記憶のないあの日、

2019⁄01⁄17(木) 00:00
本日は阪神淡路大震災が起こったのと同じ日時。
――神戸から離れて早一年。 まぁ そんな立場ですがちょっとだけ触れていきたい。

まず 素直にあの地震でお亡くなりになった方々に再度
ご冥福を祈りたいところでございます。

実際のところ私はその時生を受けてはおりましたが全く持って
その時の記憶が存在しないようなお年頃。
……まぁ 地震体験、みたいな話においては
「地震を知らない若者側」ということができるでしょう。

そんな私たちもこんな感じのメモリアルデーには再度地震のことを思い返し
自然災害に対し適度に怖がる癖をつけること、これは大切だと思います。

……地質系の学科を卒業し その知識自体を日常生活や業務で
生かすことは正直まだできておりませんが 身に着けることができたものがあるならば
自然の強大さと偉大さを身に染みることができたことだと思います。

――まぁ 何度も書きあげている結論ではありますが
だからこそ何度でも繰り返していきたい、そう思います。


去年の末にはインドネシアのほうで火山性の津波でライブ会場が攫われ
多くの人が被害にあった、というニュースがありました。

今年は松の内の間に熊本でまた大規模な地震が起こりました。
――熊本の地震といえば記憶に新しいところでも起こっておりますが
断層とかを考えると動いたのは別の断層……っぽい?

まぁ ひずみのたまり方にあの地震が影響を与えた可能性はありそうですが。

また そもそも去年の漢字として挙げられたのが
様々な災害を想起させた「災い」という感じだったことも忘れてはいけません。

自分自身のところも最近は――前述の災害と並べるのは申しわけない気もするのですが――
こまめに地面が揺れているような感覚がありますし
実際 首都直下型地震やら東海地震やら 多くの災害の予報が
騒がれるようになっている、という現実もあります。

そんな世の中だからこそ、定期的に自然災害の記憶を思い返し
もし次自分のところに同様のことが起こったならばどうするのか、
ということに関して 考えておく必要はあるのではないでしょうか。

TOP

胸糞はよろしくない(妄想)

2019⁄01⁄16(水) 00:00
すこし我ながら貧乏くさい気もする愚痴をば。
――なんとなく、アマゾンに騙された気がする、といった話。

アマゾンプライム、ってあるじゃないですか。
――運送費が安くなったり動画が見放題になったり、といった特典があるらしいという。

まぁ 私もオタクの端くれですし 「時間があったならばアニメ見放題とかあこがれる」
という気持ちもあり できることならばお世話になりたい、そう思っていたころもありました。

ただ 実際最近の動向を考えてみますと 修論の時期もまぁ あれとして
その後の社会人一年目として納めなければならない諸々も
私にとってはなかなかに苦しい日々の連続で 実際問題
ゆっくりオタク的活動している暇なんてなかった、ということができます。

――実際 去年見たアニメってポプテピピックだけだった、ということは
たぶん 年末記事をはじめとしていろんなところで吹聴していた気がする。

で 結果的にアマゾンプライムとかに登録してそれを楽しむ時間が全くなかったわけであります。

かたや アマゾン側もこのサービスを体験させて顧客につなげようと
一か月限定無料会員みたいなことをサービスしているわけですよね。

で 先日アマゾンでCD購入した際に間違えて無料会員登録みたいなのに誘導されてしまったと。
――で、まともな確認とられることなく勝手にこの無料会員機関始められてしまったと。

私的には 「別にお急ぎ便するまでもない注文(実際 届いた一週間後も
袋から開封して聞く間もないほど心に余裕がない)」でしたし
それこそ プライムビデオなんて見ている余裕も全くない。

けれども 余裕ができたときにゆっくり精査して楽しんでみたい、と
ウィスキーを熟成させるがごとく楽しみにしていたお試しのタイミングを
ふいに どうしようもないところでパーにされてしまった。 そんな感覚で。

どこにぶつけるでもないわけですが これがとても悔しくて仕方がないわけですよね。

とにもかくにもひとつ言いたいのは「確認してから登録しろや」ってところ。
これ、しょうもないものを売りつけて金巻き上げるような詐欺の手口を
個人的にはほうふつとさせるような感じで これもこれとて気持ちのいいものではなかったというのもあり。

……まぁ 後から考えてみるとこんな人間、後から客になる算段も薄いのだろうし
ゆえに早々に切り捨てるのが得策だったんだろうなって、自分でも思うようにしましたけどね。

まぁ そんなただ毒を吐きたいがだけの日もありますよっと。

TOP

追いすがる

2019⁄01⁄15(火) 00:00
師走からこのあたりにかけて ずいぶんと切羽詰まっていた
――まぁ 今月もおそらくそんな感じなのだろうけども――時期が続いておりまして
ほんと最近まで記事更新をサボり続けていたのをある程度取り返して。

……そういえば 年始記事の中で書き込むの忘れていたけれども
「帳尻合わせも含めた『ほぼ日刊』というスタイル」は
なるだけ保持していきたい、という意気込みは一応持っています。

なにせ 高校時代から続いている日記でもありますし
まず 一つの大きな区切りとして10年間
大体毎日一本ペースで日記書き上げることができたなら
何かしらの自分への自信につながると思うんです。

まぁ クリエイターになることはできないとしても
駄文らーくらいにはなれるんじゃないかな、なんてね。



湯沢02
そんなこんなで 最近書いてきた記事の中で
しゃべってみるの忘れていたことに関して軽く触れておきます。
――というわけで 昨日まで書いてあった湯沢行について。

ゲレンデへ出る前――新幹線降りた後――対面のホームに
現代美術新幹線が止まっているのを発見しまして
まぁ 乗れないにしてもお姿拝見くらいは……と思いましてパチリ。

私にとって現代美術とは「理解しがたいもの」の筆頭なわけですが
その特性的に新幹線というある意味「機能美」を追求したハコというのは
相性が良いもの、なのかもしれません……?

仮に関東圏でも見ることができるのであれば見てみたいものですが
どうも そんな感じのダイヤではないようで――私的にはハードルが高いようにも思います。

考えてみれば 山形新幹線にもゆれいるが走ってたりしますし
東京に乗り入れていない特徴的な新幹線ってのもあるんですね。 思い出しましたよ。

食べ物(湯沢))
スキーに行く当日の朝ごはん。 シュウマイ弁当。
……駅弁にしてはお安いというのが一番うれしいところ。

ゲレンデはいろんな意味でしっかりカロリーを蓄えておかないとまずい場所、
という感覚もあり また 朝しっかり食べることもできなかったのでご購入。
――キオスクがあほみたいに混んでいた、というのもある。

まぁ コンビニ弁当にするのだとしたら「出る前に買っておく」のが正解というのも
この時初めて知りましたし 今後に生かせれば、なんて思います

TOP

動く棺桶

2019⁄01⁄11(金) 00:00
年始早々 個人的にはずいぶん忙しい日が続いておりまして
正直 いろんなノルマ――というのでしょうか?――が
積みあがっている毎日を過ごしております。 のっぴぃです。

実際 コミケで買ってきた本をまだ見事に積み上げておりまして
それを読み込む時間をまだ持てていない、というのが悲しいところ。

できれば絵師さんのエゴサ週間の間にツイッターで感想文書き連ねておきたかったのですが
どうにも その目標は達成できそうもありません。



さて その一因なのかはわからないのですが この一月から
またちょっと 私の生活習慣が変わる出来事がありまして
ちょっと 出勤場所がまた違う場所に変わりました。

その結果何が起こったかといえば――難易度が上がりました。

今までは南武線でプレスされることに毎日のように
悪態をついて過ごしていたのではありますが
その後 さらに地獄レベルの上がる湘南新宿ラインに
押し込められなければならない、という責め苦を負うことに。

しかも 通勤してみて分かったのですがこの難易度というのが
南武線のそれとは比べ物にならない、という感じでありまして
実際に初日には「積み残された」経験をしました。

まぁ 時間にそこそこの余裕をもって動いていたのでそれが即遅刻に
つながることにはならなかったものの 初日から背中に
嫌な汗をかいたことは記憶にしっかり刻まれた模様。

というか 後ろ手にドアの上の部分を持ち
尻で自分の体を列車内に押し込むという行為をしようとしても
どうにも列車に自分を入れることができない――という無力さを味わってみたり

……15両編成の列車でこの人口密度、東京やべぇな、ということを
改めて感じた次第であります。 なお 私の体感的に
総武快速線の通勤時間帯の東京行はさすがにこのレベルではありません。

通勤を快適にしたい、という一心であれば 千葉で生活することは
かなり心身に対して優しい行為なのではないか、みたいなこと
感じる今日この頃でございます。
(だからと言って 今からおいそれと帰るわけにもいかないのだけれども)

TOP

土地神様

2019⁄01⁄10(木) 00:00
そのほか 実家にいたときのことは――食っちゃ寝してた、くらいしか
言いようがありませんので ささっと今住んでいるお家に
帰って来た後の話でも致しましょうか。

初詣01
現在住んでおります川崎市には 首都圏では有名な初詣スポット
川崎大使を抱えている場所であります――といっても私
今住んでいるのはその外れなので さほど近い、という印象もないのですが。

初詣02初詣03
とはいえ 土地神様へ挨拶せずに一年過ごさせてもらうというのも
また失礼な話ではないか、ということもあり(あと 初詣を
前のドライブの際にやろうと企画していたものの 諸事情でできなかったのもあり)
川崎大使のほうへ顔出してまいりました。

まぁ 案の定三が日の間に足を運ぶことはできませんでしたが
足を運んだ当日はまだ幕の内の間、ということで
――一応、初詣としてはセーフラインの中に入っているよね?

とはいえ 三が日から外れているとはいえ 地元で年末年始を過ごし
帰ってきた人間にとっては この時期がもしかしたら一番
土地神さんにあいさつしやすい、ということもあるのかなかなかの混雑でした。

――私みたいな考えをしている人間って別に珍しい古都でもないのかもしれません

なお 京急の川崎大使の駅写しておりますが実際は川崎駅から徒歩で来てます。

実際に足を運んでみますとなるほど壮言。
特に夕暮れ時だということもありなかなか趣のある面構えでした。

――まぁ 中は随所随所に現代っぽい建築の跡があったりと
首都圏の信仰を受け入れるために近代化できるところは積極的に
近代化を取り入れているんだろうな~  という点も見られましたが。

考えてみたら 一応神戸にいたときにも生田神社へ顔出してみたりはしていましたが
あまり京都の寺に参るとかしていなかったなぁということを思い出し。

……その点ではちょっと 後悔すべきことだったのかもしれない
――とか 思ってみたり。

現在のところ如実に後悔すべきだと感じているのは
この期間の間に自分と波長が合う人間を見つけられなかった
(行動を共にできるような人間と出会えなかった)ことだと思っているのですが
それにかまけて「行かなかった」こと自体もゆくゆくは後悔するリストに入ってくるかもしれません。

TOP

ドライブ/サイクリング

2019⁄01⁄09(水) 00:00
房総01
なんか 寝正月決め込もうと思ったら3日には房総半島一周ドライブに
拉致られました のっぴぃです。

内心 さほど行きたい場所があるわけでもなかったのですが
結局何もやりたいことが思い浮かばなかったということもあり
渋々ながらついていくことにいたしましたわたくし。

まぁ 結果的にいろいろと運転リハビリやらされたりしたわけですが
……とりあえず そんな機会は私にはさほどないことだろう、と思い直すことにする。

房総02
まぁ この機会に一度食べてみたいと考えていた
房総三大ラーメンの一角、B級グルメ勝浦タンメンを食すことができたから良しとする。

よくありがちなのがゴマ風味の担々麺ですがここはしょうゆベース。
だからなのかはよくわかりませんが 緩衝材も特になく
ガツンと攻撃力に最大限振ったような辛さが特徴。

中には玉ねぎとかが入っているのですがその甘さが頼り。
……そこんじょそこらの辛さ耐性が並の人では怪我するぜい、
そんなやんちゃなラーメン、というのが私の中での印象。

一応辛さに対してはそれなりの体制があると自負する私ですが
このスープを飲み干すのは無理だと完全にあきらめたレベルです。
(基本 普通のラーメンだったらスープもおいしくいただくタイプの人間。)
(↑とはいえ 例えば二郎のスープとかはカロリー的に死ぬことわかってるから
必ずしも食べるという保証もしないという保険をかけておく)

とりあえず 総括、と銘打ちまして感想を改めて一言で書くと
「冬じゃないと絶対に食えない攻撃力極振りのラーメン」といったところか。
……ともあれ、ごちそうさまでした。



そういえば ラーメンといえば前コミケサイクリングやった時に
道中にどうも気になる味噌ラーメンや見つけたんですよね。

まぁ 行きは丑三つ時ということもあり当然のごとく、
大みそかということもあり閉店も早くなっていたのか帰りでも
その店に入ることはかなわなかったので 結局まだ視察できていないのですが
できることならばあの店も一度 視察しに行ってみたいものですね。

そんな意味では あのサイクリングも悪いものではなかったのかもしれない
――新たな気付きを得ることができたのかもしれない。 そう感じるようにしよう、そうしよう。

TOP

結局寝正月

2019⁄01⁄08(火) 00:00
年末年始は――まぁ 寝正月だったんだろうなぁ、
というわけで ちょっとばかしその辺のお話書かせてもらいたく。

最近恒例のことではありますが 年始はコミケの影響で
生活リズムがちょっと狂った感じになってしまうわけでして
そのあおりも受けていつもより起きる時間がおかしく……

なると思っていたのですが 1月1日の朝は健全な6時半起床。
……前日(一時起床、明朝サイクリング以下略)の動きを考えると
自分でも驚くレベルの健全な気象でありました。

ただ 健全だったのはその時だけで その後は
ひたすら昼寝をむさぼって結局寝正月だった、というのはお約束。



このあたりの荷造りは コミケにかまけていて出発直前
(チャリ回収が終わってから)の数分間で神速で済ませたのですが
そんな合間で妹から「遊びたいからスマブラ持ってきて」という
注文に嫌な顔せず答えてあげるいい兄貴(誰もほめてくれないので自分でほめる)。

……ただ 家族にはノリでスイッチ買っちゃったことを
全く伝えないまま今まで来ているので このコメントの裏は
絶対3DS版持ってくるだろうと思われているんだろうな。

……ということで その日リビングにいる妹に向かって
「頼まれてたスイッチお前の部屋置いといたから、好きな時遊べよ」
と声かけて向こうがツッコんでくるのをひたすら待機

……してみたのですが いかんせん反応がない。

……かなり目立つところに置いておいたんですがねぇ。

結局翌日(年明け)になっても無反応なもので興ざめしたこちらから
「実はスイッチだった」みたいな種明かししたわけですが
まぁ ドッキリ? 仕掛けようとしてもターゲットが思ったように
動いてくれるというわけではないんですよね。 まぁ 仕方ない。



dog.jpg
コミケ帰りの流れで帰省した、ということで今回の荷物の中
オタグッズがそれなりに含まれていたわけですが
そのグッズですらも布ものであればわんこのベッドにされてしまうのはたやすいわけで。

……まぁ 噛んだり汚されたりはしていないけど 案の定毛だらけになりました。 許す。

TOP

迎春・2019④

2019⁄01⁄04(金) 00:00
とりあえず 目標として書ける内容の中で少々雑味にあふれる話でも
ぽつぽつと語ってみたいな~  と思います。

まずは業務関係について――ですが かけたらうれしかったんですけどね。
さすがにどこそこの業績〇パーセントアップとか
そんなこと書けるわけがありませんので 私個人のことを差し支えない範囲で。

正直 去年の自分の仕事を思い返すと結構ワンマンで
周りが見えていない部分が見受けられたような気がします。

おそらく 大学の研究が完全に個人プレー――研究内容も
あの研究室では実質そうなってもおかしくないかも?
って感じの背景でしたしだったこともあり
チームワークってどうすればいいんだっけ?

……みたいな展開になっているので まずこのあたりを
――何とか出来たらな~  という願望が一応あります。

これに関してはいつ何をする、という具体的な案は思いついていなかったんですがね。

何せ もともとチームワークというものが得意ではない性分でしたもので……



あとは お金も貯めたいところです。 これは非常に簡潔。

まぁ 前の反省としては「すでにボーナスとして使いたいものが決まっていた出費をしたら
案の定お金がたまらなかった」というものがありましたし
今後 引っ越しの出費が確保できればさほどの出費もないはずなので

――今年はある程度は貯金に回せる、というのが目標なのですが
はたして そんな計画通りに行ってくれるのだろうか?
というのがまた怖いところなのですが さて どうなることでしょうか。



もう少しお外を見て回りたい、という願望が個人的にございます。
まぁ 端的に言えば旅に出たい、って感じですね。

今年も後半からちらほらと動くようになりましたが
特に冬場はスキーの予定を立てたりもできますし
おそらくはやりよう、考えようはあるのではないか……  と思います。

まぁ そんな感じではありますが 2019年も気張っていきましょうか。

TOP

迎春・2019③

2019⁄01⁄03(木) 00:00
準備だとか計画だとかそのあたりとは
また少々関係ないことではあるのですが
意識していかないと――というか いやでも考えないといけないだろう、と
考えさせられているものとして自らの体の管理、というものがあります。

そろそろアラサーという称号をいただいている中で
新陳代謝とかも相応に鈍くなっていることが予想できます。

私の場合家族に太っている人間がいないので
ある程度厳格に体格管理していかないと如実に目立ってしまうんですよね。

……具体例になるかはわかりませんが 成長期の身長が伸びる前に
いったん体に栄養をため込む季節――俗に言う「思春期太り」――に関して
「この子太ったんじゃないかしら」って母親にガチ心配された

……みたいなこともありましたので いろんな意味で私
太れない――太っちゃいけない――そんな気がするんです。

まぁ そんな事情をさておくとしても 昨年は自転車の出番がさほどなかった
夏なんかは特にずっとぐったりしていた――などなど
体調管理にさほど気を配っていなかったことをうかがわせる行動が多かったです。

……このあたり 自制していくことができたらなぁ、などと考えています。



あとは 床上の整理等も定期定期にやっていかないとな~  と思い始めました。

特に心が落ち着いていないときには床の上に物がたまる溜まる。

実際今 記事作っている時系列ののっぴぃさんは自分の周り見渡しながら
「これはやばいなぁ」と若干引き気味だったりするわけで。

……こんな状況になってしまう心当たりとして
心の安寧、というのは切り外すことができないでしょうし
余裕を持った生活を心がける、というのは大切なことになってくるだろうと思われます。

そんな意味では 会社で根詰めすぎないとか――結構妥協できない
自らの性格でもある程度楽観視できるようにとらえていくべきなのかもしれない

――と感じる今日この頃であります。

TOP

迎春・2019②

2019⁄01⁄02(水) 00:00
一応 今年の目標として「計」のようなことを意識して
生活できたらな~  という願望を昨日は示してみたわけですが
今日からしばらくはその辺を少しでも掘り下げられたら、と思います。

ひとまず願望としては 公私ともにこの辺のこと
できていければな~  とは思っているわけでそれらについて書けること書いていきたいです。

まず どちらのほうへ向かいたいのか――という指針に関してですが
さすがに何も思いつかないという無計画さはどうか、という部分もありますので
ひとまず 自分の中で持っている「この一段階上の行動目標」
……のようなものでも示していきたいな~  と。

それはずばり 「私を選ぶことのなかった人・組織の方々にそれを後悔したくなるような人材になる」

まぁ おととしの就活とかそうじゃなくても
ここ近年っていろんなところで私は自分自身をプロデュースし
選んでもらえないか交渉してみる、という機会を持っていたわけですが

……まぁ 全体的になかなかうまくいかなかった、そんなこともありましたね。

そんなわけで その時選んで盛らなかった人に対してそれを
盛大に後悔していただきたい、というのがこの大目標の大まかな流れ。

……まぁ こんな書き方したらのっぴぃさん 相当恨みっぽい
人間なんじゃないかなー  って 思いたくもなるのですが
当然 そんな後気味の悪いことを目標にしたいわけではありません。

ただ 人間力とかをあげていけばいずれの時か
「あの時あいつを選んでやれば……」といってもらえる機会がないともわかりません。

そんな感じで 前向きな意味で私自身の――市場価値、といっていいのでしょうか?
その辺をあげていけたらなぁ、と感じるところであります。

といっても どんな方向性で自分の市場価値を高めていくのか

……今私自身が持っている能力であるとか資質であるとかを
しっかり把握していかないと何に取り組めばいいのか、何を始めればいいのか
たぶん全くわからないんじゃないかな~  と思いますので
そのあたり含めて指針を立てることができる――

くらいまでを目標にしたいところです。 最低限として。

TOP