もしも、あのとき。

2018⁄11⁄09(金) 00:00
ずっと触れるのを忘れていた――正確に言えば 定期的に
「触れよう」と思いだすのだが 筆を執るときにすっかり頭から抜け落ちてた――
出来事として なんか前「資格試験受けに行ってたな~」ということがあったのでその話題をば。

……まぁ 何の試験なのか、ということはあえて語らず行こうと思いますが。

とりあえず 一つの関門を抜けることができたのであれば
大方合格いけるかな、という自信があるレベルまでは行けた。
――まぁ ハードル越えられなかったならばおじゃんレベルではあるのでしょうが。

さて 資格試験といえば自分の技術その他を形あるものにして
もしもの時におもむろに提示するために持つ、なんて話をおっしゃる方がいらっしゃいますが
最近ののっぴぃさん このあたりに関して妙にドライというか

――将来どうなりたい、というビジョンが全く見えない感じになっております。

おかげで そんなテンションの中これに挑む意気込みを持つことが
相当難しかった――というか ほとんど不可能だった――というのは
どうにも悩ましいものであった、と言わざるを得ません。

明確な将来に対するビジョンが描けていないというのに
積極的にこの先のために誇示する資格が是が非でもほしいのか、と言われたら
ちょっとばかり躊躇してしまう、そんな今日この頃であります。

そんなことより今は 体と心を社会人生活に耐えうるものにする方が
いいのではないかという気持ちすら芽生えてきまして その辺がそのまま
例えば 休日の基本的な過ごし方とかに現れてきている気がいたします。

……端的に言えば 「相変わらず怠惰な日々を送っておりますなぁ」 などと。



まぁ こんな感じで物事のやる気が出ない、という件に直接かかわるわけではないと思うのですが
今住んでいる部屋のホントごく近くに 私が就活時代かなり優先度高めに受けて
早々に落とされた某社のオフィスがあったということが発覚しまして。

万が一 あの会社に浮かれていたなら 少なくとも今私がやっていることよりは
学科の知識も生き、昔から私が興味があった「アレ」に
寄り添った生活ができるのかもしれない。 もしもを想ったりすることもあるのですが。

――そんな意味では「心」が今の生活に耐えうるものになる、というのは
思ったより時間がかかるのかもしれないな~  などと感じた今日この頃であります。

TOP

はしゃぎすぎまして。

2018⁄11⁄07(水) 00:00
とまぁ まとめがどうこう、といったことはこの後も続けて書くことになるのですが
なんだかんだで北の大地に戻った話、というのも同時並行で続けさせてもらいます。

この週末――文化の日という国民の休日を土曜日に食われて代休なし、という
現実に腹を立てているのかよくわかりませんが――をはさむ形で
金、月のウィークデーも利用しながら四日間 北海道のほうをめぐっておりました。

……なんと言いますか 学生生活の締めくくりの旅というのも
(一泊目は横手と少々違う流れではありますが)大方北海道旅行、というわけで
どうやら 私の生活の区切りというのは北海道で終わり、北海道で始まるようです。

とまぁ 旅の中身その他もろもろに関してはいつもの通り
とりためた画像を適宜利用しながら食いつぶしていくことにするわけで
今日は 早速その裏話的なお話をば。

まぁ 端的に言えば「はしゃぎすぎた」のでしょう。
――かえって早々結構体調悪くてですね。

帰りの飛行機からこの方鼻水が止まらないという現実。 そして頭痛もやってきた。

……もう ひたすら業務になるか、といった状態でございました。
そんな中 筆を執る、ということもできない(というか、そんな暇があったならば
さっさと帰って寝ろ)みたいな展開だったわけです。

――そんなわけで 本日は会社から直帰してそのまま爆睡。

19時半くらいからぶっ通しで……まぁ 翌朝6時半くらいまで寝ることになっておりましたし
ウィークデーなのにざっと二けた時間睡眠をかますことになりました。

まぁ この先の北海道での写真自慢の中でもおいおい「脳筋伝説」というのは
語っていくことになるわけですが この一件で分かったことが二つあります。

・デスクワークの連続で体力が落ちていること
・すぐに業務に戻れるように体力は温存しておかないとならないこと

まぁ 社会人になった、ということは相応の責任が伴う、というのは
いつものことながら頭ではわかっていたつもり、だったのですが
このあたりの細かいところにも表れてくる、といったところでしょうか。

――まぁ 疲れている、というのは必ずしも旅のせいというわけでもないらしく
ここ最近 妙に部屋の混沌さが増している(ガチで汚いレベルにまではまだ踏み込んでないかも?)
わけで いろいろとどうにかしたい感、ありますね。

TOP

北海道2018 Autumn ②

2018⁄11⁄06(火) 00:00
前回の旅の中で私が巡っていない領域は大きく分けて二か所。
一つは道東。 遠軽、釧路の東側ですね。
もう一つは洞爺湖~室蘭、苫小牧、様似を結んだ北海道の南海岸線。

この中で後者は今回の被災地と重なるところもあります故
もう少し落ち着いてから訪問を狙っていくとして 今回巡るルートは
主に 道東、という方向性で絞らせてもらいました。

特にこのあたり 先の旅行でももともと訪れる予定は考えていたのですが
「融雪で線路が水没した」がゆえに 急遽旅先でプランを練り直し
宿泊を決めなおした、という経緯があったりするわけでして。

その意味ではリベンジに当たるのかもしれません。

03_201811122255106f6.jpg04_20181112225506242.jpg
また このように訪問する場所を絞ったことで大きなメリットもありました。

今回利用した切符がこちらになるのですが バニラエア(あと、ピーチでも可)で
新千歳空港に乗り入れることが条件になるのですが
それで こんな感じのお得な道東をめぐるフリーパス(五日間有効)を
手に入れることができるわけです。

……まぁ 今回の旅は四日間、ということで フルに活用することはさすがに難しかったですが
社会人でありながらこれを四日間利用できるというのは大きなメリット。

そして 何よりもありがたいのは「特急列車も利用可能である」という点。
……これだけでずいぶんと一日の移動幅が広がった気がします。



08_20181112230824373.jpg
とまぁ 二度にわたって旅の背景を語るだけで紙面の大部分を利用してしまうという
大愚行を犯してしまうわけですが 何がともあれ北海道はでっかいどう。
――初日、ほとんど目的地にわき目もふらずに突貫するだけで終わっちゃったんですよね。

一応 計画プランニング段階では「ワンチャン一本早い特急に乗れたら
前回冬の北海道で凍死しかけた池田町チャレンジ」という選択肢があったのですが

――着陸してから散策できるようになるまでに多大な時間が流れていきこれを断念。

まぁ 帯広周辺もそれはそれで「幸福駅」「愛国駅」といった
私みたいなキャラにとっては垂涎の聖地があることを考えれば
今 慌てていく場所でもないかな、と思い直した今日この頃です。

――やべぇ、拝啓語ってたら一日分の紙面がおわったでござるよ。

TOP

建子月

2018⁄11⁄01(木) 00:00
201811月
秋も夜長になりまして特に夜の空気もしっかりと
入れ替わったなという印象があります今日この頃。

夕焼け――に対しては少々時間を外してしまいましたが
カラスが飛んでいそうなこの帳というのも
なかなか悪くないものなのではないでしょうか。

というわけで今年もあと6分の1。 私にとってはまぁなんというか
様々な意味で激動の一年ももうそろそろ終わりが見えてきた感じになります。




さて ここらあたりで改めて考えるのっぴぃさんの目標
――といわせてもらいますと 大方「風邪をひかない」とか
初歩レベルのものから始まるわけであります。

実際 会社のほうでもちらほらとこの気候変化からか?
体調を悪くする人というのも見受けられているようで
「次は我が身」ということを一応は意識しながら生活しているわけです。

そのうえで 「社会人になっても腐らない」という目標
――まぁ 家でじっとしているだけはさすがにやめようよ、といった感じ。

暑さでへばる、ということもないわけですし
一応寒さのほうには強い、みたいなことを自称しているのだから
このあたりは頑張っていこうという努力目標ですね。

このあたりはスキー板買ったときにも書いたことですし
何なら「これを利用する当てを作る」というのもいうなれば
立派な目標の一つ、ということが――できたりしないでしょうかね?

まぁ それとは別に今度の週末には一応
今年二回目の北の大地突貫、という予定は立てておりますし
まずはこれに向けて楽しめる行動を考えていくべきなのかもしれません。

――なお 今回の目標として挙げてみるのは 道東においては前回と同じく
「また来たいという後悔を持てる場所を見つけること」にしたいと思います。

それに対して 割とゆっくり時間を持てる前にも言った場所に関しては
――例えば 旭山動物園にも顔出してみるなど
「ある程度実用的な訪問場所」にも正面から首を突っ込んでみる、
みたいな方向性で目標を考えてみたい、などとも考えております。

といいつつ 実際の訪問場所みたいなものはあまり考え切れていないわけですが
……結果的に無計画なのっぴぃさん自身の特性はなかなか治らないようですね。

TOP

金銭管理

2018⁄10⁄29(月) 00:00
昨日まで私のできる限り大きく(一日の中で)経済回したお話書かせてもらいましたが
今日はそれにかこつけて――ちょっと現実っぽい話題。 お金の管理。

一応私の場合は家計簿アプリを利用して日々の入出金を管理している感じなのですが
私の使い方が悪いのか定かではありませんが 毎度毎度
これの帳尻がうまく合わないことが多くて困っております。

基本的に日々の買い物をカードで極力済ませることによって
このあたりの祖語をあまり出さないようにしているのですが
それでも現金キャッシュでないとできない店とかがありこれらを後日
手入力(もしくはレシート読み取り)をするわけです。

……ただ これの帳尻を寸分たがわず合わせたことというのが
正直なところなかなか思い浮かばず どうしてこうなるのかなというのが目下の謎。

例えば ここでいう管理が最も当てはまらないだろう――というか
むしろその前提でいる―ー(ある意味)例外として同人誌即売会のようなものもあります。

……ちょっと理性のタガが外れて あまり記憶の残らない会計というのも
残念ながら存在するだろう、という前提で動いておりますので
いわば「大体500円単位の不明金が同人誌即売会に言った後に出てくる」というのは
私の中では(よいかどうかは置いておいて)許容しよう、といった感想が一応あります。

ただ それをさておいたとしても帳尻がなかなか合わないというのはな……
我ながら お金の管理についてもう少しタイトで居ないといけないかしらと
ちょっと気にしている今日この頃であります。



そんなのっぴぃさんの今月の出費ですが 「知ってた」といわんばかりの出費。
……主にでっかくのしかかっておりますのは「ゲーミングチェアの新調」と「スキーセットの購入」。

どちらも最近こちらで書かせてもらいましたが これらを一気にご購入すれば
当然でっかい月間赤字が計上されるのも納得というものです。

一応これらの買い物はもともとボーナスを充てにしてやったものであり
ここでこれらがやってこない、みたいな展開になってくると
結構私的にやばいものになってくるわけですが このあたりいかほどなのでしょうかね。

実際に払われるまでこの額がわからない中買い物しちゃうというのは
――後から考えても結構大胆なことやったな~  という印象にもなってくるわけで。

とりあえず 12月に降ってくる臨時収入を今から待ち望んでみたいと思います。

TOP

振れ幅大きく(不便なカバン編)

2018⁄10⁄25(木) 00:00
雑多な買い物
本日はこちらの画像の中で……下のほうに埋もれておりますお買い物について
一種愚痴のようなものを語らせてもらいたいな~  と思います。

まぁ 実物は――あまり見せないように(多少は身バレは怖いので)気にはしているのですが
ちょいと通勤カバンが逝かれましてそちらの方の買い替えをしてまりました。

―ーというのも これに関しては一言愚痴りたい部分もございまして
割と最近に通勤カバンは調達したばかりでなおかつこれも
四カ月ほど?  しか時間たっていないように思えるんですよね?

で そんな真新しい鞄の持ち手のところがバッサリ逝きました。
荒いもの使いしているように見られるようで非常に癪なのですが
裂けてしまったものは仕方がないのでこの意味ではあきらめるしかないような気がします。

基本的にビジネスバッグってある意味見栄えを気にしてのことなのかはわかりかねますが
容量も少ないし使いやすいとはいいがたいしとで全くいい思いはしていなかったのですが
これに加えて私の中で「脆い」の烙印まで押してしまったならば
もうここから挽回するものってそう多くないんじゃないかな~  って
相当卑屈に思えてきてしまうものです。 はい。

一応 このあたりが問題かな~  と考えるのは言わずもがな、
「いつも使う通勤路線の混雑ぶり」です。

毎朝相当ぎゅうぎゅう詰めになることを強要され(ぎゅうぎゅう詰めだけにドナドナ~などと)
ているわけなのですがその中で私もろとも
カバンも相当ツイスト受けていた、ということで
それらのダメージが相当溜まっていた、と考えるのが妥当でしょう。

一応 前のカバンデザイン的に結構気に入っていたのですが
考えてみたら結構投げ売りされていたセールで買ったものですし
もしかしたら「安売りしている」という売り文句に飛びついた結果
かなりの粗悪品つかまされたのかな、と考えることにいたしましょうと。



まぁ そんなわけで新しい鞄を買ったものの 前勝ったカバンを
なかなか捨てる、という算段、心づもりが付かないあたりが
私自身の貧乏性を妙に表している気がして複雑な気分になる今日この頃。

裂けたカバンでも何且つ使えるのでは……?  とか考えるあたり重症です。
……私自身がリメイクできる人なら話は別なんでしょうがね?
(少なくとも合皮打ち抜けるミシン持ってないのでその意味では無理やろうなぁ?)

TOP

椅子の更新(後)

2018⁄10⁄23(火) 00:00
椅子01椅子02
前回のお話。 椅子買った。 結構いい感じの。
――居住性と安全、保障を重視したやで。

まぁ せっかく買った、ということもありますし 不満不平が出てくる前に
いろいろと 自分が勝ったこの買い物のいいところ書いていきたいと思います。

まず ちょっと気にしたポイント。 フットレストが付いていること。

結構前の椅子使っているときに机の上に足を投げ出して(正直に
結構お行儀悪い恰好であるということは承知ですが)座ることも多かったですし
私個人的にはこれはよかったのではないかと感じている点があります。

また 前の椅子にはなかったリクライニングの機能もありますし
あわよくば 高速バスの三列シートに座った程度のくつろぎは
この椅子によって提供してもらえるのではないかと期待しております。

後は手すり。 これも前の椅子になくてほしいな~  と思っていたこと。
……なんか、後ろのほうになるにしたがってグレード下がってきているけどもまぁ。

(まぁ この手すりは部屋にやってきた直後はなんかぎこちないような気もしていたのですが
一日たったころになると ある程度なじんできたような気もするし
まだもう少し 様子を眺めてみることにします。)



まぁ でも 椅子がやってきたと同時にちょっとしたハプニングもなかったわけではない。

椅子を買った後に出てきた、というだけで勝手に因果関係つなげているだけかもしれませんが
どうも 椅子の導入直後に部屋にいる時だけ
くしゃみが止まらなくなる、鼻水が滝のように出てくるという現象に遭遇。

明らかに化学製品的な何かによるアレルギー反応的なもの、と思ったわけですが
たいてい この椅子自体が化学物質の塊というよりは
例えば 合皮の表面に塗ったあれこれとか原因を考える方があり得ますよね?

というわけで その日の夜 夏真っ盛りばりに窓を開け話して寝ることで
そのあたりの化学薬品を飛ばす努力を一日中行う羽目になりました。

……その甲斐あったのか 一日で自分の部屋にてしっかり居住できるようになりましたし
一応、一件落着、ということにしようかなと思います。

……それにしても 自分結構アレルギー体質強いのかもしれませんね。 気を付けないと。

TOP

椅子の更新(前)

2018⁄10⁄22(月) 00:05
先にある程度のネタバレ?のほうしておきますと
今月は結構年末のボーナスを充てにした買い物を
あまり深いこと考えずにぶっ放していたな~  という印象。

……というわけで 今月末あたり?  には
そんな経路でお話組み立てる機会がそれなりにありそうな気がします。

椅子01椅子02
で まず打ち込んでみる「今度のボーナスを充てにした買い物」第一弾はこちら。
……ゲーミングチェアでございます。 椅子が進化しました。

PC自体もゲーミングパソコン買いましたし そうでなかったとしても
結果的に(大学時代から)部屋で居る時には
割と多くの時間をデスクの前で過ごしていることに気が付いてしまったのっぴぃさん。

食事をとる時ですら結果的に デスクにトレーで食事を持ってきて
むさぼっている、と来たからにはもう お部屋での快適さというのは
寝床とここ、といっていいほどには使い込まれている場所なのではないでしょうか。

一応 人をだめにするソファなるものを春ごろ買ってきまして
それも使っておりましたが PCいじってみよう、それしながらだらだらしようと
考えてみたときにはどうも高さが足りなくてもどかしい思いをすることもありました。

――まぁ そんな言い訳とか並べなかったとしても
数千円で買った前のデスクチェアは七年物でクッションも下手ってきましたし
椅子の裏地から布?紙?が剥がれ落ちるようになってきて
結果的に部屋の汚染に一役買っている(引っ越し直前あたりからかな?)ということで。

……もともと椅子をこの時期に買い替えることは内定していたのですが
ちょっと奮発して居心地を求めてみました、といった感じ。

ゲーミングチェアに関しては今月ずっと調べておりまして
例えばネットショッピングとかでも売ってたり それこそ最近人気の
キングジムのアカウントとかでも「売り出しました」とか書いてあったりします。

……が、どうも ネットショッピングで買ってきたというゲーミングチェアの
物持ちがよろしくなさそうな投稿があふれておりましてね……

さすがにずいぶんと気になるところでありまして 結果的に
某家具屋に行ってきて店頭販売とそれなりの保証をお願いすることになりました
――結構額はかさんだけれども それが安心の値段だと思えば。

TOP

つるりと光る

2018⁄10⁄20(土) 00:00
おいしいごはんを食べるにはまず、健康な歯から!
――って感じの言葉 よく歯医者で耳にする気がします。 のっぴぃです。

とか言っておきながら早速すいません。 私あまりここ最近
歯医者に言った記憶がなく 幸いにしてそんな生活させてもらっておりました。

……とはいえ 「歯が痛い」とかいうことはないものの
「自分では気が付いていないけどなんか、口が臭い」みたいな展開は
往々にあり得るだろうし 社会人たるもの、この辺も
気にしていかないといけないかな~  と思い立ち 歯科検診してまいりました。

結果的に幸いにして速攻処置を、みたいな展開にはならなかったのですが
まぁ 大方の自分の予想通り「やたら親知らずが埋もれている」ということで
これらは気を抜いたら最後、虫歯になってしまうだろう、とのこと。

私個人としてはあまり不必要に歯を抜いたり、ということはやりたくないので
毎日二度のブラッシングを今後も気を付けていく、という基本方針が確定しました。

後は 私自身は割と忘れていたのですが この手のイベントをやるともれなく
「歯石取り」という行事も追加される、とのことなのですが
先ほども述べた通りやたら歯医者に行っていなかったのっぴぃさん

――ごっそり歯には歯石が張り付いていた。とのことで
超音波とか言ってるけど本当はドリルなんじゃないかって疑いたくなるあれで
あの裏側を念入りにゴリゴリされました。

……その後 しばらくは舌がやたら傷ついているような感覚にさいなまれましたし
口の中がほぼずっと 不快な感触、といった展開がずっと続いた感じになります。

……こまめに来てたなら「ごっそり歯石が取れて口の中環境ががらりと変わる」
みたいな展開になりにくかったのかもしれませんが
――一年とか半年とかに一度、忘れずに行かなきゃいけない案件ですかね。 これ。



中途半端に余ったのでどうでもいい与太話を。

携帯のCMといえば 昔からずっとソフトバンクでは「白戸家」が。
auではここ最近は「三太郎」が長くシリーズをやっております。

それに対してドコモはいつぞやからドコモダケも姿を消しておりまして シリーズといえるものがない
……と思いきや 新しいユニットを用意したようで?

――とか思ったら 最近見るCMは一休さんの替え歌ばかり、といった感じ。
……お抱えシリーズを持たせる、という意味では 本当にプロデューサーの腕がアレなのかもしれない
と、暗に思った今日この頃でございます。

TOP

秋の夜長

2018⁄10⁄18(木) 00:00
少なくとも私が意識する範囲で、なのですが人間が着る服を大分すると
長袖の服と半そでの服ってあると思います――着物とかをはじめとした伝統的衣装とか
タンクトップとか裸族とかその辺は今回は考えない()

まぁ この二種類の服、着用することで快適に感じる適温
ざっと5度から10度程度は変わってくる(着ぶくれるとか考えるとそれ以上に?)と
私個人的に感じるわけですが、ここでのっぴぃさん気になった。

現代っ子が「適温」と認知するときその人が来ている洋服の丈は
長いのだろうか、短いのだろうか……って。(果てしなくどうでもいい)

というわけでのっぴぃです。 まぁ 直近の艦これの話題を思い返してみると
今月頭まで一部の娘は平気でビキニさらしていてくれたわけですからね。
とても眼福でありました(風邪ひかないかとても心配しちゃいます)

とはいえ さすがに10月になってきますとそれなりに空気も落ち着いてきて
これから私の季節に近づいてくる――と ひそかに胸を高鳴らせております。

――まぁ 世間一般的には「肌寒い」と呼ばれる気候に入っているようで
どうも 気温は「適温」で止まってくれない……というのが
頭痛の種っぽいところであるようですね……

秋の日は釣瓶落としとは言いますが 今年の酷暑から気温も釣瓶落としになってきているのでしょうか。

一応「寒さ」にはそれなりに耐性があることを自負している私ですが
「温度変化」に対しては並程度、という自覚もありますし
これからの生活では暖房と外気の差、などでこれに苦しまされることもあるのではないか

――ということが危惧されます。 あくまでも自分の体は大切にしたいものです。



まぁ そんな生活もあったのかはわかりませんが
どうもここ最近自分が肥えてきたような気がして仕方がない今日この頃。

……なんとなく お風呂で体洗いながら気になってきたのと
筋肉落ちてきたかな~  と自分の平目筋を眺めながら思ってみたり。

――適度な運動(大学時代は登山とか)も減りましたし
基本的に仕事では体動かす機会がないですからね……

足もむくみますしこれからの食欲の秋も楽しみたい、という欲があることを考えると
適度に体を動かす方法というものも考えていかないといけないのかな
――ということが気になってきました今日この頃です。

TOP