セール

2018⁄07⁄17(火) 00:00
三連休 基本ぐーらしていたのっぴぃさん。

……スケジュール的にはかなりもったいないことしていたような気もするのですが
スケジュール帳や帳簿の様子やこの猛暑のことを考えると
こう ぐーたらしているのもまぁ 悪くないかな、という気がしております。

まぁ 実家だと特に何もしていなくても食事が出てきますし
クーラーかけても電気代に大きな問題を感じなくてもいいし
ある意味天国ともいえるぐーたら環境に身を置いていたわけですが……

……一応 大なり小なりやっていたこともあったわけで 一種の言い訳タイムといいますか。

財布のほう、買いだしてまいりました。

というのも最近 財布からカードがぽろりする、という事案が多発しておりまして
さすがにこれ いろいろとまずいのではないかと自分の中で問題になっておりまして

で この先コミケで相当財布がぐっちゃぐちゃになる機会が目に見えておりましたので
ここらで大変な目に合う前に何らかの対応をしていかないとな~  と感じた次第。
……あと 前の誕プレが~  という話題で外出しなくちゃいけなかったというのもある。

さて そんなのっぴぃさんが意識したポイントはやっぱりカードの収容性。

――特に 普通にすりっと入っているだけの財布では
カードがスプラッシュする、ということを知ってしまった(知りたくなかった)ので
このあたりのリスクをなるだけ小さくするような財布を選んできたわけであります。

……諸事情あって財布画像を乗せるのはやめておきますが 結果的に
この観点ではなかなか悪くない――少なくとも売り場でチェックしている時点では――
買い物ができたのではないかと感動を覚えている次第です

……が、実際に財布に中身を入れてみると その厚さが結構財布の形をいびつにしてしまい
その意味ではちょっと 見立てを誤ったな~  などと。

――同時に もともと装備しているポケットに入れるカードの厚さくらいは
許容したデザインにしてくれてもよかったんじゃないかな~  という文句も発生してみたり。

ついでに 小銭入れのほうも手配ができたこともありまして
本当に 今度のイベント対策にはいい感じの買い物にはなった、とは思っています。

……ひとまず 今度は上手に使ってきたいね、財布。

TOP

ぐーたら

2018⁄07⁄16(月) 00:00
一度全力で実家へお帰りになった後は まぁなんと言いますか
相当レベルでだらけることになる、というのがどうやら私にとっては
相当によくあることみたいです。 のっぴぃです。

この三連休はわたくし 堂々と実家へ帰っていたのですが
あとからどう考えてもまともな週末過ごしていないな~

――といった感想が漏れるのですが まぁ これに関しては言い逃れようもない
――というか この中で相当にだらけていたのは私だけではなかった、
といった感じで まぁ 妥当だった、というものなのかもしれません。

そんなわけで 本日海の日も含めまして 世間一般的に連休おう歌しているわけですが
――まだ新入社員という立場ゆえかちゃっかり連休をもらえているということもあり
前書いたような気がしますがしっかり休暇を満喫しているのっぴぃさん。

――それなりの期間実家に潜んでいたはずなのに 気が付いてみたら全く
記事にかけるようなネタが量産されなかったな~  ということをあえて書いてみるわけで。

――実際 クーラーかけた部屋でごろごろしているくらいしか思い出がない。
……そして 家族一同そんな感じだったから何も生まれようがない。

母がアウトレットで買い物しようか~  みたいな空気を醸し出したときに
「いいね、車運転するよ?(こうでも機会を確保しないと運転できないし)」と
乗る気配を示してみても盛大にこうなってしまったのだから仕方ないよね。

まぁ なんというか「一人で外出する」という気力にはならなかったようである。


そういえば 一応実家に帰った、というのに今回の帰省の間
わんこの記憶があまりないな、というのがまた悲しいところ。

実家のわんこさん 私が小学六年生の時からの付き合い、ということになるのですが
もう相当おばあちゃんになったおかげで もともと愛想が悪かった

――上に この悪夢のような猛暑と来たものだ。
……もう 付き合ってらんねぇ、みたいな空気をどこか感じている次第であります。

で なぜだかわかりませんが父親の部屋に入り浸っている我が家のわんこ
――まぁ 全く合わない、というわけでもないのですが 特に出迎えてくれるでもなく
ちょっぴりさみしいな、後から考えて。 そんな思い出だった今日この頃であります。

TOP

サボる前に

2018⁄07⁄14(土) 00:00
少しばかり用事があって実家に帰ろう、ということになったのっぴぃさん。
――まぁ 改めてかしこまってそんなこと書かなくても距離的な関係でほぼ月一で
帰省しているので 特に意識しなくてもそんな日はやってくるものなのです。

そんな恒例行事といっても なんだかんだで
それを執り行う前に一種の儀式?のようなものがありまして それをしっかりこなさないと帰ることが許されない、
みたいなものがあったりします。

今日はそんな愚痴をちびっとしゃべってみる、そんな会にしておきましょう。

まずは洗濯物。 最近はかなり洗濯物たまりますからね……

さらに言うと 一度実家に帰るということは――さすがに一週間、二週間レベルで
家を空けることはできなくなりましたが――それなりに居室をからにしてしまう、
ということが発生するわけでありまして。

それを意識しながらできるだけ部屋の中の洗濯物はやってしまう
――シーツの類もできれば一緒にやってしまう。

……そんなことになっていたりします。

まぁ ここでいう洗濯物、というのは必ずしも自分でできるものだけとは限りません。

仕事柄スーツを着つぶす勢いで――もう 新たな制服といっていいかもしれませんね――着用している
私にとっては半定期的にこれをクリーニングへもっていく。
――それもそれなりに大事なお仕事となっております。

まぁ ひとえにクリーニング、といっても それを選定してみたり
実施にどこに持っていくのかを決めてみたり、というのが
往々にして面倒くさくなったりする――わかる人はわかってもらえると思います。

で それの前にあらかじめ 冷蔵庫の中身を空っぽにしてみる、だとか
ちょくちょくと実家帰る前――特に夏場には――気を使わなければならないこともあり
いつもは寝る前までにそれなりにやっておけばいいような仕事を
パパっといつもより手際よく済ませないといけない、みたいなことがあるわけで
なんというか いつもよりいろんなことやってやった感が現れるわけですね。

……まぁ だから何だ、といった感もあるわけですがそんなしょうもないこともつづってみたくなるもので。

TOP

いっちばーん

2018⁄07⁄13(金) 00:00
01_20180721225211a0d.png
部屋のPC環境があまりよろしくないのか――単に艦これが重いのか
いまいちよくわかりませんが 帰ってきて見てみたら執務室で肝試しやってました。
――プリンちゃん、おっちゃめ~

……なんか いまいちよく理由がわからない画像残されていたので
ノリで浸かってみただけです。 深い意味はありません。

11_201807212252114ad.png12_20180721225210921.png
13_20180721225209116.png14_201807212252088f1.png
さて 昨日のアップデートでいろいろと改二艦が増えてきていたようなので
ざっくりと「改装しましたよ」宣言だけでもやってみたいと思います。

というわけで さんざんじらしにじらしていた白露さん。
……何というか 夕立とか村雨にはかなりお世話になっておりますが
そのお姉ちゃんとしていろいろとこれからもよろしくお願いしますね。

……まぁ その意味でさんざん引っ張ってくれたおかげか
ある意味相当なキャラ立ちしてるような気がしないでもない。

15_201807212252451a6.png16_20180721225244e62.png
17_20180721225243a75.png18_20180721225243bf5.png
夕雲姉さん。 一番艦の改装というところをずいぶんと
持ち上げたような宣言がなされていたようですが
まぁ なんと言いますか 全くノーマークだった一番艦。

……ただ 時代の傾向的に陽炎型と夕雲型にスポットライト当たっていたし
かなり婉曲な内定通知が出されていたのかもと今になって思わなくもない。

ひとまず D型砲のほうは――いまいちそろえ切れていない部分もあり
その意味ではちょっと辛い部分があるかもな、といった印象。

19_20180721225314a1d.png20_20180721225313af6.png
天竜さん……は、一応龍田と同じ80レベルにはなっていた
――正確に言えば 昔から遠征で「未改装天竜」軽巡枠にして
全く気にせずに回していた――ので 改二余裕やろ、って思っていたのですが……

……なんか 地味に改装レベル84レベルだったんですね。
――というわけで この後レベリング航海に繰り出すことが確定いたしました。 はい。

……みたいな感じ。
――とりあえず これでフラッシュ版の改二は出そろったようですね。
この先の改二、だれが来るのでしょう。 ちょっと気になりますね。

TOP

チョイス

2018⁄07⁄12(木) 00:00
結構身近な身内ほど ハレの日に何を送ればいいのかわからない
――この年代の妹を持つ兄、もしかしたら弟を持つ姉は思うことがあるのかもしれません。

そんなわけで 最近そのような意味合いの問題に直面しておりますのっぴぃです。

特に物のセンスがないことは自覚しているので洋服とかを見繕って
相手に送る~  みたいなのはのっけからパスしております。

まぁ 幸いなこと?として この前の三月私がもらい受けたのが
身だしなみセット――正確な値段を考えたわけではありませんが
大方無印良品とかロフトとかで手軽に買えそうな気がする――だったこともありますし
あまり見栄を張った買い物をする必要もない、かなと思います。

まぁ 考えてみたらそれらを私が有効に使えているのかな、
とふと考えてみたとき……微妙な空気が漂うわけでありますが
そのあたりは最近ちょくちょくしゃべってたりこの先もしゃべることになるかもしれませんが……?

まぁ 脇道それかけておりますが 結局そんな意味合いで考えたとき
「ここ最近やたらあつい」ということを考えて「水筒」あたりが
結構妥当なあたりの買い物かな~  と 思いついてそれを実践してみた模様。

――と思っても 実際に店行ったときに「狙った買い物がしっかりできる」
という保証がどこにもない、というのがまた困ったところでありまして
ちょっと下調べして見せに行ったときに限ってその物品がないんですよね……

色の好みとかもいろいろありますし なかなか困ったものであります。


そういえば 先日妹も実家と喧嘩したとかいう噂が聞こえてきました。

――結構私も 家に言えないことだったとしてもこっちのほうに書き込んでしまうという
なかなかよくない癖がございまして まぁ そんな上では
……私も諸々いろいろとやっているな~  という自覚があるわけでして。

どことなく 別の場所に住んでいても気性というか起こった時の対応って
一緒(似通った)ものになるのかな~  と思った次第。

まぁ そんな行動原理だったとしたら私もわかる。
――仲直り、ツボにはまってしまっているのだったらなかなか起こらないなって。

この件に関しては、苦笑いしながら見ておくことにしましょうか。

TOP

W. cup

2018⁄07⁄08(日) 00:00
さて 日本のほうはワールドカップも敗戦しまして個人的にはなんだかな~
と感じる違和感あるワールドカップの話題が収まってちょっと生々としています。

――試合が始まる前にも書きましたが個人的に このワールドカップが始まる前の監督騒動
はたから見ていていい気分はしませんでしたし そのこともあり(元からスポーツ観戦に
あまり興味持ってないだけかもしれないけれども)ワールドカップはほとんど興味示さずでした。

――まぁ 結果論的には気が付けば一応決勝ラウンド進んでみたりして
今までの一番良い結果タイということだったみたいで……
その点だけでは日本的には悪くなかったのかもしれません。

けれども これを人間社会とか組織の流れとしてみてみたときには
少なくとも私の人間的に苦しくなるような話が結構見えていて正直言い期はしていません。

私 実際に失敗してみないと学ばない難儀な性格しておりまして
何をするにしても(特に失敗してもいい場ならなおさら)全力で失敗しに行く(許される範囲で)
というのをここ最近のモットーのようなものにしています。

そのモットーと今回の騒動を重ね合わせてみると 試行錯誤の成果だけ
見事にかっさらわれたという気がして非常に心が重い。
あえて悪い言い方をしてみるならば非常に胸糞悪いわけです。

まぁ この件だけで行くならば 単純にひがんでいたりといった部分かもしれません。

――まぁ ついでなので「娯楽としての」ワールドカップとしてみたときの
今回のワールドカップに対する疑問点というのも挙げておきましょう。

予選リーク最終試合 日本負けましたし その中で物議をかもした消極的な布陣。
……まぁ 戦略的にはいいのかもしれないけれども、とか何とか云われていましたが
これ サッカー観戦を娯楽として考えてみたときには大失敗ともいえるわけなんですよね。

まぁ 様々な側面があるでしょうからこの采配を私は悪かった、とまでは言い切れませんが
このもろもろの流れと重ね合わせて あまりいい印象を持たないな、
という 個人的感想が漏れてしまうというのはこれまた事実。

挙句の果てにはこのあたりのスポーツ観戦とかって誰が誰のためにやってるものなんだろうという
素朴な疑問も生まれてみたり知るわけですが 普段から見ていない私にとっては
これは自問自答すべき問題ではないな、ということだけはわかりました。

――まぁ 背景でこんなイベントありましたし触れないわけにもいかないかなと思い、といった感じで。

TOP

たなばた

2018⁄07⁄07(土) 21:20
さて 今年も七夕がやってきた、ということですが
実際問題日本では天気があまりよろしくないようで

――というのを飛び越えたドひどい天気模様になっているようですね。

雨が降ると天の川が悲惨な状態になって二人をつなぐカササギが
橋を架けることができなくなる、というのが 一種ロマンチックな
神話の語る世界であるわけですけれども 別に雨が降るからといって
一生にあるかないかレベルの水害を引き起こさなくてもいいんだよといった感じ。

一応 この被害が起こっているのが関西から九州(今のところ)ということで
私も前に住んでいた町:神戸  が この雨のおかげで濁流の街になっていると聞き
その時の旧友やらに連絡とってみたりしている感じであります。

――まぁ 就活勢の後輩にはまだ恐ろしくて声かけることできていないけれども
この辺はさて どういったところだろうか……
(なお、唐突に連絡したおかげか、返信が全くない模様)

……一瞬私の人望が疑われるレベルの情報公開がありましたね←

ニュースでは私も通ったことがある路線が土砂崩れになってみたりと
なかなか悲惨な情報が怒涛のように流れ込んできております。

人的、経済的、心理的、その他の被害が最低限になりますようお祈り申し上げます。


などと 若干他人事のような立場で記事を作ってみる矢先に
なんか 住んでいる家がぐらぐらと揺れる事案が発生いたしました。

――緊急地震速報付きで千葉沖で地震が起こったということで。
……まぁ 幸いに大震災レベルになることはありませんでしたが。

考えてみたら 今私がいる関東もまだ次の関東大震災来ていませんし
それのひずみはしっかりと蓄積されていると考えてもいいわけで。

こんな風に表現するのが正しいかどうか少々不安ではありますが
日本に住んでいる限り 災害とは常日頃から隣りあわせです。

もしもの時にはどうするべきか、逐一考えていくというのも
大切なことなんだろうな、と 一応地質学系修士卒の人間として
改めて感じたところであります。

TOP

Boyaki

2018⁄07⁄05(木) 00:00
どうでもいいトーク

前 野毛山動物園を賛美する際に「キリンとかライオンとかいるべき動物もいるのに~」
みたいなこと書いた気がするのですが今改めてこの文面を見てみると
なんか どこぞやのビール売ってそうな会社だとか歯磨きでお世話になりそうな会社とかに
見えてきてしまうのは私だけなのでしょうか。

――なんか 意識してしまってから見事にそれにしか見えなくなりまして
終わることのない苦笑い、といった感じであります。 のっぴぃです。

今日はこんな感じでとるに足らないトークを続けていこうと思いますよ
……あ、いつも通りですか、そうですか。


古いころについた習慣というのはなかなか抜けないようでして
前住んでいた神戸のゴミ処理事情に少々引きずられることがいまだにある私です。

――一応 こちらで回収してくれないごみをまとめている、ということはないのですが
盛大に燃えるゴミの日を間違えるだとか それに類する間違いは相応に、といった感じ。

通勤途中のゴミステーション見ながら 自分の部屋のゴミを取りに戻るべきか
真剣に脳内会議を開催するの、一度や二度で足らないというのが悲しいところ。

まぁ この先の時期ゴミもにおい発し始める季節にもなっておりますし
できる限り このあたりの間違いはさっさと訂正したいところ。


最近の悩み。 人間大なり小なり本音と建て前というのを使い分けて生きているのでしょうが
釈迦人としての人事評価、みたいなことを念頭に置いてみたときに
このあたりどんな風に見られてどんな風に見せていくべきなのか
全く判断ができないということに最近悩んでおります。

――洗いざらいすべて話す方がいいのかどうか
というか 今話す相手が本当に必要としている情報は何なのか
私が本当に提供するべき問題はないなのか 全く整理がつかない感じ。

ADHDである――という診断は受けておりませんが 体感的に結構当てはまるな~
という判定を多く受ける印象のある、みたいな自己評価。

いろいろと弱ってくる感じになってくると 雑に言えば「周りが見えなくなる」
ということがあるのですが 結構最近はこれが恒常化しているのかもしれません。

TOP

そんな、クオリティ②

2018⁄07⁄04(水) 00:00
エクステリアはさすがに多くを語れないということもありますが
インテリアに関しては割と思いついたことをそのまま語っていきたい願望。

というわけで不満ぶちまけタイム入るわけですが。

……まぁ ひよってる部分もありますし最初は当たり障りのないところから。

賃貸あるある。 壁紙に穴開けたらどうなるんだろう問題。
というわけで 実質画鋲封じ食らっているというのが辛い点として挙げられます。

まぁ その点言うのであれば前の家が画鋲使っても特に何も言われなかったという方が
イレギュラーであるともいえますし その辺は「前がよすぎた」だけなのかもしれません。

ただ その代わりに壁に貼り付けるタイプのフックが多用できていますし
それはそれで「この縛りの中で自分らしい部屋をいかにコーディネートできるか」という
遊びを楽しむことができた意味ではそこまで悪い話ではないのかも知れません。

――まぁ 最近はさすがに部屋も完成してその意味で遊べる場所はあまりないのですが。

ただ それに加えて天井が高い、というのもなかなか悩みどころでありまして
ゆえにツッパリ棒が使えない、ってことなんですよね。

――その意味で 張り付くフックを張り付けられない領域はどうあがいてもデッドスペース。
私の場合はもういろいろとあきらめて天井にフックを張り付けて
そこからタペストリー(オタクグッズ)をぶら下げる形で対処しています。

――おかげで部屋のオタク臭がすごいことになっている件()


一番人間が落ち着ける場所を求めるであろう(偏見)場所としてトイレが挙げられるでしょう。

私的にはそこにもちょっとした不安がありまして……
座って用を足すときに念入りにノズル(隠語)を調整してあげないと
便器から漏れてくる(垂れる)事案が発生するんですよね

正直言って 便器がこんなことも考慮に入れられていないというのは何事かと思いますし
はじめ これが「水漏れ」かと思ってひやひやしたものです。

最近慣れはしましたが時たまやらかすことはまだあるので早急に何とか
――できそうもないので ここは私が慣れていくしかないんでしょうね。
……正直なところ 相当面倒くさいと感じる今日この頃であります。

TOP

そんな、クオリティ①

2018⁄07⁄03(火) 00:00
今日もポストをのぞいた時に大量の不動産関連のチラシを入っているのを認めました。

――大方 そんなクソじみた部屋からはさっさと抜け出したいよね?
という需要があるとみてこんな感じのチラシ大量投入がなされているのでしょうけれども
往々にしてその中に重要な書類やら払込書などが混ざっていたりして
結構ひやひやしている今日この頃でございます。

というわけで いつぞやの記事大量投下時期にネタにでもしようと思っていたけれども
結局そんなこともなかったわが居室の愚痴り大会でございます。

もう 全部でいくつあるとか数えるのが正直面倒なので思いついたものから行きたい感じ。

早速頭の書き出しで使わせてもらった「チラシが多すぎる」「そのせいで割とポストがポストしていない」
問題というのも個人的に地味に問題で 払込書が
――みたいな具体例が出てきたあたりでどんなヒヤリハットがあったのか
なんとなく察せる方は察していただいて結構です()

ただ これに関しては会社に借りてもらっている立場と考えると
「自分で部屋借りちゃえよ」って不動産屋のささやきも
あながち間違いではないような気もするからまた困ったところで。

……この気持ちがある限り、このチラシの需要はあるんだろうなと
自己完結してしまう事態がまた いやらしいですね……


まぁ だからといって部屋の外のことはあまり言えないので手近なところから。

一人暮らしの安宿にはよくあることなのかもしれませんがベランダがありません。
――ゆえに 洗濯物をどこで乾かすかなんかは常日頃から悩みの種です。

シャツを壁に直接くっついている物干しラックつけた物干しざおに引っ掛けてみると
取り込もうとした際に下に落っこちる――ということが
私の場合試行回数比で半分と割と事故率も多くてですね。

――どうやら 風の通り道にこの建物が建っているのかもしれませんが
あいにく このような事件が起こる、ということは
その風の通り道に対して建物が垂直になっていてそれを取り込むことができないということで。

――それはそれで この部屋のクソさ具合に拍車をかけている気がします。

TOP