卒業(補足)

2018⁄03⁄29(木) 00:00
リアルののっぴぃさんはこの後に控える入社に向けて
最後の調整をしている――といいながら 実際は
相当ダラダラしているだけだったりしておりますが――わけですが
卒業式関連のちょっとしたおしゃべりのほう、させてもらいます。

まず ここへの移動ですが――何の驚きもない18きっぷでの移動。 故に省略。
あえて亀山通してみたこと位しか特筆することありませんからね。

で 神戸の最後の宿泊(一夜目)を行うのですが このタイミングで
大学に返却する予定のPCの整理がまだ不十分だったのっぴぃさん。

――ついでに言えば やったつもりだったバックアップができていなくて
マジで初めからやり直す羽目になって~  みたいな
相当な時間のロスをしていたというから笑えますよね。

で 半ば徹夜を覚悟しながら思ったよりあっさりできた
――ような気もするパソコンの中身の整理。

まぁ あわよくば「修論のファイルしっかり印刷して自分でも持っておけば
良かったのでは」みたいに思ったりするわけですが
――まぁ このあたりは深く気にしないで行きましょう。

ついでに言えば 研究の元ファイルとかをむやみに消してはいけないでしょうから
PC整理をするといえどもどこまでやっていいのかわからなかったですからね。

取り合えず 残ってたメール消して ブラウザ云々の履歴チェックして
集中講義のレポートファイルその他をデリートして~
とか できることを思いつくことやったのですが
結構漏れもありそうで怖いな~  というのが正直なところ。

卒業式当日は 前述のとおりありがたいお話は全ブッチしてやったのですが
その間に大学のほうへ登校、まずは自分がしっかり卒業できることを確認し、
入社式で提出する成績表などの書類を手に入れられるかチェックし

――に行ったのですが すでに証明書発行ができない感じになっていたので断念。
まぁ 正確には事務の人の手作業になるので「即日」とはいかないようです。

――で 郵送代金かかるのなら卒業の場でもらえた書類をそのまま
会社に持っていくことにしようと考えなおした感じで。

まぁ その合間に証明書発行機にたらいまわしにされるという
機会にもてあそばれる人間、というのを
地で行く行動をさせられたのは非常に腹立たしい限りでありました。

それにしても うちの学科確か学部時代は35人程度いたような気がするのですが
いざ卒業してみるとその人数が両手で数えられるレベルといった感じで
「卒業記念の写真」というのが非常に悲しい感じになってしまったのが印象的。

どうしてこうなったのか――ということを誰に詰問しても意味はありませんが
ちょっとばかり 悲しい気分になるのは仕方ないですよね。

TOP

卒業。

2018⁄03⁄27(火) 00:00
3月27日という本日の日付を持ちまして
のっぴぃさん、晴れて神戸大学大学院のほうを卒業いたします。

――いや~ とっても長かった――といっただけのお話。

どうも。 のっぴぃです。 まぁ 一応やることやっていたはずなのですが
実際に「卒業確認通知」のようなものを
今日この日になるまで自分の目で確認できていなかったので
「まさか留年していたらどうしよう」と結構不安に思っていたのですよ。

……まぁ 大学ではよくある「発表日当日掲示板にアナログに掲示」という
昨今の情報化社会とは真逆を行く方法で
情報の周知をしている大学ですからね……

引っ越しやらなんやらのおかげで物理的に
この日になるまで神戸にやってこなかったのっぴぃさんにとっては
結構ひやひやものだったといえるでしょう。

取り合えず今日は卒業に付随することでいろいろと書いていきます。
――で、明日は卒業する、ということは~  という内容で
すでに書いているものがありますのでそれを投稿して

――何というか完全に「記事の投稿が後手後手に回っている昨今
「忘れたらヤバイ」というものから優先的に書くという
記事更新方針に固まっております。 ご了承ください。

で 卒業式といえば午前中に「大学のお偉いさんのありがたいお言葉」を
頂くことになっているのですが その会場がポートアイランド
――そこまで行く交通費も惜しいですし 正直学部のころ行って
何を言われたか全く覚えていないという悲しい現実がありまして。

だったら行く必要もないだろうとのっぴぃさん、ここをすっぱりカットします。

というわけで いきなり懇親会に乗り込んでひたすら飲み食いし、
その後 四年生の卒業証書授与のほうをちょっと離れたところから
ぼーっと眺めた後 教授のほうからマスターの盾をもらってセレモニーは終了。

その後 後輩たちとの別れの会みたいなことをやるのですが
――何というか 妙に出席率がよくなくて自分の人望を改めて知った気がします。

合同開催してくれる隣の比較的近い研究室の面々、
当日M1の出席はありませんでしたからいかにそうだったかというところですね。
――それ以外にもちらほら見えない顔もありましたが。

「これからの抱負」とか私の番だけ飛ばされましたしまぁ そんなもんでしょう。

そう考えてみると 思ったより別れの挨拶「したい人とできなかった(物理)」
みたいなことが結構多かったな~  という意味で
何ともできない後悔がちらほらと残る、歯がゆい卒業式だったのかもしれません。

TOP

発表会

2018⁄02⁄13(火) 00:00
どうも 本日は大学のほうで卒論発表会がありまして
――まぁ 一種今までの集大成といって差し支えないでしょう。

実際 今まで大学のあれこれに関しての愚痴というのは
この日にいかにそれらしいものを提示できるかにかかってますからね。

さて ここで内容を書くのも(もう今更かもしれないけど)思いっきり
身バレにつながりますし 大方わかってもらえないでしょうから
パパっと省略してしまうとして。

まぁ 自己評価的には40点くらい、という先輩方岩国は相当辛め。

何というか あまり本腰入れて発表練習ができなかったからというのと
人の前で自分のやってきたことをしゃべろうとしたときに
就活の時にあったあれこれのトラウマをふと思い出して
いろいろと吹っ飛んでしまったというのがありまして。

「いうつもりだったんだけどな~」という台本内容から
悪い意味でいろいろと逸脱してしまったかなという印象

質疑応答でもいうべきだっただろう単語がポンと抜けてしまったり
まぁ いろいろとあったわけですよ。

そのあたりに関しては終わった後のお疲れ会で
指導教官に指摘されたりしてちょっと赤面してみたり。
――まぁ しっかりてんぱってたというわけですね。

一応 この後は査読を踏まえて論文を直すという作業が
いろいろと残っているわけで こちらも頑張っていかないとですね。



この発表会に関して背景とかもろもろを簡単に。

今年は同級生がやたら少なくてざっと例年の1/3ほど。
故に 発表に対する質疑応答というのが若干長めにとれるとか
悪い意味で目立ってしまうことも多々あったとかなかったとか。

……なんでこんなことになってしまったのかというのがかなりのボヤキで
四年生には「例年こんな感じじゃないんだよ」と言い聞かせる始末。

まぁ 実際スケジュール表もかなり持て余しておりまして
例年より開始時間がやたら遅かったり二時間近くの昼休憩があったりと
これに関してはいい意味でやり放題やってくれまして。

いろいろとゆったり構えることができたとか。



※一応 関ペ読みに身が入らなかった理由に関しては
後日分の中身で書かせてもらうことにします。

TOP

記念写真

2017⁄05⁄31(水) 00:00
01_20170528233855cdb.jpg
こう 一応「学会行ってたんだぞ~」みたいなこと
主張するような内容も書いておいた方がいいのかな~

みたいなことを考えてみましたが まじめにやるのもおっくうなので
いろいろと適当に済ませることにしました。 のっぴぃです。

そういえば その流れで知った、ポスター印刷機を
地味に大学が新調していたらしいお話。

……まぁ、春先はこのポスター印刷機がポンコツになっていて
いろいろと困った事件があったりしましたので
その意味ではいろいろと助かる気がするんですがね~

02_20170528233854a44.jpg03_20170528233853a19.jpg
――軽く、中身に関してみてみるとこんな感じ。
――なんというか やたら会期がめっちゃ長かった割には
すごくホールを広々と使ってみたりしているそんな印象。

なお、こちらの方には関連会社的なののブースがあったりして
一種の就活に向けたデモンストレーションのようなものができそう
――関連企業ってどんなところがあるのか品定めする敵な意味で――
みたいな印象があったのですが……

まぁ 生意気にも「ドクターとかかっこよくね?」みたいな
生ぬるいこと考えていた去年の自分はこのあたり
あまりにもまじめに考えていなかったという恥ずかしいお話もありまして。

……考えてみたら このあたり言い出した背景も
今までどうあがいても追い抜くことができなかった
でかすぎる親父の背中というものがあるんだろうな~  などとね。



まぁ なんだかんだで「学会がどうこう」みたいなことしゃべっておいて
中身に関する画像を持ってきていないというのもどうかな~みたいな
感じになっていたので気持ち的に軽く載せておきました。

……十中八九今回のこれで学会に参加すること自体が
最後の経験になってしまうことが予想されますので
そんな意味では結構記憶に残るような感じだった……のでしょうか。

一応 自分の発表のほうも(テンションが最悪で相当ノリが悪く
どこか人に避けられているような気がしないでもなかったですが)
最低限やることはこなせたと思いますし たぶん、何とかなった。

そして この先の課題として考えていかないといけないポイントも
いくつか抑えることができたのではないかと思います。

本来ならば「それを生かしてこの先も研究進めるぞ~」って
意気込むところなのかもしれませんが ただ残念なことに
現在はそれどころではない部分が多々散見されますので……

……まずは自分の人生を固めてからここで学べたことを生かすことになりそう、
というのは 少々皮肉なものなのでしょうね。

TOP

屑人間

2017⁄05⁄25(木) 00:00
こう 大学の都合で関東に皆を集めて~みたいな
場面が発生してみますと 往々にして起こりますのが
関東でお仕事している方々も含めたOB会。

まぁ 当然というかOBの方々と面識を持って
顔を売る場なんてこの回逃したらずいぶんとなくなってしまいますので
積極的に参加する流れになるわけですが。

――こう 前日までの就活第一志望敗戦濃厚なにおい。
さらには 立て続けに志望上位企業の死亡報告。

挙句の果てには普通に学会の発表聞いていたら
先日お祈りメールをいただいた会社の社員さんと遭遇して
名刺もらったりする機会を得たりしましてですね?

――ここまでやってきますともう 私のメンタルも
相次ぐ連撃の末ズタズタになってみたりするわけですよ。

というわけで OB会に負のオーラをまき散らす
正直言って盛り上がる場に不釣り合いの人間が
絶賛爆誕してみたりするわけでありますね。

――いや~ 今になって考えてみてもあの時の私は
いろんな人に陰ながら迷惑かけていたなぁとか思うわけですよ。

その一度上げたテンションも結果的にいろいろとありましたしね。

最初は飲まず食わず(愚痴を)吐くという
もう 周りの人間に対して毒しかはかない最悪な人間になっておりましたが。

その後はもう、いろいろ忘れたいとヤケ酒入りましてですね。
――8杯9杯程度は飲みましたかね。 そんな感じです。
――基本的に酒は重ねない主義の私ですが
それでもそんなことやるってくらいですからね……

で 二次会でカラオケやるっていうから 私自身は
その場で歌える曲なんて全くないことくらいわかっているけれども
何もやらずにはいられないと何も考えずに突貫。

さらにはそこでも酒を積み、無表情でタンバリン時間中
かき鳴らすという まぁ そんなことをやってみたりしておりました。

――もう、見事にくず人間である。


なお、その日は結局終電で帰宅(実家には連絡済み)だったのですが
翌日は遅寝以外の弊害は特に出なかったあたり考えると
自分が思っている以上に肝臓は丈夫にできていたらしいです。

二日酔いとか微塵も感じませんでしたしね……

TOP

メイン

2016⁄09⁄15(木) 22:15
さて、リアル日程となりますとすでに
その出張の日程は終わっているのですが まぁ なんといいますか
そこで学んだこと、得たこと、エトセトラに関して
ほとんど何も記述していないような気がしますのでとりあえず。

まぁ 出張という言い方でいろいろとぼかしておりますが
一応 バイトらしいことをいきなりここでやり始めた、とか。

しかも 泊りがけとかだとしたら まぁ どうあがいても
指導教官は簡単に立てふりませにょね?

直接的には書いていないですが まぁ 大学関連の出張、
といえば ありうるのは発表したりしているか講習会があったとか
そんな具合だったわけなのですが。

とりあえず ありふれた結論を書きます。
様々なことを学んで帰ってくることができました。

自分がそれまでよかったと思ってきたことが
根本的から覆される、レベルのことは――さすがになかったと
思いたい自分がいたりするのですが。

ただ 一種の信念として一応意識している「つもりだった」話ですが
先生の話を一から八、九くらいまでは鵜呑みにしていたかな~  とか。

一部の質問内容、なぜこのようにしなかったのか/したのかの
部分に関して「言われたから」といいたくなるような衝動に
駆られてしまった部分が意外とあるなぁと思ったところで。

……というか それを感じてしまった時点でいろいろとアレなんですがね。

まぁ そのような意味合いでいろいろと「大学外の人から」
意見をいただくことができる機会を得たというのは
今後の大きな糧となるでしょう。

……あというならば 発表の時間だけ意識していたらダメですね。

せっかくその手の人たちが大量に集まってくる場なのだから
積極的な外交展開をしてオフの時間をなるだけ
様々なところにアンテナ張り巡らせておかねば、といった感じで。

まぁ その結果ではないのですが ほかの大学に通っている人と
そこそこ仲良くしゃべる機会が作れたりして。

昨日ぼそっと書いたスポーツ大会の効果、というのも
少なからず存在しているのだろうと思いますが
まぁ なかなかに楽しめたかなと思いますね。

ただ そのプライスレスな出会いのために
二次会費用が割とかさんで財布がアレ、というのは
たぶん あまり考えないほうがいい話なのだろうと思います。

TOP

入学式を終えて

2016⁄04⁄06(水) 00:00
どうも のっぴぃです。 昨日は入学式なるものが
行われるという予告的な話だけ書かせてもらいましたが
とりあえず それにかかわる話題とかそのあたりを。

――まぁ 入学式なるものは基本的に「学部生」向けの
行事であったというのは避けられない事実だったらしく
ボク達みたいな「院生」というのはどこか蚊帳の外

……というか そもそも「基本的に怠いから出ない」
という選択肢すらちらついている、そんな場に思えました。

そんな中 「なんか 編入する知り合いいるっぽい」
というお話を耳にしたので とりあえずスーツ着て突貫。

自分も四年前はそんな感じだった初々しい学部一年生の波に流れ
――そのついでに いろいろなサークルから勧誘を受けつつw――
とりあえず ありがたい学長のお話を聞きに行きました。

ついでに この場でしか聞いた覚えのない大学の歌なるものを
聞いてみたり(記憶に残っていないだけ説すらある)
そんな30分程度の入学式が終わり。

――ポートライナーの料金やっぱり無駄だったな~という感想。

その後は 学部の説明会やら学生証授与みたいなイベント。
……まぁ 授業の説明やらそんな話。

ある程度は 四年前にも同じ話を聞いていたり
そもそも それが習慣として馴染んでいたような話もあったりして
まぁ ほどほどに終わった、そんな感想でした。

まぁ 授業の組み立てなんかは何かと面倒くさそうだなぁという
この先の予感も漂ってみたりしているわけですがね。

で その後は同期の方々と記念撮影やってみたり。
……それにしても 院に進んだ同期というのを
今日 勢ぞろいした姿を初めて認識したわけですが……

……うん。 驚くほど人数少ないね。
これは 二年後の発表会は午前中で終わりかねないね。

先生方の話を伺うに 「悲劇的少なさ」だそうで
実際 他の学科の方々の様子を見ていたけど
うちの学科だけですよ。 この悲劇的同期の少なさは。

一応 要因としてはありふれた
「就職した」「他大に行った」「そもそも卒業できなかった」
というあたりに集約されるのは――まぁ そうなんですが。

とりあえず 「少数精鋭」という言われ方しているようですが
それが(笑)という状態にならないように頑張っていかないとな~ なんて。

あと この場で知ったのは入学式に行った人数は――うん。 まぁ
少数派だったというのは知ってたけど やっぱり浮かれてるのかなぁ?

TOP

入学式へ

2016⁄04⁄05(火) 00:00
何本かまとめて記事投稿した後は なんだかんだで
その後の記事の用意を考えるのを忘れかけてしまうという

――まぁ まだギリギリやらかしてはいないけど
この調子だったらいつかはやるんだろうなぁと考える。
のっぴぃです。 危機感だけは持っておきたい。

さて リアル今日は入学式が始まる、ということで。

結果的に この春休みは終始ドタバタしたままで終わったなぁ
――という感想を胸に持っているわけですが。

春休みの最後も それはそれで いろいろと
走り回る羽目になったお話とかもあったりするのですが。

……「そうだ、どっか行こう」という文言から始まる
自分から引っ掛かりに行ったようなごたごたもありますが
親戚関連やその他手続きなど やむを得ずごたごたせざるを
得なくなっているという事案もちょくちょくあるのですが。

そして そんな風にここ最近の生活を思い返してみたところ
そろそろいい加減に「次の研究の開始」について
まともに考えていかないといけないということに気が付きまして。。

そして ココ最近になってやっと「院生なのだから自分で
日程調整やら先生との調整を考えていかないといけないんだ」という
”とても大切な常識”という物の存在に思い立ちまして。

……我ながら 「やらかしたな」と反省している次第であります。

確か 先輩はこの時期に既にいつものルーティーンに
戻ってきていたような気がするということは もしかしなくても
「ワタシ、やらかしている」と考えることもできそうで。

一応 ゼミとかでやるべきことは計画立ててこなしている。
だけれども 自分でやらなければならないことに関して
課題を探し出して意志を表明していかないといけない

……みたいなことが今のところまるでできていない。

完全に B4の時の流れが抜け切れていない証拠です。
ちょっと 今度入学式が終わった後にでも頭下げてきますかね。

もしかしなくても お小言とかそのあたりが
飛んでくることくらいは覚悟しておかないといけないなぁと。


大切なことかもしれないのでもう一度 念のため繰り返してみますが
今日は大学の入学式ということで――まぁ 卒業式の時に
着て行ったスーツをまだ クリーニングに出していませんので
ひとまず そちらを着て 入学式会場に特攻してこようかなぁと。

まぁ 4年前に経験したのと同じセレモニーをやることになるのだと思うけど。
……まぁ 適当に付き合ってやりましょうかねなんて思いながら。

TOP

学位授与式

2016⁄03⁄26(土) 00:00
どうも。 昨日は大学の学位授与式――まぁ 要するに
卒業式があったわけで。 ……無事に大学卒業できました。

一応自分でも確認していたつもりなのですが
教務その他から連絡も何もなくて その計算に間違いがなく
本当に卒量単位が間違いなく足りているかどうかに関して
あまり自信を持てなかったのですが……

結果的に しっかり修了証書もらうことが出来たということで
結果的に計算は間違っていなかったみたいですね~

(なお あまり興味を持たないので成績の詳細については
あまり中身を開封して確認していない模様。)

しかも 直前までその証書授与の日がいつになるのか
あまり自分で把握できていなかったとか言うおまけも
ついて来ているわけで――まぁ うん。
卒業式に対する興味の無さがうかがえますよね。

まぁ あまり威張って言うことではありませんが
――そして 本当に昔のこのブログの記事漁れば普通に書いてあると
思うので悪びれもなく言わせてもらいますが――
高校時代 普通に卒業式サボってますからね。

――無断で。 そりゃ 卒業式に対する
意識は相当薄れているんじゃないかと思いますよ。

で 当日の流れとしては午前中がポートアイランド某所で
学長のありがた~いお話を頂き そののち
大学に戻って証書をもらうと。

それと入れ替わりで 学生証が奪われるという
事件が起こったりしたわけですが。 ……まぁ 仕方ないのかな。

なお その間に学部の方からはその同窓会が
協賛してくれた上でただ飯食わせてもらえるといいう
――半ば 今日はそのために行ってきました的な
イベントも同時開催されていたわけですが まぁ。


さて 自分の場合はこの先も同じ大学の方で
院に進むことが内定しておりますのであまり「卒業」感が
出てきていない感じであったりするのですが……

この卒業式をもって 他の大学の院へと進学する、
もしくは社会へと旅立つ方、というのがいらっしゃいます。

――まぁ 卒業式自体は 修士の方も同じ日に
行われていたりしましたし そのような立場の方々では
かなり 社会に出られる方もいらっしゃいましたね。

――というわけで そのような方々の送り出しも
しっかり執り行ったりしたわけですよ。 研究室で。

とりあえず 寄せ書きを書いて送る。
……けれども その寄せ書き少なくとも「渡す前日」には
ほとんどまっさらな状態で放置されているという
……うん。 何というかお笑いな状況になっているわけですよね。

そのフォーマット見せられた時に 前日にこの惨状なわけですから
「もしかして一人一枚 それぞれに渡す用の色紙を書くのかな?」なんて
おもったりしたくらいのレベルです。

……まぁ 要するにこの業界の人々はなんだかんだで
研究にかかわること以外の物事に関しては何かと適当なんですね。
――という 人となりもなんとなく感じたところでしたね。 はい。

TOP

半日跨ぎ

2016⁄02⁄19(金) 02:11
――んなわけで 卒論発表みたいなのをはきはきと
進めていたわけでありますが そちらの方で予定長引いて
記事書いて寝る時間もアレなので とりあえず 起きてからちょっといじり直します



というわけで 改めましてのっぴぃです。
昨晩はちょっと 簡易更新はさみつつ昼にそれの修正という形で
お茶濁させてもらおうと思います。

……まぁ 何が起こったかどうかに関してはある程度察せるでしょうか。
とりあえず 「これでやっとゆっくり過ごせる」という
いい方でもさせてもらいましょうかねといったところで。

――というわけで そのようなイベントがあった昨日一日でしたが
そのあたりのことを軽くまとめつつといった形で
今日の記事は行かせてもらおうかなと思います。

まず 発表に関して。 なんか いつもよりも時間巻きで
喋れたかなといった印象です。 ……なぜか。
喋る予定だった一文を完全にすっぽかしたからです。

まぁ そのようなことが起こる理由などに関しては
お茶目だからね、仕方ないねといった感じで行きましょう。

まぁ 少し説明といういい方で行けば親切さが欠ける
感じになってしまったことは否めないでしょうけれども
多分 最低限の礼儀みたいなのはなんとかこなせていたと思いますし……

あとは 個別の説明を受け続けるような時間に関しては
やっぱりというかなんというかさまざまにダメだしされたうえに
その説明の方もてんでばらばら。

なんか いろいろとテンパってやらかした言い方だったろうなとか
これ 完全に「内輪の人に説明している体だから許してもらっているよな」
といった内容で自己評価するような事案がぼろぼろと出てきております。

まぁ この経験を経たことで 人に自分がやった功績を
説明するという難しさに直面したのは事実ですし
この先なんだかんだで その課題に取り組むことになるのは必須。

……ゼミやらなんやらで経験積むことが出来たらなぁと。

その他 先生や先輩などから今後やるべき課題の提案、
この先の試行すべき思考の回数その他の
意見を頂くことができました。 これも踏まえて
この先 院の生活を頑張っていくことになりそうです。



で そのようなイベントがあった後に関しては
まぁ ちょっと 打ち上げみたいなのもあったわけですよね。
ブログにまともな書置きが遺せなかったのはそれが原因。

……まぁ 何というかまだその手のイベントにはなれないよね。
コミュ症の所以かな。

TOP