北の国から①

2018⁄03⁄18(日) 00:00
はい 艦これイベント(リアルタイム:今更)を書いている最中ではありますが
カレンダータイムでは現在進行形、という形でもある
北の国へ向けたのっぴぃさんの卒業旅行の記録というのも進めていきたいと思います。

まぁ 気分的にはこの先のリアルタイムを意識したいイベントを避けながら
まずは 艦これの記事を終わらせて ただ それのお話が連続しすぎない程度に
この旅のお話を適度に織り交ぜつつ~  みたいな目標で行きたいと思います。

まぁ リアルタイム軸ではずいぶんと後れを取っている感じではありますが
たぶん それぞれの画像をそれなりに消費するころには
――何とか取り返しがつくレベルには追い付けるのではないかな~

などと 甘い考えを持っているのですが まぁ そのあたりは頑張ってまいりましょうか。

TOP

竹も折れるときは折れる

2017⁄10⁄29(日) 00:00
台風で奈良に行けなさそう、そして土日じゃないと奈良
どうも切符的に損した気分になってうまく回れそうもない
……と、感じている今日この頃であります。

京都01
ただ、向かうのに「阪急株主優待券」が非常によろしい
「京都」に向かうのであれば たぶん財布的には即ダメージが入るわけではない、
などと判断いたしましたのっぴぃさん。

――ちょっとテレビで気になる情報もありましたし足を向けてみることにしました。
……日程的には 相当な無理をしているわけですが、後から考えて
ホント何していたんだろうという賢者タイムに入るのに十分な感じでしたよ……

京都02京都03
で 気になっておりましたのが観光名所にもなっております
竹の小径のほうが台風でひどい有様になっていると。
――結構竹ってしなやかなイメージあったのですが
今回の台風はこれをも引き裂いてしまったようです。

……少なくとも ここを管理している方々もなかなか
お目にかかることのなかってレベルの被害であったようで
竹どころでなく石垣が崩れている部分もあったりとなかなかの被害が見られました。

京都04
それ以外にもこんな姿も。 嵐山もひどかったらしい。

京都05
そんな感じで午前中嵐山をぶらついた後一乗寺のほうへ。

京都06京都07
なんか前からちょっと気になっていた二郎京都店、行ってまいりました。
――なんか 正面入り口じゃなくて ちょっとわきの路地みたいなところに並ぶスタイルらしい。

私ははじめ全くそれに気が付かずやらかしたのですが
幸いにして行列ができる時間帯でもなかったので事なきを得ました。
――が、同じ境遇になった女性には店員が優しく接していたところ見ると
まぁ そんなもんなんだろうな~  という印象。

味のほうは個人的にもちょっと二郎にしても飽きが来る単調なしょうゆで
最後の肉は 運悪く端っこの味が濃すぎるところが当たってしまったため
なんか あまり食べれなかったな~  という印象。

……まぁ、そんなこともあるさ。 いろんな意味でね。

TOP

もう一度東行

2017⁄10⁄08(日) 00:00
さて 先日砲雷撃戦やサンクリに興味を持って東京に行ったときに
「直後にまた東京行くのに」とかいう話をしておりましたが
その片一方の方法というのはまぁ 内定式です。

経団連の方針もありまして 10月1日――まぁ 今年はこの日が
日曜日なので月曜日であるよく2日に当たるわけですが――
内々定から本格内定に決まってくるわけでありますね。

――え? なんかここでどや顔して示している日付が一週間前だって?
まぁ 私の日記の中ではよくあることですよ。 気にするな。

……というわけで この十月一週目月曜日に向けて関東のほうに
招集がかかってくるわけなのですが 私の場合は
実家が千葉にある、ということもあり 前泊――それどころじゃない?――
タイミングで東京行きを狙っていくのが一番楽ということなんですよね。

で 新幹線とか高速バスとかいろいろと方法はあるわけなのですが
結局自分がそこそこ面白いと思える移動方法は
在来線でだらだらと帰る、というのがナンバーワンなんですよね。

新幹線や飛行機はどうも面白みがない――景色が速く飛びすぎ――
高速バスはそれに加えて足腰へのダメージがなかなかに大きいです
――その分お金が安く済むというのは大きなメリットですが。

まぁ いつもは寄り道に命を懸けるというのが半分くらい私の
楽しみとしているところだったのですが 残念ながら
私の体調があまり万全ではないこと――咳連発している体調ですし――
というのもありますし あまり回り道はできないわけですよね。

それに加えて 革靴での移動だったということもありまして
東海道本線をひた走る全く持って面白みのない移動と相成っております。

04_201710042320490a7.jpg05_20171004232048848.jpg
といいつつ ちょっと食事は楽しみたいということで
お昼時豊橋でおいしい豊橋カレーうどんのほうを探して食すことに。

私の検索で引っ掛けたのは勢川本店の豊橋カレーうどん。

まぁ 豊橋カレーうどんというのは鶉卵を入れるのとかネギあたりは
お約束で あとは中にご飯を入れていることも必要みたいですね。

カレーの味としては完全にうどんのだし、という位置づけにとらえられている感じ。
――ゆえに 麺と絡めると出汁と絡まってなかなかおいしいのですが
ご飯だけ残して雑炊スタイルっぽくしてしまうとどうもパンチが少ない。

ここで 卓上に置いてあるゴマをすってあげることで風味がいい感じにプラスされて
個人的には二度おいしいといった感じで食べさせてもらいました。
――状況によっては一味足してもよかったのかなとも思います。

……みたいな食レポネタは一応行でも残してきたよって感じで。

TOP

変態帰宅(帳尻合わせ)

2017⁄08⁄27(日) 00:00
今までのあらすじ。 富山巡り楽しかったです。
――その代わりに時間がやばいです。 どちらかというとアウトです。

058.jpg
一応おととい入れそびれましたが富山ライトレールとか乗ってますからね。
……まぁ、今回は完乗しませんでしたけど。 これも時間がないのが悪いんだ。

基本的には18きっぷをベースとした普通列車プランを歩む予定だったのですが
――まぁ、まずは「やるならやってもいいかな」と思ってた課金プラン。

富山~金沢の新幹線ワープ。 ……まぁ こちらに関しては
どっちにしろ18きっぷでいけないルートだったこともありますし
特急券課金強要されたとしても 「新幹線のれたぜやっほい」の料金と思えば
まだ目をつぶれる範囲の課金かなと考えましてですね。

059.jpg060.jpg
061.jpg062.jpg
というわけで 北陸新幹線つるぎなんかに乗ってみる。
――まぁ、当然というかなんというか初めて乗る車両なわけでテンション上がります。

東京駅でちらりとお姿拝見したりはしているわけですけども
やっぱり 間近で見知らぬ新幹線はテンション上がりますわ。

中は自分にとってなじみのある車両と異なり 荷物スペースが設置されていたり
席の間にもコンセントがあって通路側の人でも電源引けたりと
東海道よりも中身しっかりしているイメージがありますね。

063_20170828214935778.jpg
金沢駅構内のゴーゴーカレーでかろうじて食料接種。
――ここに来るまで朝食のバイキングで食いまくった白米でカロリー持たせてました。

064.jpg065.jpg
066_20170828215109ce8.jpg067.jpg
で、次は個人的に非常に許せない類の課金でサンダーバード。
――さすがに金沢からの北陸本線は18きっぷで動きたかった。

でも ここで動き方考えて翌日に体力とやるべきこと残しておりましたので
そのあたりの兼ね合いを取って泣く泣く特急課金。
芦原温泉で接続の普通列車に乗り込み強引に予定修復。
068_20170828215108592.jpg069_20170828215107f8e.jpg
070.jpg071.jpg
後はまぁ、って感じ。

今回はかなりぶっつけの領域も多かった旅だったのですが
避けられた・想定外問わずいろんなアクシデントに見舞われて
いろいろと考えさせられる道程だったかな~  などと感じています。

TOP

変態帰宅⑤

2017⁄08⁄25(金) 00:00
前回からのあらすじ。 二日目。 トロッコ乗車した。
――で、それ終わった後やってことを端的に言いますと。

050_2017082821455234c.jpg051_20170828214551b3c.jpg
――終点のけやき平周辺を「ランニング」。

……というのも 片道一時間半のトロッコ運行、さらにはうっかり見逃していた
トロッコ列車は座席指定、ということを失念しておりましてですね。

……ゆっくり観光していく時間を確保し損ねてしまったわけですよ。
これは完全にやらかし事案になりますね。

片道30分の散策コースを25分程度で往復してそこそこの写真撮ってこれた
そして もう少し足伸ばして~  みたいなことしでかしていたのは
端的にコインロッカーに戦利品を置いておいて体が軽かったとか
神戸の山登りで鍛えられた足腰に支えられていたといっても過言ではないでしょう。

……みたいなギャグめいた言い訳はさておくにしても
やっぱり 地質系の学部出身者として言わせてもらえば
このあたりの露頭もなかなか見ごたえがあるものでありますし
もう少しゆっくり巡検していくのもありだったかな~  とは思います。

……まぁ、この時点ですでに時間が「ぎりぎりアウト」だったから
既にスケジューリングの時点でやらかしている点を除けば、という前提になりますが。

052_2017082821455083c.jpg053_201708282145498c7.jpg
054_20170828214549ab7.jpg055_2017082821454870f.jpg
とまぁ、文字通り駆け足の奥黒部観光でしたと。

056_2017082821464017f.jpg057_201708282146409e1.jpg
そのほか、立山方面も含めて地鉄を乗り回しました。

――地鉄の「特急列車料金」なるものが個人的に理解できなかった件。
自分的には別に席が特別よかったとかそんなでもなかったですし
車掌が乗っていたからとかいうわけでもなく単純に停車駅が少ないだけ。

阪神とかでの直通特急的列車に追加料金取られるのってなんだかな~
などと思った個人的乾燥であります。 まぁ フリー切符使っている私は
別にそのあたりで問題引き起こすことなかったんですがね。

TOP

変態帰宅④

2017⁄08⁄24(木) 00:00
037_20170828214247b34.jpg038_2017082821424610d.jpg
039_20170828214245e6f.jpg041_20170828214244587.jpg
とりあえず 一日目の残り道程を簡単に。
糸魚川からトキめき鉄道ひすいラインで泊駅、そこから同じホームの乗り換えで
宿をとった魚津駅のほうへやってまいりました。

――こちらについてから気が付いたのですが 名物のラーメン店
比較的夜遅くまで開いていたようで 糸魚川で食べなくてもよかったのかな~
みたいな感想がここでふと漏れたとかいう噂。

……まぁ、田舎を回るときはなるだけ早く食べておかないと餓死するというのは
自分の中の経験則でしたし それにのっとれば間違った行動はしていないはず。



043_20170828214243cd7.jpg044_20170828214243bf0.jpg
二日目の朝。 もともとJRだった魚津駅、の向こう側
地鉄の新魚津駅で地鉄に乗るところから始まります。

……まぁ、某駅集めゲームやっておりますしこのあたりの観光がてら
いろいろと回ってみようかな~  と思った次第であります。

045.jpg046.jpg
047_20170828214347dbe.jpg048_201708282143462b7.jpg
で 宇奈月温泉から黒部の渓谷をひたすらトロッコでひた走るわけです。
……まぁ、こう観光列車に乗ってしまったならばもうただの一観光客ですな。

基本的には発電等をはじめとした産業輸送の要素も強いこの鉄道。
……すれ違う列車には結構貨車なんかも多くてなかなか楽しめたよね。

そして 何よりむしろ肌寒いくらいに涼しいこの外気ですから。
……「山はいい避暑地」などという意見はいろいろと聞くところですが
そのあたりをすごく体感することができたということができるかもしれません。

トンネルの中を風切って進むときには もういろいろと
上にはおるものを用意しておくべきだったのだろうかと考えてしまったりしました。

――まぁ、なれると心地いいんですけどね。
基本トロッコで外気はそのままですから そのあたりの急な温度差
(主に直前まで書いてた汗が飛ぶ気化熱)に驚いただけみたいですし。

――あ、そういえばトロッコ乗車に際しまして「なぜか担いできていた戦利品等」
かさばるものはしっかりロッカー保管しておりますのでご安心を。
さすがに他者様のご迷惑になるような荷物を担いでいったりはしませんって。

TOP

変態帰宅③

2017⁄08⁄23(水) 00:00
019_20170828013935de8.jpg020_20170828013934557.jpg
とりあえず この先は比較的素直に大糸線を北上、というルートをたどるのですが……

少々松本駅構内でここまで起こったとあるアクシデント対処で
右往左往することになるという話題があるのですが
ちょっと アクシデントはアクシデントで一本まとめ上げられそうなほど
愚痴りたいこともありますので今回はちょっとパスさせてもらいます。

021_201708280139332ea.jpg
これは単に通りすがっただけ。

022_20170828013932196.jpg023_20170828013932ed6.jpg
まず信濃大町で乗り換え。 大糸線の「大」の部分ですね。
――ここらで一つ大きな客層の入れ替わりを感じました。

024_20170828014103bd8.jpg025_20170828014102547.jpg
仁科五湖を超えたあたりでそれまでの田んぼの風景から一転
左右から山肌が迫り 一気に「フォッサマグナ」を感じます。
――あと、その合間に冬スキー場開園時のみ営業の臨時駅がありますが当然通貨。

026_20170828014101575.jpg027_2017082801410121d.jpg
で、JR東西の境界駅、南小谷駅到着となります。
――まぁ、案の定というか益回りは結構人はいない感じ?
時間帯が時間帯だけにそうという説もありますが。

029_201708280141006ab.jpg030_201708280140599b5.jpg
そこから結構あっさりと駆け下って糸魚川。
――駅の中には鉄道博物館的なのが存在しておりましたが
まぁ 来た時間が来た時間だけにもうしまっております。
――基本的に田舎駅の時刻は非常に速いですからね 仕方ないね。

で ここでの乗り換えは1時間しかなかったのですがどうも
興味がある場所がいろいろとありまして 結構あわただしい時間を過ごしておりました。

033_20170828014222923.jpg034_20170828014220dd4.jpg
とりあえずは腹ごしらえ。 地元で有名であるらしい
中華屋さんに駆け込み とりあえず早く食えそうなラーメンと餃子をいただく。

そんな月徳飯店さん、とにかくでかい餃子。
名物はブラック焼きそばとのことでしたが 食べたことがない食事は
異様に私、長くなるという特性ありますので 乗り換え時間を考慮して今回はパス。
036_20170828014219210.jpg035_20170828014308d3f.jpg
フォッサマグナをはじめとしたジオパーク押しの糸魚川。
――とりあえず 道沿いに岩石置いておきましたの通りがあるとのことで
そこを軽くランニング。 それと上の鉄道博物館覗いてみたりで1時間。

031_20170828014218721.jpg032_20170828014217e07.jpg
そもそも 一時間で街を見て回るとか考えるのがアホである説あるけどね。

TOP

変態帰宅②

2017⁄08⁄21(月) 00:00
006_2017082801142062b.jpg007_201708280114198d9.jpg
まぁ、さらっと流しましたが松本ついたあたりから。

ひとまず動機等は特に深くはしゃべりませんがここでちょっと
散策する時間を作ることができましたので アルピコ鉄道中心に
ちょっと乗り鉄っぽいことをすることにいたしました。

008_20170828011418e57.jpg009_2017082801141798e.jpg
といいつつ フリー切符買って適当に往復するだけのお仕事。
――残念ながらコミケでやりすぎましたので上高地行ってくるまでの
往復バス賃は渋ってしまった模様。 まぁ、仕方ないよね。

017_20170828011417f86.jpg018_20170828011416f6a.jpg
ちなみに こちらのアニメ絵は淵東なぎささんで
駅名から確実にとってるよね、これ、な鉄道むすめです。

010_20170828011527485.jpg011_20170828011526210.jpg
そんな新島々駅は基本的には上高地方面へのバスターミナルということで
正直なところ 自分みたいな変な動きするというのは
鉄道会社側から見てもあまり想定していないお客さんみたいですよね。

同じ列車に乗っていた方々は終点で各々のバスに乗って
上高地やら白骨温泉やらへ散っていきましたが私は駅に一人たたずむ。
――そういえば、駅前に昔続いていた島々駅の旧駅舎が残ってましたよ。

013_20170828011525651.jpg014_20170828011524004.jpg
まぁ、そんな場所でしたので適当に線路の先を見に行く。
――もちょっと歩けば旧駅の場所くらいは見れたはずなのですが
駅舎がここにある所からしてすでにあまりあとは残ってないだろうな~
と判断して とりあえず線路の先だけを見るにとどめました。

まぁ 基盤流失してるしね。 深いところまでは気にしない。
(装備に「コミケ戦利品」が肩に重くのしかかっていたのもある)
015_20170828011524e3e.jpg016_20170828011523324.jpg
そんな当日の食事はこの近辺で見つけました
手打ちそば屋さんで信州のそばをいただきました。
――塩ゆでした豆つけてくれたりオプションサービスも至れり尽くせり。

ごちそうさまでした。

TOP

変態帰宅①

2017⁄08⁄20(日) 00:00
なんか結果論的に今回の帰省「いざ」って記事にしたいことが容易に
思いつかない程度には動きが慢性的だった気がします。

――一応 無駄に立川歩いてみたりしていたかと思えば
逆に12時間+α睡眠していたりと 動いてるのか動いていないのか
極端な生活していたにはしていたのですが 何にしても
「動機がない」生活ばかりしていた感があります。

まぁ ちょっと思いつく小ネタその他はまた後日回すとして
早々に「関東→関西」の今回の旅に関しておしゃべりします。

ここ最近はなるだけ同じような動きが起きないように
帰省の方法・ルート等は考えることが多くなってきた気がするのっぴぃさん。

ただのっぴぃさん気が付いてしまったのです。
18きっぷ使ってナチュラルに渡れるコース
もう残りが少ないのではないかという問題に。

まぁ 「北陸新幹線→北陸本線」みたいな
課金ルートを通るのであればまだ そこらのルートは
開拓していないからいろいろといじりようがありますが……

……よし。 そうなったならばこれに近いルートを考えよう。

そう思った挙句 なんだかんだで
「千葉→総武本線→中央線→篠ノ井線→大糸線→旧北陸本線→関西」
という いかんとも言い難い骨子が出来上がったわけです。



001_20170828003723fa7.jpg002_20170828003722423.jpg
という裏話はいいとして とりあえず出だしまでをば。
まず 千葉駅の始発に乗ります。 ここまではなんか
親父が車出してくれました。
――基本的に実家の朝は早い。

その後 お茶の水で東京方面からやってきた各駅停車に乗車。
……朝夜には東京発の各駅停車があることは知っていたのですが
黄色い電車が乗り入れているわけじゃないんですね……

003_20170828003721f3f.jpg004_20170828003720e83.jpg
その後乗り継げる電車は松本まで直行便。
……乗り換え少なくて非常に楽です。

そして この道中いろいろとすでに来たことがある道筋が並びますので
結構すっ飛ばす感じでいいですよね。 あくまで導入ですし。
005_20170828003719652.jpg

TOP

慰安日帰り旅行 @神社

2017⁄08⁄06(日) 00:00
今日の広島のほうでの黙とう等のほうも 何と言いますか
誰とは言いませんが大騒ぎだったという話を聞きまして。

……こう 騒ぎ立てる前にやることいろいろとあるんじゃないかとか
思ってしまう今日この頃だったりしました。

こう たまには神社仏閣訪ねながら心を落ち着かせるなりさぁ……



15_20170806231150163.jpg16_20170806231149a18.jpg
というわけで 先日京都で回ってたほかの神社仏閣を簡単に。
――まずは下賀茂神社。 ぎりぎり上賀茂神社のほうまでは
足伸ばす余裕がなかったことが悔やまれますが……

なんか 日が長いから錯覚しがちですが これでも地味に
観覧時間におびえながら移動していたものです。

18_201708062311488cb.jpg19_20170806231148ed2.jpg
あとは 八坂神社のほうへ顔出してまいりました。

そろそろやってくる祇園祭に向けて 境内のほうが
いろいろとその準備に向けてドタバタしているのを眺めながら
このあたりが今日の風物詩なのかななどと考えながら。



52_20170806231147fcd.jpg
その八坂神社のふもとにあるうどん屋 味味香のほうで
その当日のお夕食をいただきました。
――もともとは 「なんかカレーうどん食いたい」といいながら
京都にやってきていた面も強めだったわけですからね。

さて こちらのほうに関しては 素の辛さが個人的には
ちょっと弱いなぁと思いましたが かなり出汁の味も残る
「京都のカレーうどん」といった印象がかなり強いいいうどん。

まぁ 欠点として挙げた辛味に関しても テーブルの上には
唐辛子等が載せられていて ある程度自分で味の調節ができる点を挙げると
そこそこいい感じにカスタマイズできるのかなと。

今回は 豚角煮をトッピングさせてもらいましたが こちらのほうは
口に入れるといい感じでほぐれて文句なしの一品。

今後 京都に旅行に行くことがあるならばお勧めしたい店になりますかね。

とまぁ 自分にしてはまじめに食レポも書いてみるそんな感じでしたね。

TOP