感謝の言葉を忘れるな

2012⁄08⁄03(金) 00:00
GWあたりに気が付いたので 今更……と 思い
けれども あまり放り出しておけなかった記事内容があったのですが
予備校に対しての感謝・その他のお話がうまく書き終わっておりません。

……と いうことで いったん保存記事という形で記事を作っておいて
――大体 自分のリアル帰省の時に合わせて いろいろと混ぜ込む形で
更新の流れに入れられたらな~  と 思いながら記事書いておきます。

……うん。  まぁ 保存記事作っておいて 足りなくなることは考えていたけど
まざか 余っているとは用意しているときは全く思いもしなかったなぁ。
※たとえば まだ 一回生GWの段階では 母校シリーズが完結していません。



さて さすがに 写メとか出したら 肖像権的問題も起きかねませんし
そもそも 誰か彼かの名前とか さらす羽目になってしまいそうなので
極力 入れた方がわかりやすい内容だったのでしょうが 残念ながらなしで。

まぁ この年の桜は遅かったですからね~  報告に行った時も
桜のつぼみはまだまだ固かったことを記憶していますので。
……まぁ そんな感じの描写でもいいでしょうかね??  はい。

とか 散々引き伸ばしてはいましたが ぶっちゃけ やることと言ったら
「まさかとは思いましたが なんだかんだで受かったみたいです」みたいな
自分でも納得できていない段階での報告のみですから。

後から考えれば まともなセンター採点とか職員の方に提出しないとか
それに関して 書類作成をどれだけ遅らせたりいろいろとしたものか。
……冷静になると 相当迷惑かけてきましたよね。  ボク。

まぁ 代わりに 相当ありえないレベルのプラス方向での合格実績作ったわけですし
面談のネタとか「最後まで絶対にあきらめない」とか そもそも
ガイダンスのネタとかという意味では いい実践例になっているのではないでしょうか。

一応 河合塾津田沼校に今後 通っている人で この内容を見ていた人がいたならば
どれだけの職員の方から語り草にされているのか~  みたいなこと
ちょっとした好奇心があるので 教えてもらえたら非常にうれしいですwww
※ボク自身は「大々的に言っちゃっていいですよ」とは 言っていますが。

まぁ そして ちょっと 流れがつぶれていますが ボクが書けることといえば
受験は 仮に勉学ができなかったとしても 意志を強く持っていれば
ありえない結果が付いてくることもある。  信念は高くもて。

そして 勉強ができる人も 適当な気持ちでやっていたならば
後から追い上げてくる人たちに いとも簡単にひねりつぶされてしまうだろう。
――最後は 心が強い人が勝つんじゃないかな。  ……ってね。

あまり 説得力はないかもしれないけど ボクの立場でものをしゃべるのだったら
こんな内容を語るのが一番いいんじゃないかって思ったから 一応しゃべっておきます。

で 話を強引に戻すと 一応報告には行ったのですが その時にはボクの
「中心となって」担当してくれた職員の方はいらっしゃらなかったので
ボクにかかわりあう職員さんがなるべく多く集まる時間帯を聞き出して後日 出直し。

その日になるまで まぁ 下宿を探したりなんなりの 神戸往復を含んだりもしましたが
――なにせ 合格発表をウェブで見たその足で駆け込みましたからね――
まぁ その間に アンケートとか合格体験談とか 去る者が最後に
残していくべきものの準備も整えられたし 問題はなかったかと。

で ざっくりざっくり書くと その 教えてもらった日にあって
改めて 合格を報告 アンケート提出したり 写真撮ったりして
――まぁ 予備校の合格者が 普通やるような流れを追ってみたわけですよ。

ただ この段階では 講師の方には全くあっていない=挨拶をしていない
⇒GW現在では まだ 挨拶を終わらせていない  と いうことで
この辺の挨拶は 夏に帰省した際に できるだけ終わらせる必要がありそうです。

まぁ そのためにも 少なくとも どの週に会いに行くのが一番いい感じなのか
それの予定を立てる前に ちょっと 調べておく必要がある気がしますね~
――まぁ 予備校時代は勉強頑張りましたから 顔は広いと思いますよ。

……あ。  こんな内容書いたってことは これ 夏までに確実に
公開しないと いろいろと適合性が合わなくなってきそうだな。  困ったな。



さて ざっと プライバシーに触れない程度で核としたならば
この程度になるかと思いますので 残りは これからの時期浪人の方が
どれだけ見ているかはわかりませんが 少なくともボクの観察における
壊れ方について ちょっと書いていこうかと思います。  いやなテーマだな。

……ついでに ボクの体感だと 少なくとも9割程度の男子には当てはまるかと。

で 何が起こるかというと 次の二つのうち いずれかの症状が出ます(併発もあり)
ただし そのレベルというか危険度その他は 結構個人差があって
笑い話で済む程度から 精神科医を連れてくる必要性を考えるまで様々です。

・性欲が異様に高くなる(表現が難しいので まとめる都合上の言葉の編集があります。)
これに関しては 二次元・三次元を問わずに考えていた方がいいかもです。
――正確にいうと ヒロインが出てくるアニメ系統に足を突っ込んだ覚えのある方は
二次元の方の危険性も気を付けた方がいいかもしれません。

これも 普通に女性がいるところで 大声で下ネタで騒ぎ立てても大丈夫な
肝が据わった人になる人もいれば すごいところに水着女性のブロマイド的なのを
飾って崇めたててみたりとか 時々すごいことが起こったりします。

ついでに 二次元に関しては 心の中での二次元依存が急激に高まります。
――アニメ断ちしてても 心の依存は上がります。  休憩時間が危ないです。
まぁ 勉強時間が削れることがないって意味では そこまでピンチではないかもですが。

・中二病悪化。  これに関しては 読んで文字のまんまです。
ちなみに 大きな声では言えませんが ボクもありました。
――どんなものかは聞かないでください。  と いうことで
ボクの場合は これの二つが軽い状態で両方出てきた感じでしょうか。
……まぁ 一概に軽いとは言えないのかもしれませんがねwww

まぁ 注釈として 女性とは話したりあまりしなかったので よくわからないだけです。
女性にも同じ傾向があるかもしれませんし 違う症状があるかもしれません。
――特に国立の2月を過ぎたあたりのプレッシャーはひどいので
多分 無傷でいられる人は まず いないのではないかとボクは思いますがね。

TOP

母校⑩

2012⁄07⁄24(火) 00:00
教室それでは 学校の中身を晒してみましょうシリーズ
最後は「理系のボクが 学校生活の中で一番お世話になった」
みたいなテーマを掲げて記事を考えて行こうかと。

ちなみに この画像は説明しなくても分かるでしょう。
我がクラスです。

ちなみに これは とある忘れ物した日
放課後に撮影したので まぁ ある程度の
生活臭は漂っているはずなのですが……。

まぁ よく見たら窓のサッシに何か(多分 鼻紙)
乗っかっていますが 男クラスの割には何故か整理できています。

にしても 共学校だったのに 何故か
クラスメイトには男しかいなかったんだよなぁ……

ちなみに とある先生が喋っていた事を鵜呑みにするならば
この学校の教室の横幅は 千葉県内の学校(少なくとも公立)では
一番デカイ……らしいですよ???

個人的には そこまで広く感じたことは無かったのですが
まぁ 文化祭でいるときなんかに「狭く感じる」事は無かったですね。

化学講義室化学実験室
まぁ そんなわけで 理系のボクが書くことですから
回る場所で多くなるのも 自然と 理系クラスの移動教室だったり。

そんなわけで 一番最初に紹介させていただくのが化学室。
左側が講義室・右側が実験室と言う感じでしょうか。

まぁ 実験室の方は一瞥してすぐにわかりますかね??

何度か書いているように ボクが入学するのと同時に学校を建て替えたので
みた感じ かなり新しい感じになっていますが
まぁ これはこれで 良い面とかもあった……のかな??

ちなみに 学校の特性のせいなのか知りませんが かなり実験は出来た方です。
週に2回くらいは 何かしら薬品こねこねしていた感覚……
……と 書いても 過言は無いのかもしれませんねwww

ちなみに ボクが一年の時には「ガスの元栓が全自動」で
もう 先生の方も使い方がわからなかったのか まぁ なんというか
とにかく悲惨なことになっていましたね。  今は 普通のものに戻りましたが。
(↑結局 あの元栓の使い方はわからずじまいでした。)
物理講義室物理実験室
そして 続きますのが 物理教室でございます。
こちらも 左側が講義室・右側が実験室と言う名前なのですが。

……正直 物理実験室と言って実験をやりまくった覚えは……?

こちらの実験は 影が薄いのか そもそも器具が大掛かりだったりして
先生が 模範実験をしてみるわけなのですが(当然 回路の話とかでは自分で組み立てますが)
それをやるのは 講義室も実験室もそう 変わりなかった……
と いうのが 心理的にはあるのかもしれません。

ちなみに 落下の実験の影響で どちらの教室も床が新品だった……
……はずなのに もっとも傷んでいると言っても良いでしょうか。

――にしても 最後までわからなかった面が。
生物講義室こちら ボクがお世話にならなかった
「生物講義室」なのですが ここの椅子 良すぎませんか??

座ったことが無いので 何も言えないのですが
みた感じ クッションとかついていそうだし
みただけでも 明らかにここだけ机が高級じゃないですか。

大学の講義室でも このようなところまで良いものが並ぶのって
そう ないのではないでしょうか??

それに対し 上にある物理講義室って
普通の学校の机がずらりと並んでいるだけなのですが……。
――せめて ほかと同じくらい 同等の扱いにしてほしかった……。

一体 この扱いの差は何なのでしょうかね??


ちなみに 触れる必要もないかもしれませんが
みた感じだと 生物実験室は化学実験室そっくり
地学の実験室は 物理の実験室そっくりですね。

――地学の講義室??  ……それはね……?

理系整理モニター
ちなみに 完全に関係ない余談になるのですが。
理系の先生には やっぱり男性が特に多いから
さらには 実験やらで物がどんどん増えていく傾向にあるからなのかは知りませんが
とにかく 教室の中の整理がものすごいことになっているんですよね。

――特に 物理教室なんて 本当にすごいことになっています。

まぁ 逆に化学の教室は 薬品放置していたら
もう 手のつけようもないですからね~  このへんはしっかりしていますが。

あと 少なくともボクが行った理科の移動教室にはすべて
このような感じでモニターが付いているのですが。
ボクの記憶が正しかったならば これ 全部アク●スだった気が。
――何だろう。  だから 金がなくなるのでは……
(↑大体「各教室二台」ずつ)

ちなみに これを使って。映像の教材を見たりしています。  一時期 ガンダム放映も……
……って 先生!!!  何しているんですか!!!(実話)
(↑学校のテストでの「お助け問題」で ガンダムネタを挟んだこともありますしね。)
(↑↑まぁ どんな話だったって見せたかっただけみたいですよ???)

TOP

母校⑨

2012⁄03⁄31(土) 00:00
中庭さて 体育系の場所については 
今まで相当貼りつけてきた感がありますので
今回は それ以外の教室
――主に文化系……とでもいうのでしょうか??――な
紹介でも始めてみましょうか……  とか思いつつ。

ちなみに こちらの画像は 教室のまん中にある中庭
――今まで 何度か記事に名前だけは
顔を出してきたものになりますが――
を 映してみたものです。  

芝生は踏み入り禁止……
……なのですが ほとんどの人は守っていなくて 
先生に怒られています。

ホール前回に紹介したプールと柔道・剣道場・卓球上の間には
学年集会をしたり(なぜか)吹奏楽部が入り浸る
ホールなる場所があります。
ちょっと 公立高校にしては珍しい空間かしら。

ちなみに フィーリングから何となく察する人も
いるのかも知れませんが 明らかに 
学年集会をするにしても 備え付けの椅子の数は足りません。

だから ここには写ってはいませんが
入口近くに(デザインはほぼ統一されていますが)
椅子が積み上げられておりまして 集会の知らせがあると
吹奏楽部の面々が その椅子を設置して
集会の準備を手伝う羽目になる
(↑これが とある日の朝連)
という 慣習が出来上がりつつあります。

ちなみに 備え付けのところに座れた人には
もれなく筆記台が付いてきて
(逆に書くと そうじゃない人には無いわけですが)
集会の時の筆記に かなり差別が出るとかでないとか。

芸術棟廊下音楽室外観
音楽室さて では 今度は芸術棟について――
――とはいっても 正直なはなし「建物の四階」を占拠して
芸術教科の教室が軒を連ねているだけなのですがねww

ひとまず この廊下の上では 手前から
「美術室」「書道室」「音楽室」です。

ちなみに 音楽室だけ若干目立つ外観になっておりまして
外から見てみると なんだかここだけ 色が違うんですよね。
登校するときにも かなり見えて 以外と目立つんですよ。

ボクの場合 芸術選択が音楽で
逆に書くと それ以外の教室には侵入したことがなく
まぁ 思い出も何もないので それ以外の教室は無しで。

ちなみに この音楽室には 二つのレッスン室があります。
吹奏楽部では この部屋をかわるがわる使用して
パート練習をさせてもらっていました。
あと この音楽室も純繰りで使っていたっけな??

なにせ 騒音が云々昔(旧校舎時代?)あったらしく
教室で吹かせてもらえないみたいでね……。
だから 全く腕が上達しないんですよね~  きっと。

購買購買。  なんだかしまっているけれども
一応 プレートを見た限りは購買。
誰もが 本当にそうなのか疑っているけれども。

そもそも ボクの記憶の中では
ここにテナントが入ってきた覚えが全くなく
前 ジャンプして中を確認してみたのですが
陳列棚が淋しく並んでいるだけでしたからね。

いや~ こんなところでもテナント募集しているんだ。

まぁ そんなわけで この学校
勉強中にルーズリーフやシャー芯が切れた時には
売っている場所も無いので もう 打つ手がない。
しかも 近くにコンビニが無いということで
もう どうしようもなく不便だったりするんですよね。

ついでに 食べ物関係については 
一応 昼休みに 近所のベーカリーっぽいとこから
おっちゃんがやってきて 何か売っていますがね。

ついでに このおっちゃん 暗算が遅いです。

図書室図書室。  まぁ 本があります。
あと 談話スペースがあって(そこから撮影)
ここには 学校唯一のコピー機があったりします。

ちなみに 貸し出しカードはバーコード。
無駄に 新しい機能使っています。
そして 蔵書整理もこれを使っています(元図書委員)

いや~  こんなシステム学校に使っているから
財政厳しくなるんだよ~

……みたいに言ってみる。

では 残りましたのは ボクが良くお世話になったところがメインになりますかね?

TOP

大感謝!!

2012⁄03⁄24(土) 00:16
合格発表以来 少々忙しい日々を送らせてもらっています。
のっぴぃです。

今まで通り 普通にも記事上げていますが
コメ返ようにも一つ 書いておこうかと思います。

先日の 合格おめでとうコメント等 本当にありがとうございました。

少々予定が立て込んでおりまして 今後も 記事更新が上手くいかなかったり
遅れたりすることがあるかもしれませんが 多めに見てください。

……そして コメ返が遅くなってすいません。

――なんだかんだで 勉強やっているようで 毎日ブログ書いたりしていて
実質的にはサボっているようにしか見えない奴でしたが
そんな人間でも 応援してくださっている方々がいて
本当に 人間は一人ではないんだなと 改めて感動しました。

今後も できる限り この日記を続けて行こうと思いますので
これからもよろしくお願いします。

追記で ひと通り 個別にも返したいと思います。

TOP

五里霧中

2012⁄03⁄08(木) 00:00
今日 合格発表で とっても不安な気分に浸っております。
――受かるも受からないも紙一重だと 少なくとも自分は思っているので
すっごくヒヤヒヤしているのですが。  もう 変えられることは少ないです。

――まぁ ダメだったらダメだったで 後期に思いをつなげるために
後期に向けて勉強(?)を 毎日黙々と続けているのですが。
……で 今日は それメインの話でも書こうかと思いたちまして。

この日に なんだか 適当な事を書くのもためらわれますし
とりあえず ここ最近の勉強記録でも 思いつくまま気の向くまま
おそらく かなり高いレベルの自己満足で終わるでしょうが 書こうと思います。
……勉強にかかわること 本気で関わらせた方がいい気がしてね。



さて そもそも ボクの身の回りの後期状況ってどうなんだろうと言いますと
基本的に 人によって違うと言うのはよくある話なのですが
その意味では少々悲しいものがある気がするんですよね。

因みに ボクの後期の課題は「小論文」です。
――一応 通期講座にも小論文の授業受けたり 論文模試も本気で受けて
まさかの時になっても どうにか対応できる程度にはやって
……いるのかはわかりませんが とにかく 頑張っていた感じです。  下地。

少なくとも ボクの場合は「後ろだて」が全くない
ここで落ちたら二浪確定な状況ですからね。  本気にもなりますよ。

で ボクみたいな必死な人の話だけ書いていてもなんの参考にもならなそうなので
一応 自分にも浪人仲間も結構いたりしますから 彼らのこと……
……最近 なかなか会う機会がないんですよね。  ぶっちゃけると。

例えば 結構良い私立大学の合格発表を聞いた人なんかは
もう 後期受けなくていいやって空気になって 来ることすらないですし
元々私立に照準絞っていた人なんかはいわずもがなって感じでしょうか。

前期が始まる前までは そう やたらめったに全滅って事は無かったですが
ここ最近はよく その辺の出来事が起こるようになりまして
その意味では非常に悲しい気分に浸っているのがここ最近のボク。

見事に 一人ぼっちで毎日予備校大会となっております。
……流石に 保険がない人間は 他の人と比べてもかなり必死ですwww

因みに やることは一日「小論文」ということで 今までの受験勉強は
センター対策にしろ二次対策にしろ「教科」ごとにわかれていて
それなりにけじめをつけて生活ができていたのではないかって思うのですが。

それとくらべると 全く勝手が違って 正直お勉強これから
何をやっていいのか全く持って予想がつかないと言うのが達の悪い。

今までの勉強は これらの教科ってのがいろいろとバランスを
整えてくれていたんだな~  なんてこと 今になって思います。
……去年は こんな感想すら持たなかったって事は
本当に 去年は全く勉強しなかったって事にもなるのでしょうか。

さて ここ最近は 予備校に来て一体何をやっているかと言えば
主に過去問を解く――小論文の場合は特に 一度解いてしまった問題は
用済みになってしまうような空気が他と比べても強い気がするんですよね。

と 言うわけで ストックされていた問題ってのもかなり少なく
やるべきものはなんだったのだろうってのが とにかくわからないんですよね。

だから 数少ない問題をとにかく演習する。  後は 英語を読み込む
――英文解釈問題も 大問の内の一つとして出題されているし――
後は 自然科学現象に関わりそうな物理の問題を解くくらいしか思いつかなくて。
(↑波動とか万有引力とか。  本格的な問題は出ないけど。)

そもそも 小論文は書いたとしても「添削してくれる人がいない」ので
何をどうやっても「自己満足」で終わらせるしかないと言うのが悲しい所。

……今まで 何を頑張っても「漢字添削」以上のことをやってくれる人はいませんし
できる技術がある人を頼ろうとすると 前期の勉強を一日分潰して
そのために 日を用意する必要があったという素晴らしさで。
……やっぱり ちょっと 特殊なんだろうなって思いましたよ。
なんだか 誰にも理解してもらえないってのも少々辛いwww

そんなわけで 単純に勉強するべきものが減ってしまったということで
確かに 予備校にたむろする単純な時間も減りましたが それ以外の時間
単純に予備校の椅子に座って ボーっとするような余裕はありませんから
ここでは もう一つ出来そうなこと「知識集めの奔走」ってのもやってますね。

()前にも 図書館の画像上げたような気がするな。  これ。
単純に 図書館に通いこんで 役に立ちそうな書籍を漁る日々。
……たまに ノーヒントですごいことかましてきますからね。  あの論文。

一部 地学に関する「雑学ゲーム」じみている気がする気がする問題が
時たま出題されたりするわけで 知識集めも大切だとボクは思いまして。
――過去には 例えば 火星の写真が出てきて「800字で監察結果を述べよ」とか
理系相手でも しばし目を点にする威力があるものが出てきたり
対数グラフ作らせて それがないと その先炎上する問題が出てきたり。

……少なくとも 普通の高校生は 対数目盛渡されても
おそらく 手も足も出ないまま何もできないで終わるんじゃないかなって思いながら。
――逆に言えば このへんの無駄知識が多い人が打ち勝つ構造になっているかもです。

まぁ ボクが何を~  みたいなのは これ以上細かく書いてもアレですので
これくらいで打ち切って置こうとかは思いますが
とにかく ここ数日のテーマは「何をやればいいのかを知る」みたいな
超・初歩的なところから 非常に困るような状況になっていたのは事実でして。

とりあえず 優先順位としては「気象」とか「地質学」が弱いかと思い それをメインに。
時事として出てくるのならば「災害予防」も改めて調べて
現状について いろいろと調べておいても損は無いかと思います。

ところで これらの資料を眺めてみて 過去 さまざまな地震を予測してきた
自信満々の方が書いていた地震予測の中においても 三陸沖はノーマークでした。
……やはり この時期 これについて 考える必要がありそうです。

受験とは最後 関係ない方向性になりますが この道を志す一人の若者として
これを 一つ 忘れないようにしていかないといけないなと思いなおした次第です。

現在の科学力もそれがすべてではない。
それに過信ししていたら 足元をすくわれる。
逆に まだ 知らないことがあるからこそ その学問が存在する。

……深読みはいくらでもできそうですが それについて考えるのは受かってからですからね。


――さりげなく変な事を書いていたら 誠に申し訳ありません。

TOP

母校⑧

2012⁄02⁄27(月) 00:00
さて なんだか 前回脈略も無く晒し出した母校の画像。
――まぁ ひとまずは 誰も写っていないことを確認しながらの更新になりますので。

多分 肖像権その他は大丈夫だと思うのですがね。
――一応 これからボクの母校を目指そうと思っている人なんかは
みてて為になるかもしれませんし 刻々と変わりゆく学校でしょうから
何かが変わったら それはそれで 書く理由になるような気もしますしね。

ひとまず 人の家じゃあるまいし。
……うん。  なんだか 自己弁護にしか聞こえないのは気のせいではないですよ???

体育館体育館外観
とりあえず 今回は 体育で使う屋内施設をメインに取りたいな~
とか思って 最初から言い訳をしなければならないことに。

ひとまず この先にあるのが 体育館と言うわけなのですが
どうも 休み時間でも活発な人はいつでも動きたいようで
頑張って 人がいない時間を探してみたのですが
どんなに頑張っても 体育館の無人の状況を探すことはできず。

一応 入口を映しておくことで あと外観を取っておくことで誤魔化しておくわけですが。

こちらも なんだかんだで 新品の学校あって変わった雰囲気が
見え隠れしている気がしますがね。

ちなみに 体育館へは「学校の地下から」入っていくことになりますので。
――前回のエントランス・昇降口を映した写真と反対向きに回ってみたならば
体育館への口が開いている―― みたいないい方もできますが
これを口で説明するのは難しい……。  まぁ シカトで良いです。
剣道場柔道場
剣道場&柔道場。
こちらは まぁ 割とあっさり無人の写メを取れたので晒しておきますね。
――と いうか 元々誰も来ないようなひっそりとした場所だったりするのですが――

一応「柔剣道場棟」みたいないい方をして括られているのですが
正直 別の建物……みたいな感覚は全くなく
教室から雨に降っても濡らされないような作りにはなっていますね。

特に 二回・三階なんかは完全に一緒になっていますからね~
――ひとまず こちらは1年の時の格技の授業でお世話になりました。
卓球場おまけ。

柔道や剣道と全く関係がなさそうですが 卓球場もこちらにあります。
体育館の端っこでやるわけではありません。  卓球部も堂々と活動しています。

一応 こちらも 卓球選択の時にはお世話になった場所ですし。

プールあと この柔剣道場棟の屋上には
何故か プールが屋外型で中途半端に鎮座していたりします。

ついでに 建物の高さ的には4階の高さになるので
風はかなり強いです。  そして かなりの割合で砂嵐にまみれます。
その結果 プールの底には砂がたまったりしますが まぁ それは別の話。

これは 卒アルの写真をプールで取る機会があって
その時に ちょっと早めにそこへ行って取ってきた貴重な写メですねwww

――まぁ この写メを撮影することに成功したから
このシリーズを始めてみようと決意したというのが裏話。

このシリーズの中で 一番画になる画像かもしれん。


ひとまず まだまだ画像も残っていますので
できるだけ テキパキ行きたいですね。

TOP

文具

2012⁄02⁄26(日) 00:00
流石に 昨日の今日で記事書きあげられませんので……
……緩衝材として考えていたけど 一体当時のボクは何を書きたかったのだろう……。

疑問が残ります。



消しゴム01消しゴム02
ちーん。  ……消しゴム。 ただの消しゴム。
――とうとうそこまでネタが切れてきたのかい??  お兄さん??
……とか まぁ その辺はいいとして。  のっぴぃです。

今日は 受験生らしく「文房具」について語ってみようと思います。
――と いうか 受験生らしくってこれ どんなふうにとらえれば??

①慢性的にネタ不足  
②毎日の生活の中でやっているのは勉強くらい
③というか 第一 戯れる相手が文房具だけ

……理由を考えると悲しくなりそうだから 気にせず行きましょう。

誰もが確実に使ったことがあるだろう文房具 消しゴム。
筆記具の方は鉛筆派の人とかシャーペン派の人とかいるみたいですが
そのどちらも 消しゴムの方は分け隔てなく使いますよね??

その消しゴム 寿命が尽きてくるとき 皆さんはその形はどうなるでしょうか。
――おそらく その人が相当使いこまれたその消しゴムには
その人の癖なりなんなりがかなり凝縮されているのではないでしょうか。

ちなみに ボクが使った場合 消しゴムのかたちは左図のように。
――これでも 高さは潰れたスリーブより薄くなっているはずなのですが
なんだか 消しゴムの丸くなってきた部分をそのまま使い続けるでしょうか。

最後まで下の辺の角は残ったままになるという。
――すなわち 使える角がそのまま4か所に残っているという。
……いや 何故そこまでその使い方にこだわるの??  みたいな事に。

なぜこんなしようもない事を力説する展開になっているのか
ボク自身 いまいち理解できていない部分があったりするのですが←
ひとまず ボク自身も角で物消す時がちょっと楽しみな人間なのに……

まぁ きっと 自分が楽しみにしていたショートケーキのイチゴを
最後まで取っておいて 隣の誰かにそのイチゴを奪われるという
古典的漫画ネタによくあるような性格をしているのでしょうかね??
……なんだか そんな匂いがぷんぷんするなぁという自己分析。

……なんというか 何故 こんな事いきなり書きだしたのかわかりませんが
例えば 今までもそんな形だったのかについては あまり気にしていないので
――逆に書けば ちょっと意識してみたら「これなんだかおかしくね?」
なんて 自分で思ってしまったから 何となくこんな事書いているわけで――
どうなっていたかはわかりませんが 基本的には今までもこんな感じじゃない??

――ついでに 新しく消しゴムを変えたら変えたで 今度は
消しゴムが割れる(右図のように)という現状が新たになったり。
……これについては 何が原因だったりするのかしら。

気がついたら 良くわからない所から消しゴムに亀裂が走り
これが消しゴムをえぐり取ったりするおかげで
ボクにとって 消しゴムの消耗はかなり早い部類になるのではと。

と いうか そんなに消しゴムって亀裂が走ったりするものでしたっけ??
――小学校時代とかには もう少し持ちこたえてくれていた気がするよ??
つまり 使い方が悪くなったのか それとも単なる運の問題なのか。

……まぁ 予備校に入ってから そもそも文房具を使う機会が増えたから
あまり この速さについては議論するのも面倒になってきたわけですが。
最近のルーズリーフ消費とか なんだか申し訳なくなるほどの速さなので。
――そもそも その議論を始めようとすること自体おかしい感じですよね~



そう言えば 書いたり消したりとか言う話と言えば
何故だかわからないけれども ボクの場合 記述模試とかにも役に立つことがある
良くわからないジンクス? カン?  のような話があります。

ボクがノートなり答案なりを書いたりする時に
たまに 自分でも「あ なんだかこの文字綺麗にかけたな」みたいに思う
……ちょっと 自分でも感心できるようなバランスに落ちつくことがあります。

まぁ ボクの普通のノートの文字などは ちょっと癖字が強くて
「上手い」とはお世辞には言えないような感じだろうけれども
「下手だ」「読めない」みたいな評価はいただいたことが無いレベルなんですがね。

ただし そんな風に 自分でも納得できるような文字が書けた時には
何故だか 後になってその部分を消す羽目に陥ることが多々と。

例えば 数学の答案を書いている間に 「あ この『定理』のバランスいいな」
……と 文字のバランスを自画自賛して そのまま解答を続けた結果
なんだかんだで行き詰って 考え方を変える羽目に陥ったりね。

しかも 決まってこれを書き変えるきっかけは些細なものだったり
正直書いて どんなだったって思いだすのも恥ずかしい事も多いと。

ついでに 同じくらい多いのが 周りの文字のついでに消えてしまうこと。
――つまり その周りに誤字とかがあって それを修正するついでに消えると。
……なんだか 計算を間違えたとかそれ以前の意味でも悲しくなってくると。

まぁ 逆にここまでパターン化された流れがあるのだったら
今となっては「なんだか ちょっといい感じの文字が出てきた。
……この先 またはこの周辺に地雷が埋まっている可能性があるぞ?」
みたいな感じで 危険予知して なんだかいろいろ回避したりすることができるくらい
この 謎の虫の知らせを悪用できるように洗練されて来たのですが。

そのおかげで 模試の見直しとかも たまにめちゃくちゃはかどったりすることも
……とはいえども その虫の知らせ 当然のことながら全方向まではカバーしてくれず
自分のこのへんのミスを減らす事が最重要課題なのですが。

ただし こんな風にちょっといい感じに利用している今でも
それが終わった後に ちょっとむなしい気分に浸ることになる……
……のも かなりありましてね。  しょうがない事なんだけどさ。

それにしても 虫の知らせって不思議ですよね~
――根拠も何もあったもんじゃないのに なんだか~  みたいな。

自分 そこまで迷信とかを信じている達ではないと思うのですが
宗教とかそっち方面を完全に気にしなかったとしても
直感で行動することでどうにかなったり 虫の知らせが現れたり。

なんだか この流れでこの結論に押し込めるのも変な気がしますが
世の中 非常に良くできているような気がします。  様々な意味で。

TOP

母校⑦

2012⁄02⁄21(火) 00:00
アイキャッチこのような時のために あらかじめ用意しておいたものがあります。
――一応 思い出としては最悪なものと
なってしまった(直後の感想)高校生活ですが

……まぁ「お世話になった」と言う事実は変わりないので
ひとまず こんなもんか~  みたいな感じで
校内公開を「無断で」やらせていただきたいと思います。

このために 定期テストのときとか 割と行ったことがある
校内のあちらこちらの場所を回ってきたりしたわけなのですがね。

校舎昇降口
さて では まず 登校時学校を見上げた時の図でも。

――まぁ これだけ元の解像度が悪かったならば
特に 何もいじらなくても大丈夫な気がしたのですが 念には念を入れて
モザイク処理して 制服・誰だかわからないように……
みたいな 配慮くらいは示しておきましょうか。  一応は。

まず 「公立高校に通っている」と宣言していたボクの割には
学校が新しく見えるな~  みたいに思う方も多いかと思いますが
これは ボクが入学した年に 校舎を建て替えたということで。
――まぁ 築3年の建物と言うことになるんですね~  新品です。

だから まぁ 逆に書くならば学校の怪談みたいなおもしろい話は
全くなかった~  みたいなことになりますかね??

昇降口は 学校の校舎に囲まれた中にあります。
――まぁ 良いいい方にするなら ちょっと近代的な建物なのでしょうか。
新しい建物ならでは~  みたいな言い方もできますかね☆
エントランスグラウンド
さて この昇降口を撮影したところ。  まぁ 建物の下。
もっと詳しく書くならば 化学室の下になっているわけですが ここから見下ろした
位置にあったりするのが グラウンドですね~

ここでは 大体野球部やサッカー部の人が練習しているのが見えます。
猫おまけですが この辺には何故か猫が多いらしいです。
ボクにはわからない話なのですが 校舎が建てられている最中
仮校舎……と言えるのかもしれませんが その建物では
野良猫が学校に巣くっていたようで もっとたくさんの
”ナー君”がうろうろしていたみたいですが。

まぁ このへんは先輩方から聞き及んだ話と言うことで。

上グラウンドあと ここに出てきたグラウンドとは別に
校舎裏にも 表のグラウンドには大きさは劣りますが
それなりの広さを誇ったグラウンドがあったりします。

主に こちらではソフト部や陸上部の練習場らしい。
――で そのわきには テニスコート(人工芝)があるということで。

ざっと 外回りの画像を貼りつけてみたらこんな感じになるのでしょうか。



それでは ほかの設備についても追い追いやりますので。

TOP

現役生ってこんなだったっけ。

2012⁄02⁄19(日) 00:00
……結果的に掘り起こし記事。
本当に最近 書くことがないので。
――そして 学校ネタ続けるのに少し抵抗があったわけ←

それにしても 今見返してみると この一年でいろいろ変わりました。
――なんてのを この後 記録できるような立場になりたいな。
全ての結論を自信持って発表できるくらいにさ。

そして こんなの書いていた事なんて ソースの方 覚えていないだろうな……。




まこちさん(当時)がやっているのを昔々に見たボクは
まぁ 一応受験期ですし~  ということでやってみたのが始まりですが。

――まぁ 例によって バトンは随分保存しておくような人間なので。
……正直に このバトンがいつくらいに掘り返されるのか 全く考えておりません。

そもそも このバトンを書きあげているときに
自分がどんな精神構造をしているのか。  予備校に入って何が変わるのか
その辺も 全く考えずに書いているので
これを 後から掘り返してみたら その短い間に

「あ~  昔のおれってば……」みたいな感じで
かなり 凹むことも予想されたりするのですが……

まぁ これはこれで 個人的にはネタとしておもしろいかなとか思いながら。
――まぁ こんな書き方をしている時点で 自己満足??  って思われても
何ら おかしくないような気がする点については……。

……うん。  深く考えようとしてしまうのは ボクの悪い癖ですね。
何がともあれ 内容を書く前からうだうだ書いても何も始まらないし
とりあえず さっさと書くことにしておきます。



受験バトン

【Q1】今まで経験した受験の勝敗を教えてください。
高校受験→3勝0敗
大学受験→0勝2敗

……浪人中。

【Q2】一番嬉しかった「1勝」は何ですか?
全く予想だにしなかった成田高校合格の時でしょうか。
この時には ボクよりも周りの塾の講師の人が驚いていました。

――でも 後からよく考えてみると そこまで期待されていなかったって事?

【Q3】逆に、一番悔しかった「1敗」は何ですか?
ひとまず 展開的に考えていくのならば 神戸大学不合格……
……これをばねにして 来年挑んでいくわけですけど……

正直 これは必然だと考えてもおかしくないだろうからなぁ。

【Q4】小学校~高校まで、それぞれ得意科目・苦手科目を教えてください。
(/の左側が得意科目、右側が苦手科目)
小学校→国語・算数・理科・社会・音楽/特になし
中学校→数学・理科・社会・音楽/英語
高校→物理・化学・現社・音楽/英語・古典

段々悲惨な人間になっている気がするのは気にしない。
――思えば小学校の時は何もしなくても……。

【Q5】受験前、どれぐらい勉強していましたか?
高校入試→後でゆっくり書こうか。
大学入試→ほとんど寝ていた気がする←

【Q6】受験直前の偏差値はどれぐらいでしたか?
高校入試→60くらい
大学入試→そう言えば 偏差値確認していなかった。

【Q7】自分の成績と受験結果に、どれぐらいの差がありますか?
考えずにぶっ放しました。

【Q8】受験結果、そして今の自分に満足していますか?
……って 思える結果なわけ無いよね~
だって 普通に浪人生だよ?  今。

【Q9】このバトンを5人に回してください。
やりたい人はご自由にどうぞ。





ひとまず これを記録してみたのは 三月下旬ということくらいは
ちょっとした補足として書き込んでおきましょうかね。

つまりは 現役時代どんな勉強をしていたのか……という感想を
このバトンに沿った形であらわしてみたって事。

余談ですが この人のこのバトンを書いた直後に続いていたバトンは
「受験を終えた人」へ向けてのバトンだったりしたわけで……

……正直 只今進行中のボクにとっては
このへん 全く回答できるような内容では無かったな~  って事で。

……まぁ 特に 指定されていたわけでもなかったし
謝る相手もいないわけだから まぁ 聞き流してもらうとして。

こんな風に考えて ただでさえ考えても 高校生活
――まぁ いろいろと要因もあったわけではあるのですが――
いいわけしたくなるほど 全く勉強していなかったのかな……  というのが感想。

ただ単に書きならべてみると そんな感じになるのですがね??

確実に書けるだろう。  この勉強だったら受からなくても納得だと。
――正直に 小学校時代 何もしなくても なんだか勉強できたタイプだったので
この時からコツコツと努力を重ねてきた人間には どうしても追いつけなかったというか。

あの時 特に何もせずに毎日遊び倒しても
最終的な学力テストは 必ず90を超えて 100点だったりちょっとポカしたりくらいで。
――今となっては 全くこれも当てにならないんだな~  なんて思いながら。

あと 全ての元凶だと思われる英語という科目をとにかく恨みながら。




さて 後で書くなんて書いたので 面倒くさい話っぽくなりそうだな。
でも 面倒なのもアレなので 簡潔に書きますか。

あの時 秋までしっかり部活の大会が残っていたので(吹奏楽である程度勝ち進んでいた)
かなり 受験の時には(一応 進学校目指しましたし)必死な想いで勉強していて
もしかしたら 大学受験の時の努力の方が 高校受験の努力に劣っているという現実が??

やっぱり 部活で最後まで頑張っていた方が 勉強に奮起できるのでしょうか。

――にしても ボクが一年の時の結果はC部門で銀賞だったりしてたから
その後 ボクが卒業する年には 東関東大会に進める~  みたいな状況で。



元々 かなり吹奏楽が盛んな学校に行って かなり上の大会で頑張っている方にとっては
かなり 物足りないような結果に見えるのかもしれませんが
そこに至る伝説?を 自らの手で積み上げていったというのも
これはこれで 隠れる充実感に浸れるものという感じでしょうか。

このへん また 新たなネタとして書けそうだなとか思いつつ。
――ちょっと 時間が浮いた時にでもやってみるか。



何度か書きますが ボクがこの原稿を書いているのは去年の三月下旬。
――つかの間の休息……ではないですが まぁ そんな時期ですしね。



・追伸
にしても どう考えても現役時代のボクって 何も見てなかったよね。
偏差値とか テストの結果とか全く確認していなかったもん。
判定もEとかD溶かしかで無かった気もするし。

でも これはこれで良かったのかもしれない。
――理系の学校なんて かなり お金かかる部門だったりするしね。
(↑一気に俗臭いコメントになりましたよ?)


やっぱり 去年の勉強の内容などを考えても アレくらいでやったって
ぴーぴー騒いでいたのがバカらしくなってきました。
……現在においても まだ 受かるか受からないかは神のみぞ知るって状況。

……でも やっぱり 重ねてきたものは実らせたいよね!!!

TOP

母校⑤

2012⁄02⁄13(月) 00:00
高校生活を振り返ってみようシリーズ!  高三の科目編



さて 今の気分的には三年分は書かなくても良いんじゃね??  な気持ちと
一つだけ書かないのは気持ち悪いという気持ちが戦っていますが
――結局書いたということで 決着はつきましたが――まぁ そんな感じ。

何がともあれ 三年の記録をザざっと書いていこうと思います。
三年になると 文理がわかれたりするので 選択科目の数が多くなります。
改めて“・”が強制履修の教科  “※”が選択科目と言うことになります。

あと あまりにもパターンが多いので 選択肢の方は割愛と言う方向で。
――まぁ このセリフ 主に未来の自分向けになるのでしょうねwww
……だって 将来この学校に行きたいから見る人なんて そこまでいないでしょう。

……とはいっても あまりそこまで深い所まではかかわりませんがねwww

<高校三年生>
ひとまず なんの教科にも属さないですが とにかくキャラとして
「共学の学校だったはず」なのに クラスメイトが100%男子と言う
“素晴らしいクラス”に配属されてしまったのは はたして紙の悪戯なのか……。

・HR
一年の記録の方にも書きましたが この時と担任は全く同じということに。
まぁ 担任が一緒ということは そこまで珍しいことでもないのですが
個人的には 最悪の思い出を作り出してくれた“ありがたい担任なので”
いろいろと思うことはあったりしたのですが まぁ これについては……。

・現代文
一年の時と同じ先生です。  髪がロン毛です。  特徴それくらい。
とにかく 妥当な授業で安心していられましたねwww

……ただ クラス中がすべて理系なので かなり睡眠の成分多め。

※総合古典B
「古文:漢文=20:380」  これはこの教科の点数比です。
何度書いて 何度考えても「おかしいだろう」と言う考えしか浮かばない。

ひとまず 科目のコンセプトとしては「古典を読みこんで 受験で役立てる」ですが
国立を志望にいれたりすると「漢文」も確実に必要と言うことになりますが
もしかして ボクの学校って 私立に重きを置いて授業を進めていたのでしょうか。

今になってそのように思い出したりしたボクなのですが。  失敗した???

※政治経済
現代社会と似ているようで 感覚的には全く違う感じでしょうか。
日本史の記録を書いた時に近い事を書いたような気もしますが ボク
細かいこと――人の名前等も含む――を 覚えるのが非常に苦手な人間で
「主な歴史の流れ」くらいは把握できますが「掘り進める」と途端にダメになります。

まぁ 政経と現代社会なんて それの主たる例になりうるのではないでしょうか??

※数学ⅢC  ※数学研究Ⅲ
理系ですから。  まぁ この一年の軸となる教科でしょうか。
これは 人数が少ない方がやりやすいから……と言うわけではないと思いますが
まぁ 20人を割る人数での少人数制の授業だった感じです。

ちなみに これは定期テストの度にクラスの入れ替えがあったりしたので
この時には この授業を受けている人たちはピリピリするのがお約束。

※物理Ⅱ
なんだか Ⅰの科目は苦手科目だったはずなのに 気がついたら得意科目に。
ひとまず 点数が晒せる所として最高得点をマークしたのがこの教科。
この話を書くと 人間 馬が合えば何でもできるのではという気分になりますww

ひとまず ボクの場合は二次まで引きずっていく科目ですし 元々理科好きですし
とにかく「楽しんで」毎回挑ませてもらいます。  一番好きな教科。

※物理研究
センター対策。  何故だか 点数の方はあまり好ましくないのですが
まぁ これについては そのテストの時に言い訳なりなんなりを書いたつもりですから
ここでは 一応割愛するという方向で。  結果はどうなるのかしら。

ちなみに 物理Ⅱの授業と構成メンバー・先生が全く変わらないので
もはや ほとんどどうかしているような状況です。  テストは別だけど。

※化学Ⅱ
前の年に何を選択しているかによって かなり出来に差があるとかないとか。
まぁ ボクは「わりかし成功している」部類に入ってくると思うのですが
テストでは「上位にわりこんではいる」けれども 凡ミスが多いという感じ。

こちらは 割と実験室も多い。  まぁ 楽しいですよねww  実験。

・Reading
PC利用率が高い。  そして 割と雑学的知識も手に入るという科目。
……まぁ この流れで何を書いているのかとも思ったりするのですがね。

――ボクの特性について 真面目に相談させていただいたのはこの先生くらい。
あと 授業アンケートを取った向上心がある(とボクは判断した)先生は
この教科で教えていただいた先生だけでした。  だから公務員は。

・Writing
二年の時と一緒の先生です。  そして かなり真面目な感じの先生。
たとえるのならば 結局最後まで「授業で下ネタ関係のネタを降らなかった唯一」の人。
――逆に ほかの人がクラス内に男子しかいないということで暴走気味??

まぁ なんというか 自業自得な面もあるのですが 全く授業が分からず
とにかく眠かったという 今思っても後悔がかなり先に立つ科目です。
……本当にどうにかならなかったものか。  そればかりが頭をもたげます。

・体育
ほとんど二年の時と状況は変わりません。  持久走が無いくらい。



さて 授業内容は大体こんな感じで良いでしょうかね??
ざっとさらってみた程度ですが ボクにしては簡潔に出来たかな??

この後書くとしたならば…… 最後まで行かなかったけれども 部活関係とか??

TOP