あの廃墟。

2019⁄11⁄02(土) 00:00
ウェアハウス01ウェアハウス02
前に不意打ち気味に聞いて驚いたウェアハウス川崎の閉店騒ぎ。
――中身がしっかりした本格的な廃墟(演出)ということで
結構私的にも気に入っている場所だったのですが……

むしろ、本職のゲームとかが邪魔に思えるほど()

売り上げも悪くないが、テナントとの契約がもめたとか。
……これは撤退後の原状復帰にもそれなりにおかねがかかりそうな。

さて 数年前まではそれなりにゲーセン通いしていた私ですが
もう最近はここにきても楽しめなくなってしまったので
完全に過去の人になっている感覚もあるのですが……

……まぁ 昔の趣味を偲ぶ、という意味でちょっと見納めしてまいりました。
写真は最後に何も考えずにごそっとまとめておきます。

で 行ってみて驚いたのがかなり人がごった返していたこと。
ネットニュースなんかにもなっていましたし それなりに人の目を引いたのか
単純に内部でやっている脱出ゲームに人が集まったのかはわかりません。

ただ とにかく人がごった返していまして
「廃れたわけではないんだなぁ」ということだけは伝わってきました。
……まぁ、見た目は廃れに廃れきっているわけなんだけどね。

あと 整備中と書かれた札が張り付けられたゲームが一割ほどありましたが
これらはほかの店舗への搬出が決まっていたのでしょうか。

そんなこともあり ゲーム自体は何もできずに外に出てきてしまいました。
……やっぱり ちょっと悲しいものがありますね。
ウェアハウス04ウェアハウス05
ウェアハウス06ウェアハウス07
ウェアハウス08ウェアハウス09
ウェアハウス03

TOP

九龍城、堕つ

2019⁄10⁄21(月) 00:00
つい最近SNS上で話題になった驚きの話として
ウェアハウス川崎の閉店、というニュースがございます。

私が大学生前期くらいまでそれなりにゲーセン通っていた人間だったからか
今でもツイッター上ではそっち方面の趣味を続けている人がそれなりにおり
その界隈の方々から様々な声が現在も聞こえてきております。

私が昔は待っていたおクイズの場合は――一つの店舗に20台もの台がずらりとならび
単純な稼働台数、というだけでは3,4店舗つぶれるのと同等な
ショックがあるものではないかと予想します。

単純にゲームセンターがつぶれる、という意味合いだけでなく
ウェハウス系列のゲームセンターの定めなのかまではわかりませんが
妙に退廃した雰囲気を醸し出した内装も魅力的でした。

電脳九龍城、なんて自称している――九龍城といえば香港の無法地帯で
スラム街として有名だった場所ですが――だけあり 中には「ゲームセンターに
そんなの必要か?」といわせんばかりの凝った装飾・内装が施されて
文字通り異世界に迷い込んだかのようなすごさがありました。

――内装への頑張り、という意味ではディズニー――は難しくても
ユニバーサルスタジオくらいとは張り合えるものがあるのではないかと感じます。

まぁ 今回の場合は「赤字がひどくて」というよりは
「テナント主との折り合いがうまくいかなくて」という理由での閉店と聞いておりますし
「本格的なゲームセンターの終わり」を告げるものではなさそうだ、とは聞いておりますが
……様々な意味であの場所が消えてしまうのはもったいないなぁと感じる私です。


とまぁ こんなことまでを書き込んでおいて実際に
懐かしQMAプレイにいそしむ、というのもちょっと考えたのですが……

……もうここ最近ののっぴぃさんは そちらの方に向ける気力
――やる気のようなもの――はさほど持ち合わせておりませんでした。

まぁ せっかくなので消える前にその内装を拝みに行くことくらいは
やってみたいかな?  という興味関心はございますが
――まぁ その程度なのかな、というのが現在のこのゲームジャンルに対する印象です。

……こう考えてみると 趣味、というのはたやすく入れ替わるんだなぁって
ちょっとしみじみと感じますね……

TOP

あの時の曲

2019⁄07⁄30(火) 00:00
なんだかんだで 高校時代自分の居場所が見つからなかった時から
その惰性で大学時代と なんだかんだでゲーセンに入り浸っていた
記憶がちらほら見えておりましたのっぴぃさん。

――ただ 最近ふと思うんです。 もう行く機会がそうないなぁと。

QMA熱が冷めたのは それまでは待っていた協力プレイの仕様ががらりと変わり
――まぁ 拘束時間等考えればこの意味では仕方ないことは認める――
同時に それまでのいかにも「魔法」といった世界観が
完全に迷子になってしまったのがきっかけだったか。

その後 なんか「グリム」という存在にはそれなりの
適応力が持てたからか 一時復帰のようなものをしたわけですが
その後 完全に協力プレイというものがなくなって以降は
もう 追っかける気力が切れましたとばかりにやる気が下火に。

インカムが悪かったのか 協力が復活してももうあの時ほどの
情熱を傾けることはほとんど不可能だと考えています。

一応 Jubeatなどほかのゲームデータもあるので
ふいに立ち寄ってやってみる、なんてことが――ないわけでもなかったわけですが
つい先ほど 私がiTunesの再生回数ダントツ一番を誇る
某曲が先のアップデートでJubeatからなくなっていたことに気が付き。

……それ以前にも 京アニ系列の曲がごっそりなくなったことに
今更ながらショックを受けつつ。

惰性でクレジット入れて なんか気ままにプレイする、という曲が
個人的にあまりにも短い間になくなってしまった、という事実に
現在直面しているわけであります。

……何というか 「もうゲーセンに惰性で立ち寄る機会もなくなったな~」
と 過去の私の一時代を盛大につるませてもらった
概念との別れの時を察した今日この頃であります。

まぁ その概念とお別れ、などと言いながら
その次に私的に打ち込めるもの、のめりこめるもの、というものには
全く行きついていない、というのが 現在自分的に
大ピンチだと感じていることなのですがそれはそれとして。

こんな時浮かぶ感情をどう表せばいいのかよくわかりませんが
なんとなく、「ありがとう」と書いておきます。

TOP

QΜA

2019⁄06⁄07(金) 00:00
QMA01_20190609003241f03.jpgQMA02_201906090032404e3.jpg
このあたりのネタを書く前に確認して軽く驚いたのですが
まだQMA今作一応始めております、という報告をしていなかったんですね。

もうここ最近 ほとんど何もかもを忘れている、というレベルでありますが
最低限のところは引き継いでおこう。

……まだまじめにやっていたころのアイテムもろもろは
(たぶん あるかわからないけど)また本気でやりたくなったときとかに
昔取った杵柄として残しておくこともできるかなぁなどと。

――まぁ 正直 あの時にやりこんでいた知識は全くと言っていいほど抜けておりまして
社タイの正解率も正直さんざんなことになっていて
ここ最近このあたりに手を付ける時には毎度へこむ、というのが
半ばお約束なっております今日この頃でございます。

なお 稼働直後の検定がトレイン、ということで
ここ最近列車で全国旅している旅人として
やれることはやっておこう精神でSSS獲得までは終わらせておきました。



QMA03_20190609003240b45.jpgQMA04_20190609003239db0.jpg
さて ついでに QMAでお世話になっておりましたミューちゃんが
本日誕生日、ということでしっかりもらえるものもらってまいりました。

――これやる直前にやった財布整理の時にこのゲームのデータが入ったカードを
お財布から取り出してしまいまして 「誕生日アイテム確保しよう」と
考えた直後にそのデータを取り出せない、ということやらかしてしまいましてね。

定時ダッシュ決めた後に則お家へ帰り
カードを確保した直後にゲーセン奪取するという 正直よくわからない
動きをやらせてもらったわけですが まぁ それもそれでよいでしょう。

TOP

風の便り

2019⁄04⁄09(火) 00:00
マジで触ってなかったから感慨も何もがなくなっているわけですが
おクイズさん、無事新作出てくるみたいですね。

私としてみれば 協力要素あたりがなくなってしまった時点で
もう 何を楽しめばいいのかがわからなくなってしまって
「もう何とでもなれ」といった感が強くなったのですが。

……誰もが血の気が多いとは限らない
基本的にラブアンドピースなのが私です。

まぁ 基本的にそんなスタンツで降りますので
正直まともに情報追いかけ切れていないわけなのですが
どうやら聞く限りによると もともとの「ファンタジー」的な
第七アカデミーがあったような世界観に戻ってくるらしい。

……私的に気に入っていた世界観に回帰してくれるのは
相当ありがたいものだったりするわけですが
なんかいきなりコロシアムはじめたりしたりと
「ファンタジー世界に戻った」からといって全く
安心できる材料があるとは言い切れないからな~

まぁ あまり期待せずに見ることにいたします。



忘れぬうちに01忘れぬうちに02
なんか せっかくの機会だったので
――私の脂がのっている時期だったらもっとまともにやっていただろう――
地学検定諸々に関して とりあえず最低限まで乗せておきました。

……全盛期だったらもっと覚えている額社名とか多かったんだろうね。

それにしても あまり意識していなかったのですが
今作Qメダルとか言うクソシステムで 別に検定結果がよくなったからといっても
検定の壁紙とかもらえるわけではないんですね。

……検定壁紙とかそれの二つ名とかは少なくとも
こっちに回してはいけないものなのではなかろうか……
と めちゃくちゃやりながら思ったものです。

検定やるモチベにならないから。

まぁ とにもかくにも迷走していることはこれやるだけでも一目瞭然だね。

TOP

離反者の独り言、おかわり

2019⁄02⁄17(日) 00:00
一日分愚痴ってみたならば もう書くことないのかな~ と一瞬考えましたが
やっぱりもう少しばかり書き込めそうな気がしたので書き込みます。 おクイズの話題。

たまにゲーセンの前を通っても素通りするか――まるでできないJubeatを
完全にエンジョイ勢する(台が開いていたならば)ということは
今年度もちらほらありましたが だからと言っておクイズをやったかといわれれば
そんなことはない、というのが正直なところでございます。

そんな私がときたまSNSで見て愕然とするクオリティの″問題”というのがあります。
――文字通りそのままの意味で 出題される問題が幼稚というか舐めてるのか?
と 考えてしまうようなクオリティの問題が追加されてみたり。

ほかの人がどう思うのかはわかりませんが 私個人の考えとして言わせてもらえば
そうして無造作な問題が大量追加されるくらいだったら
追加しないでクオリティを守った方がいいのではないかと考えます。

――まぁ そうなってしまっている、ということはすなわち
クイズ作家に頼むことができないレベルで予算がない、という裏返しなのかもしれませんが。



こんなことも
まるでおクイズネタで記事作っていなかったおかげで
SNSにはあげていたけれども こっちには無報告だったクイズネタがあったらしいので
「驚くほど昔」のネタですが投下させてもらいます。

11月末、実家近くで向こうの悪友とゲーセン行ったときに国内旅行検定SSS行ってたみたいです。

まぁ レベル見てもわかる通り本当に今作プレイしていないわけですが
昔取った杵柄なのか こうしてゲーセン行かなくなった代わりに本当に
日本全国回るようになった所以なのかはわかりませんが
思ったよりはすんなりと――まぁ さすがにストレートとはいかなかったようですが――
このレベルには持っていけたんだな~  と 軽く自画自賛。

一応今作では別に「地学」検定やっていたようですが……現在のところこちらは未プレイ。

専攻的にやりこむべきなのかもしれませんが 少なくとも今のこのクイズゲームに
それをするだけの価値があるかと言ったら……あまり信用はできませんね。

ただ 記念SSSくらいは考えた方がいい気もするので その一心でプレイすることはある――かもしれません。

TOP

離反者の独り言

2019⁄02⁄16(土) 00:00
なーんとなく、「自分自身が今、やっているわけではないけど一言二言しゃべりたくなった」
お話があるので 一種恥を承知で語らせてほしい最近のおクイズ界隈のお話。

――私のツイッターの源流はやっぱり このゲームのプレイヤー層にどっぷりつかっていて
私自身がやっていなかったとしても それなりにこのゲームに関する情報は
目にする機会がありましたので その中から感じたことをちょっと語らせてくださいな。

正直なところ 今作を「全くと言っていいほど」やっていないのっぴぃさん。
もともと「誰かと競う」というものに対しては一種抵抗がある、ということもあり
基本的に それが実装されてから協力プレイ系統に傾倒していた節がありましたが
今作になってそれが削除された、というのが「プレイ皆無になった」大きな引き金。

……まぁ 大幅にプレイ頻度を下げた要因は それ以前に実施された
「世界観が迷子になった」という(私的には)事件が由来なわけですが
どうやら ここらの問題双方に関して次回作では良くも悪くも改善されるようですね。

……私に言わせれば「ほらみたことか」意外の何物でもありません。

今作はカードゲームの派生版みたいなのを協力プレイの代わりに実装してみたそうですが
完全に「削除したゲームと追加したゲームの需要元」が異なるわけで
この変更をしたことによって一定層のユーザーが離れることは必至。

代わりにカードゲーマー層をある程度手中に入れるべきだったのでしょうが
それに対する宣伝が十分に実施されていたかと聞かれれば――微妙なところでしょう。

……それまでのゲームをプレイしていた人間でないと理解できないネタを
それこそ新規畑にすべてをかけたゲームにばらまくな、といった話ですよ。

しかも そのデッキをくみ上げるガチャ成分がなかなかにだるかったりと
完全に「ご新規様お断り状態」であるわけで まぁ そりゃ失敗するだろうなと。

――これが 「望んだカードをリアルでも排出するシステム」みたいなのが確立されていれば
昨今定期的に話題に上っているグリムアロエあたりをフラグシップに据えておけば
「おじさん(意味深)」層をがっぽり釣れたのかもしれませんが。

そのほか 一応前作ではゲームセンター自体を巻き込んだ店舗大会システムを拡充することで
リアルでの人の絆を結ぼうとしていた節もあったのですが その流れが完全崩壊。
さらに ネットラジオ等を利用した情報公開もなくなったようで
――何というか 運営の迷走ぶりが目に見えております。

内心 ここまでやらかして次回作が出てきたこと自体が奇跡だと思います。
……まぁ 昔かなりやりこんだ人間として「無くなってほしい」とは思いませんが
生かすも殺すもクリエイター次第。 たぶんもう後はありません。
――本当の需要というのをしっかりくみ取って 私も「戻りたい」と思えるような作品になってほしいものです。

TOP

新作(お布施)

2018⁄05⁄05(土) 00:00
QMA01_20180524201634b95.jpgQMA02_20180524201633a72.jpg
最近はあまり期待はしていないのですが ゲーセン行ってみたら
QMAの新作が出てきていたようなので せっかくなのでやってみました。

――というお話。 まぁ 自分一人ではもうめったにゲーセン行かないのですが
実家帰っているついでに友人と遊ぶ機会を作ってその場でね。

さて キャラクターのほうはいつも通りミューちゃんを選択。
QMA03_20180524201633dea.jpg
名前もいつも通り、といった感じです。
万が一、マッチングした際にはお手柔らかにお願いします。



さて 今作では前作までいろいろと繰り広げられてきた「協力プレー」が廃止。

……こう 去年ミューちゃんの誕生日で復帰の兆しが見られた私ですが
アレ以降 まともにやっていたのは協力プレーのみ。

正直 トーナメントに入ろうという気が全くない人間でした。
まぁ その時点ですでにやる気が失せているといってもいいでしょう。

そして 念のためやってみた代わりに追加されたゲームモード「リコード」

――一応 クイズゲームとカードゲームを組み合わせたゲームを作りたかったんだろうな~
という意図をひしひしと感じたのですが 正直わからん。

いや カードがトランプみたいに確率みな平等に、みたいな戦略ゲームなら
まだやってあげてもいいかなって気がしたかもしれないのですが
結局は課金ゲー要素満載、という調整に仕上がっているんでしょう?

仮に 艦これアーケードみたいに印刷物が排出されるのであれば
まだ考えた部分があるのかもしれませんがそれすらないのであれば。

さらに(こっちのほうが大問題ですが)ルールとクイズの必要性が全くわからん。

……このあたりのバランスを目にしたときにはっきりと「もう今作はいじらないだろうな」
と 心の底で深く誓ったのっぴぃさんです。

まぁ せいぜいミューちゃんの誕生日に一クレだけ、気が向いたら落としてあげようか。
――せいぜい、そんなもん。 残念です。

TOP

画像は消えました(しろめ)

2017⁄11⁄18(土) 00:00
というわけで グリム討伐によって確保できているアイテム関連に関しては
前に書いた通りとして――そろそろ始まっているラスクヤンヤンあたりも
できる限り早めに終わらせたい感もありますが リアルとの兼ね合いが
結構厳しいという愚痴もはさみつつ言っておきましょうか。

とりあえず 簡単に検定関連のおしゃべりもさせてもらいましょうか。

一応まだ私がまともにQMAやっていた時期の傾向的に、そして
「付け焼刃かどうか」という素の知識的な観点で考えたときに
「とりあえず挑戦してみるか」の検定枠として まぁ 今までに比べれば
かなり緩めの方向へ舵を切った源泉を行うことになるわけですよね。

まぁ 事業仕分けじみた一つ一つの検定に関する取捨選択を
ここでわざわざやる必要性までは感じないのですが
地域検定と+αくらいは頑張りたいなという意気込みでいます。

例えば 先日アーカイブで現れた宇宙天文あたりは嬉々として突貫しますよね。
……まぁ 点数をとにかく上げる、みたいなところまではやっていませんが。
SSS取れた時点で早々に手を引く、といった感じです。

あと +αあたりに関しては 付け焼刃成分がそこそこ多くて
あきらめたほうがいいと思った時点で見切りを入れたほうがいいかな~
――みたいなことも 一応感じているところではあります。

例えば 人体検定なんかは「もう少し全盛期はできたんじゃないかな~」
という感をいろいろと感じてみたりしているわけなのですが
どうも見覚えがない薬局で売ってるような薬屋らの問題が全く頭に入らず
かといって わざわざそれを回収して覚えに行く気にもならず
だったらひとまずわきに置いておきますか、といった形になるわけで。

それに対して ある程度は(たとえランキング時期に間に合わなくても)
地域検定は頑張ろう、という運気になっている今日この頃なのですが
――考えてみると 今作やたら地域検定多いんですよね。

今までですでに 中部北陸、東北北海道、近畿、九州  あたりが開幕中じゃないですか。

一応今のところ九州以外は終わらせているのですが
自分にとっては結構 生活圏としても旅行先としても一番縁が遠い
九州が地味に鬼門ということで なかなか点数が出ずに困っています。

――一応 北海道東北も苦労した部類なのですが これはどちらかというと
「3400点台は割と出るのにあと一押しが出ない」というもどかしさのほうが
個人的に大きかったので 苦労したは苦労したのですが その「精神的ダメージ」という
ベクトルで考えたときの方向性はどうも違うような気がします。

……その時に限ってしょうもない凡ミスかましてたりしますし
言い訳がましく聞こえる気もしますが結構ヒューマンエラーに悩まされた記憶が大きくて。

ひとまず そんなわけでこの先しばらくは九州検定あたりで出てくる
地酒問題などLS枠を何とかしていく作業になっていくんじゃないかなと思います、みたいな感じで。

TOP

画像は消えました()

2017⁄11⁄17(金) 00:00
――何というか 自分でも驚くほど最近画像使った記事作っておりませんが
……まぁ 画像用意するのを忘れてみたり用意したはずの画像が消えてたり
いろいろと自己ったりすることも多くてですね。 困りものですね。

さて というわけで「本来は画像用意しているべきなんだろうけど
いろいろと問題があって画像ないけどとりあえず語ってみる」をやってみます。

ひとまず 最近全く記事作っていないQMA関連のおしゃべりでもしておきましょう。

最近一応 あのゲームをある程度はまじめにやっている、つもりなのですが
一応「やりたいことをある程度絞ったから」こそといえるわけです。

私がこのゲームで最低限やろうと決めたことは
・グリムのアイテムコンプ
・興味ある検定SSS狙い  ――このあたりでしょうか。

ほかのトナメやらは知らん。 ミッションとかもミューちゃんが関連すれば
ある程度はやるだろうけども、そのほかは気にせずいこう、そんな感じです。

まぁ こう絞ってしまえばなかなかやることもはっきりしてくるわけで
今のところ グリムリエル――で私は復帰したわけですが――その後の
「前後半両方参加できたグリム」に関しては一通りアイテム収集は進んでいるつもりです。

まぁ グリムレオンやらサンダースやらの前のほうに登場した方々は
何羅漢救済措置が来ることを待つしかないのですがそのあたりは仕方ないですよね。

ただ 一応その中でも個人的に使う機会が多かったりしているのはせいぜい
グリムミューのフィギュアとかミューちゃん関連のスタンプ程度で
上手にそれらを活用しているとはいいがたいのはお約束。

――そういえば 先日の掘り出し物市のスタンプ枠に
大量のミューちゃん(割とグリム前半の持ってないあたりで配布されたものをはじめ)
が配られておりましたが あちらのほうは私も「是が非でも」といった
テンションで突貫して確保してきた、そんな感じです。

おかげで みゅーちゃんの「ごめんなさい」「いい人と逢えました」あたりの
汎用性が高いものがそろったわけでありがたい限りです。

ただ 基本的にランキングアイテムをとれる位置にまでつけることができない
――まぁ、当然――ので 例えばミューちゃんでも「よろしくです」「大丈夫です」
みたいなほしいアイテムが取れなかった、ということも多発しておりまして。

……さすがに 普通のあいさつあたりのスタンプは
この枠、しかも500位以内とか高順位とかに配置することは
さすがにやめてほしいなぁと思ってみたりするわけで……

ミューちゃん以外ではティアルが叫んでるボイス付きのやつを
全国大会参加していなかったがゆえにとり逃したときにちょっとだけ
グリムバスターズの輪の中に入れなくてさみしい思いをしたことがありますが……

……変に順位とか求めないで行くこのスタイル、なかなか気楽でいい気がします。

TOP