2018年夏コミの件②

2018⁄08⁄13(月) 00:00
軽く個人的コミケ参加の報告をば。

三日目は地元始発を意識した二日目と真逆に「ルール違反にならない程度に最速を意識する」方向
……なるだけあちらこちらから怒られないための行動を模索しました。

まず 一日目二日目の間に体内時計をなるだけ夜型へもっていきます。

そして 二日目終了後、日付変わる直前あたりまで爆睡し、終電で新橋へ移動。
その後 ファミレスを転々としながら(ネカフェ考えたけれども基本全部埋まっていた)
そこから 相乗りできそうな人と一緒にコミケ会場へタクシーで乗り込むと。

結果的にこの日は ファミレスでつまんだフライドポテトと待機列で食べたおにぎり二つで
19時くらいまで粘っていたわけですから相当体に悪いことしたなぁと。

……我ながら何やってるんだろうな~  って思ったこともあるけど気にしない。
まぁ これらも一種 若気の至り、といったものであるのかもしれません。
(正直なところ 疲れも確かにありましたが この空腹のほうが体に堪えた
――と、私自身は思っているのですが実際のところどうなんでしょうか。)



さて 今回のコミケですが個人的に結構反省が残るものになりました。
――この無茶な若気の至りどうこう、という点を除いても。

まず 特に最終日の集団行動を円滑に進めるために自分の特に買いたいものをこぞって
メロンブックスなどの予約に回したのですが 結果的に最終日
なんか こき使われた思いでしか残らない、というやりがいが相当欠ける展開になってしまったこと。

そして 結果的に一番欲しかったタペストリーが手元に来ていない(他人に任せていた)のですが
それに関して 自分で言ったわけでないのでいまいち納得ができていないということ。

コミケの手ほどきを受けた人でもあるのでできるだけ協力してあげたい気持ちはあるのですが
前回の時も同様に いまいち「やった」という感覚がない中で
今回の結構否定的な感想というのも重ねて「本当にチームで動くメリットが私にあるのか」
ということを 再度確認したい感じになってきました。

自分の今住んでいるところからどのくらいの時間にたどり着く。
そして その時に前にはどのくらいの人が並んでいるということをシミュレートすることができたのは
個人的に一つの大きな情報指針となった気がします。

まぁ そんな感じで「今までの物を続ける」という点に重点を置いたコミケではありましたが
少なくとも行動面ではいろんなことを考えさせられた回になったことは事実のようです。

TOP

2018年夏コミの件①

2018⁄08⁄12(日) 00:00
さて 今年も今年でコミケのシーズンがやってまいりました。

去年の夏コミですと霧がかってたりでずいぶんと過ごしやすかった半面
今年は――もう 改めて言う必要もないんじゃないかレベルで
酷暑の夏、ということで 改めて何かを言うまでもないレベルになっているかと思われます。

で 今年から新生活が始まり 今までの学生のノリで過ごすことができなくなりました。
――ということで 前々から体内時計を調節してみたり
多少の無理をしたスケジューリングみたいなことをすることが難しくなりました。

ついでに言えば 今までコミケのキャンプ地として利用していた友人の家が
今年から利用できなくなったり 逆に今住んでいる場所が
コミケ会場に割と近づいたという環境面の変化もありますから
これらを踏まえたうえで何を目的に何を楽しめばいいか

――ということを考えていく必要がありそうです。

まぁ 今年はとりあえず今まで通りのノリを通してみたんですけどね。

さて これらの問題に対してのっぴぃさんがどのような対処をしたかといえば
まず一日目(平日いけるだろうか問題)に関してはかなりあっさり。

――もともと配布されていた夏休みがナチュラルにコミケ時期をカバーしてくれたので何とかなった。

拠点問題等に関しては……おいおいじっくりと書いていくことにします。

まず一日目は――チケット入場。
……私的には艦これメインの日だったりするということで
一種のメインイベントだったわけですが 運よく手に入れることができてご満悦。

二日目は特に何も考えないで寮から始発乗っていったらどうなるかな~  ということを試してみました。

……今までは二日目特に行ったことなかったのですが
今年は 艦これの商品出すままなのにこの日に頒布となったサークルもありましたし
ちょっと個人的に気になる買い物もできそうだし、ということで「手抜き参戦」を心に誓った模様。

……思ったより遅かったな~  というのが実際やってみての感想。
これやるくらいだったら実家から行った方が確実に速い。

ちなみに 今年の夏コミは実家から「ちょっと今気持ち的に修羅場でアホな時刻に行動されると迷惑」と
盛大に怒られましたので できるだけ行動に実家を巻き込まない方向で動いておりました。

――三日目とか……そのほかのことはまた明日しゃべりましょうかね。

TOP

雑記(2018年8月上旬)

2018⁄08⁄11(土) 00:00
この日記を書いていたことがある人しか通じない可能性が高い気もするのですが
――FC2って編集画面のあちらこちらで広告出してくるじゃないですか。

(それこそ 普通のサイトでも広告もありました、うん)

で この中でおなかの肉をどうにかして減らす関連の広告があったわけですが
それこそ見た感じぜい肉すごい男性のものもあって
これを見ると「確かに痩せなきゃやばそうだ」と思うわけで これをもとに商売をする。

……そのあたりはわからなくはないのですが。

普通にくびれてて、という女性をBeforeとして症例として出してくるのはいかがなものかと。

一部の女性は今も必要以上に痩せようとしているという話を聞きますし
時々街中で骨と皮しかないんじゃないかと 心配とちょっとした嫌悪感を催す(個人の感想)ような
女性が歩いているのを見たりしますが このあたりのダイエット関連の広告が
それをあっせんしていくのはいかがなものかなと思いました。

欧米ではモデルなんかも痩せすぎている人は採用しないようになっているといいます。

まぁ さすがに三段腹、みたいな人(男女かかわらず)などには積極的に
健康体を目指すよう商売を進めてほしいとは思いますが この辺に
商機を見出そうとするのは――嫌悪感出てきますね、個人的に。

そう思った今日この頃であります。 (あくまでも個人の感想です)

――まぁ、こんな記事書いているとその手の会社から
「このユーザーはこの辺に興味あるんだな」って変に覚えられて
しばらくこの手の広告が増えてきそうな気がするのが正直なところ()



先日ちょっと話題にした お気に入りの白いシャツに謎の赤いシミが
――という話題に関してですが どうやらちょっと調べてみると
該当のシャツ以外にも 会社に着ていくワイシャツの一部など
同じようにシミが見えている服がいくらか出てきているようでして……

正直 一度つくとなかなか消えないこのシミ何とかならないかと最近頭を悩ませています。

一応 私に今できることとして 洗濯槽の洗浄剤を入れて
洗濯機を回してやることくらいしかできないわけですが……

ひとまずこれやって以降まだ同様の被害は出てきていませんが
原因もせめて、知りたいなぁと思う。 今日この頃であります。

TOP

やらかし(対応策)

2018⁄08⁄10(金) 00:00
さて あれやらかしたこれやらかしたなどといろいろと述べているだけでは何も進みませんし
これを踏まえたうえで何かできることがないかな~  という一人反省会でも。

まず あらかじめ言わせてもらいますと 期限的に後の祭りなのかもしれませんが
「やらかした」件の正当な操作は気が付いた時点ですぐに終わらせました。

……問題は「気が付いた時点ですでに後の祭りだった」ということなのですが……

あとは もう やばいことが執行されないかどうかは天とその相手のみぞ知るって感じです。

まず 仮に忘れても何とかなるようにする、というのが簡単に思いつく対策なのですが
私の記憶が正しければこれに関してはすでに対策を打っているはずなのですが……  という印象。

というのも 例えば入金であればそれを銀行口座に紐づける作業を
過去初めて平日に有給を取らされた日にあちこち走り回って済ませてきたはずですから。

というわけで このあたりのことを忘れていたのだとしても
「なんで勝手に終わらせてくれないの?」という疑問をこっちとしては持ってしまいます。

……ついでに言えば 明細も私が確認しそびれていたとしても
口座から動いた段階で 紐づけている家計簿アプリが反応してくれるはずですし
こっちは私 毎日のようにチェックしておりますので 最悪ここで確認が取れる

――というシステムにしていたはずなんですがねぇ、おかしいなぁ。

ついでに言えば これの発端(第一回目)に関しても 一応コンビニ持って行った
――記憶があるのですが この時に作業できなかったのかな?

といった感じで「やらかしても何とかする」という対策がすでに突破されてしまっているようなんですよね。
……これ踏まえたうえで次何ができるか考えないと。

後思いつくのは 気が付いた時点で逐一手帳を活用するというこれまた当たり前の内容。
……一応 手帳は私も使っていますが我ながらこの使い方は下手だなぁと思っています。
……こんなに手帳に書き込み少ないものかなぁ?  と思うことも多々。

(まぁ これは休日とかにアポとることもないので根本的に手帳に書くイベントがないという可能性もあるわけですが。)

これに関しては――一人でうんとかすんとかうなっていても何ともなりませんし
自己啓発本とか探してみて「スケジュール管理の方法」みたいなのを調べてみる方が実用的でしょうか。

何にしろ 一つの対策だけで満足しないで二重三重と対策を重ねる必要があるようです。
……今回で学べました、(というので済んだならうれしいんだけどなぁ……)

TOP

やらかし(追撃)

2018⁄08⁄09(木) 00:00
前回のあらすじ。 ポストチェック甘かったせいで
「やばいことやらかしたらしい」。 ――一応、今は猶予期間?

さて 今回の案件に関して 状況を悪化させる一つの要因となりえたのが
メールチェックの甘さ、ということもできるのですが……

郵便ポストのチェックが甘ければ こっちのチェックもなかなか甘い方で
さすがに サーバーに大量にためている、ということもないのですが
実際にメーラー起動してその中身までしっかりチェックしているもの
現実問題としてほとんどなかった、で、見落としていたものの中で
やらかしていた問題に関してフォローになる情報が混ざっていた、らしい。

……果たしてこれに関してはどこまでできるもんだかわからないですよね。

一応 毎日PC起動するたびにメーラーのチェックはかましているつもりなのですが
そのうえで今回 このような感じになってしまったわけで。

気が付いたら私用のメールアドレスに届くものが通信販売の広告メールやら
昔旅先で利用させてもらった宿の催促メールやら
どっかのポイントカードとかがセールやるという情報ばかりで
なんというか 実際に使うのにはいかがなものかといった雰囲気が聞こえております。

……まぁ 過去の自分がそれこそ様々なサービスにアドレス登録する際に
メールマガジン関連のチェックを外すことをしなかったことが要因にあるのかもしれませんが
これ、無関係にガンガン送り付けてくることもありますし これを原因にするわけにはいかないでしょう。

さらに言えば 似たようなアドレスで重要な情報とそうじゃない情報を分けるとか
迷惑メールフィルターにそもそも引っかかっていやしないかなど
意識しなくてはいけないことは多すぎて結構問題なのではないかという説が。

さらに言えば 今回のような突発的なものに関してもあらかじめ
フィルターでチェックできるようにできているわけないわけで
そこらも加味したうえでの考えをしていかないとならないのかな、などと。



――まぁ 会社のPCではこんな「広告に大切な情報が埋もれる」ということはまずないでしょうけども
私用のアドレスでのメールチェックって世の中の方々どうしているのでしょうか。

……私個人的にちょっと気になるところであります。
この辺のもろもろをさておくにしても、ね。

TOP

やらかし(報告)

2018⁄08⁄08(水) 00:00
こう 一種の言い訳なのかもしれませんが私はどうも
様々な作業を同時並行で行っていくことが苦手です。

基本的な生活――と、主に自分からアクションを起こすものに関しては――
・「一つの作業」の容量を増やして自分の中で意識付けをする
・別の作業が行われていない時期にあらかじめ先に困るだろうことを片付けておく

……とまぁ 大まかにこの二つの方法でその場を乗り切っている――ことが多い――ように思います。

逆に 受け身の事案だったり至急の案件だったりそもそも意識から外れてしまったりすると
その案件を発端として様々なところに悪影響を及ぼしかねない
――ということを認識したことがありましたので今日はその辺のお話でも。

端的に言うと「ポストチェックを怠って人間的ピンチかもしれない」案件。

思い出してみたら私、一番最近に郵便ポスト確認したのいつだっけと。
……そして そのポストの中にやべー書類が入っていた。
しかも、期限がギリギリ切れてた。 やわらやばい。

一般的に「ポストなんていつも見るでしょう」って思われるかもしれません。
……実際 私もそう思うのですが なんかここのポスト
「やたらチラシを勝手に投入される」妙な特性を持っておりまして
いつしか私の中でこれが相当億劫な案件として認識されてしまったようです。

正直 本当に必要な書類よりも投函されたわけわからんチラシのほうが多い有様。
……そんなに催促されてもポンポン身内が逝くということもないのだから
このような催促しても葬儀屋の広告になることはないと思う

――といった案件が多発しているような有様です。

とまぁ そんな感じでいつしか会社帰りに(疲れた)という心持
――もしくは、生きるための翌日のご飯のことを考えていたりしていたならば
うっかりポストの確認を習慣からなくしてしまった、といった感じだったり。



一応 対策のようなものは明日考え直すとして
少し間を置いたら思った「盛ってたな」案件。

大学時代、神戸の下宿でもポストの確認は激アマだった可能性大。
――といっても、週間レベルで見忘れる、という今回レベルの事案がなかったあたり
やっぱり なかなかの問題だなぁと思わざるを得ないわけで……

TOP

訪阪(雑記)

2018⁄08⁄07(火) 00:00
まぁ 最後のほうは余談、となるわけですがしゃべれるネタというならばしゃべっちゃいましょう。
――みたいな感じ。

031_20180813182305611.jpg032_20180813182304eb6.jpg
帰りは何というか新幹線。

……大学時代にはここ 意地でも18きっぷ使ったのかもしれない、とも思いますが
残念ながら今の私はもう社会人なっちゃいましたからね。

……別にシンカンセンスゴクカタイアイスとかやりたかった、というわけではありません。

体力が持っていたとしても時間がキツキツですし この現実翌日には出社しないといけませんでしたし
それ以前に(ユニバではあまり意識しないで済みましたが)台風も来ていたわけで
確実に帰れる交通手段、という意味でもしっかり乗らせてもらいました。

……考えてみたら これ行く計画建てているときには行きにサンライズデビューしてやろうかと
計画していたこともあったのですが 実際問題先日の豪雨のおかげでそれもできませんでした。

さらに言えば ジェットスターはじめとしたLCCというのも考えましたが
こっちも当日近くに台風があったというならば、さらにそれが通過中となれば
仮に結果オーライで特に空に支障がなかったとしても 機材トラブルその他で
帰る手段なくしていた可能性がかなり高いので この選択は結果的に良かったのかもしれません。

……ちなみに 行きに新幹線使わなかった理由はUSJの開園時間の関係です。

033_20180813182303186.jpg
まぁ 会社向けやらなんやらに お土産買ったりもしたのですが
(家族向けは 今回法事で親が来ていたということもあって特になし)
とりあえず 自分向けに買っておいたのはこちら、蓬莱の甘酢団子。

神戸にいたときにはかなり常用していたお総菜なのですが
関東に来てしまうとしばしば ごはんにこれ、付け合わせたくなってくるんですよね。

……何というか 関西移動伴う時にはこれ、常用する感じになりそうですね。



034_201808131823022e3.jpg
最後 ちょっとした余興ではあるのですが 新幹線から見たときに
ふと 虹が見えていたので車内から撮影してみたわけなのですが……

なんか 二重になっていたようですね。 先ほど確認して気が付きました。

まぁ 今回はやるべきこともやれたし(結果がよかったとは言っていない)
なかなか学ぶことは学べたような気がしますし

――新幹線代含め、安い移動ではなかったですがなかなか実りのあるものだったように感じます。

TOP

盂蘭盆会

2018⁄08⁄06(月) 00:00
さてと ユニバのほうもそれはそれで私にとっては
楽しくもあり いろいろ学べ発散もできた週末となったわけですが
私にしては一応 表向きの関西行きを決行した理由というものもあるわけで。

去る二月――私の記事投稿できない期間ギリギリ直前だったと記憶しているのですが
そのあたり私がちょっと記憶美化しているのかな?――に
たぶんこっちのほうでも記事で書いたことがある話題かな?

身内の祖父がとうとうお釈迦様の世界に招かれましてね。

この時期は私にとっては初盆ということになりまして
それに応じた法事のほうも用意されていたんですよ。

……といっても 今度の15日にやる、というのは
限られたお坊さんの数に対していろいろと無理があるということで
「このくらいの時期に読経をする」といったサービスになっているようですが。

で 私の移動もこれの実施日に大方合わせて伺ったわけであります。

といいつつも ユニバで大きくプラスに働かせてくれた台風さんの影響もあり
交通の乱れが未知数ということもあり お参りまではできましたが
お坊さんのお経を聞くところまではできませんでしたが……

まぁ お仏壇に好物を備えて お骨も交えながら親戚でワイワイと食卓を囲むこともできましたし
最低限出来ること、こなせることに関してはこなせたのではないか
――と 好意的に解釈することにいたしました。

それに加えて 親戚とも顔を合わせることになりましたので
「今までの協力、ご支援感謝いたします」との意味も込めまして
関東にいる間からデパ地下巡ったりして 贈り物探しみたいなこともしていたわけでして。

……これに関しては当たったかどうかはわかりませんが
一応 最低限の役割をこなすこともできたのではないかと思います。

まぁ 一応最後私が心配だったのはお供え物(甘味)をしっかり
処理してもらうことができたか(≒腐らせないでいてくれたか)とのことでしたが
どうやら しっかり読経を受けた方々で何とかしてくれたようで幸いです。

とまぁ 孫としてできることはしましたし この後このあたりで考えるべきは
暑さも和らいだころに行われるらしい納骨(その場に行けないにしても 墓の場所把握くらいは)
あたりになるのかな、と考えながら……ですね。

TOP

ユニバ⑤

2018⁄08⁄05(日) 00:00
さて ユニバに関して書いてきた内容についてですが
こう 思い返してみるたびに驚きの絶叫アトラクション率というわけなのですが
別にこの時改めて絶叫マシンに乗れるためのチケットかった、というわけでもございません。

そもそも ハリポタエリアへの侵入も別に特別なチケットとか
ゲットしなくてもできたというありがたい状況でしたしね。

というのも 悪運がいいのか台風が思ったより影響しないでいただけたのがありがたいのか
細かいところは定かではありませんが まぁ 結果的に
私がこちらへ伺った当日驚きレベルで人がそこにいなかったということが言えまして。

しかも 台風来ているというのに終始大きな風もなく まぁ 一時期
雨がパラパラ来たタイミングもないこともなかったのですが
それらに惑わされることもめったにない感じでした。

ただ ここに入場する人たちはあらかじめ天気予報を確認していた
聡い人たちが多かったのかと思われますが 日程を別日にずらした人も多かったようで。

結果的に いろいろと大人気アトラクション――ハリーポッターやらいろいろ――乗ってきたのに
多くてミニオンズの90分待ち程度で 基本待ち時間に三桁分待たされることがなかったことが挙げられます。

……正直 これかなり僥倖だったと今になっても思うわけであります。

そのほかにも ジェットコースターの一番前列に侵入することに成功してみたりと
あれやこれやで何かの陰謀でも加わっているのかと思いたくなるレベルで
アトラクションを楽しめるポジションを獲得することができて驚いたものです。

次 この先ユニバに来た時これほど濃密な一日を過ごすことができるのだろうか……
と 思えたような一日を過ごすことができた、というのは非常にありがたかったです。

という風に称賛するので 次の週末の台風は本当に何とかしてくださいお願いします!←



――さて この裏には私にとってもう一つの目的もあったのですが
……自分の中でしっかり消化しきってからしゃべりたいので 後日、気が向いたら語るかもです。

まぁ ただ感触だけ先に触っておくならば「まぁ そうだろうな」という主な感想。
そして、最悪な事態は避けることもできつつ、先が見られる反応をもらえたのかな、
と自分の中で好意的に解釈することもできたし

――この案件での真正面の意味でも、自分勝手な意味でも一定の感触はつかめたと思います。

TOP

ユニバ④

2018⁄08⁄04(土) 00:00
というわけで 引き続き 写真に一言語れるところ語っていきます。

017_20180805012337cfc.jpg
どこがハリウッド成分なのか結局いまいちよくわからないままだけど
音楽かけながら浮遊感味わう感じのジェットコースター。

私ナチュラルに「バック限定」だと思っていたのですが
これ 順行もあるんですね。 逆に初めて知るという。

そして かかってくる音楽は――逆に何も知らなかったけど
せっかくなのでJ-Popとかじゃなくて マイケルジャクソンとか流してみた。
――原曲聞かないけど、この辺は雰囲気ってやつです。

018_20180805012337f89.jpg
ジョーズ。 端的にやる人がめっちゃ演技派ですごいと思う。
――ほかのジェットコースターの始動係とか 一部バイトとかでも
こなしていたりすること……あるのかわかりませんが
これに関しては 自社で召し抱えた人しかできることないな~  などと。

――まぁ 裏のことなんて考えたら無粋ですがね←

019_2018080501233607a.jpg
確かに来たことなかったけど、というイメージもあるミニオンエリア。
……後から気が付いたことですがこの辺昔バックトゥザフューチャーだったんですね。

……デロリアンがやってきたほど現実世界が進んでいなかったから
タイムパラドックス的な何とやらでこっそりいなくなったのでしょうか……

さて バックトゥザフューチャーのアトラクションといえば過去私が初めてここに来た時に
「盛大に吐く」という思い出がありまして 別名「ゲロリアン」という事件がありました。

……やはり アトラクション列に並んで登場する直前に気が付いたのですが
これって 過去盛大に「ゲロリアン」したアトラクションを
装飾とかを変えてそのまま運用しているものなのではないか説。

というか 搭乗する乗り物が形はそのままデロリアンじゃないですかやだー

……我ながらちょっと大丈夫かな~?  と不安にもなりましたが 結果的には何とかなりましたね。

とはいえ 予想外の形でであった 過去の「苦い(笑)」思い出と遭遇したことに
乾杯、という気分になれた ある意味興味深い思い出でした。

一応 アトラクションパートだけでいうならここまでって感じ。

TOP