木目月

2018⁄02⁄01(木) 00:00
大学02
前にもどこかで書いたような気もするのですが
そろそろ 「大学生活の思い出」みたいな感じで
自分がいろいろと見慣れていた大学での景色とかをまとめて
適当に記事作ったりしていきたいな~  とか考えています。

まぁ そのための動き出しというのがすでにちょっと遅かったようで
「学生がいない時期には休業」しちゃうような場所もちらほらあったようで
そこらの「行き納め」というのをしそびれた場所もあったようで。

……何というか すでに学部生の間ではテストも終わって春休み、
という人も結構いるようで もうそのあたりの人たちとも
かなり違う生活送ってるな~  という認識を新たにしている次第であります。




というわけでのっぴぃです。 今月は修論提出してそれの発表して
その合間に提出した論文の査読に合わせていろいろと微修正をして
――という 割と今月前半の動きに関しては決まってきているのですが
残念ながらその先の動きに関しては未定。

……何というか 社会人への突入と同時に
「どうせは会社の操り人形」という現実を見せられているようで
結構頭が痛くなっている今日この頃であります。

さすがに ある程度はもうわかってくれないと
引っ越しにどのくらいのお値段がかかるのか想像もつきませんし
新生活に向けて新しく買うものは何かとか
どんな予算を想定しておかないといけないかとか

――まぁ いろんな意味で未来が見えてこなくて恐ろしいわけであります。

まぁ 大学のほうから指定されている日程的には
今月中旬に発表日時が終わった後は 一応卒業式まで
スケジュール的に直接の拘束はない感じですが
まぁ その後にある四年生の卒業発表に茶々入れる程度の仕事はしないと、
ということを考えると 今月いっぱいは少なくとも神戸にいることになるでしょう。

そのほかにも スケジュール帳には書かれない
提出した修論の修正とかの日程を考えると
――一応 3月の家賃まではしっかり払って行くことにはなるのでしょうか。

うまくいけば 一か月分の家賃、浮かせられそうな気もするんですがね。
――そのあたりの時期に動き出せていたならば
割と引っ越し代金とかもうまく抑えられそうな気もするのですが。

まぁ でも その後にも神戸で仲良くしてもらった人と
顔合わせしたりする別れの行事とかをしっかりこなしていくのであれば
このあたり 「あまりにも急ぎすぎる」というのも
結構悪いことのような気もするし結構悩みどころですね。

――何においても 未来の予定が決まらないというのは難しいものです。
基本無計画な私には言う資格ないのかもしれませんがね(汗)

TOP

臨機応変・七変化

2018⁄01⁄03(水) 00:00
とまぁ そんな感じで「変化」が起こることは必須の今年。
まぁ 「一年を大きく見て目標を立てる」というのがちょっと
非現実的かなぁ~  と思う部分もありますし
まずは 大学院卒業を見据えてそれまでのできることが何かないか~

みたいな目標を一応立てていかないといけないですね。
……というわけで とりあえずは「今月の目標を」という
毎月の月初め記事恒例っぽい話題でも。

まぁ スケジュール帳を確認した限りだとすがすがしいくらい
今月は「さっさと修論書かねばあかん」案件なわけです。
――なお、来月は「発表練習頑張ります」って言います。 予言。

というのも 一応論文の提出期限が来月頭になっていることもあり
逆算するとそうなる、ってだけなんですけどね。

そして 年が明けたからといって研究に対する無力感が
消えているわけではない、というのがまたかなしいところでありまして。

というわけで 「自分の煮え切らない気持ち」と「現実」との
折り合いを以下につけていくべきか……というのがしばらくの目標となります。

――などと書いてみるものの さらに書いていくのであれば
今のうちから3月にあるだろう引っ越しをどうするべきかを
考えていかなければならないという問題も抱えているわけでありまして……

例えば そろそろ「引っ越しの見積もり」あたりは
出せる場所があれば探しておくという作業は始めておいたほうがいいのかもしれません。

……ということも考えながら 「先を読んだ行動」を心がけられたら
――というか そんな余裕があるのかがはなはだ疑問なわけですが――
みたいなサブ目標も一応掲げておくことにしましょうか。


さて そんな背景もあることですし今までもそうでしたが
今月は特に「逐一毎日投稿なんてやってられっか」問題が発生するでしょう。

――まぁ こんな状況でもありますしもう「毎日投稿ブログ」と
表立って私も宣伝するつもりはありませんが できる限り
――例えば集中が切れたタイミング等――でまとめて
記事を大量投下するなりして「毎日投稿相当」のブログは
頑張って目指していけたらな~  と考えている次第であります。

まぁ 先が見通せない今年は臨機応変に自分の目指すべき目標点を
決めていくことが結構多くなってくるだろうと予想しているのですが
この三月までの「大学院生の最後」というのは
そのあたりの手続きをうまく進めていくいい練習になってくれるのだろうか

……と 思ってみたりしている今日この頃であります。

TOP

2018年学業納めへ

2018⁄01⁄02(火) 00:00
記事を用意するときの年度表示を「2017年」と間違えて入力しなくなるまでは
自分の中では年を越した、という実感を本格的に感じないんだななどと感じる
新春の某日ののっぴぃさんでございます。

一応 今年は平成30年ということは――まぁ 比較的覚えやすそうではあるものの
なんだかんだでしばらくは 書類とかに絶妙に誤字った形跡が残る
年数を記入したりすることになるんだろうな~  と考えております。



というわけで 新年お約束の目標やら目標的意味での
積み残しとかを思い返してみよう規格の続きになるわけですが
そもそも 今のところはまだ(一応)まともに社会人になると
「確約」できているわけではないんですよね。 残念ながら。

――まぁ、四月までに死んだら、とか物騒なレベルまでいかないまでも
修論をまずしっかり提出できなければ胸張って社会人になれないではないかと。

一応 去年の年末の時点で修論の申し込みをはじめとした
事務的手続きはできている(はず)なのでそこを気にしないにしても
まず 提出すべきペーパーが完成しないわけには何もできないわけです。

というわけで 「臨機応変に立ち回る」前に「やることを終わらせる」
というのも 今の私の前に積まれている大切なお仕事になるわけです。

……といっても その修論の提出日というのも意外ときっぱくしておりまして
自分が思っているよりもパパっとこのあたりをオワラセナイト
まずいことになりそうだな~  などと思っているところもあります。

そもそも もうこれからデータを増やす――ということは 不可能ではないでしょうが――
なかなか現実味を帯びておりませんので 少ないながらも今私が
持ち合わせているデータを活用してどれだけ「ぽい」物を作れるか
これからの自分の筆にかかっているといっても過言ではないでしょう。

まぁ 我ながら「盛大な大失敗の産物である」という烙印を
既に押させてもらっているわが修士論文なれど まぁ いろいろと
ごまかしながらやっていけばいい感じになってくれやしないかね?

……みたいな結構甘っちょろいこと考えているのですが実際どうなのでしょうか。

まぁ そんな自分へ――そして一部は指導教官へ?――の怒りと焦燥と
それが枯れ果てた悲壮感が多大に漂っている私の研究。

……一応 私の「学生としての成果の終着点」といえるものになるわけですが
それが背負ってる背景に私今 結構悲しいものを連ねたな~
と思い それがちょっと心残りになっている点であるのかもしれません。

……ひとまず そんな意味でこの一か月はいろいろと「燃えカスの灰なれど
無理やり強引にそこに火をつけていく」という作業が
しばらく続くんじゃないかな……と思われますので声援よろしくお願いします←

TOP

2018迎春

2018⁄01⁄01(月) 00:00
すこしばかり年始の準備に手間取ってしまったところがあったりしますが
とりあえず 時間が作れた時に頑張って更新をしていきたい
――という 気持ちだけは大切にしていきたいと考えています。

というわけで 本年も明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

というわけで 年末年始は今年の抱負とかそんなベクトルのお話を
思いつくままに乱舞させる、というのが毎年のスタンツなわけで
今年もそんな方向性で頑張っていきたいと思います。

――まぁ そんな意気込みでやっていたら去年は「就活がどうこう」一色で
結果的に大爆散しているわけですから ここで意気込んだところで
結局は……みたいな感が否めないわけですがね(相当引きずってる)


さて そんなわけで今年のまずスケジュールから考えて
どんな感じの年になりますかと聞かれたらものの見事に社会人一年目。

……いろんな意味で私の生活ががらりと変わる空気が見えております。

正直に言って 自分の生活がこれを境にしてどれほど変わるのか
――幼稚園から小学校、小学校から中学校(以下略)の切れ目以上に
何がどう変わるのか変化が全く見えないというのが正直なところ。

まぁ 「学ぶ立場」から「稼ぐ立場」みたいに変わるという
世俗臭い言い方もできなくもないとは思いますが
とはいっても新卒一年目はほぼトレーニングといっていいでしょう。

――要するに どうあがいてもお勉強の年になることは間違いない。

まぁ そんなこんなのもろもろを加味したうえでは
今年一年は「臨機応変に立ち回れるようになりたい」というのが
第一目標になる、ということが言えるでしょう。

社会人になった後「社会人とはどんなものなのか」という点から
正直なところいまいちよくわからない部分もありますし
まずはその目標点をうまく理解するところ。

そして それに向けてどんな行動を積んでいくべきかということを察するところ。

まぁ それ以前に私の内定した仕事と今の勉強内容は
ほぼ全く関連しない技術が求められますので そのあたりをどうするかというのを
逐一現実を理解して うまく立ち回っていけるようにしていきたいところです。

このあたりを臨機応変に問題意識をもって取り組んでいくというのを
今年一年間それなりの目標にしていきたいな~  と考えています。

そんな意味で 今年の目標「臨機応変に立ち回る」としたいとおもいます。

TOP

2017年総括

2017⁄12⁄31(日) 00:00
そういえば 気が付いたタイミングでこんな記事書いているからここに
――リアルタイミングでは「今更?」ってタイミングかもしれませんが――
書かせてもらうのですが この日記のジャンル別の記事のほうでも
徐々に 1000記事積み上げたものも持ち上がっていたようで。

今月初めの記事で雑談1000本目だったようですが そういえばあそこで何も書いていなかった。

年末大みそかに挙げる記事内容ではないような気もするのですが
月初めのタイミングでやりそびれたおしゃべりを晦日にしりぬぐいするのも
それはそれで一興なのではないかと考えてみたりする今日この頃。

――だからと言って何があるというわけでもないんですがね。
……適当なしゃべり始めの合図くらいにはなったんじゃないかな。


というわけで 今年は年男として一年を過ごしてきたわけですが
簡単に今年一年間をまとめてみて一言で表せと言われたならば
「敗北の年であった」と言い切ることができると思います。

――こう書いてみると本当にまともな年男じゃないなぁ、と自虐したくなるものです。

――まぁ、将来的に考えてこの決断が英断に変わる可能性を捨てきるわけではありませんが
今まで私が小学校時代から積み上げてきて こつこつと固めてきた信念が
社会人として生きていく中では全くと言っていいほど
必要とされていない分野の物であったということを知ることができた

――まぁ、それが道に反しているものであったのであれば更生していく必要があるものなのかもしれませんが
おそらくそんな部類の物でないであろう「一人黙々と続ける努力」というものの
社会的評価をこれでもかというほど味わうことができた

……そして そのあまり好ましくない結果を目の当たりにすることができた。

これは私の今までの信念と「勉強」の集大成の敗北といった差し支えありませんでした。

まぁ ここで学んだことをこの先どう生かしていくのか。 ――これを転じて
人生勝ち組になれたのならこの上ない精巧なわけですが そこまでいかないにしても
これをどのように前向きにとらえなおして再構成していくのか。

このあたりがこの先の人生を美しいものにしていくにあたって大切なことになりそうです。

むしろ「勝ちっぱなしじゃなくなったことで人に深みが出た」と
評価されるように転じていきたいなぁと思う今日この頃だったりします。

……まぁ、結局まだ直近へのテンションとして考えてみたときには
全くと言っていいほど立ち直れていないわけですが そのあたりはそれということにしておきます。


そんなわけで今年2017年も終わるわけですが来年が私にとっても
――そして、万が一この日記を見てくださっている方々にとってもいい年であることを祈りつつ
本年の日記を閉めさせてもらおうと思います。

TOP

極月

2017⁄12⁄01(金) 00:00
201712月
何というか 先月は自分でも驚くほど全く動く機会を与えられないで
正直 記事の中にも画像が全く出てこなかった、というのは
それが本当に外出機会がなかったからと言い換えることもできます。

というわけで それ以前にあった嵐の後の
竹林の小径の画像を出しながら
「就活という嵐が過ぎましたがこの先も竹のようにしなやかに」云々
みたいな文章を書くように見せながら
そんな画像でも張り付けておきましょう。

……まぁ、実際問題は先日の学会記事参照してみる限りですと
私の勉学に対するモチベーションはこの就活という嵐の中で
ずたずたにされたとしか言いようがなかったわけですが。 ……戻るの? これ。



というわけで 2017年もとうとう最後一か月となりました。
――何というか 今年は波乱万丈な一年に私にとってはなったみたいですが
一応あと一か月分もあるし〆る文章を作るにはいささか早いでしょうか。
(といいつつ もうしゃべれる部分から年末記事は作り始めているのだけれども)

そんな感じのことを書き始める12月月初め記事です。

まぁ これから先に待ち受けている予定的には
やっぱりというかなんというか 修論に向けたあれこれが
そろそろ本格化してくる時期になってくるわけで そんな意味でも
いろいろと忙しさが増してくるような気がしております。

それと同時に 例えば引っ越しの手配など 早めに用意できるところに関しては
気持ち早めに動き出してもいいのかもしれないと思っています。

……まぁ 繁忙期になることはわかっていますし
引っ越し業者もなかなか直前には見積もりだしてくれないでしょうからね。

そんな意味でも 12月あたりにできることならばいくつかの会社での見積もりと
どんなスケジュールで移動できるのかどうかみたいなあたりは
抑えられたらうれしいなぁという願望も混ざっています。

それに交じって まぁ 大掃除の季節、ということもありますし
ちょっとは物をすっきりさせないとなぁという意識は持っています。

具体的にはまだ捨てていなかった就活関連のパンフレットは
いい加減何とかしないとまずいなぁと思っている節であります。

後は 個人的に楽しみで仕方ない空気を心の中で醸し出しているのは
今月末(年末)恒例の逆三角建物での祭典に遊びに行くことですが
まぁ これはいつものように歴戦の勇者の使い走りポジションで
自分の分いい感じでおこぼれもらえないか画策していく

……みたいな感じなので あらかじめここに書いておくことはあまりないでしょうか。

そんなわけで 手続き的には「師走」って感じの展開になることが予期されますが
適当にこのあたりのスケジュールこなしながら日々忙しいだろう社会人の
予行練習をこなしていきたいな~  と考えている今日この頃であります。

TOP

凋む月

2017⁄11⁄01(水) 00:00
201711月
とりあえず 今月11月も今までと合わせまして
それなりに研究発表を
頑張らないといけない月というわけで……

……まぁ ちょっと書くこと多そうなので
前書きはほどほどに。




まず 本記事は3333記事目、というキリ番になります。

――まぁ、その記事番号だけで盛り上げてみようかとも思ったのですが
もうほとんど読者もいないブログでお祭りやっても
虚しさが半端ないことになりそうなので見送りました。

それにしても 結構頑張って書いてるな~  とは思います。
「文字の量」だけで考えれば相当量書いていますからね。

ただ これを見る側としては合わせて「文字の質」を高めてほしいというのは
おそらく思われていることになるんじゃないかとも思うわけでしょうが……

う~ん。 なんかここまでやってしまうと「今までやってきたスタイルを変えるのが
むしろ負けた気になる」とかいうよくわからない意地が出てきてしまって
何とも、みたいな感じになるんですよね……

何にしても 「何も考えないで書き込める」から
気軽に作文に取り掛かれるわけで「ここの文面が読みにくいから直さなきゃ」とか
逐一考えてみたらさすがにやってられないな~  という気持ちが大半なわけで。

とりあえず これに関しては自分でも注意していきたいですが
基本スタンツで「何も考えてない空っぽのたわごとの書き溜め」という物を
意図的か否かかかわらず 貫いていくのではないか、と思います。



あと この書き方に類するものもあるのですが
今までかけていたブログのカギのほうを再度解除いたしました。

――まぁ 先月前半でやっていたことなので この報告
少々遅すぎたのかもしれない疑惑が自分の中でもあるわけですが……

――というのも 自分が思っていた以上にこの鍵が強固だったようで
「ガチで誰も見れない状況」になっていたようで
さすがにこれはやりすぎたかなー  などと思った次第。

といいつつ 自分の「何も考えていないがゆえの情報漏洩の蓄積」

――まぁ 一つ一つの情報は些細なものでも
それをピースにしてくみ上げた情報が結構まずいことになっている可能性が
結構個人的に怖いものが大きく手ですね……

今でもこのあたりでちょっと個人的に考えている部分であるのですが
まぁ このあたりの山嵐のジレンマのような問題は
おそらく ブログを持っている以上ついて回る情報だと思いますので
ちょいちょい注意していかないとなぁと感じております。

TOP

大月

2017⁄10⁄01(日) 00:00
201710月
どうも我ながら 「前の月で用意した画像で毎月一日の画像は補完する」
とか宣言しておきながら 8月の話題からぶっ放しておりますが
正直なところ 地質系の学部卒業しているものとして
やっぱり 景勝地の山中に突貫した時の話題ってなかなか思いつくものあるわけで。

……何というか これ使わなかったことを多少後悔いたしましたので
しつこいですがこのあたりのネタを掘り起こしてみようと思いまして。

――というわけで 先月に引き続き黒部の一風景。
……もう 秋ということで今この場面見に行こうと思ったら
いろいろと葉っぱの色とか変わっているのかもしれないなぁみたいな
情緒を軽く意識したコメントも漏れてくるのかもしれません。


さて 本日の作文はなんか気が超早まっておりましてまだ九月も頭に書いております。
――まぁ そのあたりも画像の折からのネタになっているのかもしれませんが。

とりあえず このころの記事作成をしながらふとこのブログに関して思ったことありまして。
――そろそろ「言い訳なしでの毎日投稿に戻さないか」と。

まぁ 就活中でなかなか忙しかった時期に関しては
やれ夜まで手書きで履歴書書かねばなんやらでいろいろと
言い訳しながら 先の記事を書かないことに関してコメント少な目で通してきたのですが
さすがに そのあたりも言い訳としてどうよ、と思い始めたのですよ。

まぁ 先月の頭は8月中旬からやってきた艦これイベントのスクリーンショットで
大量の記事を予約投稿する準備が済みまして 幸いなことに
2週間程度は記事ネタをまともに考えないでもなんとかなったものなのですが……

まぁ まじめな作文を毎日書くのは無理。 これは自分が一番よくわかっています。

良くも悪くも私の売りは「駄文を即毎日書けること」だと思っているので
(需要がないのは百も承知ですが)やっぱり自分らしさを取り戻すためにも
この時作ったリードをうまく使いながら 先々の記事更新みたいなのを
うまく続けていけたらいいんじゃないかな……などと。

ただ 実際問題研究室と家を往復 もしくはそこでできた課題を
自分の部屋でPC開いて黙々とこなしていくだけの日常をしておりまして
結構記事のネタを引っ張ってくるのも苦しいものになっているというのも事実でありまして。

いかにして そのあたりの問題を解決していくかが大きな課題となりそうです。

また、結局鍵かけたままだと「誰かにチェックされている」という
緊張感のようなものがまるっきし欠けてしまうということも言えますので……
……やっぱり鍵、解除するべきなのだろうか、みたいなことも考えてみたり見なかったり。

まぁ 自分のブログの中で「むやみにアクセス引っ掛けていた記事」あたりを
鍵残すみたいな処理してから もう一度全世界に門戸を開けてみるのもいいかも知れません。

――どうせ、門戸開け放ったところで誰も見る人いないんですから←

TOP

紅葉月

2017⁄09⁄01(金) 00:00
201709月
単純に黒部でトロッコ乗ってた~  ってしゃべっていた時の中身で
しゃべり忘れていただけ、というのもあるのですが
トロッコ発車直後、宇奈月温泉のとある旅館で
トロッコに向けておかみさんが
ずっと手を振ってくれていたんですよね。

……見えますかね。 テラスに和服美人。

まぁ 自分がそこに宿泊していたとかそんなわけではないですけれども
こうして手を振っているのを見ると車両内で話題にもなりますし
ついでに言えば そのトロッコの位置取りに合わせてしっかり
手を振る方向も変えていたりしているわけですよね。

まぁ、知らない人のそんな一挙手一投足で単純な人間は
なんかうれしくなってしまうし、妙に記憶に残ってしまうわけです。

なんだかんだで自分も就職先が決まりまして
大方、たぶん、おそらくはその会社のほうに行くわけです。
そして その会社で何かしらの者を生産し、糧を得る。

やっぱり 仕事というのは人の役に立つ、喜んでもらえるものを作ったり
サービスを提供していくわけでありますから
こんな些細なことでも喜んでしまう自分の気持ちとか
逆に同じような体験を他者にも提供できるためには
どんなことができるのだろう、みたいなことも
ふいに考えてみてもいいのかもしれない

……みたいな ちょっとあの時に撮影した一枚の写真で
軽くナイーブになってみるのっぴぃさんでありました。



そんなわけで 九月に入ってまいりまして――一時的なのかも知れませんが――
朝夕に関しては何とか涼しさのようなものを
取り返しつつあるのかもしれない陽気を感じております。

まぁ 過ごしやすくなってきたというのであれば
「勉学の秋」とも言われているその時期を有効に活用すべく
研究活動をもっと進めていく――べきなのかもしれませんが。

何というか 就活のあおり、そしてそこで全くアピールがアピールにならず
かえって悲しい結果を引き起こすトリガーの一つともなったということもあり
現状も続いている勉学・研究へのしっけた気持ちが現在進行中であります。

まぁ 卒業単位を取得するためにはやらないといけない
そこそこ重たい行事が今月中旬あたりに一つ落っこちているのですが
それに向けていかに気持ちを盛り上げていくか、というのが
目下の課題といったところでしょうか……

……何というか 最近「最低でも卒業できればいいや」とかいう
極限まで下がっているモチベーションに自分でも驚いているんですよね。

……モチベーションって、大切だなってひしひしと感じる今日この頃であります。

TOP

燕去月

2017⁄08⁄01(火) 00:00
201708月
こちらは醍醐寺のほうになりますけど 一応この先
すぐに書き始める記事の中で詳しく書くことになるとは思いますが
まぁ、一種の慰安的な意味での気分晴らしのほう行ってきたわけですよ。

というわけで 写真に関するおしゃべりは今月少なめですね。




つい数日前に書いた記事内容に結構戸惑いを隠せずにいる。
――おかげで今日記事作るの非常に難しいじゃないか。

のっぴぃです。 まぁ 毎月一日には割とテーマ固めて
記事作ったりするのがお約束なのですが その前提で考えたとき
おとといの記事あんな流れで作るんじゃなかったな~
って 後悔することが多かったわけですがそれはそれで。

一応 就活も納得できていたのかはいまいちまだわかりませんが
とにもかくにもひと段落したということで
この先は学会・修論に向けて思いっきり
舵のほうを切っていかないといけないわけであるのですが。

――見事にそれに向けたモチベーションを就活を通じて喪失しているんですよね。

というわけで そちらに向けたモチベーションを向上させるか
もしくは もう 適当にちょろまかしながら
うまい具合卒業できる方向性だけを模索していくことになるのか。

……よくも悪くもそのような方向性を模索していくというのが
今月の主な議題になってくることになりそうです。

何というか 実際 今大学でやっていることって ほかの大学とかで
実習みたいなノリでやっていることをにちょっと毛を
生やした程度だったりしているんじゃないかって思うんですよね。

――まぁ、このあたりの愚痴もまた、後日一つ記事にまとめますか。



あとは そんな風に学業にはやる気が持てなかったりするので
仕方なく実家に逃げ帰ってみようとかも思うわけですが
まぁ 大学との兼ね合いで時期を考えた結果帰省時期はお盆休み。

そうなってくるのであれば 頑張って夏コミにも顔出せるように
イベント調整頑張ってみるのもありなのかなぁ、そんな感じで思っております。

まぁ 何をするにしても(学業もそうですが趣味を深めるなどでも)
一人でやれることって限度があるんだなぁ。

ということは そのあたりを共感できる仲間を是が非でも
見つけていくことはこの先の人生を謳歌するうえで大きなプラスになるのでは。

――という意味では 結構いろんなことを考えた末の
夏コミ参加、といえるのかもしれません(ちょっとオーバーな表現かもしれないが)
まぁ 今月の今見えてる流れといえばこんな感じかしらね。

TOP