コミュ障

2020⁄05⁄22(金) 00:00
最近誰かと会話するようなことがない、友達と遊ぶようなことがない。

こんなことをぼやいておりましたのっぴぃさんですが
そんな生活を続けておりますと人間関係を構築するために必要な技術というのが
当然のように欠落するようでありましてそのあたりのお話。

さて 人間集まると当然のように発生しなければいけないセレモニー。
それが 会話であれ手紙・メールなりの文章であれ「コミュニケーション」というものです。

この中には「自分の現状を伝える」であったり「相手の状態を知る」という目的。
そして それをどのように伝えるか、という「手段」を選ぶという能力。
相手との情報認識の差を知り、どこから伝えるかを「現状把握する」という能力。
最後に、そもそも自分が伝えようとする内容を今伝えていいのかどうかを判断する「察する」という能力。

まぁ 細かく定義すればその他もろもろ。 コミュニケーションと一言で言っても
それをそつなくやり遂げるためには様々なスキルが必要になってきます。

ところで 日ごろから運動をしない人間の筋力がだんだんと衰えていくのと同様。
ここ最近自分でも嫌というほど感じるのが「この手の能力、学生時代より低下している」という間隔です。

まぁ 日ごろ誰とも絡んでいないのですから相手の言わんとすることを
察するなんて夢のまた夢の話ですし昨今の判断基準が見事に欠落している。

会話のキャッチボールがどんなふうに流れていくのを予測するというのも
――なんか 今までに比べてより困難になっている感覚があります。

私が現在唯一コミュニケーションをしなければいけない場というのが
会社での立ち居振る舞いだったりするのですが メールを打つ際にも
自分の立場をわきまえたうえで自分が力不足で手伝ってほしい内容を
正確なタイミングで正確な方法、必要最低限でかつ、過剰でもない情報を添えて頼む、
みたいなコミュニケーションが見事にできなくて苦労しています。

挙句の果てには 他所からお願い事を基本イエスマンで答えていたならば
自分のところに積まれた仕事や見積もりが悲惨なことになって
結果 見事に割り振られた仕事量をさばききれなくなる、
みたいなことが現在進行形で発生したりしていてもう大変。

しかも こんなできの悪いコミュニケーションしかできていないのに
このコミュニケーションを重ねるだけでゴリゴリとメンタルすり減っていくのだから
成果を出さないけど体力が持たないという自分自身で考えて「残念な」仕様に
本日も頭痛が収まらない状態だったりします。

まぁ 逆に言えば「ここまで重症化するまでさほどこの点気にしていなかった」
という現状から この手のスキルの下地がそもそもなかった、という
悲しい現実もまぁ そこにはあったりするのですがそれはさておき。

やっぱり 日ごろの運動習慣がつかなければ筋肉が付かないのと同様
前にも書いたような気がするけど誰かとコミュニケーションを疲れずにできる場、
というのを何とかして見つけていかないといけないのかもしれませんね。

TOP

"おサボり"

2020⁄05⁄17(日) 00:00
このコロナ渦の中ではやっている――というか オフィスワークの間の中では
常識となってきているテレワーク。

ただ SNSとかで流れている話題とかを見ていると
周囲からの目がない分最低限のことだけやっているように見せて
残りは只にいそしむ、なんて勤務スタイルの人がいるとかいないとか。

一か月ほど前、だったかしら? とある劇団さんがテレワーク演目として
「メンバーの皆が皆サボりに徹したテレビ会議」なるものをあげておられましたが
本当にそのような態度を決めている人、いらっしゃるのでしょうかね?

――まぁ 基本真面目人間であり ここ最近の業務を振り返りながら
「自分が思った以上に不器用」ということを実感しているのっぴぃさんの
個人的な常識間隔に基づいてみるならば あくまでもネタ、とは思うのですが

まぁ 私としては仕事中にやたら気持ちが落ち込んだ時に
音楽聞きながら作業をやってみる、程度ですね。
「テレワークだからオフィスではできないことをやってみよう」と思う限度。

ちなみにのっぴぃさん、今月のテレワークの状況についてですが
やたら要領が悪いのか はたまた仕事の受け取り方が悪いのか
最近12時間以上業務に持っていかれる、ということをざらに繰り返しております。

やってもやっても業務が終わらない、というか
自分の背丈にあった仕事量のみを吸い込むことができないというか。

もしくは 予想外に業務が詰まってしまったりして
結果的に宣告通りの時間に仕事を終わらせることができなかったりとか。

まぁ 通勤に使う往復分約2時間のタイムロスがないだけ
またメンタル的にどうにかなっている部分ではありますが
ゴリゴリと残業時間だけが増えていく現状に戸惑いを隠すことができません。

何なら 前の三月から今月までの三時間、それまでの業務と比べ
急に仕事量が増加した、ということもあり
地味に来年の税金が重くのしかかってくるんじゃないか、と
地味に戦々恐々している部分であります。

そして 極め付きは仕事内容が楽しくない。 そして興味もみじんもないという現状。

まぁ 楽しい仕事はない、といわれればそれまでなのですが何とかならないものかと
今日も天を仰ぐ、そんな日常です。

TOP

ぼっち

2020⁄05⁄14(木) 00:00
学生時代 私もまだある程度は周囲の人間としゃべることもあり
ある程度は人の目を意識して生活をすることがあった際。

――まぁ とはいえある程度自分のコミュニティ、という
枷にはめられたまま生活をしていたのでそのころもすでに
ある程度オタク的立ち居振る舞いしていたわけですが
その点はさておくとしても。

「今月の新刊です」という写真をばばんと載せてみたり
「最近こんなアニメを見ました」みたいなことを
このブログでも感想書いてみたりしていたわけです。

ところが ここ最近の私の生活はどうでしょう。
――日々生きるのに精いっぱいで勉強に手をつける以前に
私自身の生活をすることだけでいっぱいいっぱいになっている節があります。

――さらにはここ最近は「会社帰りにどこかに寄り道しよう」という
日々の生活で気ままな寄り道をしてネタを用意する、という手段も封じられて。

――うーん、なかなか大変ですね~  というまぁいうなれば
「記事ネタ用意するのがつらい」という愚痴。

そして 同時に気が付くんです。 「私何のために今を生きているのだろう」と。

そもそもコロナとか関係なくここ最近はもう
遊ぶ約束すら取り付けていないし 今となってはもう
「遊びに誘う人」すら容易に思いつかない現実に気が付きまして。

社会人になってから週末予定を入れることができない――基本体力回復
もしその日になって体力が残っているようだったら気ままに動くので
前もって計画的に動くことができない――という生活をしていたのがたたりました。

基本 そんな「思い付き」で動くような人間の
遊びに付き合ってくれる人なんてそうそういないんですよね。

考えてみれば 大学時代の遊びも「まぁここには誰かいるやろ」という場所に
足を向けて何とか成り立っていたようなものですから。

今となっては そんな顔なじみもいないですし
行く当てもない、人間関係作りとしては八方ふさがり。

そして この会社にもいかない、という展開にもなってくると
自分の交友関係が如何に「上司とあいさつをする」一転に凝縮されていたのかというのがわかります。

考えてみればここ最近私用のスマホに誰かから連絡が来るという
前提がなかったがゆえに 先日会社から「個人用携帯に対して一斉送信した避難訓練メールに反応していない」
とおしかりを受けたことがありました。

……うん。 これはさすがにまずい……かな?

さすがにちょっとは 人間関係を作る、見つける、ないしはたむろする依り代を探す。
このいずれかを考えないとまずいなと思った今日この頃であります。

TOP

低回線

2020⁄05⁄11(月) 00:00
そういえば 前GWに帰った時に両親から言われたんですよ
――どうせテレワークなのだったらここからでもいいのでは?  って。

まぁ その時には仕事道具一式は自室に置いたまま
多少の着替えなどだけを片手に実家に帰っていたので
結果的にできそうな空気はなかったんですけれどもねー

とはいえ 実際問題として実家の通信環境が非常に遅く
――しかも聞いたところによると 私が家を空けてから
さほど通信環境を更新していないと聞いております。

実際に 向こうでタブレットを使ってYouTubeを見ようとしたときとか
艦これの演習をしてみようとしたときに すでにその時点で
画面がガクガクになってみたりと若干追いつけていない様子。

――まぁ 普通に現在テレワークをやっている環境を考えてみたときに
……特に 音声会議とかをしようとしたときには
それと同等レベル、いや、こちらからの送信も考えなければいけないなら
負荷はそれを超えるとどんぶり換算しても問題ないですよね。

これに耐えられるものなのか、はなはだ疑問であります。

そんなことを考え、丁重に実家ワークをお断りした私。
まぁ なんと言いますか 火事をやらなくてもいいという意味では
これ以上にない生活しやすそうな環境が整備されることは間違いないのですが

……このあたり、トレードオフ、といったものなのでしょうか……


なんとなく、実家の通信環境のクソさ加減をなんか久しぶりに思い出したのっぴぃさん。
――そういえば このブログを作り始めたころには
画像を満載にしてしまうとすぐにページが落ちてしまう、なんてこともありましたか。

それ以来 なるだけブログ記事ネタとして画像連発する記事は連続しないようにする、
(一応数値目標とかもありますがざっくりとした方針として)というのが
固まってきたのもこのような環境があったからか。

それから十年程度たちまして それよりずっと多くの情報が
飛び交う世の中になっているものの 考えてみれば両親は
まだガラケーを利用している上に低回線の家に住んでいると。

――うーん、将来的に情報弱者待ったなしなんじゃないか? と
ふと不安になる今日この頃です。

TOP

平時は遠く

2020⁄05⁄09(土) 00:00
街1街2
不要不急の外出はするな、と念を押されるようになってから二カ月も見えてきたか。

――そんなころではありますが まぁ 逆にそのくらいの期間になると
不要不急じゃない理由にかこつけたりして都内に顔を出すことも
徐々に増えてきたりしております。

そんな数少ない上京の際に「これ幸いに」と都内の状況を
見て回ったりするわけですが やっぱり人、少なくなっていますよね。

そんなノリで「不要不急じゃない外出」と抱き合わせつつ
三月ごろから渋谷のスクランブル交差点だとか秋葉原のヨドバシ前とか
「不要不急な野次馬」も挟み込みたくなってしまうのは
やっぱり人間だもの、仕方ない部分も多分にありますよね()

例えば 渋谷では私が訪れた日にはJRの改札口からハチ公が見えました。

誰も待ち合わせしていませんしストリートパフォーマーもいない。
……この場に来たことがある人ならばそれだけでヤバさが伝わるかもしれません。

例えば秋葉原のヨドバシでは店内に入る際に関所が出来上がっていました。

この時はこの近辺の病院的な必要外出と抱き合わせがあったのですが
その帰り道 テレワークで使えるだろう電子部品を買いにヨドバシに来たのですが……
……その時にこの関所を堂々とくぐってやりましたよ。

どうやら 特定のフロアに人が立ち入りすぎることを防ぎたい模様。
確かにこの手の建物は窓を開け放つ、ということは早々できることではないでしょうし
建物の中に密な空間が出来上がるとそれはそれは大変なことになるのでしょう。

あと このついでに自分の心の洗濯、とかこつけながら
何かしら珍しいものを食べたい、と思うことも多々あったりしたのですが……

少なくとも東京の平時には人が大量に集まる場所にある店は
自主的か否かはよくわかりませんが基本休業しておりまして。

「普段便利なところにある店ほど開いていない」という悲しい現実。
……気分転換のご飯、というのがなかなかできなくなっていましてね。
これはこれで悲しいな~  って思うわけですよ。

まぁ このあたりの話のネタも二カ月くらいの間に
ゆっくり貯めてきた話というわけで 最近は特に遠く感じますね。
都心。

TOP

いもけんぴ

2020⁄05⁄06(水) 00:00
実家の犬との面会が最後になるかわからない……
そんな恐ろしさとともに三月に高知でお買い上げしていた
いもけんぴを持参して帰省していたのっぴぃさん。

そもそもこのいもけんぴ もともとは自分用にお買い上げしていたもので
仕事のストレスがたまったときなんかにばりぼりくってやろうと考えて
購入していたものでした。 実家には別に取り分けてあってそれはすでに送付済み。

ただ その送ったいもけんぴが食ぼそりしていた実家の犬が
それまでの不調を吹っ飛ばすかのような勢いでバリ彫り食べていた
……などという報告を聞きまして 手元にあるこれを自分用ではなく
老い先短いおばあちゃん犬に献上するべきなんだろうな、と感じた次第。

飼い犬に一部の飼い主は人間の食べ物を食べさせてみる、もしくは
勝手に漁られる、なんていきさつでひとの食べ物と接することがあるわけですが
うちのわんこはそんな経緯で妙にいもけんぴをばりぼりしていた過去があります。

なお、それまで普通のいもけんぴではさほど大きな変化はなかったようなのですが
高知から持ち帰ったそれは本当にうれしそうに食べる――まぁ 弊害として
普通のドッグフードに見向きすらしなくなる、なんてこともあったようですが。

とまぁ そんなこともありまして 先の帰省時にはしっかりと
高知から輸入したいもけんぴをしっかり持参していたわけであります。

案の定 かなりのがっつき、そしてドッグフードに見向きもしないという
地味な副作用も発生したものですがなかなかに元気な姿を見せてくれて本当によかった。

ついでに このけんぴのにおいを嗅ぎつけたのか最初の帰宅時には
盛大な出迎えを受けたものであります。 それ見た妹が「私にはなかった」と嫉妬した程度には。

――この未来が予知できていたならば二つだけ、なんて
しょっぱい買い物しないでもう少しでかいサイズのものをドーンとお買い上げしたんですけれどもね……



帰省時の特に前半は「これでもか」とばかりに睡眠時間をむさぼりました。

連日一日の半分以上の時間を床と同化することに費やして
後から自分で考えてもよくその時間睡眠できたよね、と驚くほどに。

しかも日中ずっと寝ているというのに体内時計は狂わず十一時には眠くなる。
下手したら一人でいる時よりも健全な体内時計が宿っていたかもしれません。
――我ながら本当に疲れているんだな~  と人ごとのように思う今日この頃。

TOP

こっそりと

2020⁄05⁄04(月) 00:00
GWが始まるころのある日。 家族LINEを見ていたら
実家から一番離れている場所にいる妹様が
「コロナ旋風も怖いけど 老い先短い実家の犬とあえなくなるのがもっと怖い」と申す。

実際 こっちにあまり書くこともなかったのですが
家族LINEに流れてくる実家の犬の動向を見てみる限り
一気に年老いたのが痛くわかるような現状報告ばかり。

その気持ちは痛いほどよくわかるし、けれどもこのご時世
なかなかすぐには動くことができない、という現実もある。

もともと何もなければこのGWに心の選択のために実家に戻る、と
高らかに宣言していた妹はさぞかし歯がゆい気持ちでいただろう……

などと思っていたら なんか一日たたない間に帰省の予定を立てて
実家に電撃帰宅をかました妹さまがおりました。
――一体何を使ったのか、どんなふうに計画を立てていたのか定かではないですが

――一つ、私と違って地理や交通に明るくない妹が
一人でこの電撃帰省を実施できるほど足が軽いわけはなさそうだ。

絶対これは裏で手引きしている人がいるな、という
まぁ なんとも大げさな逃避行が遂行された事実だけはわかりました。



さて そうなってくるとなんか私のところに流れてくるのは
家族から向けられる世間と逆行するかのような圧。

――まぁ こっちにもいろいろとあるんですけれどもね。
ただ 確かに私が四国で仕入れてきた実家のわんこに与えたい
「いもけんぴ」をどうにも手遅れになる間にお届けしたい、という欲に負けました。

このGWにはちょっとした短期帰省をしようかなって。

まぁ どっちにしろ私の実家も今住んでいるところも首都圏の某所ですし
東京という大都市におんぶにだっこ状態になっているのは相変わらずでしょう、といった感じで。

わんこ
というわけで 若干寄ぼついているような気がする毛玉団子を小脇に
実家でごろごろするGWに流れが決定したのっぴぃさんであります。

まぁ この先二週間で罹患する、なんて事態にならないことを
心の底から切に願う今日この頃であります。

TOP

いうだけなら安いもん

2020⁄05⁄03(日) 00:00
このコロナの渦の中で経済活動がストップしてみたり
まだまともに新学期が始まっていない学生がいてみたりと
世界のかなりの人口に影響を及ぼしているこのコロナ旋風。

あまり喜ぶべきではないのだろうとは思うのですが……
その渦の中で個人的なスケジュール帳から消えたイベントの一つに
「資格試験の勉強チャンス」というものがあります。

――正確に言えば 勉強自体はいつやってもいいので
「資格試験を実施する機会を失った」と書いた方が間違いはないでしょうか。

先月のとある週末にもともと試験の予定が立っていたのですが
政府からの自粛例が流れてくる前の段階ですでに
「今回のテストは実施しない」旨が公示されておりました。

――あの判断は後から考えてかなり早いものだったな、と思います。

さて のっぴぃさんはこれに向けて万全な体制を整えて
……いたわけでもなく 正直その場に拘束されに行く、
その場にいたというエビデンスを残しておく、そんな心持でおりました。

もう 言の葉をくるまずに言ってしまうと「面倒くさいでござる」。

正直 今の仕事に対する愛着もなければ目指したいものがあるわけでもない。
そんな目標がない中で 別に楽しくもない仕事に対する
責任が妙に増える引き金になりそうな資格試験勉強というものに
精力的になるきっかけが思いつかない、というのが大きなところ。

――そうそう、別に守りたいものがある、というわけでもないというのも
かなりこの場面で大きく働くメンタル面のウィークポイントですよね……

結局 半年ごとに通っている病院の心理カウンセラーの方と
「仕事に対するモチベーションづくりをしましょう」と示し合わせておいて
結局何もできていない、という現実もあったりします。

うーん、まず気持ちづくりをしないことには何も始まらなさそうなんですよね。

とはいえ 例えば転職活動を開始しようとしたとして
曲がりなりにも前の会社で何かしらの成果を聞かれるでしょうし
その中で示せる資格を何か持っておかないといけなさそう、というのも事実。

この重い腰を上げるために何かしないとな~(これは確実に言ってるだけ)

TOP

令和一周年

2020⁄05⁄01(金) 00:00
202005月
基本的に前の月に何かあったイベント的写真から
月初めの一枚は選定しよう、なんて考えていたわけですが
こう コロナの外出自粛が続いたりしてみますと
貼るネタがなかったりするんですよね。

まぁ 当然といえば当然なのですが。
外出できていないんだもの、まず写真
手に入れることなんてできるわけないじゃない。


というわけで 困ったのっぴぃさんはとりあえず机の目の前の写真を貼ります。

普段はPCを開いてだらだらするための空間ですが
ここ最近のテレワークの流れの中では必然的に
執務空間となっているこの机前ですが。

――まぁ 残業が長引いたりして荒みかけている心も
こう ちょっと見上げてみれば自分の好きな空間で固めることができる

――という意味である種 自分のメンタルを支える一助になっているのかもしれません。



そんなわけで 本格的に家の外に出られない昨今、
本気でブログネタに困っているのっぴぃさんであります。

下手に自分の家の周りのことで記事ネタにできるわけもありませんから
なおのこと どこから話題をもってくるか、という点においては
注意を必要とするところであります……

というわけで 今月の基本的な目標については
「いろんな意味で日常を楽しめるようにする」ということ。

逆に言えば 家にいるからこそ今まで目を向けてこなかったことに
改めてスポットライトを当ててみようだとか 最近ご無沙汰になっていたものに
改めて目を向けてみよう、みたいな感じ。

幸か不幸か 仕事場からプライベート空間までの移動時間が
ゼロ秒という現在、通勤時間という――ある種何もできない移動時間が
極限まで削られた環境におります。

だからこそ この時間をどんなふうに使えるか、というのが
今月のブロガー人生を延命するために大きな意味を持つのでは

……とか感じちゃう。 今日この頃であります。

TOP

”世捨て人”

2020⁄04⁄29(水) 00:00
なんか、だれからも心的距離をあけながら今日も今日とて粛々と
世捨て人のような生活に向かって邁進している気がしてきているのっぴぃです。

しかも あらかじめお断りを入れさせていただきますと これから書く内容は
「のっぴぃさんの中にいる【オブザーバー】的な人格が書いているもので
実際の行動にその反省を生かそうという意思がほとんどない」とという現状です。



……なんか 自分の基本的な行動原理を考えてみたときに
根本的に自分の行動や気持ちを誰かと共有しよう、という意識が
極端に低いんじゃないか、という気がして仕方がない今日この頃です。

このブログだって――少なくとも数年前、まだSNSに人がいなくて
誰かに見られている、という意識を持っていた間ならば――私もさすがに
「誰かが見たときに話を分かってもらえるかな?」と
記事原稿を作るときに一瞬なりとも考えて……いたかも知れません。

でも (自分でこう言い切るのもなんか変な話ですが)
ここ最近の私にはこの傾向が全くといっていいほどない。

独りよがり万歳、自己満足大歓迎。
他人に口出しされないことそのものを楽しんでいるとすら思えます。

……どうしてそうなっているのか、これが何かの反動であるならば
ここ最近の生活の中で「抑圧」されているものが何かあるのか、
と考えてみたときに……ちょっと、仕事関連の動きの中で
その気の出来事があったりなかったりするな~という自覚がうっすらありはするのですが。

ただ その反動として「世捨て人化」しているというのは
自分の言動を客観的に考えてみたときにいい話ではないな~  って思うわけですよ。



ただ、人間よくありがちな話、と聞いたことがあるのですが
目標を立てる時に「否定文」を用意すると対外上手くいかない、という話があります。

今回の場合自分が今やらかしている「世捨て人化する」という現象を
何とか是正するために何とか前向きな目標と立てられないかと
考えてみたりしているのですが それが習慣つかない間に
三日坊主になってしまう、ということが頻発していて困っています。

さらには最近はコロナによる外出機会の減少でその傾向に拍車がかかっているとか。

――うーん、他人事、という自覚はありますが どのようにすればいいんでしょうね。

TOP