水無月(in corona)

2020⁄06⁄01(月) 00:00
202006月
外出することもないのに毎月扉絵――正確には違うけど――になる
画を探すのは難しい。 いや、割とマジで。

というわけで もう何を起点にしているのかわからないレベルで
――とはいえ 一応自分で撮影した都内某所の写真を貼る。

ちなみに 私が先月一番目にした風景はといえば
今も目の前にしているコミケやら専門ショップで買った同人的タぺがかかった
デスク前の光景で これに関しては先月時点ですでに使っていますからね。

――まぁ 一応春っぽかったものを夏っぽいものに入れかえるなど
地味な模様替えがあったりしているのですが 基本的には
代り映えのしない景色ですからね。 仕方ない。



さて 先月末あたりに一応公式には非常事態宣言の解除などが
起こり始めた時期ではありますが だからといって
「はいそうですか」と悠々と出歩くことができる状態ではありません。

まぁ あのころと違ってマスクが市場に出回り始めたり
ちょっとずつ普段の暮らしが返ってきたのかもしれない、という
夢を感じさせる出来事はありましたが まだうかうかとしていられませんからね。

で 一昨日あたりにも書いた気がする近いうちに私が行動を起こしたい
――と考えているポイント。

つまり 自分の居場所を探す、という高位については
……この コロナの外出規制と真っ向から反する動きになるんですよね。

というわけで 目標を立てて早々なのですがなかなか実行する機会がない。

とはいえ この間にも「口先だけ」になることがないように
「外出できない分自分に投資する」ということは一応やっているつもりです。

それも 我ながら「そんなに金かけているのになぜブログネタにしていないんだ」と
往々に思いたくなってしまうようなレベルの額をすでにつぎ込んでいます。

というか 投資した効果が見られない、なんてもったいないこと
さすがにしたくないでしょう?  という 間接的な圧は一応、自分にもかけています。

故に、スタートするタイミングを待つのみなのですが――まぁこればっかりは
世間の動きを見ながらはじめなきゃいけないですね。 今は待つのみです。

TOP

11年

2020⁄05⁄30(土) 00:00
どうも、このブログも今日をもって11周年。

――去年の10周年までは数字を一つずつ追いかけて行っても
まぁ なんと言いますか「きりがいい」という感覚になれたのですが
二けたの数字を重ねてしまうと その後は一年たったとしても
そこまで大きな違いが生じたように見えなくなってしまうのはなぜでしょうか。

さらに 気が付けばこのブログ界隈もすっかりさびれてしまって
(少なくとも私の場合は)高校時代なんかは日常的にやっていた
ほかのブログの足跡訪問なんてのももう何年間やっていないのだろう……

といった感じになってしまっています。

まぁ そのころ知り合った人とはまたTwitterアカウントなどで
お姿拝見してみたりしておりますが あのころと比べて
私からリプを加える、というのはかなり難しくなっておりますし
「まだ見れているけど」程度の間柄になってしまった、というのは
非常に悲しいものであります。



まぁ キリが悪い、といいつつなんだかんだで
アニバーサリー的な日でもありますからそれっぽいことも書いてみましょうか。

コロナ渦で体感し、そして今から書きたいと思っている内容にも
どこか通じるところがあるのですが そしてうえでも書いたことでもありますが
そろそろいい加減に誰かとオフの場所でも絡むことができる場、というのを
用意していかないとまずいかな~  って思うんですよ。

とはいえどうせ いつもの自分の腰の重さは自覚していることもあるので
「言っているだけ」という展開になることも十二分にあり得る。」

――しかも このコロナの波。 まぁ 一応解除はされたけれども
過去の北海道の事例とかを見ていると解除されたからといってすぐに
嬉々として動き出すとより痛い目に合う、という未来も見えますから
結果的にいつから動き出せばいいか、というのもわかりません。

でも 何かしらの活動を始めないと本当に人間的にダメになる、
というのはやっぱりあると思います。

――まぁ ジレンマでいろいろ難しい時期ではありますが。
これに答えを見つけたい、というのがしばらくの目標になるかもですね。

TOP

令和一周年

2020⁄05⁄01(金) 00:00
202005月
基本的に前の月に何かあったイベント的写真から
月初めの一枚は選定しよう、なんて考えていたわけですが
こう コロナの外出自粛が続いたりしてみますと
貼るネタがなかったりするんですよね。

まぁ 当然といえば当然なのですが。
外出できていないんだもの、まず写真
手に入れることなんてできるわけないじゃない。


というわけで 困ったのっぴぃさんはとりあえず机の目の前の写真を貼ります。

普段はPCを開いてだらだらするための空間ですが
ここ最近のテレワークの流れの中では必然的に
執務空間となっているこの机前ですが。

――まぁ 残業が長引いたりして荒みかけている心も
こう ちょっと見上げてみれば自分の好きな空間で固めることができる

――という意味である種 自分のメンタルを支える一助になっているのかもしれません。



そんなわけで 本格的に家の外に出られない昨今、
本気でブログネタに困っているのっぴぃさんであります。

下手に自分の家の周りのことで記事ネタにできるわけもありませんから
なおのこと どこから話題をもってくるか、という点においては
注意を必要とするところであります……

というわけで 今月の基本的な目標については
「いろんな意味で日常を楽しめるようにする」ということ。

逆に言えば 家にいるからこそ今まで目を向けてこなかったことに
改めてスポットライトを当ててみようだとか 最近ご無沙汰になっていたものに
改めて目を向けてみよう、みたいな感じ。

幸か不幸か 仕事場からプライベート空間までの移動時間が
ゼロ秒という現在、通勤時間という――ある種何もできない移動時間が
極限まで削られた環境におります。

だからこそ この時間をどんなふうに使えるか、というのが
今月のブロガー人生を延命するために大きな意味を持つのでは

……とか感じちゃう。 今日この頃であります。

TOP

令和二年度、始動

2020⁄04⁄02(木) 00:00
202004月
今月の一枚はひとまず松山で
撮影させていただきました坊ちゃん列車。

――まぁ 乗ることはなかったけれども結構見るべき場所が中央にまとまっていて
「一般のノリで敢行するのであれば割といい場所」なのでは……?
みたいな感想が持ち上がっておりましたね。

そういえば このあたりでは「せっかくロッカーで石鹸買ったのに
それをコートのポケットに入れたままコインロッカー(帰ってこないタイプ)に入れてしまい
結局 買った石鹸を使う機会がなくなってしまった」という
かなりアホなことしでかしたりしているのですが……

お父さん、お母さん。 こんなアホな事ばかりしているけど、私は今日も、生きています。



さて 新年度となりまして これから私も社会人三年目となります。

……一応お給料もらってはいるのですが これ、自分でいうのも何ですが
「果たして私は給料をいただくレベルの何かに値するスキルを持てているのだろうか」

――いや、別に寝ブッチしている、とか言うわけではないですし
最悪お金がもらえることはできているのかもしれませんが
この後建設的に給料をあげられるような努力ができているのかな、
と考えてみたときに あまり胸を張れないことに気が付きました。

一応、自分の自由時間を使ってスキルの勉強をするなり
自分の商品価値を上げる努力をするべき、という正論な考え
さすがの私も忘れているわけではない、のですが。

やっぱりというかなんというか どうも気乗りしないというのが正直なところ。
――というより ぶっちゃけて言いますと仕事がまったく楽しくない。

……大方これ、私が仕事に乗り気ではないことにものの見事に直結している気もしますね……

というわけで私も考えた。 私が近々やるべきこと

……いや、やるべきといういいかたはちょっと誤解のある言い方ではあるのですが
つまりは「今の仕事が本当に自分のやりたいものなのか」ということについて
自分の胸に手を当てて考え直す必要があるね、ということ。

なんか 同期の動向を見ていると自分のやりたい分野とは違う仕事になったという人が
ちらほらと転職に手を染めている、という話も聞きます。

――私もそうするべきか、それとも今持っているものを手放さないべきか。
このあたりに本気で向き合う時が来ているのかもしれません。

TOP

27歳

2020⁄03⁄15(日) 00:00
どうも。 のっぴぃです。

この3/15を持ちまして無事27歳になることができました。
――こうして 大人になって思うことなのですが
誕生日になるたびに自分の年齢を誇らしげに言うことができるのって
いつまで続けられるんだろうな~ と思うわけです。

まぁ 還暦をはじめとした ある種吹っ切れた年齢であれば
相手によっては堂々と宣言できるとは思うのですが
やっぱり 大人になるとこの手のお祝いからは縁遠くなるんですね。

……まぁ こうして宣言できている時節、その時期はまだだなと自覚しておりますが
なんとなく その大人心がわかってきた気がする、今日この頃です。

さて そんな今年の誕生日はどこで過ごしていたかといえば
――先日こちらで書き初めまし多四国一周旅行の真っただ中というね。

そういえば アラサーになった25歳の誕生日も北海道一周旅行の真っ最中
――函館のとあるホテルで迎えたんでしたっけ。

旅好きという性分故案外珍しいことではないのかもしれませんが
なんか これはこれで自分らしいものなのかな~  と思う今日この頃。

……まぁ 今回の期末のドタバタを体験してみてしまうと
三月生まれって自分の誕生日をゆっくり祝うことが
基本的に不可能なのでは?  と思えることもあるのですが……



さて 27歳に向けて抱負的な何か言えることがあるかといえば……

ちょっと 自分に向けた投資というのをやってみようかなと思います。
まずは 自分がどのようにみられていくのかを意識してみたい、と。

このご時世、どうもほかの人とあったりする機会はありませんから
ならば 徹底的に自分と向き合ってみて 一人で磨けるものを磨いていく、
というのも 大きな選択肢なんじゃないかな~  って思います。

というわけで 実際に初めてみたものもあるのですが
これに関してはブログでどうするかとか言うのも難しいし 紙面も少ないのでこの程度まで。

大人になるとしゃべれなくなるものも増えてつらいよね。

TOP

令和元年、年度末。

2020⁄03⁄01(日) 00:00
202003月
二月にはちょくちょくとゲレンデに行く機会がありましたが
すでにこの間にも「雪不足で
今シーズンは終了します」という表明をした
スキー場がちらほらと聞こえてまいりました。

どう考えても早すぎです。

ついでに ニュースでも「今年の記録的な暖冬」の話やら。
……何というか 前統計的に近年20年間の冬の平均気温のグラフを
見せてもらったことがあるのですが
今年の冬は圧倒的な外れ値を引いていましたよ。


まぁ 一年だけほい、と暖かくなることはまれにあるかもしれませんから
今 あわあわとするのもどうかな、と私は思います。

……地球の歴史なんて長いんだし、氷河が地球上にあった時間のほうが
地球の歴史の中では短いんですよ?

――あくまでも有史で特異な出来事と地球全体の歴史の中で特異な出来事が
どうであったのか、というのをごっちゃにしないように気を付けたいものです。



という 我ながらやたらに壮大な話を書いてしまいましたがまぁ 今年も年度末です。

なんというか 仕事も佳境に入るのか入らないのかよくわからないシーズン。
まぁ のんくらりとできることをこなしていきたいなぁと
ゆるゆるととらえております今日この頃であります。

あと 一応ゆるゆると続ける意味があるのかわからない
――いうなれば 損切をしなければならないこともあることにはあるのですが
なんというか この手のお話はどうもこちらでは書きにくいものですね。

まぁ とにもかくにも 今月は否応にも「世渡り」を意識して
行動しなければならない、選択しなければならないことが多くなりそうな予感。

そんな岐路に立った時 どっちつかずの立場になって
「二兎を追う者は一兎をも得ず」という展開にならないように。
自分の選んだ道にしっかり責任を負うことは忘れないようにしたいものです。

大人になってからわかったことですが 意外とこれができない人が多い。

そして 自分の負うべき責任を他人に押し付ける人もすごく多い。
……自分の力量はしっかり図っておきたいものですね。

TOP

令和二年、如月

2020⁄02⁄01(土) 00:00
202002月私は今 猛烈に感動をしています。

――というのも(まぁ きっかけ自体も私自身ではありますが)
あれほどため込んでしまったブログの上での債務を
なんだかんだで一週間程度で返し着ることができたからです。

ついでに言えば 「いつでも投稿できる特に旬もない雑談」やら
一部スクショ――食い物系――なんかはまだ 記事にすることなく
ため込むこともできているので 一応記事ストック的な意味でいえば
ちょっとばかし余裕をもってこの負債を返すことができたかなぁと。


まぁ これも時期がよかった。 何も考えなくても今までの慣習上で
勝手に記事がまとまる時期でもあった、というのが大きいでしょう。

あとは ちょうど直前期に艦これのイベントやっていたこととかね。

まぁ こんな負債を抱えた時期にブロガー的な意味で
非常にありがたい時期ばかりが続くとはさすがに考えられませんから
この先もまぁ ぼちぼちと同じような目に合うこともあるかと思いますが

……なるだけ、こっちに定期的に顔出せる心持は残したいな~
――まぁ そう言っても無理なんだろうけどね。


さて 今月の自分の目標、ということを考えてみますと
――一部まだ続いている――私のタスクを埋めてしまうような
目の上のたん瘤的な問題と向き合っていくことを念頭にしたい感覚。

……そんな意味では いつまでにこれをやっつけるのか。

――そして その優先順位をどんなふうにつけていくのか
真面目に考える時期にしていきたいと考えています。

まぁ それに加えて現実は「衝動的に前もって計画建てていた優先順位に先んじて
思わずやってしまう事柄」というのが私の場合はよくあるので
この事案との向かい方も解決を見出したいところであります。

そのためにはやっぱり 似たような目線で物事を観察してくれる仲間を
どうにかして獲得しなければつらい――なかなか自分の姿というものは
自分で見ることが難しいものですからね――ということで。

……やっぱり、人と積極的にかかわりに行くのが一番今必要な事なのかなぁ?

TOP

帰ってきました。

2020⁄01⁄20(月) 19:32
どうも、お久しぶりです。のっぴぃです。

先の師走から相当忙しく――どちらかというと
プライベートでやらなければならないことを
ものすごく書き溜めてしまった感がありまして
その影響でしばらくこちらに顔を出すことができませんでした。

この先社会人ということもあり 修羅を潜り抜けなければ
ならないこともあるかと思いますが
そんな時期になってくるとまた 今回のように
雲隠れするようなことがあるかもしれません。

……それでも、何とか後の帳尻合わせはうまくいくようにしていきたいものです。



――というわけで こんなことぬかしておりますが
一応、頑張って先の一か月は穴埋めしていきたい……と考えております。

幸か不幸か 一応直近の一か月を振り返ってみたときに
年末には毎年恒例でした「一年を振り返る」同じく年始には
「今年をどんなふうに過ごしたいか」みたいな抱負を語る回が
毎回挟まっておりますし、まぁこのあたりをうまく使えば……

いい感じに記事の数を稼ぐことができるのではないか、と
若干せこいことを考えております。

まぁ 正直こいて今もこのような元凶になった忙しさというか
ノルマ的なものは目の前にちらちらと見えているのですが
……まぁ さすがに何とかしながら頑張っていきたいところです。

また 今日こんなテンションで書かせてもらっていますが
もしかしたら この穴埋め記事では「さもしっかりその時期にも
こまめに日記かいていました」的な体で過ごすこともあるかもわかりません。

そのあたりは笑って見逃しましょう、そうしましょう。

まぁ そんな独り言かいていても恐らく誰も見ていないからこそ
深いこと気にする必要もないのかもしれませんが。

TOP

令和二年、睦月

2020⁄01⁄04(土) 00:00
まだ年も始まったばかりで「2020」という数字を打つのに慣れきっていない今日この頃。

――今までは手癖で「201」までを打ち込むところまでを指が覚えてしまっていたので
今の「202」までしっかり打ち込むところまで体に覚えさせるのに
ちょっくら時間がかかりそうな気もしないでもない。

さて 三が日も終わりましたので素直にブログ上の今月の目標、というか
その見通しあたりを立てていこうかと思います。

……まぁ、去年年末にかまけていた分をさっさと取り返すこと。
これが今月の全体的目標として掲げて問題なさそうですね。

ここでいうかまけていた分、というのはそれこそ今現在(急にのっぴぃさん時間軸)
大急ぎで過去書ききれていなかった一か月超分のブログ記事をねん出する作業であったり
コミケでさんざん買い物した結果できた戦利品をしっかり飾るなり本棚なり
コンテナなんかに格納していく作業諸々を差します。

考えてみたら それらを実施できていない、ということで それに準じて
まともな掃除機掛けがここ最近できていないということにほかなりませんから
衛星的で文化的な生活を取り戻すためにはこの手の作業を
さっさと終わらせてしまう必要があるわけです。

――まぁ 今までのお話の中には書いてきませんでしたし
私のここ最近の時間を奪っている原因の中でおそらくしばらくは
こちらにオープンにしないような話もあるわけなのですが

……特に ここに欠けないものに関してはこれからしばらくの間
私の脳のメモリの裏のほうで常に走り続ける目の上のたんこぶ的な
存在になってくるのではないかと思います。

……まぁ これらに意識を完全に奪われないようにしつつ
ある程度のタスクをしっかりこなしていけるように頑張っていきたいものです。


まぁ 今回のように記事をその時すぐに用意できない、ということ
例えばこれからお仕事が修羅になった時など まぁ 定期的に表れることもあるでしょう。

そんなときも 後からさかのぼってでもなんとかして
やるべきタスクがひと段落ついた後にまた 埋め合わせを頑張れる。

その程度のブログ魂は絶やさないようにしていきたいものです。

TOP

令和二年、今年の目標②

2020⁄01⁄03(金) 00:00
そういえば 去年のうちに語ることがなかった話でもあるのですが
去年は「令和元年」と 平成生まれだった私にとって初めて
「○年」のところに漢字を書くことなく元号が書ける時代だったわけです。

――何というか この「しょうもないことに感動」を覚えていた去年中~後半。

……人によっては「何そんな些細なことで」などと思う人もいるかとは思いますが
この手のちょっとしたことに感動できる気持ちと好奇心は
忘れないようにしたいなぁ、と思う今日この頃です。

それを想えばもっと心を込めて「元年」と書いてくればよかったなぁと。



さて そんな過ぎ去った話はいいとして今年立てたい目標の二点目です。

・身の丈を知る

自分の力を知り、自分の助太刀できることは助太刀をし、助けが欲しいときには
妙な見栄を張らずに素直に助けを求める。

そのためには自分の力と今にしっかり向き合うことが大切です。
――ということを考えると 何をやろうとするにしてもやっぱり
身の丈をしっかり測るために自分と見つめあうというのも必要だと思います。

――特に 今年何をするにしても「試しに」やってみるというのであれば
この類の目標を掲げないわけにはいかないと思うのです。

これに関して一つの小目標も付けました。

 -自らの市場価値をあげる
  
  せっかく自分の身の丈を測るのであれば その結果が
  自分の望んだものに比べて低かった時に ちょっとあがく努力はしないといけないかな
  ……などと思いまして。

  去年は漠然と「私を見限った人に公開させるような人間を目指す」などと
  霞をつかむようなことを申しておりましたが 実際に市場価値をあげておかないと
  本当に悔しがらせることなんてできませんからね。


兎にも角にも実際にやってみないと。 それが今年の目標の大前提。

TOP