肉じゃ、宴じゃ。

2019⁄11⁄29(金) 00:00
食べ物11
いい肉の日だから、というわけではありませんがちょっと頑張って
肉肉しい画像でも用意しておこうと考えたのっぴいさん。

結局手ごろさを追い求めて松屋の定食でお茶を濁すという。

……といえども 牛丼店で出てくるものとして考えたならば
現在期間限定で出てきているとんてき定食、なかなかに厚いお肉で
店の手ごろさとかを考えるとなかなか悪くない選択肢なのではないか……

と考える程度には私個人的には好印象を持っております。

まぁ 見栄えとかソースの安っぽさとかもあるわけですが
その点は待ってるだけで肉が食えるという嬉しさでフォローすることにしましょう。

食べ物12
ある意味頭を空っぽにして肉の幸せだ気感じておけばいい、という意味では
前かつやでいただいた「カツ丼牛丼」なる何のどんぶりなのか
――というかそもそもどんぶりなのか怪しい――商品をいただいておりましたので
こちらについても軽く述べておこうと思います。

日本人のある意味ソウルフード、牛丼。 日本人が食べると幸せな気持ちになる
(ホルモンも出てくるという研究もあるらしい)というカツ丼。

両方を一緒に載せたら最凶なんじゃないか、という
最高に頭が悪い(誉め言葉)足し算の結果生まれた何か(称賛の言葉)

挙句の果てにはどんぶりなんて小さなものには俺は収まらねぇ、
といって二回も「丼」の文字が出てくる割に
カレー皿に盛り付けられて出てくるという点には驚きが隠せませんでした。

まぁ 確かに療法足したらうまいしうれしい、という点は大いに納得できたし
この頭空っぽな企画考えた人は正直に絶賛したいのですが
最後のカレー皿、というのがやっぱり食べにくくて。

カツ丼といえばどんぶりに口付けて どアップになるカツを眺めながら
カッカッと小気味いい箸の音を鳴らしながら書き込む、というのがだいご味だと思うのですが
どうもカレー皿だとこれがしにくくてですね。

ついでに ちょっとご飯も知るっぽいということで……
マジでごついどんぶりに入っていたならば文句なかったなというのが個人的感想。

そして 腹が怖いので一度しか食えなかった点が悔やむべきところ。

TOP

乗り入れ前夜祭

2019⁄11⁄28(木) 00:00
明後日からJRと相鉄の直通運転が始まる、ということですが。
私 通勤路でその準備が着々と進むあちらこちらを
ちょくちょくその準備の様子を眺める機会を得ておりましたのでしゃべってみようかと。

まずとても単純な話ですが試運転としてごくまれに相鉄線の列車を眺めるようになりました。

……まぁ これに関しては知っている人はあらかじめ相鉄車がどこにいるのかを調べて
いい撮影ポイントで出待ちする、みたいなこともできるのだと思いますが
私は残念ながらそこまでの鉄道知識はありませんので……

まぁ 普通に列車乗ってて「遭遇したらラッキー」的な。

それにしてもJR側の車両はいいとして相鉄側の列車はJRにいて
異彩を放つそのデザイン、何というか新しい風が吹いてきたって感じがして私はいいと思う。

新線準備01新線準備02
あと 駅の様子がちらほらと変わりだしましたよね。
武蔵小杉の英名標が張り替えられて――まぁ 本当に変わった姿をお披露目するのは
切り替え作業諸々がすべて終わった後になるのでしょうが

そして 考えてみたらこの相鉄直通のおかげで――本数は短いものの――
大宮川越方面にも同一ホームで乗り換えができる、ということなんですよね。

このぐちゃぐちゃと同じホームなのに行先が入り混じっているカオス感。
……この写真を用意した時も後から見返してこうして作文しているときも
画にも言われぬカオスだなぁと思わず考えてしまう今日この頃です。



ひとまず 実際の運用が始まる前に今の私が感じている懸念を一つ書いておくならば
相鉄の車両は10両と 現在通勤時に使っている15両の車両(うち2両はグリーン車ですが)
と比べるとガッツリ長さが短くなっています。

そして 現在この15両に駅員が外から客を押し込んでやっと発車する、という
混雑具合で毎日会社勤めを頑張っております。

……単純な載せることができる人員が減るということで
子の通勤時間帯のカオスさがなおの事助長されることが
私個人的にかなり気になっているところであります。

……さすがにJRのお偉いさんもこの点は考えていたでしょうから
現実はこのようなことにならないことを本気で願いますが……

TOP

下っ端

2019⁄11⁄25(月) 00:00
ここ最近は急に寒くなりまして気を抜いたら風邪をひいてしまう人も
――そして 風邪だと思っていたら実はインフルエンザだった、
なんてことも普通に起こる季節になってきたようです。

というか 私の仕事でお世話になっている人の中にも実際に
インフルエンザで倒れた報告というのが聞こえてまいりまして
もう人ごとに思っていられないな~  と感じる今日この頃です。

去年は「どうせ私がいなくなって回らなくなる仕事なんてないし」
という思いでインフルエンザの予防接種を受けることなく済ませていたのですが
今年は普通に摂取して予防した方がいいかもしれませんね。

……何というか 自分たちにこの先割り振られる仕事が
適切量なものであるという風には全く思えませんので。



会社で下っ端な若い衆で居ると一度はやらないといけないであろう
そこそこの人員を集めての会合の幹事という役割。

まぁ 内心それの仕事がまだ完全に終わったわけではありませんが
ちょっと先日この手のことをやる機会がありましたのでなんとなく。

ぶっちゃけた話 私はこの手のがやついた会合の場がアウェーという人種であり
参加者の人とかかわるのが大好き、という人のほうが
ぶっちゃけてこの手のことがうまくできる(早い話が「適材適所」)ひと
結構いるんじゃないのか、と思う部分もあったのですが。

まぁ これが誰もが歩まねばならない課題であるならば甘んじて受けましょうと。

実際「これでいいのか?」と困惑しながら企画をしたり
皆が楽しむための会合にするにはどの人の意見をどの程度聞けばいいのかという
あちらこちらに向く声をすり合わせる作業というのは
なかなか骨が折れる作業であったと同時にある種貴重な体験だったと思います。

あと 本番ではなかなか声が出せなかったり仕切ることができなかったりと
自分のダメなところも一杯見えてきました。

まぁ そんな感じで凹む場所も多かったけれども得るものも多かった。
――そうとらえなければ何も進めないからね。 頑張って前を向いていきたい。

そう思えた今日この頃です。 (オチを考えてなかった……)

TOP

死んだように寝る

2019⁄11⁄24(日) 00:00
のっぴぃさんの基本行動パターンとして
とりあえず平日のどこかは全力で帰って寝る。

それ以外のタイミングにプライベートでやりたいこととかを
ガッツリやってやる、というスタイルで活動しておりました。

基本的に人とかかわりを持つことでMPを消費してしまうので
それを回復する作業がウィークデーには必須といえたわけです。

ただ今月は某ドはまりしたゲームを持ってきてしまった、
ということもありまして なんというか「ウィークデーに寝る」
というルーチン自体が若干崩壊してしまった節がございまして……

代わりに会社で寝る、というわけにもいかないので
若干疲れやあれこれをため込みながら今月は過ごしていたのですが。



ところ変わりまして個人的な先週末の話をさせてもらいますと
ちょっと久々に実家に帰省させてもらったんですよね。

……先月の三連休あたりにも帰りたかったのですが
両親が旅行したり諸々ありましてなかなか帰る機会を失っておりましたので。

で 久しぶりに自分がやらなければならない家事もなく
現を抜かすゲームもなく、という環境下。

のっぴぃさんがやれることといえばすべてを忘れて全力で疲れを抜くこと……
などと考えて 一日休養に充ててみたならば
後から自分でも驚く一日18時間睡眠を達成したという堕落のさまよ。

まぁ 向こうも「一日私が使い物にならない形でやってくる」
というのは想定していたようですが さすがにこの時間
何もせずにただただ爆睡(ベッドでごろごろしているのレベルを超えて
本当にレム睡眠やらノンレム睡眠やらを繰り返していた)を
やらかすとはさすがに思っていなかったようで まぁ なかなかいろいろ言われましたよと。

まぁ こうなってみると私もちょっと日ごろの
不精な生活がたたったかな~  と反省するところもあるのですが

……性格的にしばらくこんな生活を続けてしまいそう、という実感もあるのが怖いところ。

TOP

カレー(つづき)

2019⁄11⁄23(土) 00:00
チェーン店だと自分の生きやすいタイミングで行きやすい店に入り
そこそこのスタンプの類をためてお得なサービスを享受する

……みたいなことを画策しながら外食する人、そこそこいるかとは思うのですが
私にとって「うどん」というのがその気があり――まぁ とあるチェーン店に
外食でのシェアを独占されている状態であります。

食べ物09
ゆえに 通勤経路をはじめとして前は通っていて
存在は知っているけれども入ったことがない、といううどん屋さんがそこそこありまして
今回そのうちの一軒に顔を出してみました。

……理由はカレーうどんの幟に誘われて。

普通に会社帰りでスーツ姿でしたが気にせず入ってやりました。

頭からかしわや肉が乗っている、という点でお得感はありましたが
やっぱり麺は某チェーン店が強いですね。
……まぁ そこを押しのけるほどではなかったなという感はあります。

食べ物10
あちらこちらがおっさん化してきた兆しを自分でも感じておりますが
それでも定期的にやってくる「ガッツリ食いたい」と思うタイミング。

……前に私に訪れたそのタイミングではパンチョのほうへ顔出ししてまいりました
――俗に言う、「パスタ版二郎」

まぁ 麺の量を選べるわけですが 私の――中肉中背、冴えないオタクが
500gとか言ったのを店員は全力で阻止する、という図が発生。
ちょっとした工房を繰り広げた結果400gに落ち着きましたが
この時は若干足りなかった、ほれ見たことかと内心ほくそ笑む悪いやつ←

この時は期間限定でカレー味が出てきておりましたので
せっかくなのでいただいてみることにしました。

まぁ 量がすべてというこの店なので細かい味付けは目をつぶりますが
基本カレー狂で自作トマトソース作る時にもガッツリカレー粉を
投入する私としてみたら「かなり普通のトマト入りカレー」といった印象でしたが……

これは私の下がバカになっているいわれなのかと一瞬考えてしまう今日この頃です。

TOP

カレー

2019⁄11⁄22(金) 00:00
心のカレー成分を補充したい、ということで
ちょっと今日はカレーの画像をもってきてみました。

食べ物07
インド風カレーは肉類メインのカレーを頼んだとしても
そのルー自体に野菜が溶け込んでいることも多いので
実質肉ばかり食べすぎてしまった直後に食べるといい、
と 私のソウルが訴えかけております。 ので 食べます。

というわけで またちょっと行ってみたインドカレー。

比較的最近にも書いた――もしくは書こうとした――こともありましたが
最近は横須賀に行く機会も薄れ、ちょっとばかし
新しい店探しに億劫になっている私がいます。

なんというか 気持ちはあるのですが実行に移せない。
口火はあるけれどもたいまつがない、そんな感じ。

まぁ すでに行ったことがある店でも頼んだことのない味を頼んで
新しい味を開拓する、というのもひとつのたのしみではあるのですが。

食べ物08
ある意味私のホームタウンの秋葉原でも
カレーの類は有名でして ちょっとづつ店開拓を進めてみたいと思っております。

―――というわけで このあたりのお店の一件を。
欧風カレー。 私自身も作りますが牛筋カレーということで。

……そういえば 牛筋カレーといえばここ最近自分の余裕がないことを反映してか
作るカレー――筋の扱い方――が悪くなっている気がしてきてですね……

というのも 鍋を放置している間にいろんな別なことに手を出してしまう
(俗に言うながら調理)を続けているおかげで
鍋の火加減等が(爆発しない程度に)適当になってきてしまい……

いつぞやに身に着けた「おいしい牛すじの作り方」というのを
手がわすれかけているのでは……と感じております。

新しいものを探すのもありだとは思いますが一度見についたものを
手放す展開は何とかしたいな~  と思う今日この頃です。

TOP

実況視聴者

2019⁄11⁄21(木) 00:00
自分自身はやる時間がないから他人がやっているのを見ながら
新しいポケモンゲームを眺めつつ楽しむことに決めたのっぴぃさん。

前情報で「なんかひどいデザインになりそうだな~」などと
勝手に考えていた御三家が最終的になかなか無難なところに落ち着いてくれたのを見て
いろんな意味で安堵したり

……驚きのリージョンフォームが出てきたりと確かにポケモンもいろいろ変わっているな~
と 興味をそそられる場面も多かったです。

……まぁ 明らかのキメラが出てきたりと「モンスター」部分が
なかなか黒い意味で全面に押し出されているのも見えてきたりで
さすがにちょっと引いた部分もあったのですが……

明らかに違う動物を組み合わせて図鑑説明もどこかちぐはぐな子がいたり。
リージョンフォームになったらものの見事にお亡くなりになった子がいたり……

まぁ この子たち 聞いた限りだと対潜環境で見事に暴れている、ということで
「裏が真っ黒な分良待遇を用意している感じなのだろうか」などと
どこなく邪推している悪いやつがここに一人いるわけなのですがそれは……

あと 出てくる人間一人一人も 少なくとも私が世代ど真ん中だった時代の
登場人物は「如何にもゲームの世界の人間」といった感じであったのに対して
現在の登場人物は……描写が豊かになっただけでなく
救いや絶望といった描写もはっきりしていて
ちょっとした述べるゲーム的風貌が強くなったようで面白く思います。

まぁ 心理描写には強くなった感はありますが
俗に言う「異世界ゲームのドタバタ感」というのがちょっとばかり
薄れているような感覚もあり この点は残念なのですが。



ちなみに のっぴぃさんがポケモンの中で一番好きな子は
今回8世代の大リストラ大会の中でこっそりいなくなっております。

……その意味では前段階でちょっとばかりマイナス要素がすでに
くっついてしまっているようなものなのですが……

時間ができたら買うかどうかはいまだ、考え中であります。 はい。

TOP

その場所自体は結構行ってる

2019⁄11⁄20(水) 00:00
上野公園01上野公園02
ぶっちゃけて言えば一人で閉じこもっているのが
一番うれしいのっぴぃさんではあるものの そうばかりとも言っていられませんので

……といえども きっかけ等がなければ本当に外に出る約束も
取り付けることができない、ということで。

まぁ こんな思わせぶりな書き方してみたものの 実際には何があるでもなく
普通にメンツ野郎どもで遊んで来たりしていただけですが。

とはいえ いつも――基本的には――オタク臭の漂う
人間関係しか作ってこなかった私的には
いつも吸っている空気が違う……極端な言い方すれば
日向で生きてきた人たちの世界で動くこと。

……結構 「今までこんな行動していたら目をつけられたじゃん」って
思えるようなことを普通にする人と動くと
「周りの人は本当に気にしていないのだろうか」とやきもきしたり
「こんな風にのびのびと動きたかった」とうらやんだり
いろいろと考えてしまう今日この頃です。

……まぁ 大人の間では些細な誰も気にしないことでも
幼少期それを口実にいじめのようなものにつなげられてしまうと
ある種刷り込みのようにその手の行動がとれなくなってしまうんですよね

……正確に言えば「やることにおびえる」というか。

とはいえ 逆にそんなことを知らずに育ってきた人の行動を
模倣してみたりしてみることは 自分の許容するべき行動戦とか
言い張る予防線とかをしっかりしていくうえで
自分だけでは獲得しえない貴重な資料になったと思います。

世の中には几帳面な人もズボラな人も様々な人間がおりますし
それに合わせて自分と似通った行動原理の人や真逆の人
――本当に様々な人種がいます。

その人種の垣根を越えてキャラチェンジをできる人はそう多くはありませんが
せめてその手の人脈を多く持って その行動資料を多く集めて
うらやましい、と思ったことをちょっと模倣する勇気を持てれば
もっと世の中行きやすくなるのかな、と思います。

……少なくとも私はちょっと周りの目を気にしすぎな実感は自分でもありますし。
……その点、大きな糧になったと思います

TOP

虚無

2019⁄11⁄19(火) 00:00
少しばかり萎えたお話でも。
……日付としては前のポッキーの日と同一日付です。

この日はもろに朝から寝坊をやらかしたなんてこともありましたが
髪を切った後はもともと想定していた通りに
自分の重い気が向くままにいろいろと動物園建設ゲームをやってみたりしていたわけですよ。

基本的に この手のゲームはやればやるほどあきれるほど時間が吹っ飛んでいきますから
結果的に 昼過ぎにゲーム初めて気が付いたら日付またいでいた、
なんてことも さほど驚きもなく起こってしまうわけです。

で データ登録して翌日、普通に会社。

帰宅してみて前日――有給とってガッツリ進めたセーブデータ――を開いてみて
ある種驚くわけです。 「データ吹っ飛んだ」と。

そりゃ 有給一回分かけてやったものが見事に吹っ飛んだわけですからねぇ。

もともと街づくりゲームでもこの手のゲームは
セーブデータを二つ以上用意するようにはしていたのですが
なんというか この時ばかりは「早くやりたい」という一心で
すっかりこの手のいろはのい、を忘れてしまってね。

そこそこの虚無感を味わったのっぴぃさんでした。

とはいえ その時にやった建築のための手の動かし方やら
大まかに考えていた動物園の設計図の類やらは
私自身の手癖で覚えていた部分もありましたので 作るときにかかった
半分くらいの時間で大方元通りのものは再現できましたが。

――まぁ 愚痴ることはいつでもできますから
前向きに考えるのであればその練習のチャンスやら
実際に手癖が覚えていたこと自体を喜ぶべきなのかもしれませんね。



……まぁ このあたりも含めて自分の中で考えていた
「今月のプライベートの時間をどのようにして消費していくのか」
という計画になかなかの影響が出てきたことはぬぐい切れませんがね……

仕方ないさ。

TOP

※一応、しゃべる内容は選んでます

2019⁄11⁄18(月) 00:00

どことなく愚痴った上のほうの人たちが飲みに出かけている間に
その部下の人たちが休日出勤繰り返しているような……
と申しましたが これに関してはそもそも論として上のほうの人たちが
自分がやるべき仕事――マネジメント――を
しっかりこなしているんだろうか?  という疑問を呈したくなることも多々ありまして。

そのような気持ちになる一つの大きな要因として
これまた機能もちょっと書いた新しくやってきた人員――私たち――のことを
しっかり戦力として一カ月半たとうとした現在でも
生かし切れていない、ということが体感として挙げられます。

――何というか 初めから説明しておけば一時間で済むようなことを
右も左もわからない人間に書類からその情報を掘り出さそうとするものだから
それだけで半日時間が飛ぶ、なんてことが往々に起こっていて。

確かに私自身仕事に対するスキルが足りないことも承知ですが
一緒に来たスキルを持つ人も似たり寄ったりなペースでしか
仕事ができないことも多々あり この手はマネジメントがしっかりでき亭ならば
もっと早く解決していた問題なのではないか?  なんて思ってしまいます。

まぁ 裏を返せば直下の人たちが抱えている
地獄のような日々に巻き込まれずに済んでいる、という
個人的にはありがたい側面もあったりするわけですが。

とはいえ いい加減いつかはそちらのような闇に食われる頃が来るでしょうし
その時のために遺書でもしたためておけばいいんでしょうかね?


とまぁ そんなこと書いておりますが 実際問題これから期末に向けて
加速度的にやるべきノルマが上がっている――仕事内容聞かされていないのに
課される課題だけが上がっていくというよくわからない惨状だったりします。

もともと思考が迷子になりがちな私ではありますが
そうでなくても今私がやらされていることがどこへ向かっていて
どのようなスキルが求められているのか正直まだ図りかねております。

ついでに 仕事にで求められているスキル勉強も何をすればいいのかわかっていません。
――まぁ わかっていたとしても今のモチベーションではやる機会も多くなさそうですが()

まぁ 何がともあれ「すごいところに来てしまった」
……感想としてはそれがすべてなのかもしれません……

TOP