理由

2017⁄07⁄29(土) 00:00
まぁ 昨日の内容の中でもしっかり述べた通り 一応就活でもらった内定
――一応 いくつかもらえた、という体ではあるのですがいまいち納得しきれていない――
中を 一つの内定に絞る作業のほうを終わらせてきました。

就職エージェントのほうでも新しい企業を紹介されることもなかったですし
今のところ メールとかを眺めてみる限り琴線に触れる求人が
回ってきているようなこともありませんので 9割がた就活終了、
という体になっているのかもしれませんが いまいち実感がわいておりません。

実際 そんな環境になるまで納得できていないのであれば
私の就活戦線というのはおそらく「負け」たのだろうと思います。

基本的に勝負事には勝ち負けはあまり考えない――スコアが多かろうが悪かろうが
その過程のほうが大切だろうと思うタイプ――わけでして
あまり考え方の中で「勝ち」とか「負け」とかいう単語を
使う志向ではない、というのが自分の自己分析だったりするのですが

やっぱりというかなんというか 自分が納得する結果にならなかったのであれば
たとえ回りが「勝利おめでとう」と言ってくれていたとしても
気分がしっくりこない、みたいな意味で 自分の理解を最優先する私にとって
やっぱり この「負け」というのは「自分に負けた」という大きな意味があるんだろうなって。

そんな気がしますね。 あと、英語大事。

まぁ といいつつ今までいろいろと手を尽くしてきた八方ふさがり感もあるし
もう この先の自己啓蒙として何を続けていけばいいんだろうな~
というあたりが いまいちよくわからなくなっている自分もいたりするんですが。

まぁ 今までよりはTOEICの勉強やってみようかなぁという気持ちが
湧き上がってみたりしているわけではありますが そのほか
この釈然としない気持ちを抑えるために何をやっていけばいいのか。

……ちょっと考えていきたいなぁと思っております。



一応 内定先を削っていくにあたって考えた尺度というのを一応メモ。

「自分が手にしている情報をもとにそこで働いている姿を想像でき」
「そこで自分が何を求め、それがどこまで許容できてそれが無理なら
転職する前提で それに向けたキャリアを積むことができると踏めたのか」
みたいなことを考えながら 最後の最後まで会社を考えていた気がします。

だから 例えば事業内容的には面白そうだけれども 結果的に
社長のワンマントークを聴き続けていただけだった、という会社に関しては
何というか「自分のビジョンがわかない」という理由でお断りしたり
まぁ そんな感じの対応をしていた感じでした。

ただ 使うソフトとか得意技術とかは相当自分の性に合っている分野だということもあり
まだちょくちょくと「早まったんじゃないかなぁ」って不安にもなっているんだけどね。

TOP

決断

2017⁄07⁄28(金) 00:00
一応 もらった内定会社のほうを全力で絞る作業やってきました。

……まぁ そのような作業をしたということは 世間一般的には
就職活動を終了する、とみてもおかしくないのかもしれませんが。

何というか 自分個人としてはどこか腑に落ちないというか
しっくりこない部分があるような気がするというのが正直なところ。
――まぁ、そんな前提でぐちぐち書いてみましょうか。

――将来の自分が「この時の自分が何を考えていたのか」ということの
片鱗を思い出す材料を書き残す体で。



何というか 今までの文面的流れの中でも結構
自分の就活について未だ納得しきれていない節が
私の周辺のほうで漂っているということ

(……まぁ、いないかとは思いますが)万が一
見ている方がいらっしゃったならば感じているのではないかと思います。
(たぶん見ている人=将来の自分、が一番あり得るんだろうな)

まぁ 少なくとも現在の自分、というよりは 勉強を頑張っていた
学部時代3年生までの私は納得しないんだろうな~
と思いながら就活しておりまして 終えどころを迷っているさなかであります。

そんな中 先日就職エージェント――メールマガジンが非常にうるさくて
こんな精神状態なら――行ってきたということがあったわけです。

まぁ 就職の相談事をはじめとして 個別のちょっと裏ルートの
求人のようなこともやってくれるということを期待しておりまして
「今の不安」を聴いてもらって「面白い求人を見つける」ことが
できたなら御の字だなぁとか考えながら行ってくるわけですよね。

まぁ 結局時期が時期だけにまともな選択肢がない
もしくは しっかりエージェントの人と話し詰めることができなくて
そのまま話が流れた説も否定できないわけですが。

……なんか 自分が話したつもりの内容と少々ずれた感じの
求人持ってこられたような気がするしなぁと。 まぁ このあたりはいいか。

まぁ 自分が内定もらっていた一社に対して「ここならばこれを期待してみる。
それがダメなようならば(もしくはここがすごく不安が感じるから
それが的中したならば)転職前提に動くことにする」
といった 一種後ろ向きなビジョンがあったことを
エージェントに話してみたりしたわけだったりするのですが

自分にしては 思った以上にこれが向こうとしては何も言えない程度には
未来考えていると思ってもらえたようでありましてですね。

まぁ いろいろとこの初めから転職前提とした判断というのは
どうなのだろうかな~  と 我ながら思ったりもするわけですが
この考えを一種 信じてみますかという感じになりました。

TOP

価値、そして、評価

2017⁄07⁄17(月) 00:00
こう ここ最近のだらけ具合(まぁ 単純に体調不良発端による
あれこれの厳しさというのもあるかもしれないけど)を見ていると
改めて 就活の結果もうなずけるなぁと思うことがしばしばあります。

一応 いくつか内定もらってみたりしているものの
少なくとも 学部3年生くらいまでの「割と勉強頑張っていた時期」の
自分が見たら いろいろと目を疑いたくもなるような
そんな感じの結果ともいえるのではないでしょうか。

まぁ 少なくとも就活始めたころの自分はさすがに第一希望とまでは
言えなくても そこそこの――少なくとも最初から考えていた――
会社のいずれかで引っ掛けることができるんじゃないか

そんな風に考えてみたりもしていたのですが
そのあたりの淡い夢は儚くも霧散してしまったりしました。

実際 今持っている内定は後になって大急ぎで
探した会社のほうからしかもらえていませんからね。

そして その会社探しのほうもいろいろと後手後手に回ってしまった感もあり
――最初に定めていた企業のほうはよかった。

けれども その先の弾を込める――そもそも探す段において
優良企業の締め切り日翌日にその会社にたどり着くとか
そんな感じの求人に対して間の悪いようなものが多かった気がします。

さて つい最近の自分も結構あきらめ悪く
「まだ納得してはいけない(気がする)」などとのたまいながら
いろいろと会社探ししてみたりしていたわけですが……

結構しつこくスカウトメール送られていた会社から
あっさり捨てられてみるという体験を最近経験しまして
どっと疲れというか虚無感というかそのあたりにさいなまれています。

特に テストセンターでちょっとミスったかなという感触そのままに
面接挑むまでもなく捨てられた体験はやばかった。

……もう、院進まずにさっさと就職したほうがよかったんじゃないかって。

(英語以外の)勉強しかとりえない人間だったんだろうな、
研究なるものには全く適性のない人間だったんだろうなということを
いやというほど評価された、そんな気がするというか。

まぁ そうなってくるとこれからも含めて就職活動のみならず
研究に対するモチベーションなんかも最底辺に来ているわけでして
そんな中だらだらしているのがここ最近の私。

――いろんな意味で腐り、カビが生え、かつ干からびている。
そんなダメ人間がここに爆誕しました。 ……私です。

TOP

多面的に

2017⁄07⁄14(金) 00:00
情報は一方向だけでなく多方向から積極的に集めるべきである。

こう 内定がいくつか並んでいるところから自分の都合に
会う会社を探してみようという段階に入ってきますと
しばしば痛感することになっております。

まぁ こんなことを書くことができる、というのは
やっぱりというかなんというか ここが売り手市場なんだなぁということを
初めて認識する次第でありますがね……

のっぴぃです。 まぁ、そうは言うものの自分のやりたいものとか
どんなふうに広域に解釈すれば、みたいな意味合いで
既にいろいろと考えを二転三転させたり、ということはしているんですがね。

今まで自分がお世話になってきた先輩方は少なくとも
梅雨に入るころには内定決まっていた印象ありますので
それに比べれば相当苦戦していることは日の目を見るより明らかといえます。

――そして、自分の愚かさを……とか言ってたら無限に
自己嫌悪始めそうなのでこのくらいにしておきますか。

まぁ 悩む点はいろいろとあるわけですよ。

例えば 今までは就活サイトとかから会社のほうが
自らをPRする場所ばかりを見て会社の情報を知っていた部分を
告発というかなんというか そっちの角度から情報をあさってみたら
全く想像と違ったベクトルの話がかかれていたり。

自分の今までの経験を武器に 積極的に外部に攻めていきたい、
みたいなことを思いながら内定書類出してみようかと思ってみたら
「そんな提案しても上に止められた」みたいな話が
書かれていたりして いっきにしゅんとなってみたり。

――そうだよね。 集団を自らが率いることができる
気になっていろいろと考えてみたけれども どうせ入社したら
年の差30年程度ある集団の下っ端にすぎない立場になるんだものね。

……何というか すぐに人を率いることができるとは限らないわけか。
――みたいな。

個人的には積極的に外に打って出てみて いろいろなことを試してみたいという
若気の至り満載の気分で現在いるわけなのですが
それに対して 例えば将来家庭を持つことを考えたときに
堅実な立ち回りができる仕事のほうが良かったりするのかもしれない?

みたいなことを考えると 一種自分を制した安定を重視した会社を
選ぶべきなのだろうかとか悩んでみたりね。

……そんな意味では 今のうちから転職サイトそのあたりの
ざっくばらんとした会社の悪口というのもしっかり目を通したうえで
もう一度会社のほうを吟味しないとな~  と思った次第。

TOP

プライド、のようなもの

2017⁄06⁄26(月) 00:00
一応 曲がりなりにもちらほらと――本当に、ちらほらと
私のような人間でも内定のようなものがもらえつつあるのですが
今回はそのあたりの中身に関するお話。

……一応 世の中「売り手市場」とか就職業界では
いわれてみたりしているわけですが やっぱりというかなんというか
それなりに名前が売れている会社に関しては
なかなか厳しいものがあるようでしてね。

しばしば このあたりどこまでが妥協できるラインなのかなどと
考えざるを得ないことが増えてまいりました。

まぁ 具体的には先日 とある内定もらった企業の
中身見てみようと 内定者向けのイベントに
顔出してみたりしたのですが その場で私 同期になりうる方々の
出身校聴きながら 全く想像だにできなかったんですよね。

――あれ? ここどこの大学か? みたいな感じ。

さすがに 東大京大の方々がバシバシいるようなレベルではない
――ついでに言えば 千葉大レベルもいなくてもしょうがない部分があるかな~
みたいな想定はしておりませんが MARCHも日東駒専あたりも
通り越していたというのは少々驚きの点ではありました。

そして そこまで行ってしまったのであればさすがに
私もここに粘る必要もないのだろうと考えることにしたのと同時に……

……そのレベルの会社でしかまだ内定をもらえていないのかと
現実を直視してかなり泣きそうになりました。

このあたりからちょっと考えるようになりましてね。
……自分の出身校の意地のようなものってどこまで持っていればいいのだろうかと。

そして それを持っているとして どこまでのレベルの企業で
ネームバリューを意固地になって追い求めてもいいものだろうかと。

考えてみれば 結構親戚とか――自分の親とか含めて
考えてみたらなかなか安定した会社に
お勤めになっている方がやたら多い気がする私にとって
結構このあたりの会社のネームバリューというのは
自分の中でかなり「無意識下で突破していなければならない」と
感じている大きな壁なんだろうなということを最近認知いたしました。

自分的には「やりたい業種だったらなんでもいい」と思いながら
動いていた節があったりしたのですが そこそこ名前が知れている~
みたいな条件が増えてきたらそりゃ 当然選択肢が
大きく狭まることになるわけですよね……

そのあたりで大きく 自分とは何ぞや、という点で
大きな不安を抱える、そんな今日この頃でありました。

TOP

まず一歩

2017⁄06⁄18(日) 00:00
どうも のっぴぃです。 まぁ やっぱりというかなんというか
最近はちらほらと内定が決まっただとか
この先どこそこで働くの決めただとかいう
話が聞こえてきたりする時期でありますが。

正直な感想として この時期にすでにマイナビとかリクナビとか
解約できるような立場ってうらやましいと思いますよ。

実際 研究生活的な意味でもすでにここ数週間は
いろいろと目をつぶってもらっているような状況ですし
そのあたり 言い訳もするしかないというのが正直
あまりいい気分に自分自身思っておりませんし。

――地味に中間発表のノルマも近づいて来たりしているのですが
なかなか空き時間が用意できないというのも困りものなんですよね……

とまぁ そんな感じで序章話してみたりしておりましたが
まぁ 何と言いますか ここ最近相当就活で
苦労しておりましたのっぴぃさんもやっと
一応 内定の書類をもらえた会社が出てきたりしました。

――まぁ、普通に中小といったところで
俗に企業の寿命がウン年とか言われているこのご時世
もう少し企業探しに挑戦して選択肢を
目の前に悩む、といったレベルにまで行きたいものです。

ただ 一応「来年路頭に迷う」みたいな展開が
阻止できる(たぶん)という方向性で
心の余裕ができたという意味では
なかなか悪くないのではないかと思っております。

例えば 今までは「がむしゃらに選考受ける企業の数増やして」
みたいなことしていた 少なくとも学会終わった直後の
すさんだ「下手鉄砲数撃ちゃ当たる」みたいな感じで
乱打していたそんな生活は考え直してもいいかな

――正直 面接直前に「この会社何やっている会社だっけ」とか
説明会前にこれから行く会社の予習全くしていないとか
ザラにやってのけていた就職活動 正直な話
「マッチング」という意味では最悪もいいとこだと思うんですよ。

まぁ 働く環境とかそのあたりで気に入ったら話は別かもしれませんが
どちらかといえば やりたい仕事、というのを探しながら
就活していた自分にとってはこの探し方はな~

みたいに感じた次第だったりします。

まぁ そんなわけで あてずっぽうにエントリーした会社のいくつか
切ってしまったほうが――いいのかな~、なんてね。

TOP

毎週移動

2017⁄06⁄08(木) 00:00
最近は毎週のように東京と関西を往復するような日々を送ってみたりしております。
――本格的に財布事情がいろいろとまずいことになっておりました。
のっぴぃです。 就活の出費正直なめてた。

まぁ そのような金銭不足で就活止まって就活浪人、なる
恥ずかしいことはさすがにしていられないかなぁと思いまして
もう この際はいろいろと恥はかき捨てて
親にカンパ募りながら最近は就活を続けております。

……何というか この先いろいろと怖いよなぁ。
一応 気持ち的には利子のつかない借金みたいなものだし。

まぁ そんなわけで 時と場合によりながらこのあたりの交通手段は
最近はいろいろと選びながら使わせてもらっております。

まず いろんな条件的に一番使えたらうれしいのが高速バス。
何よりお財布にやさしい。 カンパしてもらっているとはいえやっぱり
借りているものは借りているわけだし 何より往復回数がバカ多いので
やっぱり 一度の往復料金は抑えられたらうれしいよねと。

――まぁ、でも 金曜日とかにはこのあたりの優位性も途切れてしまって
素直に夜行の便が使えないというのが困ったところ。
――とりあえず それに対する一つの答えの模索の話を
明日当たり記事にできたらなぁと思っている。

あと お金だけじゃなくて体力とかの面もあったりするから
そのあたりとか疲労具合、予定の込み具合その他を判断しながら
ほかの方法を模索していかないといけないのは当然なのですがね。

あとは LCC。 千葉県民、ということもあるのかもしれませんが
まだ 成田にはいきやすい立地に住んでおりますので
そのあたりを有効活用しながら成田関西間のLCCを積極的に使っていく方向で。

――まぁ、でもこれは時間とか時期とか考えないと
やっぱり 妥当な料金取られてしまうというのがきついところ。

最後は究極の手段・新幹線。 いろんな意味で移動するだけならば
これが最強の手段ということができるでしょう。

ただ これも妥当な料金取られてしまうといえるわけで
気持ち的には最終手段といいたいところ。

――こう 交通費出してくれる面接とかと抱き合わせられたら
これも気軽に乗れてうれしい部分万才だったりするんですがね。

一次面接で落ちまくっている私的にはこのあたり
いかんともしがたい部分があるというのが歯がゆいところ。

TOP

お祈り芸人

2017⁄06⁄06(火) 00:00
どうも 就活成功できない芸人のまま6月に入ってしまったのっぴぃです。

――まぁ 何と言いますか 何がどう悪くてこうなっているとかいう考察は
いい加減ネタ切れ感が半端ないことになっておりますので
もう このあたりはあまり触らない方向でもいいのかなって思い始めております。

とりあえず まずは一次選考を超えて二次面接に挑むこと。
そして 役員面接とかそのあたりがどうなってくるのかあたりを考えて
どこかしら 内定を取って社会人になれる安心感を確保してから
みたいなことを考えていきたいなぁと思っております。

……正直 第一志望にすんなり受かるかどうかに関してはさすがに
疑問符が残るだろうとは予想していたけれども
ここまで苦しむ展開になることは全く予想しておりませんでした。

まぁ 何と言いますか 先日の学会終了後――というか
本格的に自分の第一志望を落とされて もともと志望上位に
おいていた会社が軒並みおじゃんになってしまったあたりで
いろいろと気がめいってしまった部分ありましてね。

学会気にせず就活できるということを考えながら
大急ぎで会社の数のほうを増やしてきたのですが
その中で 失意のまま半分投げやりに書いたエントリーシートのほう
2日でお祈りメールという返信が返ってくるとかいう
素晴らしい速攻レターをいただいたという事案も発生しましたからね。

……何というか 提出して次の履歴書書いているときに
「あれ?この慣用句の漢字間違えてね?」みたいな
認識が頭の中を駆け巡ったりしておりましたからね……

何というか これに気が付いたとたん「まぁ、落とされるだろうなぁ」という
機運は何となくしていた感じだったのですが
さすがにここまで速攻で落とされる流れになるとは予想していなかった。

まぁ 自分で言うのも何かもしれませんが 今まで
ほぼ毎日ペースで駄文(作文とは言わない)書いてきた私ですし
ある程度文章作るほうは自信を持っているところはあるのですが
やっぱり 誤字脱字に関してはどうしても抜けないところがありますね。

まぁ 手で書いているときのみならず ワープロでもこのあたりの
管理が適当な部分が捨てきれないということがありますし
この辺りはもっと緊張感もって文章書く練習とかしてみたら
話変わってきたりすることもあるのでしょうか……

まぁ あの速攻で落とされるようなギャグ的展開を
毎度のようにやっていたら 紙代も写真の現像代も
何より時間ももったいないことになりますから
いい加減気を取り直していかないとまずいな~

などと改めて考えるのっぴぃさんでありました。

※なお、本日分の記事作成時間8分。

TOP

complex

2017⁄05⁄26(金) 00:00
文面においてもとにかく 就活のうまくいってなさみたいなのが
如実に表れているような気がする今日この頃でありますが
そのあたり いろいろと原因というかそのあたり考えてみましょうか。

まず 世の中には俗にいう「大企業」と呼ばれるものがあります。

まぁ 狙ってこればかりに応募している、というわけでもありませんが
結構これも多めに志願していたというのも事実。

なんというか 敗北数をやたら重ねていた部分に関しては
このあたりの要因も一つ あったんじゃないかなぁと思うこともあります。

まぁ 「大企業」だけが企業じゃないから、などとは
往々にしていろんな人から聞くことではあるのですが
まぁ なんというか「ふらっと」そっちの方に意識が飛んでしまうのは
なんとなく 心当たりのようなものがありまして。

まぁ 端的に言いますと 私の親父自体が
俗にいうなかなか良い感じの企業に名を連ねておりましてね。

とまぁ それだけ書いておけば「おうおう、親の自慢か?」
みたいな意味合いに聞こえかねないかもしれませんが
実際はそんな簡単な話ではないんですよね。

……まぁ それに続かないとなぁみたいなプレッシャーを
勝手に感じている部分がある、とでもいうのでしょうか。

ついでにいうなれば 神戸大卒業などと言っておけば
そこそこ学歴的にはいい部類に入るのかもしれませんが
自分 親よりも学歴という意味では勝つことができなかったというのが
少々コンプレックスのような感じになっております

――といえばいいのでしょうか。 まぁ そんな感じなんですよね。

若干背丈も勝つことができなかった(というか 169で止まるって
なかなかひどい話もあるものだと思うのですが)という
しょうもない点も含めまして 父親にはついぞ
追い越すことができなかったんじゃないかなぁなどとね。

……結構コンプレックス抱えております。

親の七光りで~  とかいろいろと世間では
ことわざ言われていたりしておりますが 残念ながら
子供はそこまで優秀じゃなかったのかもしれません。

まぁ そんな家に生まれてしまったからには 心のどこかで
親に並びたい、もしくは子供に誇れるような立場にありたいみたいな
潜在意識みたいなのがあって 変な足かせになっていることも

……あるのかなぁ、などと考えております今日この頃であります。

TOP

2017⁄05⁄24(水) 00:00
まぁ 一社の選考の可能性を握りつぶしてまで
やっぱり 第一志望というのは行ってみたい気持ちが強いものであります。

リクルートスーツじゃない中で言ったらどうなるのだろうか、
なんというか 第一印象で大方合格不合格は決まっているとか
一部の業界では言われていたりしておりますが実際はどうなのでしょうか。

みたいなこと考えながら新幹線往復してみたりするわけですよね。

どこかの会社ですでに内定とれていたりしているならば
ある程度 融通持って気持ちにも余裕持って
いろいろできたのかもしれませんが 面接全敗の今
少しでも不安の芽は摘み取っておきたいお年頃なんです。

で 神戸に戻ったら案の定ぶら下がってたしね。 スーツ。

……まぁ、いやでも目につきやすい場所にぶら下がっていて
自然にうっとおしく思ったボクが持っていくだろうことを期待して
過去の自分が配置したのだろうというような絶妙な感じでありましたが。

……まぁ、残念ながら、といったところでしょうかね。

一つ 紛らわせる話題があるというのであれば
今回の出費に関しては大学の出張経費で少々お金の援助が
もともと期待できていた、という点くらいでしょうか。



さて この面接に関しては事前準備もろもろから
先輩に意見求めたり(OBOG的な意味で)大学のキャリアセンター行ったりで
何かと下準備で詰めるものは積んで挑んでいたつもり。

……で、あったのですが。

なんというか まったくもって質問内容が予想外な感じだった。
技術面接だったはずなのに人事面接然とした空気だった。

聞いてほしいことがまったく聞いてもらえなかった。
――そして、求めている人材がまったくマッチしていないんだろうなという
空気をバリバリと感じた。 このあたりで気持ちが折れてきた。

まぁ 結果に関しては見る前から8割がたわかっておりますが
……まぁ。 またか。 みたいに思う部分もある反面。

――いろんなところに掲げてきた自分の中の軸のようなものが
最近音を立てて折れていく光景を幻視するようになりまして

……まぁ さすがにどこかしらで成功体験詰めていたならば
それを自信にできたりもしたのかもしれませんが 残念ながらそうもいかず、
そろそろメンタルの限界も近くなってきそうです。

TOP