自分磨き

2019⁄09⁄16(月) 00:00
この連休中、ちょっと自分の心身と向き合ってみよう、と考えたのっぴぃさん。
病院に行ったり――半ば定例と化している感はありますが――まだ見ぬ土地へ行き
リフレッシュを図ってみたり、といろいろとしているわけですが

……そんな「削れたものを修復する」という行動だけじゃなく
ちょっとは「攻め」を出してみてもいいのではないかと考えた今日この頃。

とはいえ、この部類で、しかもまだ体力・MP回復にいそしめていない状態でできる
攻めの行動、というのも相当に限られています
――前もジム通いやそれなりに誇れそうな音楽趣味なんかはそれらが回復してから、
なんて言い訳書かせてもらったという体もありますからね……

ただ そんな中でも自分の見てくれを意識しなおしてみる、ということは
たとえ体力はMPが削れ切っていても着手できるのではないか……?
と考えたのっぴぃさん。 実践してみることにいたしましたと。

というわけで やってみたのが初・美容室。

髪を切る、という行為を金を払ってやってもらう、ということは当然
過去にもいくらでもあるわけですが基本的に1000円カットとかで
手早く済ませてもらっていたのっぴぃさん。

――正直 自分の見てくれに全く興味がなかったから、といえばそれまでですが
少なくとも自分はそれに多くの金をかけることに意義を見出せなかったわけです。

とはいえ 曲がりなりにも多くの人と顔を合わせながら生活をする
機会が増えたということもあり たとえ初対面で低く見られないようにする、だとか
諸々の効果を期待して、ないしはTPOを理解する訓練費用として
その手の投資に繰り出してもいいのかな、と考え始めた今日この頃。

まぁ もともと草食っていたような、そして、そのような人間が似合う
髪型なんてほとんどわからない私でしたが 理容師さんに相談しながら
とりあえず 身だしなみの整え方等をレクチャーしてもらった次第です。

とはいえ 毎日のメンテナンスは往々にして忘れそう――朝、化粧水つけるのを
忘れて通勤する、とかしばしばやらかすわけで――という感はありますが
それでも 挑戦し、意識していくことが大切、だといいな~  と思います。

まぁ この手の投資は一度やっただけでは何の意味もないでしょうから
次、その次と重ねていって自分に似合う何かを探してみたいところです。

TOP

心身のケア

2019⁄09⁄13(金) 00:00
社会人がまとまった休みがとれる、という時にできることとは何でしょうか。
……まぁ 少なくとも日々の仕事でいっぱいいっぱいな若手社員目線で、ですが。

例えば目一杯寝る。 近くを走る車両の中が通勤客でごった返している中
二度寝をむさぼる楽しさ、というものもあるでしょう。

もしくは趣味に興じる。 ――サックスとかもっとまじめで誇れるような
趣味を取り戻したい感もあるのですが……残念ながら今の私にはそれは
ちょっと早い相談だった、ということは自分の心身を見返してみて思いました。

と、思ったからにはちょっとばかり自分の心身に問いかけてみよう、という
発想に至りましたのが今回の夏休みでございます。

というわけで やったことで今回書いてみたいのが病院関連。
まず、――なんか仕事に追われてて存在半分忘れてた――自分の健康状態を図りに行きました。

……うーん。 見た目にはあまり出てきていない感ありますが確実に筋肉が減りましたね。
それにかかわる数値はなんとなく出てきた感があります。

……体がだらしなくなるだけ、であればいいのですが これがもっと健康に
直結しそうな部分ありますからね。 ちょっと体が動かせるようになったら
ジム通うこととかも視野に入れないといけないかもしれません。

……で、ここで「すぐにジム通いを」といわなかった理由のほうがもう一つ。
――心のほう、もしくは頭のほうの現状をはっきりさせたかった、というのがありまして。

だって正味、日々のお仕事――主に脳みその労働――で若干オーバーワークになって
それこそ休日のすべてを睡眠と休養に当て、かつ平日帰宅後も
干物になって過ごしている、という現実がありますからね……

まずこちらのほうをある程度何とかして「休日の行動保障」をつける方が
先決ではないか、と考えたわけであります。

こっちもこっちでいろいろと検査をするだけの状態になっていて
なおかつ 身長体重と違ってその数値を見せられても自分で吟味できるものではないので

……いわば、結果待ち、といった感じになるのですが
少なくとも まともな社会人生活が過ごせるような環境づくりに
この行動が結びついてくれるといいな~  と感じる今日この頃です。

TOP

初秋休み

2019⁄09⁄12(木) 00:00
そういえば、なのですが のっぴぃさん、お盆にお休みを取らなかった代わりに
この時期に夏休みをいただきたいな~  と 会社にはたらきかけました。

まぁ これの件に関してはそれこそ世間が夏休みの空気になっているころに
一度まとめたことがあるような気がしますが再度端的に書きますと

・自分にはお盆の時期に帰って参るような墓がない
・実家も近く、連休を出しに帰宅することも可能である

という事情。そして、結果論もさらに加えるならば
いつも死ぬほどつらい通勤路が優に座って移動できる程度には
とても楽なものに変化してくれた、という点が挙げられまして。

では その代案をなぜこの時期に持ってきたのか、といいますと

……まぁ 事情は考えたりあげてみればいろいろとあるのですが
一番しょうもないけれどもそれらしい言い方をしてみるならば

……まぁ、艦これのイベントの友軍が到着するのがこのころかな~
という見立てをして動いていた、ということにしておきましょうか。

ついでに このあたりに控えております三連休をうまく抱きかかえれば
それなりに日数を要する連休を作ることができる、という
思惑もあったりなかったりします。

まぁ せっかく休み、であるのであればやはり
少しでも長い期間を連続にして「どっぷり休んでやりました」感を
醸し出したい、というのが人の心情、といったものでしょう?

なお この辺鄙な時期に夏休みを持ってきた弊害をあげるとするならば
同じ時期に休む仲間というものがなかなかおりませんので
基本ぼっちな行動になってしまう、という点が挙げられます。

……まぁ ただいま現在のっぴぃさんの社交力やそれに類するステータスは
地を這っているような状態なので幸か不幸か大きな問題は起こっていないのですが
……さすがにこの年でこれ、というのは少し不安が残る今日この頃。

――このままいったらこれ、孤独死ルートですからね。 さすがにそれは避けないと。

TOP

台風襲来@千葉

2019⁄09⁄11(水) 00:00
さて 今までは私自身が見聞きした実地体験のみで先の台風のお話をしてきたわけですが
まぁ 風が強い、などといっても建物が揺れる程度、すごい音におびえて
軽い睡眠不足になる程度で済んだ、というのは僥倖でした。

さて 私の出身は千葉県ですがその私の生まれ育ったこの千葉の地が
今回台風でものすごく大きな被害を受けました。

まぁ ニュースによれば台風が上陸したのがそのまま千葉市付近だった、
と聞いておりますし ものの見事に爆心地で被害を受けたのだなぁと。

――具体的には停電とか。 鉄塔とかが軒並みやられて
復旧には多くの時間がかかるとか……

ちなみに 実家の親に話を聞いてみたところですと
私の実家のあたりについては大きな問題が起こることはなく
まぁ 普段通りの生活に基本的に戻れたようですが
私の見知った街のすぐ近くでもまさに停電している地区があったりもして

……こんな風に大きな問題なく日々を過ごさせてもらえるのは
なかなかにありがたいことなのかなぁと感じる今日この頃です。

で 電気が止まって何が一番つらいかといえば 台風が持ってきた暑い空気による
――まぁ 気温の上昇ですよね。 電気が使えないとなるとつまり
クーラーの類も使えないとなりますし。

あとは 房総半島の列車もずたずたになっているとか。

東千葉駅では駅自体の壁面が崩落したりといわれようもない尋常な
被害が出ていたということで……さすがにやべぇよ。

そのほか 当然のように倒れている倒木だったりそもそも停電などで
今月はあの地域で動くのも相当に苦労しそうだなぁと。

――三連休の片方を使って帰省しようかとも考えていたのですが
ちょっとこれに関しては考え練り直さないといけないかもですね。

ついでに言えば これに関する救助要請を某県知事がなかなか出さなかったがゆえに
自衛隊派遣が決まらなかったのだとか……

……私情で動く知事は本当に大変だなぁと感じる今日この頃でありました。

TOP

台風襲来(その後)

2019⁄09⁄10(火) 00:00
昨日は「電車が来ないな~」などと言いながら のほほんと構えていたわけですが
まぁ そんな甘い空気で居てられるのは自分が運よく
さほど大きな被害にあうこともなくすべての物事を終わらせることができた

……というだけだったのだなということを思い知らされました。 のっぴぃです。

私自身の話だけでいえば 昨日書いた段階では窓の外からものすごい音がしたり
寝込みの緊急速報メールで飛び起こされたりしたりという被害のみだったのですが
それから――まぁ、副次的、といいますかあれこれもあったのでまずはその辺のお話。

端的に言えば「通勤マジ死ねた」という話。

まぁ 通勤路線が死ぬほどつらいのはいつものことなのですが
今回はいつにもましてその傾向が強かったです。

まずは電車が来ない。 そして、来た列車に乗れない。

前者では、川崎駅で東海道線ホームについた時運悪く来た列車が出発してしまったところ。
こんなこともある、仕方がないと次の列車がどこにいたのか包装に耳を傾けてみると
自発の列車は茅ケ崎だという。 ――平常では見られないような列車感覚に驚愕。

後者について、幸か不幸かもともと立つ場所もないような列車に乗る、という点に関しては
日々の生活の中で慣らされていた私なのですが その日々の経験をもってしても
どうにもならない物量(物理)が列車に詰め込まれていたわけで。

さっきの話の続きですが「東海道線では無理だ。京浜東北線だ。」とあきらめて
そちらのホームへ移動したのっぴぃさん。 ただ 来た列車が軒並みすし詰めで
なかなか列車に乗れない、ともたもたしているうちに気が付けば東海道線の上り列車が。

――結局、この列車に乗れる乗れないの問答をしている間に茅ケ崎から川崎まで
走破するだけの時間がたっぷりあったようですね。
――まぁ、その来た列車に乗れる、という保証もありませんが。

まぁ こんな大変なダイヤではありましたが必ずしも交通各社が悪いわけではないと考えています。
――ので、その事実に対してぼやくことはあれど、その責任を追及しよう、などという
クレーマーじみたことをするつもりはさらさらありません。

――一応先輩とかからは急遽有給使った、という話も聞いていたところですし
一種、私の社畜根性のようなものが出てきてしまったのかはたまた そこまでして通勤しなければ
何ともならないようなスケジュール感で業務を続けている自分自身を
恥じるべきなのかもしれないですがね。 実のところ。

TOP

台風襲来・交通混乱

2019⁄09⁄09(月) 09:05
今日の未明は私の現在地、関東地方にごっつい台風がやってきて
朝から首都圏の交通網が大変なことになっております。

ちなみにのっぴぃさん現在本来は通勤していなければまずい時間帯に
悠々と今日の分の日記テキストを打ち込んでいるわけですが
これも先の台風の影響で最寄りの列車とかその乗り換え先とかが
動いていないことを確認しているので仕方なく

……えぇ、仕方なくお家待機をしているわけですよ。 やったぜ。

ちなみに 振り替え輸送もされていないようですし
何よりその受け皿たる私鉄も動きを鈍らせている現状ですし
出社が午前様になることも半分覚悟しなければならないかもです。

まぁ その台風そのものもなかなかにすごくて
四時ごろに窓からすごい音がしたことで起こされて
なかなか寝付けずにいたならば 今度はスマホから
おやすみモードを無視した轟音の警報を気化されて
再度飛び起きる、なんてことをやっておりました。

おかげで 今日の(少なくとも)午後からはやっているだろう勤務
月曜日なのに相当なお疲れモードで実施する可能性特大ですね。



列車の遅延、といえば 台風襲来の直前に京急のほうで
トラックが踏切で立ち往生、そこに衝突、という痛ましい事件がありました。

京急のスピードからして脱線大炎上していてもおかしくないところが
何とか横転すらも免れるという京急の列車事情に驚きました。

ただ これを報道する各社が一斉に京急たたきをしているのを見ていると
「ここまで鉄道事業者側にすべての責任を投げつけるものかねぇ」という
不信感を抱かずにはいられませんでした。

……現場を確認する限りどう考えても四トントラックが入ってはいけないような
場所で事故起こりましたからね。 この点にもメスを入れないのは
相当に偏った立場での思い込み報道なのでは、と思ってしまう。

そりゃ、京急側にも落ち度あるかとは思いますが
日ごろの政治的ニュースも含め第三者的な、あるいは喧嘩両成敗的な立場での
記事作成をマスコミの皆様にはお願いしたいところです。

TOP

最強のスイカ

2019⁄09⁄08(日) 00:00
世間で毎日の買い物の支払いの中で現金を使わない
俗に言うキャッシュレスがはやりになっているそうです。

私も会社員になってからはクレジットカードを利用した決済が増えまして
その意味では私の生活の中でのキャッシュレスが進んだ感があります。

……まぁ ここでいうキャッシュレスってクレジット決済のこと
さらっと省いて言われること多いんですけどね。

さて それとは別に私がアップルウォッチの中に格納しております
スイカ(定期券)の取引のほうを自動引き落としに変更いたしました。
――そしたら 私が初めに思っていた以上にとてもこれが便利でして。

気が付けば昼飯のお支払いとかお買い物とかで
腕を機会にかざすだけで終わらせて 結果的に財布すら出さないという
決済機会がとても多くなったなと思い立ちました。

今までもアップルウォッチにスイカは入っていたので
少なくとも腕をかざすだけで決済、ということはできたのですが
その残高は足りなくなってきたら逐一アプリからチャージしなければいけませんでした。

――が、これがなくなっただけでその利用機会が体感十倍くらい増えまして
(それまでは本当に鉄道移動の時くらいしかそれの利用機会がなかったのですが)
チャージのわずらわしさというのは大きかったんだな~ と感じます。

先のクレジットカードすら出さないというのは……
……なるほど、キャッシュレスという言葉にクレカを含まないのがなんとなくわかる。
つまり、財布を利用しない決済の話をしているんだな。

とは言えども このスイカのチャージ額の推移というのが
今使っている家計簿アプリのほうで管轄してくれていないので
ちょっと お金の動きを追いかける、という意味では
後退した部分が多いような気がする今日この頃であります。

――もしくは スイカにも対応してくれないかしら。

とまぁ こんな生活を定着させてしまうと万が一
名古屋とか大阪とかに転勤になったとしたら果たして私の生活は
どうなってしまうのかというどこ墓とない疑問がわいてくるのですが

……どうなるんでしょうな。うむ。

TOP

白物家電/現在の格付け

2019⁄09⁄07(土) 00:00
なんか 消費税の話をしたときにふと思い出したのですが
一応 「駆け込み需要」にかこつけてお引越ししてやろう、という
現在にしてみたら没案となったお話もありました。

一応今住んでいるお部屋からは もう一年半くらいで追い出されることが内定しているので
それまでにお部屋を探して映らなければならない。

……で お引越しが伴うとなれば当然それなりにお買い物が必要になるわけで
そのお買い物――もしくは引っ越し代金そのものも――を考えたときに
この「駆け込み需要」を見通してこの時期に済ませてしまおう、という考え。

ただ 私自身が物件探しに動く気力が持てなかったこととか
「でもまだ後一年あるんよね?」という なあなあにも似た圧力が
自分の中からやってきたこともあり まぁ 結果早々に引っ越す案は没となりました。

――が そろそろ住処探しはしないといけない、という現実には
そう大きな違いはありませんので ぼちぼち場所の選定をはじめとした
物件探しのほうは着手してもいいかもしれないと考えております。



まぁ ここ最近自分の自炊力、自炊に向けた活力の減少を身で感じながら
「でも家電は新調したいな~」という欲望にかられます。

――実際 帰り道に松屋とかに駆け込んだ方がいろいろと楽なんですよね。
ただ 松屋合成着色料とか使ってないかもしれませんが塩分とかそのたぐいは
本当に大丈夫か不安になることも多々あるわけで。

……一応、なんとかしたいな~  とは考えてるわけです。
で 現状を把握するために少なくとも私の大学時代(最盛期)をもとに
自分の現在の立ち位置というものを考えなおしてみました。

1.自分で調味料とかで味を作りながら料理する←これの下レベルが大学時代最盛期
2.COOKPADや料理スキル本でレシピを見ながらやる
3.クックドゥにお世話になる
4.レトルト万歳
5.松屋先生愛してる

――こうしてみると 私は4と5の間でうろついていると思うんですよね。
――まぁ 逆にあきらめて「松屋から外食のグレードを上げる」というのも
ある意味手といえば手ではあるのですが まぁね。

――とりあえず、気力を取り戻したい、今日この頃です。

TOP

第2068回「ブログを始めようと思ったきっかけは?」

2019⁄09⁄04(水) 00:00

FC2トラックバックテーマ 第2068回「ブログを始めようと思ったきっかけは?」



はい。 なんかFC2からブログネタもらってきちゃった企画第二段になりますが。
もともとこの日記を書き始める要因はいじめがすごかった高校時代に
なぜ自分がこうも周りから見たときに異端とされる行動をしてしまうのか

――一度思い返してみようと考えたこと、というのがあったと思います。

当時はSNSもない時代でしたし 自分の行動を逐一書き起こすツールとして
こんな感じに日記を書きおろす、というのがなかなか有用な策なのではないかと考えたわけで。

――といいつつ 結局は自分の最近の出来事を
特に誰に諭されるでもなく吐き続ける、という人生のキャッシュの捨て場みたいな
運用が板についてしまったわけですが。 ……人に見せられるものではありませんが
ここまで来るとなかなか頑張った気になるから物量って素敵。



当時は世間との違いを「いじめ」という形で身に受けてきて
そこから自分と周りとの違いについてブログに書き留めたり病院行ったりしながら
いろいろ考えてきたのですが ここ最近の私の身の回りについても
受ける仕打ちは異なるものの 同じような境遇になっているな、と感じる今日この頃。

とりあえず ここ最近の私の周りとの違い――言い方によっては奇行、ととらえる人もいるかもしれない。
自分で認識できていない行動も含む――によって生まれる不協和音の結果は
大方会社上での人事評価のような形で跳ね返ってきているなぁ

……という空気を肌で感じております。

また 私自身もその不協和音を何とかしようと動いているつもりなのですが……
その結果 普通に誰かに質問をしに行くときも 毎度言葉尻を取られるので
(そこおかしいよね?みたいな指摘多数)これらを何とかするために
会社では一挙手一投足意識して動かなければなりません。

……基本的に ノリと勢いで生活の三割を過ごす私としてはこれが続くこと自体が
すでにストレスの塊になっているようでしてね。 もう日ごろから書いている気がしますが
いろいろと無理が出始めているとか何とか。

そんなわけで 高校時代にも行っていた病院のほうも久しぶりに通ってみようかな~
と考え始めて それに向けて現在動きを進めている、そんな近況報告も。

TOP

時代、スキル

2019⁄09⁄02(月) 00:00
ニコニコとかのコメントが流れているのを見ると
恐らく小学生が書いたんだろうな~  とか思えるような
内容のものがしばしば混ざっているのを目にします。

少なくともこのあたりは自分が小学生のころにはなかった
コンテンツではあったわけですが そうか、今の子供の遊び道具として
このあたりのサービスも当然入っているんだということを実感させられます。

ついでに言えば 私がこのあたりのサービスに触ることができたのが
高校生以降……のような感じだったと期待しているのですが

「ある程度年を重ねてから触ることになった」という
ある種親の教育の過程で解禁されていった縛りと
「単にサービス開始年度が最近だからある程度大きくならないと触ることができなくなった」という
……そもそも論の話とが私の中でちょっとこんがらがって

――なぜそんな若い衆がこんな場所にいるんだ、という先入観が
少し首を出すことが時たまある、という実感もわいてきます。

なんとなく このあたりの感情から「頭の固い老人」
……俗に言う老害、というものが生まれるのかな~
という実感を沸かせた今日この頃でございます。



なんとなく自分の頭が固くなっているな~  という実感がわいてきた
今日この頃でありますが ものの効率化だとかショートカットキーとか
そのあたりの習得をなかなかする気が見られない、という自分に気が付きました

まぁ 使うときには使うのですが 自分から使うタイミングを
積極的に伺おうとしないな~  という実感があります。

そして そんな態度だからか「実はショートカット使えるタイミングだけれども
それに気が付いていない」という体験をずいぶんやっている気がします。

ついでに言えば エクセルとかの扱いもどこかぎこちない気もするし
……何というか このあたりの意識ってどこで身に着けるんだっけ? とか
考え始めてしまう今日この頃です。

――大学時代の研究、愚直に懲りずに新しいアイデアを
ひねり出すだけのお仕事だったからなぁ……
もっとツールの使い方を把握すべきだったなぁと感じる今日この頃です。

TOP