと本格的に気になるのが艦娘の図鑑機能。

――改二とかが入り乱れてきたおかげで 誰がどこにいるのか、みたいなのが
全く検索できなくなっているというのが地味に気になっておりまして。

……そのあたりの並び順とかソートとかもこの際バッサリ変えてくれてもいいんじゃないか
――なんて思う、今日この頃であります。

TOP

Test 02-02

2018⁄06⁄27(水) 00:00
13_2018070121323664d.jpg14_20180701213235875.jpg
――このゲームの交通系DLCでは二種類のターミナル駅が実装されたりしておりますが
日本人の特性なのかはわかりませんが どうも櫛型ホームのターミナル駅は
持て余すきらいがあるような気がします。 のっぴぃです。

正直 頭が寸止めになっているこの駅をどのように街の発展に
生かしていくべきか、というビジョンが思い浮かばないんですよね。

――というわけで 自分の中ではすでに次の街ではこの駅の使用は没コースと変わっております。
15_20180701213431630.jpg
もう、何をしたいのか全く分からないレベルでぐちゃぐちゃした配線である。

16_20180701213430b9b.jpg
MODで「単線を引ける、運用できる」ものを見つけましたのでせっかくなので
田舎町っぽい雰囲気を目指して砂利道の街を作ってみました。
――まぁ、こちらは少し家を詰めすぎたかな~  といった感じもしますが。

ついでに 日本人ですし、やっぱり「日本家屋が並ぶ街」みたいなのも
将来的には目指してみたいですね。 次の街作る前にプロップ漁りしてみるのもよさそうです。

17_20180701213429f9c.jpg
アセットで見つけてまいりましたリサイクルセンター。
ゴミ処理の悩みであった「やたら土壌汚染する」という問題を見事に解決してくれて
かなり重宝している便利アイテムとなっております。

このあたりの検索をしてみよう、という流れが出来上がってきたのも
前の街を作っていたころの私との大きな違いでありますね。

18_20180701213429e4e.jpg19_201807012134285b4.jpg
もともとのマップにあったでっかい島。
――ここの開発はどうしたらよいか、ということをいろいろと悩んでいたのですが
結果的に片方の島を観光特化、もう片方を娯楽特化にしてみました。

大阪の夢洲ではありませんが 海岸部の隔離された領域とかって
なんか 「非日常感」漂うような領域なのかも。 みたいな印象があります。

20_2018070121342746d.jpg
ただ 海沿いにその辺の世界をまとめてしまいましたので山側にも娯楽都市を作ってみた、そんな感じで。
海にサッカースタジアム(DLC)を用意したのであれば こちら側にはフェス会場をご用意。
市民の憩いの場として機能してもらいたい願望。

……ただ こちらで大量の駐車場を用意してもなかなか使ってくれないのはさみしいかなって。
――まぁ 車両制限でゲームがキツキツなことを考えるとそれでいい気もしてくるし
なかなか難しいものだな~  などと思います。

21_201807012135277e5.jpg
次の街の計画として「山村を作れるようになる」というものがあります。
……これ、自分的には40点の山村。 途中から敷き詰め癖が出てきてしまいましてね……

村の発展のさせ方、勉強しないといけないようです。

TOP

Test 02-01

2018⁄06⁄26(火) 00:00
さて 初回の街はバイオハザードが起こり滅亡、次の街もゲームのプロップ制限で中途挫折。

というわけで 一歩ずつ学んでいきたいのっぴぃさん、
ちょっとまだ 一種のチートBOTに頼りつつではありますが、
少しずつ都市運営に慣れてこようかな、ということで街づくりやってみました。

――まぁ 時たま「特に理由がなく地下鉄が作動しなくなる」みたいな不具合があり
そのたびに「理不尽に敷設しなおす」羽目になるから
これも案外「箱庭ゲー」として遊ぶのであれば必要な項目なのかと。

09_2018070121323967a.jpg10_20180701213238d57.jpg
で 出来上がりましたのがこちらのTest02 city
ある程度「完成」感が個人的に出てきましたのでしゃべってみようかなと。

一部の市民の文句を飲み込んでもらっているブラック市長やっておりますので
そこそこ見えなくなっている項目もあるのですが
まぁ そこそこ商業区や産業区も生き残っておりますので
前よりは着実に成長したのかな、とは思っております。

まず、街の中心部≒初めに開発するエリアに1次産業を固め、
1次から3次産業の物流がなるだけ最低限になるように意識してみました。

前回の街は「物流トラックが多くなりすぎて開発後半街が機能しなくなる」
というゲーム的事案も発生していましたからね。

開発をやめた直接的な原因は「建物建てられなくなった」ですけど
それ以前に無理やり目をつぶっていた「物流の崩壊」問題も忘れておりません。

――といいつつ、のちの産業配分調整で没になった産業もあるのですが。

11_20180701213237ca7.jpg
物流問題対策其の二。 街の中心部に貨物ターミナル駅を設置。
――こちらはどちらかといえば「外縁部・都市外からやってくる貨物線を一気に束ね
ここを介してそれぞれの目的地へ荷物を裁く」ことを意識しております。

そのおかげで 貨物列車の渋滞も抑制できますし その意味での機能不全を防止するのが目的。

一応 初期から引かれていた鉄道路線3本が集まるポイントの一つに設置しておりますし
このあたりはある程度意識した形になります。

12_20180701213236c16.jpg
建物などを敷き詰めたがるのっぴぃさん。 意識して
街の中にある山や丘を「都市公園」として整備するようにしました。

――特にこの「自然公園」はやたら場所占拠してくれますし「敷き詰めたがり」対策には
よかったのではないかと思っております。

……ついでに制定した「登山道(というツアーコース)」は市民に不評ですがね。
登山道なのだから、長いことは許容しろってもんよ。

TOP

祭りの後

2018⁄06⁄14(木) 00:00
12_20180619233527cae.png13_20180619233526177.png
無事 食材イベントのほうも終わりましたが 一応私個人的にも終わった後
ちょっと資材調整をしてなるだけ「お弁当」が残るように頑張ってみた
――つもりではあります。 のっぴぃです。

その甲斐もあり ちょっと余計に和食御膳用意することもできまして
それなりに気持ちも楽になった――のかもしれません。

なお この御膳と一緒にやってまいりますのが鵬翔さんの食事券
――といいながら ちょっとしたおまけの引換券のようなものにそのままなるのですが
一応 そちらの方も(なくなる前に)引き換えておくことにいたしました。

14_20180619233525054.png
というわけで追加でもらいましたのがカタパルト。
で イベント終了同時に発表されました半ばバレバレだった改二艦

15_2018061923352459c.png16_20180619233524aff.png
17_20180619233622769.png18_20180619233621050.png
伊勢改二のほうで早々に使ってしまうことになりましたと。

――いや 伊勢改二と聞いて想像した以上の艦がそこに現れたわけだから
それはそれでよいのでありますがね?

何より驚いたのは 配置制限のようなものがあって結構ぎこちなさがあるものの
利用できるスロットが5つーー大和型の特権かと思っていた――空いているという点。

長門型ですら 改二でも4スロットだったということを考えると
後ろの方の砲を下すという選択肢をとるだけで果たして5スロットを
開放してしまってよかったのだろうか~  みたいなことを思わないでもない。

まぁ 便利になるぶんには助かるから深いことも考えない。

一応愚痴るなら 瑞雲祭りとのかぶせ方が少々微妙だったかなと。
――そして 日向も改二農耕とのことで 同じ方向性ならカタパルト
しっかり確保しておいて悪いこともない、ということを知りニンマリするわけである。

19_20180619233620fcf.png20_20180619233619795.png
あと 同日実装の黒潮も改二になりました。
――さんざん食材集めのために外海乗り出す責務を負ったからか
ちょっと 駆逐艦育てやすくて助かった部分があるのかもしれません。

TOP

間宮強襲

2018⁄06⁄12(火) 00:00
01_20180610205431552.png02_20180610205431614.png
前回に引き続き、やっておりますは食材集め。
――敵軍も間宮を狙うとはあっぱれなり。

03_2018061020543091e.png04_20180610205429d20.png
……まぁ その食材集めとともになぜか大量発生した海防艦
――それもこれまたなぜか新規艦あり――の回収というのもありますので
食料集めもそこそこに彼女が出てくる海域にいそいそと繰り出すわけであります。

まぁ 初めはデイリー任務との兼ね合いで2-4出撃していたのですが
なかなかボスにたどり着かない――食材集めも兼ねようとすると絶対に逸れる
駆逐艦混ぜなきゃいけない――ということもあり
もう さっさと終わらせようと6-3に反復出撃することにいたしまして。

……これはこれでなかなかに面倒でありますな……
05_20180610205428b5f.png
まぁ、とれたんですけどね。 結構困らされたわけですが。

06_20180610205538197.png07_201806102055377cf.png
その後も順調に食材集めてとりあえずもらいました完食掛け軸。
――といっても この先もまだ多少(こっちのほうが面倒)続くんですけどね。
感覚としてはこの先がエクストラ海域、といったところなんでしょうか。

(最初 サンマ祭りの時に大量にとってた缶詰を使うことを画策していたものの
それにロックがかかっていたおかげで料理ができなかったことに気が付いたというのは内緒のお話です。)

08_20180610205537eb5.png09_20180610205536f18.png
10_20180610205535497.png11_20180610205535945.png
で こっちのほうが面倒だった完食後の任務も無事完了。
――まぁ その道中はひたすら地味なものだったので割愛。


今回のイベントに関しては 資材へのダメージやら最近やたら増えた
駆逐艦改二や前回のイベントドロップ艦の育成チャンス、という意味で
非常にありがたいものであったことは言うまでもありません。

ついでに 最近後々のために用意しようとしていた海防艦枠が
ずいぶんと圧迫してきていたので そちらの方に意識が向いたのも
結構うれしいポイントだったりします。

まぁ 期間限定海域というのもそれはそれで盛り上がるものではあるのですが
たまには通常海域にも目を向けて いつもルーチン化していたそれらを
楽しむというのもまた乙なものなのではないか――と私は思いました。

取り合えず いつも使わない対空砲が使い道ありそうな対潜装備に化けたのは
個人的になかなかありがたい。

TOP

そして、突然のクライシス

2018⁄06⁄11(月) 00:00
さて 唐突に物流がいきわたらなくなったりしたものを
資金無限ModやらNo Problem Modやらでいろいろと無視しながら街づくりを行っていた
のっぴぃさんではありますが そのような無理くりした生活も
気が付けばあっという間に終わったわけであります。 ――原因は驚くほど単純でありました。



06_20180610172359c83.jpg
どうも。 のっぴぃです。 いつものように街づくりをしようとしたときに
こんな感じで「建物をこれ以上建築することはできません」という表示が出てまいりました。

……このような警察署や消防署のみならず鉄道駅なども含めて、ですね。

07_20180610172358bbd.jpg
のっぴぃさんは今まで特に際限なく都市をどべたーっと広げていくことを考えつつ
今まで街づくりを行っていたのですが どうやらこのゲーム
扱いきれる人や建物の数に限りがあるようで。

――考えてみればそうですよね。 このゲームのすごいところは
それぞれにょきにょき建ってくる建物の中に住人が住み着いており、
彼らが行動するプログラムは「だれがどこへ行く」という目的も含めて
しっかりと組まれているわけですから それらが多くなると
計算量が膨大なものになるのは日の目を見るより明らかです。

……ということをこうやって 「目に見える形でエラーとして表示してくれる」ことで
初めてそのことを検索することができましたしいろいろと納得いった次第であります。

そして よく考えてみればこのゲーム、はじめは25タイル用意されているものの
実際に開発できるのは9タイルが限度。
これを 25タイル全部開発できるようにModで盛り上げている状況でありました。

――それをしっかり無計画に敷き詰めることをはじめから想定していなかったとしても
仕方ないのかもしれないな~  ということで。

08_20180610172357708.jpg
この先まだまだ街を広げてやろうと考えている気満々の苦い形ではありますが
今回の街「Test 01」は文字通り「テスト」の役目を果たしたということで
開発終了――ということになるみたいです。


さて この失敗を先に立ちまして このゲームで次の街を作るとしたならば
どべたーっと街を広げるのではなく「二個三個の経済圏を作る」ということを意識すること。

――そのためにもあえて山岳とか海とかで分断されているマップを探してきて
「最後まで開発しきれる街づくり」を意識した方がいいのかもなと感じた今日この頃であります。

――ついでに言えば この限界まで街をどべたーっと広げても何とか一度も落ちることなく
(ついでに 裏で艦これ動かしていても)耐え抜いてくれたこのマシンは
このゲームをやるにあたり最低限以上のスペックを保ってくれていたみたいです。 よかった。

TOP

Test 01

2018⁄06⁄07(木) 00:00
数年前までののっぴぃさんなら今日の誕生日でミュー誕生日、とかで
QMA記事投稿していたのでしょうが 今作はゲームモード的に全くやる気にならない。

……視界の端に移るミューちゃんのぷぎゅっと見ながらちょっと悲しい気持ちになるのっぴぃさんです。

01_2018060522384303f.jpg02_2018060522384208f.jpg
とりあえず 昨日書いた話の続きを軽く書かせてもらいましょう。 のっぴぃです。

とりあえず これを始める前ののっぴぃさんの都市づくりシミュレーションゲームの経験値ですが
大方シムシティ2000程度、ということで 大方10年近くのブランクがあったのではないかと思います。

そんな私、都市名「test 01」などとつけたものを用意。
基本的なゲームシステムを思いだし、理解するところから始めたわけですが。

私の最初の年は残念ながらせいぜい1時間程度で崩壊することとなります。
崩壊の理由は「私が過去感知してこなかった行政サービス・死体処理が滞って住民の健康が大幅悪化。
そのまま市民が病死し、その遺体が~―」という負のスパイラルに陥ったもの。

死体が死体を呼ぶとかいうゾンビ映画さながらの事件を起こしてしまったわけですね。



05_20180605225344816.jpg
)ここ最近ののっぴぃさんが頭を抱えているのが謎の物流停滞状況。
工場は納品先がないと騒ぐし、商業施設は商品が届かないと騒ぐ。

相反する要求を掲げるそれらは時期に共倒れで倒産する。 そんな感じ。
――お前らで商品の交換やってくれと正直思いまして
いろいろと車両AIとかをいじれるModを探している最中なのですが
なかなかうまくいかないのが腹立たしいところ。

いくら渋滞解消をしても貨物鉄道を整備しても一向に改善することもなく
動いてくれるはずのトラックが動いてくれない。 隣り合った洋服工場とブティックが
これ原因で倒産する図とか眺めていると「何このくそげー」とののしりたくなるものです。

結局原因はまだわからないままで最近はいろいろとあきらめきったうえで
「とりあえず廃墟化しない(けど操業停止する)」Modで対応しておりますが
都市は休業中店舗や操業停止中の向上にあふれるおかげで慢性的な赤字都市。

都市資金無限Modも投入する羽目になりいろいろと解せない状況が続いております。
……まぁ もともとテスト都市だったから失敗することはしゃーないと思うけれども
手を打っても手ごたえがないというのが正直一番きつい。

03_20180605225345c55.jpg04_20180605225344295.jpg
とりあえず 最近は「見てくれだけは普通の都市」である車窓風景を眺めながら
いろいろな現実逃避を図っている、そんな今日この頃でございます。

TOP

購入理由

2018⁄06⁄06(水) 00:00
私が「オチを書いていないイベントだったな~」って少し焦っているのが
私がGW前に購入したパソコンの主だった使い道。

――さすがに 艦これをするためだったらこれだけがっつりとした買い物をする必要もないわけで
私の手取りにも等しい額の金をつぎ込んだからにはそれなりの理由もあるわけです。

01_2018060522384303f.jpg02_2018060522384208f.jpg
……で その理由というのがこちら。 スチームから落としてまいりました。
cities skylinesってゲーム。

簡単に言いますとシムシティリスペクトのゲームとなっております。
つまり、自分で道引いたり鉄道引いたりしながら都市を築く感じのやつ。

それだけでなく 警察や消防、病院といったインフラも整備して
発展させるだけでなく維持管理も求められるということでなかなか骨のある
都市づくりシミュレーションゲームとなっております。

私個人的にもこのPC、このゲームを進めたいがためにちょっとした調整もして
逆に 不必要と思った部分――PUBGとかやるつもりもないので通信速度等――は削って
……みたいなお買い物をしておりました、といった感じ。

実際これで一カ月半楽しく遊ばせてもらっているのですが
少なくとも今の段階では「相当時間を溶かしてくれる」ということで
正直 この面だけで考えるのであればこのゲームを買ったのは大成功だったかと。

――ただし、逆に言えばこれのおかげで日中に影響が出てくるほどまで
ハマってしまうことも――まぁ、あるなぁと反省することもあり
この意味では大きな問題点でもあります。 残念ながら。


特に最近は さすがに市民一人ひとりまでシミュレーションするゲームは
いろいろとこのためだけにチューニングしたPCでも
なかなかつらいものがあったのか いろいろと不可解なバグに遭遇することもあり……

とりあえず 今日の記事はもう長く語ることもできなさそうなので
明日以降に今日までの「大まかなゲーム感想文」みたいなものでもまとめてみようかしら。

――こうして記事を作っている時間軸ののっぴぃさん、
そういったものの この顛末を語るゲーム画面スクショをあまり撮影していなくて
軽い後悔も覚えているというオチもありますが そのあたりは
こまめにブログ記事を書かなかった自業自得です。 笑ってやりましょう。

TOP