ホームタウン

2018⁄05⁄21(月) 00:00
ちょっとうざい千葉市民――とは。

まぁ せっかくホームタウンに後輩とか集まっているんだからね。
家に帰る道すがら「個々の店がうまい」だとか 地味な地元民情報を
これみよがしに語りながら帰宅するというのもひそかな楽しみであるわけですよ。

というわけで 昨日の話もちょっとかいつまみながら少ししゃべり損ねた
飲み以外のおしゃべりを今日はさせてもらおうかなー  といった感じ。


社会人になると時間はないけれども金はある、とはいうものですが
実際問題私みたいな立場の人間はどこまでできるものなのかいまいちわかっていない。

ただ 今回わざわざこのOB会のために関西から駆け付けた方もいらっしゃって
その方の動きを考えるに 月曜日に午前休を取ればひとまずは
「それらしい上京」を楽しむ計画を立てられるということはわかりました。

まぁ 私の拠点が関西から離れたとは言えども 例えばばあさんはまだ
関西に存命といった感じですし 何かと関西には親戚も多い。

ついでに言えば 一応友人もそこそこいる――と、思う。

そんな環境下ですので このような動きというのは今後の参考にさせていただこうと
――まぁ このくらいの距離の週末旅行の参考にもなるよね。

まぁ まだ研修期間真っただ中ということもあり 午前休とかを申請するような
立場でないということは重々承知しておりますが それこそ今後の参考にいたしましょう。


で この月曜日には実家から出勤するという初めての体験をしてみたのですが

……思った以上に様になっていて苦笑い。
――ぶっちゃけると親が煩わしくないのであれば 普通に実家から通うのもありってレベル。

正直 起床時間がさほど変わらないという点がまず面白いポイント。
まぁ 一人暮らしだと自分の朝食を用意したりなんだかんだで
結構時間を取られることってありますからね……

まぁ 今回の帰省のさなかにすでにいろいろとやらかしている部分もあって
それに対して心苦しいなと思うことを度外視すれば
非常に実家での生活というのは気が楽であるということを再認識した次第であったわけですね。 うん。

TOP

OB会(初参加)

2018⁄05⁄20(日) 00:00
昨日はこの週末 療養のために帰省する~  みたいな
若干真面目でそれらしい理由をつけておりましたがすいません。

正直 とても俗っぽい理由のほうが先に出ていた点をお詫び申し上げます(誰に?)

というのも 本日大学のOB会。 場所は幕張。
まぁ 多少の差ではありますが 寮から通うよりも
実家に軸足を持っておけばずいぶんと楽になるだろう?  というのはよくある話。

まぁ なぜ大学のOB会が幕張で?  というのは 去年の今頃にも
少なくともさらりとは書かせてもらっていた 毎年恒例の学会が
幕張で開催されているからというのにほかなりません。

まぁ こうなってくると ほかの大学や研究機関に行った方々も
一堂に会しやすいということで このような形になったようです。

……というわけで 改めて恩師に土下座をしに行く、という心づもりで
行ってみたわけなのですが 残念ながら今回は教授准教授以下の存在はなく
大学からは学生のみが参加、といった形になっておりました。

まぁ 学生の皆様や(主に関東に散った)卒業された先輩方
いずれもウンカ月、年あっていないわけですから積もる話もあったわけですが。


さて 去年は私「就活しながら学会の準備を~」みたいなことをしようとして
いずれの予定も大爆散。 修論にかけてまともなものを何一つとして残さずに終わったわけですが
この私の経験を踏まえたのか 私の一個下の方々は
内定をもらえてそれを承諾した人のみがやってくるみたいな形になっていたようです。

……まぁ それはそれとしてちょっと不安な声というのも聞こえてきたのですが……

まぁ そんな背景もあるからして 私の真下――今の学生メンバー的に個人的に
私がしゃべりやすい面々――というのも少々層が薄かった気がしますが
この辺もしょうがないと割り切っていくしかないのでしょうね。

――そんなわけで とりあえず飲みが終わった後は二次会とかには参加せずに
おとなしく引き上げるあたりで病人らしさを保ちつつ、まぁ それなりに楽しんでまいりました。

TOP

卒業(補足)

2018⁄03⁄29(木) 00:00
リアルののっぴぃさんはこの後に控える入社に向けて
最後の調整をしている――といいながら 実際は
相当ダラダラしているだけだったりしておりますが――わけですが
卒業式関連のちょっとしたおしゃべりのほう、させてもらいます。

まず ここへの移動ですが――何の驚きもない18きっぷでの移動。 故に省略。
あえて亀山通してみたこと位しか特筆することありませんからね。

で 神戸の最後の宿泊(一夜目)を行うのですが このタイミングで
大学に返却する予定のPCの整理がまだ不十分だったのっぴぃさん。

――ついでに言えば やったつもりだったバックアップができていなくて
マジで初めからやり直す羽目になって~  みたいな
相当な時間のロスをしていたというから笑えますよね。

で 半ば徹夜を覚悟しながら思ったよりあっさりできた
――ような気もするパソコンの中身の整理。

まぁ あわよくば「修論のファイルしっかり印刷して自分でも持っておけば
良かったのでは」みたいに思ったりするわけですが
――まぁ このあたりは深く気にしないで行きましょう。

ついでに言えば 研究の元ファイルとかをむやみに消してはいけないでしょうから
PC整理をするといえどもどこまでやっていいのかわからなかったですからね。

取り合えず 残ってたメール消して ブラウザ云々の履歴チェックして
集中講義のレポートファイルその他をデリートして~
とか できることを思いつくことやったのですが
結構漏れもありそうで怖いな~  というのが正直なところ。

卒業式当日は 前述のとおりありがたいお話は全ブッチしてやったのですが
その間に大学のほうへ登校、まずは自分がしっかり卒業できることを確認し、
入社式で提出する成績表などの書類を手に入れられるかチェックし

――に行ったのですが すでに証明書発行ができない感じになっていたので断念。
まぁ 正確には事務の人の手作業になるので「即日」とはいかないようです。

――で 郵送代金かかるのなら卒業の場でもらえた書類をそのまま
会社に持っていくことにしようと考えなおした感じで。

まぁ その合間に証明書発行機にたらいまわしにされるという
機会にもてあそばれる人間、というのを
地で行く行動をさせられたのは非常に腹立たしい限りでありました。

それにしても うちの学科確か学部時代は35人程度いたような気がするのですが
いざ卒業してみるとその人数が両手で数えられるレベルといった感じで
「卒業記念の写真」というのが非常に悲しい感じになってしまったのが印象的。

どうしてこうなったのか――ということを誰に詰問しても意味はありませんが
ちょっとばかり 悲しい気分になるのは仕方ないですよね。

TOP

卒業。

2018⁄03⁄27(火) 00:00
3月27日という本日の日付を持ちまして
のっぴぃさん、晴れて神戸大学大学院のほうを卒業いたします。

――いや~ とっても長かった――といっただけのお話。

どうも。 のっぴぃです。 まぁ 一応やることやっていたはずなのですが
実際に「卒業確認通知」のようなものを
今日この日になるまで自分の目で確認できていなかったので
「まさか留年していたらどうしよう」と結構不安に思っていたのですよ。

……まぁ 大学ではよくある「発表日当日掲示板にアナログに掲示」という
昨今の情報化社会とは真逆を行く方法で
情報の周知をしている大学ですからね……

引っ越しやらなんやらのおかげで物理的に
この日になるまで神戸にやってこなかったのっぴぃさんにとっては
結構ひやひやものだったといえるでしょう。

取り合えず今日は卒業に付随することでいろいろと書いていきます。
――で、明日は卒業する、ということは~  という内容で
すでに書いているものがありますのでそれを投稿して

――何というか完全に「記事の投稿が後手後手に回っている昨今
「忘れたらヤバイ」というものから優先的に書くという
記事更新方針に固まっております。 ご了承ください。

で 卒業式といえば午前中に「大学のお偉いさんのありがたいお言葉」を
頂くことになっているのですが その会場がポートアイランド
――そこまで行く交通費も惜しいですし 正直学部のころ行って
何を言われたか全く覚えていないという悲しい現実がありまして。

だったら行く必要もないだろうとのっぴぃさん、ここをすっぱりカットします。

というわけで いきなり懇親会に乗り込んでひたすら飲み食いし、
その後 四年生の卒業証書授与のほうをちょっと離れたところから
ぼーっと眺めた後 教授のほうからマスターの盾をもらってセレモニーは終了。

その後 後輩たちとの別れの会みたいなことをやるのですが
――何というか 妙に出席率がよくなくて自分の人望を改めて知った気がします。

合同開催してくれる隣の比較的近い研究室の面々、
当日M1の出席はありませんでしたからいかにそうだったかというところですね。
――それ以外にもちらほら見えない顔もありましたが。

「これからの抱負」とか私の番だけ飛ばされましたしまぁ そんなもんでしょう。

そう考えてみると 思ったより別れの挨拶「したい人とできなかった(物理)」
みたいなことが結構多かったな~  という意味で
何ともできない後悔がちらほらと残る、歯がゆい卒業式だったのかもしれません。

TOP

ラストゼミ

2018⁄02⁄24(土) 00:00
さて セレモニーのあれこれをネットに放流するさなかにあった
こまごましたこともせっかくですのでおしゃべりのネタにした行きたいと思います。

まず 私が結局忌引きした出席するはずだった最後のゼミについて。

こちらは四年生の卒業発表の予行といったところで
彼らの発表を聴きながらあーだこーだ無責任に意見を言いまくる
何というか 私のような「隠居にとっては天国」のようなイベントだったわけですが。

……まぁ 仕方ないですよ。 その分ゼミが始まる前に
ちょっといじってやろうと思って研究室に顔出してみたのですが
なぜかことごとく四年生に遭遇しないという事件もあったりしたのですが。

――うん、就活長引いたということもあるのですが
なかなか今年の四年生とは関係を持つことができなかったというのは
結構今も引きずってる修士二年生での反省点の一つにも上げております……


まぁ そんな感じで自分の後輩に関しても「どんな形で発表することになるのか
全く持ってわからない」というドキドキ感とともにあった
卒論発表会のほうも先日終わってきました。

――まぁ 私の代がやたら人数が少なかったこともあってか
どちらかというとこっちのほうが本番だったのではと思いたくなるほど
充実したスケジュールがそこにあってなかなか楽しかったものです。

――まぁ ここでいう「楽しかった」というのは
自分がもうこの先まともに何もやらなくてもいいという解放感に
寄るものも大きいのかもしれないな~  とは思いますが。

まぁ でもそれぞれの発表を見てみると「この人は学生生活楽しもうとしているな」
という人とか「勉強好きなんだな~」みたいな個性
去年よりこのあたりの研究発表を見ながら感じられているような気がする今日この頃。

……このような感想を持てるようになったのももしかしたら
大学院修了した一つの成果だったりするのかもしれません。


一応 研究の査読されたものも着々と帰ってきたしたものなのですが
例えば 参考文献とか文章の読みづらさだとかもろもろを直して
再度提出しなければならない――という問題がまだ私には残っています。

……まぁ 私がやった内容なんてほかの大学のもっと機材の整った研究室に
外注したならばもっと高度なところまでたどりつけただろうというのが
容易に想像できるものなので「ない中身をいかにあるように見せるか」
そして「それをいかに指摘されたものをごまかしつつ再提出するか」という
何というか せこいことを若干考えているような気がして気分が思い。

……まぁ、ある意味もうこのあたりこりごりと思う部分もありますので
いかにうまくこのあたりを処理していきたいな~ ――というのが正直なところ。

――何なら指導教官に土下座するのも一興かもしれません。

TOP

余韻

2018⁄02⁄14(水) 00:00
昨日の発表が終わった後は大学学部持ちでお疲れ会が開催されたわけですが
ありがたいことに参加費無料。 いくら飲み食いしてもいいということで最高に腹を満たしました。

ついでに 酒好きの先生が自分のワインコレクションを開けてくれたりして
利き酒のようなものを楽しませてもらいました。

基本的にまだお子様口ののっぴぃさんは 一応ワインはたしなめますが
まだ癖が強いものや辛いものには違和感を感じてしまうようで。
……正直な話ビールもまだ美味しいと感じたことはありません。

まぁ それにかこつけまして 結局お酒13本ほど開けていたわけで
しっかり飲むものは飲んでいるわけですけどね。

……その後夜が明けても頭が痛くなる気配が全くない当たり
アルコールに対する解毒作用は結構強めみたいですが
別の意味で「お酒飲みたがらない」人と自負させてもらいます。



一応本日はバレンタインでもありますからそれっぽいことも書いておきましょう。

――といいつつ 吹奏楽部に在籍していたころはまだしも
最近ののっぴぃさんはそのあたりの義理チョコ等にも
なかなかありつける機会はないんですけどね。

まぁ 毎年のようにチョコケーキを持ってくるリケジョが一人
いらっしゃいまして その方が持ってきたケーキをありがたくもらいました。
……これくらい、でしょうね。 うん。

というわけで 大学修士の一番のイベントを終わらせた後でも
しれっと大学に上る羽目になっているわけでして。
――まだ 後輩が卒論研究に向けたあれこれが残っておりますので
すくなくとも それをいじり、冷やかすための時間があります。

そんなわけでまだちょっとゼミのほう行っていこうと思います。

まぁ 自分でしゃべるのは苦手のくせに最近 ゼミでの質問の類が
やたらうるさいという「とてもウザい先輩」になっているのっぴぃさん。

……まぁ 妙なベクトルで楽しんでいると考えればいいのかもしれませんが。

ちなみに 毎年「修論発表→約一週間後、卒論発表」というスケジュールで
行われているのに対して 今回は修論発表会の後に晩さん会が開催されましたが。

――過去はすべてが終わった卒論後にやっていたみたいなんですよね。
……でも、そうするとより長い期間頑張ってきていた修論生の
出席率がやたら悪くなるという問題が出てきてしまっていた模様。

……まぁ そんな意味では今年 修論生のほうがやたら人数が少ない
マイナー派閥だった割には結構優遇してもらえたなぁという印象も。

TOP

発表会

2018⁄02⁄13(火) 00:00
どうも 本日は大学のほうで卒論発表会がありまして
――まぁ 一種今までの集大成といって差し支えないでしょう。

実際 今まで大学のあれこれに関しての愚痴というのは
この日にいかにそれらしいものを提示できるかにかかってますからね。

さて ここで内容を書くのも(もう今更かもしれないけど)思いっきり
身バレにつながりますし 大方わかってもらえないでしょうから
パパっと省略してしまうとして。

まぁ 自己評価的には40点くらい、という先輩方岩国は相当辛め。

何というか あまり本腰入れて発表練習ができなかったからというのと
人の前で自分のやってきたことをしゃべろうとしたときに
就活の時にあったあれこれのトラウマをふと思い出して
いろいろと吹っ飛んでしまったというのがありまして。

「いうつもりだったんだけどな~」という台本内容から
悪い意味でいろいろと逸脱してしまったかなという印象

質疑応答でもいうべきだっただろう単語がポンと抜けてしまったり
まぁ いろいろとあったわけですよ。

そのあたりに関しては終わった後のお疲れ会で
指導教官に指摘されたりしてちょっと赤面してみたり。
――まぁ しっかりてんぱってたというわけですね。

一応 この後は査読を踏まえて論文を直すという作業が
いろいろと残っているわけで こちらも頑張っていかないとですね。



この発表会に関して背景とかもろもろを簡単に。

今年は同級生がやたら少なくてざっと例年の1/3ほど。
故に 発表に対する質疑応答というのが若干長めにとれるとか
悪い意味で目立ってしまうことも多々あったとかなかったとか。

……なんでこんなことになってしまったのかというのがかなりのボヤキで
四年生には「例年こんな感じじゃないんだよ」と言い聞かせる始末。

まぁ 実際スケジュール表もかなり持て余しておりまして
例年より開始時間がやたら遅かったり二時間近くの昼休憩があったりと
これに関してはいい意味でやり放題やってくれまして。

いろいろとゆったり構えることができたとか。



※一応 関ペ読みに身が入らなかった理由に関しては
後日分の中身で書かせてもらうことにします。

TOP

発表会へ

2018⁄02⁄11(日) 00:00
まぁ これといって深い内容をしゃべれるわけではないのですが
先日しっかり修士論文提出した後も
やっぱりというかなんというか 大学のほうから課された課題というのが残っています。

やったことがある人は言わずもがなかもしれませんがまずは研究発表。
まぁ 基本的には修論でやってきた内容を 同じ先行だけども専門が違う人に向けて
何とか聞いてもらえるようにかみ砕きなおした発表会。

そして それが終わったころに再度課される論文の再提出。

まぁ 後者はまだ何も始まっていない(たぶん今現在進行形で査読中)
なので いったん保留にしておいて 前者の中途記録でも。

私自身 すでに論文で書いた核となる内容に関しては
あらかた決まっていたし すでに出てくる図もあらかた出そろっているわけで
もう あまりやることはないだろうなと思っていたわけであります。

……が、どうやら査読が終わった後に提出する文章の中に
新しく図を作って(しっかり裏付けがあれば)提出してもよいようで
論文提出してから口頭発表の準備をする間に
いろいろと細かな裏付け作業とかで新しい論文読みがやっぱり待っていたりで
「論文提出」という一つの壁を上った区切りというのは感じていたほどはなかった?

……というのが正直な感想、といったところでありました。

まぁ このような「内容まだ詰めなきゃいけないのか」というベクトルと
また一つ違う面倒くささ、というのが「一応同じ学科だけど専門が違う人に
どのように説明するのか」という視点です。

……前もって聴衆に期待するレベル(といいつつも一般人に話すよりは
高度な前提条件を期待してもいいのでしょうが)というのを
どこにするかを再度設定しなおしてある程度中身を添えて話す。

――まぁ 就活の時にも同じようなことは経験しているわけですが
それとこれとは「理解してもらおう」という努力の方向性を
あの時は「研究を通じた苦労」という方向性で説明しながら
ちょっと 避けてきた風貌がありましたので この問題に真正面から取り組むのは
地味に初めてなのではない仮説みたいなのが持ち上がっております。

で 自分なりにうまくスライドを作れたと感じたとしても
やっぱり 身内だけで聞かせていたならば気が付かないこともあるわけで
近くの研究室の教授とかを巻き込みながら練習を重ねつつ、といった感じ。

そして 自分の場合はしばしば「アドリブのような展開でトチ狂ったことを
急に話し出す」という悪癖のようなものがあって
これ プレゼンをするときにはものすごい障害になるんですよね。

ナチュラルに「お前は何を言っているんだ」事案が多発するわけで
これをいかに減らしていくかが今後の課題であります。

――一応カンペは用意していて、これをしっかり読み下せればいいんだけどね。
なかなか思ったようにいかないのがここはもどかしいよね。

TOP

頑張りすぎた?

2018⁄02⁄03(土) 00:00
ひとまず節分とか昨日のツインテールの日だとかそんなことはあまり考えずに
終始卒業に向けた大きな障害その1を何とかこなしたという達成感について。

誤字脱字の件を除いたやらかし事案について簡単に述べさせてもらうと
「参考文献多すぎ」と謎に怒られた事件なんかもありました。

……ちょっと孫引き頑張って引きすぎました。 そのおかげでやたら多くなりました。

まぁ 孫引きといっても一言一句まともに読む、なんてことやってられないですから
文字通りの斜め読み、という文献もかなりの寮存在しておりまして
「そんな消化不良な論文は削ってしまえ」とのこと。

まぁ もともとのっぴぃさんの英語能力自体が(お察し)といったところですから
何冊も何冊も参考文献が並ぶ、という現状はあまり好ましくないことなのでしょう。

おかげで 参考文献リストから論文名の削除を命令されまして
「何を削るのか」ということを確認するために それなりな量たまっていた
参考文献のアブストを(これに関しては比較的まじめに)読み込むという
「何やってるんだろう」的手間が増えてしまったのだとか何とか。

ただ このあたりのことを考えてみるときに結構好意的にとらえられることとして
「結局なんだかんだでのっぴぃさんの英語への拒否感が薄れたのではないか」
という見立てができる、というのはいい変化として考えられるでしょう。

はじめはもう アルファベットを見ることさえ拒否したいレベルであったのですが
今は一応「見てやるか」という感情くらいは覚えるようになっています。
……ただ、辞書をはじめとした補助ツールがないと手も足も出ない、というのは相変わらずなので
別に英語能力自体が改善した、というわけではありません。

単純に「自分が苦手な部分を外のツールを使ってうまく補完できる算段が付いてきた」
だけで 今TOEICやってそこそこの点数が取れるのかという話が出てきたら
それはそれでまた別問題である、と言わざるを得ないのが現状でしょう。

まぁ 英語へのノイローゼに改善の兆し、というのは前にもどっかで書きましたが
このまま頑張って 「下の上」位は英語できるようになりたいですね。
――これからのグローバル化社会を考えると その中で生き延びていくためには必要な知識でしょう。

(ただしここでできるとは一言も言っていないことに注意)



あとは 「かなり地味な目がバルス状態になるような作業」というのを最近やっていたのですが
「結構つかれる割にいろいろとぼろが多い(時間がなくて妥協した自覚があるものも含む)」
というデータもあったりして 付け焼刃感ぬぐい切れなかったものも結構あるな~

そんな部分も中にはやっぱり存在しています。

そのほか 考察も付け焼刃感や「大仰しいことを言ってみたかった」っぽいことも
結構書き込んでみたりしておりましたが なんだかんだで没になったりしまくっています。

……まぁ 半ば当然、という気もしますが本当に 修士の間に私がやってきたことって
こうやって見てみると結構小さいよな~  などとと思います。

TOP

出すもの出せた

2018⁄02⁄02(金) 00:00
とりあえず 本日が修論発表日、ということで
いろいろと指導教官に迷惑をかけまくってきた感じではありますが
結果的にしっかり提出するものが提出できたのでまずはこれを書き込むところから。

しっかり提出日の午前のうちに印刷するものを自分の部屋で印刷して
決められた書体に直したうえで事務に行きハンコを押す。
――決められた手続きはしっかりこなしたはずでしょう。

――というわけでのっぴぃです。 まずこのあたりはしっかり宣言していくべきかと。

そして そのあたりでいろいろとやらかした事案くらいは
記事ネタとして提供させてもらってもいいんじゃないかな?
と思ったところもありまして 本日書かせてもらおうと思います。

まず これに関しては前々から「やるだろうな~」と思っていたのはケアレスミスの類。

基本的に毎日のように作文をしている手前
「何か思ったことをまず書き綴る」ということに関してはたけている
――と自分で書いていいのか悩みどころですが――自負はあります。

……が、変換する漢字を間違えたりすることをはじめとして
誤字脱字が多いということは この日記のあるある的代名詞ともなっています。

――まぁ かなりうかつで逆に言うと「誤字脱字を発見する能力がひどい」ということで
「指摘されたミスに全く気が付かない」という事案を多発させた模様です。

中には指導教官が入れてくれた「間違いの指摘」がなされていることに気が付かずに
そのままやらかしてしまった、という事案も結構引き起こしておりまして

――これがどこにどう作用するかといいますと
「訂正しました」といって送った文章が実は訂正されていないところがそこそこ残っていて
このことが結構指導教官を萎えさせた事案を結構やっているんですよね。

このたびは誠に申し訳ありませんでした。

――まぁ 迂闊に「もうやりません」とは言えないのがまた悲しいところ。
――こう言ってできているようだったら初めからやらないですからね。

まぁ 中には「いやワシはこう思う」といった感じで反論したいものもいろいろとあるのですが
それはそれでまた うまく論理を組み立てたりできないというのが私の残念なところ。

とまぁ そんな基本方針で動いておりますのっぴぃさん
記事の流れ的にもそんな雰囲気今までも醸し出しておりましたが
実際にも「作文自体は結構早いうちに書き終えていた」のですが
「指導教官にそれの訂正を願う」段階で結構問題を抱えておりまして。

――うん。 どれだけ指導教官の胃にダメージを与えてしまったんだろうということ
たぶん 考えるだけ無駄なことも多いと思われますので
反省はするものの 細かくカウントすることはやめていこうと思います。

もう提出してしまった紙の中にどれだけの間違いが残っているかは
――このこの際 もう考えないことにしよう、そうしよう。

TOP