一路南へ

2019⁄04⁄14(日) 00:00
今年の連休は改元の効果もありまして10連休。
――これは夏休みにも並ぶレベルの大連休が控えているわけですが。

まぁ 去年の連休は慣れない生活に疲れ切っていたこととか
数少ないメーデーなんかには銀行とか行政的手続きやらないととかで
あまり外回りすることができなかったのっぴぃさんですが。

……今年は何かやりたいな、などと考えまして行動してみました。

一応、青写真的には「南九州満喫旅行」ということで
とりあえずの航空便と宿の確保までは終わらせておきました。

切符は九州についてからフリー切符を確保する方向で。

おおざっぱな予定としては飛行機で福岡入りし、そこから人吉経由で
鹿児島まで行きそこで一泊、そこから指宿、枕崎を「踏み」
志布志を「踏み」宮崎あたりで一泊。

その後 湯布院をなんとなく経由しながらおかえりしようかな~
――というのがなんとなくの予定。 変更の可能性あり。

さて このあたりもろもろをやりながらどうも考えてしまうのが
「書き入れ時だからこそのぼったくりってあるんだなぁ」という素朴な感想。

某社長の顔が看板になっているホテルさんなんか 調べてみたら
書き入れ時にはいつもの四、五倍にお値段なっているみたいじゃないですか。

……何かダブルの部屋とかそれ以上とかに迷い込んだかな?
とか不安になってしまいましたが どうやら間違いではなかったようで
単純に「ゴールデンウィーク効果って怖いなぁ」と感じた次第です。

――まぁ そのあたり関係なく 単純に開いているお部屋を
検索、発見するだけでずいぶんと大変な思いをいたしましたと。

とりあえず この後は本当に日数が激しい旅行でもない限り
一般的な「連休」のタイミングは極力引きこもりNEETになって
適当に有給消化しながら旅行を楽しむ方がよさそうだな……

……という感想で固まりつつある今日この頃でございます。

TOP

いつかのためにイメトレを②

2019⁄04⁄08(月) 00:00
なんとなく自分のコレクション見ながらのイメトレシリーズ第二弾。
次にあげたいのは一種の実用的アイテムたち。
――まぁ この扱い方はいろいろとある気がしますが。

ある意味一番利用の場を制限されうる気がするのは洋服の類。
――キャラものシャツってご使用するにしても場所を選ぶし使いどころを選びそう。

逆に一番活躍の機会とかシレっと使えそうな気がするのは
カバンの類でしょうか。 実際一部のコミケでもらうバッグを
エコバッグとして私はカバンに忍ばせています。

最後に一番のメインを張りそうな本。 薄い本もあれば私の場合
ずっと集めているラノベのほうも相当な数がたまっております。

……これら諸々ががっつりと量を主張しているわけで
さて この辺をどうするか――ラノベは擬態は楽そうな気がしますが
薄い本、特にえっちなのはいろいろと扱いに困るときが来る気がします。

――これでも自分が持っている本を引っ越しの時にエクセルにまとめて
それなりに管理するようになりましたし――結構愛着もって集めているんですよね。



突然ですが私には夫婦そろって相当なオタク、という
ある意味人生を謳歌しているような親戚がおりまして。

この二人の場合 それぞれの守備範囲は相当違うものの
リビングから自室からなんやらに相当な量のオタグッズをため込んでいて
かなり人生楽しそうだな~  などと感じております。

まぁ こちらには子供もいない、ということで 育児に使う金をこっちに回せたり
ある意味世間体を家の中で気遣う必要もなかったことから
結構すごいことができている節があるようなのですが……

まぁ ここまでとは言わないまでも ある程度はこの夫婦のこと
自分も目指していきたいな、なんて考えているところがあります。

何より彼らは自分の生活を毎日楽しんでいることが肌で伝わってきます。

――何につけてもこのあたりを忘れずに これからの自分の生活を
模索していけたらな~  ということを突然思い立った、
まぁ それだけのお話です。

TOP

いつかのためにイメトレを①

2019⁄04⁄06(土) 00:00
なんか最近の日記のネタチョイスがどこか肩ひじ張ってるものが
多いような気がするのでとりあえず自分の部屋の中身眺めながら
「これぞ自分の空間」というのをかみしめつつ
軽ーいおしゃべりネタを探す今日この頃。 のっぴぃです。

まぁ そこにはそこそこレベルの高いオタ部屋が広がっているわけですが
これをある程度維持していこうとすると当然のことながら
恋活とかしようとしたときに大きなデメリットとなりうるんですよね。

まぁ 成功する確率はそこそこ低いかとは思いますが
ちょっとこのあたりの様々な可能性についてちょっとばかりしゃべってみたい。

自分のコレクションを眺めつつ 例えば異性と同棲しようとしたときに
持ち込むことが可能であろうラインというのがあると思います。
――その許容レベルというのは相手によっていろいろと変わってくるだろうから
「付き合ったらこれを捨てなければならない」みたいな明確なラインはないでしょうけども。

ひとまず そのあたりのラインというのを考えてみたい。

まず一番のデンジャーゾーンに乗っかってきそうなのが抱き枕の類。
……ものによってはもろだしのものもありますし
これに関しては相当寛容な人ではないとダメな気がしますね。

ちなみにのっぴぃさん、基本枕は「使用しない」ですが
一種壁掛けのタペストリー的感覚で100均のアイテムを組み合わせて
一種のインテリアとしてご利用しております。

まぁ その弊害で一部(切れたりはしないだろうけど)妙な伸びとかは
出てきてしまう可能性もあるし ある種「もう売り払わない」つもりで
いろいろやりたい放題しているのがなんとなく自分でもわかります。

次に危ういのがタペストリーをはじめとしたインテリアの類かも。

……私個人としてはこのあたりがコミケお買い物の
かなり大きな購入意欲の部分にかかわっておりまして
季節に寄ったり気分に寄ったりでいろいろと
模様替えのために楽しませてもらっているアイテムたち。

同人アイテムにこだわらなければいくつかのフィギュアなんかもあったりして
思ったよりこの手のアイテムのバリエーションは多そうです。

まぁ この辺は捨てたり売ったりしたくはない筆頭ですし
もしもの時はレンタルスペースに封印するなどして
極力コレクションしていきたい、そう思いたいアイテムですね。

TOP

手が回っていないやつ

2019⁄03⁄30(土) 00:00
29_20190330224824641.png
艦これって基本的に受けることができる任務の数に上限がありますが
往々にしてこの辺なんとかならないかな~  などとぼやきたくなることがあります。

特に遠征任務を受けそびれて一日の資材獲得量が目減りした時とか。
……我ながらみみっちぃ気がしないでもないですが
どうにも気になりますよ、このあたりの資材というものも。

仕事に行く間は受けられる遠征の数も限られてくるようですしなおさらです。

30_20190330224824c94.png31_20190330224823d89.png
32_20190330224822c71.png33_20190330224821bd1.png
さて 我ながら以外でもあるわけですが 私の艦隊の中では
香取さんが全くと言っていいほど育っておりませんでしたので
この機会に嬉々として育成することにいたしました。

……割と育成枠には余裕があるようなので まぁね。
――あと 噴進砲作るときに機銃が足りなくてそれを確保しようとした
……ら 阿武隈がすぐ出てきてやる気が変わった、という裏的意味もある。

35_20190330224948406.png36_20190330224947aeb.png
37_201903302249461ae.png38_20190330224945617.png
直近のめぼしい改装二人目として日向さんの改二が来ましたね。

伊勢同様なかなか癖のある航空戦艦となっております。
……何というか 扶桑山城がかすんで見えてきたような気がするのは気のせいか……?

伊勢型は主砲三本以上積めませんがもともとカットイン狙うような戦艦でもないし
扶桑型はそもそも運が壊滅的過ぎてそのうえでもなかなか意味もない気もするし。

40_20190330224944ab8.png41_201903302249445be.png
それに伴う豪華任務軍もやってきたようですが
それ以前に伊勢の任務すらまだしっかり消化できていない手前
なかなかその先に手を出すことができないもどかしい気持ちもどこかにございます。

……考えてみたら 運営もかなりテンションが上がっていたのかわかりませんが
伊勢の時の任務めっちゃあったよね。 今回も層化までは調べていませんが
なかなか骨が折れそうな気もする。

TOP

時流

2019⁄03⁄28(木) 00:00
今月はどうにも自分が読んでいるラノベシリーズがそれなりに
固まって新刊を出してくれたおかげで なんというか
唐突に積みラノベが増えたような気がする今日この頃です。

……まぁ 分量としてはそこまででも、と学生時代の私なら
考えていたかもしれないレベルなのですが いかんせん最近のように
残業がほぼ連日続いているタイミングでは
休日になるまで――下手したら休日になっても――
しばらくはこの積まれた本は減ることないのかもしれませんね。

まぁ 趣味としてそれなりのラノベの在庫が抱えられるというのは
なかなかにうれしいことなのですがこうも数が増えてくると
次引っ越すときとかに これがそのまま段ボールの数となって
悲惨な未来を呼び覚ましたり、ということが不意に不安になる今日この頃。

まぁ 困ったときはその時考えるとしましょう。

……なおのっぴぃさん、育ち柄なのかわかりませんが
なかなか「古本として売る」という選択肢は用意したくないと考えている模様。

あまり古本屋と縁のない生活していたからなのでしょうか?
別に「汚い」とかそんな感情ではないのですが
どことなく……?  みたいな気分になる私がいます。



とは言えども ここ最近は新しいシリーズや作家さんを
少なくとも私の守備範囲的にとらえることが難しいなと考えるようになった今日この頃。

……考えてみたら ラノベの主人公とかがよくなっている
高校生の身分というものからもう10年以上たつことになった私。

……そう考えると恐ろしくも思えますし
どこか「違うな」という感情が高ぶってきても何らおかしくないのかもしれません。

まぁ この10年の間に学生という立場に対して思うものも変わってきているでしょうし
ここまで来ると時流であるとか価値観というのも
私が知っているそれとはまた違ってくるのかもしれません。

気づけばアニメも見なくなったオタク(だったもの)になりかけた昨今
なんというか 時代に乗り遅れかけたおっさんが誕生しつつある
――そんな気もする今日この頃でございます。

TOP

お疲れドライバー

2019⁄03⁄24(日) 00:00
前回のあらすじ、というわけでもありませんが四連休の獲得に失敗したのっぴぃさん。
まぁ ちゃっかり実家への帰還は果たしている模様。

しかも 合間の平日にはのっぴぃさんの中での残業時間が更新されました。

……まぁ 世間一般的にはまだまだ、といったレベルであるのは確かでしょうけども。

といえども まだお仕事に慣れきっていないのっぴぃさんにとっては
それなりに堪える状態であることは確かでして
――実際それ以内の勤務時間であっても大量の睡眠時間を吸い取られているあたりで
いろいろとお察し感ある――やっぱりたっぷりのお休みは欲しいところである。

……そんな 午前様を決め込みたいそんな今日この頃でありましたが
いざふたを開けてみるとワンオペドライバーで三桁km房総半島一周ドライブに
突貫させられるわけでしてどうも愚痴を漏らさずにはいられない、
そんな私であります。

外食16外食17
そんな不満たらたらながらものっぴぃさんが結果的に
承諾するきっかけとなりましたのがこちらになります。

……竹岡式ラーメン。 千葉のB級グルメ。

見た目も真っ黒な醤油ラーメンで 関西だしのうどんに慣れている私からすると
「塩分過多で死ぬんじゃないか」と不安になるくらいの色。

……けれども 意外とたんぱくとした味がおいしい、そんなラーメン。
食堂も基本的に地元のおばちゃんがやってます感が非常に良い。

一応 ここにたどり着く道中を運転していた身から言わせてもらいますと
竹岡の集落に近づくにしたがって そのラーメンの店の主張が
弱くなってくるというのはちょっとな~  と思う今日この頃。

正直 店が見つからないまま一度通り過ぎて慌てて引き返すという
どうにもお笑い物の醜態をさらしてしまった感もありますからね……

とまぁ そんなでっかい餌につられたのっぴぃさん。
――端的に行ってただあほなだけである。

外食18外食19
その後スイーツもらったりしてとにかく食で
ご機嫌とらされてた感満載ですが まぁそれもいいでしょう。

TOP

汽車

2019⁄03⁄23(土) 00:00
この週末は木曜日にポツンと休日が転がっていて
金曜日が平日、普通に土日、といった暦になっております。

そんな中 唐突に湧いてできた休日。
――いつも通りの平日の目覚ましに起こされまして
手持無沙汰になったのっぴぃさん。 思い立ちます。

「そうだ。汽車、見に行こう」

祝日01
というわけで なんとなく下館のほうへ
特に準備とかをするでもなく行ってまいりましたと。

祝日02祝日03
そして 特に理由もなく汽車のほうを眺めてまいりましたと。

……まぁ 特別乗車券とか全く手配していない思いつき旅なので
残念ながら(当然ながら)それに乗車することはかなわないわけですが
まぁ それでもなかなかににやりとした休日を過ごせたと思います。

祝日04祝日05
そのままの流れで関東鉄道のほうへ乗って。

……九州のほうで「上に架線が走っていない鉄道がエモい」
なんて昔感想書いていた記憶があるのですが
どうも そんなエモい鉄道は私の実家のほど近くで
カタコトと走り続けていたみたいです。 驚きです。

そんなことを想いながらシレっと実家に帰りつくのっぴぃさんの図。

なお この後一日残った平日は有給とることかなわず
ちゃんとしっかり残業までしていたということです。



この後ニュースで述べられていて気になったのですが
今回見に行った真岡鉄道の汽車、整備費高騰等の影響で
東武鉄道へ一両を残して移管されることが決まったようです。

……何というか その辺は全く意識しないスケジューリングだったのですが
ある意味ちょうどいいタイミングでこれ、見ることができたのかもしれないなぁと思いました。

昔 真岡の汽車にのせてもらった思い出もありますが
どのような形にしろ。しっかり走り続けてくれるなら、ありがたいと私は思います。

TOP

圧力(物理)

2019⁄03⁄22(金) 00:00
通勤道中やたら疲れる、というのは私の現在の生活の中で
結構よくある悲痛の叫びのうちの一つであるのですが
最近もまたこれに関する愚痴のようなものが一つ生まれ出たようでして。

使っていたイアホンがお亡くなりになりました。
こうなった詳細に関してはいかのような感じ。

まぁ イアホンを持っているからと言って(私の場合は)別に毎日
耳に何か流していようと思っているわけではありません。

……確かに大学生の間はそうだったのですが なんだかんだで
前iPodを洗濯して半年近く音楽を再生することができずに
生活することに慣れてしまい もともと持っていた
この習慣というのも薄れてきてしまった感もあり。

……もしくは ワイヤレスイアホンを使った後それを充電するのを忘れて
耳がさみしいときに音楽が聴けないという状態が常態化しているということもあり?

往々にしてカバンの中のケーブルケースにイアホンさんがしまわれたまま
通勤列車に乗っている、ということがあるわけです。

話は変わりますが、私の通勤経路、その混雑度合いといえば
日本の中でも屈指の区間――この先もっとひどくなりそうな気もする――
という区間だったりします。

……まぁ ここで何を言いたいかといえば しっかりしまう場所にしまって
「なくす」ことがない管理されたイアホンであっても
そんなのを度外視して押し寄せる「圧力(物理)」を前にすれば
いとも簡単にけ破られてしまう、ということであります。

一瞬治すことができないか考えましたが早々にあきらめました。
……どうせ同じところでまた折れるでしょうし。

まぁ でももう廃番になっているiPodと違ってイアホンならば
(出費は痛いけれども)買えばまた何とかなりますので
代用のイアホンを購入、とりあえず運用することはできているようです。

とはいえ イアホンとリンゴ時計との相性が悪いのか音楽再生しても
時計かイアホンどっちかが勝手にスリープしてしまうという一種のバグが発生していて
これはこれでひんしゅく物の問題に遭遇していたりするんですけどね。 残念ながら。

TOP

トンネルを抜けて

2019⁄03⁄20(水) 00:00
02_2019032623362632e.jpg03_20190326233625a71.jpg
残りにもう少し、スキーそのものと関係ないようなお話はさんでみましょうか。

なんというか スキーに通う間はなんか 新幹線というものに
一部慣れてきた感がございます。 のっぴぃです。

なお この旅程を敢行いたしました3月16日はダイヤ改正により
新幹線からごっそりと社内サービスが消えた日であり……

……と思ったけど もともと某二階建て列車に関しては
車内販売が元から控えめだったような気がしないでもない。

とはいえども 前那須に行った時もそのためだけにアイスを買って
「シンカンセンスゴクカタイアイス」を楽しんでいたというのに
この先は気軽にそのようなことができなくなると思うと
なんというか やりづらいな~  とおもわないでもない。 そんな今日この頃。

考えてみたらSNSがはやり始めてから新幹線になるたびに
アイスを買ってみたりしているわけですが その車内販売も売り上げがよろしくないようで。

……と言えども だからと言って車内販売の中身に
この話題性になるアイス以外に欲しくなるような商品があるのかと聞かれたら
特にそんな気がしてこないというのも気になるところでして。

……一概に売り上げ不足というのが顧客のニーズリサーチ不足にも
あるのではないかと思いたくなってしまう今日この頃であります。



11_20190326233625f1e.jpg12_20190326233624df4.jpg
スキーが終わった後、またもや越後湯沢でそれなりの時間
時間を暇することになったのですが それに伴いまして
生まれました暇な時間で越後湯沢のほうをぶらぶらしてみたりするわけですね。

駅前の温泉に浸かってみたり。

特にスキーに関しては家族旅行で行ったこともそれなりにありまして
その時に食べた懐かしの味――たしかこの豚丼もそのたぐいになるはず――というのも
ちらほらあったりするわけです。

考えてみたら思い出の味が全国各地にある、というのは
それなりに恵まれていることなのではないかと思う今日この頃。

そんな素晴らしさを今日もかみしめていきたい今日この頃です。

TOP

春スキー②

2019⁄03⁄18(月) 00:00
とりあえず 昨日から引き続きスキーをやった中での反省話をば。
体のマネジメント不足について。

レジャーを楽しむうえでそれが原因でけがをしてしまったら元も子もありません。

で それを心配にした体のマネジメントに関してですが
例えばまだ仕事に慣れていなくて疲れやすい、というのは今はしょうがない。

……今後の業務の中でまずは「省エネ化」推進する方法を探らなければいけません。
そして そのたぐいのお話は往々にしてウェブ上で公開していいのかは
――たぶん大丈夫だけど確信が持てないうちはやめておきましょう。

その他の面で大きく反省したのは「目」の問題です。

今シーズンお世話になったサングラスはそれこそ前私が
スキーをしていたころにつけていた割と年代物のサングラスだったのですが
私がこれ使ったいたころと比べてずいぶんと私も視力が落ちたようで。

……大学のころまではこれも使っていたのでずいぶんと私も目が合悪くなったのかな~
と反省する気持ちとちょっとした驚きと。

前回睡眠不足のせいにしていた「滑り始めて船酔いのような気持ち悪さを感じて」
といった問題がありましたが 今回のスキーの中で
これの原因が(睡眠不足の否定はしませんが)「サングラスの度があっていない」
というのも多大なる影響を示していることもわかってまいりました。

――まぁ お仕事が見事にPCとにらめっこするデスクワークですからね。
しょうがないよね。 もっと目をいたわらないとね。

あとは スキーを滑る中で何度か転倒することもあったのですが
その転び方が毎度おかしい――前にすっ飛ぶ形なんですよね。
これ、何かと危ないものであります。

なんというか 自らがどれだけ急いでいるのかと突っ込みたい感もありますが
こんな転び方毎度やってたら体本当に壊してしまいそう
――ということもあり なかなか自分の滑り方に自信が持てない状況につながっている
→スキーの上での度胸がなくなっている  につながっているのかなぁと。

まぁ 現在の私の滑り方「斜面を切る」というよりは「雪の上でスライディング連発している」
感覚のほうが近いような気がしてまいりましたし だとすると
「感覚が戻ってきている」というのももしかしたら思い込みの部分強いのかもしれません。

――という まぁ わかってはいましたが大きく反省することも多いそんなスキー体験でしたと。

TOP